転職ノウハウ

【2020最新】岩谷産業への転職を徹底分析。面接での質問や年収情報などからわかる転職難易度とは

この記事では、岩谷産業への転職を考えている人向けに、年収などの水準、採用傾向求人が豊富な最適な転職サービス面接対策、それらをもとに総合的に判断した転職難易度を紹介しています。

この記事は、IR情報、口コミサイト、業界担当のキャリアアドバイザーへのヒアリング情報をソースとし、Careerbooksが独自に算出した難易度をもとに作成しています。
転職ツール選び。間違えてませんか?10秒転職ツール診断

間違った転職ツール選びはキャリアの失敗につながります。6問の質問に答えるだけで、あなたにあった転職ツールをチェックしよう。

現在の転職意欲は?(1/6問)
次へ

岩谷産業に転職成功する方法

転職エージェントで対策を万全に

転職エージェントは、非公開求人や、その時々の各企業の採用状況から、どのような企業にどのような人が採用されやすいかまで、詳しいデータを保有しています。そういう意味でもエージェントの利用はマストです。まずは無料の転職相談を受けてみて、直接疑問点を確認してみましょう

情報収集段階はスカウトサービスで

転職エージェントの利用がまだ早いと感じる方は、スカウトサービスを利用しましょう。スカウトサービスなら具体的な求人検索に加え、待っているだけで企業や転職エージェントからスカウトが届きます。スカウトは、興味があるものがあれば話だけでも聞いてみることできます。面談の練習などにもとてもおすすめです。

  • 地方に強い
  • 求人数No1
  • 大手に強い

求人数ダントツNo1。全ての人におすすめ

全国で求人数が圧倒的に多く、多くの転職者がまず使うサービス。大企業にも強く、キャリアブックが調査した上場企業3000社のうち、直近1年で半数近くの企業の求人を掲載している。

企業名 掲載職種
旭化成株式会社 ・経理/財務/人事
・マーケティング
株式会社クラレ ・経理/財務/人事
・研究開発
豊田合成株式会社 ・開発・エンジニア・設計
・社内SE
AGC ・品質保証
・造案件の営業

リクルートに無料登録

岩谷産業の基本情報

転職先の組織や事業状態を把握しておくことは非常に重要です。転職・求人の情報の前に、まずはIR情報から、岩谷産業の売上規模や年収情報をご説明します。

会社規模

順位 会社名 売上高
1位 JXTGホールディングス 11兆1296億円
2位 三菱ケミカルホールディングス 3兆9234億円
3位 富士フイルムホールディングス 2兆4315億円
4位 住友化学 2兆3186億円
5位 旭化成 2兆1704億円
6位 信越化学工業 1兆5940億円
・・・・・・・・
24位 三愛石油 7269億円
25位 岩谷産業 7151億円
26位 日立化成 6810億円

売上は業界で第25位

化学・素材・バイオ業界の企業内での岩谷産業の売上ランキングの順位は第25位です。

年収情報

平均年収
917万円
平均年齢
39.1歳
全体ランキング
139位/3400社
業界内ランキング
7位/246社

年収と勤続年数の傾向



年収は上位10%の高水準

全国の上場企業約3000社を対象にした平均年収の調査において、岩谷産業の平均年収917万円は、上位10%の高水準です。また全国3000社の上場企業の平均年収の中央値は650万円前後となっています。

勤続年数は平均より長め

岩谷産業の平均勤続年数15.2年は、全国の上場企業約3000社を対象にした平均年収の調査において、平均より長めとなっています。また全国3000社の上場企業の勤続年数の中央値は11年前後です。

失敗しないための転職ツール診断

間違った転職ツール選びはキャリアの失敗につながります。6問の質問に答えるだけで、あなたにあった転職サイトをチェックしよう。

10秒診断スタート

岩谷産業の面接情報

面接・選考の流れ

STEP1
書類選考(SPI/適正診断)
岩谷産業への転職では、まず書類選考が実施されます。これまでの職歴や志望動機など、内容は基本通りのものになりますが、第二新卒の場合、簡単な適正診断等がおこなれる可能性はあります。
STEP2
面接(2~4回)
書類選考に通過すると次は面接です。人事面接→現場社員面接→役員面接と、基本的には複数回に渡って面接が行われるようですが、ポジションによっても変化すると思われます。(人事面接が最後のパターンもあります)
STEP3
内定・入社
面接を通過すれば内定が出ます。その後、条件などの入社交渉を行ないます

面接の口コミ

キャリコネより、岩谷産業の選考関連の口コミを一部ご紹介します。口コミが気になる方は、詳しくはキャリコネをご参考ください。

部署:総合職
役職:代理店営業

岩谷への思い。

回答
熱意を持って答えた。
活気のある社風に感じていた点。
また、私自身の志望度が非常に高っかった点。
以上二点から誠意と気持ちが伝わるように臨みました。

部署:営業部
役職:代理店営業

うちの業務内容はまぁいいからあなたが人間として何を成し遂げたいのか教えてくれ。

回答
自分の名前をなんらかの形で残したいと答えた。質問もかなり抽象的だったので、自分としても答えに困った末にこのように答えることになった。

キャリコネはこちら

岩谷産業に転職成功する方法

転職エージェントで対策を万全に

転職エージェントは、その時々の各企業の採用状況から、どのような企業にどのような人が採用されやすいかまで、詳しいデータを保有しています。また、岩谷産業のような企業は重要なポジションは転職エージェントにしか扱えない非公開求人で採用していることも多いため、そういう意味でもエージェントの利用はマストです。まずは無料の求人紹介を受けてみて、求人状況や採用傾向を確認してみましょう

  • 地方に強い
  • 求人数No1
  • 大手に強い

求人数ダントツNo1。全ての人におすすめ

全国で求人数が圧倒的に多く、多くの転職者がまず使うサービス。大企業にも強く、キャリアブックが調査した上場企業3000社のうち、直近1年で半数近くの企業の求人を掲載している。

企業名 掲載職種
旭化成株式会社 ・経理/財務/人事
・マーケティング
株式会社クラレ ・経理/財務/人事
・研究開発
豊田合成株式会社 ・開発・エンジニア・設計
・社内SE
AGC ・品質保証
・造案件の営業

リクルートに無料登録

転職ツール選び。間違えてませんか?10秒転職ツール診断

間違った転職ツール選びはキャリアの失敗につながります。6問の質問に答えるだけで、あなたにあった転職ツールをチェックしよう。

現在の転職意欲は?(1/6問)
次へ

岩谷産業の総合転職難易度

様々な情報から、Careerbookが調査した上場企業3000社の中での相対的な岩谷産業への転職難易度を総合的に評価したところ、転職難易度は「A:難易度はかなり高め」になりました。

企業人気度 人気企業
中途採用について 勤続年数はかなり長めで、中途採用文化は少なめ
競争率について 上場企業でもかなりの高年収。かなり競争率が激しく難易度は高い
総合難易度 A:難易度はかなり高め

あくまでもこれは会社全体としての傾向です。職種やポジションによって実際は異なりますし、どのような経験を持った人材を採用しているかは、その時々で常に変化しています。
転職サービスを利用して情報収集を欠かさず行い、タイミングをつかんでより良い転職ができるようにしましょう。

業界別難易度ランキング

順位 会社名
1位 三菱ケミカルホールディングス
2位 伊藤忠エネクス
3位 岩谷産業
4位 住友化学
5位 帝人
6位 旭化成
7位 住友ゴム工業
8位 未来工業
・・・・・・・・
243位 天昇電気工業

化学・素材・バイオ業界では転職難易度は第3位

化学・素材・バイオ業界の企業内での岩谷産業の年収ランキングは第3位です。
化学・素材・バイオ業界の年収第1位は三菱ケミカルホールディングス、第2位は伊藤忠エネクス、第3位は住友化学となっています。

このランキングは、人気度や最近の採用の傾向。平均年収から算出する競争率などから総合的にCareerbooks独自で作成したものです。精度は向上するように務めておりますが、一部企業は情報不足により不確かな状態です。あくまで参考値としてご理解ください。

岩谷産業の転職ニュース

関連企業の転職ニュース

… 旭化成は30日、人手不足となっている繊維事業の技術系社員を今後10年で3~5割増やす方針を明らかにした。…
…旭化成は18年度に素材、住宅建材、ヘルスケアなどの事業部門に密着して自社が持つ知財の強みと弱みを調べあげた。知財部にIPランドスケープに専念する知財戦略室を設け、約10人の「アナリスト」が各事業部の担当者と二人三脚でリポートを仕上げていった。 …

岩谷産業について

会社概要

社名 岩谷産業
 本社所在地 大阪市中央区本町3−6−4 本町ガーデンシティ
 代表者 谷本 光博
 資本金 20,096百万円
 売上 7151
 従業員 9749
業界 化学・素材・バイオ

業績情報

直近の年間売上高
7151億円
従業員あたりの売上
7335万円
売上業界ランキング
25位/269社
3年間の売上変化率
121.6%

主要企業の売上高の推移


会社名 2000年度 2001年度 2002年度 2003年度 2004年度 2005年度 2006年度 2007年度 2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
旭化成 -円 -円 1兆1954.00億円 1兆1937.00億円 1兆2536.00億円 1兆3777.00億円 1兆4987.00億円 1兆6238.00億円 1兆6968.00億円 1兆5212.00億円 1兆3923.00億円 1兆5560.00億円 1兆5733.00億円 1兆6667.00億円 1兆8978.00億円 1兆9865.00億円 1兆9410.00億円 1兆8830.00億円 2兆423.00億円 2兆1705.00億円
富士フイルムホールディングス 1兆3489.00億円 1兆3834.00億円 2兆4012.00億円 2兆5058.00億円 2兆5604.00億円 2兆5274.00億円 2兆6675.00億円 2兆7826.00億円 2兆8469.00億円 2兆4344.00億円 2兆1817.00億円 2兆2073.00億円 2兆1810.00億円 2兆1996.00億円 2兆4181.00億円 2兆4634.00億円 2兆4604.00億円 2兆3222.00億円 2兆4334.00億円 2兆4315.00億円
住友化学 9504億円 1兆410.00億円 1兆184.00億円 1兆1112.00億円 1兆1585.00億円 1兆2964.00億円 1兆5567.00億円 1兆7901.00億円 1兆8966.00億円 1兆7883.00億円 1兆6210.00億円 1兆9825.00億円 1兆9479.00億円 1兆9525.00億円 2兆2438.00億円 2兆3767.00億円 2兆1018.00億円 1兆9543.00億円 2兆2170.00億円 -円
JXTGホールディングス 4兆769.00億円 3兆9496.00億円 4兆1874.00億円 4兆2798.00億円 4兆9242.00億円 6兆1180.00億円 6兆6243.00億円 7兆5240.00億円 7兆3893.00億円 5兆7743.00億円 -円 9兆6344.00億円 10兆7239.00億円 11兆2195.00億円 12兆4121.00億円 10兆8825.00億円 8兆7379.00億円 8兆1361.00億円 -円 -円
三菱ケミカルホールディングス -円 -円 -円 -円 -円 2兆1895.00億円 2兆4090.00億円 2兆6229.00億円 2兆9299.00億円 2兆9091.00億円 2兆5151.00億円 3兆1668.00億円 3兆2082.00億円 3兆886.00億円 3兆4989.00億円 3兆6563.00億円 3兆5434.00億円 3兆3761.00億円 3兆7245.00億円 3兆9235.00億円

主要企業の平均年収の推移


会社名 2000年度 2001年度 2002年度 2003年度 2004年度 2005年度 2006年度 2007年度 2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
旭化成 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 909万円 890万円 915万円 906万円 804万円 845万円 924万円 893万円 846万円 903万円 922万円 771万円 765万円 788万円
富士フイルムホールディングス -万円 -万円 845万円 839万円 827万円 836万円 826万円 1069万円 1042万円 1134万円 1064万円 1066万円 1098万円 1099万円 1071万円 1071万円 1047万円 972万円 998万円 -万円
住友化学 -万円 710万円 727万円 742万円 750万円 780万円 785万円 795万円 805万円 776万円 727万円 772万円 782万円 755万円 764万円 801万円 845万円 855万円 872万円 904万円
JXTGホールディングス 722万円 746万円 887万円 883万円 938万円 945万円 1143万円 1168万円 1106万円 1055万円 1070万円 1035万円 1243万円 1178万円 1158万円 1068万円 1105万円 1106万円 1213万円 1205万円
三菱ケミカルホールディングス -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 1078万円 1126万円 1290万円 1455万円 1371万円 1294万円 1250万円 1022万円 1067万円 1100万円 1146万円 1441万円 1739万円 -万円

関連記事

岩谷産業の年収情報・業界ランキング
【2020最新】岩谷産業の年収は?職種や年齢別の給与・ボーナス・評価制度などまとめ!有価証券報告書によると、岩谷産業の平均年収は906万円。平均年齢は39.1歳。化学・素材・バイオ業界の年収ランキングは9位となっています...
岩谷産業の売上高・業績
【2019年最新】岩谷産業の売上・業績を調査!四半期ごとの推移や、業界内のランキングを紹介!岩谷産業の最新の売上高は7151億円。業界内でのランキングは、第25位です。 今回は、岩谷産業の売上や利益の業績情報を、競合企業との比較...

岩谷産業の転職FAQ

公式サイトで公開されている、採用に関する質問と回答をまとめました。詳しくは公式サイトをご確認ください。

Q:一度配属されたら別の事業部門に異動する事は少ないと聞きましたが、いかがですか。
A:当社の場合、CDP(キャリア・ディベロップメント・プログラム)制度を導入し、入社3年間の間に、初期配属を含めて2つ以上の職場を経験するよう異動を行います。また、年に一度、全社員を対象に異動先の希望を申告する制度があります。さらに、年に一度新事業提案推進や、関係会社出向、社内他部門異動などの社内公募を実施しており、希望業務に転任できる制度もあります。
Q:研修について教えてください。
A:社員のスキルアップを目的とし、新入社員研修をはじめ各部門別に専門知識を身に付ける部門研修、階層別の研修など、幅広く実施しています。さらに、総合コースの社員を対象とした海外留学制度があり毎年5~6名を欧米や中国に派遣しています。また、各種通信教育講座やオンライン語学研修を開設し、一人ひとりの目的とレベルにあわせたフォローを行っています。

研修を効果的なものにするためには、プログラム内容や講師はもちろん重要ですが、研修を行う環境も重要なファクターとなります。当社は、自社の研修施設である「琵琶湖コンファレンスセンター」を所有しています。ここには、多目的ルームや各種ミーティングルーム、OAルームが完備されているほか、レストラン、ナイター設備付きテニスコート、サウナ付き大浴場などがあり、整った環境の中で充実した研修を行うことができます。

Q:海外留学について教えてください。
A:総合コース若手社員(20代後半~30代前半)を対象に約6ヵ月間、または、約1年間の海外留学を実施しています。派遣先は英語圏(米・英)と中国語圏で、派遣人数は毎年5~6名程度です。ホームステイによる現地の語学学校への通学に加え、研修終了後、引き続き現地の海外事業所にて実務研修を実施します。
Q:福利厚生について
A:採用データをご確認ください。
Q:出産や育児に関するサポート体制について教えてください。
A:妊娠・出産・育児と仕事の両立をサポートするため、産前・産後休暇制度、育児休業制度をはじめとした各種支援制度を整備しています。また、スムーズに仕事復帰しその後も継続的に勤務できるように、産休前面談・復職前面談の実施や休業中の自己啓発支援などのサポートも実施しています。時代の変化や社員のニーズに合わせ、仕事と家庭を両立できる環境整備に積極的に取り組んでいます。なお2015年度には厚生労働省から「子育てサポート企業」として認定されました。(くるみんマーク取得)