転職エージェント・転職サイト

リクルートエージェントのサポート期間は3ヶ月!延長したい時の対処法は?

リクルートエージェントのサポート期間は基本的に3ヶ月です。しかし、中には3ヶ月以上のサポートを受けることができる人もいます。

そこで今回は、

  • サポート期間が3ヶ月の理由や仕組み
  • サポート期間が延長できる人できない人
  • 延長したい時の対処法

などを詳しく解説していきます。サポート期間についてきちんと理解した上で、リクルートエージェントを利用するようにしましょう。

失敗しないための転職サイト診断

間違った転職サイト選びはキャリアの失敗につながります。6問の質問に答えるだけで、あなたにあった転職サイトをチェックしよう。

10秒診断スタート

リクルートエージェントのサポート期間について

サポート期間は基本的に3ヶ月

リクルートエージェントが提供している転職サポートを受けられる期間は、基本的に3ヶ月と設定されています。

実際に、リクルートエージェントの公式ページのQ&Aを見てみると、以下のような回答が記載されています。

リクルートエージェントの転職支援サービスの提供期間は、面談から転職先が決まるまでの約3カ月を目安としています。約3カ月を目安にしている背景のひとつに、実際に多くの方が約3カ月程度で転職先を決定していることが挙げられます。

「実際に多くの方が約3カ月程度で転職先を決定している」との記載があるように、リクルートエージェントでは3ヶ月前後で転職を実現している人が多いことから、3ヶ月というサポート期間が設定されているようです。

転職が決まらない人をダラダラとサポートし続けるのは、リクルートエージェント側にとってデメリットが大きいですし、転職希望者にとっても好ましいことではないため、3ヶ月の間に集中して手厚いサポートを実施しています。

登録日ではなく、面談日から3ヶ月

3ヶ月というサポート期間は、リクルートエージェントに登録してからではなく、キャリアコンサルタントと面談した日から数えられます。

登録した段階で転職する気はあまりなかったけど、担当者と話しているうちに転職意欲が高まってきて転職活動を決心した方も安心です。

サポートの即時終了はないので安心

では、面談から3ヶ月経過したら、サポートが即時終了してしまうのかというと、そうではありません。

書類選考中や面接が途中など、進行している選考がある場合は、そのままサポートを受けることができます。業界最大手のリクルートエージェントが、選考途中で急にサポートをやめる、なんてことは考えられないので、安心してください。

失敗しないための転職サイト診断

間違った転職サイト選びはキャリアの失敗につながります。6問の質問に答えるだけで、あなたにあった転職サイトをチェックしよう。

10秒診断スタート

リクルートエージェントのサポート期間の延長について

サポート期間が延長できる場合

リクルートエージェントのサポートは、全員が3ヶ月で必ず終了するのかというと、そうではありません。以下のような場合は、3ヶ月のサポート期間が延長されることが多いです。

  • 書類選考や面接が選考中
  • 転職意欲が高い
  • 今後転職ができる可能性が高い

先ほどもお伝えした通り、3ヶ月を経過した時点で書類選考中であったり、面接が進んでした場合は、サポート期間が延長されます。

また、転職意欲が非常に高い場合や、年収や経歴が優れていて転職できる可能性が高いと判断された場合も、3ヶ月以上のサポートを受けることができるようです。ただし実際は、このような人は3ヶ月以内に転職を決めることが多いと考えられます。

サポート期間が延長できない場合

いくら転職意欲が高くても、サポート期間を延長できないこともあります。以下に当てはまると判断された場合は、リクルートエージェントでは3ヶ月以上のサポートが受けられないことが多いようです。

  • 紹介できる求人がなくなった
  • 転職できる可能性が低い
  • 転職が決まるまで時間がかかりそう

希望する条件に当てはまる求人がなかったり、これ以上リクルートエージェントが紹介できる求人がなくなったと判断された場合は、3ヶ月のサポート期間は延長できないでしょう。

また、残念ながらこれ以上サポートしても今後転職できる可能性が低い、転職が決定するまで時間がかかりそうと判断された場合も、3ヶ月のサポートから延長して転職支援を受けることは難しいようです。

延長できない場合の再登録について

3ヶ月のサポート期間が延長できなくても、再登録したら同じようにサポートを受けられるのでは?と考える人もいると思いますが、それは難しいです。

再登録自体は可能ですが、面談の内容や選考情報など記録はリクルートエージェントの社内に残っているため、利用を断られてしまうようです。

リクルートエージェントの3ヶ月のサポートが終了した時の対処法

たった1つの対処法

では、リクルートエージェントから3ヶ月以上サポートを受けたいのにサポートが終了してしまった時は、どうすれば良いのでしょうか?

答えは簡単で、「他の転職エージェントを利用する」です。若手やIT業界の転職に強いマイナビエージェントや、利用者の3人に2人が年収アップを実現しているパソナキャリア、求人数がリクルートエージェントに次ぐ2番手のdodaなど、リクルートエージェント以外にも様々な転職エージェントがあります。

もっとサポートを受けたい、と転職意欲が高い方は歓迎されるため、手厚いサポートを受けることができますよ。

失敗しないための転職サイト診断

間違った転職サイト選びはキャリアの失敗につながります。6問の質問に答えるだけで、あなたにあった転職サイトをチェックしよう。

10秒診断スタート

リクルートエージェント以外におすすめの転職エージェント一覧

マイナビエージェント

大手企業はもちろん、ホワイトな優良中小企業に出会える

マイナビエージェントは20代〜30代半ばで、優良企業を紹介してほしいという方には非常におすすめの大手総合転職エージェントです。

マイナビエージェントは、若手の転職支援実績が豊富で、利用者の80%が20代〜30代半ばです。提携企業も若手〜中堅層の採用ニーズを抱えている企業が多いです。

また、新卒採用市場で最大手のマイナビグループは、新卒採用で培った企業とのネットワークを活用し、大企業はもちろん、優良中小企業の求人を多数保有しています。マイナビエージェントが保有する求人の半数以上が非公開求人で、一般公開したら応募が殺到するような人気求人を紹介してもらうことが可能です。

オススメ度 特徴
総合
若手の転職支援実績が豊富。優良企業の求人を多く保有している。
求人の量・質
大手企業はもちろん、ホワイトな中小企業の非公開求人が多い。
サポート
キャリアカウンセリングから選考対策、企業への交渉まで一貫してサポートが手厚い。
担当者
密なコミュニケーションが特徴的だが、頻繁すぎるという声も。

パソナキャリア

年収重視の方は登録必須!67%の人が転職後に年収アップを実現

パソナキャリアは、人材業界大手のパソナが運営している総合転職エージェントで、転職がはじめてで年収を上げたい方におすすめです。

パソナキャリア経由で転職をした人のうち、なんと67%が転職後に年収が上昇しており、パソナキャリアは年収アップの面で強みを持っています。

また、利用者の半数以上が転職経験がなく、転職がはじめての人からの評価が高いです。

はじめての転職で不安だけど、年収アップを目指しているけど、はじめての転職で不安という方は、パソナキャリアを利用しましょう。

オススメ度 特徴
総合
総合的に安定している。特に年収アップに強みを持っている。
求人の量・質
求人数は4万件と、リクルートやdodaに比べると劣っている。
サポート
丁寧なキャリアカウンセリングや選考対策が好評。
担当者
企業への交渉力が強く、67%の人が年収アップを実現している。

doda

抜群の安定感!IT・通信業界、営業・企画職への転職に強い

dodaは業界大手のパーソルキャリアが運営している転職エージェントで、転職支援実績はトップクラスです。

非公開求人を含め全国14万件の求人を保有していて、リクルートエージェントの32万件に次ぐ国内2番手の求人数を誇っています。14万件のうち約8万件が非公開求人で、一般の転職市場には出回らないようなdoda独自の求人を紹介してもらうことが可能です。

特に、IT・通信業界や、営業・企画職の求人が多いため、IT志望でビジネス職の方は必ず登録しておきたい転職エージェントです。

また、キャリアコンサルタントによる丁寧なキャリアカウンセリングに定評があり、「初めての転職で不安」という方にも自信を持っておすすめできます。面接確約オファーが届くスカウトサービスや、転職フェアなどのイベントを頻繁に開催しており、自分に合った企業が見つかる機会も充実しています。

オススメ度 特徴
総合
求人量は国内2番手でトップクラス。
求人の量・質
公開求人7.7万件、非公開求人6万件と豊富な求人量が強み。
サポート
スカウトや転職イベントで、自分に合った求人が見つかる機会が豊富。
担当者
LINEで気軽に転職相談や求人提案を受けられる。

キャリトレ

話題沸騰!ITベンチャー企業への転職なら登録必須!

CMで人気のキャリトレは、若手向けに特化した全く新しい転職サイトです。運営元はビズリーチで、「ビズリーチ」はハイクラス向け、「キャリトレ」はキャリアの浅い若者向けと、ターゲットが棲み分けされています。

12万件以上の求人数は業界トップクラスで、中でも急成長を果たしているITベンチャー企業の求人を多く取り扱っています。

また、簡単ワンタップの操作で、企業にあなたの興味を届けることができ、マッチした企業から直接オファーが届くようになります。

転職活動に役立つ機能が充実しているのも大きな特徴です。2種類のスカウト機能や、人工知能が搭載されたレコメンド機能で、受動的に希望条件に合った求人を探すことが可能です。

20代・30代でITベンチャーへの転職であれば、キャリトレを使わない選択肢はないでしょう。

オススメ度 特徴
総合
20代向けの求人数では、リクナビやマイナビと同等の水準。
求人の量・質
12万件の求人のうち、大多数が20代向けの求人。
サポート
AIを搭載したレコメンド機能や、2種類のスカウト機能が充実。
担当者
ツイッター上で担当者が相談に乗ってくれるユニークな機能。
スポンサーリンク

リクルートエージェントの関連記事

【元人事が語る】リクルートエージェント評判は良い?500人の口コミ・体験談から特徴・実態を調査リクルートエージェントは、はじめての転職なら必ず利用すべき実績No.1の転職エージェントです。 この記事では、当サイトで実施した500...
【1分でわかる】500人の口コミ・評判からリクルートエージェントの実態を暴いてみた転職サービスとして絶大な知名度を誇るリクルートエージェントですが、その実態を知らない人は多いのではないでしょうか。そこで今回は、当サイト...
【業界・職種別】リクルートエージェントの求人の特徴を徹底調査!今回は、リクルートエージェントの得意な求人・苦手な求人を調査しました。 転職エージェントによって、得意な業界や職種は異なります。ご...
リクルートエージェントの評判は悪い?口コミを検証して実態を暴いてみた今回はリクルートエージェントの悪い口コミを集め、その実態を暴いていこうと思います。当サイトで500人に実施したアンケートによって集まった...
リクルートエージェントは2chで評判が悪い?リアルな口コミを徹底調査今回は、2ch・5chに掲載されているリクルートエージェントの「リアルな口コミ」を集めてみました。2chなどの掲示板サイトには、利用者の...
リクルートエージェントの費用はなぜ無料?知らないと損する料金体系のカラクリリクルートエージェントは完全無料で利用できますが、一体なぜ費用はかからないのでしょうか?キャリアコンサルタントによる模擬面接などの手厚い...
【データと評判で比較】リクルートエージェントとdodaの違いは?今回は「リクルートエージェント」と「doda」を様々なデータや評判に基づき、徹底比較しました。 どちらも転職エージェント最大手で、...
リクルートエージェントで高卒・フリーターが陥る落とし穴とは?注意点を解説リクルートエージェントは大手転職エージェントの中で、ダントツで未経験OKの求人を取り扱っています。つまり、高卒やフリーターの方でも応募で...
リクルートエージェントは電話面談のみで大丈夫?失敗しないための注意点リクルートエージェントは電話面談のみでサポートを受けることが可能です。しかし、電話面談だと対面面談に比べてサポートの質が落ちてしまうこと...
【データと評判で比較】リクルートエージェントとマイナビエージェントの違いは?今回は「リクルートエージェント」と「マイナビエージェント」を様々なデータや評判に基づき、徹底比較しました。 どちらも転職エージェン...