転職ノウハウ

【コロナ明け】PwCコンサルティングの転職は難しい?求める人材像から年収、求人などを徹底比較

PwCコンサルティングでは現在、多種多様な中途求人が公開されています。自分に合った求人がないか、チェックしてみましょう。

この記事では、PwCコンサルティングへの転職方法やコツ、職種別の転職情報、口コミ、働く環境などについて、詳しく紹介します。PwCコンサルティングへの転職に興味がある方は、ぜひ最後までご覧ください。

元人事のコメント

PwCコンサルティングでは様々な領域・産業ごとにコンサルタント(エンジニア含む)を募集しています。世界最大級のコンサルティングファームで、転職難易度は当然高いです。

コロナの採用への影響は急激に回復傾向

3月後半から5月上旬にかけてコロナウイルスの採用への影響は深刻なものがありましたが、2020年5月後半、緊急事態宣言が解除された前後から、明確に企業の採用活動が再開に向かっています。

新規求人急増中。早めに希望の求人が出ていないか確認しよう

2020年6月に入って新たに採用ポストが整理され、一斉に募集がスタートしはじめています。コロナの影響で転職活動を先送りしていた人は早めに転職媒体、エージェントに登録し、希望の求人が出ていないかをチェックしましょう。

PwCコンサルティングの面接・選考情報や志望動機まとめ

面接や選考の流れ

STEP1
書類選考
PwCコンサルティングへの転職では、まず書類選考が実施されます。これまでの職歴や志望動機など、内容はシンプルです。
STEP2
面接(複数回)
書類選考に通過すると、次は面接です。口コミサイトによると、人事面接→現場社員面接→役員面接と、基本的には複数回に渡って面接が行われるようです。
STEP3
内定・入社
面接を通過すれば内定が出ます。その後、条件などの入社交渉を行ないます

書類選考と面接のみと、シンプルな選考

PwCコンサルティングの選考フローは、基本的には書類選考と面接のみと、シンプルです。Webテストや筆記試験などは行われません。比較的にスピーディに選考が行われていることが予想されます。書類が通過したらトントン拍子で面接がセッティングされるでしょう。そのため、時間を取ってきちんと対策をしたい場合は、書類提出前に面接練習をしておくと安心です。

想定される質問内容

これまでの経歴・経験について

この質問に対しては、単純に経験を答えるだけではなく、聞き手(面接官)にどういう情報を伝えたいるかを意識しましょう。面接官にとっては、あなたの経歴に興味があるのではなく「この会社で使える経験を持っているのか」が重要だということを意識しましょう。

PwCコンサルティングに入社したら、やりたいことは?

この質問は「この会社に入った後、モチベーションを高く保てる理由がこの人にはあるのか」を見ています。自分のキャリアにとってこの会社の仕事が適している理由をうまく伝えましょう。

実際の面接の口コミ

ビジネストランスフォーメーション部 経営コンサルタント
ビジネストランスフォーメーション部 経営コンサルタント
面接であった質問
プロジェクトマネジメントをする立場だった場合、部下・後輩に対してどのような対応・マネジメントをしているか。
質問への回答
自分自身がメンバークラスだったときに感じたことは、本当に悩んでいるときには自分からプロジェクトマネージャーに相談するのが難しいこと。相談するにも、何が論点なのか、何に答えなくてはならないのか、何・どんな分析をするべきなのか、がわからない。自分自身がそうだった経験から、後輩がなかなか相談に来ないことや悩んでいる様子が見えるため、こちらから声をかけることや先に帰る時には簡単なアドバイスをしていくことを心掛けている。一方、頻度が高すぎるとマイクロマネジメント化するため、丁度いい塩梅に苦労した。自分が現在所属している会社の将来の戦略やビジョンを語ることで回答した。回答後もそれはなぜだと思うかなど詳しいツッコミが入る
面接のポイント
過去にコンサルティングファームに属していたことはあったが、直近は別業種であり、久しぶりのコンサルティングを目指していた。論点・仮説思考の確認、ケース対策を行った。現在はコンサルティングファームはどこも人手不足であり、未経験でもチャンスは多いが、ケースで全く見当外れなことばかりではさすがにどうしようもない。巷で取り上げられている対策本レベルのケース対策は最低限行う必要があるが、正直に言うと本のようなケースが出されることは稀。趣味関連・趣味で面白い話がなければ現職での仕事内容関連の話からケースに発展することが多く、和やかに面接していて急にケースになったと面喰らう人も多いはず。逆に発想すると、趣味で面接官に面白いと思わせられるとそこから話が発展してケースに繋がる為、趣味から想像できるケースを自分で考えて対策していくと練習になる。
コンサルティング部 コンサルタント
コンサルティング部 コンサルタント
面接であった質問
今後のIT業界のトレンドはどうなっていく思うか
質問への回答
自分が現在所属している会社の将来の戦略やビジョンを語ることで回答した。回答後もそれはなぜだと思うかなど詳しいツッコミが入る
面接のポイント
面接プロセス:3回。人事、現場社員、役員
応募理由:人に誘われたので。リファラル採用を積極的に推進している
応募準備:ケースが出ることもあるらしいので、ケース準備が必要。
また、自分の強みが何なのかを具体的に説明できる準備が必要
金融部門部 経営コンサルタント
金融部門部 経営コンサルタント
面接であった質問
事業会社とコンサルティングで求められている結果の違いは
質問への回答
前職では営業部門であったため、それを前提条件として、事業会社では「数字」、コンサルでは「付加価値」と回答
面接のポイント
【応募理由】
・金融業界全体がビジネスモデルの変革を求められていることを背景に、各会社の経営をどのような方向性に舵とるのかを俯瞰的に知るため
・上記を背景として、関連各プロジェクトを行うことで最新の情報・知見を蓄え、かつコンサルスキルを身に着けることで自身を成長させるため
【選考プロセス】
1次面接:マネジャー1名
2次面接:マネージャ1名
3次面接:人事1名
最終面接:パートナー
リスクコンサル部 経営コンサルタント
リスクコンサル部 経営コンサルタント
面接であった質問
これまで日本で働く一番我慢できない嫌いなことは?
質問への回答
飲み会と接待ゴルフがそれほど好きではないのに行かざるをえないときは苦痛です。他には、やることがない時残業代稼ぎの残業は好きではない
面接のポイント
しっかりと事前に応募したポジションについて調べること。面接で直接給料について聞かない方はいいこと。あとはずっと面接の間に笑顔でいること。募集の際にエージェント以外できれば現職の社員複数名に直接聞きに行くこと。
公共部 システムコンサルタント
公共部 システムコンサルタント
面接であった質問
現職で何かの役職についていつの?
質問への回答
そつなく回答した。主任(主査)は管理職ではないが、担当プロジェクトにおいてはPM同等の職責のある立ち位置にいると。。
意外と、現職での評価基準や立ち位置を確認しているようでした。自分でない他者がどのように評価しているかを参考にしていると思う。
面接のポイント
私が面接してくださった面接官(ディレクター)はSIerあがりの方でケース面接はなかった。一応フェルミ推定などの問題や得意な業界のついて調べておくと良いと思います。実際面接では、アサインされるJOBが決まっているわけではなく、参画できそうな案件について確認しておいた方が良いかと思う。
management consulting部 生産・物流コンサルタント
management consulting部 生産・物流コンサルタント
面接であった質問
業務改善した経験
質問への回答
業務が非効率で個別最適化が進んでいたため、システム導入と組織内チーム体制の変更を検討し、役職者に提案。
面接のポイント
プロジェクトの進め方や専門的な業務改革の知見を身につけるためにコンサルタント業界を志望。
面接プロセスは2回。部門のマネージャー、パートナーの順。
自身が業務を変えるためにどのような取り組みを行ったか、自発的に取り組んだかを数字や熱意を交えて話せると良い。
スポンサーリンク

PwCコンサルティングに転職するには?

PwCコンサルティングへの転職では、どのような志向やスキルを持った人が向いているのでしょうか。PwCコンサルティングが求める人材像や転職難易度、具体的な転職方法をまとめましたので、ぜひご覧ください。

求められる人材像

豊富な実務経験や専門性があるか

採用ページを見てみると、PwCが掲げる行動規範に共感してる人材を強く募集していると打ち出しています。PwCグローバル会長のメッセージでも、PwCとしての成果は、一人一人がいかにPwCグループのPurposeやValuesを、日々、全ての業務活動の中心に置けるかにかかっていますとの言葉があります。

論理的思考力やコミュニケーション能力は必須

PwCコンサルティングは社会における信頼を構築し、クライアントや社会の重要な課題の解決に向けて正面から取り組んでいます。世界情勢やビジネス環境が大きく変化し続ける中、複雑な課題を解決するには、論理的思考力や広義のコミュニケーション能力が重要だと採用ページに記載されています。

転職難易度

専門分野の豊富な知見と実務経験が必要

PwCコンサルティングでは、製造やIT業界などの産業別、戦略やテクノロジーなどの役割別にコンサルタントやエンジニアを積極的に中途採用しています。どのポジションもコンサル経験は必須ではありませんが、これまでのキャリアで築いた豊富な知見と実務経験が求められます。専門性が高ければ高いほど転職には有利と考えていいでしょう。

最低限の英語力があると望ましい

PwCは外資系企業で、グローバルに事業を展開しています。日本法人は独立している存在ですが、、国内事業でも海外部署とのコミュニケーションで英語を使うシーンがあるようです。職種問わず、最低限の英語力があると望ましいです。

PwCコンサルティングに興味のある人におすすめの転職サービス

転職サービスの種類

具体的にどのような求人があるかや、PwCコンサルティングの年収や業績、働き方などの情報をご説明する前に、PwCコンサルティングのような会社への転職を検討するにあたっての方法や気をつけるべきことをご説明します。

転職方法 転職エージェント 転職サイト
形式 キャリアコンサルタントと面談し、サポートを受けながら転職活動を進める 掲載された求人に自ら応募をする
メリット ・キャリア相談や書類添削、面接対策などが受けられる
・非公開求人を含めた、様々な求人を紹介してもらえる
・企業の選考情報など、情報収集に役立つ
・自分のペースで転職活動ができる
・スカウトをもらえば、書類選考がスキップされることも

自分に合った転職方法を選ぼう

前提として、転職方法に正解はありません。その人の置かれた状況や志向によって、選ぶべき転職方法は様々です。「転職活動がどういうものか想像もできない」「忙しくて面談の時間が取れない」「いますぐにでも転職がしたい」。まずはどのような転職方法があり、何が自分にあっているのかを、知る事が重要です。

特徴
キャリトレ 20代若手で、大企業やベンチャーに転職したいならここ。大企業から、有名IT・Web系企業の求人が多い。
リクルートエージェント 転職支援実績No.1の転職エージェント。圧倒的な求人数と手厚いサポート体制。PwCコンサルティングのような大企業とのコネクションが強く求人を多数保有。
ビズリーチ ハイキャリア専門として実績No.1。他社にはない高年収の求人はミドル〜ハイクラス層からの絶大の支持。30代中盤以降での転職ならここ。
レバテックキャリア エンジニア転職支援実績No.1の転職エージェント。技術者・クリエイターの有名企業の求人多数。高年収を狙うならここ。

実際に出ている募集の一例

リクルートエージェントの関連募集

PwCコンサルティング
職種:コンサルタント
年収:340万円~450万円
役職:一般職

募集タイトル
[EPC][金融機関出身者対象]法務事務スタッフ ~契約書の押印プロセス担当~

業務内容
コンサルティング案件に関わる契約メインとしたサポート業務

PwCコンサルティング
職種:法務・事務のコンサルタント
年収:340万円~450万円
役職:一般職

募集タイトル
[EPC][法務・法務事務の方対象]法務事務スタッフ~契約書の押印プロセス担当~

業務内容
コンサルティング案件に関わる契約メインとしたサポート業務

野村総合研究所
職種:マーケティング
年収:576万円~万円
役職:一般職

募集タイトル
【製造/流通/小売/サービス業界向け】データサイエンティスト

業務内容
顧客の課題 解決や新規ビジネスの創出支援を行って頂きます。

野村総合研究所
職種:コンサルタント
年収:576万円~万円
役職:一般職

募集タイトル
【Azure/Office365/AWS等】クラウドサービスエンジニア/コンサルタント

業務内容
システムデザイン、クラウドを活用した ビジネス検討まで幅広く担当いただけます。

アクセンチュア
職種:コンサルティング
年収:500万円~2000万円
役職:一般職

募集タイトル
【経験に応じ部門打診】戦略・経営・業務コンサルタント

業務内容
戦略・経営コンサルティングを実行して頂きます。

アクセンチュア
職種:コンサルタント
年収:400万円~1800万円
役職:一般職

募集タイトル
【ご経験に応じ選考部門を打診します】戦略/経営/業務/ITコンサル/エンジニア

業務内容
戦略コンサルタント、経営コンサルタント、業務コンサルタント、ITコンサルタント

キャリトレの関連募集

PwCコンサルティング
職種:経営戦略コンサルタント
年収:
役職:管理職

募集タイトル
オペレーション改革・SCMコンサルタント【MC-Operations】

業務内容
オペレーション改革・SCMコンサルティングを提供する、Operationsの業務になります。

PwCコンサルティング
職種:セキュリティエンジニア
年収:
役職:一般職

募集タイトル
セキュリティエンジニア【TC-PCS】

業務内容
高度な知識と豊富な実績を持つ各分野のスペシャリストで構成され、脆弱性や攻撃手法を日々研究する専門チーム「スレットリサーチラボ」にて、世界最大級のプロフェッショナルサービスネットワークであるPwCが世界中の情報を収集して得たサイバー脅威の最新動向だけでなく、国内で発生しているサイバー攻撃を国内で独自に分析した情報を加えた「スレットインテリジェンス」の蓄積と「スレットインテリジェンス」を活用したサービス提供業務を担当していただきます。

PwCコンサルティング
職種:アーキテクチャ
年収:600万円~2500万円
役職:管理職

募集タイトル
データアーキテクチャコンサルタント【TC-D&A】

業務内容
企業におけるデータ活用戦略の立案から実行支援、組織変革まで幅広くコンサルティングサービスに携わっていただきます。

PwCコンサルティング
職種:SAPエンジニア
年収:
役職:一般職

募集タイトル
SAPエンジニア【RDC-SAP】

業務内容
SAP導入におけるアドオン開発担当

PwCコンサルティング
職種:経営コンサルタント
年収:600万円~2500万円
役職:管理職

募集タイトル
製造業コンサルタント 【IPS-IPA】

業務内容
製造業のクライアントへのコンサルティングサービスの提案とサービス提供に特化したコンサルタントとしてご活躍頂きます。

野村総合研究所
職種:ITコンサルタント
年収:
役職:一般職

募集タイトル
ITコンサルタント

業務内容
・システム化構想コンサルティング

野村総合研究所
職種:ソフトウェア営業
年収:500万円~1300万円
役職:一般職

募集タイトル
Technical Sales Representative

業務内容
同社が提供するセキュリティサービス・プロダクトにおけるコンサルティング営業、ソリューション営業

アクセンチュア
職種:ITコンサルタント
年収:500万円~1000万円
役職:一般職

募集タイトル
レガシーシステム最適化を推進/AMOアプリケーションコンサルタント<変革真っ最中!素材エネルギー分野

業務内容
基幹系レガシーシステムのAMO(Application Modernization & Optimization)における、マイグレーションの推進を担当するポジションです。

アクセンチュア
職種:プロジェクトマネージャー
年収:500万円~1000万円
役職:一般職

募集タイトル
MWの要件定義~構築・テストまで幅広く/AMO技術基盤コンサルタント<生活と産業を支える「素材・エネルギー分野」で活躍しませんか?>

業務内容
基幹系・情報系業務システムの、技術基盤層の各ミドルウェアに関する要件定義、設計、構築、テストなどをお任せします。

プロレド・パートナーズ
職種:法人営業
年収:500万円~2000万円
役職:一般職

募集タイトル
大手企業の経営幹部と経営課題に向き合うトップ営業・営業マネジメントのお仕事です

業務内容
営業同行した際など、クライアント企業向けにサービスの案内をします。

プロレド・パートナーズ
職種:コンサルタント
年収:600万円~1000万円
役職:一般職

募集タイトル
2018年上場!毎年150%増の急成長中のコンサルファーム 外資系コンサルファーム出身者多数在籍。類を見ない成果報酬型の経営コンサルティングに携わっていただきます

業務内容
コストマネジメントの立案、実行支援する立場

日本M&Aセンター
職種:相談業務
年収:400万円~500万円
役職:一般職

募集タイトル
億単位の金額が動く「M&A」をインサイドセールスで加速させる。攻めのインサイドセールス!立ち上げ期のコアメンバー募集。<業界最大級の独立系M&Aコンサルファーム>

業務内容
インサイドセールスとして、M&A案件の商談機会を創出していただきます。

日本M&Aセンター
職種:コンサルティング
年収:400万円~1200万円
役職:一般職

募集タイトル
成果主義の社風で日本経済が抱える課題を解決する【M&Aコンサルタント】国内外に拠点があり広いマーケットで活躍できる<東証一部上場の独立系M&Aコンサルファーム/平均年収1,414万円>

業務内容
当社はM&A仲介において、国内最大級の独立系経営コンサルティングファームです。

ビズリーチの関連募集

PwCコンサルティング
職種:経営企画
年収:600万円~1000万円
役職:一般職

募集タイトル
【CEO Office】経営戦略担当

業務内容
経営企画と経営管理に関する調査・分析

PwCコンサルティング
職種:コンサルタント
年収:600万円~600万円
役職:一般職

募集タイトル
サイバーセキュリティコンサルタント

業務内容
サイバーセキュリティをテーマとしたプロフェッショナルサービスを提供

PwCコンサルティング
職種:コンサルタント
年収:500万円~700万円
役職:一般職

募集タイトル
組織人事・チェンジマネジメントコンサルタント

業務内容
人と組織の活性化に資するさまざまな課題の特定とソリューションの提供

PwCコンサルティング
職種:コンサルタント
年収:500万円~1000万円
役職:管理職

募集タイトル
ヘルスケア・医薬・ライフサイエンスコンサルタント

業務内容
クライアントが抱えるさまざまな経営課題やニーズに対し、事業戦略や解決策の提案から実行支援

PwCコンサルティング
職種:コンサルタント
年収:800万円~1000万円
役職:管理職

募集タイトル
流通・小売・サービスコンサルタント

業務内容
経営課題やニーズに対し、解決策の提案からデリバリー、プロジェクト管理までを行う

野村総合研究所
職種:法人営業
年収:600万円~1000万円
役職:一般職

募集タイトル
プロダクトセールス(ソリューションセールス)

業務内容
当社が提供するセキュリティ製品/サービスにおけるコンサルティング営業

野村総合研究所
職種:システムコンサルタント
年収:800万円~1300万円
役職:管理職

募集タイトル
システムコンサルティング:ITアーキテクチャーコンサルティング分野

業務内容
ITアーキテクチャー戦略の策定支援

アクセンチュア
職種:経営コンサルタント
年収:
役職:一般職

募集タイトル
未経験でもOK!経営コンサルタント(素材・エネルギー領域)

業務内容
素材・エネルギー業界において幅広い領域の経営コンサルティング業務

アクセンチュア
職種:マネジメントコンサルタント
年収:
役職:一般職

募集タイトル
<関西採用>マネジメントコンサルタント -金融領域【新規事業/デジタルマーケティング/戦略コンサルティング】

業務内容
国内外の大手銀行、証券、保険、カード等の金融各分野における経営コンサルティング業務

日本M&Aセンター
職種:法務・コンプライアンス
年収:500万円~800万円
役職:一般職

募集タイトル
【コーポレートアドバイザー(司法書士)】平均年収1414万円/東証一部上場企業

業務内容
ドキュメンテーション(書類作成)  M&Aを実行するための契約書やその他の書類の原案作成

dodaの関連募集

PwCコンサルティング
職種:経営企画
年収:600万円~1000万円
役職:一般職

募集タイトル
【CEO Office】経営戦略担当

業務内容
経営企画と経営管理に関する調査・分析

PwCコンサルティング
職種:コンサルタント
年収:600万円~600万円
役職:一般職

募集タイトル
サイバーセキュリティコンサルタント

業務内容
サイバーセキュリティをテーマとしたプロフェッショナルサービスを提供

PwCコンサルティング
職種:コンサルタント
年収:500万円~700万円
役職:一般職

募集タイトル
組織人事・チェンジマネジメントコンサルタント

業務内容
人と組織の活性化に資するさまざまな課題の特定とソリューションの提供

PwCコンサルティング
職種:コンサルタント
年収:500万円~1000万円
役職:管理職

募集タイトル
ヘルスケア・医薬・ライフサイエンスコンサルタント

業務内容
クライアントが抱えるさまざまな経営課題やニーズに対し、事業戦略や解決策の提案から実行支援

PwCコンサルティング
職種:コンサルタント
年収:800万円~1000万円
役職:管理職

募集タイトル
流通・小売・サービスコンサルタント

業務内容
経営課題やニーズに対し、解決策の提案からデリバリー、プロジェクト管理までを行う

野村総合研究所
職種:法人営業
年収:600万円~1000万円
役職:一般職

募集タイトル
プロダクトセールス(ソリューションセールス)

業務内容
当社が提供するセキュリティ製品/サービスにおけるコンサルティング営業

野村総合研究所
職種:システムコンサルタント
年収:800万円~1300万円
役職:管理職

募集タイトル
システムコンサルティング:ITアーキテクチャーコンサルティング分野

業務内容
ITアーキテクチャー戦略の策定支援

アクセンチュア
職種:経営コンサルタント
年収:
役職:一般職

募集タイトル
未経験でもOK!経営コンサルタント(素材・エネルギー領域)

業務内容
素材・エネルギー業界において幅広い領域の経営コンサルティング業務

アクセンチュア
職種:マネジメントコンサルタント
年収:
役職:一般職

募集タイトル
<関西採用>マネジメントコンサルタント -金融領域【新規事業/デジタルマーケティング/戦略コンサルティング】

業務内容
国内外の大手銀行、証券、保険、カード等の金融各分野における経営コンサルティング業務

日本M&Aセンター
職種:法務・コンプライアンス
年収:500万円~800万円
役職:一般職

募集タイトル
【コーポレートアドバイザー(司法書士)】平均年収1414万円/東証一部上場企業

業務内容
ドキュメンテーション(書類作成)  M&Aを実行するための契約書やその他の書類の原案作成

マイナビエージェントの関連募集

PwCコンサルティング
職種:経営企画
年収:600万円~1000万円
役職:一般職

募集タイトル
【CEO Office】経営戦略担当

業務内容
経営企画と経営管理に関する調査・分析

PwCコンサルティング
職種:コンサルタント
年収:600万円~600万円
役職:一般職

募集タイトル
サイバーセキュリティコンサルタント

業務内容
サイバーセキュリティをテーマとしたプロフェッショナルサービスを提供

PwCコンサルティング
職種:コンサルタント
年収:500万円~700万円
役職:一般職

募集タイトル
組織人事・チェンジマネジメントコンサルタント

業務内容
人と組織の活性化に資するさまざまな課題の特定とソリューションの提供

PwCコンサルティング
職種:コンサルタント
年収:500万円~1000万円
役職:管理職

募集タイトル
ヘルスケア・医薬・ライフサイエンスコンサルタント

業務内容
クライアントが抱えるさまざまな経営課題やニーズに対し、事業戦略や解決策の提案から実行支援

PwCコンサルティング
職種:コンサルタント
年収:800万円~1000万円
役職:管理職

募集タイトル
流通・小売・サービスコンサルタント

業務内容
経営課題やニーズに対し、解決策の提案からデリバリー、プロジェクト管理までを行う

野村総合研究所
職種:法人営業
年収:600万円~1000万円
役職:一般職

募集タイトル
プロダクトセールス(ソリューションセールス)

業務内容
当社が提供するセキュリティ製品/サービスにおけるコンサルティング営業

野村総合研究所
職種:システムコンサルタント
年収:800万円~1300万円
役職:管理職

募集タイトル
システムコンサルティング:ITアーキテクチャーコンサルティング分野

業務内容
ITアーキテクチャー戦略の策定支援

アクセンチュア
職種:経営コンサルタント
年収:
役職:一般職

募集タイトル
未経験でもOK!経営コンサルタント(素材・エネルギー領域)

業務内容
素材・エネルギー業界において幅広い領域の経営コンサルティング業務

アクセンチュア
職種:マネジメントコンサルタント
年収:
役職:一般職

募集タイトル
<関西採用>マネジメントコンサルタント -金融領域【新規事業/デジタルマーケティング/戦略コンサルティング】

業務内容
国内外の大手銀行、証券、保険、カード等の金融各分野における経営コンサルティング業務

日本M&Aセンター
職種:法務・コンプライアンス
年収:500万円~800万円
役職:一般職

募集タイトル
【コーポレートアドバイザー(司法書士)】平均年収1414万円/東証一部上場企業

業務内容
ドキュメンテーション(書類作成)  M&Aを実行するための契約書やその他の書類の原案作成

スポンサーリンク

PwCコンサルティングの職種別転職情報

次に、PwCコンサルティングにはどのような仕事があり、具体的にどのような求人が公開求人として公開されているのかをご説明します。

注意点として、公開求人として公開される求人はあくまで全体の一部でしかないことを注意してください。実際には大企業であるほど、細かな採用職種がいくつもあるため、転職エージェントだけが把握している求人にアクセスすることが非常に重要です。

中途採用情報

公式サイトや口コミサイトによると、PwCコンサルティングには以下の職種が存在します。

戦略コンサルタント

公開求人を調査したところ、戦略コンサルタントの求人を確認する事ができました。

業務内容 ■主な業務内容
– 企業等向けの戦略策定、実行支援
– 上記のための調査、分析、考察、示唆出し、等
スキル・経験 ■求める能力
– 課題解決力
– ロジカル・シンキング、分析力
– 高度なコミュニケーション能力(日本語必須)
– チームワーク
– リーダーシップ
年収

100年の歴史をもつ戦略コンサルティングチーム

pwcの戦略コンサルティングチームは100年の間、クライアント企業の経営戦略策定の支援を行ってきた花形部署です。経済や市場の変化、デジタルやビッグデータなどの新たな技術など、クライアントが向き合う課題を解決し、より大きな成長機械を見出す道筋を、トップクラスのクオリティを持ったチームで導き出します。

高い思考能力、コミュニケーション能力がもとめられる

応募要件(登録)には、細かいスキルや経験についての記載はなく、課題解決能力やロジカルシンキング、コミュニケーション能力についてのみしか記載がありません。ただし、選考要件は非常に高く学歴や、経歴を加味し、書類選考は非常に厳しいものになります

デジタルコンサルタント(第二新卒採用)

公開求人を調査したところ、デジタルコンサルタント(第二新卒採用)の求人を確認する事ができました。

業務内容 CIOアドバイザリー、データアナリティクス、エマージングテクノロジー、サイバーセキュリティなどの部門でデジタルコンサルティングに従事
スキル・経験 ▼必須
・大卒以上
・社会人歴1年以上3年未満
・ネイティブレベルの日本語能力
・コンサルティングファームでの就業経験
年収

先端の技術領域におけるコンサルティング業務

コンサルティングファームの中でも特に最先端の技術に触れることができる部門の募集になります。技術評価、データ・アナリティクス、先端技術(ドローンやブロックチェーン)、セキュリティという4つの領域でのデジタルコンサルティングに従事します

コンサルティングファーム出身であることが必要

応募資格にはコンサルティングファーム出身であることの記載があり、この募集では未経験からの応募は受け付けていないようです。

スポンサーリンク

PwCコンサルティングに転職はおすすめ?

PwCコンサルティングへの転職を検討するにあたって重要な要素である、年収や働き方、業績の情報を、IR情報や様々な口コミサイトからまとめて整理しました。是非ご参考ください。

年収情報

平均年収
1200万円
平均年齢
30歳
全体ランキング
35位/3400社
業界内ランキング
6位/22社
PwCコンサルティング合同会社の年収情報・業界ランキング
【2020最新】PwCコンサルティングの年収は高い?役職・年次別の年収やボーナスは?有価証券報告書によると、PwCコンサルティングの平均年収は1200万円。平均年齢は30歳です。そこから推定される年間の平均ボーナスは約3...

年収の傾向


年収は上位1%の高水準

全国の上場企業約3000社を対象にした平均年収の調査において、PwCコンサルティングの平均年収1200万円は、上位1%の高水準です。また全国3000社の上場企業の平均年収の中央値は650万円前後となっています。

主要企業の平均年収の推移


会社名 2000年度 2001年度 2002年度 2003年度 2004年度 2005年度 2006年度 2007年度 2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
野村総合研究所 -万円 1075万円 1080万円 1018万円 986万円 1031万円 1080万円 1093万円 1174万円 1111万円 1141万円 1051万円 1052万円 1072万円 1092万円 1089万円 1156万円 1151万円 1166万円 1222万円
船井総研ホールディングス 559万円 573万円 634万円 652万円 640万円 636万円 639万円 632万円 615万円 551万円 570万円 600万円 632万円 635万円 684万円 673万円 664万円 661万円 698万円 -万円

環境・社風・成長・残業まとめ

環境 ベビーシッター支援、週4日勤務、リフレッシュ長期休暇など
社風 フラットな社風。実力主義。
成長 教育体制は整っている。資料作成能力や合意形成能力が身に付く。
残業 プロジェクトにより残業時間は異なる。

福利厚生について

家庭と両立しやすい労働環境

産休や育休はもちろん、仕事と家庭の両立をサポートする様々な独自制度があるようです。
例えば、ベビーシッター支援、週4日勤務、リフレッシュ長期休暇などがあります。

社風について

完全な実力主義

組織はフラットで上下関係厳しくなく自由に議論が交わせる風土のようです。ただし、アウトプットを出していなければ居づらい雰囲気もあるようです。完全な実力主義な組織と言えます。

成長環境について

どこでも通用する仕事の進め方が得られる

一通りの研修制度や、成長ツールは揃っているみたいです。特に、管理職や役員、クライアント向けへの資料作成や説明で上の合意を取る機会が多く、そこで得た仕事の進め方はどこにいっても役に立つという意見が多かったです。

残業について

プロジェクト次第。近年は改善。

基本的に業務量は非常に多く、残業は多いようです。口コミとして最も多いのが、ワークライフバランスはプロジェクトやそれを仕切る上司の考え方次第という意見です。
長期に渡るプロジェクトの場合は、その期間中の有給は取得できず、長く働くことが美徳という古い考え方を持っている上司に当たれば残業時間は長くなるとのことです。
ただし、近年はワークライフバランスの実現に取り組んでいるようで、全社的に意識改革、制度づくりが進んでいるみたいです。

その他福利厚生や諸手当、休暇について

PwCコンサルティングの福利厚生や休暇などの情報をまとめました。

諸手当 時間外手当、通勤手当、出張手当等
休日・休暇 土、日曜、祝祭日
年末年始(12月29日~1月3日)、統合記念日
年次有給休暇、傷病休暇、リフレッシュ休暇
慶弔休暇、試験休暇、公傷休暇
出産・育児・介護・看護休暇
福利厚生 各種社会保険加入(健康保険、厚生年金、公認会計士企業年金基金、雇用保険、労災保険等)
確定拠出年金制度、慶弔見舞金、団体生命保険、資格取得支援制度
契約施設・ホテル・スポーツクラブ等割引利用
各種クラブ活動(PwC Funs)、カウンセリング制度等
勤務時間 フレックスタイム制

標準労働時間1日7時間

コアタイム 10:45~15:45

基本給やボーナスが高い分、手当が乏しい

他の大企業の福利厚生ほど充実してなく、基本的に手当は通勤手当、出張手当、健康保険の手当(3万円分のポイント)のみで、住宅手当やその他手当はないようです。

このように、手当が乏しいため、他の日系大手企業と比べると年収はあまり差がないという声もあります。

参考サイト

中途入社 事務 男性
中途入社 事務 男性
福利厚生は特に充実しているとは思えない。
中途入社 コンサルタント 男性
中途入社 コンサルタント 男性
福利厚生はほとんどないに等しい。あるものは確定拠出金とカフェテリアポイント程度である。
中途入社 コンサルタント 男性
中途入社 コンサルタント 男性
能力や資格手当はほとんどない。3万円相当のポイントが支給されるが、使用するためのシステムが非常に使いずらい。
スポンサーリンク

PwCコンサルティングについて

会社概要

社名 PwCコンサルティング合同会社
 本社所在地
 代表者
 資本金
 売上
 従業員
業界 コンサルティング

企業理念

社会における信頼を構築し、重要な課題を解決する

PwCのPurposeは、私たちのビジネスとは何か、なぜ存在するのかを明確にし、あらゆる意思決定における極めて重要な道標やベンチマークの役割をもっています。ビジネスの目的は終始一貫しているものですが、一方で私たちに対する社会からの期待は常に変化するという課題が山積となっています。しかもこの目まぐるしい変化は、人口動態の変化、技術の進歩、リアルタイムでの情報の流れといった近年私たちが目にし、実際に体験している大きな動きによってさらに加速しています。環境フットプリントや社会的インパクトといったものから投資家の要求、その他さまざまな課題まで、企業にはより広範にわたって迅速かつ責任ある行動を示すことが期待され、これまで以上に幅広い層のステークホルダーに対して説明責任を果たすことが求められています。

転職エージェント活用のポイント

日本には、小さいものも含めると、1万以上の転職エージェントが存在します。実際に転職エージェントを検索すると、様々なものがヒットすると思います。ここでは、実際にどういう転職エージェントを利用するべきかをご説明します。

エージェントはいくつ利用するべき?

転職エージェントはできるだけ活用する

今あなたが、PwCコンサルティングのような会社への転職を考ていらっしゃるなら、できるだけ転職エージェントの活用をおすすめします。理由としては、①自分にあった求人があるかは非公開求人をチェックしないとわからない。②面接の雰囲気や事前準備などしっかりと対策をした上で選考に臨む必要がある。③選考難易度の高いPwCコンサルティングに実際転職できるかどうかはわからない。あなたの経歴に合う企業にも的を広げて、並行して転職活動を行ったほうがよい。というようなことからです。

特に①の理由が大きく、転職媒体に公開されている求人は実は全体のごく一部でしかないのです。例えば営業職の場合でも、実際にどのような企業に対して、どのような商品をどのような形式で販売した経験があるか。によって、同じ企業でも、思わぬ部署で経験が生かされたりすることもあるでしょう。また、もし自分の行きたいと思っていた企業でそのポジションが空いていなくても、別の企業でぴったりな求人良い条件である場合もあります。

そのようなことを考えると、自分にあった求人を、色々な媒体の公開求人の求人原稿から、自力で探し出すことは実際かなり難しいのです。

最低2つは併用している人が多い

キャリアブックが転職エージェントを通して転職に成功した人126人に対して行った調査のうち、90人(71%)が2社以上の転職エージェントを利用しており、54人(42%)が3社以上の転職エージェントを利用しています。

つまり、エージェントを利用して転職に成功した多くの人が、2つ以上の転職エージェントを利用していることになります。

3社以上を併用 54人
2社以上を併用 36人
1社のみ 36人

「求人数」や「担当者との相性」が主な理由

多くの人が転職エージェントを利用する理由は何か、アンケートで調査をしました。その結果、「よい担当者とであえる」が43%。「求人を色々と見られる」が32%となりました。

転職エージェントを利用するにあたって、担当者は非常に重要な要素です。よりよい担当者とであうために複数の転職エージェントを利用している人が多いようです。また、それぞれのエージェントからおすすめされる求人の幅を広げるために色々なエージェントを使っている人も多いようです。

よい担当者と出会える 43%
求人を色々と見られる 32%
複数の選考を受けれる 20%
特に理由なし 5%

どのようなエージェントを利用するべき?

転職エージェントには、大きく2つの種類があります。幅広い業界、職種を取り扱う総合型エージェント、業界や職種に特化した特化型エージェントです。

志望の業界や職種が明確で、その領域に特化した転職エージェントがある場合は、特化型の転職エージェントも利用するべきですが、いずれにせよ総合型の転職エージェントは必ず利用してみましょう。

理由として、やはり特化型は全体の求人数が限られるため、単純な大手の求人だと総合型が網羅的に抑えている可能性が高く、担当者との面談の中で、考えていなかったような業界の会社にもコンタクトが取れ、幅広い視点で転職活動が行えるためです。

総合型 幅広い業界・職種の求人を扱う大規模エージェント。特定の領域に特化しているわけではないため、幅広い求人の提案をしてくれる。転職先が固まっていない時などにおすすめ
特化型 業界・職種に特化した転職エージェント。専門的な領域に特化しているため、その領域に関しての深い知識・求人量、緻密な人事とのコミュニーケーションが可能。
スポンサーリンク

おすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

迷ったらコレ!32万件の求人数を誇る転職エージェントの決定版

リクルートエージェントは、人材業界のトップを独走しているリクルートが運営する国内最大級の総合転職エージェントです。

その歴史は約40年と古く、これまで45万人以上をサポートしており、業界最多の実績を誇っています。保有している求人の量や質、サポート体制など、あらゆる面でトップレベルの水準を誇っており、その総合力が強みと言えます。

特に求人量は32万件以上(非公開求人含む)と、他社を圧倒しており、地方都市にも拠点を構え、日本全国だけでなく海外の求人も豊富に取り扱っています。求人案件の取りこぼしを防ぐために、登録は必須と言えます。

転職エージェント選びで迷っている方は、総合的に安定しているリクルートエージェントで間違いないでしょう。

オススメ度 特徴
総合
転職支援実績No.1。圧倒的な求人量と手厚いサポートが強み。
求人の量・質
非公開求人含め求人数が32万件と他社とは一線を画している。
サポート
リクルートグループが築いた信頼性で企業への交渉力は抜群。
担当者
業界各所から優秀なキャリアコンサルタントが集まっている。

マイナビエージェント

大手企業はもちろん、ホワイトな優良中小企業に出会える

マイナビエージェントは20代〜30代半ばで、優良企業を紹介してほしいという方には非常におすすめの大手総合転職エージェントです。

マイナビエージェントは、若手の転職支援実績が豊富で、利用者の80%が20代〜30代半ばです。提携企業も若手〜中堅層の採用ニーズを抱えている企業が多いです。

また、新卒採用市場で最大手のマイナビグループは、新卒採用で培った企業とのネットワークを活用し、大企業はもちろん、優良中小企業の求人を多数保有しています。マイナビエージェントが保有する求人の半数以上が非公開求人で、一般公開したら応募が殺到するような人気求人を紹介してもらうことが可能です。

オススメ度 特徴
総合
若手の転職支援実績が豊富。優良企業の求人を多く保有している。
求人の量・質
大手企業はもちろん、ホワイトな中小企業の非公開求人が多い。
サポート
キャリアカウンセリングから選考対策、企業への交渉まで一貫してサポートが手厚い。
担当者
密なコミュニケーションが特徴的だが、頻繁すぎるという声も。

ビズリーチ

国内最大級!キャリアアップといったらココ

ビズリーチはハイクラス向けの会員制転職サービスで、ヘッドハンターや人事から直接スカウトが届いたり、高年収の求人を検索することが可能です。

その会員数は151万人を突破しており、ハイクラス向けの転職サービスでは業界最大手です。

求人量・質など総合的に欠点がなく、高年収ポジションや管理職での転職を希望しているは必ず登録しておきたいサービスです。

また、今すぐの転職を考えていなくても、スカウトを受け取りながら興味あるオファーが来たら話を聞いてみたいという人にもおすすめです。

オススメ度 特徴
総合
ハイクラス向けの転職エージェントとして実績No.1を誇る。
求人の量・質
公開求人数は12万件と総合転職エージェントと引けを取らないほどの量。
サポート
基本サービスには選考対策などのサポートが含まれていない。
担当者
業界に精通したヘッドハンターから専門的なアドバイスをもらうことも。

キャリトレ

話題沸騰!ITベンチャー企業への転職なら登録必須!

CMで人気のキャリトレは、若手向けに特化した全く新しい転職サイトです。運営元はビズリーチで、「ビズリーチ」はハイクラス向け、「キャリトレ」はキャリアの浅い若者向けと、ターゲットが棲み分けされています。

12万件以上の求人数は業界トップクラスで、中でも急成長を果たしているITベンチャー企業の求人を多く取り扱っています。

また、簡単ワンタップの操作で、企業にあなたの興味を届けることができ、マッチした企業から直接オファーが届くようになります。

転職活動に役立つ機能が充実しているのも大きな特徴です。2種類のスカウト機能や、人工知能が搭載されたレコメンド機能で、受動的に希望条件に合った求人を探すことが可能です。

20代・30代でITベンチャーへの転職であれば、キャリトレを使わない選択肢はないでしょう。

オススメ度 特徴
総合
20代向けの求人数では、リクナビやマイナビと同等の水準。
求人の量・質
12万件の求人のうち、大多数が20代向けの求人。
サポート
AIを搭載したレコメンド機能や、2種類のスカウト機能が充実。
担当者
ツイッター上で担当者が相談に乗ってくれるユニークな機能。

パソナキャリア

年収重視の方は登録必須!67%の人が転職後に年収アップを実現

パソナキャリアは、人材業界大手のパソナが運営している総合転職エージェントで、転職がはじめてで年収を上げたい方におすすめです。

パソナキャリア経由で転職をした人のうち、なんと67%が転職後に年収が上昇しており、パソナキャリアは年収アップの面で強みを持っています。

また、利用者の半数以上が転職経験がなく、転職がはじめての人からの評価が高いです。

はじめての転職で不安だけど、年収アップを目指しているけど、はじめての転職で不安という方は、パソナキャリアを利用しましょう。

オススメ度 特徴
総合
総合的に安定している。特に年収アップに強みを持っている。
求人の量・質
求人数は4万件と、リクルートやdodaに比べると劣っている。
サポート
丁寧なキャリアカウンセリングや選考対策が好評。
担当者
企業への交渉力が強く、67%の人が年収アップを実現している。

doda

抜群の安定感!IT・通信業界、営業・企画職への転職に強い

dodaは業界大手のパーソルキャリアが運営している転職エージェントで、転職支援実績はトップクラスです。

非公開求人を含め全国14万件の求人を保有していて、リクルートエージェントの32万件に次ぐ国内2番手の求人数を誇っています。14万件のうち約8万件が非公開求人で、一般の転職市場には出回らないようなdoda独自の求人を紹介してもらうことが可能です。

特に、IT・通信業界や、営業・企画職の求人が多いため、IT志望でビジネス職の方は必ず登録しておきたい転職エージェントです。

また、キャリアコンサルタントによる丁寧なキャリアカウンセリングに定評があり、「初めての転職で不安」という方にも自信を持っておすすめできます。面接確約オファーが届くスカウトサービスや、転職フェアなどのイベントを頻繁に開催しており、自分に合った企業が見つかる機会も充実しています。

オススメ度 特徴
総合
求人量は国内2番手でトップクラス。
求人の量・質
公開求人6万件、非公開求人8万件と豊富な求人量が強み。
サポート
スカウトや転職イベントで、自分に合った求人が見つかる機会が豊富。
担当者
LINEで気軽に転職相談や求人提案を受けられる。

マイナビエージェントIT

豊富な求人数を誇る!大手ならではの安定したサポート体制も

オススメ度 特徴
総合
大手ならではの安定したサポート体制と求人数・質が強み。
求人の量・質
レバテックの3倍の求人数を誇る。優良中小企業の求人が多い。
サポート
マイナビグループで蓄積されたIT業界特有の転職ノウハウを活用。
担当者
IT業界出身者による専門的なアドバイスが受けられる。

ウズキャリ(UZUZ)

20代全般におすすめ。特にIT業界希望者は登録マスト

オススメ度 特徴
総合
丁寧なサポート体制と担当者の質が好評。
求人の量・質
ブラック企業を排除し、優良企業のみ扱っている。
サポート
平均20時間のキャリアカウンセリングが特徴的。
担当者
担当者の90%が元第二新卒・既卒のため、経験を元にしたアドバイスを受けられる。

ワークポート

IT業界未経験者は登録必須!未経験のサポート体制が充実

オススメ度 特徴
総合
IT業界特化型としては老舗で、未経験でのIT業界転職に強い。
求人の量・質
IT業界未経験OKの求人が豊富。
サポート
無料のプログラミングスクールなど、未経験へのサポートが手厚い。
担当者
専任の転職コンシェルジュが、きめ細かく素早い対応してくれる。

レバテックキャリア

IT業界転職実績No.1。高年収の良質な求人が豊富

オススメ度 特徴
総合
IT業界の転職支援では実績No.1。高年収求人が多い。
求人の量・質
全体の60%以上が年収700万円以上の高年収求人が豊富。
サポート
過去の質問例を元にしたIT業界特有の専門的な面接対策が特徴的。
担当者
最新の技術やTI業界の転職に精通した担当者によるアドバイス。