業績・売上

【2019年最新】日本国土開発の売上・業績を調査!四半期ごとの推移や、業界内のランキングを紹介!

日本国土開発の売上高・業績

日本国土開発の最新の売上高は1195億円。業界内でのランキングは、第44位です。
今回は、日本国土開発の売上や利益の業績情報を、競合企業との比較ランキング・過去の推移の比較という形で行いました。

是非最後までご覧ください!

日本国土開発の売上・業績について

直近の年間売上高
1195億円
従業員あたりの売上
11929万円
売上業界ランキング
44位
3年間の売上変化率
101.66%
スポンサーリンク

日本国土開発について

会社概要

会社概要

社名 日本国土開発
本社所在地 東京都港区赤坂4−9−9
会社URL https://www.n-kokudo.co.jp/
代表者 朝倉 健夫
資本金 5,012百万円
 従業員 1002
業界 建築・工事
失敗しないための転職ツール診断

間違った転職ツール選びはキャリアの失敗につながります。6問の質問に答えるだけで、あなたにあった転職サイトをチェックしよう。

10秒診断スタート

日本国土開発の業績の推移・変化率

売上推移

過去3年間の売上の推移

年間売上は1195億円。3年間の変化率は101.66%


年度 売上高 前年度比率
2019年 1196億円 101.66%
2018年 1176億円 -%
2017年 -円 -%

日本国土開発の直近の売上高(連結)は、1195億円です。直近3年間での成長率は101.66%と上昇傾向にあります。

営業利益率は12%

年度 営業利益 前年度比率
2019年 146億円 93.02%
2018年 157億円 -%
2017年 -円 -%

日本国土開発の直近の営業利益(連結)は、146億億円。営業利益率は営業利益率は12%です。

スポンサーリンク

日本国土開発の売上高の比較・ランキング

競合との比較

①売上高のランキング

トップ5社の売上シェア比率


売上高:建築・工事業界では第44位

建築・工事業界の企業内での日本国土開発の売上ランキングの順位は第44位です。
建築・工事業界の売上高ランキング第1位は大林組、第2位は鹿島建設、第3位は清水建設になっています。
建築・工事業界のランキング一覧はこちら

順位 会社名 売上高
1位 大林組 2兆397億円
2位 鹿島建設 1兆9743億円
3位 清水建設 1兆6650億円
4位 大成建設 1兆6509億円
5位 長谷工コーポレーション 8910億円
6位 関電工 5636億円
・・・・・・・・
39位 東鉄工業 1347億円
40位 飛島建設 1289億円
41位 錢高組 1281億円
42位 乃村工藝社 1259億円
43位 新日本空調 1224億円
44位 日本国土開発 1195億円
45位 メタウォーター 1173億円
46位 ナカノフドー建設 1172億円
47位 ヒノキヤグループ 1103億円
48位 ピーエス三菱 1103億円
49位 日本工営 1060億円
・・・・・・・・
161位 省電舎ホールディングス 13億円
※こちらの情報は、おもに有価証券報告書にて掲載されている売上情報を参考に、約3000社のデータベースを制作して算出しています。

売上高:全体では第840位

CareerBookが調査した有名企業約3000社の中で、日本国土開発は売上ランキング840位です。

順位 会社名 売上高
1位 トヨタ自動車 30兆2257億円
2位 三菱商事 16兆1038億円
3位 ホンダ(HONDA) 15兆8886億円
4位 日本郵政 12兆7750億円
5位 NTT東日本(日本電信電話) 11兆8798億円
6位 伊藤忠商事 11兆6005億円
・・・・・・・・
835位 日本コークス工業 1212億円
836位 ベルシステム24ホールディングス 1211億円
837位 エコス 1211億円
838位 日本取引所グループ 1211億円
839位 ツムラ 1209億円
840位 日本国土開発 1195億円
841位 ヤギ 1194億円
842位 クリエイト・レストランツ・ホールディングス 1193億円
843位 ニチハ 1192億円
844位 品川リフラクトリーズ 1191億円
845位 萩原電気ホールディングス 1190億円
・・・・・・・・
3586位 RISE 1億円
※こちらの情報は、おもに有価証券報告書にて掲載されている売上情報を参考に、約3000社のデータベースを制作して算出しています。

②従業員当たりの売上のランキング

従業員あたり売上:建築・工事業界で第11位

建築・工事業界内での日本国土開発の従業員あたりの売上ランキングの順位は第11位です。

順位 会社名 売上高
1位 新日本建設 19,191万円
2位 五洋建設 16,329万円
3位 三栄建築設計 13,939万円
4位 大林組 13,839万円
5位 錢高組 13,445万円
6位 若築建設 13,150万円
7位 長谷工コーポレーション 12,776万円
8位 ソネック 12,453万円
9位 松井建設 11,978万円
10位 西松建設 11,963万円
11位 日本国土開発 11,929万円
12位 東急建設 11,905万円
13位 前田建設工業 11,650万円
14位 大成建設 11,438万円
15位 大末建設 11,340万円
16位 鹿島建設 10,790万円
・・・・・・・・
142位 エプコ 647万円
※こちらの情報は、おもに有価証券報告書にて掲載されている売上情報を参考に、約3000社のデータベースを制作して算出しています。
スポンサーリンク

従業員数やキャッシュフロー、資産などの情報

その他の指標

営業キャッシュフロー

年度 営業キャッシュフロー
2019年 53.83億
2018年 93.86億
2017年

投資キャッシュフロー

年度 投資キャッシュフロー
2019年 -136.18億
2018年 -62.18億
2017年

財務キャッシュフロー

年度 売上高
2019年 24.95億
2018年 -43.61億
2017年

総資産

年度 資産
2019年 1292.12億
2018年 1206.27億
2017年

従業員に関するデータ

平均年収 792万円
従業員数 1002人
平均年齢 42.1歳
スポンサーリンク

関連記事

日本国土開発の年収情報・業界ランキング
【2021最新】日本国土開発の年収は?職種や年齢別の給与・ボーナス・評価制度などまとめ!有価証券報告書によると、日本国土開発の2021年2月時点で最新の平均年収は754万円。平均年齢は41.6歳。建築・工事業界の年収ランキン...