転職エージェント・転職サイト

ワークポートの特徴や注意点は?実際に転職した人の口コミを元にまとめてみた

ワークポートは、未経験からのIT業界・ゲーム業界への転職なら必須の転職エージェントです。

この記事では、当サイトで実施した500人のアンケートや求人データなどを元に、客観的な立場でワークポートのリアルな評判や特徴について詳しく紹介します。

ワークポートの特徴・まとめ

3つの特徴

  • IT業界・ゲーム業界への転職に強い
  • 未経験でも安心!未経験OKの求人が豊富
  • 最短1ヶ月!スピード転職を実現

IT業界・ゲーム業界への転職に強い

ワークポートは古くから幅広い業界・職種の転職を支援している総合転職エージェントですが、かつては老舗の存在としてIT業界の転職支援に特化していました。そのため、現在でもIT業界やゲーム業界への転職に強く、多くのIT企業とのコネクションを持っています。

実際に、ワークポートが保有している求人の半分はIT業界・ゲーム業界が占めていて、サイバーエージェントや楽天、DeNAといった巨大インターネット企業や、カプコンやSEGA、コロプラなどのゲーム企業の求人が多いです。

これまで獲得したIT企業との信頼や、蓄積された転職支援ノウハウを活かしたサポートの評判が高く、IT業界・ゲーム業界特化型の転職エージェントとして高い実績を誇っています。

未経験でも安心。未経験OKの求人が豊富

ワークポートはIT業界未経験でも安心して利用することができます。未経験専門のサービスを展開していて、未経験OKの求人を常時15,000件以上も取り揃えています。

未経験への転職サポートも手厚いです。元エンジニア、元IT業界営業職などの様々な業界出身者のキャリアコンサルタントが在籍していて、業界のスペシャリストによる専門性が高い転職サポートを受けることができます。

特に、未経験でITエンジニアを目指しているならワークポート一択だと思います。なぜなら、ワークポートは完全未経験向けの無料プログラミングスクール「みんスク」を運営していて、受講生のキャリア支援までサポートしているからです。即日受講可能で、どれだけ通っても完全無料で、転職相談もいつでもできます。未経験からエンジニアを目指している人なら、スキル習得から転職支援まで一貫しているワークポートで間違いないでしょう。

最短1ヶ月。スピード転職を実現

ワークポートでは独自のサポート体制、素早い営業スタイルで短期間で転職を実現することができます。

紹介される求人の数は多く、出し惜しみなくとにかく条件に合致していて応募できる求人が次々と紹介されます。1日で50件から100件ほど紹介されることもあるようです。また、企業に対する営業に積極的で、面接の日程調整や選考結果の催促などを迅速に行うため、スムーズに選考が進みます。

通常3ヶ月かかる転職活動ですが、ワークポートでは最短で1ヶ月で転職できることも多く、中には2週間で未経験からエンジニアとして内定をもらった利用者もいます。

未経験からのIT業界なら、ワークポート

IT業界経験者はもちろんですが、未経験でIT業界への転職を考えているなら、ワークポートの利用は必須です。

IT業界経験者向けの転職サービスは他にもありますが、未経験者にこれほど手厚いサポートを実施しているエージェントはワークポート以外ありません。未経験OKの求人も充実してるため、求人に困ることもないでしょう。

スポンサーリンク

ワークポートとは

ワークポートサービス概要

IT業界特化型として老舗の転職エージェント

「ワークポート」は、株式会社ワークポート運営するIT・Webやゲーム業界に強みを持つ総合転職エージェントです。18年以上前からIT業界特化での転職支援を行っており、業界内では老舗の存在です。

また、未経験へのサポートが手厚く、業界やIT関連職種の経験がない人でも多くの転職実績を誇っています。実際に、ワークポートはみんスクという「完全未経験から学べる無料エンジニアスクール」を運営しています。プログラミング学習だけでなく、キャリア相談や面接対策など充実したサポート体制が整っています。

運営会社 株式会社ワークポート
所在地 東京都品川区大崎1-2-2 アートヴィレッジ大崎セントラルタワー9F・6F
公開求人数 28423
対象年代 20代〜40代
対応地域 全国
利用料金 完全無料
公式サイト https://www.workport.co.jp/

サービス比較

他社とは違い、未経験からのIT業界転職に強い

ワークポートはIT業界特化型の転職エージェントの中で、「未経験の転職に強い」という特徴があります。

マイナビエージェントITやレバテックキャリア、Geekly(ギークリー)といったIT業界特化型の転職エージェントは、既にIT業界に在籍している人を対象にしている求人が多いのに対し、ワークポートは未経験OKの求人が豊富で、未経験へのサポートも手厚いです。

サービス 特徴
マイナビエージェントIT 大手ならではの求人量を誇る。安定したサポート体制も強み。
レバテックキャリア IT業界での転職支援実績No.1。高年収求人を多数保有。
ワークポート IT業界特化型の老舗。未経験の転職支援に強い。

活用方法

ワークポートを活用するための3ステップ

ワークポートを活用して最大限に転職の成功確率を上げる方法を下記3つのステップで紹介します。

STEP1
カンタン5分で無料登録
まずはワークポートの公式サイトから無料の会員登録を行います。気軽に5分程度で終わります。また、同じIT業界特化型のマイナビエージェントITやレバテックキャリアなど複数に登録しましょう。その際、箇条書きやメモでも構わないので、最適な求人紹介に必要な判断材料として、少しでも多くの事前情報を入力しましょう。
STEP2
面談で転職意欲をアピール

面談では「良い会社があったらすぐに転職したい」と転職意欲があることを伝えましょう。

志望度を高く伝えることで、担当者から優先的に求人が紹介されるようになります。ここでアピールしないと転職意欲がないと見なされ、あまり良い求人が紹介されないことがあります。

STEP3
最終的に1社に絞る
各エージェントの担当者と面談をしたら相性の良かった1社に絞り、本格的な転職活動に臨みましょう。

評判まとめ

サポート力と担当者の対応が好評

職務経歴書の添削や面接対策など専任の担当者による手厚いサポートで、安心感を得られたとの口コミが見受けられます。「Webデザイン未経験でも求人を紹介してくれた」など、未経験向けの求人の評価も高いようです。

オススメ度 順位 特徴
総合
6位 IT業界特化型としては老舗で、未経験でのIT業界転職に強い。
求人の量・質
7位 求人数は1.2万件と、大手転職エージェントに比べると劣っている。
サポート
4位 無料のプログラミングスクールなど、未経験へのサポートが手厚い。
担当者
4位 専任の転職コンシェルジュ、きめ細かく素早い対応してくれる。

実際にワークポートを使って転職した人の口コミ

業界:インターネット・情報サービス
人物:32歳 男性 営業
地域:東京都
年収:550万円 → 620万円
良かった点:新卒から不動産業界でずっと働いてきて、30歳を過ぎてからのIT業界への転職は正直不安で、はじめは上手くいく気がしなかったです。でも、ワークポートの担当者の方が私と同じような経験をしていて(不動産からITへの転職経験あり)、すごく頼もしかったです。面接での具体的なアピール方法など懇切丁寧にサポートを受けた結果、IT企業から内定をもらうことができました。年収も結構上がったので、かなり満足しています。
悪かった点:強いて言うのであれば、紹介される案件が多すぎて選ぶのが大変だったことですね。他の転職エージェントではほとんど求人を紹介してもらえなかったのですが、ワークポートは30件くらい紹介してもらって逆に大変でした(笑)でも、30代のIT未経験でもたくさん求人紹介してもらったので、すごく嬉しかったです。
求人の質・量
サポート
担当者の質
業界:アパレル・繊維
人物:25歳 男性 販売
地域:福岡県
年収:230万円 → 250万円
良かった点:総合的によかった点と致しましては、求人数がとても多くて、質もとてもいいのでそこだと思います。また、返信も早いので早めに就職先を見つけることができるのでとても良いです。また、担当の方もしっかりされています。
悪かった点:総合的に悪かった点と致しましては、企業のデメリットをきちんと言ってくれないと言う点です。また、内定先が決まれば他の求人を受けさせてくれないような雰囲気があると言う点も少し残念です。焦ってしまうので残念です。
求人の質・量:大手の企業さんなだけあって質も良くて、企業の求人数も多くて信頼できます。また、どの分野にも詳しいです。
サポート:担当の方はきちんとされていて、また、面接対策や履歴書の添削はしっかりやってくれるので安心して活動できます。
担当者の質:企業のデメリットはあまり教えてくれないのでそこはすごく残念です。また、返信に関しましては、早めです。
業界:インターネット・情報サービス
人物:27歳 女性 WEBデザイナー
地域:埼玉
年収:250万円 → 300万円
良かった点:希望のWebデザインの仕事は未経験な状態でIT関係の仕事を豊富に紹介していただけたのは良かったかと思います。希望には沿わなかったので他社で内定をいただいた会社に就職しましたが、IT業界に入りたいという希望の人にはいい場所なのではないでしょうか。
悪かった点:自分が希望していない仕事を主に紹介されました。友人もワークポートを使用していましたが、新卒の経験の浅そうな担当の人がつけられいい求人には出会えなかったと聞きました。
次回の転職の際も多分使わないと思います。

求人の質・量:業界未経験のため希望の勤務地ではなく自宅から二時間以上の場所ばかり提示されたので親和性が低かったと感じます。
又、Webデザインの仕事がしたいと伝えたはずがエンジニア職の方が給料がいいからとエンジニアの仕事を紹介され、希望とは程遠いように感じました。

サポート:紹介してもらえる仕事に対して乗り気になれずあまり足を運ばなかったためサポートについてはあまり何も感じませんでした。
担当者の質:こちらの話を聞いてもらえていたとは思いますが、話は聞いてもらえるが提案してもらえる内容とは少し離れていると感じた。
スポンサーリンク

ワークポートのメリットとデメリット

ワークポートを実際に利用した人からの口コミや、実績の調査からわかるワークポートのメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット

IT業界への転職に有利

ワークポートはIT・Web業界やゲーム業界に特化した求人や転職サポート体制を保有しています。

IT業界の求人数・質は非常に充実しており、ワークポートに登録すれば大手IT企業の求人からベンチャーIT企業までカバーすることが可能です。

また、今までの転職実績から蓄積されたIT業界への転職ノウハウを活用した手厚いサポートを受けることもできます。

未経験でも安心して利用できる

ワークポートはIT業界未経験でも安心して利用できる数少ない転職エージェントです。

同じくIT業界に特化したレバテックキャリアやマイナビエージェントIT、Geekly(ギークリー)といった転職エージェントは、IT業界である程度就業経験がある人を対象にサポートしていますが、対してワークポートは未経験への転職サポートが非常に手厚いです。

最短1ヶ月で内定を獲得できる

ワークポートでは独自のサポート体制、素早い営業スタイルで短期間で転職を実現できるというメリットがあります。

まず、求人紹介は質よりも量が重視される傾向にあります。何度も条件をすり合わせながら求職者の要望をほとんど反映させて求人を紹介するのではなく、出し惜しみなくとにかく条件に合致していて応募できる求人は次々と紹介されます。1日で50件から100件ほど紹介されることもあるようです。

また、提携企業に対する営業に積極的です。面接の日程調整や選考結果の催促などを迅速に行いスムーズに選考が進みます。

通常3ヶ月はかかる転職活動ですが、ワークポートでは最短で1ヶ月で転職できるケースも豊富です。

デメリット

大手SIerへの転職には弱い

IT・Web業界に特化していると言うものの、富士通やNTTデータ、日立製作所などの大手SIerへの転職実績は乏しいのが現状です。

このような企業への転職を希望している場合は、大手転職エージェントのリクルートエージェントやdodaを利用しましょう。

担当者に当たりハズレがある

どの転職エージェントにも共通はしますが、中にはハズレの担当者にあたることもあるようです。

明らかに若手でキャリアに関する知識がない担当者や、機械的な対応しかしない単担当者は遠慮せずに変更しましょう。

大量の案件が紹介される

これはメリットでもありデメリットでもありますが、提案する求人量が重視される傾向にあるため、求人を大量に紹介されます。

条件に合わない求人も紹介されたという声もありますが、面談時にしっかりと要望を伝え、的はずれな求人は紹介されなようにしましょう。

スポンサーリンク

登録から転職までの流れ

それでは、ワークポートに登録してから、企業への内定を貰うまで、どのような流れになるかご紹介します。

  1. 会員登録
  2. 担当者との面談
  3. 求人の提案・選考対策
  4. 選考後、内定から入社

① 会員登録

まずは、ワークポートの公式サイトから、無料の会員登録を行います。

名前や住所などのプロフィールや今までの経歴、転職先の希望条件などの情報を埋めるだけで、気軽に3分程度で会員登録が可能です。

ただし、最大限あなたにマッチする求人を紹介してもらうために、少しでも多くの事前情報を入力しましょう。

箇条書きやメモのような形でも構わないので、細かい希望条件などは詳しく書くことをオススメします。

② 担当者との面談

次に、エージェントに所属するキャリアアドバイザーとの面談(キャリアカウンセリング)が1時間〜1.5時間ほど行われます。

面談の主な内容は以下の通りです。

  • あなたの経歴や希望条件、転職理由の確認
  • 転職市場のトレンドに関するレクチャー

担当者と1対1で行われ、まずはあなたの職務経歴や転職先の希望条件、転職理由を詳しくヒアリングされます。

そして、あなたが希望する職種や業界の転職市場における傾向などを担当者から共有されます。

この面談の内容を踏まえてあなたに合った求人を探すため、包み隠さず本音で語りましょう。

なお、基本は対面での面談が多いですが、忙しい人向けに電話での面談を実施しているエージェントもあります。

③ 求人の提案・選考対策

上記のキャリアカウンセリングを踏まえて、エージェントの担当者からあなたに合った求人が提案されます。

職種や業界にとって提案される求人数は異なりますが、大体10〜30ほどの求人を紹介してもらうことができます。

ここで自分の希望する求人とは違う求人、興味のない求人が提案されたら、遠慮なく担当者にその旨を伝えましょう。「年収はもう少し高い方が良い」「この規模の会社は希望していない」など、あなたのフィードバックを元に、より精度が高い提案を受けることが可能です。

そして、応募する求人が決まったら、企業に送る職務経歴書の作成や面接練習などが始まります。エージェントが保有する職務経歴書のフォーマットの共有や、転職のプロから職務経歴書の添削を受けることがでいます。

エージェントがあなたをアピールするための「推薦状」とともに職務経歴書を企業に送付し、1〜7日後に書類選考の結果をエージェントから伝えられます。

書類選考に通過したら、面接に関する情報共有や練習が始まります。なお、面倒な日程調整はエージェントが代行してくれます。

④ 選考後、内定から入社

面接が順調に進み、最終選考に通過したら見事内定を貰えたら、入社日を調整して実際に入社という流れになります。

ワークポートでは手厚いサポートを受けることができるため、担当者に様々なことを相談しながら転職活動を進めましょう。

スポンサーリンク

ワークポートを活用して転職を成功させる方法

ワークポートを利用する際、最大限に活用して少しでも内定を勝ち取る確立を上げる方法が気になりますね。

このパートでは、ワークポートを活用して転職を成功させる上で、重要なポイントを紹介します。

  1. 複数の転職エージェントを活用する
  2. 細かい意向も共有する
  3. 担当者のやる気を引き出す
  4. 担当者と合わない時は迷わず変更する

① 複数の転職エージェントを活用する

まず、より多くの自分に合う求人を紹介してもらうため、自分のキャリアに対して様々な角度からアドバイスをもらうために、複数の転職エージェントを活用するようにしましょう。

転職に成功している人は最低3〜5つのエージェントに登録している傾向が強く、大手エージェント3社、業界や職種、地域などの特化型エージェント2社の内訳が多いです。

複数のエージェントを活用するべき理由として、「より多くの求人を紹介してもらえる」ことが挙げられます。エージェントによって契約している企業が異なるため、各エージェントが保有する求人は千差万別です。大手エージェントが保有する数万単位の求人数は魅力的ですが、特化型エージェントは得意分野の求人に強みを持っているため、独自の求人を保有しています。両者とも捨てがたいため、ワークポートだけでなく、なるべく幾つかの転職エージェントに登録することが、転職成功の第一歩となります。

次に、「様々な角度からキャリアアドバイスを受けられる」ことも大きな理由の1つです。当然、転職エージェントによってキャリアアドバイザーは異なり、キャリアに関する考え方、職種や業界に関する知識は各担当者によって様々です。複数の担当者から多角的なアドバイスを受け、新しい気づきや発見を得て、納得するキャリアの考え方を探しましょう。

② 細かい意向も共有する

転職エージェントを利用する中でよくある転職の失敗例として、「希望とは違う求人が紹介される」「入社したものの文化が合わない」などが挙げられます。

担当者との面談の機会は、せいぜい1〜2回です。その少ない貴重な面談で、なるべく細かい意向や転職背景を伝えるようにしましょう。年収は〇〇万円が絶対条件、個人の裁量が尊重される風土が良いなど、しっかりと事前情報を担当者に伝えましょう。

③ 担当者のやる気を引き出す

転職エージェントは、転職希望者を提携先である企業に紹介し、転職を成立させることで「紹介料」を紹介先企業から受け取る仕組みとなっています。

そのため、より転職志望度が高い人に対して積極的にサポートを行う傾向にあります。

「とにかく来月中には転職をしたい」

「自分にあう求人が見つかったら転職できればいい」

つまり、上記2人のような転職者がいた場合、転職意思が強い前者の人が優先的に求人が紹介され、面接対策などのサポートが行われます。また、担当者への返事のスピードが早い、連絡頻度が多いことも志望度のアピールとして受け取られます。

ワークポートの担当者のやる気をうまく引き出して、より多くの求人を紹介してもらい、転職を成功に導きましょう。

④ 担当者と合わない時は迷わず変更する

担当者も人ですので、自分と性格的に合わないということは少なくありません。

そのまま合わないと感じながら求人紹介やサポートを受けても、担当者と打ち解けないままで質の高いサポートを受けることは難しいです。

ワークポートだけでなく、他の転職エージェントでも共通しますが、自分と合わないと感じた場合は遠慮せずに担当者を変えてもらうよう転職エージェントに伝えましょう。

併用すべき転職エージェント

はじめにお伝えたした通り、ワークポートだけの利用では、求人の量や質の面から希望の条件にあった求人を探すことは正直難しいです。

ワークポートを利用するときは、以下のような大手転職エージェントの併用を強くオススメします。

複数の転職エージェントをうまく活用して、転職活動を成功させましょう。

リクルートエージェント

迷ったらコレ!32万件の求人数を誇る転職エージェントの決定版

リクルートエージェントは、人材業界のトップを独走しているリクルートが運営する国内最大級の総合転職エージェントです。

その歴史は約40年と古く、これまで45万人以上をサポートしており、業界最多の実績を誇っています。保有している求人の量や質、サポート体制など、あらゆる面でトップレベルの水準を誇っており、その総合力が強みと言えます。

特に求人量は32万件以上(非公開求人含む)と、他社を圧倒しており、地方都市にも拠点を構え、日本全国だけでなく海外の求人も豊富に取り扱っています。求人案件の取りこぼしを防ぐために、登録は必須と言えます。

転職エージェント選びで迷っている方は、総合的に安定しているリクルートエージェントで間違いないでしょう。

オススメ度 特徴
総合
転職支援実績No.1。圧倒的な求人量と手厚いサポートが強み。
求人の量・質
非公開求人含め求人数が32万件と他社とは一線を画している。
サポート
リクルートグループが築いた信頼性で企業への交渉力は抜群。
担当者
業界各所から優秀なキャリアコンサルタントが集まっている。

マイナビエージェント

大手企業はもちろん、ホワイトな優良中小企業に出会える

マイナビエージェントは20代〜30代半ばで、優良企業を紹介してほしいという方には非常におすすめの大手総合転職エージェントです。

マイナビエージェントは、若手の転職支援実績が豊富で、利用者の80%が20代〜30代半ばです。提携企業も若手〜中堅層の採用ニーズを抱えている企業が多いです。

また、新卒採用市場で最大手のマイナビグループは、新卒採用で培った企業とのネットワークを活用し、大企業はもちろん、優良中小企業の求人を多数保有しています。マイナビエージェントが保有する求人の半数以上が非公開求人で、一般公開したら応募が殺到するような人気求人を紹介してもらうことが可能です。

オススメ度 特徴
総合
若手の転職支援実績が豊富。優良企業の求人を多く保有している。
求人の量・質
大手企業はもちろん、ホワイトな中小企業の非公開求人が多い。
サポート
キャリアカウンセリングから選考対策、企業への交渉まで一貫してサポートが手厚い。
担当者
密なコミュニケーションが特徴的だが、頻繁すぎるという声も。

ビズリーチ

国内最大級!キャリアアップといったらココ

ビズリーチはハイクラス向けの会員制転職サービスで、ヘッドハンターや人事から直接スカウトが届いたり、高年収の求人を検索することが可能です。

その会員数は151万人を突破しており、ハイクラス向けの転職サービスでは業界最大手です。

求人量・質など総合的に欠点がなく、高年収ポジションや管理職での転職を希望しているは必ず登録しておきたいサービスです。

また、今すぐの転職を考えていなくても、スカウトを受け取りながら興味あるオファーが来たら話を聞いてみたいという人にもおすすめです。

オススメ度 特徴
総合
ハイクラス向けの転職エージェントとして実績No.1を誇る。
求人の量・質
公開求人数は12万件と総合転職エージェントと引けを取らないほどの量。
サポート
基本サービスには選考対策などのサポートが含まれていない。
担当者
業界に精通したヘッドハンターから専門的なアドバイスをもらうことも。

キャリトレ

話題沸騰!ITベンチャー企業への転職なら登録必須!

CMで人気のキャリトレは、若手向けに特化した全く新しい転職サイトです。運営元はビズリーチで、「ビズリーチ」はハイクラス向け、「キャリトレ」はキャリアの浅い若者向けと、ターゲットが棲み分けされています。

12万件以上の求人数は業界トップクラスで、中でも急成長を果たしているITベンチャー企業の求人を多く取り扱っています。

また、簡単ワンタップの操作で、企業にあなたの興味を届けることができ、マッチした企業から直接オファーが届くようになります。

転職活動に役立つ機能が充実しているのも大きな特徴です。2種類のスカウト機能や、人工知能が搭載されたレコメンド機能で、受動的に希望条件に合った求人を探すことが可能です。

20代・30代でITベンチャーへの転職であれば、キャリトレを使わない選択肢はないでしょう。

オススメ度 特徴
総合
20代向けの求人数では、リクナビやマイナビと同等の水準。
求人の量・質
12万件の求人のうち、大多数が20代向けの求人。
サポート
AIを搭載したレコメンド機能や、2種類のスカウト機能が充実。
担当者
ツイッター上で担当者が相談に乗ってくれるユニークな機能。

パソナキャリア

年収重視の方は登録必須!67%の人が転職後に年収アップを実現

パソナキャリアは、人材業界大手のパソナが運営している総合転職エージェントで、転職がはじめてで年収を上げたい方におすすめです。

パソナキャリア経由で転職をした人のうち、なんと67%が転職後に年収が上昇しており、パソナキャリアは年収アップの面で強みを持っています。

また、利用者の半数以上が転職経験がなく、転職がはじめての人からの評価が高いです。

はじめての転職で不安だけど、年収アップを目指しているけど、はじめての転職で不安という方は、パソナキャリアを利用しましょう。

オススメ度 特徴
総合
総合的に安定している。特に年収アップに強みを持っている。
求人の量・質
求人数は4万件と、リクルートやdodaに比べると劣っている。
サポート
丁寧なキャリアカウンセリングや選考対策が好評。
担当者
企業への交渉力が強く、67%の人が年収アップを実現している。

doda

抜群の安定感!IT・通信業界、営業・企画職への転職に強い

dodaは業界大手のパーソルキャリアが運営している転職エージェントで、転職支援実績はトップクラスです。

非公開求人を含め全国14万件の求人を保有していて、リクルートエージェントの32万件に次ぐ国内2番手の求人数を誇っています。14万件のうち約8万件が非公開求人で、一般の転職市場には出回らないようなdoda独自の求人を紹介してもらうことが可能です。

特に、IT・通信業界や、営業・企画職の求人が多いため、IT志望でビジネス職の方は必ず登録しておきたい転職エージェントです。

また、キャリアコンサルタントによる丁寧なキャリアカウンセリングに定評があり、「初めての転職で不安」という方にも自信を持っておすすめできます。面接確約オファーが届くスカウトサービスや、転職フェアなどのイベントを頻繁に開催しており、自分に合った企業が見つかる機会も充実しています。

オススメ度 特徴
総合
求人量は国内2番手でトップクラス。
求人の量・質
公開求人6万件、非公開求人8万件と豊富な求人量が強み。
サポート
スカウトや転職イベントで、自分に合った求人が見つかる機会が豊富。
担当者
LINEで気軽に転職相談や求人提案を受けられる。

マイナビエージェントIT

豊富な求人数を誇る!大手ならではの安定したサポート体制も

マイナビエージェントITは、人材大手のマイナビエージェントが運営しているIT・Web業界特化型の転職エージェントで、豊富な求人数を取り揃えています。IT業界転職支援大手のレバテックキャリアと比較して、3倍の求人数を誇っています。

業界未経験でIT・Web業界へ転職を考えている方はマイナビエージェントITを利用しましょう。

また、未経験でも応募要件を満たしている求人が多く、業界未経験でも安心して利用することができます。

高収入の求人も興味がある方は、IT業界の転職支援実績No.1のレバテックキャリアも併用するようにしましょう。

オススメ度 特徴
総合
大手ならではの安定したサポート体制と求人数・質が強み。
求人の量・質
レバテックの3倍の求人数を誇る。優良中小企業の求人が多い。
サポート
マイナビグループで蓄積されたIT業界特有の転職ノウハウを活用。
担当者
IT業界出身者による専門的なアドバイスが受けられる。

ウズキャリ(UZUZ)

20代全般におすすめ。特にIT業界希望者は登録マスト

ウズキャリ(UZUZ)は、20代を中心とした第二新卒や既卒、フリーターの転職・就職サポートに特化した転職エージェントです。

既卒・フリーターはもちろん、第二新卒など20代全般、特にIT業界に興味がある方にもおすすめとなっています。

ウズキャリ(UZUZ)が保有する全ての求人は20代対象で、特にIT・Web業界の求人が多いのが特徴です。なお、未経験でも応募できる求人がほとんどのため、業界未経験でも問題ありません。

加えて、ウズキャリ(UZUZ)は社会保険の有無や労働時間・離職率など厳しい基準でブラック企業を排除しています。そのため、ホワイト企業に転職したいという人にもおすすめです。

オススメ度 特徴
総合
丁寧なサポート体制と担当者の質が好評。
求人の量・質
ブラック企業を排除し、優良企業のみ扱っている。
サポート
平均20時間のキャリアカウンセリングが特徴的。
担当者
担当者の90%が元第二新卒・既卒のため、経験を元にしたアドバイスを受けられる。

ワークポート

IT業界未経験者は登録必須!未経験のサポート体制が充実

ワークポートはIT業界特化型の総合転職エージェントで、18年以上前からIT業界特化での転職支援を行っており、業界内では老舗の存在です。

未経験でIT・Web業界、ゲーム業界への転職を考えている方はワークポートを利用すべきです。

無料のプログラミングスクールなど、未経験への転職サポートが非常に充実しています。また、最短1ヶ月で内定を獲得できる独自の営業・サポート体制も大きな強みです。

ただし、富士通やNTTデータなど、大手SIerへの転職を考えている場合は、ワークポートはおすすめできません。もし大手SIerも紹介してほしい場合は、リクルートエージェントかdoda、マイナビエージェントITを利用するようにしましょう。

オススメ度 特徴
総合
IT業界特化型としては老舗で、未経験でのIT業界転職に強い。
求人の量・質
IT業界未経験OKの求人が豊富。
サポート
無料のプログラミングスクールなど、未経験へのサポートが手厚い。
担当者
専任の転職コンシェルジュが、きめ細かく素早い対応してくれる。

レバテックキャリア

IT業界転職実績No.1。高年収の良質な求人が豊富

レバテックキャリアはIT・Web業界での転職を考えている方全員におすすめできる転職エージェントです。

レバテックキャリアはIT・Web業界における転職支援に特化しており、IT業界内で転職支援実績No.1を誇っています。

質の高い求人が特徴的で、年収700万円以上の求人が全体の60%以上を占めています。また、最新の技術やIT・Web業界の転職市場に精通した優秀なアドバイザーが揃っており、最適な求人紹介やGithubなどのポートフォリオの添削、選考対策など手厚いサポート体制が整っています。

ただし、求人数は業界大手のマイナビエージェントITの1/3と劣ります。自分に合った求人に出会う確率を上げるため、マイナビエージェントITと併用するようにしましょう。

オススメ度 特徴
総合
IT業界の転職支援では実績No.1。高年収求人が多い。
求人の量・質
全体の60%以上が年収700万円以上の高年収求人が豊富。
サポート
過去の質問例を元にしたIT業界特有の専門的な面接対策が特徴的。
担当者
最新の技術やTI業界の転職に精通した担当者によるアドバイス。