転職ノウハウ

意外に時間がかかる?今から始める転職活動スケジュール

こんにちは。キャリアブックス編集長の森田です。

「転職活動ってどれくらいの時間がかかるの?」と疑問に思っている方は多いと思います。一般的に、転職活動には3ヶ月前後の期間がかかると言われています。この記事では、転職にかかる期間の内訳を紹介します。効率的に転職活動ができるよう、今から自分に合ったスケジュールを考えてみましょう。

この記事を書いた人キャリアブック編集長
森田(仮名)

人材系ベンチャー出身。これまでに人事やマーケティング、営業など様々な職種を担当。現在は様々なベンチャー企業でフリーランスとして活動中。これまでの経験の共有とアウトプットの場としてキャリアブックスを運営。

失敗しないための転職サイト診断

間違った転職サイト選びはキャリアの失敗につながります。6問の質問に答えるだけで、あなたにあった転職サイトをチェックしよう。

10秒診断スタート

転職活動にかかる期間

1. 事前準備(1〜2週間)

転職活動では、事前の準備は必要不可欠です。転職準備期間で重要なことは主に2つです。

まずは、「キャリアの棚卸し」です。これまで自分が行ってきた仕事や経験を振り返り、どんなスキルを身につけたのか、これからどんなキャリアを築いていきたいか考えます。また、これまでの実績やエピソードも振り返り、選考で自己アピールにつながるような強みを明確化します。

次に、「転職の目的」を確認します。転職したいと思うようになったきっかけや理由を考え、転職活動の軸として企業選びや業界選びに役立てます。仕事のやりがいを重視するのか、年収アップを重視するのか、それとも労働環境を改善したいのか。転職には様々な目的がありますので、ここではっきりと意識することが重要です。

5ステップで徹底解説!転職活動の準備と進め方こんにちは。キャリアブックス編集長の森田です。 「転職を考えているけど、何から始めればいいか分からない」と思っている方は意外と多い...

2. 企業への応募(1〜2週間)

次に、実際に企業へ応募する期間です。事前準備で明確になった転職の軸をもとに、自分に合った求人を探します。ここで、数を絞って応募するのではなく、なるべく複数の企業に応募することが望ましいです。転職に成功している人は、内定を得るのに平均20社に応募しているというデータもある通り、転職活動では平行していくつかの企業に応募するのが一般的です。

その際、企業ごとに履歴書や職務経歴書を作成することが多いです。ただ闇雲に応募書類を送るのではなく、企業ごとに内容やアピールポイントを考えて書類を作成するのがベターです。そのため、意外と応募する段階で時間がかかるものです。

3. 面接(1ヶ月)

書類選考に通過し、面接を行う期間です。応募社数によって面接の期間は大きく異なりますが、基本的に1社の面接で2週間〜1ヶ月の期間がかかります。応募企業が多ければ多いほど、時間も労力も必要なため、会社に務めながら転職活動する人は正念場です。

多くの企業に応募した場合、面接の日程調整も重要です。面接を詰め込みすぎて準備が甘くならないよう、準備に余裕を持ったスケジュールを組むことが転職成功の秘訣です。忙しくて個人での調整が難しい場合は、転職エージェントを活用して上手に日程調整してもらうのも有効です。

4. 内定(1週間)

面接を受けて実際に内定を獲得した場合、入社するかどうか指定の期日までに返答します。内定をもらってから1〜2週間後には入社するか否か連絡することが一般的です。事前に希望企業の優先度をつけておき、回答が後回しにならないように注意したいところです。

5. 退職手続き・引き継ぎ(1ヶ月)

会社に勤めながら転職活動をした場合、内定をもらってから今の会社に退職を伝え準備する期間です。一般的には退職する1ヶ月以上前に会社に退職の旨を伝えますが、各企業の就業規約が定まっていることが多いので、早めに確認しておきます。税金や保険などの退職手続きや、現在の業務の引き継ぎなど、退職には意外と時間がかかるため、早めの準備をしておきましょう。

失敗しないための転職サイト診断

間違った転職サイト選びはキャリアの失敗につながります。6問の質問に答えるだけで、あなたにあった転職サイトをチェックしよう。

10秒診断スタート

まとめ

転職活動は、意外にも多くの時間がかかることがお分かりいただけたでしょうか。希望の転職時期が長引かないように、今からスケジュールを立てて効率的に転職活動に臨めるようにしましょう。