転職ノウハウ

【2020最新】日本郵政への転職を徹底分析。面接での質問や年収情報などからわかる転職難易度とは

この記事では、日本郵政への転職を考えている人向けに、年収などの水準、採用傾向求人が豊富な最適な転職サービス面接対策、それらをもとに総合的に判断した転職難易度を紹介しています。

この記事は、IR情報、口コミサイト、業界担当のキャリアアドバイザーへのヒアリング情報をソースとし、Careerbooksが独自に算出した難易度をもとに作成しています。
転職ツール選び。間違えてませんか?10秒転職ツール診断

間違った転職ツール選びはキャリアの失敗につながります。6問の質問に答えるだけで、あなたにあった転職ツールをチェックしよう。

現在の転職意欲は?(1/6問)
次へ

日本郵政の基本情報

転職先の組織や事業状態を把握しておくことは非常に重要です。転職・求人の情報の前に、まずはIR情報から、日本郵政の売上規模や年収情報をご説明します。

会社規模

順位 会社名 売上高
1位 日本郵政 12兆7750億円
2位 三菱UFJフィナンシャル・グループ 6兆6974億円
3位 三井住友フィナンシャルグループ 5兆7353億円
4位 みずほフィナンシャルグループ 3兆9256億円
5位 ゆうちょ銀行 1兆8454億円
6位 三井住友トラスト・ホールディングス 1兆4679億円

売上は業界で第1位

銀行・信金業界の企業内での日本郵政の売上ランキングの順位は第1位です。

年収情報

平均年収
799万円
平均年齢
43.9歳
全体ランキング
347位/3400社
業界内ランキング
6位/75社

年収と勤続年数の傾向



年収は上位30%の高水準

全国の上場企業約3000社を対象にした平均年収の調査において、日本郵政の平均年収799万円は、上位30%の高水準です。また全国3000社の上場企業の平均年収の中央値は650万円前後となっています。

勤続年数は平均より長め

日本郵政の平均勤続年数17.3年は、全国の上場企業約3000社を対象にした平均年収の調査において、平均より長めとなっています。また全国3000社の上場企業の勤続年数の中央値は11年前後です。

日本郵政へのオススメの転職方法

おすすめの転職サービス

日本郵政や、類似する業界の企業の実際に掲載されている求人などの情報などから、最適な転職サービスをご紹介します。

  • ベンチャーに強い
  • 20~30代向け
  • 第二新卒
  • スカウトサービス

若手の優秀層向け求人はNo1。大手からベンチャーまで

若手優秀層向けの都内の大企業、成長企業求人に強いスカウトサービス。登録しておくだけで、会社や業界特化の転職エージェントからスカウトが届く。主に20代から30代前半をターゲットにしており、ベンチャー、新規事業転職ならここの利用がおすすめ。

企業名 掲載職種
株式会社みずほフィナンシャルグループ ・法人営業
・ホールセラー / リテールセールス・プライベートバンカー / 海外営業

キャリトレに無料登録

  • 業界特化
  • 未経験から経験者まで
  • アドバイザーの知識

金融・IT・コンサルへの転職ならコトラ

コトラは、投資銀行や投資ファンドなどの金融業界や、IT・コンサルなどのスペシャリストに特化した転職エージェントです。ハイクラスな案件を中心に扱っており、未経験の扱いはかなり少なめですが、SIerからITコンサルなどのケースであれば、コンサル未経験も実績があります。

カテゴリ 掲載企業例
IT・コンサル 日本IBM、デロイトトーマツコンサルティング、EYコンサルティング、KPMG
金融 三菱UFJモルガン・スタンレー、ソニー生命、三菱地所投資顧問、UBSウェルス・マネジメント

コトラに無料登録

  • ハイクラス
  • 年収600万以上
  • 大手に強い
  • スカウトサービス

ハイクラス転職ならビズリーチ

ハイクラス向けのスカウト型転職サービス。年収600万円以上の人をメインターゲットにしており、大企業やハイクラス求人に強い様々な企業から声がかかる。自己応募も可能。

企業名 掲載職種
みずほフィナンシャルグループ ・法人RM

ビズリーチに無料登録

  • ハイクラス
  • 年収600万以上
  • 外資に強い

ハイクラス向けおすすめNo1エージェント

JACリクルートメントは、外資系から日系大手まで大手案件を多数保有するハイクラスをメインターゲットにした転職エージェントです。一番オススメなポイントは、求職者の担当と企業の窓口が共通なため、選考を受ける企業の細かな情報を知ることができることです。そのため選考をより有利にすすめることができます。

カテゴリ サービス / 商社、流通、外食 / 建設、不動産 / 金融 / クリエイティブ、マーケティング / 運輸、物流、倉庫 / IT、通信 / コンサル / 電気、電子、半導体 / 機械、自動車 / 化学 / 金属、素材、エネルギー / 医療、介護、福祉
面談拠点 東京、群馬、栃木、茨城、埼玉、神奈川、山梨、長野、愛知、静岡、大阪、京都、神戸、広島、岡山

JACに無料登録

転職活動の進め方

情報収集段階はスカウトサービスで

スカウトサービスなら具体的な求人検索に加え、待っているだけで企業や転職エージェントからスカウトが届きます。スカウトは、興味があるものがあれば話だけでも聞いてみることできます。面談の練習などにもとてもおすすめです。

転職エージェントで対策を万全に

転職エージェントは、その時々の各企業の採用状況、非公開の求人から、どのような企業にどのような人が採用されやすいかまで、エージェントにしか知り得ない詳しい情報を保有しています。きっちり企業の状態を把握して選考対策を立てるために、エージェントの利用はマストです。まずは無料の求人紹介を受けてみて、求人状況や採用傾向を確認してみましょう

失敗しないための転職ツール診断

間違った転職ツール選びはキャリアの失敗につながります。6問の質問に答えるだけで、あなたにあった転職サイトをチェックしよう。

10秒診断スタート

求人探しに困ってるならリクルートエージェント

保有求人数はNo1

リクルートエージェントは言わずとしれた業界No1の規模を誇るエージェントですが、その最大の強みは「求人数」です。その保有求人数は公開されているものだけで30万件以上と幅広い業界や職種に対応しています。

特に大手の求人に強い

リクルートエージェントは全国の求人を網羅していますが、明確な強みとしては「中小エージェントが保有していない大企業案件」を扱っていることです。得に大手思考の場合はリクルートエージェント以外ではアクセスできない求人もあるため、必ず利用するようにしましょう。

相性が良ければ、職が見つかる。
利用媒体:リクルートエージェント
人物:40歳 男性 営業
業界:鉄鋼・金属・鉱業
地域:大阪府
年収:900万円 → 900万円
併用サービス:ビズリーチ、JAC、doda

良かった点の口コミ・評判
国内最大手エージェントというだけあり、求人の紹介数が頭抜けて多いのは間違いありません。しかもエージェント担当者とは基本的に電話で話すだけで、この後色々紹介が来るので、現職の合間で時間を見つけて登録、転職活動を始めることが出来ました。また、紹介される求人以外にも、当然自分から気になる求人を見つけて応募することも出来るので、幅広い転職活動を行うことが出来ました。履歴書や職歴の添削もアドバイスして下さり、スムーズに選考が進みました。

悪かった点の口コミ・評判
たくさん求人紹介をして下さった一方で、何処となく機械的で親身さには少々欠けていると感じました。電話で話した内容をどこまで汲み取り、希望の条件を満たしてくれるかはそれぞれの担当者の裁量になるとは思いますが、個人的には気になっている会社について、実際どんな雰囲気の会社なのか、組織はどうなっているのか、仕事内容の詳細など、もう少し情報提供をして欲しかったと思っています。希望する地方の求人は都心に比べて圧倒的に少なかった印象です。

こんな人におすすめ
年収の幅は会社によってかなり変わってきますが、営業職の求人は多く、可能性を広げる事が出来るという点ではおすすめします。現職を続けながら転職活動していくプロセスとしては臨機応変に対応して下さるので、自分1人で転職活動するには得られない数の求人を頂けると思います。

紹介数が多く、親身になって相談乗ってくれるひともおおい!
利用媒体:リクルートエージェント
人物:31歳 男性 営業
業界:専門商社
地域:東京都
年収:800万円 → 850万円
併用サービス:なし

良かった点の口コミ・評判
リクルートエージェントは、25歳〜35歳の利用者が80%となり、かなりたくさん求人を紹介してもらえるので、強くおすすめできる。選択肢を増やす」ことだと思ってます。具体的には「大量の求人情報を提供。あとはあなたが決めてね」というスタンス。これはこれで価値だと思います。キャリアインタビュアーっていう、こちらの強みを聞き出してまとめてくれる面接官のかたが親切でした。今の仕事の悩みや今後のキャリアについて、担当者が自分ごとのように考えてくれる人もいました。

悪かった点の口コミ・評判
リクルートエージェントの求人数は非常に多く、中には労働条件が良くない求人を紹介されることがあるのは事実です。実際に私が利用した際も、年間休日日数が少ないなど「ブラックかな…?」と疑いたくなる求人もありました。

これはどのエージェントにも言えることですが、担当者の中には、残念ながら対応が悪い人も少なからずいました。

1日に数十件のメールが来ることもあり、確かにしつこく感じてしまいました。企業への紹介料を得ることを優先していることが態度に現れている人もいる。

こんな人におすすめ
リクルートエージェントは熱心に面談してくれる人が多いです。20代のうちに転職することで更に裾野が広がるかもしれないので、周囲の環境に惑わされず、転職のプロに相談すべきだと思います。私が利用した際も、今の仕事の悩みや今後のキャリアについて、担当者が自分ごとのように考えてくれました。

求人の量や担当者のサポートも全体的にとても満足。WEBではできない転職活動ができた。専門知識は少しだけ不足を感じた
利用媒体:リクルートエージェント
人物:30歳 男性 営業
業界:総合電機・電子・機械関連
地域:大阪府
年収:400万円 → 400万円

良かった点の口コミ・評判
本当に様々な企業の案件を持ってきて頂いて働けるまでは
面接、履歴書、職務経歴書等、一生懸命見てくれたり
指導をしてくれたりしていただきました。
ネットで検索するよりも情報量は本当に多いなと思って
少しびっくりしました。

悪かった点の口コミ・評判
やはり、先方への試用期間として働き始めた時のサポートがほとんどなかったので
そこはうーんどうなんだろうと思いました。
最後転職できるまではある程度相談にのってほしい時もありましたし
業界の知識不足もあったので、そこは悪いかなと思いました。

求人の質・量の口コミ・評判
一般より量がとても多くてびっくりしました。ネットでの転職活動より
エージェントでお任せした方がこんな会社があったのか?
とわっかたのでよかったです。

サポートの口コミ・評判
職務経歴書や履歴書、面接のチェックは結構しっかりとおこなって、
いただけましたので満足な担当者でした。

担当者の質の口コミ・評判
業界の知識はそこまでなくてただマッチングしそうな様々な業界の会社をピックアップしてくれたのは
とても好感がもてました

40代でも、年収を上げた転職ができた
利用媒体:リクルートエージェント
人物:42歳 男性 製造業
業界:総合電機・電子・機械関連
地域:埼玉県
年収:480万円 → 600万円

良かった点の口コミ・評判
良かったと思うのは、やはり転職によって条件面で良くなったところです。もしもリクルートエージェントを利用しなければ、今の条件のところには転職できなかったと思います。年収が上がったことはもちろん、職場の雰囲気も良い今の会社に入社できたのは担当者が優秀だったからだと思います。

悪かった点の口コミ・評判
明確に悪かったというところはありません。お世話になったというところのほうが大きいです。しいて上げるのであれば、畑違いの職種の求人もすすめてきたことがあることでしょうか。ただ、それは私が40代の年齢で求人数自体が少ないから紹介してくれたことだと思っています。

求人の質・量の口コミ・評判
私の40代という年齢的に求人の量は満足できる量を取り揃えているとは言えませんでしたが、質は結構よくて条件の良い求人が多いなと思いました。

サポートの口コミ・評判
履歴書や職務経歴書の書き方、良く見せ方についての指導はもちろん、面接でどのような受け答えをしたら良いかや服装などの身だしなみについても細かに指導してくれました。

担当者の質の口コミ・評判
まず、提案してくれる案件が私の希望をしっかりと聞いてくれたものでした。そのうえで、面接までにその求人で採用されるように準備をしてくれたのでお任せ状態でした。と手も優秀な担当に当たってよかったです。

求人数の豊富さが他と比べて圧倒的に良い
利用媒体:リクルートエージェント
人物:45歳 男性 システムエンジニア
業界:SIer・システム開発
地域:大阪府
年収:750万円 → 800万円
併用サービス:パソナキャリア

良かった点の口コミ・評判
40代での転職でしたので、まず年齢面で希望する条件に合う求人があるのかそもそも不安でした。そこで、ネットで各エージェントの口コミを調べて、一番求人数が多いと評価されていたリクルートエージェントを利用することを決めました。サービス登録後の最初の面談で自分の不安を率直に伝えたところ、すぐに20社以上も求人を紹介頂き、加えて小さくても個性や実力のある企業まで紹介頂き、転職先候補の視野も広げて頂けました。求人の豊富さは凄く良かった点です。

悪かった点の口コミ・評判
エージェントとの最初の面談後、すぐに転職活動を開始しました。活動中のサポートも普通に問題はなかったのですが、少しサポート面でもう少し手厚い部分があると良いと思う点がありました。久々の転職活動でしたので、活動当初、面接がうまくいかない状況が続きました。すぐにエージェントに相談をしてのですが、ネットでも記載されているようなありきたりなアドバイスしか貰えず、結局自分の力で解決しました。大手でエージェントさんも忙しいのだと思いますが、個別の状況に合わせたきめ細かいサポートがあると、更に良いサービスになると思いました。

こんな人におすすめ
IT業界に強いエージェントがおられるので、専門的な言葉も通じますし、業界の求人動向も教えて頂けます。40代で転職を考えているけど年齢面で不安に思っている方も、豊富な求人を紹介して頂けるのでおすすめです。

細かいフォローをもらい、非常に頼りになりました
利用媒体:リクルートエージェント
人物:39歳 男性 営業企画
業界:専門商社
地域:愛知県
年収:600万円 → 700万円
併用サービス:エン・ジャパン

良かった点の口コミ・評判
エージェントを利用する利点としては、「求職者側の事情」と「企業側の事情」の両方を詳しく理解している点だと思います。
求職者側としては、無料でエージェントからのサポートを受けられる点が最大の利点です。履歴書の確認から自分の希望にあった案件を探してくれたり、また面接のコツなども教えてくれるため、準備が非常に簡単になります。
企業側の事情を理解している点としては、その会社がどんな会社で、どういった人材を求めているかを把握しているため、求職者が該当するかどうかを適切に判断してくれます。例えば、未経験でもやる気重視なのか、経験者採用なのかは、なかなか求職者では判断がつきません。
そういったことをエージェントを通すことで、わかりやすくなったことは利用して良かったと思います。

悪かった点の口コミ・評判
全体としては、満足なのですが、あえて言えば不満点としては、2つありました。
1つは、転職エージェントというのは、転職させてはじめて企業側から手数料として課金できるということです。この仕組み自体はすごくまともだと思うのですが、仲介手数料がほしいために、早く転職させようとしてきたり、企業側の評価を大袈裟に伝えて内定が出たら、「かなりの高評価でした」などと伝えてくることがあります。
2つめは、エージェントの質により転職が左右されてしまうことです。優秀な方は、意外性のある求人や面接対策も抜かりなくやってくれますが、そうではない方では、いくつか求人案件を出して終わりの方もいます。
そのあたりが不満と言えば不満でしょうか。

こんな人におすすめ
転職エージェントの求人案件としては、事務職が基本的には多いと思います。自分だけでは見つけられない企業や職種もあり、転職で何を実現したいかを話すところから始めるエージェントも多いです。転職後の不安をぼんやりと抱えながらも、仕事で実現したいことがある方にはエージェントはおすすめです。

受けたい企業や職種か不明確な方にはおすすめ
利用媒体:リクルートエージェント
人物:29歳 男性 営業
業界:人材
地域:東京都
年収:450万円 → 650万円
併用サービス:doda

良かった点の口コミ・評判
転職理由が年収UPのみの私に対して、どんな事がやりがいで、どんな事が苦手なのかと丁寧にヒアリングしていただいたことによって自身でも再確認することができ職種や業界を絞る際にとても役に立った。また面接対策など電話で行っていただき、中途採用独特の質問に対する意図や目的を知ることができ対策ができました。対応時間も長く、夜遅い異時間帯でも対応可能のため、日中の連絡が難しい私でも連絡取りやすく、とてもメリットに感じました。

悪かった点の口コミ・評判
質問に対して午前中依頼したことは昼過ぎになる事がある点や、シフト制のせいか平日の休みが多く、急な対応への返信が遅いと感じました。私の対応が悪いとのこともあるのですが、もっと午前の対応と代理対応を早くしてほしいと感じました。
またメールの数がとても多く、管理するのがとても大変です。求人数も多いためスカウトや紹介が常に来るため管理が苦手な私としてはとても大変でした。毎日管理しないと求人は埋もれてしまう為、後で受けたいとなった求人もありました。

こんな人におすすめ
ベンチャー企業から大手まで営業求人が揃っている為、幅広く受ける事ができます。そのため、まだ軸が明確でない方は幅広く企業を比較し、自分自身で選択することができます。受けたい企業や職種か不明確な方にはおすすめです。

依頼内容も多かったですが新卒では入れない会社に転職できました。
利用媒体:リクルートエージェント
人物:41歳 男性 システムエンジニア
業界:自動車・輸送用機器
地域:岐阜県
年収:500万円 → 650万円
併用サービス:なし

良かった点の口コミ・評判
当初、転職できるか不安な部分もあったが事務所にて直接担当者の方と話ができ信頼することができた。また、自分のスキル面や業界の動きなど客観的な視点から自分に合うような企業を提案して頂けた。面接に行く前からエントリーシートの添削や自分の長所、短所の指摘などの事前検討を十分にできたため、緊張する面接も余裕を持って臨むことができた。面接後は当日中に状況を確認頂き、個人としては聞きづらい給与面の交渉や入社時期などの調整も実施して頂き、大変助かりました。

悪かった点の口コミ・評判
個人のことに着目するあまり、面接の練習にと他の会社の採用試験を受けることを勧められたりしました。個人としてはそれもアリかと思いますが、採用しようとしている相手先の会社がにあまりにも失礼なのではないかと思ったことを覚えています。また、親身になってくれる反面、提出物や添削が多く、仕事をしながらの転職活動をするとほぼ休日がなくなってしまいそうなボリュームになります。提出しないと話が進まないため、それなりのエネルギーが必要です。

こんな人におすすめ
大手だけあり、非常に多くの求人を持っていると感じました。その中でメーカーへの転職例も具体的な話を聞くことができ、転職後の自分の業務や活躍シーンなどをイメージできると思います。転職されるのであれば使わない手はないです。

専門性の高い内容も、求人のマッチングは比較的満足でした
利用媒体:リクルートエージェント
人物:48歳 男性 品質保証
業界:総合電機・電子・機械関連
地域:福岡県
年収:650万円 → 650万円

良かった点の口コミ・評判
私の転職条件が、土地限定で、かつ業種も絞っていたため、案件を探すのに大変だったと思いますが、近い求人のものがあったらすぐに情報を展開いただき、一生懸命の対応には満足しておりました。結果的に、別の転職サイトで転職が決定し、その旨連絡をしたところ、お役に立てずに申し訳ございませんでしたと丁寧にお返事をいただき、最後まで気持ちよく利用させていただくことが出来ました。

悪かった点の口コミ・評判
私が希望していた業種が理系であり、担当者は文系が専門と仰られていましたので、紹介いただく求人先の業種の話を深く聞くと、詳しい者に聞いてから折り返しますとすぐに回答が得られなかったのは少し残念な部分でした。担当者から紹介される求人先は私の希望にマッチングしておりましたが、自動配信でくる求人はほとんどが参考にならないものでした。

求人の質・量の口コミ・評判
私の転職の場合、非常に厳しい条件をつけてしまい、電機,電子系で、かつ実家に出来るだけ近い県ということにしていたので、一生懸命探していただいたのですが、結果的に10件程度にとどまりました。紹介していただいた求人内容としては、経験を活かせそうな業種の紹介であり、親和性は比較的高かったです。

サポートの口コミ・評判
職務経歴書,履歴書の添削については、しっかりと行っていただき、また面談は電話でしたが、時間をかけて丁寧に聞き取りしていただきました。面接まで進んだ企業との調整も丁寧に行っていただき、サポートはしっかりとしていたと実感しております。

担当者の質の口コミ・評判
こちらの条件をしっかりと聞いてくれたので、私の希望した業種については比較的マッチングしていたのですが、やはり専門性の高い内容でしたので、希望する求人先に対する担当者の業界知識は弱い感じがしました。

40代で個人での転職活動には限界がある。エージェントは絶対活用すべき
利用媒体:リクルートエージェント
人物:42歳 男性 事務管理
業界:BPO・コールセンター
地域:東京都
年収:700万円 → 650万円
併用サービス:doda,ランスタッド,JACリクルートメント

良かった点の口コミ・評判
40代で転職を考えようとした時に,自身の力だけで情報を収集し,応募企業を選別し,面接にたどり着くにはどうしても限界があると感じました。その点,転職エージェントを活用したことで,そのあたりをスムーズに進めることができ,とても助けられました。また,転職サイトには掲載されていない生の情報(実際の労働環境や企業風土,および想定されるリアルな収入など)をエージェントを通して知ることができ,転職後の就業イメージをつかむ為に非常に参考になりました。

悪かった点の口コミ・評判
担当エージェントのレスポンスが少し良くなかった点に不満を感じました。やはり,転職活動をする身としては,選考状況がどうなっているのか,企業側の印象はどうなのか,新しい募集案件はないのか,など,必要な情報をタイムリーに知りたいというのが本心です。問い合わせしたことに対しても,何日か経過した後に返信があったり,そもそも催促しなければ返信がなかったりと,レスポンスの悪さには不満がありましたし,その点は改善してほしいと思いました。

こんな人におすすめ
40代の転職にもなると,これまでのキャリアや経験が重視される募集案件がほとんどだが,自身のキャリアの客観的な評価や,募集案件と自身の希望のマッチング具合など,第三者の目を通して具体的なアドバイスをしてもらいたい人にはおすすめ。

日本郵政の面接情報

面接・選考の流れ

STEP1
書類選考(SPI/適正診断)
日本郵政への転職では、まず書類選考が実施されます。これまでの職歴や志望動機など、内容は基本通りのものになりますが、第二新卒の場合、簡単な適正診断等がおこなれる可能性はあります。
STEP2
面接(2~4回)
書類選考に通過すると次は面接です。人事面接→現場社員面接→役員面接と、基本的には複数回に渡って面接が行われるようですが、ポジションによっても変化すると思われます。(人事面接が最後のパターンもあります)
STEP3
内定・入社
面接を通過すれば内定が出ます。その後、条件などの入社交渉を行ないます

面接の口コミ

キャリコネより、日本郵政の選考関連の口コミを一部ご紹介します。口コミが気になる方は、詳しくはキャリコネをご参考ください。

部署:金融アドバイザー
役職:ルートセールス

あなたはこの会社でどんな仕事ができる?

回答
金融アドバイザーとして入社した場合、どんなことができる?どんな風に役に立つことができる?という質問でした。私は資産運用、企業分析を勉強してきたことを強みに、個人のお客様のニーズを読み取り適格な提案ができる、その結果御社には契約数が増えるというメリットがあるというようなことを言いました。

部署:渉外
役職:代理店営業

志望動機

回答
今までは既存の決まったお客様から決まった仕事を頂くスタイルのルートセールスで、マンネリ感を感じることがおおかったので、新規営業をやってみたいと思ったからです。

部署:事務
役職:財務・会計関連職

面接での質問

回答
特に難しい質問はありません。過去の経歴や志望動機などを聞かれました。あとは、土日も出勤があったので、それが可能か聞かれました。

部署:郵便課
役職:物流サービス

郵便物を大切に扱えますか?またギャンブルはしますか?

回答
はい。お客様からの郵便物を大切に扱うことを約束致します。
郵便物一通一通大切に取り扱うことを約束します。
ギャンブルはしません。今後もすることはありません。
郵便局員として信頼していただけるように努めます。

部署:かんぽ生命渉外
役職:ルートセールス

無理難題を言ってくるお客様に対して、あなたは、どのようにするか。例)自分で書くのは面倒なので、契約書類をあなたが書いてくれれば契約すると言われた場合。(本人に書いてもらわなけらばいけない場合)

回答
自分の出来る限りのことはするが、コンプライアンスの問題があるので、出来ないことはきちんと説明して分かってもらう。何かあった場合、ご迷惑が掛かるのはお客様である。と誠心誠意説明すると言った。まずはお客様の信頼を得ることが大事、ということをアピールした。

部署:かんぽ
役職:ルートセールス

至ってノーマルな質問。コンプライアンについて尋ねられたのには戸惑った。

回答
個人情報保護は大切にしなければならず、安易にお客様の目に他のお客様の資料等がめに入らない位置においたり目隠しをしなければならないと思います。

キャリコネはこちら

転職ツール選び。間違えてませんか?10秒転職ツール診断

間違った転職ツール選びはキャリアの失敗につながります。6問の質問に答えるだけで、あなたにあった転職ツールをチェックしよう。

現在の転職意欲は?(1/6問)
次へ

日本郵政の環境・社風・成長・残業

日本郵政の環境・社風・成長・残業に関する情報を、OpenWorksやキャリコネなどの口コミサイトからまとめました。

環境 住宅手当の他に営業手当があるが業績に大きく左右される。
社風 マニュアルに沿って仕事をする風通しの良くない社風
成長 業務によっては自分から勉強しないと成長できない。
残業 地域によって忙しさが違うが有給休暇などはとりやすい。

福利厚生について

受託手当・営業手当はついている

住宅手当や営業手当はついているそうです。しかし営業手当は業績によって支給額が変わるとのことです。そのため、営業ができない状況になったときにほとんどの社員が支給されないとのことです。また近年は住宅手当も年々でなくなってきたとの意見があります。

社風について

あまり風通しの良くない社風

マニュアルの沿って仕事をし風通しはよくないとの意見があります。また数字史上主義との意見もあり、成績の悪い社員は発言権どころか市民権すらないと言われ人間関係がギスギスしているところもあるとのことです。

成長環境について

業務によって成長機会が違う

業務によって成長機会が違います。例えば窓口であれば基本的には窓口対応になり、同じことの繰り返しとの意見もあります。そのため、自分で勉強をして資格を取っている人もいるとのことです。また自分が売る商品の専門知識などは手に入るが慣れてしまうとルーティンになってしまうとの意見も多数ありました。

残業について

地域によって残業が違う

年次有給休暇は社風により取りやすいとのことです。また36協定も結んでいるためプライベートは確保しやすいとのことです。ただ、業務上の関係で長期休暇が取れにくいとのことです。年始年末は出勤になることが多く、その分の年休を他に充てたりしているそうです。しかしそれも人手不足により、廃休のところも出てきているとのことです。

その他福利厚生や諸手当、休暇について

日本郵政の福利厚生や休暇などの情報をまとめました。

諸手当 ・扶養手当
・通勤手当
・住居手当
・超過勤務手当等
※住居手当は、一般職を除きます。
※上記のほか、営業・勤務実績に応じて手当が支給されます
休日・休暇 ・4週8休制
・年次有給休暇
・特別休暇(夏期・冬期・結婚・産前・産後・忌引・ボランティア)
・病気休暇
・育児休業
・介護休業等
福利厚生 ●制度
・各種社会保険完備
・財形貯蓄制度
・保険払込団体
・社員持株会
●諸施設
・社宅(世帯用・独身用) ※所定の入居要件あり
・レクリエーション施設
・付属医療機関(逓信病院)
勤務時間 原則として、1日8時間、1週40時間
※なお、勤務種類により始業時刻・終業時刻は一定ではなく、また、勤務場所により変形労働時間制の適用となる場合があります。

参考サイト

新卒入社 専門 女性
新卒入社 専門 女性
福利厚生は、格安で郵政の社宅に入ることができます。独身寮と世帯用の社宅がありますが、どちらも周辺の資料に比べたらかなり安いです。
中途入社 総合職 男性
中途入社 総合職 男性
福利厚生に関しては、公務員を引き継ぎ素晴らしいです。
中途入社 特定局 男性
中途入社 特定局 男性
賞与以外に顧客満足手当が支給されます。独身寮、家族寮が豊富にあり、激安な家賃負担で入ることが可能です。

日本郵政の総合転職難易度

様々な情報から、Careerbookが調査した上場企業3000社の中での相対的な日本郵政への転職難易度を総合的に評価したところ、転職難易度は「A:難易度はかなり高め」になりました。

企業人気度 人気企業
中途採用について 勤続年数はかなり長めで、中途採用文化は少なめ
競争率について 上場企業の中でも高年収で、難易度は高い
総合難易度 A:難易度はかなり高め

あくまでもこれは会社全体としての傾向です。職種やポジションによって実際は異なりますし、どのような経験を持った人材を採用しているかは、その時々で常に変化しています。
転職サービスを利用して情報収集を欠かさず行い、タイミングをつかんでより良い転職ができるようにしましょう。

業界別難易度ランキング

順位 会社名
1位 三井住友トラスト・ホールディングス
2位 三菱UFJフィナンシャル・グループ
3位 三井住友フィナンシャルグループ
4位 西日本フィナンシャルホールディングス
5位 新生銀行
6位 日本郵政
7位 清水銀行
8位 コンコルディア・フィナンシャルグループ
9位 じもとホールディングス
10位 四国銀行
11位 大分銀行
・・・・・・・・
75位 セブン銀行

銀行・信金業界では転職難易度は第6位

銀行・信金業界の企業内での日本郵政の年収ランキングは第6位です。
銀行・信金業界の年収第1位は三井住友トラスト・ホールディングス、第2位は三菱UFJフィナンシャル・グループ、第3位は三井住友フィナンシャルグループとなっています。

このランキングは、人気度や最近の採用の傾向。平均年収から算出する競争率などから総合的にCareerbooks独自で作成したものです。精度は向上するように務めておりますが、一部企業は情報不足により不確かな状態です。あくまで参考値としてご理解ください。

日本郵政の転職ニュース

日本郵政の転職ニュース

... 日本郵政グループの日本郵便は郵便局で配達や集荷などに当たる正社員を中途採用する方針だ。9月にも関東、東海、近畿、中国の4地域で合計300人程度を採る。...
...日本郵便の親会社、日本郵政の長門正貢社長は7月を乗り切る人手を「ほぼ確保できた」とする。通常のスタッフや外部委託に加え約1カ月の短期アルバイトを雇う。派遣社員の補充も前年より増やして仕分けや配達にあたる。 ...

日本郵政の職種別転職情報

事業構造

事業部 事業概要
逓信病院 逓信省の職域病院として開設後、日本郵政グループの企業立病院としてまた地域の皆様に医療を提供し健康に貢献。
宿泊施設 観光地に位置するかんぽの宿、会議室宴会場を備えたメルパルクを運営。
博物館・資料館 明治村内郵政資料館など貴重な郵政資料を展示。歴史を後世に伝える役割を担う。

日本郵政について

会社概要

社名 日本郵政
 本社所在地 東京都千代田区大手町2−3−1 大手町プレイス ウエストタワー
 代表者 長門 正貢
 資本金 3,500,000百万円
 売上 127750
 従業員 245922
業界 銀行・信金

業績情報

直近の年間売上高
12兆7750億円
従業員あたりの売上
5195万円
売上業界ランキング
1位/86社
3年間の売上変化率
95.86%

主要企業の売上高の推移


会社名 2000年度 2001年度 2002年度 2003年度 2004年度 2005年度 2006年度 2007年度 2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
りそなホールディングス -円 1兆3614.00億円 1兆2593.00億円 1兆1382.00億円 1兆766.00億円 1兆471.00億円 1兆1534.00億円 1兆1145.00億円 9793億円 8752億円 8599億円 8504億円 8322億円 8270億円 8613億円 8175億円 7580億円 7430億円 8608億円 -円
三菱UFJフィナンシャル・グループ -円 3兆2624.00億円 2兆7726.00億円 2兆5552.00億円 2兆6286.00億円 4兆2940.00億円 6兆941.00億円 6兆3940.00億円 5兆6775.00億円 5兆403.00億円 4兆5290.00億円 4兆9511.00億円 4兆7633.00億円 5兆1762.00億円 5兆6385.00億円 5兆7145.00億円 5兆9796.00億円 6兆681.00億円 6兆6975.00億円 -円
三井住友フィナンシャルグループ 3兆30.00億円 2兆7260.00億円 3兆5064.00億円 3兆5526.00億円 3兆5808.00億円 3兆7052.00億円 3兆9013.00億円 4兆6236.00億円 3兆5529.00億円 3兆1665.00億円 3兆8459.00億円 3兆9453.00億円 4兆3265.00億円 4兆6419.00億円 4兆8513.00億円 4兆7721.00億円 5兆1333.00億円 5兆7642.00億円 5兆7354.00億円 -円
みずほフィナンシャルグループ 5兆7570.00億円 5兆1822.00億円 3兆4360.00億円 3兆2007.00億円 3兆392.00億円 3兆5576.00億円 4兆997.00億円 4兆5236.00億円 3兆5145.00億円 2兆8177.00億円 2兆7168.00億円 2兆7157.00億円 2兆9131.00億円 2兆9278.00億円 3兆1803.00億円 3兆2153.00億円 3兆2929.00億円 3兆5612.00億円 3兆9257.00億円 -円

主要企業の平均年収の推移


会社名 2000年度 2001年度 2002年度 2003年度 2004年度 2005年度 2006年度 2007年度 2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
りそなホールディングス -万円 -万円 1039万円 1004万円 748万円 737万円 799万円 927万円 909万円 958万円 901万円 886万円 915万円 917万円 952万円 923万円 889万円 872万円 892万円 -万円
三菱UFJフィナンシャル・グループ -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 1113万円 1115万円 1141万円 1135万円 1085万円 1062万円 1054万円 1050万円 1047万円 1133万円 1066万円 1062万円 1068万円 -万円
三井住友フィナンシャルグループ -万円 -万円 -万円 1173万円 1119万円 1107万円 1148万円 1207万円 1337万円 1302万円 1295万円 1258万円 1222万円 1159万円 1265万円 1252万円 1273万円 1252万円 1188万円 1156万円
みずほフィナンシャルグループ -万円 1178万円 1209万円 1103万円 977万円 987万円 1003万円 1032万円 1067万円 1055万円 1006万円 995万円 971万円 930万円 932万円 948万円 970万円 991万円 987万円 912万円

関連記事

日本郵政の年収情報・業界ランキング
【2020最新】日本郵政の年収は?職種や年齢別の給与・ボーナス・評価制度などまとめ!有価証券報告書によると、日本郵政の平均年収は781万円。平均年齢は43.9歳。銀行・信金業界の年収ランキングは6位となっています。 また...
日本郵政の売上高・業績
【2019年最新】日本郵政の売上・業績を調査!四半期ごとの推移や、業界内のランキングを紹介!日本郵政の最新の売上高は12兆7750億円。業界内でのランキングは、第1位です。 今回は、日本郵政の売上や利益の業績情報を、競合企業との...

日本郵政の転職FAQ

公式サイトで公開されている、採用に関する質問と回答をまとめました。詳しくは公式サイトをご確認ください。

Q:求める人物像について教えてください。
A:求める人物像は、会社や採用区分によって異なる部分もありますが、共通しているのは、『「誠実」で、「情熱」と「高い志」を持ち、失敗を恐れず「チャレンジ」する人材』です。
Q:総合職と地域基幹職、エリア基幹職及び一般職の役割の違いについて教えてください。
A:総合職とは「主として、サービスや仕組みを自ら創り上げ、コントロールする仕事」、地域基幹職、エリア基幹職及び一般職は「主として、お客さまにサービスを提供する仕事」です。制度や組織を作ったり、関係各所と協力してあたらしいサービスを生み出していくのが、総合職の主な仕事です。具体的には、経営企画、商品企画・開発、営業企画・推進などのほか、フロントラインで勤務を行うこともあります。一方、お客さまに最も近いフロントラインに立ってサービスを提供していくのが、地域基幹職、エリア基幹職及び一般職の主な仕事です。郵便局や支店内における業務もあれば、お客さまのもとへお伺いしてサービスの提案や提供を行う業務もあります。
※詳細については、こちらをご覧ください。
※募集要項もあわせてご確認ください。
Q:応募に際して必要な資格・条件はありますか?
A:応募条件は、当サイト内の募集要項に掲載のとおりです。それ以外に必要な資格・条件はありません。
Q:各社や各職種(コース)の併願はそれぞれ可能ですか?
A:総合職はグループで募集を行い、選考を開始します。一定程度、選考が進んだ後、入社希望の会社ごとに選考を行い入社会社を決定します。
地域基幹職、エリア基幹職及び一般職は会社・エリア・職種(コース)別に募集・選考します。会社・職種(コース)の併願が可能です。
また、総合職と地域基幹職、エリア基幹職及び一般職の併願が可能です。
Q:地域基幹職、エリア基幹職及び一般職の応募エリアについて教えてください。
A:全国を13のエリアに分けています。
・北海道エリア(北海道)
・東北エリア(青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県)
・関東エリア(茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県)
・東京エリア(東京都)
・南関東エリア(神奈川県・山梨県)
・信越エリア(新潟県・長野県)
・北陸エリア(富山県・石川県・福井県)
・東海エリア(岐阜県・静岡県・愛知県・三重県)
・近畿エリア(滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県)
・中国エリア(鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県)
・四国エリア(徳島県・香川県・愛媛県・高知県)
・九州エリア(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県)
・沖縄エリア(沖縄県)
※ゆうちょ銀行のエリア基幹職は、関東・東京・南関東をまとめて首都圏エリアとして募集・選考します。
※日本郵便は、一般職の配属エリアを200以上に分けています。
※かんぽ生命は、一般職の応募エリアを仙台市、東京都特別区、岐阜市、京都市、福岡市の5つに分けています。
日本郵便とかんぽ生命の一般職の応募エリアは、募集要項に掲載のとおりです。
なお、日本郵便およびかんぽ生命の一部エリアでは、応募エリア外でも面接を受験いただけるよう、U・Iターン希望者向け面接を実施する予定でしたが、全ての面接においてWEBを活用した形式で実施することとしました。
Q:人事評価、人事ローテーションはどのようになっているのですか?
A:人事評価に関しては、社員の「業績」と「職務行動」による評価(自己評価、上司による評価)を行っています。結果は、昇給や昇進等に反映されます。
また、人事ローテーションに関しては、一人ひとりの能力と適性等に応じて異なります。さまざまな業務を経験し、知識や能力を高めていただく場合もあれば、専門分野でエキスパートとして活躍していただく場合もあります。
Q:研修制度について教えてください。
A:採用時の集合研修のほか、入社後はそれぞれの業務の分野に応じて必要なスキルを習得する研修や昇進に伴う研修に参加していただきます。また、自己啓発を目的とした通信教育制度もあります。
Q:出産・育児や介護のための制度や女性社員の働きやすさについて教えてください。
A:日本郵政グループでは、社員がそれぞれのライフステージに応じ多様な働き方の選択ができるよう、制度整備や職場風土づくりに取り組んでいます。育児や介護、病気と仕事との両立支援を目的とした法律を上回る休業制度や保育料等の補助制度など、ワーク・ライフ・バランスの実現を推進するための支援制度を活用しながら、男女問わず多くの社員が両立を実現しています。
出産・育児や介護のための制度としては、産前産後の休暇、育児休業(3歳まで。産後8週間以内であれば、男性社員も含め3日間の有給の育児休業を取得可能))、育児部分休業(9歳まで)、子の看護休暇、チャイルドプラン休暇(不妊治療のための休暇)、介護休業(通算183日まで)、介護部分休業(最大3年間)、介護休暇などがあります。そのほか、配偶者海外同行休職制度や、育児・介護、妊娠、出産、配偶者同行又はがん治療を理由として退職した場合の再採用制度もあります。
また、女性管理者割合の数値目標を設定し、女性が働きやすく働き甲斐があり働き続けられる環境整備を行っています。

日本郵便:10%以上、ゆうちょ銀行:14%以上、かんぽ生命保険:14%以上、日本郵政:11%以上
グループ各社の女性の活躍に関する状況についてはこちらをご覧ください。