年収比較

【2019最新】スズキの年収は681万円!ボーナスや口コミを競合企業と比較してみた!

スズキ株式会社(自動車)の年収情報・業界ランキング

有価証券報告書によると、スズキの平均年収は681万円平均年齢は40歳です。そこから推定される年間の平均ボーナスは約171万円平均月収は43万円です。

今回は、採用情報、口コミサイトの情報、統計情報を元に、スズキの職種ごとの年収・ボーナスの例や、初任給年齢・役職ごとに見た推定の年収事情についてまとめました。是非ご覧ください。

※この記事の平均年収や、福利厚生などは、「有価証券報告書」や、企業が発表している情報、口コミサイトなどの意見を元にまとめた情報です。一般的な平均年収に関する統計情報は、厚生労働省などが公表している賃金構造基本統計調査や、業界団体が提出している資料を参考に、企業を客観的に比較するための推定値として利用しています。是非、こちらをご理解いただいた上で、ご参考ください。

目次

スズキの年収情報まとめ

基本情報

平均年収
681万円
平均年齢
40歳
月収(推定)
43万円
ボーナス(推定)
171万円

平均年収は681万円。平均年齢は40歳

有価証券報告書によると、スズキの平均年収は681万円、平均年齢は40歳となっています。それらの数値を元に、統計を元にした独自の計算式に基づく想定の月収は43万円。ボーナスは年二回合計で171万円前後と予想されます。

年収事例

設計部門、技術、一般、在籍3~5年 の年収例
512万円
国内営業、一般、在籍3年未満 の年収例
420万円
営業、在籍3~5年 の年収例
300万円

年収と勤続年数の傾向



年収は上位30%の高水準

全国の上場企業約3000社を対象にした平均年収の調査において、スズキの平均年収681万円は、上位30%の高水準です。また全国3000社の上場企業の平均年収の中央値は650万円前後となっています。

勤続年数は平均より長め

スズキの平均勤続年数17.58年は、全国の上場企業約3000社を対象にした平均年収の調査において、平均より長めとなっています。また全国3000社の上場企業の勤続年数の中央値は11年前後です。

年収のポイント

平均年収は681万円。自動車業界トップ30%の年収水準

庶民向けの低価格路線で国内や海外で自動車を製造・販売しているスズキ。その平均年収は681万と、自動車業界全体で見るとトップ30%に入る高い給与水準を誇っています。

しかし、国内の大手自動車メーカーと比較すると、平均的な水準です。それぞれ、日産自動車が815万円、トヨタ自動車が800万円、マツダが680万円と、ダイハツが604万円と、スズキはとりわけ高くもなく、低くもないという年収水準です。

「給料が安い」という不満の声も

口コミサイトによると、基本給が安いため、大手企業にもかかわらず裕福な生活はできないという声もあります。住宅手当や通勤手当などもないに等しいという声が多数で、不満の意見が多く見受けられます。

年功序列式の年収体系。ただし営業は成果主義の傾向

基本的に、勤続年数に応じて年収が上がっていく給与体系になっているようです。ただし、営業職は、売上や成果を踏まえた昇給制度があるようです。そのため、知らない間に同期と年収の差が開いた、ということもしばしばあるとのことです。

スポンサーリンク

スズキの年収のランキング

業界別・上場企業内でのランキング

順位 会社名 平均年収
1位 IJTT 1,006万円
2位 ヤマハ 935万円
3位 FPG 832万円
4位 ホンダ(HONDA) 819万円
5位 デンソー 816万円
6位 日産自動車 815万円
・・・・・・・・
26位 ジャムコ 697万円
27位 モリタホールディングス 695万円
28位 曙ブレーキ工業 694万円
29位 ユタカ技研 692万円
30位 ウェッズ 682万円
31位 スズキ 681万円
32位 新明和工業 681万円
33位 マツダ 680万円
34位 シーアールイー 677万円
35位 プレス工業 675万円
36位 エフ・シー・シー 675万円
・・・・・・・・
109位 エイケン工業 376万円
順位 会社名 平均年収
1位 M&Aキャピタルパートナーズ 2,478万円
2位 キーエンス 2,110万円
3位 GCA 2,063万円
4位 ボストンコンサルティング(BCG) 1,860万円
5位 三菱ケミカルホールディングス 1,738万円
6位 ヒューリック 1,636万円
・・・・・・・・
897位 PALTEK 682万円
898位 弘電社 682万円
899位 SBSホールディングス 682万円
900位 イワキ 681万円
901位 TIS 681万円
902位 スズキ 681万円
903位 新明和工業 681万円
904位 バンドー化学 681万円
905位 ニレコ 681万円
906位 エイアンドティー 681万円
907位 藤倉化成 681万円
・・・・・・・・
3314位 トスネット 260万円
※こちらの情報は、おもに有価証券報告書にて掲載されている年収情報を参考に、約3000社のデータベースを制作して算出しています。

自動車・輸送用機器業界では第31位

自動車・輸送用機器業界の企業内でのスズキの年収ランキングは第31位です。
自動車・輸送用機器業界の年収第1位はIJTT、第2位はヤマハ、第3位はFPGとなっています。
自動車・輸送用機器業界のランキング一覧はこちら

有力企業全体で第902位

CareerBookが調査した有名企業約3000社の中で、スズキの年収順位は第902位です。
有力企業全体での年収第1位はM&Aキャピタルパートナーズ、第2位はキーエンス、第3位はGCAとなっています。

スズキの職種別年収

営業職・技術職などの年収事例

口コミ情報を参考に、スズキの職種別の年収情報をまとめました。

職種グループ 職種 平均年収
営業・ビジネス開発職 営業 300万円〜500万円
事務・専門職 事務 300万円〜500万円
開発・技術職 生産・製造技術 400万円〜700万円
設計 400万円〜700万円
開発 500万円〜700万円

設計・開発など技術職が高い傾向

自動車メーカーであるゆえ、自動車の開発力・技術力が第一のスズキ。そのため、技術職の年収水準が、営業や事務職と比べ高い傾向にあります。

年収に関する口コミ情報

CB編集者
CB編集者
営業職は見なし残業を導入しており、仕事量に比べ給与水準は低く不満が多く見られた。
新卒入社 営業 男性
新卒入社 営業 男性
国内営業職は20時間分のみなし残業代の支給がある。しかし、それ以上に関しては一切支払われないので不満の声も多い。
新卒入社 技術 男性
新卒入社 技術 男性
残業をしなければ生活が厳しい。部署によってだが、残業は働いた分しっかり出るので残業代で稼ぐしかない。
新卒入社 販売 男性
新卒入社 販売 男性
販売店出向の場合は他の社員と給与体系が異なる。同業他社より貰えていると感じる。
元社員
元社員
月20時間を超えた分に関しては支払いがなく、常態化しているので非常に不満がある。

※参考:Open Work, カイシャの評判など

スポンサーリンク

スズキの初任給・新卒の給与

学部卒・院卒・高卒の年収

スズキの新卒採用・採用ページを参考に、新卒の初任給の情報をまとめました。

学位 初任給(月給)
大学院卒業 23万2000円
大学学部卒業 21万円
高校卒業

初任給に関する口コミ情報

CB編集者
CB編集者
年2回のボーナス(7月、12月)が支給されます。通勤手当が少し出るが、手当はほぼないと考えて良さそうです。
新卒入社 営業 女性
新卒入社 営業 女性
入社1年目の冬のボーナスから十分な額が支給された。また、個人の成績次第ではインセンティブによって同期と10~20万円の差が出る。
新卒入社 管理 男性
新卒入社 管理 男性
年次昇給額は少ないので手取りは、払う税金の少ない1年目より2年目の方が少なくなる傾向にある。
新卒入社 設計 男性
新卒入社 設計 男性
新卒入社後1年目の給与は20万円程である。初年度から2回のボーナスが支給され、年収360万円程になる見込み。

※参考:Open Work, カイシャの評判など

スズキの役職・年次別年収

一般職から部長職の年収の事例

口コミを元に、スズキの役職別、年収別に年収をまとめました。なお、年収の内訳は基本給+残業代+ボーナスで、年次は目安となっています。

役職 年次 年収
一般社員 1〜10年目 300万円〜500万円
課長クラス 10〜20年目 700万円〜1000万円
部長クラス 20年目〜 900万円〜

部長クラスでも1,000万円に到達しないことも

スズキの口コミや求人サイトを見てみると、リーダー以上で部長クラスでも年収1,000万円を超えることがあまりないようです。

有名自動車メーカーですが、オーナー色が強い企業のため、トップが変わらない限り、給与水準の増加はあまり見込めないでしょう。

役職別の年収口コミ情報

CB編集者
CB編集者
30歳を過ぎるまでほとんど昇給はなく、基本的に年次昇給額は少ないそうです。基本給が低く、残業代で稼がないと家族連れは厳しい印象を受けました。年功序列と能力査定は8:2くらいの感覚だと言う声がありました。
新卒入社 技術 男性
新卒入社 技術 男性
係長クラスまでの給与制度は改善される傾向にあるが、給与総額はまだ低いと感じる人が多い。
新卒入社 営業 男性
新卒入社 営業 男性
30歳頃まではほとんど昇給しない。30歳手前で年収450万円ほどとなる。
新卒入社 設計 男性
新卒入社 設計 男性
30歳半ばごろにチームリーダとなれる人とそうでない人に分かれる。チームリーダーの役職手当は月5000円支給される。
スポンサーリンク

その他ボーナスや福利厚生など

ボーナスや昇給制度について

スズキのボーナスや昇給制度などの情報をまとめました。

ボーナス 年2回(7月、12月)
評価 年功序列が強い
昇給 年1回(4月)

年2回のボーナスは安定的

各自動車メーカーと同様にボーナスが出るため、ボーナスに関する満足度は高いです。しかし、基本給が安く、諸手当が少ないため、ボーナス以外の給与は不満の声が多いです。

新卒入社 技術 男性
新卒入社 技術 男性
基本給は少ないが、ボーナスの額は同業他社に比べ同程度が支給されている。若手の昇給は5000円程度である。
新卒入社 事務 男性
新卒入社 事務 男性
年功序列が強く、ほぼ横一列で昇給していく。課長クラス以上になるには人間性が大切だ。
新卒入社 技術 男性
新卒入社 技術 男性
ボーナスの額は業界でも高い水準を誇るが、生涯賃金は決して高くない。
元社員
元社員
他の自動車会社と比べても賞与については同等程度の月分の賞与を貰えている。
元社員
元社員
営業成績は同期でも個人により10〜20万くらい差があると思うが、ボーナスは一年目の冬から割と出た。
元社員
元社員
管理職前までは上司にもよるが成果による考課査定で基本的に年功序列。

※参考:Open Work, カイシャの評判など

福利厚生や諸手当、休暇について

スズキの福利厚生や休暇などの情報をまとめました。

諸手当 役職資格手当、仕事給、時間外手当、子育て支援手当 他
休日・休暇 年間121日(年末年始・夏季・GW含む)
結婚休暇、慶弔休暇など
福利厚生 独身寮・社宅、体育施設、財形貯蓄制度、従業員持株制度など
勤務時間 所定勤務時間8時間 8:45~17:30(フレックスタイム制度あり)休憩時間45分
※勤務時間は各事業所により異なる

参考サイト

新卒入社 生産 男性
新卒入社 生産 男性
時間外手当は申請すればすべて支給される。通勤手当は満足のいく額は出ない。
新卒入社 営業 男性
新卒入社 営業 男性
住宅手当や扶養手当は無い。出向中においては新車購入が義務づけられ、月2~3万円程のローンが自己負担となる。
新卒入社 技術 男性
新卒入社 技術 男性
手当はほぼ無い。通勤手当も全額は支給されない。寮には入社7年目までは入居できる。

スズキの働き方・企業文化・残業

環境・社風・成長・残業

環境 基本的な福利厚生、社宅、自動車補助は充実。それ以外は普通。
社風 経営層の意向が大きく、現場主義とは程遠い。トップダウンの組織体制。
成長 OJT中心で若手も成長機会は整っている。受身な姿勢の人には向いていない。
残業 業界比較で残業は多めだが、あくまで職種よって異なる。

福利厚生について

各種手当は大手と比べると少ない

基本的に、福利厚生などの待遇面は不満の声が多いです。
独身寮や借り上げ社宅などの住宅手当は、一部の社員にはきちんと提供されているみたいです。また、自動車購入の補助は充実しているみたいです。ただし、それ以外の各種手当は手薄で、不満に繋がっているようです。
しかし、業績は伸びているので、今後改善の余地は充分にあると見込めます。

休暇制度など充実

介護休暇、出産休暇、育児休暇などの休暇制度の満足度が高いです。また、育児短時間勤務制度や半日有給休暇など、働く女性や育児サポートも充実しています。

社風について

上層部の意向が第一優先

スズキ(SUZUKI)は、トップダウンの色が強いとの声が多いです。
現場社員だけでなく、管理職も意見が言いづらい風土があり、基本的に経営層の意向に従う社風との意見が多いです。

成長環境について

OJTで若手もスキルアップ

研修制度は基本的に整備されているようです。しかし専門的な研修は少ないようです。
そのため、専門スキルの習得はOJT中心とのことです。若手でもOJTにより多種多様な業務、専門的な業務に携わることができ、成長機会は充分にあるとの声があります。
主体的に成長志向のある人には向いている環境だと言えますね。

残業について

平均月40時間ほど

基本的にワークライフバランスは実現できるとの声が多いです。
残業時間は、同業界に比べるとやや多めと言えます。残業代は全額支給されるため、残業代で稼ぐことは可能のようです。
ただし、職種によって残業文化は異なり、営業系は多めとの声が多いです。スズキの詳しい転職情報はこちら

スポンサーリンク

平均年収などの推移

平均年収・平均年齢・平均勤続年数の推移




年度 平均年収 平均年齢 従業員数 平均勤続年数
2019年 681万円 40歳 67721人 17.58年
2018年 657万円 39.75歳 65179人 17.25年
2017年 643万円 39.42歳 62992人 16.92年
2016年 625万円 39.25歳 61601人 16.75年
2015年 626万円 39歳 57409人 16.5年
※月収やボーナスは、厚生労働省発表の「賃金構造基本統計調査」を元に基づく推定
※ボーナスは年に2回。1回につき2ヶ月分として算定。

平均年収は直近数年で+8.79%上昇

スズキの直近の平均年収、平均年齢、勤続年数の推移をまとめました。2015年から2019年にかけて、スズキの平均年収は約8.79%上昇傾向にあります。これは、金額ベースでは約55万円の変化となっています。また、平均年齢の2015年から2019年にかけて約2.56%上昇、平均勤続年数は、約6.55%と上昇傾向にあります。

自動車・輸送用機器業界の主要企業の比較

主要企業の平均年収の推移


会社名 2000年度 2001年度 2002年度 2003年度 2004年度 2005年度 2006年度 2007年度 2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
トヨタ自動車 -万円 -万円 -万円 806万円 823万円 816万円 805万円 800万円 830万円 812万円 711万円 728万円 741万円 752万円 795万円 838万円 852万円 852万円 832万円 852万円
スズキ -万円 -万円 -万円 -万円 598万円 617万円 636万円 641万円 641万円 599万円 514万円 529万円 566万円 582万円 602万円 626万円 625万円 643万円 657万円 681万円
日産自動車 -万円 NaN万円 674万円 698万円 705万円 731万円 730万円 723万円 714万円 729万円 628万円 685万円 706万円 700万円 767万円 777万円 795万円 816万円 818万円 815万円
マツダ -万円 -万円 -万円 -万円 705万円 714万円 715万円 727万円 715万円 665万円 572万円 605万円 601万円 573万円 629万円 670万円 681万円 685万円 670万円 677万円
ホンダ(HONDA) -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 820万円 830万円 823万円 794万円 698万円 732万円 748万円 722万円 766万円 768万円 773万円 776万円 809万円 820万円

スズキについて

会社について

会社概要

社名 スズキ株式会社(自動車)
本社所在地 浜松市南区高塚町300
会社URL http://www.suzuki.co.jp/
代表者 鈴木 俊宏
資本金 138,202百万円
売上 38715
 従業員 67721
業界 自動車・輸送用機器

企業理念

消費者(お客様)の立場になって価値ある製品を作ろう

当社グループは、「消費者(お客様)の立場になって価値ある製品を作ろう」を社是の第一に掲げてきました。今後もお客様に喜ばれる真の価値ある製品づくりに努めてまいります。
「小さなクルマ、大きな未来。」をスローガンに、お客様の求める小さなクルマづくり、地球環境にやさしい製品づくりに邁進いたします。あらゆる面で「小さく・少なく・軽く・短く・美しく」を徹底し、ムダのない効率的な健全経営に取り組んでまいります。
役員及び従業員は、法令、社会規範、社内規則等を遵守し、公正かつ誠実に行動してまいります。

事業内容

国内No.3の大手自動車メーカー。軽自動車が主力。

スズキ(SUZUKI)は、国内販売台数で国内3番手を誇り、主に自動車、オートバイなどの開発・販売を手掛ける日本の大手自動車メーカーです。低価格路線の軽自動車の販売が好調です。

また、グローバル展開にも積極的で、世界でも販売台数トップ10に名を連ねています。海外での売上高比率は60%以上を占めており、特にインド市場では40%の販売シェアを誇っています。
加えて、2018年にトヨタとインド市場において相互OEM供給提携の基本合意が決定しています。

主な事業内容は以下の通りです。

  1. 研究開発
  2. 四輪販売
  3. 二輪販売
  4. 船外機販売

3.8兆円の売上。右肩上がりに成長。

2019年3月期の売上高は、前年比+3%の3兆8,715億円です。

2013年頃は2.5兆円の売上高でしたが、近年は急速に業績が伸びていて、約4兆円に至る勢いで成長をしています。

四輪事業が好調で、国内はスペーシア、クロスビーなどのが販売実績が増収に貢献しています。

スズキの年齢別の推定年収

統計情報
スズキの平均年齢は、40歳です。平均年収は681万円です。
このことから、厚生労働省が出している年収データ、及び職種ごとの年収比率データを元に、スズキの職種、性別、年代別の推定年収を算出しました。

年齢 スズキ推定年収
20代 403~470万円
30代 549〜617万円
40代 681〜749万円
50代 796〜809万円
60代 491〜570万円

20代の推定平均年収:403〜470万円

一般的な企業の20代前半~後半の平均年収は193〜225万円です。20代の社員はまだ社歴が若いため、全体の平均年収よりも低い傾向にあります。
このことから、スズキの20代の平均年収は、403〜470万円と想定されます。

30代の推定平均年収:549〜617万円

スズキの30代の平均年収は、549〜617万円だと想定されます。
一般的な企業の30代の平均年収は263〜295万円となっており、20代の前半から30代の後半に掛けて、100万円以上も昇給があるものの、まだまだ全体成長過程といえます。

40代の推定平均年収:681〜749万円

一般的な企業の40代の平均年収は326〜359万円となっています。年功序列形式の企業が多いため、40代で年収が上限に近くなってきています。
対して、スズキの40代の平均年収は、681〜749万円です。

50代の推定平均年収:796〜809万円

スズキの50代の平均年収は、796〜809万円だと思われます。
一般的な企業の50代の平均年収は381〜387万円となっています。年収はピークに達し、50代での年収の増加は、あまり見込めないようです。

60代の推定平均年収:491〜570万円

スズキの60代の平均年収はおよそ491〜570万円、一般的な企業の60代の平均年収は235〜273万円です。
50代で年収はピークを迎え、減少傾向になります。

スズキの男女別の推定年収

厚生労働省が発表している、男女ごとの平均年収の分布を元に、スズキの職種ごとの平均年収を推定してみました。

男性 女性
スズキ推定 750万円 546万円
平均 337.6万円 245.7万円

男性の推定平均年収:750万円

2019年現在、厚生労働省が発表している資料によると、男性の平均年収は337.6万円と、女性よりも約1.4倍の開きがあります。
スズキの従業員の男女比は明らかにはされていませんが、仮に1:1の割合とすると、スズキの平均年収は750万円です。

女性の推定平均年収:546万円

一般的な女性の平均年収は245.7万円。スズキの平均年収は、約546万円だと推定されます。

スズキの役職別の推定年収

厚生労働省が発表している、役職ごとの平均年収の分布を元に、スズキの職種ごとの平均年収を推定してみました。

一般社員級 係長級 課長級 部長級
スズキ推定 482万円 891万円 1193万円 1467万円
平均 216.8万円 401万円 536.8万円 659.8万円

一般社員の推定年収:482万円

一般社員の平均年収は、係長級の社員の約半分、部長級の社員の約30%です。
スズキの一般社員の推定年収は、482万円です。

係長級の推定年収:891万円

係長級の社員は、一般社員の約1.8倍の年収となっており、役職の有無が年収に大きな差を生むことがわかります。
スズキの係長級の社員の推定年収は、891万円です。

課長級の推定年収:1193万円

課長級の社員は、係長級の社員の約1.3倍の年収です。一般社員と係長級の社員ほどの違いはないもの、およそ100万円以上の年収の違いがあります。
スズキの課長級の社員の推定年収は、1193万円です。

部長級の推定年収:1467万円

部長級の社員の年収は、課長級の社員の、約1.2倍。一般社員の約3倍の年収差があります。
スズキの部長級の社員の推定年収は、1467万円です。

まずは採用媒体に登録してみよう

リクナビ、マイナビなどの採用媒体は無料で登録することができます

登録することでスカウトが届いたり、最新の求人情報を受け取ることができるなど、様々なメリットがあるため、まだ登録していないという人は主要な媒体には必ず登録しておくようにしましょう。

リクナビの登録はこちらから
マイナビの登録はこちらから
エン転職の登録はこちらから

転職エージェントを利用してみよう

スズキのような会社に転職したいと強く思っていらっしゃる方は、転職エージェントの利用もおすすめします。

エージェントに利用するメリットは、次の3つです。

  1. 自分のニーズに合った会社を紹介してもらえる
  2. 履歴書の書き方や、面接の方法などを教えてもらえる
  3. 企業との年収などの交渉もお願いできる

自分のニーズに合った会社を紹介してもらえる

世の中には様々な会社があり、転職媒体を利用すれば何万社もの企業の求人に応募する事ができます。

しかし、本当にあなたが求めているニーズ似合った企業を自分で探すのは、転職に不慣れな方にはとても難しいことです。

転職エージェントは、これまでに何十人、何百人の転職をサポートしてきています。丁寧にあなたの大事にしていることや逆に嫌なことを伝えた上で、実際にどんな企業がどんな人を募集しているのかをしっかりと聞いてみましょう。

そうすれば、自分では探しきれなかった、あなたにピッタリの企業を紹介してくれるはずです。

履歴書の書き方や、面接の方法などを教えてもらえる

初めての転職活動をする人は、実際の転職活動をとても不安に感じる事があると思います。そんな中で、あなたの転職成功をゴールとして、一緒に並走してくれる人の存在は貴重です。

一般的な転職エージェントの担当者は、履歴書の添削や、面接の受け答えのアドバイスなどを行ってくれる担当の人が多いです。

はじめての転職の方は、是非一度転職エージェントの方に相談してみましょう。

企業との年収などの交渉もお願いできる

実際に希望の企業の選考を重ね、見事内定を手に入れた時、後は「どんな条件で合意するか」という段階になります。

希望の会社に転職できれば、それが一番の事ですが、その上でできるだけいい条件で入社したいですよね。転職エージェントなら、そんな最後の交渉も一部代理で行ってくれます。

その理由は、「あなたができるだけ高い年収で転職してくれたほうが転職エージェントの報酬も大きくなる」からです。

そんな転職エージェントとの共通の利害関係をうまく使うことができれば、より良い条件での転職が見えてくるでしょう。

リクナビエージェントの登録はこちら
マイナビエージェントの登録はこちら
Dodaの登録はこちら
パソナキャリアの登録はこちら

おすすめの転職エージェント一覧

リクルートエージェント
おすすめ度
こんな方におすすめ 色々な求人を知りたいという方。自分のキャリアにあった仕事を知りたいという方は、まずは利用してみましょう。
特徴① 合計求人数25万件以上。案件総数・内定決定数ともに、日本No.1の実績
特徴② 面談対策などのサポートも充実している

登録はこちら

マイナビエージェント
おすすめ度
こんな方におすすめ 20代、若年層の方で、転職が初めて。という方
特徴① マイナビ転職が運営する転職エージェント。20代、若手層向けの求人を多く揃えています。
特徴② はじめての転職でも安心のサポート力

登録はこちら

Doda
おすすめ度
こんな方におすすめ 幅広い求人を知りたい
特徴① 求人数10万件以上。業界最大手企業
特徴② 高いサポート力。担当者の満足度が高く、転職に慣れていない方向け

登録はこちら

関連記事

スズキの売上高・業績情報