転職のコツ

【保存版】合否を分ける面接マナー30選!チェックリスト付き

書類選考が通過したら次は面接です。面接に行くのならば絶対に合格したいと思うのは当然のこと、でも何をしたらいいの?と悩まれる人もいるのではないでしょうか。面接で大切なのは、面接マナーを守ることです。

久しぶりに面接をする人は、面接マナーを忘れていませんか?だいじな面接前に、再度面接マナーをチェックしておきましょう。

今回の記事では、合否を分ける面接マナーの30選を解説、チェックリストを活用し、面接突破を目指しましょう。

面接マナーの重要性

書類選考をやっとの思いで通過したら、次に待っているのが面接です。書類選考を通過するため、履歴書の内容を工夫されたはず、その頑張りも面接が受からなければ意味がありません。

受かるために重要なのが、「面接マナー」です。これは誰もが知っている当たり前のこと、経歴を見るたけならば、履歴書や職務経歴書だけで十分たります。ただそれだけでは、「人となり」がわかりません。履歴書に書かれたことが真実かを見分けるには、実際に会って確かめる必要があります。

一生懸命に作成した履歴書と、実際に会った時のイメージが異なれば、面接官も首をかしげることでしょう。つまり履歴書を作成したとき以上に、面接を頑張らないとけません。

その中で重要視されるのが、先ほども言ったとおり面接マナーです。重要だとわかっていることに対し、それすらできない人へ面接官が魅力を感じるでしょうか?

転職面接と就活面接では期待値が違う

転職面接と就活面接、もちろん面接マナーの内容に違いがあるわけではありません。基本は就活面接時に学んだ面接マナーで大丈夫です。違うのは期待値、あなたを採用することによって、どれだけわが社にメリットがあるのかの期待値が変わります。

中途採用者に求められるのは「即戦力」です。社会人としての経験を活かした、パフォーマンスを期待しています。就活者が面接マナーをミスしても、初々しいという表現が利用できるかもしれません。一方、転職者が面接マナーでミスしたらどうでしょうか?冷静さが足りないなどの、マイナスイメージじしか与えません。

社会人としての一般常識から教える必要がある中途採用者を、雇う余裕はどこの企業にもありません。一からビジネスマナー研修をしなければいけない人材ならば、何色にも染まっておらず、先が長い新社会人を雇う方が数倍メリットがあります。そのメリットを補えるほどの実力が、転職者には求められるのです。

面接マナーは、転職者にできて当然のこと、企業の秩序を乱すと思われる人を採用するわけがありません。面接官の中には、「面接マナーができない人=適当な人」というイメージを持たれている人がたくさんいるはずです。

面接マナー次第で、面接時間が変わる

面接マナーには、見た目も含まれます。見た目と言っても、勘違いをしないでください。ただ単にカッコいいや奇麗などではありません。全身に清潔感があるかどうかです。

アメリカの有名な心理学者であるアルバート・メラビアン氏が提唱した「メラビアンの法則」によると、相手に与える第一印象の要因割合が、次のように記されています。

  • 見た目…55%
  • 声や話し方…38%
  • 話の内容…7%

5割以上が見た目で決まり、話し方まで含めると9割を超します。人の第一印象は3秒で決まるという話を聞いたことがありますか?つまり見た目が重要というわけです。

面接マナーすらできない人に、忙しい面接官が割く時間などありません。第一印象が良くなければ、面接を早々に切り上げたいと考えるのは、至極当然のことと思えませんか?その時点で、落ちる確率が高くなることは間違いありません。面接マナーができない人の面接時間は短くなります。期待をしていない表れです。

面接に受かりたいのならば、自分を知ってもらうためにも、長く面接をしてもらう必要があります。そこで重要なのが面接マナーによる第一印象、もし軽視をすれば、痛い目を見ること間違いなしです。

無料LINEで転職診断

30秒でアンケートに答えるだけで、あなたにあった転職サイトがわかります

30秒で診断をする

これだけは押さえよう。面接マナー30選。

面接時における面接マナー30選の解説です。当たり前にできることと思い、内容の確認をしてください。

内容 場面 マナー
事前準備 前日 服装や靴、髪の毛や髭、爪などの見た目のマナー
ハンカチや鞄などの持ち物のマナー
訪問~控え室までのマナー 訪問 指示された時間の15分前に到着
入館前に携帯電話をOFF
入館前にコートは脱ぐ
受付 指定された時間の5分前
挨拶をしてから用件をハキハキと言う
控え室 静かに席に座り待つ
案内いただいた方へお礼の挨拶
入室~面接開始までのマナー 入室 ノックを3回、「どうぞ」の声を待つ
ドアを静かに開け入室
ドア側を向き静かに閉める
挨拶 「失礼します」と挨拶しドアの前で30度のお辞儀
椅子の横に行き、明るい声で挨拶
挨拶後のお辞儀は45度の最敬礼
状況が変わっても臨機応変に対応
着席 「どうぞ」の声で「失礼します」と答え15度のお辞儀
鞄は足元、コートは背もたれにかけ着席
椅子に深く腰掛けず背筋を伸ばす
面接開始~終了までのマナー 面接中 面接官の方を向き質問にハキハキ答える
今後の予定はメモを取る
退席 着席した状態で「ありがとうございます」と一礼
椅子の横に立ち面接していただいた感謝の意を伝える
お礼後のお辞儀は45度の最敬礼
鞄やコートを忘れずに持つ
退室 ドアの前で「失礼します」と30度のお辞儀
ドアを後ろ手にならないよう静かに閉める
退室しても気を緩めず見られている意識をする
帰宅 コートは建物から外に出たあと着る
当日中にお礼のメールする

ギクシャクした面接マナーになれば、噓っぽい印象を与えます。どれも自然に行うように心がけましょう。本心から面接をしていただけることに感謝をしていれば、問題なくできるはずです。

事前準備の面接マナー2選

面接を成功させるためには、前日からの事前準備が大切です。見た目に関する面接マナーは当日では間に合いません。前日の早い段階で、準備を完了させておきましょう。

前日の面接マナー

見た目のマナー

髪形や爪は、前日に清潔感がある長さにしておきましょう。当日利用する整髪料が切れていないかの確認もしておいてください。

翌日に着ていくスーツの手入れは万全でしょうか?ヨレヨレのスーツで、清潔感を与えるわけがありません。靴とあわせてチェックをしてください。

また、口臭も気にしなければいけません。前日は口臭の元となるような食事は避けるようにしましょう。これも面接マナーの一つです。

持ち物のマナー

鞄や腕時計などが転職先企業のビジネスシーンに適用しているか、再度確認をしておきましょう。最近はスマホがあるので、腕時計をしないという人も増えいるようですが、見た目を良くするため腕時計は必要です。状況に適した腕時計を見につけるようにしましょう。また、ハンカチを持ち歩かないのも論外です。前日に必ず準備をしておきましょう。

持ち物は、企業から指定された持ち物と身分証明書、印鑑と筆記用具などが必要です。緊急時に企業へ連絡が取れるよう、応募書類など忘れないようにしてください。

無料LINEで転職診断

30秒でアンケートに答えるだけで、あなたにあった転職サイトがわかります

30秒で診断をする

訪問~控え室までの面接マナー7選

次は面接となる建物へ訪問するところから、控え室までの面接マナーです。面接マナーは、面接官にだけ行うものではありません。常にみられている意識をするようにしましょう。

訪問時の面接マナー

指示された時間の15分前に到着

面接会場や会社へは、指示された15分前には到着をするようにしましょう。早いに遅刻はありません。突発的な事故もなしに遅刻をするのは、面接マナー以前の問題です。時間には余裕を持ち、行動をするようにしてください。

時間に余裕があれば、身だしなみの最終チェックや、トイレを済ましておくことができます。時間に追われる状況では、緊張感が増すと思ってください。緊張をし慌てると、面接マナーの内容を忘れる人もいます。実力を出し切るためにも、時間に余裕を持たせておきましょう。

入館前に携帯電話をOFF

入館する前に携帯電をOFFにしておきましょう。想像してみてください。面接中に携帯電話が鳴った時のことを、対処に困ると思いませんか?マナーモードにしてればいいと思われるかもしれませんが、操作を間違うこともあり得ます。OFFにしておくのが無難です。

面接時間の間ぐらい携帯電話から離れても支障はないはず、それぐらいの時間はOFFにし、鞄の中へしまっておきましょう。

入館前にコートは脱ぐ

入館前に着ているコートは脱ぎましょう。コートの持ち方にもマナーがあることを、ご存じでしょうか?コートは基本、裏返しにたたみます。理由は簡単、外の汚れや花粉を室内に持ち込まないためです。コートのたたみ方ひとつで、相手への心配りが分かります。

内側にたたんだ後、鞄を持っている逆側の腕にかけて歩くのが奇麗に見える持ち方です。このようなしぐさも、面接マナーにつながると考えておきましょう。

受付時の面接マナー

指定された時間の5分前

受付けは指定された時間の5分前に行いましょう。早すぎても遅すぎてもいけません。受付をする前に、口臭の最終チェックも忘れないでください。タバコ臭いは論外です。面接が予定されている日は、タバコを控えるようにしましょう。

挨拶をしてから用件をハキハキと言う

受付へは、ハキハキと挨拶をしてから用件を話しましょう。お手本は次の通りです。

お世話になっております。
本日〇時に面接のお時間をいただいております、〇〇と申します。
人事担当の〇〇様に、お取り次ぎをお願いいたします。

企業によっては、受付が内線電話を利用している場合もあります。その場合でも、見られている意識を持つようにしてください。受付をされている方も、入社したい会社で働いている人です。面接官と同じと思い、面接マナーを怠ってはいけません。

控え室の面接マナー

静かに席に座り待つ

企業によっては、面接の準備ができるまで、もしくは先に面接をしている人を待つために、控え室へ通されることがあります。

控え室に入室したとき、ほかに面接を待たれている人がいたら迷惑のかからないよう、席につくようにしましょう。座っているときは、足などを組まず浅く腰を掛け背筋を伸ばしてください。ここでも見られているという意識を忘れないようにしましょう。

スマホを見るなどの行為は絶対にいけません。面接前の心の準備に、待ち時間を当てましょう。なかには落ち着かず、足をカタカタ動かす人もいますが、意識して止めるようにしてください。傍から見て、いい動作ではありません。

案内いただいた方へお礼の挨拶

控え室に案内されたとき、案内者がいる場合は、「ありがとうございます」と一礼をしましょう。すべての人が面接官です。感謝の気持ちを持ち、それを声と態度に表すことを、忘れないでください。

スポンサーリンク

入室~面接開始までの面接マナー10選

次に入室から面接開始までの面接マナーの解説です。面接官との対面をするときです。第一印象を良くし、面接突破を目指しましょう。

入室の面接マナー

ノックを3回、「どうぞ」の声を待つ

面接の順番が来たら、ドアを3回ノックしてくさい。ビジネスシーンでのノックは3回、2回のノックで終わらわるのはトイレのドアです。これはビジネスマナーの基本、普段から心がけるようにしましょう。余談ですが、上司の中には部屋のドアを2回ノックされることを嫌う人もいます。上司に「俺の部屋はトイレじゃない」と叱られないよう注意してください。

ノックをすると、中から「どうぞ」の声が聞こえるはずです。その声を待つようにしましょう。

※外資系の企業を面接する場合のノックは、4回が基本です。国際基準のノック方法を利用してください。3回は親しい間柄で利用するノック回数です。

ドアを静かに開け入室

中から声が聞こえたらドアを静かに開け、入室をしましょう。

ドア側を向き静かに閉める

入室をしたら、ドア側を向き両手で静かにドアを閉めましょう。後姿を見せるのは失礼と思っているのは勘違です。後ろ手でドアを閉めることのないよう注意してください。両手で静かにドアを閉めたら面接官の方に体を向きます。

挨拶の面接マナー

「失礼します」と挨拶しドアの前で30度のお辞儀

面接官の方へ体を向けドアの前で「失礼します」と挨拶したら、30度のお辞儀をしてください。その後、椅子の横まで行きます。

奇麗な分離礼は、丁寧な印象を面接官に与えます。同時礼よりも、より丁寧な印象を与えるので、活用してください。

椅子の横に行き、明るい声で挨拶

椅子の横に立ち挨拶を明るい声で行いましょう。

本日はお時間をいただきありがとうございます。
〇〇と申します。
どうぞよろしくお願いいたします。

見た目と声や話し方で9割の第一印象を占めることを思い出してください。ここが大切なポイントです。悪いイメージを持たれないよう、明るい声で挨拶をしましょう。

挨拶後のお辞儀は45度の最敬礼

挨拶を話し切ったあとに、45度の最敬礼でお辞儀をしてください。ここでも分離礼を意識しましょう。

状況が変わっても臨機応変に対応

控え室に通されず、直接面接をする部屋へ、面接官が来る前に通されることもあります。その状況では、これまでの行動と異なる動作が必要です。もし面接をする部屋に一人で待つときは、下座の席(出入口のドアに近い席)の横に立ち、面接官を待つようにしてください。
案内してくれた人が「おかけになってお待ちください」と言われたら、下座の席に軽く腰を掛けておきます。「こちらにお座りになってお待ちください」と言われたら、そこに座り面接官の到着を待ちましょう。

面接官が入室されたら、元気に挨拶を行います。会社によって状況が変わるので、柔軟に対応できる心構えををしておいてください。いつも同じ状況でことが進むとは限りません。

着席の面接マナー

「どうぞ」の声で「失礼します」と答え15度のお辞儀

挨拶を終えると、面接官が「どうぞ」や「おかけください」の声をかけてくれます。それまでは、絶対に座ってはいけません。声をかけられたら「失礼します」と答え15度のお辞儀をし、椅子に座りましょう。

鞄は足元、コートは背もたれにかけ着席

鞄は足元に置き、コートは背もたれにかけてから着席をします。鞄は倒れないよう注意してください。鞄が倒れている状況で、座っている姿を想像してみてください。だらしない姿にうつりませんか?見た目が悪くなるので気を付けましょう。

椅子に深く腰掛けず背筋を伸ばす

座るときはドスンと音の立たないよう丁寧に、深く腰を掛けず背もたれに触れないよう、背筋を伸ばして座ってください。

男性の座り方

  • 足は肩幅ぐらいに開く
  • 足と膝の角度を垂直にする(膝の間を開けすぎない)
  • すべての体の部位をまっすぐな状態で維持し続ける
  • 手は軽くにぎり太ももの上

女性の座り方

  • 足は開かず、膝とかかとをピタッとつける
  • 膝やかかとを揃え垂直にする
  • かかとは浮かせず、つま先を揃える
  • 全体を斜めにし座るのは避ける
  • 手は太ももの上で重ねる

面接の時間が長くなり、話をしていると、姿勢が崩れるかもしれませんが、グッとこらえましょう。この基本姿勢を崩してはいけません。

スポンサーリンク

面接開始~終了までの面接マナー11選

最後は面接開始から終了までの面接マナーです。最後まで気を抜かずに行きましょう。

面接中の面接マナー

面接官の方を向き質問にハキハキ答える

面接中は、面接官の方を向き、ハッキリとした声で質問に答えましょう。社会人らしく丁寧な言葉遣いで、要点を抑えた答え方をしてください。相手の質問の意図と内容がずれていると、印象が悪くなりかねません。

今後の予定はメモを取る

今後の予定を面接官が話されるときは、鞄からスケジュール帳を取りだし、記録をするようにしましょう。社会人ならばスケジュール帳を持っているはずです。もし今後の予定を聞かれたら、答えられるようまとめておくようにしてください。

退席の面接マナー

着席した状態で「ありがとうございます」と一礼

面接が終了したら、座ったままの状態で「ありがとうございます」と一礼をしましょう。一礼を済ませたら、立ち上がり椅子の横に立ちます。

椅子の横に立ち面接していただいた感謝の意を伝える

椅子の横に立ち、面接官へ本日面接のお時間をいただけた感謝の意を伝えましょう。

本日はお忙しい中、貴重なお時間を面接に充てていただき、ありがとうございました。

長くならないよう、簡潔なお礼を面接官に伝えてください。

お礼後のお辞儀は45度の最敬礼

お礼後は45度の最敬礼でお辞儀をします。ここでも利用するのは分離礼です。ありがとうございましたと言い切ってからお辞儀をしましょう。

鞄やコートを忘れずに持つ

お辞儀が済んだら忘れ物に注意してください。面接官から名刺を頂戴することもあります。忘れて帰るのは大変に失礼なことです。忘れ物には十分注意してください。

退室の面接マナー

ドアの前で「失礼します」と30度のお辞儀

ドアの前で面接官の方を向き「失礼します」とお礼をしたあと、30度のお辞儀を最後にします。ここも分離礼が基本です。

ドアを後ろ手にならないよう静かに閉める

退室したあと、ドアの方へ向き、静かに閉めます。この時も入室時同様、後ろ手にならないよう注意してください。

退室しても気を緩めず見られている意識をする

退室した後も気を緩めず建物の中にいる間は、見られているという意識を常に持ってください。すぐにスマホを取り出し、ONにし見始めるような行動を、してはいけません。

帰宅の面接マナー

コートは建物から外に出たあと着る

コートを着るタイミングは建物の外に出た後です。中にいるときに着るのはマナー違反、外のホコリや花粉を持ち込みます。基本的なことを知っておけば、何がマナー違反になるか自然とわかるようになるはずです。

当日中にお礼のメールする

当日中に、面接をしていただいたお礼をメールでしておきましょう。最後まで印象を良くするために必要なことです。

意外と知らない。面接マナーNG集

これで面接マナーが完璧だと思わないでください。中には知らないうちにNGを冒している人もいます。最終チェックはNG集の確認です。

目を合わせず言葉遣いが荒い

面接官の目を見ず話すのはNGです。目をそらす人に対し面接官は、コミュニケーション能力が足りてないと判断をします。ネガティブなイメージしかもちません。面接時は、相手の目を見て話すようにしましょう。

また、敬語が使えず言葉遣いが荒い人もNGです。最初は敬語をぎこちなく使用していましたが、面接の話も進み、だんだんと馴れ馴れしい言葉遣いになってきたという人もいます。
使い慣れていない敬語は、面接時に必ずバレます。社会人ならば、丁寧な敬語を身に着けているのは当然と思われている面接官ばかりです。転職を決めたときから、敬語を意識して使用するようにしておきましょう。

挙動不審なふるまい

面接中に挙動不審なふるまいをするのはNGです。特に癖がある人は注意をしてください。髪を触る、顔を触る、オーバーリアクション、貧乏揺すりなど、挙動不審な行動を面接中にしてはいけません。中には、面接中に癖のせいで指の関節を鳴らした人もいるようです。

笑顔がまったくない人も挙動不審にとられることがあります。緊張する気持ちもわかりますが、自然な笑顔をするようにしてください。作り笑顔が、挙動不審に見られることもあり得ます。

NG集の再確認

上記以外に、今回の記事で所々に説明をしてきたNG集をまとめました。まとめて確認しておきましょう。

  • 時間は早すぎてもギリギリでもダメ
  • 清潔感のある見た目にする(スーツや髪形、靴や爪など)
  • 口臭のチェックを忘れずに(午後からの面接で昼食に中華を食べるのは論外)
  • あいさつは大きな声でハキハキと
  • 建物内(面接会場)にいるときは気を抜かない
  • 携帯電話の電源はOFF
  • 面接官の意図と違う答えをする

これらのNG集は、解説の途中で出てきた内容です。見落とすことのないよう、ここで再度チェックをしておきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

面接マナーは、面接の合否に関係する重要なものです。第一印象が悪ければ、そこで終了の可能性が高まります。どんなに経歴が素晴らしくとも、巻き返しを図るのは不可能に近いです。

企業は多くの人にチームワークを求めます。面接マナーを怠る人から、周囲を考えて行動をする姿を見ることはないでしょう。わが道を行く姿をあてはめます。それでは面接は通りません。

面接マナーを、チェックリストから再確認し、自然な面接マナーで対応できるようにしましょう。それが面接を通過するための、大きな第一歩となるはずです。