転職ノウハウ

【2020最新】セコムへの転職を徹底分析。面接での質問や年収情報などからわかる転職難易度とは

この記事では、セコムへの転職を考えている人向けに、年収などの水準、採用傾向求人が豊富な最適な転職サービス面接対策、それらをもとに総合的に判断した転職難易度を紹介しています。

この記事は、IR情報、口コミサイト、業界担当のキャリアアドバイザーへのヒアリング情報をソースとし、Careerbooksが独自に算出した難易度をもとに作成しています。
転職ツール選び。間違えてませんか?10秒転職ツール診断

間違った転職ツール選びはキャリアの失敗につながります。6問の質問に答えるだけで、あなたにあった転職ツールをチェックしよう。

現在の転職意欲は?(1/6問)
次へ

セコムの基本情報

転職先の組織や事業状態を把握しておくことは非常に重要です。転職・求人の情報の前に、まずはIR情報から、セコムの売上規模や年収情報をご説明します。

会社規模

順位 会社名 売上高
1位 セコム 1兆138億円
2位 アルソック(ALSOK) 4435億円
3位 セントラル警備保障 624億円
4位 ダイセキ 513億円
5位 日和産業 411億円
6位 ダイビル 406億円

売上は業界で第1位

警備・保守業界の企業内でのセコムの売上ランキングの順位は第1位です。

年収情報

平均年収
595万円
平均年齢
42.8歳
全体ランキング
1659位/3400社
業界内ランキング
4位/15社

年収と勤続年数の傾向



年収は平均的な水準

全国の上場企業約3000社を対象にした平均年収の調査において、セコムの平均年収595万円は、平均的な水準です。また全国3000社の上場企業の平均年収の中央値は650万円前後となっています。

勤続年数は平均より長め

セコムの平均勤続年数16.3年は、全国の上場企業約3000社を対象にした平均年収の調査において、平均より長めとなっています。また全国3000社の上場企業の勤続年数の中央値は11年前後です。

セコムへのオススメの転職方法

転職活動の進め方

情報収集段階はスカウトサービスで

スカウトサービスなら具体的な求人検索に加え、待っているだけで企業や転職エージェントからスカウトが届きます。スカウトは、興味があるものがあれば話だけでも聞いてみることできます。面談の練習などにもとてもおすすめです。

転職エージェントで対策を万全に

転職エージェントは、その時々の各企業の採用状況、非公開の求人から、どのような企業にどのような人が採用されやすいかまで、エージェントにしか知り得ない詳しい情報を保有しています。きっちり企業の状態を把握して選考対策を立てるために、エージェントの利用はマストです。まずは無料の求人紹介を受けてみて、求人状況や採用傾向を確認してみましょう

おすすめの転職サービス

セコムや、類似する業界の企業の実際に掲載されている求人などの情報などから、最適な転職サービスをご紹介します。

  • ベンチャーに強い
  • 20~30代向け
  • 第二新卒
  • スカウトサービス

若手の優秀層向け求人はNo1。大手からベンチャーまで

若手優秀層向けの都内の大企業、成長企業求人に強いスカウトサービス。登録しておくだけで、会社や業界特化の転職エージェントからスカウトが届く。主に20代から30代前半をターゲットにしており、ベンチャー、新規事業転職ならここの利用がおすすめ。

企業名 掲載職種
セコム株式会社 ・その他
・総務 / 一般事務・営業事務・アシスタント
株式会社ダイセキ ・設計

キャリトレに無料登録

  • 地方に強い
  • 求人数No1
  • 大手に強い

求人数ダントツNo1。全ての人におすすめ

全国で求人数が圧倒的に多く、多くの転職者がまず使うサービス。大企業にも強く、キャリアブックが調査した上場企業3000社のうち、直近1年で半数近くの企業の求人を掲載している。

企業名 掲載職種
セコム株式会社 ・営業・セールス
・開発・エンジニア・設計
・社内SE
綜合警備保障株式会社 ・開発・エンジニア・設計
・その他

リクルートに無料登録

  • ハイクラス
  • 年収600万以上
  • 大手に強い
  • スカウトサービス

ハイクラス転職ならビズリーチ

ハイクラス向けのスカウト型転職サービス。年収600万円以上の人をメインターゲットにしており、大企業やハイクラス求人に強い様々な企業から声がかかる。自己応募も可能。

企業名 掲載職種
綜合警備保障 ・プロジェクトマネジャー

ビズリーチに無料登録

  • ハイクラス
  • 年収600万以上
  • 外資に強い

ハイクラス向けおすすめNo1エージェント

JACリクルートメントは、外資系から日系大手まで大手案件を多数保有するハイクラスをメインターゲットにした転職エージェントです。一番オススメなポイントは、求職者の担当と企業の窓口が共通なため、選考を受ける企業の細かな情報を知ることができることです。そのため選考をより有利にすすめることができます。

カテゴリ サービス / 商社、流通、外食 / 建設、不動産 / 金融 / クリエイティブ、マーケティング / 運輸、物流、倉庫 / IT、通信 / コンサル / 電気、電子、半導体 / 機械、自動車 / 化学 / 金属、素材、エネルギー / 医療、介護、福祉
面談拠点 東京、群馬、栃木、茨城、埼玉、神奈川、山梨、長野、愛知、静岡、大阪、京都、神戸、広島、岡山

JACに無料登録

失敗しないための転職ツール診断

間違った転職ツール選びはキャリアの失敗につながります。6問の質問に答えるだけで、あなたにあった転職サイトをチェックしよう。

10秒診断スタート

セコムの面接情報

面接・選考の流れ

STEP1
書類選考(SPI/適正診断)
セコムへの転職では、まず書類選考が実施されます。これまでの職歴や志望動機など、内容は基本通りのものになりますが、第二新卒の場合、簡単な適正診断等がおこなれる可能性はあります。
STEP2
面接(2~4回)
書類選考に通過すると次は面接です。人事面接→現場社員面接→役員面接と、基本的には複数回に渡って面接が行われるようですが、ポジションによっても変化すると思われます。(人事面接が最後のパターンもあります)
STEP3
内定・入社
面接を通過すれば内定が出ます。その後、条件などの入社交渉を行ないます

面接の口コミ

キャリコネより、セコムの選考関連の口コミを一部ご紹介します。口コミが気になる方は、詳しくはキャリコネをご参考ください。

部署:警備
役職:その他

夜勤に耐えられるか

回答
夜勤経験はないが生活リズムを整えて対応すると解答。
スポーツをやっていて体力には自信がある旨を伝えれば大丈夫だった。

部署:東京
役職:営業

どうしてセコムで働こうと思ったのか。

回答
前職でセコムを利用しており、非常に対応が良く印象が良かったため、面接を受けることにしました。また、地元で働くことが出来るという点も大きかったです。

部署:営業事務
役職:営業事務・管理事務

志望動機、大学での部活動など

回答
セコムに対して感じた魅力を伝えました。志望動機が一番大事だと思います。大学で活躍した事などを偽りなく伝えることも大事です。

部署:トラストシステムズ
役職:プロジェクトリーダー

24時以降飲み禁止だが大丈夫か?

回答
まったくもって問題ございません。自分は元々お酒を飲みません。でも飲みたい方は大変ですね、と答えました。

部署:警備
役職:その他

なぜ警備に興味を持ったのですか?

回答
人々が安全・安心に暮らす上で必要な仕事だということを知り興味を持ちました。警備職に就くことで社会貢献していきたいと思いました。

部署:事務
役職:経理

簡単な一般常識 一般的な質問

回答
結構長めに一般常識の試験を受けたが
幅広い内容があるが簡単な問題であるので誰でも落ち着けばとける
計算もありだった

キャリコネはこちら

セコムの総合転職難易度

様々な情報から、Careerbookが調査した上場企業3000社の中での相対的なセコムへの転職難易度を総合的に評価したところ、転職難易度は「B:難易度は高め」になりました。

企業人気度 人気企業
中途採用について 勤続年数はかなり長めで、中途採用文化は少なめ
競争率について 上場企業としては平均的な年収水準。難易度は一般的
総合難易度 B:難易度は高め

あくまでもこれは会社全体としての傾向です。職種やポジションによって実際は異なりますし、どのような経験を持った人材を採用しているかは、その時々で常に変化しています。
転職サービスを利用して情報収集を欠かさず行い、タイミングをつかんでより良い転職ができるようにしましょう。

業界別難易度ランキング

順位 会社名
1位 ダイビル
2位 セコム上信越
3位 セコム
4位 三機サービス
5位 日和産業
6位 スバル興業
7位 綜合警備保障
8位 ダイセキ
・・・・・・・・
15位 トスネット

警備・保守業界では転職難易度は第3位

警備・保守業界の企業内でのセコムの年収ランキングは第3位です。
警備・保守業界の年収第1位はダイビル、第2位はセコム上信越、第3位は三機サービスとなっています。

このランキングは、人気度や最近の採用の傾向。平均年収から算出する競争率などから総合的にCareerbooks独自で作成したものです。精度は向上するように務めておりますが、一部企業は情報不足により不確かな状態です。あくまで参考値としてご理解ください。
転職ツール選び。間違えてませんか?10秒転職ツール診断

間違った転職ツール選びはキャリアの失敗につながります。6問の質問に答えるだけで、あなたにあった転職ツールをチェックしよう。

現在の転職意欲は?(1/6問)
次へ

セコムの職種別転職情報

事業構造

事業部 事業概要
セキュリティ事業 「現金護送システム」や「セコム・ホームセキュリティ」など、革新的なセキュリティシステムを開発。
防災事業 インテリジェントビルや商業施設から住宅用火災警報器まで、さまざまな防災システムを提供。
メディカル事業 在宅医療サービスをはじめとした総合的なメディカルサービスを展開。
保険事業 セキュリティシステムと、被害にあった時の損失を補償する損害保険を組み合わせ、安心・安全を提供。
地理空間情報サービス事業 高次元・高精度の空間情報収集・処理技術を駆使した「空間情報サービス」を提供。
BPO・ICT事業 情報セキュリティと大規模災害対策を構築。
国際事業 海外17の国と地域でセキュリティ事業を展開。
不動産事業 「グローリオ」マンションシリーズを開発し、入居後の暮らしを支えるサービスを提供。

セコムについて

会社概要

社名 セコム
 本社所在地 東京都渋谷区神宮前1−5−1
 代表者 尾関 一郎
 資本金 66,392百万円
 売上 10138
 従業員 56923
業界 警備・保守

業績情報

直近の年間売上高
1兆138億円
従業員あたりの売上
1781万円
売上業界ランキング
1位/16社
3年間の売上変化率
109.24%

関連記事

セコムの年収情報・業界ランキング
【2020最新】セコムの年収は?職種や年齢別の給与・ボーナス・評価制度などまとめ!有価証券報告書によると、セコムの平均年収は594万円。平均年齢は42.8歳。警備・保守業界の年収ランキングは4位となっています。 また、...
セコムの売上高・業績
【2019年最新】セコムの売上・業績を調査!四半期ごとの推移や、業界内のランキングを紹介!セコムの最新の売上高は1兆138億円。業界内でのランキングは、第1位です。 今回は、セコムの売上や利益の業績情報を、競合企業との比較ラン...

セコムの転職FAQ

公式サイトで公開されている、採用に関する質問と回答をまとめました。詳しくは公式サイトをご確認ください。

Q:一般職の募集はしていますか?
A:当社では、一般職・総合職の区別を設けておりません。
Q:休暇に関する制度はどのようなものがありますか?
A:有給休暇のほかに、「リフレッシュ休暇制度」と「フレックス休暇制度」を設置しています。「リフレッシュ休暇」は、勤続10年ごとに2週間の休暇、「フレックス休暇」は、毎年最長10日間と最長6日間の2回の休暇を取得することができます。
Q:労働環境について教えてください。
A:社員が常に自分の意志で活き活きと働き、自己実現をしていくことが、結果として組織の発展につながる「組織の力は社員個々の力の総和」という考えのもと、働きやすい環境づくりに取り組んでいます。
Q:出産や育児に関する制度はどのようなものがありますか?
A:産前産後休暇は、産前は6週間、産後は8週間取得することができ、出産手当金がセコム健康保険組合から支給されます。また、産前休暇の開始前に休暇に入ることを希望する社員は、さらに2週間の出産前休暇を取得することができます。また、子どもが3歳に達するまで取得できる育児休業、また小学校1年生を終えるまで可能な勤務の繰り上げあるいは繰り下げ・就業時間の免除など、労働基準法を上回る手厚いサポートをしています。
Q:介護や看護に関する制度はどのようなものがありますか?
A:要介護状態の家族を介護し、介護休業終了後、引き続き勤務をする意志がある場合は、約6カ月(最大186日)まで介護休業または就業時間の変更や免除を取得することができます。
Q:産学連携など外部との交流は積極的に行っていますか?
A:未来の社会に必要となるサービスを創造するための最適アプローチとして、当社グループの持つ各種の技術やノウハウと世の中の技術の融合を加速させるためのオープンイノベーションを様々な分野で推進しています。例えば、IS研究所では、人工知能、IoTなどこれからの技術動向を捉え、最先端の技術開発に取り組んでおり、外部組織との幅広いつながりをもとに、産学官連携を強力に推し進めております。
Q:研究・開発の体制や規模について教えてください。
A:プロジェクトの人数はケースバイケースですが、2~3名の小規模なものから、20名以上にもなる大プロジェクトもあります。必要に応じて、各セクションの壁にこだわらず、ダイナミックに人員の配置を行います。
Q:IS研究所と開発センターの業務分掌や連携について教えてください。
A:例えば、民間防犯用としては世界初となる自律型飛行監視ロボット「セコムドローン」は、当初IS研究所での研究テーマとしてスタートし、研究成果を開発センターに渡して正規の商品化が始まりました。また、開発センターのテーマであった画像センサーの開発では、画像センシングのロジックについてIS研究所に依頼をしています。このように、IS研究所での研究成果による商品化や、開発センターのテーマにおける基礎ロジックをお互いに依頼し、密接に協力しあっています。