転職ノウハウ

【2020最新】アウトソーシングへの転職を徹底分析。面接での質問や年収情報などからわかる転職難易度とは

この記事では、アウトソーシングへの転職を考えている人向けに、年収などの水準、採用傾向求人が豊富な最適な転職サービス面接対策、それらをもとに総合的に判断した転職難易度を紹介しています。

この記事は、IR情報、口コミサイト、業界担当のキャリアアドバイザーへのヒアリング情報をソースとし、Careerbooksが独自に算出した難易度をもとに作成しています。
転職ツール選び。間違えてませんか?10秒転職ツール診断

間違った転職ツール選びはキャリアの失敗につながります。6問の質問に答えるだけで、あなたにあった転職ツールをチェックしよう。

現在の転職意欲は?(1/6問)
次へ

アウトソーシングに転職成功する方法

転職エージェントで対策を万全に

転職エージェントは、その時々の各企業の採用状況から、どのような企業にどのような人が採用されやすいかまで、詳しいデータを保有しています。また、アウトソーシングのような企業は重要なポジションは転職エージェントにしか扱えない非公開求人で採用していることも多いため、そういう意味でもエージェントの利用はマストです。まずは無料の求人紹介を受けてみて、求人状況や採用傾向を確認してみましょう

  • 地方に強い
  • 求人数No1
  • 大手に強い

求人数ダントツNo1。全ての人におすすめ

全国で求人数が圧倒的に多く、多くの転職者がまず使うサービス。大企業にも強く、キャリアブックが調査した上場企業3000社のうち、直近1年で半数近くの企業の求人を掲載している。

企業名 掲載職種
株式会社アウトソーシング ・その他
・経理/財務/人事
・その他
メイテック ・ソリューション営業
・その他

リクルートに無料登録

アウトソーシングの基本情報

転職先の組織や事業状態を把握しておくことは非常に重要です。転職・求人の情報の前に、まずはIR情報から、アウトソーシングの売上規模や年収情報をご説明します。

会社規模

順位 会社名 売上高
1位 パーソルホールディングス 9258億円
2位 パソナグループ 3270億円
3位 アウトソーシング 3113億円
4位 ニチイ学館 2879億円
5位 テクノプロ・ホールディングス 1442億円
6位 ワールドホールディングス 1429億円

売上は業界で第3位

人材サービス業界の企業内でのアウトソーシングの売上ランキングの順位は第3位です。

年収情報

平均年収
343万円
平均年齢
39.2歳
全体ランキング
3307位/3400社
業界内ランキング
45位/46社

年収と勤続年数の傾向



年収は下位30%の水準

全国の上場企業約3000社を対象にした平均年収の調査において、アウトソーシングの平均年収343万円は、下位30%の水準です。また全国3000社の上場企業の平均年収の中央値は650万円前後となっています。

勤続年数は平均より短め

アウトソーシングの平均勤続年数2.4年は、全国の上場企業約3000社を対象にした平均年収の調査において、平均より短めとなっています。また全国3000社の上場企業の勤続年数の中央値は11年前後です。

失敗しないための転職ツール診断

間違った転職ツール選びはキャリアの失敗につながります。6問の質問に答えるだけで、あなたにあった転職サイトをチェックしよう。

10秒診断スタート

アウトソーシングの面接情報

面接・選考の流れ

STEP1
書類選考(SPI/適正診断)
アウトソーシングへの転職では、まず書類選考が実施されます。これまでの職歴や志望動機など、内容は基本通りのものになりますが、第二新卒の場合、簡単な適正診断等がおこなれる可能性はあります。
STEP2
面接(2~4回)
書類選考に通過すると次は面接です。人事面接→現場社員面接→役員面接と、基本的には複数回に渡って面接が行われるようですが、ポジションによっても変化すると思われます。(人事面接が最後のパターンもあります)
STEP3
内定・入社
面接を通過すれば内定が出ます。その後、条件などの入社交渉を行ないます

面接の口コミ

キャリコネより、アウトソーシングの選考関連の口コミを一部ご紹介します。口コミが気になる方は、詳しくはキャリコネをご参考ください。

部署:R&D
役職:テストエンジニア

.

回答
どんな会社の面接でも聞かれるような型どおりの質問しかなく、事前準備を必要とするような困るような質問はなかった。

部署:R&D事業部
役職:機械設計

あなたの仕事における価値感はどんなものですか?

回答
自分にとって仕事の価値観として大切にしているのは、自分で仕事の価値を高めること。言われたことだけではなく先手を打った対応や行動をしていくことで自分の仕事の価値が上がると考えています。

部署:技術営業
役職:研究開発

今までの経験で自分のためになっているもの

回答
とりあえず仕事での経験を話しました。内容としてはありきたりですが
一番つらかった仕事での問題を話し、それをクリアしたとつなげ、自分の自陣に繋がったともっていった。

部署:R&D事業本部
役職:法人営業

なぜ人材派遣を希望するか

回答
これまでの経験があるtoCを生かしながら、法人営業にチャレンジでき、どちらも伸ばしていけると感じたから。

部署:ソリューション二部
役職:ネットワークエンジニア

将来的に地元に帰る予定はありますか。

回答
ずっと東京で働きたいと回答しました。質問の背景として、地方にも支社があるためそこに転勤することも可能だと伝えたかったようです。

部署:派遣技術者
役職:建築・設備関連職

技術者としてやりたいこと

回答
キャリアを積み上げ、技術者として成長したい。また、御社の資格取得支援制度を活用し、様々な資格に挑戦したい。

キャリコネはこちら

アウトソーシングの環境・社風・成長・残業

アウトソーシングの環境・社風・成長・残業に関する情報を、OpenWorksやキャリコネなどの口コミサイトからまとめました。

環境 福利厚生に関しては手当が多少あり最低限はついている。
社風 トップダウンの方針でやる気次第でチャレンジできる。
成長 実務による成長はできるが会社として研修などはほとんどない。
残業 業務によって大きく違く採用や労務管理はワークバランスの確立ができない。

福利厚生について

福利厚生に関しては最低限ついている

福利厚生は家賃補助・残業手当・技能手当・傷病手当・各種保険といった最低限がついているとのことです。また賞与に関しては査定基準が明確ではないといった意見も出ています。

社風について

トップダウンの組織構造

トップダウンの方針であるとのことです。また言っていることはコロコロ変わり、理不尽があるとのいけんがでています。反面、やる気次第で新しいプロジェクトでも新卒でかかわれる社風とのことです。

成長環境について

実務による成長機会が多い

やる気次第では勤続年数に関係なくかかわれるため、実務での成長はあるとのことです。しかし会社が研修を用意していない・フォローアップ体制もできていないことから自己研鑽をつめないと厳しいとの意見もあります。

残業について

一部は残業や有給休暇の消化がしやすい

営業においては残業は少なく有給休暇は申請がしやすいため、旅行にも行けるとの意見があります。しかし採用や労務管理は昼夜・土日かかわらず電話がなり、対応が求められるため、ワークバランスの確立はできないとの意見も多数あります。

その他福利厚生や諸手当、休暇について

アウトソーシングの福利厚生や休暇などの情報をまとめました。

諸手当 役職手当・職務手当・職能手当・調整手当・
認定手当・家族手当・単身赴任手当 他
休日・休暇 年間休日120日以上
週休2日制(土・日・祝祭日)夏季・年末年始
福利厚生 保険:雇用・労災・健康・厚生年金
制度:産休・育休・介護・労働組合・持株会・退職金・借上社宅制度(家賃の50~60%会社負担、上限有)
勤務時間 フレックスタイム制度有
(コアタイム 10:00~15:00)
※現場研修中は異なる

参考サイト

転職ツール選び。間違えてませんか?10秒転職ツール診断

間違った転職ツール選びはキャリアの失敗につながります。6問の質問に答えるだけで、あなたにあった転職ツールをチェックしよう。

現在の転職意欲は?(1/6問)
次へ

アウトソーシングに転職成功する方法

転職エージェントで対策を万全に

転職エージェントは、その時々の各企業の採用状況から、どのような企業にどのような人が採用されやすいかまで、詳しいデータを保有しています。また、アウトソーシングのような企業は重要なポジションは転職エージェントにしか扱えない非公開求人で採用していることも多いため、そういう意味でもエージェントの利用はマストです。まずは無料の求人紹介を受けてみて、求人状況や採用傾向を確認してみましょう

  • 地方に強い
  • 求人数No1
  • 大手に強い

求人数ダントツNo1。全ての人におすすめ

全国で求人数が圧倒的に多く、多くの転職者がまず使うサービス。大企業にも強く、キャリアブックが調査した上場企業3000社のうち、直近1年で半数近くの企業の求人を掲載している。

企業名 掲載職種
株式会社アウトソーシング ・その他
・経理/財務/人事
・その他
メイテック ・ソリューション営業
・その他

リクルートに無料登録

アウトソーシングの総合転職難易度

様々な情報から、Careerbookが調査した上場企業3000社の中での相対的なアウトソーシングへの転職難易度を総合的に評価したところ、転職難易度は「C:難易度は一般的」になりました。

企業人気度 人気企業
中途採用について 勤続年数は短めで、中途採用も活発
競争率について 同業の中では年収は低め。難易度は一般的
総合難易度 C:難易度は一般的

あくまでもこれは会社全体としての傾向です。職種やポジションによって実際は異なりますし、どのような経験を持った人材を採用しているかは、その時々で常に変化しています。
転職サービスを利用して情報収集を欠かさず行い、タイミングをつかんでより良い転職ができるようにしましょう。

業界別難易度ランキング

順位 会社名
1位 パソナグループ
2位 クイック
3位 学情
4位 メイテック
5位 テクノプロ・ホールディングス
6位 夢真ホールディングス
・・・・・・・・
24位 エスクロー・エージェント・ジャパン
25位 パーソルホールディングス
26位 トラスト・テック
27位 KG情報
28位 インターワークス
29位 アウトソーシング
30位 ピーエイ
31位 ニチイ学館
32位 クロップス
33位 アビスト
34位 エスプール
・・・・・・・・
46位 キャリアリンク

人材サービス業界では転職難易度は第29位

人材サービス業界の企業内でのアウトソーシングの年収ランキングは第29位です。
人材サービス業界の年収第1位はパソナグループ、第2位はクイック、第3位は学情となっています。

このランキングは、人気度や最近の採用の傾向。平均年収から算出する競争率などから総合的にCareerbooks独自で作成したものです。精度は向上するように務めておりますが、一部企業は情報不足により不確かな状態です。あくまで参考値としてご理解ください。

キャリアアドバイザーによる人材サービスへの転職の解説

採用傾向

採用数はとても多い

人材業界の採用数は非常に多く、中途採用も活発です。理由としては営業やキャリアアドバイザーなど、人による仲介を主な価値とするため、組織の人数が多いこと、勤続年数が比較的短く、5~10年で転職するため、人材の流動性が高いためです。

あらゆる会社での経験が生かせる

採用はあらゆる組織で行われており、人材業界の顧客対象はすべての会社です。社会で働いている以上、組織や採用に全く関わっていない人はおらず、また、どんな業界にいても、その業界の組織や人材に関する知見を持っているので、その業界に対する人材サービスの提供に生かすことができます。

転職について

業界未経験での転職が活発

前述の通り、人材業界では未経験からの採用が活発です。基本的にそれなりの会社でしっかりと働いていた経験があり、人材業界でしっかりやっていけそうなメンタルがある方であれば、十分にチャンスはあると思います。

特に営業は採用数が多い

人材業界の営業は特に未経験での採用が多いです。ただ、直販代理店営業比率、新規営業のアプローチ方法(インサイドセールスの有無)など会社によっても営業体制・カルチャーの特徴があり、自分にフィットする営業組織を見つけるのが重要だと思います。

例えばリクルートなどは非正規雇用での営業採用なども行っており、そちらの選考を案内されることもありますが、そういう働き方を希望しない場合、あまり大手に拘らずに、少し会社のランクをおとして正社員として経験を積み、再度チャレンジしても良いと思います。

人材企業間でのスライド転職も多い

人材業界の特徴として、大手企業間での転職も多いことが挙げられます。転職理由としては、条件面ではなく、人材の中でもこういう仕事がしたい。でも今の会社だとなかなか取り組めないから、他社の求人に応募して、転職。というパターンが多い印象です。人材企業は基盤ビジネス以外にも様々な事業を展開しているため、職種にもよりますが、希望通りの部署に配属さえないケースもあるということですね。

どういう人に向いているか

人に興味がある人

人材業界に転職されるは、仕事の中で「人」に関りたいと思っていたり、人に貢献したいという思いを持っている方が多い印象を受けます。逆に人や組織に興味が持てない人は、人材業界の商材を深く理解することが難しいため、あまりむていないかもしれません。

とにかく営業力をつけたい

これまで、人材業界はリクルートを中心に強い営業力を持った企業が勝利してきた歴史があります。そのため高い営業ノウハウ・プロセスを持った組織が多く、営業人材としても高いレベルの人材が集まっています。新しい採用プランを提案する部署の場合、顧客の担当者は社長や重要ポジションであることが多く、重役ポジションへの営業のノウハウ構築にも最適です。

選考について

選考は一般的な内容

人材業界の選考は、基本的な内容になります。書類選考と2、3回の面接で行われ、現場の責任者と人事と話すことになると思います。

エージェントが会社に詳しい可能性が高い

人材業界に関しては、どんなエージェントも同じ業界の会社なので、ある程度事情や特徴を把握している可能性が高いです。事前準備としては、エージェント経由であればできるだけ詳しくその会社の事情を聞いて置きましょう。

アウトソーシングの転職ニュース

アウトソーシングの転職ニュース

…アウトソーシングや請負型システム構築もてこ入れ。事業拡大へ新卒や中途採用の積極化など人件費が増す。…
…【実質増収、採用増やす】主力のアウトソーシング事業では自動車関係など顧客メーカーからの技術者ニーズが堅調。稼働率は高い水準を維持。実質的に増収へ。…
…データ分析を外注する企業は増えており、高付加価値なアウトソーシング事業を拡大する。 …

関連企業の転職ニュース

… 技術者派遣のメイテックは9月1日から、地域限定社員制度を導入する。第1弾として子会社のメイテックフィルダーズの中途採用で始める。まずは九州地域だけで働ける社員を採用し、需要があれば他の地域への展開も視野に入れる。…
…【採用方針】技術者の量より質を重視し、メイテック単独の中途採用を期初計画比30人抑制。…
…ここはメイテック最大の研修施設。年間約1000人の社員が技術力を磨く。 メイテックは全国に複数ある研修施設で技術者を育成し、メーカーなどに派遣する。研修では主にベテラン社員が講師となり技術を伝授する。…
…大手の2017年度の中途採用はテクノプロが前年度比32%増の2737人、メイテックが1.5倍の442人に上るが、なお「人が足りず仕事を断っている」。背景には技術の急速な進化がある。 …
…中途採用も増やし、派遣技術者の陣容を強化図る。…
…競争が激しい中途採用で計画通りの採用数を確保できるかが、来期に向けた成長のカギ。…
…新卒採用や中途採用の増加で粗利益率が悪化。紹介事業の関連費用など販管費も膨らむ。営業利益は横ばい。税金費用の増加で最終減益。…

アウトソーシングの職種別転職情報

事業構造

事業部 事業概要
プロフィットシェアリング 顧客との共存共栄関係を築き、最大の武器である労務人事管理で顧客利益の最大化を図る
労務管理 製造業に対し経験豊富な人材を管理者として配置し、生産体制の構築から管理運営まで一貫した人材開発を提供
人材採用・教育 クオリティを重視した人材採用、スキルアップを実現する教育体制を整え、人材育成で企業をサポート
PEOサービス 生産サイクルに合わせ、フレキシブルに熟練人材を投入、コストパフォーマンスの最適化を実現

職種紹介

法人営業

業務内容

求人広告や新卒採用支援、中途採用の人材紹介、人材派遣など人材を必要としている企業に対して、採用活動における課題解決のための営業活動を行います。既存顧客への追加提案やフォローを行いながら、飛び込みやテレアポ等での新規顧客開拓も行います。

必要なスキル・資格

法人営業の経験や、人事部での業務経験・採用担当経験など事業会社での人材周りの経験・スキルがあれば活かすことができます。様々な業種・職種を取り扱うため、業界知識を持っていると役立ちます。顧客や転職を考えている求職者、派遣スタッフ等とのコミュニケーション能力も求められます。

キャリアコンサルタント

業務内容

企業と求職者の仲介役となり、採用活動・転職活動の支援を行います。企業に対しての新規開拓営業、求める人材のヒアリング・提案、求人票の作成、求職者に対してのキャリアカウンセリングやレジュメのブラッシュアップ、面接対策などが一般的な業務内容です。企業対応と求職者対応を分ける分業型と、企業対応と求職者対応をともに行う一気通貫型があります。

必要なスキル・資格

取引先の企業や求職者とのやり取りが多いため、コミュニケーション能力が求められます。国家資格である「キャリアコンサルタント」や、「キャリアコンサルティング技能士」資格を保有していると役に立ちます。

求人ライター・ディレクター

業務内容

新卒や中途、アルバイト・パートなど求人に関連する原稿の作成を行います。企業担当者(営業)から、採用したい人材像や採用における課題などの共有を受け、採用ニーズを把握した上で原稿の作成を行います。営業に同行して取材を行うこともあります。取り扱う媒体は、Webやフリーペーパー・新聞折り込みなど様々です。

必要なスキル・資格

基本的なPCスキルやタイピング能力に加え、オフィスソフト(Word・Excel)の使用経験が求められることがあります。Webデザインの経験や、Illustrator・Photoshopの使用経験が役立つこともあります。

アウトソーシングについて

会社概要

社名 アウトソーシング
 本社所在地 東京都千代田区丸の内1−8−3 丸の内トラストタワー本館 [主要事業所]
 代表者 土井 春彦 [役員]
 資本金 483百万円
 売上 3113
 従業員 80594
業界 人材サービス

業績情報

直近の年間売上高
3113億円
従業員あたりの売上
386万円
売上業界ランキング
3位/51社
3年間の売上変化率
135.25%

主要企業の売上高の推移


会社名 2000年度 2001年度 2002年度 2003年度 2004年度 2005年度 2006年度 2007年度 2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
リクルートホールディングス -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円 7527億円 8067億円 1兆493.00億円 1兆1916.00億円 1兆3000.00億円 1兆5887.00億円 1兆8400.00億円 2兆1734.00億円 -円
パソナグループ -円 -円 -円 -円 -円 -円 2039億円 2313億円 2370億円 2187億円 1836億円 1789億円 1815億円 2077億円 2087億円 2263億円 2638億円 2804億円 3115億円 -円
パーソルホールディングス -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円 2451億円 2247億円 2253億円 2332億円 2473億円 3625億円 4011億円 5176億円 5920億円 7222億円 9259億円
ニチイ学館 -円 -円 1424億円 1713億円 1900億円 2016億円 2063億円 2026億円 1998億円 2137億円 2354億円 2409億円 2574億円 2672億円 2715億円 2719億円 2736億円 2767億円 2838億円 2879億円

主要企業の平均年収の推移


会社名 2000年度 2001年度 2002年度 2003年度 2004年度 2005年度 2006年度 2007年度 2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
リクルートホールディングス -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 966万円 904万円 872万円 958万円 962万円
パソナグループ -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 610万円 574万円 510万円 505万円 526万円 526万円 513万円 549万円 553万円 586万円 -万円 -万円
パーソルホールディングス -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 685万円 708万円 737万円 758万円 755万円 -万円 704万円 659万円 657万円 638万円 -万円
ニチイ学館 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 341万円 330万円 329万円 314万円 291万円 292万円 295万円 350万円 340万円 339万円 341万円 351万円 394万円 404万円

関連記事

アウトソーシングの年収情報・業界ランキング
【2020最新】アウトソーシングの年収は?職種や年齢別の給与・ボーナス・評価制度などまとめ!有価証券報告書によると、アウトソーシングの平均年収は343万円。平均年齢は39.2歳。人材サービス業界の年収ランキングは44位となってい...
アウトソーシングの売上高・業績
【2019年最新】アウトソーシングの売上・業績を調査!四半期ごとの推移や、業界内のランキングを紹介!アウトソーシングの最新の売上高は3113億円。業界内でのランキングは、第3位です。 今回は、アウトソーシングの売上や利益の業績情報を、競...