転職ノウハウ

【項目別】履歴書の書き方(テンプレートダウンロード付き)

こんにちは。キャリアブックス編集長の森田です。

転職活動の際、応募する会社に提出が必要な履歴書。時間がない採用担当者にしっかりとあなたの魅力が伝わるよう、見栄えよく埋めていことが重要な書類です。

今回は、そんな履歴書の上手な書き方や、履歴書に関する様々なポイントを紹介します。

この記事を書いた人キャリアブック編集長
森田(仮名)

人材系ベンチャー出身。これまでに人事やマーケティング、営業など様々な職種を担当。現在は様々なベンチャー企業でフリーランスとして活動中。これまでの経験の共有とアウトプットの場としてキャリアブックスを運営。

失敗しないための転職サイト診断

間違った転職サイト選びはキャリアの失敗につながります。6問の質問に答えるだけで、あなたにあった転職サイトをチェックしよう。

10秒診断スタート

履歴書の役割とは

中途採用では、企業への応募のときに「履歴書」と「職務経歴書」を提出するのが一般的です。では、なぜ履歴書を提出するのでしょうか。その役割を紹介します。

プロフィールを確認するための書類

履歴書は氏名や住所、学歴や職歴などの基本的な応募者のプロフィールを確認するための書類として位置づけられています。

対して、職務経歴書は、これまでに経験してきた仕事の具体的な内容や実績、スキルなどの実務能力を伝えるための書類です。

失敗しないための転職サイト診断

間違った転職サイト選びはキャリアの失敗につながります。6問の質問に答えるだけで、あなたにあった転職サイトをチェックしよう。

10秒診断スタート

【項目別】履歴書の書き方

履歴書で記載する項目別に、記載する内容と書き方を紹介します。履歴書のフォーマットによって項目はそれぞれですが、これらの項目はほとんどの履歴書に設けられてます。

JIS規格の履歴書テンプレート

履歴書はいくつか種類がありますが、JIS規格の履歴書が一般的です。学歴や職歴、志望動機、アピールなどバランス良く記入することができます。どれを使えばいいか分からない場合は、こちらの履歴書を使えば間違いありません。ハローワークのインターネットサービスから簡単にダウンロードできるので、手元に履歴書がない方はこちらからダウンロードしてみてください。

記入日

他の記入欄と年号を統一させ、履歴書を提出する年月日を記入します。郵送の場合は投函日、持参の場合は当日の日付を記載するようにしましょう。なお、提出日前後に誕生日がある場合は、提出日時点の年齢を記載する必要があるため、注意しましょう。

氏名

自身の名前を記入します。ふりがなの欄に「ふりがな」とある場合はひらがな、「フリガナ」とある場合はカタカナで書くようにしましょう。手書きの際は、楷書で丁寧に記入します。名前の字が汚い、というだけで落とす採用担当者もまれにいます。姓と名の間は半文字から1文字程度空けると、バランスがいい見栄えになります。

証明写真

原則として、提出日から3ヶ月以内に撮影したものを使用するようにしましょう。服装は紺色のスーツに白のワイシャツなど、ビジネスシーンにふさわしいものにし、正面を向いた顔写真を準備します。一般的には、「縦36〜40mm・横24〜30mm」が推奨サイズです。

証明写真は採用担当者が目に入る一番初めの箇所です。なるべく好印象を与えるため、できれば写真館などでプロに撮影を頼むことをおすすめします。

学歴

中学校までの義務教育は卒業年次のみ、高校以上は入学年次と卒業年次を記入します。大学の学部名や専門学校のコース名は、省略せずに正式名称を記載するようにしましょう。途中で退学をした場合は、中退した年次も記入します。また、年号も昭和を「S」、平成を「H」、令和を「R」など省略することは控えましょう。

職歴

これまでの全ての入社・退社経歴を記入します。退職理由の一言については、「一身上の都合により」「契約期間満了により」など簡単なもので構いません。なお、退職して離職している期間が半年以上ある場合は、その理由を簡単に記載することをおすすめします。離職の期間が長いと採用担当者が不安を覚えるきっかけになってしまいます。なお、中途採用の転職の場合、アルバイトの経歴は記載する必要はありません。

免許・資格

免許に関しては、取得年次順に記入します。自動車免許を保有している場合は、日常での運転の有無に関わらず記載しておきます。資格に関しては、仕事をする上で必要なものやアピールにつながるものは必ず記載するようにしましょう。何も書くことがない場合は、「特になし」と記入します。

志望動機

なぜ応募する会社を志望するのか、その理由を記入します。志望動機欄は実際に文字で書いてみると短いため、なるべく端的に分かりやすく表現しましょう。主に採用担当者が見ているポイントは、「定着性(定着して長く働いてくれそうか)」、「活躍期待(強みを活かして活躍してくれそうか)」、「意欲(入社の意欲は高いか)」の3点です。うまくこれらのポイントを盛り込んで、志望動機を作成しましょう。

自己PR

あなたの強みや仕事上のこだわり、これまでの経験や実績を記入します。自己分析を通して導き出したあなたの強みを上手に伝えるようにしましょう。何を書けばいいか分からない場合は、仕事におけるこだわりや自身の強み、それを裏付ける具体的なエピソード、その結果としての成果を記入することをおすすめします。

自己分析のやり方がわからない方や、効果的な自己分析の方法を知りたい方は、こちらの記事をチェックしてみてください。具体的な自己分析の手法をまとめてあります。

自己分析が必要な理由と効果的な手法こんにちは。キャリアブックス編集長の森田です。 転職活動において、キャリアや転職の考えを整理して、自分の「軸」を準備しておくことは...

趣味・特技

評価とは関係と思われがちですが、あなたの人となりを伝える上で、意外と重要な項目です。面接での会話のきっかけになるかもしれないので、なるべく記入するようにしましょう。

本人希望欄

企業から希望の勤務地や通勤時間を書くように指定された場合は、記入します。待遇面なども含めて、特に希望することがない場合は、「貴社の規定に従います」と記載するようにしましょう。

履歴書を書くときのマナー

履歴書に書かれた内容が魅力的でも、基本的なマナーがなっていなければ悪印象を与えかねません。マナーを押さえて、なるべく丁寧に記入することを心がけましょう。

年号は統一させる

記入日や誕生日、学歴、職歴、資格取得日など、年号を表記するときは、西暦(20○○年)と和暦(令和○○年)を混在しがちです。しっかりと統一させるようにしましょう。なお、和暦の場合は、昭和を「S」、平成を「H」、令和を「R」と省略することは控えましょう。

間違えたら新しい用紙を使う

誤字脱字など、下記間違えた場合は、なるべく新しい用紙に書き直すようにしましょう。修正液や修正テープなどを使用すると、痕跡が残ってしまい雑な印象を与えてしまうこともあります。

黒色のインクを使う

手書きの場合は、鉛筆や消えるボールペンなど、簡単に修正できるものの使用は控えましょう。また、目立たせたい項目があるからといって、黒以外のマーカーなどの使用するのもやめましょう。PCで記入する場合は、フォントの色は黒に統一しましょう。

失敗しないための転職サイト診断

間違った転職サイト選びはキャリアの失敗につながります。6問の質問に答えるだけで、あなたにあった転職サイトをチェックしよう。

10秒診断スタート

履歴書の送付方法・持参のポイント

履歴書の記入が完成したら、次にそれを企業に送る必要があります。履歴書を送付する場合や、面接に持参する際の注意点を紹介します。

郵送

企業に履歴書を送付するとき、受け取り手が見やすいように添え状を同封し、折りたたまずにファイルに入れて送るのが一般的です。封筒は無地の定形封筒を使用し、宛名が雨などでにじまないように、油性のペンで書くことを推奨します。なお、万が一のトラブルに備え、封筒の表面には赤文字で「履歴書在中」、職務経歴書を同封する場合は「応募書類在中」と書くと良いでしょう。

メール

手書きまたはPCので作成した履歴書をPDFファイルに変換しましょう。ファイル名は「日付」「名前」「履歴書だと判断できる件名」を含んでいると、採用担当者が管理しやすいのでベターです。履歴書は大事な個人情報ですので、ファイルにパスワードをかけておくと無難です。その際、パスワードは履歴書を添付するメールとは別で送付しましょう。

持参

履歴書を持参するときは、シンプルに封筒に入れて持参するようにしましょう。念の為、封筒ごとクリアファイルに入れておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

最後に

履歴書に関する基本的な情報や、項目別の書き方などを紹介しました。採用担当者に悪い印象を与えないよう、丁寧な文字できれいに分かりやすく記入するように心がけましょう。