転職ノウハウ

【2020最新】クイックへの転職を徹底分析。面接での質問や年収情報などからわかる転職難易度とは

この記事では、クイックへの転職を考えている人向けに、年収などの水準、採用傾向求人が豊富な最適な転職サービス面接対策、それらをもとに総合的に判断した転職難易度を紹介しています。

この記事は、IR情報、口コミサイト、業界担当のキャリアアドバイザーへのヒアリング情報をソースとし、Careerbooksが独自に算出した難易度をもとに作成しています。
転職ツール選び。間違えてませんか?10秒転職ツール診断

間違った転職ツール選びはキャリアの失敗につながります。6問の質問に答えるだけで、あなたにあった転職ツールをチェックしよう。

現在の転職意欲は?(1/6問)
次へ

クイックの基本情報

転職先の組織や事業状態を把握しておくことは非常に重要です。転職・求人の情報の前に、まずはIR情報から、クイックの売上規模や年収情報をご説明します。

会社規模

順位 会社名 売上高
1位 パーソルホールディングス 9258億円
2位 パソナグループ 3270億円
3位 アウトソーシング 3113億円
4位 ニチイ学館 2879億円
5位 テクノプロ・ホールディングス 1442億円
6位 ワールドホールディングス 1429億円
・・・・・・・・
24位 ジェイエイシーリクルートメント 231億円
25位 クイック 192億円
26位 キャリアリンク 186億円

売上は業界で第25位

人材サービス業界の企業内でのクイックの売上ランキングの順位は第25位です。

年収情報

平均年収
572万円
平均年齢
30.2歳
全体ランキング
1886位/3400社
業界内ランキング
12位/46社

年収と勤続年数の傾向



年収は平均的な水準

全国の上場企業約3000社を対象にした平均年収の調査において、クイックの平均年収572万円は、平均的な水準です。また全国3000社の上場企業の平均年収の中央値は650万円前後となっています。

勤続年数は平均より短め

クイックの平均勤続年数6年は、全国の上場企業約3000社を対象にした平均年収の調査において、平均より短めとなっています。また全国3000社の上場企業の勤続年数の中央値は11年前後です。

クイックへのオススメの転職方法

転職活動の進め方

情報収集段階はスカウトサービスで

スカウトサービスなら具体的な求人検索に加え、待っているだけで企業や転職エージェントからスカウトが届きます。スカウトは、興味があるものがあれば話だけでも聞いてみることできます。面談の練習などにもとてもおすすめです。

転職エージェントで対策を万全に

転職エージェントは、その時々の各企業の採用状況、非公開の求人から、どのような企業にどのような人が採用されやすいかまで、エージェントにしか知り得ない詳しい情報を保有しています。きっちり企業の状態を把握して選考対策を立てるために、エージェントの利用はマストです。まずは無料の求人紹介を受けてみて、求人状況や採用傾向を確認してみましょう

おすすめの転職サービス

クイックや、類似する業界の企業の実際に掲載されている求人などの情報などから、最適な転職サービスをご紹介します。

  • ベンチャーに強い
  • 20~30代向け
  • 第二新卒
  • スカウトサービス

若手の優秀層向け求人はNo1。大手からベンチャーまで

若手優秀層向けの都内の大企業、成長企業求人に強いスカウトサービス。登録しておくだけで、会社や業界特化の転職エージェントからスカウトが届く。主に20代から30代前半をターゲットにしており、ベンチャー、新規事業転職ならここの利用がおすすめ。

企業名 掲載職種
株式会社クイック ・インフラエンジニア(サーバエンジニア・ネットワークエンジニア)
・法人営業
・社内SE・情報システム
ジェイエイシーリクルートメント ・コンサルタント
・法人営業
株式会社メイテック ・法人営業
・開発
パーソルホールディングス株式会社 ・人事
・人事

キャリトレに無料登録

  • 地方に強い
  • 求人数No1
  • 大手に強い

求人数ダントツNo1。全ての人におすすめ

全国で求人数が圧倒的に多く、多くの転職者がまず使うサービス。大企業にも強く、キャリアブックが調査した上場企業3000社のうち、直近1年で半数近くの企業の求人を掲載している。

企業名 掲載職種
メイテック ・ソリューション営業
・その他

リクルートに無料登録

  • ハイクラス
  • 年収600万以上
  • 大手に強い
  • スカウトサービス

ハイクラス転職ならビズリーチ

ハイクラス向けのスカウト型転職サービス。年収600万円以上の人をメインターゲットにしており、大企業やハイクラス求人に強い様々な企業から声がかかる。自己応募も可能。

企業名 掲載職種
パーソルホールディングス ・人事(勤怠担当)
・社内SE

ビズリーチに無料登録

  • ハイクラス
  • 年収600万以上
  • 外資に強い

ハイクラス向けおすすめNo1エージェント

JACリクルートメントは、外資系から日系大手まで大手案件を多数保有するハイクラスをメインターゲットにした転職エージェントです。一番オススメなポイントは、求職者の担当と企業の窓口が共通なため、選考を受ける企業の細かな情報を知ることができることです。そのため選考をより有利にすすめることができます。

カテゴリ サービス / 商社、流通、外食 / 建設、不動産 / 金融 / クリエイティブ、マーケティング / 運輸、物流、倉庫 / IT、通信 / コンサル / 電気、電子、半導体 / 機械、自動車 / 化学 / 金属、素材、エネルギー / 医療、介護、福祉
面談拠点 東京、群馬、栃木、茨城、埼玉、神奈川、山梨、長野、愛知、静岡、大阪、京都、神戸、広島、岡山

JACに無料登録

失敗しないための転職ツール診断

間違った転職ツール選びはキャリアの失敗につながります。6問の質問に答えるだけで、あなたにあった転職サイトをチェックしよう。

10秒診断スタート

クイックの面接情報

面接・選考の流れ

STEP1
書類選考(SPI/適正診断)
クイックへの転職では、まず書類選考が実施されます。これまでの職歴や志望動機など、内容は基本通りのものになりますが、第二新卒の場合、簡単な適正診断等がおこなれる可能性はあります。
STEP2
面接(2~4回)
書類選考に通過すると次は面接です。人事面接→現場社員面接→役員面接と、基本的には複数回に渡って面接が行われるようですが、ポジションによっても変化すると思われます。(人事面接が最後のパターンもあります)
STEP3
内定・入社
面接を通過すれば内定が出ます。その後、条件などの入社交渉を行ないます

面接の口コミ

キャリコネより、クイックの選考関連の口コミを一部ご紹介します。口コミが気になる方は、詳しくはキャリコネをご参考ください。

部署:キャリアコンサルティング事業部
役職:代理店営業

自分史を教えてください。

回答
具体的に生まれてから記憶のある範囲内で自分史を話しました。突然でびっくりしたのでこのように答えることしかできませんでした。あと数個オーソドックスな質問をされました。

部署:総合職
役職:カウンターセールス

あなたの課題は?人生で一番へこんだことは?

回答
課題→今の自分の欠点を述べてその後、課題を答えました。
人生で一番へこんだことを話した後に、そこで学んだ事を話しました。

部署:株式会社ミロク情報サービス
役職:法人営業

・入社した際に最初にあながたやることは何ですかという質問

回答
・入社後、まずは多くの方と会話をしてコミュニケーションを促進することを心掛けると伝えました。回答の背景は、分からない業務やルールなどがあるなか、誰に何を聞いたらよいか把握するためにはまずは一緒に働いている人と会話をして相手を知ること、知ってもらうことが重要だと思ったためです。

部署:営業
役職:コンサルティング営業

特になし。

回答
面接官2名との個人面接であった。会議室のような部屋の後ろの机に荷物を置くように指示され、すぐに椅子に座った。はじめに、自己紹介と自己PRをし、その後は転職理由等を中心に、答えやすい内容であった。最後に、転職時期等の質問をされた。

部署:人材紹介部
役職:マーケティングコンサルタント

退職理由としては弱い気がするが他に大きな理由はないか。

回答
(転職理由:もっと人と関わり成長したい)
初めは自分自身もそう思いました。
ですから、転職を考え初めて1年間は目標を設定しながら続けてがんばってきました。
しかし、やはり人ともっと交わりたいという、人の役に立ち信頼関係を築いていきたいという思いは強くなっていくばかりで、ここにいても他のことを考えていてはこれ以上成長しないと思い、転職を決意致しました。

部署:人材紹介事業部
役職:人材コンサルタント

セルフスターターを持っているかどうか。
ピュアな人間であるかどうか。

回答
セルフスターターについては、能動的に行動できる事をアピールしたように思います。
ピュアな人間であるかどうかは、正直さ、真面目さがポイントだと思います。

キャリコネはこちら

クイックの総合転職難易度

様々な情報から、Careerbookが調査した上場企業3000社の中での相対的なクイックへの転職難易度を総合的に評価したところ、転職難易度は「B:難易度は高め」になりました。

企業人気度 人気企業
中途採用について 勤続年数は短めで、中途採用も活発
競争率について 上場企業としては平均的な年収水準。難易度は一般的
総合難易度 B:難易度は高め

あくまでもこれは会社全体としての傾向です。職種やポジションによって実際は異なりますし、どのような経験を持った人材を採用しているかは、その時々で常に変化しています。
転職サービスを利用して情報収集を欠かさず行い、タイミングをつかんでより良い転職ができるようにしましょう。

業界別難易度ランキング

順位 会社名
1位 パソナグループ
2位 クイック
3位 学情
4位 メイテック
5位 テクノプロ・ホールディングス
6位 夢真ホールディングス
7位 ウィルグループ
・・・・・・・・
46位 キャリアリンク

人材サービス業界では転職難易度は第2位

人材サービス業界の企業内でのクイックの年収ランキングは第2位です。
人材サービス業界の年収第1位はパソナグループ、第2位は学情、第3位はメイテックとなっています。

このランキングは、人気度や最近の採用の傾向。平均年収から算出する競争率などから総合的にCareerbooks独自で作成したものです。精度は向上するように務めておりますが、一部企業は情報不足により不確かな状態です。あくまで参考値としてご理解ください。
転職ツール選び。間違えてませんか?10秒転職ツール診断

間違った転職ツール選びはキャリアの失敗につながります。6問の質問に答えるだけで、あなたにあった転職ツールをチェックしよう。

現在の転職意欲は?(1/6問)
次へ

キャリアアドバイザーによる人材サービスへの転職の解説

採用傾向

採用数はとても多い

人材業界の採用数は非常に多く、中途採用も活発です。理由としては営業やキャリアアドバイザーなど、人による仲介を主な価値とするため、組織の人数が多いこと、勤続年数が比較的短く、5~10年で転職するため、人材の流動性が高いためです。

あらゆる会社での経験が生かせる

採用はあらゆる組織で行われており、人材業界の顧客対象はすべての会社です。社会で働いている以上、組織や採用に全く関わっていない人はおらず、また、どんな業界にいても、その業界の組織や人材に関する知見を持っているので、その業界に対する人材サービスの提供に生かすことができます。

転職について

業界未経験での転職が活発

前述の通り、人材業界では未経験からの採用が活発です。基本的にそれなりの会社でしっかりと働いていた経験があり、人材業界でしっかりやっていけそうなメンタルがある方であれば、十分にチャンスはあると思います。

特に営業は採用数が多い

人材業界の営業は特に未経験での採用が多いです。ただ、直販代理店営業比率、新規営業のアプローチ方法(インサイドセールスの有無)など会社によっても営業体制・カルチャーの特徴があり、自分にフィットする営業組織を見つけるのが重要だと思います。

例えばリクルートなどは非正規雇用での営業採用なども行っており、そちらの選考を案内されることもありますが、そういう働き方を希望しない場合、あまり大手に拘らずに、少し会社のランクをおとして正社員として経験を積み、再度チャレンジしても良いと思います。

人材企業間でのスライド転職も多い

人材業界の特徴として、大手企業間での転職も多いことが挙げられます。転職理由としては、条件面ではなく、人材の中でもこういう仕事がしたい。でも今の会社だとなかなか取り組めないから、他社の求人に応募して、転職。というパターンが多い印象です。人材企業は基盤ビジネス以外にも様々な事業を展開しているため、職種にもよりますが、希望通りの部署に配属さえないケースもあるということですね。

どういう人に向いているか

人に興味がある人

人材業界に転職されるは、仕事の中で「人」に関りたいと思っていたり、人に貢献したいという思いを持っている方が多い印象を受けます。逆に人や組織に興味が持てない人は、人材業界の商材を深く理解することが難しいため、あまりむていないかもしれません。

とにかく営業力をつけたい

これまで、人材業界はリクルートを中心に強い営業力を持った企業が勝利してきた歴史があります。そのため高い営業ノウハウ・プロセスを持った組織が多く、営業人材としても高いレベルの人材が集まっています。新しい採用プランを提案する部署の場合、顧客の担当者は社長や重要ポジションであることが多く、重役ポジションへの営業のノウハウ構築にも最適です。

選考について

選考は一般的な内容

人材業界の選考は、基本的な内容になります。書類選考と2、3回の面接で行われ、現場の責任者と人事と話すことになると思います。

エージェントが会社に詳しい可能性が高い

人材業界に関しては、どんなエージェントも同じ業界の会社なので、ある程度事情や特徴を把握している可能性が高いです。事前準備としては、エージェント経由であればできるだけ詳しくその会社の事情を聞いて置きましょう。

クイックの転職ニュース

クイックの転職ニュース

...技術者らの転職サイトを運営するクイックは「特に30~40歳代の引き合いが強い」と分析。比較的長く働ける即戦力への需要が高い。 「中途採用にもさらに力を入れていきたい」。アイリスオーヤマ(仙台市)次期社長の大山晃弘取締役は取材で、不足が目立つ品質管理にあたる人材などの確保を課題にあげた。 ...
...求人広告事業は製造業中心に中途採用の掲載企業が増える。1割強の増収。人員増加に伴う経費増をこなし営業増益。純利益は3期連続で最高を更新する。1部上場に伴う記念配を5円実施。普通配は年間で4円増やす。...
...求人広告事業も企業の中途採用の増加で取引社数を拡大。5期連続の増収。前期計上した固定資産売却に伴う特別損失減少。最終利益は2ケタ増で最高益。普通配1円増だが、2円の記念配なくなる。...
...求人広告事業も中途採用がけん引。純利益は2ケタ増、上振れの公算も。記念配当2円。15年3月期は広告宣伝をさらに増やして企業の需要取り込む。5期連続の増収で、過去最高益の見通し。...
...中途採用の求人広告も大幅増。人件費増えるが広告宣伝費の削減で吸収し2桁増益。4~6月期で通期の利益予想を超えており上振れも。年配当は1円増の9円。...
...【2期連続最高益】企業の採用意欲の高まりを受けて、中途採用の求人広告が前期に引き続き業績をけん引する。人材紹介は案件数が増えて増収となるが競争激化で利益率の改善は進まず。...
...中途採用する企業がだいぶ増えてきたとはいえ、新卒時に非正規雇用だった人がその後に正規雇用される道は広いとはいえません。わずか数カ月の就職活動の成否で生涯賃金が約1億円も違うとなれば大学生も必死です。 ...

関連企業の転職ニュース

... 技術者派遣のメイテックは9月1日から、地域限定社員制度を導入する。第1弾として子会社のメイテックフィルダーズの中途採用で始める。まずは九州地域だけで働ける社員を採用し、需要があれば他の地域への展開も視野に入れる。...
...【採用方針】技術者の量より質を重視し、メイテック単独の中途採用を期初計画比30人抑制。...
...ここはメイテック最大の研修施設。年間約1000人の社員が技術力を磨く。 メイテックは全国に複数ある研修施設で技術者を育成し、メーカーなどに派遣する。研修では主にベテラン社員が講師となり技術を伝授する。...
...大手の2017年度の中途採用はテクノプロが前年度比32%増の2737人、メイテックが1.5倍の442人に上るが、なお「人が足りず仕事を断っている」。背景には技術の急速な進化がある。 ...
...中途採用も増やし、派遣技術者の陣容を強化図る。...
...メイテックは2015年4月に575人の理系新卒学生を採用する。パソナグループも15年5月までに半導体技術者を100人雇う。景気回復に伴い人手不足が顕在化するなか、製造業やIT(情報技術)関連で高い技能を持った派遣従業員の需要が急増。...
...競争が激しい中途採用で計画通りの採用数を確保できるかが、来期に向けた成長のカギ。...

クイックの職種別転職情報

事業構造

事業部 事業概要
人材サービス事業(人材紹介) 職業安定法に基づき有料職業紹介事業を行い、登録型人材バンクとしてサービスを提供。
人材サービス事業(人材派遣・紹介予定派遣・業務請負、保育園運営、保育人材の紹介・派遣) 労働者派遣法に基づいて労働者派遣事業を行い、企業の依頼内容にマッチした人材を派遣。
リクルーティング事業 採用実務や人材育成など、様々な採用・人事課題の解決をワンストップでサポート。
海外事業 世界各地で現地日系企業を対象に様々な人材を紹介。
情報出版事業 地域情報誌の出版及びポスティング、対面相談サービスなどを展開。
IT・ネット関連事業 『日本の人事部』の運営及びWebシステム・アプリ・AIを用いたソリューションの開発。

職種紹介

法人営業

業務内容

求人広告や新卒採用支援、中途採用の人材紹介、人材派遣など人材を必要としている企業に対して、採用活動における課題解決のための営業活動を行います。既存顧客への追加提案やフォローを行いながら、飛び込みやテレアポ等での新規顧客開拓も行います。

必要なスキル・資格

法人営業の経験や、人事部での業務経験・採用担当経験など事業会社での人材周りの経験・スキルがあれば活かすことができます。様々な業種・職種を取り扱うため、業界知識を持っていると役立ちます。顧客や転職を考えている求職者、派遣スタッフ等とのコミュニケーション能力も求められます。

キャリアコンサルタント

業務内容

企業と求職者の仲介役となり、採用活動・転職活動の支援を行います。企業に対しての新規開拓営業、求める人材のヒアリング・提案、求人票の作成、求職者に対してのキャリアカウンセリングやレジュメのブラッシュアップ、面接対策などが一般的な業務内容です。企業対応と求職者対応を分ける分業型と、企業対応と求職者対応をともに行う一気通貫型があります。

必要なスキル・資格

取引先の企業や求職者とのやり取りが多いため、コミュニケーション能力が求められます。国家資格である「キャリアコンサルタント」や、「キャリアコンサルティング技能士」資格を保有していると役に立ちます。

求人ライター・ディレクター

業務内容

新卒や中途、アルバイト・パートなど求人に関連する原稿の作成を行います。企業担当者(営業)から、採用したい人材像や採用における課題などの共有を受け、採用ニーズを把握した上で原稿の作成を行います。営業に同行して取材を行うこともあります。取り扱う媒体は、Webやフリーペーパー・新聞折り込みなど様々です。

必要なスキル・資格

基本的なPCスキルやタイピング能力に加え、オフィスソフト(Word・Excel)の使用経験が求められることがあります。Webデザインの経験や、Illustrator・Photoshopの使用経験が役立つこともあります。

クイックについて

会社概要

社名 クイック
 本社所在地 大阪市北区小松原町2−4 大阪富国生命ビル
 代表者 川口 一郎
 資本金 351百万円
 売上 192
 従業員 1003
業界 人材サービス

業績情報

直近の年間売上高
192億円
従業員あたりの売上
1912万円
売上業界ランキング
25位/51社
3年間の売上変化率
131.52%

主要企業の売上高の推移


会社名 2000年度 2001年度 2002年度 2003年度 2004年度 2005年度 2006年度 2007年度 2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
リクルートホールディングス -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円 7527億円 8067億円 1兆493.00億円 1兆1916.00億円 1兆3000.00億円 1兆5887.00億円 1兆8400.00億円 2兆1734.00億円 -円
パソナグループ -円 -円 -円 -円 -円 -円 2039億円 2313億円 2370億円 2187億円 1836億円 1789億円 1815億円 2077億円 2087億円 2263億円 2638億円 2804億円 3115億円 -円
パーソルホールディングス -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円 2451億円 2247億円 2253億円 2332億円 2473億円 3625億円 4011億円 5176億円 5920億円 7222億円 9259億円
ニチイ学館 -円 -円 1424億円 1713億円 1900億円 2016億円 2063億円 2026億円 1998億円 2137億円 2354億円 2409億円 2574億円 2672億円 2715億円 2719億円 2736億円 2767億円 2838億円 2879億円

主要企業の平均年収の推移


会社名 2000年度 2001年度 2002年度 2003年度 2004年度 2005年度 2006年度 2007年度 2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
リクルートホールディングス -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 966万円 904万円 872万円 958万円 962万円
パソナグループ -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 610万円 574万円 510万円 505万円 526万円 526万円 513万円 549万円 553万円 586万円 -万円 -万円
パーソルホールディングス -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 685万円 708万円 737万円 758万円 755万円 -万円 704万円 659万円 657万円 638万円 -万円
ニチイ学館 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 341万円 330万円 329万円 314万円 291万円 292万円 295万円 350万円 340万円 339万円 341万円 351万円 394万円 404万円

関連記事

クイックの年収情報・業界ランキング
【2020最新】クイックの年収は?職種や年齢別の給与・ボーナス・評価制度などまとめ!有価証券報告書によると、クイックの平均年収は578万円。平均年齢は30.2歳。人材サービス業界の年収ランキングは9位となっています。 ま...
クイックの売上高・業績
【2019年最新】クイックの売上・業績を調査!四半期ごとの推移や、業界内のランキングを紹介!クイックの最新の売上高は192億円。業界内でのランキングは、第22位です。 今回は、クイックの売上や利益の業績情報を、競合企業との比較ラ...

クイックの転職FAQ

公式サイトで公開されている、採用に関する質問と回答をまとめました。詳しくは公式サイトをご確認ください。

Q:応募~内定までのプロセスを教えて下さい
A:応募 → 書類選考 → 面接 → 内定
まずはこちらのページよりお気軽にご応募下さい。追って担当者より応募書類の提出方法や詳細な選考フローについて、メールでご連絡致します。
※「@919.jp」からのメールを受信できるよう受信設定をお願いします。
Q:応募後、連絡がないのですが…。
A:ホームページよりご応募いただいた方には、すぐに受付メールを自動送信しております。応募から24時間経っても届かない場合は、迷惑メールボックス等、他の受信フォルダに振り分けられていないか一度お確かめ下さい。
Q:現職中のため、平日の夜に面接を行ってもらうことは可能ですか?
A:可能です。会社として残業を制限しているため時間帯によっては難しい場合がございますが、できる限りご希望を考慮しますので、面接日程調整の際にお申し付け下さい。
Q:私服で働いているのですが、仕事帰りに面接に行く場合、スーツでなくても大丈夫でしょうか?
A:はい。その場合は普段通りの服装でお越し下さい。
Q:応募にあたって学歴や性別、年齢、国籍などの制限はありますか?
A:ありません。
Q:転勤はありますか?
A:積極的な事業展開を行っているため、可能性がゼロとは言い切れません。但し、本人の希望は最大限考慮します。