ベンチャー 転職

ベンチャーでのキャリア形成。大企業との違い

いきなりですが、私はベンチャーでのキャリアは、「厳しいもの」だと思っています。

私自身ベンチャー企業で働いてくる中で、大企業からベンチャー企業に転職されてこられる色々な方を見てきましたが、ベンチャーに入ったからといって、ベンチャーでやりたかった働き方、キャリアが実現できるわけではなく、入社後に悩んでしまう方も多くいらっしゃいます。

今回は、ベンチャーのキャリアはなぜ厳しいのか。なぜ入社後に悩んでしまうのか。についてご説明できればと思います。

この記事を書いた人キャリアブック編集長
森田(仮名)

人材系ベンチャー出身。これまでに人事やマーケティング、営業など様々な職種を担当。現在は様々なベンチャー企業でフリーランスとして活動中。これまでの経験の共有とアウトプットの場としてキャリアブックスを運営。

失敗しないための転職サイト診断

間違った転職サイト選びはキャリアの失敗につながります。6問の質問に答えるだけで、あなたにあった転職サイトをチェックしよう。

10秒診断スタート

ベンチャーのキャリアは「生き抜き戦」

ベンチャーでのキャリアが難しい理由は、大枠次の2点によるものです。

  • 若い優秀な人材がどんどん入ってくる
  • 結果主義
  • ポジションが限られている

若い人材が多い

改めていうまでもなく、ベンチャーには若い優秀な人がどんどん入ってきます。少なくとも実務領域においては、経験豊富なことよりも柔軟性や、吸収力の高さが重要になってくるため、「経験の長さ」は、ほとんどアドバンテージになりませんし、もっと言えば、「いい会社で働いていた事実」もほとんどアドバンテージにはなりません。

ベンチャーは結果主義

ベンチャーは結果主義です。基本的にベンチャーの評価制度自体が、「目標に対する結果」に紐づいているところが多いので、実際に結果を出さなければ、ポジションアップすることはありません

多くの方が感じる一般企業での「年功序列待ち」ですが、ベンチャーはベンチャーで形にしなければ評価されないプレッシャーがあるとも言えるのです。

ポジションが限られている

そして、時にベンチャー企業のキャリアの最大の悩みどころになりえるのは、「ポジションが限られる」ことです。キャリアアップのためには、リーダークラス、マネージャークラスとポジションについていかないといけません。大企業と比べて社員数もそれほど多くないため、マネージャークラス(部署の責任者)にはある程度の人数しかなれません。この辺りは大企業と共通の悩みを、抱えることもあると思います。

会社が多くなれば、ポジションも増えていくため、うまく会社の成長の波に乗れば問題ないですが、会社が伸びて「人が増えた後」に入社しても、その後も会社が伸びてさらにポジションが増えない限りは、キャリアアップのためには、同期との競争にしっかり勝っていく必要があります。まあまあ上手くこなしている。ではポジションにつけないこともあります。

「別にマネージャーにならなくても」と思った方もいらっしゃるかと思います。ただ、若い人が特に多い業界でもあるので、ある程度の年次になると、ライフステージも変化してくることもあり、「いつまでも今のままではいけないし、どうしようかな」という雰囲気も少し出て来るというのも事実なんですよね。

ベンチャー企業のキャリアの厳しさについては、次の記事でも赤裸々に描いてみましたので、ご参考ください。

ベンチャー企業、35歳定年説こんにちは。キャリアブックス編集長の森田です。 煽りっぽいタイトルにですみません。私自身、ベンチャー界隈でのキャリア形成って結構難...
失敗しないための転職サイト診断

間違った転職サイト選びはキャリアの失敗につながります。6問の質問に答えるだけで、あなたにあった転職サイトをチェックしよう。

10秒診断スタート

ベンチャーと大企業の違い

時間軸と多様な選択肢

これまで、ベンチャー企業でのキャリアの難しさについて書いてきましたが、そもそもそれは「ベンチャーでキャリアアップしていくこと」を前提にした場合です。

実際は、起業、フリーランス 、パラレルワーク、大企業やより大きな会社に転職する、などの幅広い選択肢があり、どういうキャリアを実現していくかはその人次第です。実際に5年前に私が働いていた同僚も、私のようにフリーランスで働いている人、起業した人、大手メガベンチャーに転職した人、より小さなベンチャー企業で働いている人、海外に移住した人など、様々な場所で働いています。

ベンチャーでのキャリアは、一言で言ってしまえば、「会社の都合にしばられることなく、自分でキャリアを選ぶことができます。ただし、会社が用意してくれる階段はなく、自分自身で獲得していく必要があります。」というものです。

時間軸と選択肢において、ベンチャー企業でのキャリアは確実に大企業に勝ります。

このキャリアにおける自由と責任のバランスを正しく認識することが、ベンチャーでのキャリアの成功のコツだと思います。

自分の大事にしたい「軸」に従える

面接を担当してきた中で、多くのベンチャー企業への転職希望者の方とお話ししてきましたが、実際に多くの方が「現状を変えたい」という思いで転職活動をされています。ただ、「5~10年というスパンだと、どうなりたいのですか?」という質問をした時に、あまり明確なイメージを持っていない人もいるなと感じていました。

ちなみに私は新卒でベンチャー企業で入社しましたが、「3~5年でフリーランス的な働き方で、自分の腕一本で仕事がしてみたい 」という思いがありました。それは、会社に依存することなく、自分の実力で勝負するのが自分は好きだな。という感覚からくるとても曖昧なものでした。

フリーランスというものが実際にどういうものかわからなかったですし、「フリーランスになるため」に必要な会社選びは全くできていなかったと思いますが、その思いだけでガムシャラに仕事をした結果、人にはないスキルが身につけることができ、比較的良い仕事に恵まれています。

ただ、一つ言えるのは、漠然と「フリーランスで独立する」という目標がなければ、積極的に取り組んだ仕事も変わってきたと思いますし、全く違うキャリアを選んでいたと思います。

具体的な目標などはなくて全く良いのですが、前述のような多様な選択肢がある中で、「こういう軸でキャリア」を築いていきたい。という思いがあるけでも、仕事の仕方は変わってくるものです。

できれば、ベンチャーに転職する際は、自分がキャリアの中で大事にしたい軸を考えてみるのはいかがでしょうか。

ベンチャーでのキャリア事例

ポジションアップしながら、ベンチャーを渡り歩く

ベンチャーの仕事は流動的です。2,3年程度いれば、会社のステージも変わって少し自分のやりたい事と違いができてくる、面白いサービスを見つけた、など理由は人それぞれですが、ベンチャー企業を渡り歩く人は多く、一般的なベンチャーのキャリアです。

コツとしては、ポジションを上げる転職(あるいは昇進)をしていかないといけないことです。会社は変わっても、年齢が上がっていくにつれ、自分に求められる専門性かマネジメント力は高くなっていくため、ポジションを意識して転職していくことは非常に重要です。

とはいえ、終身雇用制度の会社よりは格段に自由にキャリア構築できるため、年齢が若いうちに色々な会社で経験を積めるのは、ベンチャーの醍醐味だと思います。

大企業・一般企業に入る

特に30代中盤以降、よく選ばれるキャリアパスです。大企業といってもメガベンチャー企業などが多いと思います。結婚や育児など、人生のステージも変化し、働き方や年収などの条件を変化させたいという方が多いです。

これは全くマイナスなことではなく、ベンチャーで、結果を常に求められながら、事業経験をしっかり積んだ経験のある人材を採用したい大企業は多く存在するので、同じ業界のリーディングカンパニーなど、業界を変えずに全く違うプレイヤーとして仕事に取り組む面白さもあり、経験を生かしつつ、年収などをステップアップすることもできます。

フリーランスになる

独立のやりやすさは、職種にもよりますが、ある程度専門的なスキルを身につければ、社員としてではなく、業務委託としてベンチャー数社にコミットするということも可能です。収入は不安定になりますが、時間が自由になるため、キャリアの踊り場として一時的にフリーランスになる人もいらっしゃいますね。

起業する

挑戦する気持ちさえあれば、自身の意志次第で起業することも可能です。ベンチャーで仕事をしていると、経営や事業との距離が近くなるため、起業を現実感のあるものと捉えやすくなります。べンチャーで働いていると、同じ会社で働いていた人が起業するということは珍しいことではありません。

最近では社員としてベンチャーで働きながら、副業で知り合いと会社を立ち上げ、軌道に乗ったら独立するというような形で企業する人も多いですね。

失敗しないための転職サイト診断

間違った転職サイト選びはキャリアの失敗につながります。6問の質問に答えるだけで、あなたにあった転職サイトをチェックしよう。

10秒診断スタート

キャリアアップするためのコツ

結果を出して、会社に貢献する

最もシンプルですが、ベンチャーは、会社に貢献すれば評価されるので、短いスパンでキャリアアップに繋がります。もちろん大企業のような政治的要素や、順番待ちの下積み期間もゼロではありませんが、確実にその比率は少ないです。自分の仕事の質がキャリアに直結する。そのシンプルさは改めてベンチャーの魅力だと思います。

常にキャリアを意識して行動する

自主性が問われるベンチャーでのキャリアにおいて、「どうなりたいのか」を常に意識することは非常に重要です。ベンチャーでの仕事は、会社に貢献するための労働であると同時に、自分の次のキャリアを掴むための積み重ねだ。という意識で、常にキャリアに自覚を持って行動し、「チャンスが来れば、とりあえず巻き込まれておく」というような意識が重要です。

「会社が伸びる波」に乗る

波。つまりタイミングのことですが、これは非常に重要な観点です。もし複数のベンチャー企業で迷われている場合、この観点で比べてみることお勧めします。

では実際に波に乗るというのはどういうことかというと、ベンチャー企業には事業の拡大に伴って組織が拡大していくタイミングがあります。人数としては50人から200人ぐらいまでの間でしょうか。そのタイミングのできるだけ早い(理想は伸びる前)に入社することです。

伸びる直前、伸び始めた時に入社すると、自然に自分が一人前になった時に、組織が縦に伸びる、言い換えるとまだまだ組織図の階層が増えていくような現象が起こります。そうするとすんなりポジションにつくことができます。

一方、組織図がいったん大きくなってしまった後はポジションが増えるペースが一度緩やかになるのですが、そのタイミングで一人前になっても、周りには大量の同期がいることになるため、なかなかポジションにつくことが難しくなります。

これは、「同じ人でもタイミングによってどういうポジションに着けるかが変わる」ということなので、迷ったときは組織が今後も拡大する見込みが高い会社に入ることをお勧めします。

まとめ

私の考えるベンチャーでのキャリアについてお話ししました。

これから挑戦を考えてらっしゃる方には、厳しい側面を強く書いてしまったなと思うのですが、厳しい側面も含めて、本当の意味で将来につながる投資だと思えるかどうか。は、忖度なしにベンチャー企業を選ぶ際の基準の一つになると思います。

結局、昔とは時代が違うので、どの会社を選んでも、キャリアは自分で切り開いていかないといけない世の中になっているんだと思います。

また、最後になりますが、一緒くたにベンチャー企業と言っても様々な企業があり、それぞれの方の状況ごとにメリットデメリットは、異なると思います。

そんなときは、是非短なベンチャー企業の勤務しているかたに相談してみてください。

この記事が、参考となりましたら幸いです。