転職ノウハウ

【2020最新】日本M&Aセンターへの転職を徹底分析。面接での質問や年収情報などからわかる転職難易度とは

この記事では、日本M&Aセンターへの転職を考えている人向けに、年収などの水準、採用傾向求人が豊富な最適な転職サービス面接対策、それらをもとに総合的に判断した転職難易度を紹介しています。

この記事は、IR情報、口コミサイト、業界担当のキャリアアドバイザーへのヒアリング情報をソースとし、Careerbooksが独自に算出した難易度をもとに作成しています。
転職ツール選び。間違えてませんか?10秒転職ツール診断

間違った転職ツール選びはキャリアの失敗につながります。6問の質問に答えるだけで、あなたにあった転職ツールをチェックしよう。

現在の転職意欲は?(1/6問)
次へ

日本M&Aセンターの基本情報

転職先の組織や事業状態を把握しておくことは非常に重要です。転職・求人の情報の前に、まずはIR情報から、日本M&Aセンターの売上規模や年収情報をご説明します。

会社規模

順位 会社名 売上高
1位 野村総研(NRI) 5012億円
2位 三菱総合研究所 903億円
3位 シード 295億円
4位 日本M&Aセンター 285億円
5位 船井総研ホールディングス 217億円
6位 ビジョン 215億円

売上は業界で第4位

コンサルティング業界の企業内での日本M&Aセンターの売上ランキングの順位は第4位です。

年収情報

平均年収
1353万円
平均年齢
35.1歳
全体ランキング
19位/3400社
業界内ランキング
4位/22社

年収と勤続年数の傾向



年収は上位1%の高水準

全国の上場企業約3000社を対象にした平均年収の調査において、日本M&Aセンターの平均年収1353万円は、上位1%の高水準です。また全国3000社の上場企業の平均年収の中央値は650万円前後となっています。

勤続年数は平均より短め

日本M&Aセンターの平均勤続年数3.8年は、全国の上場企業約3000社を対象にした平均年収の調査において、平均より短めとなっています。また全国3000社の上場企業の勤続年数の中央値は11年前後です。

日本M&Aセンターへのオススメの転職方法

転職活動の進め方

情報収集段階はスカウトサービスで

スカウトサービスなら具体的な求人検索に加え、待っているだけで企業や転職エージェントからスカウトが届きます。スカウトは、興味があるものがあれば話だけでも聞いてみることできます。面談の練習などにもとてもおすすめです。

転職エージェントで対策を万全に

転職エージェントは、その時々の各企業の採用状況、非公開の求人から、どのような企業にどのような人が採用されやすいかまで、エージェントにしか知り得ない詳しい情報を保有しています。きっちり企業の状態を把握して選考対策を立てるために、エージェントの利用はマストです。まずは無料の求人紹介を受けてみて、求人状況や採用傾向を確認してみましょう

おすすめの転職サービス

日本M&Aセンターや、類似する業界の企業の実際に掲載されている求人などの情報などから、最適な転職サービスをご紹介します。

  • 業界特化
  • 未経験から経験者まで
  • アドバイザーの知識

コンサルへの転職ならアクシスコンサルティング

これまで約20,000名のコンサル転職志望者を支援してきたアクシスコンサルティングは、Big4からベンチャーファームまで確かな支援実績を誇っています。また、コンサルタントの事業会社への支援実績も豊富で、コンサルタントとしてのキャリア全体を包括的にサポートしています。

カテゴリ 掲載企業例
コンサルファーム アクセンチュア、アビームコンサルティング、EY、ATカーニー、NTTデータ、クニエ、KPMG、シグマクシス、スカイライト、デロイトトーマツ、PwC、フューチャーアーキテクト

アクシスに無料登録

  • ベンチャーに強い
  • 20~30代向け
  • 第二新卒
  • スカウトサービス

若手の優秀層向け求人はNo1。大手からベンチャーまで

若手優秀層向けの都内の大企業、成長企業求人に強いスカウトサービス。登録しておくだけで、会社や業界特化の転職エージェントからスカウトが届く。主に20代から30代前半をターゲットにしており、ベンチャー、新規事業転職ならここの利用がおすすめ。

企業名 掲載職種
日本M&Aセンター ・相談業務
・新規開拓営業
・WEB制作ディレクター
アクセンチュア株式会社 ・経営コンサルタント・戦略コンサルタント / 業務コンサルタント / 営業コンサルタント・マーケティングコンサルタント
・データサイエンティスト
野村総合研究所 ・コンサルタント
・ソフトウェア営業
株式会社プロレド・パートナーズ ・アナリスト / 調査・リサーチ / 一般事務・営業事務・アシスタント
・その他
PwCコンサルティング合同会社 ・経営コンサルタント・戦略コンサルタント / 業務コンサルタント / ITコンサルタント
・セキュリティエンジニア

キャリトレに無料登録

  • 業界特化
  • 未経験から経験者まで
  • アドバイザーの知識

コンサルへの転職ならアクシスコンサルティング

これまで約20,000名のコンサル転職志望者を支援してきたアクシスコンサルティングは、Big4からベンチャーファームまで確かな支援実績を誇っています。また、コンサルタントの事業会社への支援実績も豊富で、コンサルタントとしてのキャリア全体を包括的にサポートしています。

カテゴリ 掲載企業例
コンサルファーム アクセンチュア、アビームコンサルティング、EY、ATカーニー、NTTデータ、クニエ、KPMG、シグマクシス、スカイライト、デロイトトーマツ、PwC、フューチャーアーキテクト

アクシスに無料登録

  • ハイクラス
  • 年収600万以上
  • 外資に強い

ハイクラス向けおすすめNo1エージェント

JACリクルートメントは、外資系から日系大手まで大手案件を多数保有するハイクラスをメインターゲットにした転職エージェントです。一番オススメなポイントは、求職者の担当と企業の窓口が共通なため、選考を受ける企業の細かな情報を知ることができることです。そのため選考をより有利にすすめることができます。

カテゴリ サービス / 商社、流通、外食 / 建設、不動産 / 金融 / クリエイティブ、マーケティング / 運輸、物流、倉庫 / IT、通信 / コンサル / 電気、電子、半導体 / 機械、自動車 / 化学 / 金属、素材、エネルギー / 医療、介護、福祉
面談拠点 東京、群馬、栃木、茨城、埼玉、神奈川、山梨、長野、愛知、静岡、大阪、京都、神戸、広島、岡山

JACに無料登録

失敗しないための転職ツール診断

間違った転職ツール選びはキャリアの失敗につながります。6問の質問に答えるだけで、あなたにあった転職サイトをチェックしよう。

10秒診断スタート

日本M&Aセンターの面接情報

面接・選考の流れ

STEP1
書類選考(SPI/適正診断)
日本M&Aセンターへの転職では、まず書類選考が実施されます。これまでの職歴や志望動機など、内容は基本通りのものになりますが、第二新卒の場合、簡単な適正診断等がおこなれる可能性はあります。
STEP2
面接(2~4回)
書類選考に通過すると次は面接です。人事面接→現場社員面接→役員面接と、基本的には複数回に渡って面接が行われるようですが、ポジションによっても変化すると思われます。(人事面接が最後のパターンもあります)
STEP3
内定・入社
面接を通過すれば内定が出ます。その後、条件などの入社交渉を行ないます

面接の口コミ

キャリコネより、日本M&Aセンターの選考関連の口コミを一部ご紹介します。口コミが気になる方は、詳しくはキャリコネをご参考ください。

部署:営業
役職:法人営業

どのように成果を出すか?

回答
入社当初は、とにかく行動量を増やして経験を積みたいと思う。質の向上は経験値が上がれば自ずとついてくる。

部署:営業
役職:コンサルタント

職務経歴書に記載してる実績を深く突っ込まれました。
例:成績を載せていない時期の成績はどのくらいか?

回答
正直に、浮き沈みもあり、芳しくない時期もあったことを述べました。
また、なぜそのような成績であったのか、と深堀されます。
そこは、量を追求することばかり意識し、質を高めようとする努力を怠っておりました。
と答えました。

部署:営業
役職:コンサルティング営業

志望動機、学生時代に取り組んだこと

回答
1人の行動で多くの人々に影響を与える仕事がしたく志望した。M&Aを専門に行えることで自身の専門スキルを深める事が出来るため。

キャリコネはこちら

日本M&Aセンターの総合転職難易度

様々な情報から、Careerbookが調査した上場企業3000社の中での相対的な日本M&Aセンターへの転職難易度を総合的に評価したところ、転職難易度は「S:難易度は最上位クラス」になりました。

企業人気度 超人気企業
業界特性 志望者は多く、難易度は高い。ただし採用人数も多いため、企業を選ばずに対策をしっかり行えば、業界に入ることは十分狙える。
中途採用について 勤続年数は短めで、中途採用も活発
競争率について 上場企業でもかなりの高年収。かなり競争率が激しく難易度は高い
総合難易度 S:難易度は最上位クラス

あくまでもこれは会社全体としての傾向です。職種やポジションによって実際は異なりますし、どのような経験を持った人材を採用しているかは、その時々で常に変化しています。
転職サービスを利用して情報収集を欠かさず行い、タイミングをつかんでより良い転職ができるようにしましょう。

業界別難易度ランキング

順位 会社名
1位 マッキンゼー
2位 ボストンコンサルティング(BCG)
3位 M&Aキャピタルパートナーズ
4位 アクセンチュア
5位 日本M&Aセンター
6位 野村総合研究所(NRI)
7位 三菱総合研究所
8位 PwCコンサルティング
9位 船井総研
10位 デロイトトーマツコンサルティング
・・・・・・・・
22位 プロレド・パートナーズ

コンサルティング業界では転職難易度は第5位

コンサルティング業界の企業内での日本M&Aセンターの年収ランキングは第5位です。
コンサルティング業界の年収第1位はマッキンゼー、第2位はボストンコンサルティング(BCG)、第3位はM&Aキャピタルパートナーズとなっています。

このランキングは、人気度や最近の採用の傾向。平均年収から算出する競争率などから総合的にCareerbooks独自で作成したものです。精度は向上するように務めておりますが、一部企業は情報不足により不確かな状態です。あくまで参考値としてご理解ください。
転職ツール選び。間違えてませんか?10秒転職ツール診断

間違った転職ツール選びはキャリアの失敗につながります。6問の質問に答えるだけで、あなたにあった転職ツールをチェックしよう。

現在の転職意欲は?(1/6問)
次へ

キャリアアドバイザーによるコンサルティングへの転職の解説

採用状況・転職難易度

コンサルティングファームの中にも戦略系、総合、IT系、等様々な種類がありますが、総じて難易度は高いです。中でも戦略系は最も難易度が高く、IT系は比較的難易度が低くなっています。
採用は20代~30代前半ののメンバークラスとディレクター、マネージャークラスとざっくりわかれており、第二新卒は未経験からの採用枠も存在します。
採用枠は、案件の動向などにより、タイミングによってメンバークラスの採用枠が多い時、マネージャークラスの採用枠が多い時があります。適切な転職エージェントとコンタクトをとっておけば、今どのような時期か教えてくれるはずです。

どんな人に向いているか

アナリストはデータ収集やパワーポイントの作成、コンサルタント(アソシエイト)はプレゼンテーションや要件定義や構成能力、マネージャークラスになると案件・メンバー管理、クライアントとのリレーション構築(案件発掘、進捗報告、提案)、新規案件発掘が問われます。アウトプットは「経営改善のための整理されたロジック」になるため、ロジカルシンキング能力、文章制作能力がベースとして問われます。
なお、多くのファームではマネージャーになるためにTOICEの点数が定められています。

年収事情

会社によりますが、アナリストの年収約450万円~650万円(残業代全額支給)ほどになります。コンサルタントの年収約600万円~1200万円(雇用形態次第ではみなし残業になる場合あり)で、年収は高いですが、業務量が多くなります。
マネージャーの年収は約800万円~2000万円で、ほぼ、裁量労働制もしくは年俸制になります。年齢としては、30歳~40歳ぐらいでアッパーゾーンになります。ディレクター、パートナーには一握りの人しか慣れませんが、ディレクターは2000万円以上で上限はなく、数億円の方もいるようです。

仕事について

新卒や第二新卒枠で採用された場合はほとんどアナリストで入社することになります。ファームの規模にもよりますが、入社後は基本的に大規模案件へアサインされることが多く、ディレクター、マネージャーが1名ずつ、コンサルタント以下数名といったチーム構成になり業務を学んでいくことになります。
アナリストで経験を積み、案件の流れやアウトプット方法になれると、ほとんどの人がコンサルタント(アソシエイト)に昇格しますが、マネージャー、ディレクターへは限られた人が昇格可能になります。

異業種からコンサルへの転職

就職でも転職でも人気業界であるため、異業種からの転職難易度は高めです。ただ、その分ほかの業界に比べ論理的、戦略的な思考をもち優秀な人材が多いことも間違いありません。今の環境に満足しておらず、成長していきたい方や、やりたいことに向けてのステップアップにしたいと考えている方にとってはおすすめの業界です。また、コンサルティングファームに就職するためのステップアップとしてSierや大手企業の経営企画、最近ではM&A企業に就職する方も増えてきています。自身の経験を持って、どういったステップでキャリアを歩めばいいのか自分自身をコンサルティングする能力も必要といえます。そのほか、自頭を最重要視しているファームが多いため適性検査(GAB、SPI)の対策は必ず行い、全体の8割以上がとれるまでになること。話し方についてもロジカルに話を組み立て発信できるように訓練することをお勧めします。

コンサルからの転職先

コンサルティング業界は非常に業界スライドで転職される方が多いです。また、外資系のコンサルティングファームでは最近は少なくなりましたが「Up or Out」の文化があり、昇格か転職かといったことも業界スライドが多い原因といえます。
また、長くコンサルタントを行っていると他ファームとの共同案件も多いため、他社から引き抜きで声がかかることも多いです。業界スライドでの転職を行うと年収は前職以上で提示されます。このシステムを利用して未経験で小規模のファームにまず就職し、数年での転職を繰り返し最終的に大手ファームに就職するといった方も多いです。ただ、中小のファームは、実際コンサルティングは行っていないような会社もたまにあるため、事前に会社情報をしっかりと調べることをお勧めします。
コンサルタントからの就職先としては、事業会社の経営企画、ファーム、外資系投資銀行などが多いですが、高収入を経験し、逆に金銭欲がなくなる方もいるので、大学の教授を目指す方、たまに著書を出版し小説家になる方などもいたりします。
いずれも、コンサルタントになる方は優秀な方が多いので異業界への転職でも困ることはありません。ただ、異業界への転職であれば大半が年収は下がる傾向にあるため、年収に関しては覚悟を決める必要があります。

面接対策

コンサルファームの面接では複数回の面接に加えて、ほとんどの場合、SPIもしくはGABのテストが行わるので、必ず対策をすることをおすすめします。テストの合格ラインは一般的に8割以上と言われており、最低でも7割以上出せなければテストでお見送りされることになります。一次選考の面接はマネージャークラス、二次選考(最終選考)はディレクターもしくはパートナー、最終選考はパートナーが面接官になります。二次面接以降はロジカルに付け加え、同社への入社意欲や相性といったものが評価対象になってきます。コンサルティングファームの面接は最終選考まで選考要素が大いにあります。
また、1次面接では、ケーススタディやフェルミ推定といった問題が出題されます。大体、問題に対して30分から1時間を使い問題の回答から回答に結びつけた根拠を記載し、その後面接官に対して回答をプレゼンテーションするといった流れになります。ケーススタディやフェルミ推定については書店で参考問題を販売しているので対策は必ず行いましょう。数値を用いて回答を導き出しているか、論理的に説得力のある根拠があるかといったことが評価ポイントになります。
選考の中でこのケーススタディやフェルミ推定は頻繁に聞かれます(面接の中でいきなり、日本人は年間でどのくらいトイレットペーパーを使うかなど)。一次選考はこのプレゼンテーションと一般的な面接、逆質問などで終了することがほとんどです。質問に対して端的に回答をすることを意識しましょう。
ITコンサルの場合は、上記に付け加え今までのプロジェクトについての質問が行われます。基本的にITコンサルには、システム開発経験は必要とされます。

日本M&Aセンターの転職ニュース

日本M&Aセンターの転職ニュース

...【陣容拡大】旺盛な仲介需要受けて中途採用を積極化。今期にコンサルタント数が初めて200人超に。...
...中途採用含めコンサルタントの人数も増やし収益拡大。最高益更新。10月予定の株式分割を考慮すると実質年5円配。【設立】青山財産ネットワークスと合弁で事業承継支援の新会社設立。M&A仲介の前段階事業を強化。...
... 日本M&Aセンターの2010年3月期連結決算は、純利益が前の期比11%減の7億8200万円だった。大型案件の成約時期がずれ込んだことで当初計画(10億円)に届かなかった。だが、後継者不足を背景にした中堅・中小企業のM&A市場は拡大傾向にある。...

関連企業の転職ニュース

...米アクセンチュアは今夏、関西勤務の従業員を2年前から6倍に増やす。関西は関東に比べてM&A(合併・買収)やスタートアップ投資が少なく、デジタル化や外部の技術を開発に生かすオープンイノベーションの余地が大きい。経営で強いリーダーシップを取りやすいオーナー企業が多い点も企業変革を後押しするとみている。...
...アクセンチュアもコンサルタントの増員に備えて今月、関西オフィスを5倍に増床した。関西は製造業が多く、生産性の向上や業務の効率化に課題があるとみて顧客を開拓する。 マッキンゼーの関西オフィスは大阪市中央区の大阪国際ビルディングに入る。...
...アクセンチュアは前期比57.8%増という猛烈な勢いで上位に迫る。宣伝広告に限らず、マーケティング全般のコンサルティングを担う一方で、その戦略を遂行するための制作能力を持つ企業を買収して傘下に収めている。...
...そこに着目したのが、アクセンチュアの取り組みだ。 「どのような人か思い浮かべて」と情報を次々挙げていく。「ロンドンオフィスで働く女性。入社3年目。子どもが2人」。「入社3年目」で新卒入社の若い人をイメージしていると、「中途採用」「45歳」という情報も追加される。 ...
...野村総合研究所によれば、金融資産を5億円以上保有する日本の超富裕層の世帯数(17年)は8.4万世帯と00年以降で最多となった。親や祖父母からの資産承継に加え「IPOや事業売却で資産を増やした世帯が増えた」(宮本弘之氏)。 ...
...野村は開発頓挫を受けてすぐに野村総合研究所に開発を依頼しなおし、稼働させている。 訴状に記されている野村の主張はこうだ。...

日本M&Aセンターの職種別転職情報

事業構造

事業部 事業概要
M&A仲介 事前の入念な計画・分析とM&A後の継続的な支援。
企業評価 中立的な立場で透明性のある公正なM&A取引価格を算定・提示
MBO支援 -
コーポレートアドバイザリー -
資本政策・経営計画コンサルティング -
PMI支援 PMIに向けて専門家とともに組織融合面・コミュニケーション面の両面でサポート。
上場支援 TOKYO PRO Marketへの上場のための審査および支援。
企業再生支援 -
企業再編支援 合併、会社分割、持ち株会社設立など合従連衡による企業再編を支援。

日本M&Aセンターについて

会社概要

社名 日本M&Aセンター
 本社所在地 東京都千代田区丸の内1−8−2 鉄鋼ビルディング
 代表者 三宅 卓
 資本金 1,220百万円
 売上 285
 従業員 451
業界 コンサルティング

業績情報

直近の年間売上高
285億円
従業員あたりの売上
6311万円
売上業界ランキング
4位/17社
3年間の売上変化率
149.26%

主要企業の売上高の推移


会社名 2000年度 2001年度 2002年度 2003年度 2004年度 2005年度 2006年度 2007年度 2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
野村総合研究所 1837億円 2180億円 2366億円 2328億円 2381億円 2530億円 2856億円 3226億円 3423億円 3413億円 3387億円 3264億円 3356億円 3639億円 3860億円 4060億円 4215億円 4246億円 4715億円 5013億円
船井総研ホールディングス 62億円 70億円 84億円 88億円 97億円 101億円 103億円 99億円 97億円 87億円 87億円 86億円 91億円 101億円 125億円 148億円 165億円 187億円 217億円 -円

主要企業の平均年収の推移


会社名 2000年度 2001年度 2002年度 2003年度 2004年度 2005年度 2006年度 2007年度 2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
野村総合研究所 -万円 1075万円 1080万円 1018万円 986万円 1031万円 1080万円 1093万円 1174万円 1111万円 1141万円 1051万円 1052万円 1072万円 1092万円 1089万円 1156万円 1151万円 1166万円 1222万円
船井総研ホールディングス 559万円 573万円 634万円 652万円 640万円 636万円 639万円 632万円 615万円 551万円 570万円 600万円 632万円 635万円 684万円 673万円 664万円 661万円 698万円 -万円

関連記事

日本M&Aセンターの年収情報・業界ランキング
【2020最新】日本M&Aセンターの年収は?職種や年齢別の給与・ボーナス・評価制度などまとめ!有価証券報告書によると、日本M&Aセンターの平均年収は1414万円。平均年齢は35.1歳。コンサルティング業界の年収ランキングは4位とな...
日本M&Aセンターの売上高・業績
【2019年最新】日本M&Aセンターの売上・業績を調査!四半期ごとの推移や、業界内のランキングを紹介!日本M&Aセンターの最新の売上高は285億円。業界内でのランキングは、第166位です。 今回は、日本M&Aセンターの売上...

日本M&Aセンターの転職FAQ

公式サイトで公開されている、採用に関する質問と回答をまとめました。詳しくは公式サイトをご確認ください。

Q:応募から入社までの選考プロセスについて教えてください。
A:まずは、エントリー頂いた内容をもとに書類選考をさせて頂き、面接等を実施した上で、最終的に採用者を決定させて頂きます。中途採用に関してはこちらをご覧ください。
Q:第二新卒ですが応募できますか?
A:職歴年数は応募条件にありませんが、中途採用では、原則として3年以上のビジネス経験または実力のある方を前提とした研修内容となっています。研修後は即戦力としてご活躍頂ける方を求めていますので、応募者の皆様の社会人としてのキャリアの内容についても採否判断の要素の一つになります。
Q:以前応募したことがあるのですが、再度挑戦することはできますか?
A:再度ご応募頂くことは可能です。各募集職種の内容をご確認の上、ご応募下さい。
Q:M&A業務について未経験でも構わないでしょうか?
A:もちろんかまいません。現在活躍しているコンサルタントで、前職でM&Aを経験していた者はごくわずかです。未経験の方が入社後は当社独自のノウハウやスキル、知識を研修する体制が整っていますので安心して応募してください。中途採用に関しては採用説明会へご参加いただければ幸いです。
Q:中途採用の選考場所は東京のみですか?
A:1次面接、2次面接に関しては、大阪、名古屋の当社各拠点にお越しいただければテレビ会議システムを使った面接にも対応しています。最終面接(役員面接)に関しては、現状は東京のみの対応とさせていただいております。詳しくは中途選考フローをご覧ください。
Q:キャリア採用に関する問い合わせはどこにすればよいですか?
A:キャリア採用に関するお問合せは下記にて受け付けております。下記フォームよりお問合わせください。お問合わせ種別は「人材採用」を選んでください。
Q:入社後の処遇について教えてください。
A:業務経験、スキル等を考慮して入社時の処遇を決定します。入社2年目以降は、1年目の実績をもとに、個人の能力・適性や、担う職務に求められる役割や機能、業務の成果・実績に応じて処遇が決定されます。
Q:転勤・海外駐在・出向について教えてください。
A:配属先の部署にもよりますが、基本的に転勤はあまりありません。出張での対応が基本です。海外へは各種研修などへ派遣を行うことはありますが完全希望制です。