業績・売上

【2019年最新】大林組の売上・業績を調査!四半期ごとの推移や、業界内のランキングを紹介!

大林組の売上高・業績

大林組の最新の売上高は2兆397億円。業界内でのランキングは、第1位です。
今回は、大林組の売上や利益の業績情報を、競合企業との比較ランキング・過去の推移の比較という形で行いました。

是非最後までご覧ください!

大林組の売上・業績について

直近の年間売上高
2兆397億円
従業員あたりの売上
13839万円
売上業界ランキング
1位
3年間の売上変化率
108.92%
スポンサーリンク

大林組について

会社概要

会社概要

社名 大林組
本社所在地 東京都港区港南2−15−2 品川インターシティB棟
会社URL http://www.obayashi.co.jp/
代表者 蓮輪 賢治
資本金 57,752百万円
 従業員 14739
業界 建築・工事

大林組の業績の推移・変化率

売上推移

過去3年間の売上の推移

年間売上は2兆397億円。3年間の変化率は108.92%


年度 売上高 前年度比率
2019年 2兆397億円 107.31%
2018年 1兆9007億円 101.49%
2017年 1兆8727億円 -%

大林組の直近の売上高(連結)は、2兆397億円です。直近3年間での成長率は108.92%と上昇傾向にあります。

営業利益率は8%

年度 営業利益 前年度比率
2019年 1555億円 112.83%
2018年 1378億円 103.03%
2017年 1338億円 -%

大林組の直近の営業利益(連結)は、1555億億円。営業利益率は営業利益率は8%です。

四半期ごとの売上高・営業利益


四半期売上高 四半期営業利益
2017年1Q 4020.52億 229.86億
2017年2Q 4569.44億 361.62億
2017年3Q 4742.01億 379.84億
2017年4Q 5395.24億 366.1億
2018年1Q 4390.44億 248.97億
2018年2Q 4784.19億 374.69億
2018年3Q 4533.39億 365.17億
2018年4Q 5298.53億 389.17億
2019年1Q 4373.07億 230.75億
2019年2Q 4998.31億 419.53億
2019年3Q 5453.75億 415.22億
2019年4Q 5571.72億 489.3億
スポンサーリンク

大林組の売上高の比較・ランキング

競合との比較

①売上高のランキング

トップ5社の売上シェア比率


売上高:建築・工事業界では第1位

建築・工事業界の企業内での大林組の売上ランキングの順位は第1位です。
建築・工事業界の売上高ランキング第1位は鹿島建設、第2位は清水建設、第3位は大成建設になっています。
建築・工事業界のランキング一覧はこちら

順位 会社名 売上高
1位 大林組 2兆397億円
2位 鹿島建設 1兆9743億円
3位 清水建設 1兆6650億円
4位 大成建設 1兆6509億円
5位 長谷工コーポレーション 8910億円
6位 関電工 5636億円
・・・・・・・・
161位 省電舎ホールディングス 13億円
※こちらの情報は、おもに有価証券報告書にて掲載されている売上情報を参考に、約3000社のデータベースを制作して算出しています。

売上高:全体では第80位

CareerBookが調査した有名企業約3000社の中で、大林組は売上ランキング80位です。

順位 会社名 売上高
1位 トヨタ自動車 30兆2257億円
2位 三菱商事 16兆1038億円
3位 ホンダ(HONDA) 15兆8886億円
4位 日本郵政 12兆7750億円
5位 NTT東日本(日本電信電話) 11兆8798億円
6位 伊藤忠商事 11兆6005億円
・・・・・・・・
75位 ファーストリテイリング(ユニクロ) 2兆1301億円
76位 アサヒグループホールディングス 2兆1203億円
77位 武田薬品工業 2兆972億円
78位 阪和興業 2兆746億円
79位 ANA 2兆583億円
80位 大林組 2兆397億円
81位 九州電力 2兆172億円
82位 リコー 2兆132億円
83位 日野自動車 1兆9813億円
84位 鹿島建設 1兆9743億円
85位 神戸製鋼所 1兆9719億円
・・・・・・・・
3586位 RISE 1億円
※こちらの情報は、おもに有価証券報告書にて掲載されている売上情報を参考に、約3000社のデータベースを制作して算出しています。

②従業員当たりの売上のランキング

従業員あたり売上:建築・工事業界で第4位

建築・工事業界内での大林組の従業員あたりの売上ランキングの順位は第4位です。

順位 会社名 売上高
1位 新日本建設 19,191万円
2位 五洋建設 16,329万円
3位 三栄建築設計 13,939万円
4位 大林組 13,839万円
5位 錢高組 13,445万円
6位 若築建設 13,150万円
7位 長谷工コーポレーション 12,776万円
8位 ソネック 12,453万円
9位 松井建設 11,978万円
・・・・・・・・
142位 エプコ 647万円
※こちらの情報は、おもに有価証券報告書にて掲載されている売上情報を参考に、約3000社のデータベースを制作して算出しています。

従業員数やキャッシュフロー、資産などの情報

その他の指標

営業キャッシュフロー

年度 営業キャッシュフロー
2019年 442.03億
2018年 1140.34億
2017年 1588.92億

投資キャッシュフロー

年度 投資キャッシュフロー
2019年 -453.02億
2018年 -712.89億
2017年 -378.84億

財務キャッシュフロー

年度 売上高
2019年 -248.23億
2018年 -545.48億
2017年 -891.65億

総資産

年度 資産
2019年 2兆2145.12億
2018年 2兆1290.27億
2017年 2兆159.96億

従業員に関するデータ

平均年収 1052万円
従業員数 14739人
平均年齢 42.5歳
スポンサーリンク

関連記事

大林組の年収情報・業界ランキング
【2019最新】大林組の年収は?職種や年齢別の給与・ボーナス・評価制度などまとめ!有価証券報告書によると、大林組の平均年収は1052万円。平均年齢は42.5歳。建築・工事業界の年収ランキングは2位となっています。 また...