転職ノウハウ

【2019年最新】ソニーに転職するには?実際の求人情報や年収情報・評判を調査!

こんにちは!

今回は、ソニー株式会社の中途採用情報や、年収ランキング、会社の評判などを、企業のHP,有価証券報告書、口コミサイトなどからまとめました。

  • 転職情報・ポイント
  • 年収などの競合企業とのランキング・比較
  • 評判・口コミ情報

を知りたい方は、是非最後までご覧ください!

ソニーに転職するには?

転職するには?
グローバルに様々な事業を複合的にに展開するソニーでは、2019年7月現在、採用サイトで確認できる限り、178の職種を掲載しています。

ソニーは世界的にも有名な企業であり、ビジネス職や技術職はもちろん、事務職も転職市場で非常に人気が高いです。
そのため、採用倍率が高く、転職難易度は高いです。このような企業への転職を成功させるため、「転職の秘訣」を後ほど紹介します。

まずは、職種ごとに求人情報を押さえておきましょう。

ビジネス職の採用・求人

営業職のポジションは少ない

現在ビジネス職は、以下のポジションを中心に中途採用を行っています。

  1. 営業
  2. 商品企画
  3. マーケティング
  4. 経営企画・事業戦略 など

それぞれの募集件数は、営業職が5件、商品企画が2件、マーケティングが15件、経営企画・事業戦略が14件と、営業職の募集が一般的な大企業に比べ少ないことが特徴です。

今回詳しくご紹介するのは、半導体事業での営業/マーケティング職です。ソニーは半導体事業での採用数が最も多く、採用に注力していると言えます。
IT機器、ドローン、産業機器等に搭載されるImage Sensor及びToF Sensorを中心とした自社半導体の営業とマーケティングを行います。 顧客へのPromotion、デザインイン活動から受注までを行う、幅広いポジションです。

■組織としての担当業務
・国内外大手顧客向けにソニーセミコンダクタソリューションズの下記URLの製品を直販する。
http://www.sony-semicon.co.jp/products_ja/#products
・商品を開発する事業部及び国内外の販売会社と協力し

https://careers.i-web.jpn.com/s/bosyu/career/search/detail.html?no=672

技術職の採用・求人

各事業部ごとに幅広く採用中

現在技術職は、各事業部ごとに以下の領域で中途採用を幅広く行っています。

  1. ソフトウェア
  2. セキュリティ
  3. 信号処理
  4. 通信技術
  5. 半導体開発
  6. 電気・回路設計
  7. メカ・メカトロニクス
  8. 光学
  9. デザイン
  10. デバイス・材料 など

世の中に大きな影響のあるSONY製品やサービスの設計や開発に関われるポジションです。

大規模な開発案件が多く、またグローバルに活躍できる環境も整っているため、キャリアアップに非常に適していると言えます。

今回紹介するのは、QAエンジニアです。PlayStaionのシステムソフトウエアを中心にモバイルアプリやサーバーを含めEnd-to-Endのテストをスコープに、仕様把握、テスト計画、設計、実行管理などQA業務全般を担当します。

勤務地:
品川(株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント 本社)東京都港区港南1-7-1
業務内容:
PlayStaionのシステムソフトウエアを中心にモバイルアプリやサーバーを含めEnd-to-Endのテストをスコープに、仕様把握、テスト計画、設計、実行管理などQA業務全般を担当します。
また、PlayStationの更に進化するUXやサービスの速いリリ

https://careers.i-web.jpn.com/s/bosyu/career/search/detail.html?no=345

事務職の採用・求人

専門性の高い職種が多い

現在、事務職は以下のポジションを中心に中途採用を行っています。

  1. 資材調達
  2. 品質・環境
  3. 生産・物流
  4. 経理・財務
  5. 広報・宣伝・IR
  6. 人事・総務
  7. 法務 など

ソニーは非常に人気が高く、それぞれ募集件数が比較的少いため、高倍率となっています。
また、専門性の高いスキルが必須・身に付くポジションが多く、キャリアアップにも繋がります。

今回詳しくご紹介するのは、広報・宣伝です。ソニーのブランドキャンペーンの企画およびプロジェクト推進を担う職種です。ソニーならではのエンタメ力を生かして、ソニーブランドを輝かせる戦略づくりができる魅力的なポジションです。

勤務地:
品川 (ソニー株式会社 本社)東京都港区港南1-7-1
業務内容:
■組織としての担当業務
映画や音楽/アーティストといったソニーグループ内のエンタテインメント資産を戦略的に活用し、エレキ製品や技術とのコラボレーションを通じてソニーブランドの価値向上に貢献しています。一例として、2018年度はソニーらしさ溢れる音楽創造体験ができるポップアップスペースを期間

https://careers.i-web.jpn.com/s/bosyu/career/search/detail.html?no=744

スポンサーリンク

ソニーの転職・中途採用の求人情報を紹介

独自に調査を行った所、ソニーは現在、次のような求人を公開しています。

職種 求人内容
営業 自社HP より
DS1777 【半導体営業】イメージセンサーやToFセンサーの営業及びマーケティング
条件等:-/仕事内容:IT機器、ドローン、産業機器等に搭載されるImage Sensor及びToF S
広報・PR 自社HP より
SHES024 グローバル市場をターゲットとしたブランドコミュニケーション制作担当
条件等:-/仕事内容:オーディオのブランドとしてのソニーのブランド認知向上。
システム開発/エンジニア 自社HP より
AIRBG1805 次世代電動モビリティ研究開発エンジニア
条件等:-/仕事内容:aibo、ドローンをはじめとするロボット商品・サービス事業などのAI×ロボティク
QAエンジニア 自社HP より
PlayStation向けソフトウエアQAエンジニア
条件等:/仕事内容:PlayStaionのシステムソフトウエアを中心にモバイルアプリやサーバーを含め
広報・宣伝 自社HP より
ソニーのブランドキャンペーンの企画およびプロジェクト推進
条件等:/仕事内容:入社時は、プロジェクトリーダー補佐として、各エージェンシーとの交渉や日々のコミュ
※ただし、これらはあくまで、記事作成時点で、ソニーが自社HPなどで募集している一部の求人です。こちらをご理解の上、ご活用ください。

ソニーの年収、働き方・企業文化・残業など

残業・働き方・環境について
年収
平均1,050万円。高めの傾向
福利厚生
休暇面は良いが、それ以外は微妙
社風
風通しが良く自由な文化
成長
やりたいことに挑戦できる
残業
業務時間は自由に調整できる

環境・社風・成長・残業まとめ

様々な口コミサイトや、求人情報をもとに、①環境、②社風、③成長できるか、④残業について、独自に調査を行った所、次のような結果となりました。

環境 福利厚生はあまり充実していない。オフィスは便利でキレイ
社風 上下関係は厳しくなく風通しは良い
成長 やりたいことに挑戦できる文化
残業 残業文化はあまりない。個人で自由に調整可能

福利厚生について

休暇は非常に取りやすい

有給や長期休暇は取りやすい雰囲気で、休暇に関する満足度が非常に高いです。GWやお盆、年末年始は有給を取って長期休暇にする社員が多いとのことです。

手当は充実していない

基本給の水準は高いですが、住宅手当や家族手当などはなく、福利厚生が薄いとのことです。福利厚生は大企業の中では最低レベルとの意見もありました。

社風について

自由闊達で風通しが良い

上下関係は厳しくなく、自由に意見を交わせる文化があるとの意見が多数あります。組織やチームで動くというより、個人で好きなように行動できるようです。主体性が尊重され、能力ある人は活躍の場が積極的に与えられる雰囲気であるそうです。

成長環境について

やりたいことに挑戦できる文化

個人の主体性が尊重され、やりたいことがあればチャンスが与えられるという声が大多数です。若いうちから責任ある仕事も任せてもらえるようです。ただ、全体的な業務能力は上がるが専門性が薄れるという意見もありました。

残業について

フレキシブルで自由に調整できる

業務量は多いが、残業文化はあまりなく、生産性を重視した組織が出来上がっているようです。定時で帰ることも可能で、プライベートも重視している社員が多いとの声がありました。創業者が60代で新しい趣味を始めるなど、社内全体でプライベートも仕事もできる人が優秀という雰囲気があるそうです。

スポンサーリンク

年収について

年収について

高めの傾向

他大手のメーカーと比べると、高めの傾向です。
給与水準が高く、不満の声はほとんど見受けられませんでした。

総合電機・電子・機械関連業界の年収ランキング

総合電機・電子・機械関連業界に転職・年収情報ついてはこちら
[object Object]

スポンサーリンク

ソニーに転職するのは難しい?

ソニーは業界でもトップを争う人気企業です。そのため、一般的な転職難易度は、高めと言えます。

ソニー株式会社に転職するためには、次の3つのことが重要です。

  1. 会社や、企業文化、働き方などについて詳しく知る
  2. 自分にあった求人があるかを確認する
  3. 求人媒体や、転職エージェントを通じて応募をする

自分にあった求人がネット上で見つからなくても、諦めないでください。ネット上では掲載されていない求人情報も、人材エージェントは非公開求人として知っていることがあります。
忙しい・対面で合うのが嫌だ。という人には、電話での対応もおこなっているところが多いので、お気軽に登録してみてくださいね。 

採用媒体に無料登録

リクナビの登録はこちらから
マイナビの登録はこちらから
エン転職の登録はこちらから

転職エージェントに無料相談

リクナビエージェントの登録はこちら
マイナビエージェントの登録はこちら
Dodaの登録はこちら
パソナキャリアの登録はこちら

ソニーに興味のある人は、こちらもチェック

総合電機・電子・機械関連業界に転職・年収情報ついてはこちら
日立製作所の転職情報はこちら
キーエンスの転職情報はこちら
キャノンの転職情報はこちら
東芝の転職情報はこちら
パナソニックの転職情報はこちら
富士通の転職情報はこちら
NEC(日本電気)の転職情報はこちら
三菱電機の転職情報はこちら
オリンパスの転職情報はこちら
オムロンの転職情報はこちら
コニカミノルタの転職情報はこちら

スポンサーリンク

ソニーについて

会社について

会社概要

社名 ソニー株式会社
 本社所在地 東京都港区港南1-7-1
 代表者 吉田 憲一郎
設立 1946年
 資本金 ‎8,742億円(2019年3月31日付)
 売上 8兆6,000億円
 従業員 6185
業界 総合電機・電子・機械関連

企業理念

クリエイティビティとテクノロジーの力で、世界を感動で満たす。

2018年に吉田憲一郎氏が社長に就任し、2019年1月にソニーの存在意義として、上記の言葉を掲げました。半年以上かけ、多くの社員から意見を募り制定したそうです。

事業内容

世界的な総合電機メーカー

テレビやゲームなどの機器をはじめ多様な製品を扱う電機メーカーです。また、金融サービスや半導体、音楽などあらゆる分野で事業を多角的に展開しています。「ゲーム&ネットワークサービス」「ホームエンタテインメント&サウンド」「モバイル・コミュニケーション」「半導体」「金融」「音楽」などの事業で構成されています。

8兆6,000億円の売上は近年微増傾向

2018年度の売上高は、約8兆6,000億円と直近3年間で6%増と安定した業績を残しています。
ゲーム&ネットワークサービス事業が中核事業で全体の約25%の売上を占めています。その他にも金融事業や音楽事業も好調です。

総合電機メーカーとして2番手

主な競合として、国内総合電機メーカーの日立製作所、パナソニック、三菱電機などが挙げられます。
日立製作所の売上高は9兆円を超えており、ソニーは業界2番手と言えます。次いでパナソニック、三菱電機の順で売上規模が並んでいます。

まずは採用媒体に登録してみよう

リクナビ、マイナビなどの採用媒体は無料で登録することができます

登録することでスカウトが届いたり、最新の求人情報を受け取ることができるなど、様々なメリットがあるため、まだ登録していないという人は主要な媒体には必ず登録しておくようにしましょう。

リクナビの登録はこちらから
マイナビの登録はこちらから
エン転職の登録はこちらから

スポンサーリンク

転職エージェントを利用してみよう

ソニーのような会社に転職したいと強く思っていらっしゃる方は、転職エージェントの利用もおすすめします。

エージェントに利用するメリットは、次の3つです。

  1. 自分のニーズに合った会社を紹介してもらえる
  2. 履歴書の書き方や、面接の方法などを教えてもらえる
  3. 企業との年収などの交渉もお願いできる

自分のニーズに合った会社を紹介してもらえる

世の中には様々な会社があり、転職媒体を利用すれば何万社もの企業の求人に応募する事ができます。

しかし、本当にあなたが求めているニーズ似合った企業を自分で探すのは、転職に不慣れな方にはとても難しいことです。

転職エージェントは、これまでに何十人、何百人の転職をサポートしてきています。丁寧にあなたの大事にしていることや逆に嫌なことを伝えた上で、実際にどんな企業がどんな人を募集しているのかをしっかりと聞いてみましょう。

そうすれば、自分では探しきれなかった、あなたにピッタリの企業を紹介してくれるはずです。

→転職エージェントとのコミュニケーションの仕方(執筆中)

履歴書の書き方や、面接の方法などを教えてもらえる

初めての転職活動をする人は、実際の転職活動をとても不安に感じる事があると思います。そんな中で、あなたの転職成功をゴールとして、一緒に並走してくれる人の存在は貴重です。

一般的な転職エージェントの担当者は、履歴書の添削や、面接の受け答えのアドバイスなどを行ってくれる担当の人が多いです。

はじめての転職の方は、是非一度転職エージェントの方に相談してみましょう。

→履歴書の書き方(執筆中)

企業との年収などの交渉もお願いできる

実際に希望の企業の選考を重ね、見事内定を手に入れた時、後は「どんな条件で合意するか」という段階になります。

希望の会社に転職できれば、それが一番の事ですが、その上でできるだけいい条件で入社したいですよね。転職エージェントなら、そんな最後の交渉も一部代理で行ってくれます。

その理由は、「あなたができるだけ高い年収で転職してくれたほうが転職エージェントの報酬も大きくなる」からです。

そんな転職エージェントとの共通の利害関係をうまく使うことができれば、より良い条件での転職が見えてくるでしょう。

リクナビエージェントの登録はこちら
マイナビエージェントの登録はこちら
Dodaの登録はこちら
パソナキャリアの登録はこちら

おすすめの転職エージェント一覧

リクルートエージェント
おすすめ度
こんな方におすすめ 色々な求人を知りたいという方。自分のキャリアにあった仕事を知りたいという方は、まずは利用してみましょう。
特徴① 合計求人数25万件以上。案件総数・内定決定数ともに、日本No.1の実績
特徴② 面談対策などのサポートも充実している

登録はこちら

マイナビエージェント
おすすめ度
こんな方におすすめ 20代、若年層の方で、転職が初めてという方
特徴① マイナビ転職が運営する転職エージェント。20代、若手層向けの求人を多く揃えています。
特徴② はじめての転職でも安心のサポート力

登録はこちら

Doda
おすすめ度
こんな方におすすめ 転職に慣れてなく、手厚いサポートを受けたい方
特徴① 求人数10万件以上。業界最大手企業
特徴② 高いサポート力。担当者の満足度が高く、転職に慣れていない方向け

登録はこちら