業績・売上

【2019年最新】わらべや日洋ホールディングスの売上・業績を調査!四半期ごとの推移や、業界内のランキングを紹介!

わらべや日洋ホールディングスの売上高・業績

わらべや日洋ホールディングスの最新の売上高は2157億円。業界内でのランキングは、第38位です。
今回は、わらべや日洋ホールディングスの売上や利益の業績情報を、競合企業との比較ランキング・過去の推移の比較という形で行いました。

是非最後までご覧ください!

わらべや日洋ホールディングスの売上・業績について

直近の年間売上高
2157億円
従業員あたりの売上
9333万円
売上業界ランキング
38位
3年間の売上変化率
100.65%
スポンサーリンク

わらべや日洋ホールディングスについて

会社概要

会社概要

社名 わらべや日洋ホールディングス
本社所在地 東京都新宿区富久町13−19
会社URL http://www.warabeya.co.jp/
代表者 大友 啓行
資本金 8,049百万円
 従業員 2311
業界 食品・飲料
失敗しないための転職ツール診断

間違った転職ツール選びはキャリアの失敗につながります。6問の質問に答えるだけで、あなたにあった転職サイトをチェックしよう。

10秒診断スタート

わらべや日洋ホールディングスの業績の推移・変化率

売上推移

過去3年間の売上の推移

年間売上は2157億円。3年間の変化率は100.65%


年度 売上高 前年度比率
2019年 2157億円 98.45%
2018年 2192億円 102.24%
2017年 2144億円 -%

わらべや日洋ホールディングスの直近の売上高(連結)は、2157億円です。直近3年間での成長率は100.65%と上昇傾向にあります。

営業利益率は1%

年度 営業利益 前年度比率
2019年 16億円 40.9%
2018年 38億円 91.02%
2017年 41億円 -%

わらべや日洋ホールディングスの直近の営業利益(連結)は、16億億円。営業利益率は営業利益率は1%です。

四半期ごとの売上高・営業利益


四半期売上高 四半期営業利益
2017年1Q 530.2億 15.47億
2017年2Q 566.38億 14.8億
2017年3Q 530.67億 10.61億
2017年4Q 515.8億 0.11億
2018年1Q 543.64億 16.02億
2018年2Q 579.36億 16.09億
2018年3Q 540.38億 7.28億
2018年4Q 527.65億 -2.08億
2019年1Q 544.61億 11.16億
2019年2Q 571.14億 5.78億
2019年3Q 530.82億 -0.33億
2019年4Q 510.39億 -1.35億
スポンサーリンク

わらべや日洋ホールディングスの売上高の比較・ランキング

競合との比較

①売上高のランキング

トップ5社の売上シェア比率


売上高:食品・飲料業界では第38位

食品・飲料業界の企業内でのわらべや日洋ホールディングスの売上ランキングの順位は第38位です。
食品・飲料業界の売上高ランキング第1位は三菱食品、第2位はアサヒグループホールディングス、第3位はキリンホールディングスになっています。
食品・飲料業界のランキング一覧はこちら

順位 会社名 売上高
1位 三菱食品 2兆6203億円
2位 アサヒグループホールディングス 2兆1203億円
3位 キリンホールディングス 1兆9305億円
4位 サントリー食品インターナショナル 1兆2943億円
5位 明治ホールディングス 1兆2544億円
6位 日本ハム 1兆2342億円
・・・・・・・・
33位 宝ホールディングス 2774億円
34位 極洋 2562億円
35位 昭和産業 2559億円
36位 カルビー 2487億円
37位 丸大食品 2430億円
38位 わらべや日洋ホールディングス 2157億円
39位 カゴメ 2099億円
40位 松田産業 2083億円
41位 森永製菓 2054億円
42位 中部飼料 1870億円
43位 J-オイルミルズ 1868億円
・・・・・・・・
132位 フルッタフルッタ 12億円
※こちらの情報は、おもに有価証券報告書にて掲載されている売上情報を参考に、約3000社のデータベースを制作して算出しています。

売上高:全体では第575位

CareerBookが調査した有名企業約3000社の中で、わらべや日洋ホールディングスは売上ランキング575位です。

順位 会社名 売上高
1位 トヨタ自動車 30兆2257億円
2位 三菱商事 16兆1038億円
3位 ホンダ(HONDA) 15兆8886億円
4位 日本郵政 12兆7750億円
5位 NTT東日本(日本電信電話) 11兆8798億円
6位 伊藤忠商事 11兆6005億円
・・・・・・・・
570位 トーホー 2177億円
571位 トーメンデバイス 2176億円
572位 新明和工業 2173億円
573位 佐藤商事 2169億円
574位 リョービ 2162億円
575位 わらべや日洋ホールディングス 2157億円
576位 ニチアス 2155億円
577位 オートバックスセブン 2138億円
578位 愛三工業 2135億円
579位 住友ベークライト 2130億円
580位 フィード・ワン 2129億円
・・・・・・・・
3586位 RISE 1億円
※こちらの情報は、おもに有価証券報告書にて掲載されている売上情報を参考に、約3000社のデータベースを制作して算出しています。

②従業員当たりの売上のランキング

従業員あたり売上:食品・飲料業界で第31位

食品・飲料業界内でのわらべや日洋ホールディングスの従業員あたりの売上ランキングの順位は第31位です。

順位 会社名 売上高
1位 伊藤忠食品 58,264万円
2位 三菱食品 52,083万円
3位 中部飼料 30,957万円
4位 加藤産業 29,030万円
5位 塩水港精糖 28,891万円
6位 ユアサ・フナショク 28,649万円
・・・・・・・・
26位 マルカ 10,017万円
27位 シノブフーズ 9,833万円
28位 イフジ産業 9,522万円
29位 森永乳業 9,478万円
30位 カメイ 9,445万円
31位 わらべや日洋ホールディングス 9,333万円
32位 日本製粉 9,097万円
33位 三井製糖 8,766万円
34位 オエノンホールディングス 8,487万円
35位 東洋水産 8,476万円
36位 フジ日本精糖 8,391万円
・・・・・・・・
113位 ヤクルト 1,492万円
※こちらの情報は、おもに有価証券報告書にて掲載されている売上情報を参考に、約3000社のデータベースを制作して算出しています。
スポンサーリンク

従業員数やキャッシュフロー、資産などの情報

その他の指標

営業キャッシュフロー

年度 営業キャッシュフロー
2019年 59.74億
2018年 80.82億
2017年 87.7億

投資キャッシュフロー

年度 投資キャッシュフロー
2019年 -57.33億
2018年 -91.51億
2017年 -27.19億

財務キャッシュフロー

年度 売上高
2019年 -33.11億
2018年 -45.64億
2017年 -16.28億

総資産

年度 資産
2019年 846.35億
2018年 868.88億
2017年 838.77億

従業員に関するデータ

平均年収 743万円
従業員数 2311人
平均年齢 39.5歳
スポンサーリンク

関連記事

わらべや日洋ホールディングスの年収情報・業界ランキング
【2021最新】わらべや日洋ホールディングスの年収は?職種や年齢別の給与・ボーナス・評価制度などまとめ!有価証券報告書によると、わらべや日洋ホールディングスの2021年2月時点で最新の平均年収は690万円。平均年齢は43.4歳。食品・飲料業...