ベンチャー 転職

30代でのベンチャーへの転職と転職後のキャリアパスについて

この記事では、今30代で大企業や一般企業からベンチャーへの転職を考えている人に、転職したら感じるであろういろいろな違いをご説明します。

編集者についてキャリアブック編集長
森田(仮名)

人材系ベンチャー出身。これまでに人事やマーケティング、営業など様々な職種を担当。現在は様々なベンチャー企業でフリーランスとして活動中。これまでの経験の共有とアウトプットの場としてキャリアブックスを運営。

30代でベンチャーに転職する時のリスク

まずはじめに、30代の方がベンチャー企業に転職した後、よく悩みとしてあげられるポイントをいくつかあげてみあす。ただしこれから説明するリスクは、「入社前にちゃんと確認すれば、殆どは防げるミスマッチ」です。

周りが若い

ベンチャー企業は平均年齢が若いところが多いです。平均年齢は創業者の年齢でだいたい決まってくるので、30代前半であれば、創業者が比較的年配の場合は平均ぐらいか、平均以下になることも多いですが、創業者が若いベンチャーだと30代前半でもかなり上の年齢になってしまうこともあります。

転職する際は事業内容などに夢中であまり意識はしていなくても、実際に働き始めて見るとやっぱり違和感を感じて始めてしまうといったこともたまに起こります。

業務にハマらない

ベンチャーで任される業務はどんどん変化します。入社のオリエンテーションの際に、面接の時に担当すると聞いていた仕事以外も頼まれると言われるということはザラですし、今後はこのような新しい分野に力を入れていきたいから、このようなスキルを持ったあなたに入社してもらいたい。という話で入社して、入社3ヶ月後にはその分野への進出がなくなって、全く違う仕事を担当することになる。ということもあります。

ミドルステージまでのベンチャー企業(人数30人ほど)では基本的にジェネラリストであることが求められるので、そのような状況下でうまく立ち回る自信がない人は、ある程度業務が固まりやすい、ミドルステージ以降(50人以上)で既存の注力事業に近いポジションに転職しましょう。

30代の人材はベンチャー企業にとってはベテラン。どんな仕事でもそれなりのクオリティに仕上げることを要求されてしまいます。同じ未経験なら若手の20代の方がコストパフォーマンスが良いのですから、これは仕方ありません。

自信の経験が其の会社の業務でどのように活かせるか。はしっかり予測を立てて転職を決めるようにしましょう。

ハードすぎてついていけない

全体的に一時期よりもおとなしくなっている印象はありますが、ハードワークなベンチャーは多いです。自分のペースで、と会社に言われていても、周りがハードにやっているとそれにあわせないといけない空気を感じてしまったり、結果を出すためにやらざらなくを得なくなったり、結果的に疲弊してしまうということもあります。

条件(給与)が低すぎる

これは入社前に把握できている内容ですが、自分では大丈夫だと思っていたけど、意外と厳しい。という事にならない事が大事です。30代はプライベートでも様々な変化が生まれる年代なので、あまりギリギリの水準で転職してしまうと、思わぬときに苦しくなるので、長く型買うためにもギリギリに落とすことはしないようにしましょう。

30代で入るべきベンチャー企業とは

平均年齢が高めの大人ベンチャー

ベンチャーの年齢は創業者の年齢がベンチマークになりますが、創業者が30代後半〜40代のベンチャーは、平均年齢もそのあたりに落ち着く傾向があります。年代が近い方が働き方や価値観が合いやすく、会社の方向性のブレも少ない傾向にあるため、先に説明したようなことが起こるリスクを抑えることができるでしょう。

そしてもちろん、そのような企業の方が条件もいい傾向にあります。

アーリー~ミドルで入るなら、リーダーポジションを狙える企業に

転職後のキャリアパスを早めに固めていくためには、どのポジションを狙えそうかをちゃんと想定しておくことが重要です。

会社のステージごとに、どのようなスピードで組織が縦に伸び、ポジションが生まれていくかは異なるのですが、アーリーステージからミドルステージ(大体30人から50人)で入るなら、1年後にセクションリーダーは狙えそうな企業をおすすめします。その規模の企業は会社が伸びれば、すぐに人数は倍になっていくため、人数が増えてマネジメントポジションが増えたときにしっかりその椅子を抑えていくことは重要です。

ミドルステージ以降なら「勝ち馬」がベスト

ベンチャー転職後のキャリアパスを考える時、最も重要なのは「会社が伸びること」です。上の2つの要素も、会社が伸びなければ全く意味はありません。なのでベンチャーに入社するときは、「その会社が伸びると思うか」をしっかり判断しましょう。伸びる会社に在籍すれば、自然に組織は縦に伸び、部下も増えて、新しい領域の仕事に挑戦しないといけなくなりますが、事業が伸びなければ、そうはなりません。

そして、現実問題として、入社後に会社が伸びるかどうかは、少なくとも入社後1年は自分で同行できる話ではない事がほとんどです。

どんなステージでもベンチャー企業に入社するということは、自分の人生をベットするということ。リスクを書ける場所は最大限注意深く選びましょう。

ベンチャー転職後のキャリアパス

ベンチャー転職後はどのようなキャリアパスがあるのでしょうか。代表的なものをご紹介します。

大手企業に転職

これは意外と多いキャリアパスです。元々大きなところで働いていればカルチャーとして馴染みはありますし、ベンチャーでのタフな事業経験をもった人材を迎えたい大企業は多数あります。実際にベンチャーでの経験を生かして仕事をすることができるでしょう。

確率的には最も狙いやすいキャリアパスのため、常にこの路線は頭の片隅において置くと良いでしょう。

ベンチャーの執行役員クラスを目指す

会社や自身実力よって難易度は異なりまが、会社に貢献するほどの結果を出し続けていれば、十分に狙えます。
ベンチャー企業業界の執行役員クラスの椅子は非常に貴重なため、これを達成すれば非常に次のキャリアにも有利になります。

この路線が難しいのは、入社時点で「勝ち馬
」だとわかっているベンチャーほど、上に登っていくのは難しく、うまくいくかわからない会社に入って貢献するほどこのキャリアにつながる可能性は高まるということです。

起業する

言わずもがな、自身の意志次第で起業することも可能です。ベンチャーで仕事をしていると、経営や事業との距離が近くなるため、起業を現実感のあるものと捉えやすくはなります。