業績・売上

【2019年最新】アジアパイルホールディングスの売上・業績を調査!四半期ごとの推移や、業界内のランキングを紹介!

アジアパイルホールディングスの売上高・業績

アジアパイルホールディングスの最新の売上高は856億円。業界内でのランキングは、第96位です。
今回は、アジアパイルホールディングスの売上や利益の業績情報を、競合企業との比較ランキング・過去の推移の比較という形で行いました。

是非最後までご覧ください!

アジアパイルホールディングスの売上・業績について

直近の年間売上高
856億円
従業員あたりの売上
2845万円
売上業界ランキング
96位
3年間の売上変化率
114.97%
スポンサーリンク

アジアパイルホールディングスについて

会社概要

会社概要

社名 アジアパイルホールディングス
本社所在地 東京都中央区日本橋箱崎町36−2 Daiwaリバーゲート
会社URL http://www.japanpile.co.jp/
代表者 黒瀬 晃
資本金 5,470百万円
 従業員 3008
業界 化学・素材・バイオ
失敗しないための転職ツール診断

間違った転職ツール選びはキャリアの失敗につながります。6問の質問に答えるだけで、あなたにあった転職サイトをチェックしよう。

10秒診断スタート

アジアパイルホールディングスの業績の推移・変化率

売上推移

過去3年間の売上の推移

年間売上は856億円。3年間の変化率は114.97%


年度 売上高 前年度比率
2019年 856億円 109.71%
2018年 780億円 104.8%
2017年 745億円 -%

アジアパイルホールディングスの直近の売上高(連結)は、856億円です。直近3年間での成長率は114.97%と上昇傾向にあります。

営業利益率は6%

年度 営業利益 前年度比率
2019年 53億円 161.71%
2018年 33億円 127.19%
2017年 26億円 -%

アジアパイルホールディングスの直近の営業利益(連結)は、53億億円。営業利益率は営業利益率は6%です。

四半期ごとの売上高・営業利益


四半期売上高 四半期営業利益
2017年1Q 162.34億 5.3億
2017年2Q 195.72億 8.04億
2017年3Q 187.78億 8.65億
2017年4Q 198.38億 3.35億
2018年1Q 186.17億 4.97億
2018年2Q 187.48億 8.28億
2018年3Q 206.77億 11.22億
2018年4Q 199.52億 7.76億
2019年1Q 222.8億 15.16億
2019年2Q 212.11億 14.21億
2019年3Q 210.84億 14.51億
2019年4Q 209.91億 8.24億
スポンサーリンク

アジアパイルホールディングスの売上高の比較・ランキング

競合との比較

①売上高のランキング

トップ5社の売上シェア比率


売上高:化学・素材・バイオ業界では第96位

化学・素材・バイオ業界の企業内でのアジアパイルホールディングスの売上ランキングの順位は第96位です。
化学・素材・バイオ業界の売上高ランキング第1位はJXTGホールディングス、第2位は三菱ケミカルホールディングス、第3位は富士フイルムホールディングスになっています。
化学・素材・バイオ業界のランキング一覧はこちら

順位 会社名 売上高
1位 JXTGホールディングス 11兆1296億円
2位 三菱ケミカルホールディングス 3兆9234億円
3位 富士フイルムホールディングス 2兆4315億円
4位 住友化学 2兆3186億円
5位 旭化成 2兆1704億円
6位 信越化学工業 1兆5940億円
・・・・・・・・
91位 堺化学工業 895億円
92位 ニッタ 892億円
93位 中国塗料 885億円
94位 大倉工業 863億円
95位 アキレス 857億円
96位 アジアパイルホールディングス 856億円
97位 信越ポリマー 855億円
98位 高圧ガス工業 850億円
99位 天馬 848億円
100位 日東紡績 823億円
101位 荒川化学工業 795億円
・・・・・・・・
269位 サンバイオ 7億円
※こちらの情報は、おもに有価証券報告書にて掲載されている売上情報を参考に、約3000社のデータベースを制作して算出しています。

売上高:全体では第1058位

CareerBookが調査した有名企業約3000社の中で、アジアパイルホールディングスは売上ランキング1058位です。

順位 会社名 売上高
1位 トヨタ自動車 30兆2257億円
2位 三菱商事 16兆1038億円
3位 ホンダ(HONDA) 15兆8886億円
4位 日本郵政 12兆7750億円
5位 NTT東日本(日本電信電話) 11兆8798億円
6位 伊藤忠商事 11兆6005億円
・・・・・・・・
1053位 大倉工業 863億円
1054位 百五銀行 858億円
1055位 スペースバリューホールディングス 857億円
1056位 三谷産業 857億円
1057位 アキレス 857億円
1058位 アジアパイルホールディングス 856億円
1059位 丸和運輸機関 856億円
1060位 信越ポリマー 855億円
1061位 加藤製作所 854億円
1062位 高圧ガス工業 850億円
1063位 ゴールドウイン 849億円
・・・・・・・・
3586位 RISE 1億円
※こちらの情報は、おもに有価証券報告書にて掲載されている売上情報を参考に、約3000社のデータベースを制作して算出しています。

②従業員当たりの売上のランキング

従業員あたり売上:化学・素材・バイオ業界で第195位

化学・素材・バイオ業界内でのアジアパイルホールディングスの従業員あたりの売上ランキングの順位は第195位です。

順位 会社名 売上高
1位 三愛石油 36,364万円
2位 ソーダニッカ 35,124万円
3位 プラマテルズ 32,877万円
4位 明和産業 32,686万円
5位 国際石油開発帝石 31,154万円
6位 JXTGホールディングス 27,349万円
・・・・・・・・
190位 東京窯業 2,962万円
191位 アテクト 2,955万円
192位 積水化成品工業 2,901万円
193位 戸田工業 2,897万円
194位 ニチリン 2,871万円
195位 アジアパイルホールディングス 2,845万円
196位 OATアグリオ 2,824万円
197位 不二ラテックス 2,807万円
198位 AGC 2,805万円
199位 バルカー 2,776万円
200位 日本山村硝子 2,664万円
・・・・・・・・
245位 昭和ホールディングス 510万円
※こちらの情報は、おもに有価証券報告書にて掲載されている売上情報を参考に、約3000社のデータベースを制作して算出しています。
スポンサーリンク

従業員数やキャッシュフロー、資産などの情報

その他の指標

営業キャッシュフロー

年度 営業キャッシュフロー
2019年 31.95億
2018年 17.5億
2017年 22.96億

投資キャッシュフロー

年度 投資キャッシュフロー
2019年 -31.64億
2018年 -30.01億
2017年 -25.02億

財務キャッシュフロー

年度 売上高
2019年 19.37億
2018年 20.14億
2017年 -11.77億

総資産

年度 資産
2019年 795.06億
2018年 711.77億
2017年 669.62億

従業員に関するデータ

平均年収 613万円
従業員数 3008人
平均年齢 44.6歳
スポンサーリンク

関連記事

アジアパイルホールディングスの年収情報・業界ランキング
【2021最新】アジアパイルホールディングスの年収は?職種や年齢別の給与・ボーナス・評価制度などまとめ!有価証券報告書によると、アジアパイルホールディングスの2021年2月時点で最新の平均年収は634万円。平均年齢は45.2歳。化学・素材・...