年収比較

【2019最新】日本商業開発の年収は?職種や年齢別の給与・ボーナス・評価制度などまとめ!

日本商業開発の年収情報・業界ランキング

有価証券報告書によると、日本商業開発の平均年収は1501万円平均年齢は41.7歳不動産・住宅・建材業界の年収ランキングは1位となっています。
また、統計情報から推定される年間の平均ボーナスは約376万円平均月収は94万円です。

今回は日本商業開発の競合企業との比較職種、役職ごとの年収事例や、初任給・ボーナスなどの事例などをまとめました。是非ご覧ください。

※この記事の平均年収や、福利厚生などは、「有価証券報告書」や、企業が発表している情報、口コミサイトなどの意見を元にまとめた情報です。一般的な平均年収に関する統計情報は、厚生労働省などが公表している賃金構造基本統計調査や、業界団体が提出している資料を参考に、企業を客観的に比較するための推定値として利用しています。是非、こちらをご理解いただいた上で、ご参考ください。

日本商業開発の年収情報まとめ

基本情報

平均年収
1501万円
平均年齢
41.7歳
月収(推定)
94万円
ボーナス(推定)
376万円

平均年収は1501万円。平均年齢は41.7歳

有価証券報告書によると、日本商業開発の平均年収は1501万円、平均年齢は41.7歳となっています。それらの数値を元に、統計を元にした独自の計算式に基づく想定の月収は94万円。ボーナスは年二回合計で376万円前後と予想されます。

年収と勤続年数の傾向



年収は上位1%の高水準

全国の上場企業約3000社を対象にした平均年収の調査において、日本商業開発の平均年収1501万円は、上位1%の高水準です。また全国3000社の上場企業の平均年収の中央値は650万円前後となっています。

勤続年数は平均より短め

日本商業開発の平均勤続年数4.2年は、全国の上場企業約3000社を対象にした平均年収の調査において、平均より短めとなっています。また全国3000社の上場企業の勤続年数の中央値は11年前後です。

スポンサーリンク

日本商業開発の年収のランキング

業界別・上場企業内でのランキング

順位 会社名 平均年収
1位 日本商業開発 1,501万円
2位 三井不動産 1,263万円
3位 三菱地所 1,247万円
4位 ケネディクス 1,140万円
5位 ランドビジネス 1,101万円
6位 野村不動産ホールディングス 1,022万円
・・・・・・・・
175位 日本管財 343万円
順位 会社名 平均年収
1位 M&Aキャピタルパートナーズ 2,478万円
2位 キーエンス 2,110万円
3位 GCA 2,063万円
4位 ボストンコンサルティング(BCG) 1,860万円
5位 三菱ケミカルホールディングス 1,738万円
6位 ヒューリック 1,636万円
7位 三菱商事 1,607万円
8位 東京放送ホールディングス 1,586万円
9位 ストライク 1,539万円
10位 伊藤忠商事 1,520万円
11位 日本商業開発 1,501万円
12位 ソレイジア・ファーマ 1,460万円
13位 三井物産 1,430万円
14位 スクウェア・エニックス・ホールディングス 1,429万円
15位 日本M&Aセンター 1,414万円
16位 フロンティア・マネジメント 1,398万円
・・・・・・・・
3307位 トスネット 260万円
※こちらの情報は、おもに有価証券報告書にて掲載されている年収情報を参考に、約3000社のデータベースを制作して算出しています。

不動産・住宅・建材業界では第1位

不動産・住宅・建材業界の企業内での日本商業開発の年収ランキングは第1位です。
不動産・住宅・建材業界の年収第1位は日本商業開発、第2位は三井不動産、第3位は三菱地所となっています。
不動産・住宅・建材業界のランキング一覧はこちら

有力企業全体で第11位

CareerBookが調査した有名企業約3000社の中で、日本商業開発の年収順位は第11位です。
有力企業全体での年収第1位はM&Aキャピタルパートナーズ、第2位はキーエンス、第3位はGCAとなっています。

平均年収などの推移

平均年収・平均年齢・平均勤続年数の推移




年度 平均年収 平均年齢 従業員数 平均勤続年数
2019年 -万円 -歳 -人 -年
2018年 1502万円 41.5歳 42人 4.2年
2017年 1369万円 42.1歳 37人 4.3年
2016年 981万円 41.5歳 27人 5年
2015年 1742万円 44.7歳 25人 5.3年
※月収やボーナスは、厚生労働省発表の「賃金構造基本統計調査」を元に基づく推定
※ボーナスは年に2回。1回につき2ヶ月分として算定。

平均年収は直近数年で-13.78%下降

日本商業開発の直近の平均年収、平均年齢、勤続年数の推移をまとめました。2015年から2019年にかけて、日本商業開発の平均年収は約-13.78%下降傾向にあります。これは、金額ベースでは約-240万円の変化となっています。また、平均年齢の2015年から2019年にかけて約-7.16%下降、平均勤続年数は、約-20.75%と下降傾向にあります。

スポンサーリンク

日本商業開発について

会社について

会社概要

社名 日本商業開発
本社所在地 大阪市中央区今橋4−1−1 淀屋橋三井ビルディング
会社URL http://www.ncd-jp.com/
代表者 松岡 哲也
資本金 2,795百万円
 従業員 69
業界 不動産・住宅・建材

日本商業開発の年齢別の推定年収

統計情報
日本商業開発の平均年齢は、41.7歳です。平均年収は1501万円です。
このことから、厚生労働省が出している年収データ、及び職種ごとの年収比率データを元に、日本商業開発の職種、性別、年代別の推定年収を算出しました。

年齢 日本商業開発推定年収
20代 889~1037万円
30代 1211〜1360万円
40代 1501〜1652万円
50代 1755〜1784万円
60代 1082〜1257万円

20代の推定平均年収:889〜1037万円

一般的な企業の20代前半~後半の平均年収は193〜225万円です。20代の社員はまだ社歴が若いため、全体の平均年収よりも低い傾向にあります。
このことから、日本商業開発の20代の平均年収は、889〜1037万円と想定されます。

30代の推定平均年収:1211〜1360万円

日本商業開発の30代の平均年収は、1211〜1360万円だと想定されます。
一般的な企業の30代の平均年収は263〜295万円となっており、20代の前半から30代の後半に掛けて、100万円以上も昇給があるものの、まだまだ全体成長過程といえます。

40代の推定平均年収:1501〜1652万円

一般的な企業の40代の平均年収は326〜359万円となっています。年功序列形式の企業が多いため、40代で年収が上限に近くなってきています。
対して、日本商業開発の40代の平均年収は、1501〜1652万円です。

50代の推定平均年収:1755〜1784万円

日本商業開発の50代の平均年収は、1755〜1784万円だと思われます。
一般的な企業の50代の平均年収は381〜387万円となっています。年収はピークに達し、50代での年収の増加は、あまり見込めないようです。

60代の推定平均年収:1082〜1257万円

日本商業開発の60代の平均年収はおよそ1082〜1257万円、一般的な企業の60代の平均年収は235〜273万円です。
50代で年収はピークを迎え、減少傾向になります。

スポンサーリンク

日本商業開発の男女別の推定年収

厚生労働省が発表している、男女ごとの平均年収の分布を元に、日本商業開発の職種ごとの平均年収を推定してみました。

男性 女性
日本商業開発推定 1654万円 1204万円
平均 337.6万円 245.7万円

男性の推定平均年収:1654万円

2019年現在、厚生労働省が発表している資料によると、男性の平均年収は337.6万円と、女性よりも約1.4倍の開きがあります。
日本商業開発の従業員の男女比は明らかにはされていませんが、仮に1:1の割合とすると、日本商業開発の平均年収は1654万円です。

女性の推定平均年収:1204万円

一般的な女性の平均年収は245.7万円。日本商業開発の平均年収は、約1204万円だと推定されます。

日本商業開発の役職別の推定年収

厚生労働省が発表している、役職ごとの平均年収の分布を元に、日本商業開発の職種ごとの平均年収を推定してみました。

一般社員級 係長級 課長級 部長級
日本商業開発推定 1062万円 1965万円 2631万円 3234万円
平均 216.8万円 401万円 536.8万円 659.8万円

一般社員の推定年収:1062万円

一般社員の平均年収は、係長級の社員の約半分、部長級の社員の約30%です。
日本商業開発の一般社員の推定年収は、1062万円です。

係長級の推定年収:1965万円

係長級の社員は、一般社員の約1.8倍の年収となっており、役職の有無が年収に大きな差を生むことがわかります。
日本商業開発の係長級の社員の推定年収は、1965万円です。

課長級の推定年収:2631万円

課長級の社員は、係長級の社員の約1.3倍の年収です。一般社員と係長級の社員ほどの違いはないもの、およそ100万円以上の年収の違いがあります。
日本商業開発の課長級の社員の推定年収は、2631万円です。

部長級の推定年収:3234万円

部長級の社員の年収は、課長級の社員の、約1.2倍。一般社員の約3倍の年収差があります。
日本商業開発の部長級の社員の推定年収は、3234万円です。

スポンサーリンク

まずは採用媒体に登録してみよう

リクナビ、マイナビなどの採用媒体は無料で登録することができます

登録することでスカウトが届いたり、最新の求人情報を受け取ることができるなど、様々なメリットがあるため、まだ登録していないという人は主要な媒体には必ず登録しておくようにしましょう。

リクナビの登録はこちらから
マイナビの登録はこちらから
エン転職の登録はこちらから

転職エージェントを利用してみよう

日本商業開発のような会社に転職したいと強く思っていらっしゃる方は、転職エージェントの利用もおすすめします。

エージェントに利用するメリットは、次の3つです。

  1. 自分のニーズに合った会社を紹介してもらえる
  2. 履歴書の書き方や、面接の方法などを教えてもらえる
  3. 企業との年収などの交渉もお願いできる

自分のニーズに合った会社を紹介してもらえる

世の中には様々な会社があり、転職媒体を利用すれば何万社もの企業の求人に応募する事ができます。

しかし、本当にあなたが求めているニーズ似合った企業を自分で探すのは、転職に不慣れな方にはとても難しいことです。

転職エージェントは、これまでに何十人、何百人の転職をサポートしてきています。丁寧にあなたの大事にしていることや逆に嫌なことを伝えた上で、実際にどんな企業がどんな人を募集しているのかをしっかりと聞いてみましょう。

そうすれば、自分では探しきれなかった、あなたにピッタリの企業を紹介してくれるはずです。

履歴書の書き方や、面接の方法などを教えてもらえる

初めての転職活動をする人は、実際の転職活動をとても不安に感じる事があると思います。そんな中で、あなたの転職成功をゴールとして、一緒に並走してくれる人の存在は貴重です。

一般的な転職エージェントの担当者は、履歴書の添削や、面接の受け答えのアドバイスなどを行ってくれる担当の人が多いです。

はじめての転職の方は、是非一度転職エージェントの方に相談してみましょう。

企業との年収などの交渉もお願いできる

実際に希望の企業の選考を重ね、見事内定を手に入れた時、後は「どんな条件で合意するか」という段階になります。

希望の会社に転職できれば、それが一番の事ですが、その上でできるだけいい条件で入社したいですよね。転職エージェントなら、そんな最後の交渉も一部代理で行ってくれます。

その理由は、「あなたができるだけ高い年収で転職してくれたほうが転職エージェントの報酬も大きくなる」からです。

そんな転職エージェントとの共通の利害関係をうまく使うことができれば、より良い条件での転職が見えてくるでしょう。

リクナビエージェントの登録はこちら
マイナビエージェントの登録はこちら
Dodaの登録はこちら
パソナキャリアの登録はこちら

おすすめの転職エージェント一覧

リクルートエージェント
おすすめ度
こんな方におすすめ 色々な求人を知りたいという方。自分のキャリアにあった仕事を知りたいという方は、まずは利用してみましょう。
特徴① 合計求人数25万件以上。案件総数・内定決定数ともに、日本No.1の実績
特徴② 面談対策などのサポートも充実している

登録はこちら

マイナビエージェント
おすすめ度
こんな方におすすめ 20代、若年層の方で、転職が初めて。という方
特徴① マイナビ転職が運営する転職エージェント。20代、若手層向けの求人を多く揃えています。
特徴② はじめての転職でも安心のサポート力

登録はこちら

Doda
おすすめ度
こんな方におすすめ 幅広い求人を知りたい
特徴① 求人数10万件以上。業界最大手企業
特徴② 高いサポート力。担当者の満足度が高く、転職に慣れていない方向け

登録はこちら

関連記事

日本商業開発の売上高・業績情報