ベンチャー 転職

40代でベンチャーに転職するのは難しい?リスクを考えてみた。

この記事では、実際にベンチャーで組織運営に関わって来た立場から、実際に40代ベンチャーにもと目られている人材や、転職後のリスク、キャリアパスなどについて説明します。

40代でベンチャーに転職するのはあり?

組織の平均年齢による

当たり前のことですが、組織の平均年齢によってやっているビジネスも異なりますし、求められるスキル・経験も異なります。平均年齢が40代後半で、40代でもまだ若手のベンチャー企業も存在します。
ただ一般論としては、平均年齢が30代前半から中盤のベンチャー企業が多いため、そのような年齢層の企業を前提に、この後の考察を進めようと思います。

専門性の高いポジションかマネージャー職にニーズあり

ビジネスアライアンスやバックオフィスなどの領域で、高い専門性や幅広い経験、人脈で大きく成果が決まってくるような職種、部署のマネージャーなどは、30代後半から40代以上の人の方がむしろ積極的に採用される傾向があります。
いわゆる「大人の世界」で戦う仕事ですね。そのような職種は、社内でいかに優秀な成果を収めている若手を抜擢しても、うまく成果を出せる領域ではないからです。具体的には次のようなものがあります。

  • 大企業とのアライアンス
  • フィンテック領域などロビーイング
  • ファイナンスなど、専門性が高いバックオフィス

それ以外にも、業界ごとに重要なコネクションを持っている、業界進出のキーになるような企業で働いていた。など、ピンポイントで自身の持っている人脈・経験をベンチャーが求めていることはよくあります。ちなみにそういうときによく使われる採用手段は、直接声がかかったりヘッドハンターによる仲介です。

こういうベンチャーには自分のような人材のニーズがあるんじゃないかという仮説がある方は、まずはヘッドハンター経由であたってみると良いかもしれません。

ミドル後半〜レイターステージでの採用が多い

40代でも積極的に採用される、「大人の世界」に関連するポジションができるのは、最低限サービス、売上が安定し、ビジネス基盤をより大きく盤石にしていくミドル後半〜レイターステージ(社員数50人以上)の企業が中心です。
サービスを開始する初期からロビーイングなどが重要なサービスもありますが、其のようなサービスはロビーイングに強みを持った人が創業するケースが多いためです。

ポテンシャル採用はない

20代中盤から多くのメンバーが在籍し、マネージャーでも30代半ばであることが多いベンチャー企業にとって、40代の人材は普通のメンバークラスとしては、正直ほとんどニーズはありません。同じポジションなら、若く給料も低く、ポテンシャルをより期待できる若手層に需要があるのは言うまでもありません。

40代でベンチャーに転職するリスク

実際に40代でベンチャーに転職したあとによく課題に感じられるリスクについてまとめます。

条件面(年収)

言わずもがなですが、専門性の高い40代の方はそもそも一般企業・大企業で比較的高い年収をもらっているはずです。

ベンチャー企業としても其のポジションの採用には比較的高めの条件を準備していますが、それでも下がることがほとんどだと思います。
逆に捉えると、それをある程度許容できる人でないとベンチャー企業は向いていないでしょう。

わざわざベンチャー企業に行くのですから、年収面以外に、その事業の中で自身の経験を生かして事業に貢献したいなどの意志があるはず。ベンチャーとしてもそういう意思をきたいしているため、条件面である程度飲んでくれるか。はお互いの踏み絵としても機能するのです。

キャリア形成

それまでのキャリア次第ですが、大企業や一般企業で比較的長い間働き、キャリアを積んできた人にとって、ベンチャーにキャリアを寄せることは多少はリスクにはなると思います。

ただ、ベンチャーの事業推進サイドの経験は、その後のキャリアパスにも良い影響を与えるため、ベンチャー転職後どのような実績を詰めば、どのような会社が評価してくれるかはある程度考えておくと良いかもしれません。

ベンチャー転職後のキャリア

専門性と経験を持った人材としてベンチャーを渡り歩く

職種によりますが、バックオフィスなどある程度汎用的な職種の場合、プロフェッショナルとしてレイターステージのベンチャーを渡り歩く人は少なくありません。

契約形態も社員ではなく、フリーランス業務委託や顧問、アドバイザーという形で、複数の会社から受ける形を取れれば、ベンチャーで働きながらにしてかなり高額の年収を得ている人もいます。

大企業に戻る

需要が多く、文化的にも相性が良いため、最も高い確率で達成できるキャリアパスです。

元々それまでの経験を生かしたベンチャーに行っているため、逆に古巣でも新しい事業会社の動きを理解している人材はぜひ採用したいという会社は必ず出てくるでしょう。

結論

40代の転職は、ゼロから新しいところに飛び込むものではなく、市場で自身のこれまでの経歴やスキルを求めている会社を理解した上で、より自分の市場価値上げる経験を積むために行うのが基本です。

様々なカルチャーが混じり合うのが、ベンチャーの醍醐味でもあります。自身に良いベンチャーを見つけることを祈っています。