業績・売上

【2019年最新】要興業の売上・業績を調査!四半期ごとの推移や、業界内のランキングを紹介!

要興業の売上高・業績

要興業の最新の売上高は113億円。業界内でのランキングは、第3位です。
今回は、要興業の売上や利益の業績情報を、競合企業との比較ランキング・過去の推移の比較という形で行いました。

是非最後までご覧ください!

要興業の売上・業績について

直近の年間売上高
113億円
従業員あたりの売上
2533万円
売上業界ランキング
3位
3年間の売上変化率
112.5%
スポンサーリンク

要興業について

会社概要

会社概要

社名 要興業
本社所在地 東京都豊島区池袋2−14−8 池袋エヌエスビル
会社URL https://www.kaname-k.co.jp/
代表者 藤居 秀三
資本金 827百万円
 従業員 446
業界 環境サービス
失敗しないための転職ツール診断

間違った転職ツール選びはキャリアの失敗につながります。6問の質問に答えるだけで、あなたにあった転職サイトをチェックしよう。

10秒診断スタート

要興業の業績の推移・変化率

売上推移

過去3年間の売上の推移

年間売上は113億円。3年間の変化率は112.5%


年度 売上高 前年度比率
2019年 113億円 104.5%
2018年 109億円 107.66%
2017年 101億円 -%

要興業の直近の売上高(連結)は、113億円です。直近3年間での成長率は112.5%と上昇傾向にあります。

営業利益率は9%

年度 営業利益 前年度比率
2019年 11億円 89.58%
2018年 12億円 110.44%
2017年 11億円 -%

要興業の直近の営業利益(連結)は、11億億円。営業利益率は営業利益率は9%です。

四半期ごとの売上高・営業利益


四半期売上高 四半期営業利益
2017年1Q
2017年2Q
2017年3Q
2017年4Q
2018年1Q
2018年2Q -3.16億
2018年3Q 27.25億 2.45億
2018年4Q 26.4億 1.79億
2019年1Q 27.5億 2.38億
2019年2Q 27.72億 2.31億
2019年3Q 30.2億 3.83億
2019年4Q 27.55億 1.71億
スポンサーリンク

要興業の売上高の比較・ランキング

競合との比較

①売上高のランキング

トップ5社の売上シェア比率


売上高:環境サービス業界では第3位

環境サービス業界の企業内での要興業の売上ランキングの順位は第3位です。
環境サービス業界の売上高ランキング第1位はDOWAホールディングス、第2位はアサンテ、第3位はエンバイオ・ホールディングスになっています。
環境サービス業界のランキング一覧はこちら

順位 会社名 売上高
1位 DOWAホールディングス 4529億円
2位 アサンテ 145億円
3位 要興業 113億円
4位 エンバイオ・ホールディングス 86億円
5位 東京ボード工業 67億円
6位 イボキン 65億円
7位 ミダック 47億円
8位 アミタホールディングス 47億円
・・・・・・・・
12位 地盤ネットホールディングス 25億円
※こちらの情報は、おもに有価証券報告書にて掲載されている売上情報を参考に、約3000社のデータベースを制作して算出しています。

売上高:全体では第2590位

CareerBookが調査した有名企業約3000社の中で、要興業は売上ランキング2590位です。

順位 会社名 売上高
1位 トヨタ自動車 30兆2257億円
2位 三菱商事 16兆1038億円
3位 ホンダ(HONDA) 15兆8886億円
4位 日本郵政 12兆7750億円
5位 NTT東日本(日本電信電話) 11兆8798億円
6位 伊藤忠商事 11兆6005億円
・・・・・・・・
2585位 旭情報サービス 113億円
2586位 リニカル 113億円
2587位 FRONTEO 113億円
2588位 サイボウズ 113億円
2589位 東和フードサービス 113億円
2590位 要興業 113億円
2591位 ラクスル 112億円
2592位 日本フエルト 112億円
2593位 秀英予備校 112億円
2594位 新川 112億円
2595位 キング 112億円
・・・・・・・・
3586位 RISE 1億円
※こちらの情報は、おもに有価証券報告書にて掲載されている売上情報を参考に、約3000社のデータベースを制作して算出しています。

②従業員当たりの売上のランキング

従業員あたり売上:環境サービス業界で第7位

環境サービス業界内での要興業の従業員あたりの売上ランキングの順位は第7位です。

順位 会社名 売上高
1位 エンバイオ・ホールディングス 9,957万円
2位 DOWAホールディングス 6,780万円
3位 イボキン 4,651万円
4位 FUJIKOH 3,502万円
5位 アミタホールディングス 2,958万円
6位 東京ボード工業 2,603万円
7位 要興業 2,533万円
8位 ミダック 2,487万円
9位 地盤ネットホールディングス 2,361万円
10位 リネットジャパングループ 1,580万円
※こちらの情報は、おもに有価証券報告書にて掲載されている売上情報を参考に、約3000社のデータベースを制作して算出しています。
スポンサーリンク

従業員数やキャッシュフロー、資産などの情報

その他の指標

営業キャッシュフロー

年度 営業キャッシュフロー
2019年 13.31億
2018年 16.53億
2017年 13.15億

投資キャッシュフロー

年度 投資キャッシュフロー
2019年 2.94億
2018年 -26.97億
2017年 -12.8億

財務キャッシュフロー

年度 売上高
2019年 -8.73億
2018年 14.25億
2017年 -1.15億

総資産

年度 資産
2019年 206.47億
2018年 204.95億
2017年 175.43億

従業員に関するデータ

平均年収 573万円
従業員数 446人
平均年齢 43.3歳
スポンサーリンク

関連記事

要興業の年収情報・業界ランキング
【2021最新】要興業の年収は?職種や年齢別の給与・ボーナス・評価制度などまとめ!有価証券報告書によると、要興業の2021年2月時点で最新の平均年収は581万円。平均年齢は44.3歳。環境サービス業界の年収ランキングは...