転職ノウハウ

【2020最新】東京精密への転職を徹底分析。面接での質問や年収情報などからわかる転職難易度とは

この記事では、東京精密への転職を考えている人向けに、年収などの水準、採用傾向求人が豊富な最適な転職サービス面接対策、それらをもとに総合的に判断した転職難易度を紹介しています。

この記事は、IR情報、口コミサイト、業界担当のキャリアアドバイザーへのヒアリング情報をソースとし、Careerbooksが独自に算出した難易度をもとに作成しています。
転職ツール選び。間違えてませんか?10秒転職ツール診断

間違った転職ツール選びはキャリアの失敗につながります。6問の質問に答えるだけで、あなたにあった転職ツールをチェックしよう。

現在の転職意欲は?(1/6問)
次へ

東京精密に転職成功する方法

転職エージェントで対策を万全に

転職エージェントは、非公開求人や、その時々の各企業の採用状況から、どのような企業にどのような人が採用されやすいかまで、詳しいデータを保有しています。そういう意味でもエージェントの利用はマストです。まずは無料の転職相談を受けてみて、直接疑問点を確認してみましょう

情報収集段階はスカウトサービスで

転職エージェントの利用がまだ早いと感じる方は、スカウトサービスを利用しましょう。スカウトサービスなら具体的な求人検索に加え、待っているだけで企業や転職エージェントからスカウトが届きます。スカウトは、興味があるものがあれば話だけでも聞いてみることできます。面談の練習などにもとてもおすすめです。

  • 転職サポート力
  • メーカー
  • エンジニア

メーカー系エンジニア特化のエージェント

マイナビが提供する、電気系メーカー、自動車、半導体業界のエンジニアに特化したエージェント。大手らしく豊富な求人数に加え、業界に詳しい担当者からサポートを受けられる。

[jobslist]

マイナビものづくりに無料登録

東京精密の基本情報

転職先の組織や事業状態を把握しておくことは非常に重要です。転職・求人の情報の前に、まずはIR情報から、東京精密の売上規模や年収情報をご説明します。

会社規模

順位 会社名 売上高
1位 日立製作所 9兆4806億円
2位 ソニー 8兆6657億円
3位 パナソニック 8兆27億円
4位 三菱電機 4兆5199億円
5位 三菱重工業 4兆783億円
6位 富士通 3兆9524億円
・・・・・・・・
151位 富士通フロンテック 1023億円
152位 東京精密 1015億円
153位 日本電計 1006億円

売上は業界で第152位

総合電機・電子・機械関連業界の企業内での東京精密の売上ランキングの順位は第152位です。

年収情報

平均年収
715万円
平均年齢
40.4歳
全体ランキング
702位/3400社
業界内ランキング
123位/493社

年収と勤続年数の傾向



年収は上位30%の高水準

全国の上場企業約3000社を対象にした平均年収の調査において、東京精密の平均年収715万円は、上位30%の高水準です。また全国3000社の上場企業の平均年収の中央値は650万円前後となっています。

勤続年数は平均的な水準

東京精密の平均勤続年数11.6年は、全国の上場企業約3000社を対象にした平均年収の調査において、平均的な水準となっています。また全国3000社の上場企業の勤続年数の中央値は11年前後です。

失敗しないための転職ツール診断

間違った転職ツール選びはキャリアの失敗につながります。6問の質問に答えるだけで、あなたにあった転職サイトをチェックしよう。

10秒診断スタート

東京精密の面接情報

面接・選考の流れ

STEP1
書類選考(SPI/適正診断)
東京精密への転職では、まず書類選考が実施されます。これまでの職歴や志望動機など、内容は基本通りのものになりますが、第二新卒の場合、簡単な適正診断等がおこなれる可能性はあります。
STEP2
面接(2~4回)
書類選考に通過すると次は面接です。人事面接→現場社員面接→役員面接と、基本的には複数回に渡って面接が行われるようですが、ポジションによっても変化すると思われます。(人事面接が最後のパターンもあります)
STEP3
内定・入社
面接を通過すれば内定が出ます。その後、条件などの入社交渉を行ないます

東京精密に転職成功する方法

転職エージェントで対策を万全に

転職エージェントは、その時々の各企業の採用状況から、どのような企業にどのような人が採用されやすいかまで、詳しいデータを保有しています。また、東京精密のような企業は重要なポジションは転職エージェントにしか扱えない非公開求人で採用していることも多いため、そういう意味でもエージェントの利用はマストです。まずは無料の求人紹介を受けてみて、求人状況や採用傾向を確認してみましょう

  • 転職サポート力
  • メーカー
  • エンジニア

メーカー系エンジニア特化のエージェント

マイナビが提供する、電気系メーカー、自動車、半導体業界のエンジニアに特化したエージェント。大手らしく豊富な求人数に加え、業界に詳しい担当者からサポートを受けられる。

[jobslist]

マイナビものづくりに無料登録

転職ツール選び。間違えてませんか?10秒転職ツール診断

間違った転職ツール選びはキャリアの失敗につながります。6問の質問に答えるだけで、あなたにあった転職ツールをチェックしよう。

現在の転職意欲は?(1/6問)
次へ

東京精密の総合転職難易度

様々な情報から、Careerbookが調査した上場企業3000社の中での相対的な東京精密への転職難易度を総合的に評価したところ、転職難易度は「B:難易度は高め」になりました。

企業人気度 人気企業
業界特性 業界全体としては、採用枠も多く難易度は並。ただし大手は日本を代表するトップ企業のため、ある程度以上のポジションでの入社難易度は高い。専門性が求められるので、業界経験は必須。
中途採用について 勤続年数は短めで、中途採用も活発
競争率について 上場企業の中でも高年収で、難易度は高い
総合難易度 B:難易度は高め

あくまでもこれは会社全体としての傾向です。職種やポジションによって実際は異なりますし、どのような経験を持った人材を採用しているかは、その時々で常に変化しています。
転職サービスを利用して情報収集を欠かさず行い、タイミングをつかんでより良い転職ができるようにしましょう。

業界別難易度ランキング

順位 会社名
1位 キーエンス
2位 ジャパンディスプレイ
3位 東芝
4位 ソニー
5位 日立製作所
6位 キャノン
・・・・・・・・
142位 東光高岳
143位 アビックス
144位 セック
145位 芝浦電子
146位 岩崎電気
147位 東京精密
148位 日精エー・エス・ビー機械
149位 巴工業
150位 タクマ
151位 オーバル
152位 原田工業
・・・・・・・・
474位 マイスターエンジニアリング

総合電機・電子・機械関連業界では転職難易度は第147位

総合電機・電子・機械関連業界の企業内での東京精密の年収ランキングは第147位です。
総合電機・電子・機械関連業界の年収第1位はキーエンス、第2位はジャパンディスプレイ、第3位は東芝となっています。

このランキングは、人気度や最近の採用の傾向。平均年収から算出する競争率などから総合的にCareerbooks独自で作成したものです。精度は向上するように務めておりますが、一部企業は情報不足により不確かな状態です。あくまで参考値としてご理解ください。

キャリアアドバイザーによる総合電機・電子・機械関連への転職の解説

採用傾向

業界が大きいため、全体としての採用数はかなりの数があります。大きく総合職(文系職)と技術職に分かれますが、メーカーは調達や生産管理、品質管理など、技術職以外の専門職も多彩にあり、勤務地も全国にあるため、求人数は豊富にあります。

日本的な企業が多く技術的に他社から秘匿したい領域もあるため、勤続年数が基本的に長く、新卒主義で中途採用に積極的でない側面もありましたが、近年は徐々に中途採用の比率を上げており、採用人数も増加傾向にあります。ただし、生産工程の理解など、ある程度経験しないと身につかない技能を必要とする物が多く、専門性のある職種は中途で未経験の採用はほんとんどありません。

総合電機・メーカーの職種

研究開発 事業発展のための研究開発を行う
設計開発 進化する技術を製品に反映していく
SE コンピュータシステムを設計、構築を行う
資材調達 資材購入、外注管理、資材管理などの調達業務を行う
生産管理 最適な生産規模を見極める
生産技術 生産量の拡大、生産効率の工場を技術面から実現
品質保証 製品精算やシステム構築の最終チェックを担う
営業 日立の総合力を生かした営業を行う
人事総務 組織のマネジメントを行う
経理財務 財務管理を行う
法務 法律に価格ぁる業務をを行う
知的財産マネジメント 特許権、実用新案権、意匠権、プログラムの著作権などの知的財産を保全する
企画 社内外の研究機関と連携して、市場や顧客ニーズを分析

転職難易度

ポジション・採用数が多いこともあり、転職エージェントを中心に幅広いチャネルで採用を行っているため、気軽にアクセスできますが、ソニーやパナソニック、日立製作所などのトップ企業の本社の選考難易度は非常に高いです。

それらの企業似興味のある人は、エージェントとやり取りをしてしっかり面接対策を行いながら、挑戦することをおすすめします。

総合職

総合電機・メーカー業界は総合職の中でも、営業や企画(マーケティング)の他に、調達、生産管理、製品開発などの専門性の高い職種があります。営業や事業企画などは第二新卒であれば業界未経験での採用もありますが、調達・生産管理などは基本的に経験者の採用になります。ただし自動車業界など、機械系の生産・開発に携わっていたキャリアであれば十分に対象になります。

海外経験や、総合電機ならではの規模が魅力

総合転機メーカーのしごとの魅力は2点あります。1店目は海外事業を展開している企業が多いため、若いうちから海外での事業経験を積むチャンスがあること。2点目は企業規模が大きく、数少ない企業でしか経験できないシステム構築や事業管理経験を積めることです。この2点を経験している0~30代中盤の方の転職市場での価値は非常に高く、総合商社やコンサルへの転職に成功される方も少なくありません。

技術職

求人はかなり細分化されているため、技術ベースで合致する人材のみの採用が基本です。求人は各媒体に判断しきれないほどの量があるため、パッと自分に最適な求人が公開されてなくても、大手の転職エージェントにアクセスすれば適切な求人が見つかることもあります。

総合電機・メーカーへの転職

基本的に業界経験・職種経験がないと転職が難しいため、基本的には業界内での転職が多いです。軸としては、企業ランクを上げるか、職位を上げる転職を狙う方が多く、プロジェクトベースでより自身のやりたい仕事に取り組める会社に転職する方もいます。

年収

パナソニックが750万円。ソニーが1050万円、日立製作所が894万円と、トップ企業の平均年収は高く、上場企業の平均が650万円ですが、業界全体としては、一般的な水準です。平均年齢は40歳を超える企業が殆どで、これまでの終身雇用型の組織形態が反映されています。

昇給も年次に依存しており、30代前半まではほぼ横並びのところが多く、係長クラスまでは一定の人が達しますが、そこから課長・部長クラスになれる人は限られてきます。トップ企業であれば、係長クラスで600万~800万円、課長・部長クラスは1000万円~の水準になることが相場です。

SIerについてはこちら

2000年にはいって海外メーカーに消費者向け領域を奪われ、各社が法人向けソリューションに軸足を移す中で、富士通などを筆頭に、総合電機メーカー内でのSIer事業の比率が高くなっています。SIer業界の転職傾向についてはこちらの記事をご参考ください。
Sier業界の転職事情に関しては、こちらをご参考ください。

キャリアアドバイザーが語るSIer・システム開発業界の転職事情SIer業界担当のキャリアアドバイザーに、SIer業界の状況や、転職事情に関して話を伺いました。 SIerについて まず、簡単に...

東京精密の転職ニュース

関連企業の転職ニュース

… 日立製作所は2021年度に入社する新卒者の採用で、デジタル人材の専用コースを新たに設ける。…
… 社員が自分の知人らを紹介する「リファラル(紹介)採用」が日立製作所や…
…ニコンは同日、秋の入社式を初めて開き、海外大学卒業者と中途採用の計50人が出席した。 1990年代から通年採用を行う日立製作所も同日、初めて秋の入社式を開催した。…
… FA(ファクトリー・オートメーション)機器大手のキーエンスは2015年春までに全社員の1割に相当する400人を中途で採用する。対象は海外営業職で、国内で採用して、ほぼ全員を世界各地の販売拠点に配属する。…
… パナソニックは2018年度までに自動車関連事業の従業員を3割増やす。社内の配置転換や中途採用により約1万3000人にする。同社は自動車関連事業の売上高を18年度に15年度比で5割増にあたる2兆円にする計画を掲げる。…
… パナソニックは2017年春をめどに永年勤続制度を見直す。勤続30年の社員に現金で支給している20万円の手当を廃止、一定の年齢になると福利厚生に使えるポイント制度に切り替える。勤続年数に応じた休暇制度もやめる。中途採用者など幅広い人材の働きに応える人事制度をめざす。 …
… パナソニックは高齢者の介護サービスに携わる従業員の数を2018年度末までに現在の10倍の2万人に増やす。新卒・中途を問わずに採用。短時間勤務制度などを整備して人員を確保する。国内の民間介護サービス・製品の市場規模は、20年に14年比7割増の2.8兆円になる見通し。…

職種紹介

法人営業

業務内容

メーカーの自社製品の販売を担当します。メーカーの営業には主に2種類あり、ルート営業と新規営業があります。ルート営業は決まった取引先との関係維持と定期的な商品の納入、新規営業は新しい取引の開拓を行ないます。どの企業にも必要な一般的な職種のため、第二新卒の年次であれば業界未経験からの転職も多く、キャリアパスとしては営業部マネージャーになることが一般的です。

必要なスキル・資格

顧客と直接やり取りする仕事のため、コミュニケーション能力が必要です。ルート営業と新規営業で必要な能力は異なり、ルート営業は継続的な関係構築のための円滑で丁寧なコミュニケーションが必要とされますが、新規営業はアグレッシブさが求められます。

研究開発・製品企画

業務内容

メーカーの研究開発では、基礎研究の成果を基に技術や製品へと結びつける研究を行い、研究内容を基に製品の開発や改良を行います。製品開発では、ユーザーが使用する最終的な製品づくりを行う工程を担っています。

必要なスキル・資格

開発にかかるコストや時間などを考えて行動することができる経営的な視点や、アクシデント発生時に適宜対処できる危機管理能力・進行管理能力が必要です。開発職に必ずしも必要な資格はありませんが、国家試験となる基本情報技術者試験(FE)や応用情報技術試験(AP)は関連資格として、持っていると役立つ可能性があります。

回路設計

業務内容

パソコンなどの電子機器や家電・自動車など、身の回りにある機器に組み込まれている回路の設計を行います。回路にはデジタル信号を扱うデジタル回路とアナログ信号を扱うアナログ回路の2種類がありいずれかに特化した知識が必要となりますが、デジタル回路の安定的な動作をアナログ回路が担っているため、両方の知識が必要になります。

必要なスキル・資格

回路設計の業務は回路理論や電子回路、電磁気学、CAD、制御工学の基礎的な知見が必要です。さらにデジタル回路・アナログ回路の知識・技術・実務経験に加え、各種計測やシミュレーション、工学的なアプローチの知識を持ち実務に活かすことで自らの設計思想をベースにした回路設計を行うことができます。

生産技術

業務内容

より沢山の製品を作り出す方法を考え、適性な人員配置を行う生産性向上の設計や修理、製品生産を計画通り行うための製造部門との連携、無駄な在庫をなくしたりより効率的な作業を行えるようにするための機械やシステム導入の計画や具体化を行うのが生産技術の業務です。

必要なスキル・資格

多くの部門との関わりが必要になるため、コミュニケーション能力や交渉力が求められます。予想外のトラブルに見舞われた際の柔軟な発想力や、新たな機械やシステムを導入する際は複数の角度から考え、判断できる能力も必要です。ユーザーにとって役立つ製品を生産したい、モノづくり関わりたいという気持ちも大切です。

生産管理

業務内容

販売計画などから生産計画を立て、生産計画に基づいた原材料の発注先決定、価格の交渉、納期・在庫管理、人員割り当てや工程管理、製品の品質管理を行います。生産している製品が複数の場合は、在庫の状況や優先順位を適切に判断し臨機応変な対応をしなければなりません。

必要なスキル・資格

計画が予定通りに進まないこともあり、予期せぬトラブルが発生することもあるため臨機応変な対応力が求められます。日々の市場動向や過去のデータから現在の状況の把握が必要になるため、予測力や情報収集能力も必要です。製造や購買に携わった経験が活かせる場合もあります。

資材調達

業務内容

メーカーの資材調達は製品の生産や品質、価格に大きな影響を及ぼす重要な業務を担当します。仕入先の選定や開拓から価格交渉、注文書作成、納期・数量管理、受入検査・検収、在庫管理まで一貫して行います。社内の他部門と連携を取りながら、円滑に業務を進めていくのも重要な役割です。

必要なスキル・資格

コストを正確に理解することができる原価計算の知識や、市場の変化をとらえることができる経済情勢や社会情勢、市場動向に関する知識、コストダウンに関する知識が必要です。また、関係性を良好に保つコミュニケーション力や価格交渉を有利に進めることができる交渉力、情報を素早く察知する情報収集能力、ミスをしない注意力も求められます。

東京精密について

会社概要

社名 東京精密
 本社所在地 東京都八王子市石川町2968−2
 代表者 吉田 均
 資本金 10,295百万円
 売上 1015
 従業員 2119
業界 総合電機・電子・機械関連

業績情報

直近の年間売上高
1015億円
従業員あたりの売上
4791万円
売上業界ランキング
152位/536社
3年間の売上変化率
130.5%

主要企業の売上高の推移


会社名 2000年度 2001年度 2002年度 2003年度 2004年度 2005年度 2006年度 2007年度 2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
ソニー 6兆6867.00億円 7兆3149.00億円 7兆5783.00億円 7兆4737.00億円 7兆4964.00億円 7兆1914.00億円 7兆5106.00億円 8兆2957.00億円 8兆8715.00億円 7兆7300.00億円 7兆2099.00億円 7兆1776.00億円 6兆4931.00億円 6兆7956.00億円 7兆7673.00億円 8兆2159.00億円 8兆1058.00億円 7兆6033.00億円 8兆5440.00億円 8兆6657.00億円
パナソニック -円 -円 7兆739.00億円 7兆4018.00億円 7兆4798.00億円 8兆7137.00億円 8兆8944.00億円 9兆1082.00億円 9兆690.00億円 7兆7656.00億円 7兆4180.00億円 8兆6927.00億円 7兆8463.00億円 7兆3031.00億円 7兆7366.00億円 7兆7151.00億円 7兆6264.00億円 7兆3438.00億円 7兆9822.00億円 8兆28.00億円
日立製作所 -円 -円 7兆9938.00億円 8兆1918.00億円 8兆6325.00億円 9兆271.00億円 9兆4649.00億円 10兆2480.00億円 11兆2268.00億円 10兆4.00億円 8兆9686.00億円 9兆3159.00億円 9兆6659.00億円 9兆411.00億円 9兆6163.00億円 9兆7775.00億円 10兆344.00億円 9兆1623.00億円 9兆3687.00億円 9兆4807.00億円
東芝 5兆7494.00億円 5兆9514.00億円 5兆3941.00億円 5兆6558.00億円 5兆5796.00億円 5兆8362.00億円 6兆3436.00億円 6兆8598.00億円 7兆4043.00億円 6兆5127.00億円 6兆1299.00億円 6兆2707.00億円 5兆9944.00億円 5兆7270.00億円 6兆5026.00億円 4兆8511.00億円 4兆3465.00億円 4兆438.00億円 3兆9476.00億円 3兆6936.00億円
シャープ 1兆8548.00億円 2兆129.00億円 1兆8038.00億円 2兆33.00億円 2兆2573.00億円 2兆5399.00億円 2兆7972.00億円 3兆1278.00億円 3兆4178.00億円 2兆8473.00億円 2兆7560.00億円 3兆220.00億円 2兆4559.00億円 2兆4786.00億円 2兆9272.00億円 2兆7863.00億円 2兆4616.00億円 2兆507.00億円 2兆4273.00億円 2兆4001.00億円
三菱重工業 -円 3兆451.00億円 2兆8640.00億円 2兆5939.00億円 2兆3735.00億円 2兆5908.00億円 2兆7922.00億円 3兆686.00億円 3兆2031.00億円 3兆3757.00億円 2兆9409.00億円 2兆9038.00億円 2兆8210.00億円 2兆8179.00億円 3兆3496.00億円 3兆9922.00億円 4兆469.00億円 3兆9141.00億円 4兆1109.00億円 4兆784.00億円
三菱電機 -円 -円 3兆6490.00億円 3兆6391.00億円 3兆3097.00億円 3兆4107.00億円 3兆6042.00億円 3兆8558.00億円 4兆499.00億円 3兆6652.00億円 3兆3533.00億円 3兆6454.00億円 3兆6395.00億円 3兆5672.00億円 4兆544.00億円 4兆3231.00億円 4兆3944.00億円 4兆2387.00億円 4兆4445.00億円 4兆5200.00億円

主要企業の平均年収の推移


会社名 2000年度 2001年度 2002年度 2003年度 2004年度 2005年度 2006年度 2007年度 2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
ソニー -万円 881万円 909万円 888万円 922万円 934万円 937万円 934万円 958万円 981万円 866万円 924万円 952万円 892万円 886万円 860万円 936万円 911万円 1014万円 1051万円
パナソニック -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 799万円 839万円 847万円 821万円 757万円 779万円 791万円 732万円 692万円 757万円 790万円 782万円 769万円 775万円
日立製作所 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 739万円 746万円 748万円 756万円 701万円 758万円 801万円 803万円 828万円 862万円 869万円 850万円 872万円 895万円
東芝 -万円 721万円 711万円 706万円 755万円 757万円 766万円 783万円 804万円 791万円 746万円 779万円 799万円 801万円 812万円 845万円 828万円 711万円 816万円 916万円
シャープ -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 737万円 744万円 762万円 764万円 738万円 678万円 713万円 707万円 628万円 601万円 729万円 634万円 647万円 754万円 760万円
三菱重工業 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 728万円 749万円 759万円 757万円 727万円 721万円 737万円 755万円 772万円 803万円 828万円 843万円 846万円 849万円
三菱電機 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 750万円 768万円 783万円 793万円 749万円 750万円 781万円 768万円 747万円 779万円 799万円 796万円 793万円 817万円

関連記事

東京精密の年収情報・業界ランキング
【2020最新】東京精密の年収は?職種や年齢別の給与・ボーナス・評価制度などまとめ!有価証券報告書によると、東京精密の平均年収は758万円。平均年齢は40.4歳。総合電機・電子・機械関連業界の年収ランキングは79位となっ...
東京精密の売上高・業績
【2019年最新】東京精密の売上・業績を調査!四半期ごとの推移や、業界内のランキングを紹介!東京精密の最新の売上高は1015億円。業界内でのランキングは、第149位です。 今回は、東京精密の売上や利益の業績情報を、競合企業との比...

東京精密の転職FAQ

公式サイトで公開されている、採用に関する質問と回答をまとめました。詳しくは公式サイトをご確認ください。

Q:東京精密は、どのような事業をしているのですか。
A:半導体製造装置と精密計測機器の二つの分野で高い世界シェアを獲得している装置メーカーです。
私たちは、あらゆる製品の設計・製造・検査の指針になる「測る」という技術を追求してきました。精密計測機器に加え、1960年代からは、精密測定・位置決め技術をベースに半導体製造装置の分野に進出しました。
現在では、半導体製造装置業界、精密計測機器業界で、圧倒的なシェアを獲得し世界中でビジネスを展開するグローバル企業へと成長しています。
Q:半導体社、計測社、業務会社とは何ですか。
A:私たちは、社内カンパニー制を導入し、社内を「半導体社」、「計測社」、「業務会社」の3つのカンパニーに分け、業務を行っています。半導体社(八王子事業所等)では、半導体製造装置の開発、製造、販売、アフターサービスを担当し、計測社(土浦事業所等)では、計測機器の開発、製造、販売、アフターサービスを担当します。また、業務会社では、スタッフ部門として会社を支える仕事を担当します。
Q:グローバルに活躍できるチャンスはありますか。
A:私たちは、ワールドワイドにビジネスを展開しています。世界各地に拠点を設けるお客様に対して、迅速かつきめ細やかなビジネスを展開するために、営業・管理系、技術系を問わずに多くの部門においてグローバルに活躍するチャンスがあります。
※当社では売上高の約7割を海外市場向けで占めています。
Q:女性社員は活躍できますか。
A:女性社員は、技術、営業、管理などさまざまな職種で活躍しています。男性と同様、長く活躍できる環境が整っています。
Q:環境への取り組みについて教えてください。
A:東京精密の環境基本理念は、「地球環境保全が人類共通の重要課題であることを認識し、開発・設計・生産・サービスの全域において、積極的に環境に配慮した行動をとる。」というものです。これに従って、半導体製造装置および精密計測機器をはじめとする製品の生産、サービスを中心とした事業活動で、全社員が「この行動は地球に優しいか」を常に配慮し、環境負荷を可能な限り少なくすることに取り組んでいます。
Q:コンプライアンスについて教えてください。
A:東京精密のモットーは、WIN-WIN(共に成長する)の関係を築くことで、長期的に成長を持続させていくことです。そのためには、事業活動を行う社会に受け入れられる行動が求められます。そこで、当社では役員、社員が遵守すべき行動規範を定め、透明性の高い清潔な企業姿勢を保ち、コンプライアンス体制を推進しています。