ベンチャー 転職

実際さがる?ベンチャーの年収事情

こんにちは。キャリアブックス編集長の森田です。今回はベンチャー企業の年収事情についてです。

多くの人がベンチャーに転職するか考える際、年収面を不安に感じると思いますが、実際どれぐらいなのか、そもそもなぜ低いのか、どういう企業が特に低いのかなどについて整理しようと思います。

この記事を書いた人キャリアブック編集長
森田(仮名)

人材系ベンチャー出身。これまでに人事やマーケティング、営業など様々な職種を担当。現在は様々なベンチャー企業でフリーランスとして活動中。これまでの経験の共有とアウトプットの場としてキャリアブックスを運営。

ベンチャーの年収事情

実際どれぐらいなのか

会社名 平均年収
Yahoo(ヤフー 765万円
ディー・エヌ・エー 757万円
楽天 705万円
サイバーエージェント 709万円

このように、国内トップのメガベンチャーの平均年収で700万円ほどになっています。採用力強化のため、メガベンチャーはあらゆるベンチャーの中でも年収は高めに設定されるようになっているため、つまりおよそほとんどのベンチャー企業の平均年収は500~700万円ということになります。

どのような企業からどのようなベンチャーに転職できるか。という問題もありますが、ある程度の大企業の総合職の方だと、ベンチャーにくると大体ボーナスを含む年収で100~200万円ほど低い水準になると思って良いと思います。

なぜ年収が低くなるのか

大企業や一般的な企業にいた人がベンチャー企業に転職する場合、大体のケースで、年収を下げての転職になるとお思います。

理由として、

  1. 事業が安定していないため、固定費を上げるリスクを取れない
  2. 平均年齢が低いため、全体的な給与テーブルも下がる

といったことが挙げられます。

ベンチャーにとって、給料は固定費

会社にとって、給与は固定費であり、一度あげた給与テーブルを下げることは難しく、組織を大きくすればその分会社にのしかかってくるコストです。そもそもいつ成功するかわからないベンチャーにとっては、会社ができるだけ長く生き残れるようにするためにも、給料を上げることは難しい選択となります。

ただ一方で、最近は以前よりもベンチャー企業への投資が活発になり、最初からある程度の運営費用が確保できているベンチャー企業も多く、かつベンチャー界隈での人材の育成も進んできたため、給与テーブルをあげるリスクをとっても、より優秀なメンバーで事業をスタートすることを優先するケースも増えてきています。

また、見落としがちですが、大企業の福利厚生は、あらゆる面で非常に充実しています。福利厚生や退職金の有無も考慮すると、やはりベンチャーの方が総合的に劣っていると思います。

ストックオプションは、あまりあてにするべきではない

よく、ベンチャーは給料が低い代わりにストックオプションがある。という声を聞きます。ストックオプションなどの精度は会社の資本政策によって様々ですが、ほとんどの場合、従業員としてはストックオプションをあまりあてにするべきではないと思います。

ストックオプションは、入った時期や役職によって割合が決まりますが、数十番目の社員として一般メンバーとして入った場合の持ち分はかなり少なくなり、そして大事なのは、会社が上場するなどの決まった目標をクリアできなければ一切公使できません。

もし実際に上場しても、ロックアップという上場後在籍期間のしばりなどもあるため、ストックオプションを重視しすぎると、そのためにキャリアを遅らせるようなことにもなりかねず、返って足かせにもなりえます。そのため、個人的にはベンチャーに入る際、ストックオプションをもしもらってもないものとして扱えるぐらいの気構えがあった方が良いと思っています。

年収水準は会社のステージごとに違う

ここまで、ベンチャーの給与水準を一律のように扱ってきましたが、実はベンチャーの年収は、会社のステージに大きく依存します。まずはベンチャー企業のステージについてご説明します。

シードステージ 社員数 0~10人
資金力 ない
事業状態 サービス構築段階で売上はゼロからほとんど立っていない状態。サービスを軌道に乗せるため、懸命に努力している
アーリーステージ 社員数 10~30人
資金力 余裕はない(調達を実施した場合、一時的にある)
事業状態 会社として主軸に据える事業の売上が立ち始め、今後の成長のために組織を拡大を行うフェーズ。会社によっては更に成長スピードを出すため、このタイミングで追加の資金調達なども実施する。
ミドルステージ 社員数 30~100人
資金力 ある程度ある
事業状態 主力の事業である程度の規模の売上が立っている状態(30人以上の社員の給料を支払える)。オフィスや福利厚生も充実化してきている状態。事業(売上)が伸びているため、毎月新しい仕事が生まれ、人が必要になっていく状態。
レイターステージ 社員数 100人以上
資金力 潤沢にある
事業状態 この規模になるとベンチャー企業としては相当大きな規模。安定した事業を持っており、組織も大きい。その分ミドルステージと比べて、定例業務なども多くなっているが、大手企業や中小企業に比べるとまだまだチャレンジングな仕事は多い。

シード、アーリーステージはかなり少ない

アーリーステージ以降は、事業・キャッシュフローがまだまだ安定していないため、「キャッシュを燃やしながら耐えている」状態です。その時期の給与レンジはかなり低く、会社にもよりますが、代表でも300万円代の会社もあるほどです。ただ、この時期はストックオプションの割合はかなり高くなるため、最期まで会社で戦うインセンティブを強く持つことができます。

なので、アーリーステージ以前のスタートアップ・ベンチャーに関しては、今給料が低くても、会社が成長すれば1年で大きく水準が改善する可能性があります。私自身、社会人3年目の時に1年目のスタートアップに転職した際は、前職の年収が500万円だった時から、360万円まで給与が落ちました。しかしその後1年で会社が成長し、540万円にまで年収が戻った経験があります。

ミドルステージで大きく変化

会社が成長すると、徐々にベースのテーブルが引き上げられる形で昇給となりますが、給与水準や福利厚生が大きく変わるのはミドルステージ以降です。ミドルステージになるとある程度キャッシュフローの見込みがあるのに加え、本格的な採用開始に向けて、採用市場で最低限競争力を持った給与水準に引き上げが行われます。