転職エージェント・転職サイト

リクルートエージェントの費用はなぜ無料?知らないと損する料金体系のカラクリ

リクルートエージェントは完全無料で利用できますが、一体なぜ費用はかからないのでしょうか?キャリアコンサルタントによる模擬面接などの手厚い選考対策や、リクルートエージェント独自の非公開求人を紹介してもらえるなど、無料で充実したサービスを受けられるには、ワケがあります。

  • リクルートエージェントの費用が無料であるカラクリ
  • 無料で利用できるメリット
  • 無料だからこそ気をつけるべき注意点

リクルートエージェントを利用する上で、これらのポイントを抑えておかないと、うまく活用できずに転職が失敗してしまう可能性があります。せっかく利用するのに、損だけは避けたいですよね。それでは、詳しく解説していきます。ぜひ最後までご覧ください。

リクルートエージェントの費用

まずはじめに、リクルートエージェントの費用の実態や、料金体系について解説します。

費用

全て完全無料で利用できる

リクルートエージェントでは、転職者は全てのサービスを完全無料で利用することができます。登録にかかる費用や、サポート途中での追加費用、転職が決まったタイミングでの料金請求などは一切ありません。

実際に、リクルートエージェントの公式ページのQ&Aを見てみると、以下のような回答が記載されています。

Q:本当に無料なんですか?

リクルートエージェントは求人を募集する企業様から頂く、紹介手数料により事業が成り立っています。そのため、ご利用頂く転職者様からは一切料金を頂いておりませんので、安心してご利用ください。

「ご利用頂く転職者様からは一切料金を頂いておりません」との記載があるように、リクルートエージェントでは費用が全くかからないということがお分かり頂けたと思います。

サポート内容

求人紹介や選考対策など、充実のサポート内容

なお、リクルートエージェントは転職支援実績No.1の転職エージェントで、そのサポート内容は非常に充実しています。リクルートエージェントに登録すると、具体的に以下のような手厚いサポートを完全無料で受けることができます。

  • 求人の紹介
  • 非公開求人の開示
  • キャリア相談
  • 経験や強みの棚卸し
  • 求人動向の共有
  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • 面接の日程調整の代行
  • 模擬面接などの選考対策
  • 質問事例や選考内容の共有
  • 担当者による根回し
  • 年収アップのための給与交渉
  • 入社日の調整
  • 退職の書類準備や手続きの代行

利用者の転職成功を支援するために、リクルートエージェントでは上記のような転職に役立つサポートを全て無料で提供しています。求職者の志望する業界や職種の転職事情に詳しいキャリアコンサルタントが、専属で転職を手助けしてくれるため、転職の成功確率はグンと上がります。

全て無料で利用できるという点を考えると、転職を少しでも検討している方は利用しない選択肢はないと言っても過言ではありません。リクルートエージェントに興味がある方は、ぜひ登録してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

リクルートエージェントが無料の理由

では、なぜリクルートエージェントは無料で利用できるのでしょうか?このパートでは、リクルートエージェントの費用が無料のカラクリや、転職エージェントの仕組みについて解説します。

無料の理由

収入源は「企業からの紹介手数料」

リクルートエージェントはボランティアではなく、利益を追求する営利企業です。そのため、売上が立たないと継続できずに倒産してしまいます。

では、リクルートエージェントの収入源は何なのでしょうか。それは、「企業からの紹介手数料」です。転職したい利用者と人材を採用したい企業の間に仲介し、企業に人材を紹介して入社が決まったら、企業から紹介手数料が支払われる仕組みです。

「完全成功報酬型」で、採用が決定したら支払われる

これは、「完全成功報酬型」と呼ばれる料金体系で、転職が完了しなければ報酬が支払われることはありません。紹介した人材がすぐに辞めてしまった場合や、不祥事を起こした場合は、人材の無料補填を求められることもあります。なお、リクルートエージェントでは、入社して半年以内に退社した場合は手数料を返金するというルールを設けています。

さらに、紹介した人材のスキルが企業が求めていたものとマッチしなかった場合は、リクルートエージェントは提携を切られて継続紹介ができなくなってしまうリスクもあります。つまり、リクルートエージェントは企業が求めている人材に転職を斡旋することで、売上を上げているということになります。

企業がリクルートエージェントに支払う金額

理論年収の30%〜35%と、報酬額は高い

では、実際に企業から支払われる手数料は、どれくらいなのでしょうか。

リクルートエージェントの企業向けの料金ページを見てみると、「具体的な料金は貴社の求める条件によって異なる」との記載があります。そのため、正確にどれくらいの報酬が支払われるかは明確ではありませんが、大体の金額は決まっています。

その相場は、職種やポジションなどにもよりますが、理論年収の30%〜35%です。理論年収とは、企業と転職者の間で合意した給与に、前年実績の平均額から算出した賞与を加えて計算したものです。つまり、「給与+前年平均の賞与」が理論年収となります。ちなみに、年俸制の場合は、年俸総額がそのまま理論年収となります。

理論年収が400万円だった場合は120〜140万円、600万円だった場合は180〜210万円が報酬として支払われます。企業が従業員1人を採用するのに、これだけの費用がかかっていることを知ると、驚きですよね。

企業がリクルートエージェントを利用する理由

費用が一定で安定しているため

企業がリクルートエージェントを利用する理由として、採用成果に対して費用が一定のため、コスト面で安定していることが挙げられます。

先ほどもお伝えした通り、リクルートエージェントは成功報酬型の料金体系のため、企業は採用が決まったら報酬を支払います。対して、リクナビNEXTやマイナビ転職などの転職サイトに求人広告を掲載して採用活動をする場合は、事前に利用料金を支払う必要があります。その他にも、自社で求人の広告を配信したり、転職イベントに出展する際も、事前に費用がかかります。

つまり、求人広告などの場合はお金を払っても採用できるか不確実であることに対し、リクルートエージェントは採用成果に対してコストが一定です。採用できるかどうか分からない採用手段に費用を払うよりも、確実に採用できたら料金を支払う成功報酬型の方が、安定的と言えます。

採用担当者の工数を削減できるため

求人広告などの場合は、求人のメンテナンスや運用に工数がかかってしまいます。また、応募者は求人に自由に応募できてしまうため、選考基準を満たしていない応募者の対応が必要な場合や、応募が殺到した時にかなりの工数が必要なケースがあります。

対して、リクルートエージェントでは自社の選考基準を満たしている人材が必要な人数だけ紹介されます。そのため、余分な手間はかからず、候補者との面接のみ対応すれば良いため、採用担当者の工数を削減することができます。

非公開で採用を行うことができるため

新規事業や極秘プロジェクト、管理職の求人を公開してしまうと、競合他社に事業戦略を知られてしまう可能性があります。また、人気求人の場合は、応募が殺到してしまい対応に追われてしまうこともあります。しかし、リクルートエージェントと連携して、非公開に採用活動を行うことで、そのリスクを防ぐことができます。

加えて、退職や異動などで必要なポジションが急に空いてしまった場合、求人広告で応募を待っている時間がなく、スピード重視で採用をするため、リクルートエージェントに非公開求人を預けることがあります。

無料で利用できるメリット

リクルートエージェントをなぜ無料で利用できるのか、そのカラクリはお分かり頂けたと思います。では、実際に無料で利用することのメリットは何なのでしょうか。

メリット

転職活動の費用を抑えられる

転職活動は時間だけでなく、意外とお金もかかります。退職した後で貯金を切り崩しながら転職活動を行う人はもちろん、在職中の方も転職費用はなるべく抑えたいですよね。

ダントツで多い出費としては、交通費が挙げられます。複数の応募先の企業の面接を何回も受けていると、電車賃などの交通費がかさんでしまいます。面接までの時間に余裕がなく、タクシーを使ってしまって交通費が余計にかかることもよくあります。特に、UターンやIターンでの転職の場合は、かなり交通費がかかってしまいます。また、面接の後に外食をしたり、合間に喫茶店に寄ったりと、予想外に食費がかかるケースも多いです。

しかし、リクルートエージェントは完全無料で利用でき、費用は一切かかりません。そのため、転職活動にかかる費用を極限まで抑えることができます。中には有料会員しか利用できない転職サービスもありますが、リクルートエージェントは無料なので安心して利用することができます。

担当者が積極的にサポートをしてくれる

リクルートエージェントは完全成功報酬型の料金体系のため、転職者が内定を取らなければ売上を上げることができません。

そのため、担当者はあなたに転職に成功してもらうために、あらゆる転職サポートを積極的に行います。あなたに合った求人の紹介から職務経歴書の添削、面接練習などの選考対策など、転職に役立つサポートで手厚くフォローしてくれます。

年収アップを押してくれる

先ほどもお伝えした通り、リクルートエージェントの収益は、転職者の理論年収の30%〜35%であることが多いです。つまり、あなたの年収が上がれば上がるほど、リクルートエージェントの報酬額も上がる仕組みになっています。

そのため、リクルートエージェントの担当者は、内定が決まったタイミングで年収交渉を積極的に行ってくれます。転職市場や採用動向などの客観的な情報を武器に、第三者としてあなたを企業に売り込んでくれるため、あなた自身で年収交渉を行うより説得力が増し、年収アップが期待できます。

転職者側は全て無料。利用しないのは損

リクルートエージェントで受けられるサービス内容や、完全無料で利用できる点はお分かり頂けたかと思います。

さらに、無料で手厚い転職サポートを受けられることに加えて、リクルートエージェント独自の非公開求人や、企業の内部情報などは、登録しなければ手に入りません。

それらを考えると、リクルートエージェントを利用しない理由はないため、ひとまず登録は必須です。まだ無料登録が済んでいない方は、5分で簡単に登録できるため、今すぐ登録しましょう。

スポンサーリンク

無料だからこそ気をつけるべき注意点

「リクルートエージェントは無料だから、何も気にせず使っても大丈夫」と考えて利用すると、非常に危険です。そこで、無料だからこそ気をつけるべき注意点を紹介します。

注意点

転職意欲が低いと判断されると、無視されることも

リクルートエージェントは、転職希望者を企業に紹介し、採用が決定してはじめて収益になります。

そのため、リクルートエージェントの担当者に転職意欲が低いと判断されると、対応優先度が下げられてしまいます。メールの返信が遅くなったり、求人紹介の頻度が下がったり、さらには連絡が無視されてしまうこともあります。

リクルートエージェントと面談をする時は、「良い求人があったらすぐにでも転職したい」と伝えるようにしましょう。仮にただ単に相談する目的の場合でも、「とりあえず話を聞きに来た」「転職は考えていない」と直接伝えることは避けましょう。

紹介されると言っても、厳重に選考される

転職エージェントを経由して転職活動をする場合、紹介されている立場で選考を受けるため、内定が得られやすいと考える方もいますが、そうではありません。通常の選考、またはそれ以上に厳しく選考される可能性もあります。

なぜなら、採用が決定すると、採用企業はリクルートエージェントに決して安くない手数料を支払う必要があり、慎重に選考を行うためです。限られた予算の中での採用を行うため、自社に合わない人を採用して無駄なコストをかける企業はありません。

紹介さている立場だからこそ、リクルートエージェントの転職ノウハウを活用しながら、きちんと選考対策を行うようにしましょう。そうすれば、通常ルートで応募するよりも通過率は高まるはずです。

とはいえ、企業はわざわざリクルートエージェントに依頼をして求人をするほど人材が欲しいため、理不尽に選考が厳しくなることはありませんので、ご安心ください。

担当者が応募を急かしてくることも

リクルートエージェントに限らず、転職エージェントはキャリアコンサルタントに売上のノルマを課していることがあります。基本的には、大手転職エージェントは案件数にノルマが課され、中小の転職エージェントは売上にノルマが課せられることが多いです。そのため、自分の担当のキャリアコンサルタントがノルマに追われている場合、無理に求人への応募を勧めてくることがあります。

自分の希望条件に合わない求人や、自分の経歴には合わない求人が紹介されたら、警戒しましょう。担当者の言いなりになって応募する必要は全くありません。「担当者におすすめされたから応募する」のではなく、自分で応募するかどうかの判断を怠らないようしましょう。

リクルートエージェントとは

サービス概要

迷ったらコレ!32万件の求人数を誇る転職エージェントの決定版

リクルートエージェントは、人材業界のトップを独走しているリクルートが運営する国内最大級の総合転職エージェントです。

その歴史は約40年と古く、これまで45万人以上をサポートしており、業界最多の実績を誇っています。保有している求人の量や質、サポート体制など、あらゆる面でトップレベルの水準を誇っており、その総合力が強みと言えます。

特に求人量は32万件以上(非公開求人含む)と、他社を圧倒しており、地方都市にも拠点を構え、日本全国だけでなく海外の求人も豊富に取り扱っています。求人案件の取りこぼしを防ぐために、登録は必須と言えます。

転職エージェント選びで迷っている方は、総合的に安定しているリクルートエージェントで間違いないでしょう。

運営会社 株式会社リクルートキャリア
所在地 東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー
公開求人数 165000件
対象年代 20代〜50代
対応地域 全国・海外
利用料金 完全無料

サービス比較

業界No.1の求人数を誇る

先ほどもお伝えした通り、リクルートエージェントの求人数は32万件と他社のサービスを圧倒しています。リクルートエージェントにない求人はないと言っても過言ではなく、転職活動の際は必ず登録しておきたいサービスです。

サービス 特徴
リクルートエージェント 国内No.1の求人数と転職支援実績。全国各地に拠点あり。必ず登録しておきたい1社。
マイナビエージェント 若手・ITの転職に強い。特に優良中小企業の求人が多い。安定志向の方におすすめ。
doda 国内2番手の求人数を誇る。最大級の転職フェアで運命の企業と出会えるかも。
パソナキャリア 67%の人が年収アップを実現。年収を上げたい人におすすめ。
ビズリーチ ハイクラス向け転職サービス実績No.1。キャリアップを目指すならココ。
キャリトレ IT・Web系の求人が多い。ベンチャーへの転職に興味がある20代・30代は登録必須。

活用方法

リクルートエージェントを活用するための3ステップを紹介

リクルートエージェントを活用して最大限に転職の成功確率を上げる方法を下記3つのステップで紹介します。

STEP1
カンタン5分で無料登録

まずはリクルートエージェントの公式サイトから無料の会員登録を行います。気軽に5分程度で終わります。また、ランキング上位のマイナビエージェントやdodaなど複数に登録しましょう。

その際、箇条書きやメモでも構わないので、最適な求人紹介に必要な判断材料として、少しでも多くの事前情報を入力しましょう。

STEP2
面談で転職意欲をアピール

面談では「良い会社があったらすぐに転職したい」と転職意欲があることを伝えましょう。

志望度を高く伝えることで、担当者から優先的に求人が紹介されるようになります。ここでアピールしないと転職意欲がないと見なされ、あまり良い求人が紹介されないことがあります。

STEP3
最終的に1社に絞る
各エージェントの担当者と面談をしたら相性の良かった1社に絞り、本格的な転職活動に臨みましょう。

スポンサーリンク

リクルートエージェントの関連記事

リクルートエージェントの特徴や注意点は?実際に転職した人の口コミを元にまとめてみたリクルートエージェントは、転職を考えている全員が必ず登録すべきサービスです。 この記事では、当サイトで実施した500人のアンケート...
【1分でわかる】500人の口コミ・評判からリクルートエージェントの実態を暴いてみた転職サービスとして絶大な知名度を誇るリクルートエージェントですが、その実態を知らない人は多いのではないでしょうか。そこで今回は、当サイト...
【業界・職種別】リクルートエージェントの求人の特徴を徹底調査!今回は、リクルートエージェントの得意な求人・苦手な求人を調査しました。 転職エージェントによって、得意な業界や職種は異なります。ご...
リクルートエージェントの評判は悪い?口コミを検証して実態を暴いてみた今回はリクルートエージェントの悪い口コミを集め、その実態を暴いていこうと思います。当サイトで500人に実施したアンケートによって集まった...
リクルートエージェントは2chで評判が悪い?リアルな口コミを徹底調査今回は、2ch・5chに掲載されているリクルートエージェントの「リアルな口コミ」を集めてみました。2chなどの掲示板サイトには、利用者の...