年収比較

【2019最新】PwCコンサルティングの年収は高い?役職別の年収やボーナス・評判は?

PwCコンサルティング合同会社の年収情報・業界ランキング

有価証券報告書によると、PwCコンサルティングの平均年収は1200万円。平均年齢は30歳です。そこから推定される年間の平均ボーナスは約300万円、平均月収は75万円です。

今回は、採用情報、口コミサイトの情報、統計情報を元に、PwCコンサルティングの職種ごとの年収・ボーナスの例や、初任給年齢・役職ごとに見た推定の年収事情についてまとめました。是非ご覧ください。

目次

PwCコンサルティングの年収情報まとめ

基本情報

平均年収
1200万円
平均年齢
30歳
月収(推定)
75万円
ボーナス(推定)
300万円

平均年収は1200万円。平均年齢は30歳

有価証券報告書によると、PwCコンサルティングの平均年収は1200万円、平均年齢は30歳となっています。それらの数値を元に、統計を元にした独自の計算式に基づく想定の月収は75万円。ボーナスは年二回合計で300万円前後と予想されます。

年収の傾向


年収は上位1%の高水準

全国の上場企業約3000社を対象にした平均年収の調査において、PwCコンサルティングの平均年収1200万円は、上位1%の高水準です。また全国3000社の上場企業の平均年収の中央値は650万円前後となっています。

年収のポイント

平均年収は1,200万円と高水準

PwCコンサルティングの平均年収は1,200万円と、一般的な平均年収に比べ非常に高い給与水準となっています。コンサルという激務な業務の分、給与は高い傾向にあるようです。

PwCコンサルティングは、デロイトトーマツコンサルティング、EYアドバイザリー、KPMGコンサルティングと並び、外資系コンサルティングファームの「BIG4」の一角で、PwCグループ全体で連携しクライアントを手厚く支援するグローバルネットワークが強みです。

完全な実力主義の世界

昇給やボーナスは、入社初年度から成果に応じて決定される人事方針で、実力主義が浸透しています。実際に、若いうちから結果を出し、20代でマネージャーへ昇格し年収1,000万円以上を手にする人も少なくないようです。パフォーマンス次第で、昇進・昇給可能な「完全実力主義」の世界と言えます。

年収に占めるボーナスの割合が高い

ボーナスは基本的に7月の年1回の支給で、会社の業績や個人のパフォーマンスによって大きくボーナスが異なることが特徴です。おおよそ年収の20%〜40%がボーナスで、年収に占めるボーナスの割合が高いようです。人によっては賞与だけで500万円近く支給されることもあるとの声があります。近年は業績が好調なため、全従業員に「特別賞与」が支給されているようです。

※この記事の平均年収や、福利厚生などは、「有価証券報告書」や、企業が発表している情報、口コミサイトなどの意見を元にまとめた情報です。一般的な平均年収に関する統計情報は、厚生労働省などが公表している賃金構造基本統計調査や、業界団体が提出している資料を参考に、企業を客観的に比較するための推定値として利用しています。是非、こちらをご理解いただいた上で、ご参考ください。
スポンサーリンク

PwCコンサルティングの年収のランキング

業界別・上場企業内でのランキング

順位 会社名 平均年収
1位 M&Aキャピタルパートナーズ 2,478万円
2位 ボストンコンサルティング(BCG) 1,860万円
3位 ストライク 1,539万円
4位 日本M&Aセンター 1,414万円
5位 野村総研(NRI) 1,221万円
6位 PwCコンサルティング 1,200万円
7位 シグマクシス 1,167万円
8位 マッキンゼー 1,100万円
9位 ドリームインキュベータ 1,088万円
10位 三菱総合研究所 941万円
11位 アクセンチュア 900万円
・・・・・・・・
20位 ビジョン 517万円
順位 会社名 平均年収
1位 M&Aキャピタルパートナーズ 2,478万円
2位 キーエンス 2,110万円
3位 GCA 2,063万円
4位 ボストンコンサルティング(BCG) 1,860万円
5位 三菱ケミカルホールディングス 1,738万円
6位 ヒューリック 1,636万円
・・・・・・・・
30位 三菱地所 1,247万円
31位 そーせいグループ 1,241万円
32位 スカパー 1,230万円
33位 野村総研(NRI) 1,221万円
34位 JXTGホールディングス 1,205万円
35位 PwCコンサルティング 1,200万円
36位 LIXILグループ 1,198万円
37位 東急不動産 1,194万円
38位 電通 1,179万円
39位 フジテレビ 1,167万円
40位 シグマクシス 1,167万円
・・・・・・・・
3334位 トスネット 260万円
※こちらの情報は、おもに有価証券報告書にて掲載されている年収情報を参考に、約3000社のデータベースを制作して算出しています。

コンサルティング業界では第6位

コンサルティング業界の企業内でのPwCコンサルティングの年収ランキングは第6位です。
コンサルティング業界の年収第1位はM&Aキャピタルパートナーズ、第2位はボストンコンサルティング(BCG)、第3位はストライクとなっています。
コンサルティング業界のランキング一覧はこちら

有力企業全体で第35位

CareerBookが調査した有名企業約3000社の中で、PwCコンサルティングの年収順位は第35位です。
有力企業全体での年収第1位はM&Aキャピタルパートナーズ、第2位はキーエンス、第3位はGCAとなっています。

PwCコンサルティングの職種別年収

コンサルタント・SEなどの年収事例

口コミ情報を参考に、PwCコンサルティングの職種別の年収情報をまとめました。

職種グループ 職種 平均年収
営業・ビジネス開発職 コンサルタント 600万円〜1100万円
マーケティング・企画職 経営企画 600万円〜900万円
事務・専門職 会計 600万円〜800万円
開発・技術職 開発 700万円〜1000万円
システムエンジニア(SE) 700万円〜900万円

コンサルタントの年収は600万円〜1100万円

コンサルタントやSEなどの職種の年収情報が報告されています。
例として、コンサルタントの年収は600万円〜1100万円。SEの年収は700万円〜900万円となっています。

年収に関する口コミ情報

CB編集者
CB編集者
どの部署も給与水準に大差はないように見受けられますが、部門の業績により差が激しいそうです。
中途入社 コンサルタント 男性
中途入社 コンサルタント 男性
部署によっては、年間を通して高い評価を得なければ昇進ができないといわれている。部門移動で昇進する場合も多く、昇進のしやすさが部門によって違うのは明白である。
中途入社 事務 男性
中途入社 事務 男性
コンサルタント職においては、同業他社に比べ給与水準が低いといわれている。
中途入社 管理 男性
中途入社 管理 男性
一般的に高い給与水準だと言われているが、仕事内容やストレスに対してに見合った給与とは思わない。

※参考:Open Work, カイシャの評判など

スポンサーリンク

PwCコンサルティングの初任給・新卒の給与

学部卒・院卒・高卒の年収

PwCコンサルティングの新卒採用・採用ページを参考に、新卒の初任給の情報をまとめました。

学位 初任給(月給)
大学院卒業 25万円
大学学部卒業 21万円
高校卒業

新卒入社1年目で年収500万円に到達

PwCコンサルティングの新卒に関する口コミとして、「入社初年度で年収500万円を超えた」という口コミが多いです。

新卒1年目の基本給は他の大手企業と差は小さいですが、ボーナスが非常に高いようです。

初任給に関する口コミ情報

CB編集者
CB編集者
年1回のボーナス(7月)が支給されます。更に、都市手当、通勤手当、残業手当などが支給されます。給与改定は年1回あります。
新卒入社 コンサルタント 女性
新卒入社 コンサルタント 女性
求められる業務量や質は部署によって異なるが、新卒では十分な額の給与が貰える。
新卒入社 コンサルタント 女性
新卒入社 コンサルタント 女性
新卒から入社3年目までは全員が横並びで昇給していく。ボーナスは評価がいい人が数%上がる程度である。
中途入社 事務 男性
中途入社 事務 男性
新卒1年目から年収550万円程が支給される。それから5年程度で年収1000万円に到達する。

※参考:Open Work, カイシャの評判など

PwCコンサルティングの役職・年次別年収

アソシエイトからパートナーの年収の事例

PwCコンサルティングの年収を役職別、年次別にまとめました。なお、年収の内訳は基本給+残業代+ボーナスで、年次は目安となっています。

役職 年次 年収
アソシエイト 1~5年 500万円~800万円
シニアアソシエイト 3〜8年 700万円〜1,000万円
マネージャー 5~10年 1000万円~1300万円
シニアマネージャー 10年〜 1,300万円~1,700万円
ディレクター 実力次第 1,500万円〜2,000万円
パートナー 実力次第 2,000万円〜

参考:外資就活

各役職ごとに3段階のランクが存在

各役職ごと(アソシエイトやマネージャーなど)に、Emergency、Proficient、Advancedと3段階のランクが存在しています。各ランクごとに基本給は月4万円、年収では50万円ほど差があると言われています。

役職別の年収口コミ情報

CB編集者
CB編集者
他の競合コンサルに比べると給与は低いとされています。年に一度のボーナスが年収に大きく影響し、年間の評価が良い場合は通常の2〜3倍程度になります。しかし、評価が悪い場合は減額となる。
中途入社 コンサルタント 男性
中途入社 コンサルタント 男性
マネージャークラスになるとボーナスを含め、年収1000万円に到達する。
中途入社 事務 男性
中途入社 事務 男性
運もあるが30歳代のうちに年収1500万円に到達することも可能。
中途入社 コンサルタント 男性
中途入社 コンサルタント 男性
マネージャークラスで年収1000万円、ディレクタークラスで年収2000万円が見込まれる。
スポンサーリンク

その他ボーナスや福利厚生など

ボーナスや昇給制度について

PwCコンサルティングのボーナスや昇給制度などの情報をまとめました。

ボーナス 年1回(業績・貢献度に応じて支給)
評価 コンピテンシー評価とパフォーマンス評価
昇給 年1回

年1回のボーナスで年収が大きく変動する

PwCコンサルティングのボーナスに関する口コミとして最も多かったものが、「ボーナスの額によって年収に差が出る」という声です。ボーナスは個人のパフォーマンスと業績に連動しており、同じ職位でも数百万の差が出ることもしばしばあるようです。

中途入社 コンサルタント 男性
中途入社 コンサルタント 男性
年収におけるボーナスの割合が非常に高い。売り上げが好調の場合、特別賞与が支給される。
中途入社 コンサルタント 男性
中途入社 コンサルタント 男性
ボーナスは個人の評価と会社の業績によって大きく左右される。およそ年収の20%がボーナスとなる。
新卒入社 コンサルタント 男性
新卒入社 コンサルタント 男性
1年における昇進人数が決まっているので、優秀な人間がいつまで経っても昇進できないこともある。

※参考:Open Work, カイシャの評判など

福利厚生や諸手当、休暇について

PwCコンサルティングの福利厚生や休暇などの情報をまとめました。

諸手当 時間外手当、通勤手当、出張手当等
休日・休暇 土、日曜、祝祭日
年末年始(12月29日~1月3日)、統合記念日
年次有給休暇、傷病休暇、リフレッシュ休暇
慶弔休暇、試験休暇、公傷休暇
出産・育児・介護・看護休暇
福利厚生 各種社会保険加入(健康保険、厚生年金、公認会計士企業年金基金、雇用保険、労災保険等)
確定拠出年金制度、慶弔見舞金、団体生命保険、資格取得支援制度
契約施設・ホテル・スポーツクラブ等割引利用
各種クラブ活動(PwC Funs)、カウンセリング制度等
勤務時間 フレックスタイム制

標準労働時間1日7時間

コアタイム 10:45~15:45

基本給やボーナスが高い分、手当が乏しい

他の大企業の福利厚生ほど充実してなく、基本的に手当は通勤手当、出張手当、健康保険の手当(3万円分のポイント)のみで、住宅手当やその他手当はないようです。

このように、手当が乏しいため、他の日系大手企業と比べると年収はあまり差がないという声もあります。

参考サイト

中途入社 事務 男性
中途入社 事務 男性
福利厚生は特に充実しているとは思えない。
中途入社 コンサルタント 男性
中途入社 コンサルタント 男性
福利厚生はほとんどないに等しい。あるものは確定拠出金とカフェテリアポイント程度である。
中途入社 コンサルタント 男性
中途入社 コンサルタント 男性
能力や資格手当はほとんどない。3万円相当のポイントが支給されるが、使用するためのシステムが非常に使いずらい。

ところで、あなたの年収は?

突然ですが、自分自身の適性年収がいくらか知りたくないですか?
転職を積極的に考えていなくても、今いる会社でもらっている年収が、自分にとってベストだとは思っていない人は多いですよね。そんな方におすすめのなのが、市場価値測定ができる転職サービス「ミイダス」です。

ミイダスで年収診断

5分でカンタン。自分の適正年収がわかる

5分で終わるとはいえ、職種ごとの業務内容の経験はかなり細かく聞かれます。ただ、その分適正年収の精度が上がると思って我慢しましょう。

ミイダスでは、5分ほど画面に沿って質問に答えていくだけで次の2つのことを知ることができます。

  1. 17万人の転職者データの情報から算出したあなたの適正年収
  2. あなたに興味を持っている会社から、面談確定逆オファーが届く

現在転職を考えている方はもちろんですが、もし年収をあげられるなら、転職に興味がある人も多いかと思います。(ちなみに私は現在の年収よりも+56万円の結果でした)

結構質問項目は多いのですが、その分年収の精度が上がったり、実際に自分にあったオファーが届くので、我慢して進めましょう。

無料で利用でき、興味を持ってくれる会社もわかるるので、ぜひ使ってみてください。

企業からのオファーも届く


また、適性診断を受けて登録をしておくと、あなたのスキルに興味を持った実際の会社からのオファーを閲覧することができます。
画像のように、「面談確約」の逆オファーが届きます。私の場合は、別の転職サイトで募集を見ていた企業からオファーがあり、テンションが上りました。

スポンサーリンク

PwCコンサルティングの働き方・企業文化・残業

環境・社風・成長・残業

環境 ベビーシッター支援、週4日勤務、リフレッシュ長期休暇など
社風 フラットな社風。実力主義。
成長 教育体制は整っている。資料作成能力や合意形成能力が身に付く。
残業 プロジェクトにより残業時間は異なる。

福利厚生について

家庭と両立しやすい労働環境

産休や育休はもちろん、仕事と家庭の両立をサポートする様々な独自制度があるようです。
例えば、ベビーシッター支援、週4日勤務、リフレッシュ長期休暇などがあります。

社風について

完全な実力主義

組織はフラットで上下関係厳しくなく自由に議論が交わせる風土のようです。ただし、アウトプットを出していなければ居づらい雰囲気もあるようです。完全な実力主義な組織と言えます。

成長環境について

どこでも通用する仕事の進め方が得られる

一通りの研修制度や、成長ツールは揃っているみたいです。特に、管理職や役員、クライアント向けへの資料作成や説明で上の合意を取る機会が多く、そこで得た仕事の進め方はどこにいっても役に立つという意見が多かったです。

残業について

プロジェクト次第。近年は改善。

基本的に業務量は非常に多く、残業は多いようです。口コミとして最も多いのが、ワークライフバランスはプロジェクトやそれを仕切る上司の考え方次第という意見です。
長期に渡るプロジェクトの場合は、その期間中の有給は取得できず、長く働くことが美徳という古い考え方を持っている上司に当たれば残業時間は長くなるとのことです。
ただし、近年はワークライフバランスの実現に取り組んでいるようで、全社的に意識改革、制度づくりが進んでいるみたいです。PwCコンサルティングの詳しい転職情報はこちら

コンサルティング業界の主要企業の比較

主要企業の平均年収の推移


会社名 2000年度 2001年度 2002年度 2003年度 2004年度 2005年度 2006年度 2007年度 2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
野村総合研究所 -万円 1075万円 1080万円 1018万円 986万円 1031万円 1080万円 1093万円 1174万円 1111万円 1141万円 1051万円 1052万円 1072万円 1092万円 1089万円 1156万円 1151万円 1166万円 1222万円
船井総研ホールディングス 559万円 573万円 634万円 652万円 640万円 636万円 639万円 632万円 615万円 551万円 570万円 600万円 632万円 635万円 684万円 673万円 664万円 661万円 698万円 -万円

PwCコンサルティングについて

会社について

会社概要

社名 PwCコンサルティング合同会社
売上
業界 コンサルティング

企業理念

社会における信頼を構築し、重要な課題を解決する

PwCのPurposeは、私たちのビジネスとは何か、なぜ存在するのかを明確にし、あらゆる意思決定における極めて重要な道標やベンチマークの役割をもっています。ビジネスの目的は終始一貫しているものですが、一方で私たちに対する社会からの期待は常に変化するという課題が山積となっています。しかもこの目まぐるしい変化は、人口動態の変化、技術の進歩、リアルタイムでの情報の流れといった近年私たちが目にし、実際に体験している大きな動きによってさらに加速しています。環境フットプリントや社会的インパクトといったものから投資家の要求、その他さまざまな課題まで、企業にはより広範にわたって迅速かつ責任ある行動を示すことが期待され、これまで以上に幅広い層のステークホルダーに対して説明責任を果たすことが求められています。

事業内容

大手グローバル総合コンサルティングファーム

PwCコンサルティングは、ロンドンに本拠地を構え、経営戦略の立案から実行を担う戦略コンサルティングから、アナリティクスサービスやサイバーセキュリティサービス提供、アプリケーションの導入まで行う大手総合コンサルティングファームです。
主なコンサルティング事業領域は以下の通りです。

  1. ストラテジー:事業戦略、組織戦略など
  2. マネジメント:SCM・調達改革、ファイナンスなど
  3. テクノロジー:デジタルサービス、アナリティクスなど
  4. リスク:ガバナンス、コンプライアンスなど

グローバルネットワークが強み

PwCコンサルティングは世界4大会計事務所の一つであるPwCグループの一角で、PwCグループは約60ヶ国で20万人以上の従業員数を有しています。
それら海外の拠点と連携しながら常に最新の情報や動向を把握し、グローバルネットワークを活用してクライアントにコンサルティングサービスを提供しています。

私の年収、低すぎ??

ミイダス
あなたの市場価値を測ろう

17万人の転職データをもとにあなたの市場価値を算出

✔ 企業から面談確約逆オファーが届く

2019年12月1日時点の情報です

PwCコンサルティングの年齢別の推定年収

統計情報
PwCコンサルティングの平均年齢は、30歳です。平均年収は1200万円です。
このことから、厚生労働省が出している年収データ、及び職種ごとの年収比率データを元に、PwCコンサルティングの職種、性別、年代別の推定年収を算出しました。

年齢 PwCコンサルティング推定年収
20代 881~1027万円
30代 1200〜1348万円
40代 1487〜1637万円
50代 1739〜1768万円
60代 1073〜1246万円

20代の推定平均年収:881〜1027万円

一般的な企業の20代前半~後半の平均年収は193〜225万円です。20代の社員はまだ社歴が若いため、全体の平均年収よりも低い傾向にあります。
このことから、PwCコンサルティングの20代の平均年収は、881〜1027万円と想定されます。

30代の推定平均年収:1200〜1348万円

PwCコンサルティングの30代の平均年収は、1200〜1348万円だと想定されます。
一般的な企業の30代の平均年収は263〜295万円となっており、20代の前半から30代の後半に掛けて、100万円以上も昇給があるものの、まだまだ全体成長過程といえます。

40代の推定平均年収:1487〜1637万円

一般的な企業の40代の平均年収は326〜359万円となっています。年功序列形式の企業が多いため、40代で年収が上限に近くなってきています。
対して、PwCコンサルティングの40代の平均年収は、1487〜1637万円です。

50代の推定平均年収:1739〜1768万円

PwCコンサルティングの50代の平均年収は、1739〜1768万円だと思われます。
一般的な企業の50代の平均年収は381〜387万円となっています。年収はピークに達し、50代での年収の増加は、あまり見込めないようです。

60代の推定平均年収:1073〜1246万円

PwCコンサルティングの60代の平均年収はおよそ1073〜1246万円、一般的な企業の60代の平均年収は235〜273万円です。
50代で年収はピークを迎え、減少傾向になります。

PwCコンサルティングの男女別の推定年収

厚生労働省が発表している、男女ごとの平均年収の分布を元に、PwCコンサルティングの職種ごとの平均年収を推定してみました。

男性 女性
PwCコンサルティング推定 1323万円 962万円
平均 337.6万円 245.7万円

男性の推定平均年収:1323万円

2019年現在、厚生労働省が発表している資料によると、男性の平均年収は337.6万円と、女性よりも約1.4倍の開きがあります。
PwCコンサルティングの従業員の男女比は明らかにはされていませんが、仮に1:1の割合とすると、PwCコンサルティングの平均年収は1323万円です。

女性の推定平均年収:962万円

一般的な女性の平均年収は245.7万円。PwCコンサルティングの平均年収は、約962万円だと推定されます。

PwCコンサルティングの役職別の推定年収

厚生労働省が発表している、役職ごとの平均年収の分布を元に、PwCコンサルティングの職種ごとの平均年収を推定してみました。

一般社員級 係長級 課長級 部長級
PwCコンサルティング推定 849万円 1571万円 2103万円 2585万円
平均 216.8万円 401万円 536.8万円 659.8万円

一般社員の推定年収:849万円

一般社員の平均年収は、係長級の社員の約半分、部長級の社員の約30%です。
PwCコンサルティングの一般社員の推定年収は、849万円です。

係長級の推定年収:1571万円

係長級の社員は、一般社員の約1.8倍の年収となっており、役職の有無が年収に大きな差を生むことがわかります。
PwCコンサルティングの係長級の社員の推定年収は、1571万円です。

課長級の推定年収:2103万円

課長級の社員は、係長級の社員の約1.3倍の年収です。一般社員と係長級の社員ほどの違いはないもの、およそ100万円以上の年収の違いがあります。
PwCコンサルティングの課長級の社員の推定年収は、2103万円です。

部長級の推定年収:2585万円

部長級の社員の年収は、課長級の社員の、約1.2倍。一般社員の約3倍の年収差があります。
PwCコンサルティングの部長級の社員の推定年収は、2585万円です。

まずは採用媒体に登録してみよう

リクナビ、マイナビなどの採用媒体は無料で登録することができます

登録することでスカウトが届いたり、最新の求人情報を受け取ることができるなど、様々なメリットがあるため、まだ登録していないという人は主要な媒体には必ず登録しておくようにしましょう。

リクナビの登録はこちらから
マイナビの登録はこちらから
エン転職の登録はこちらから

転職エージェントを利用してみよう

PwCコンサルティングのような会社に転職したいと強く思っていらっしゃる方は、転職エージェントの利用もおすすめします。

エージェントに利用するメリットは、次の3つです。

  1. 自分のニーズに合った会社を紹介してもらえる
  2. 履歴書の書き方や、面接の方法などを教えてもらえる
  3. 企業との年収などの交渉もお願いできる

自分のニーズに合った会社を紹介してもらえる

世の中には様々な会社があり、転職媒体を利用すれば何万社もの企業の求人に応募する事ができます。

しかし、本当にあなたが求めているニーズ似合った企業を自分で探すのは、転職に不慣れな方にはとても難しいことです。

転職エージェントは、これまでに何十人、何百人の転職をサポートしてきています。丁寧にあなたの大事にしていることや逆に嫌なことを伝えた上で、実際にどんな企業がどんな人を募集しているのかをしっかりと聞いてみましょう。

そうすれば、自分では探しきれなかった、あなたにピッタリの企業を紹介してくれるはずです。

履歴書の書き方や、面接の方法などを教えてもらえる

初めての転職活動をする人は、実際の転職活動をとても不安に感じる事があると思います。そんな中で、あなたの転職成功をゴールとして、一緒に並走してくれる人の存在は貴重です。

一般的な転職エージェントの担当者は、履歴書の添削や、面接の受け答えのアドバイスなどを行ってくれる担当の人が多いです。

はじめての転職の方は、是非一度転職エージェントの方に相談してみましょう。

企業との年収などの交渉もお願いできる

実際に希望の企業の選考を重ね、見事内定を手に入れた時、後は「どんな条件で合意するか」という段階になります。

希望の会社に転職できれば、それが一番の事ですが、その上でできるだけいい条件で入社したいですよね。転職エージェントなら、そんな最後の交渉も一部代理で行ってくれます。

その理由は、「あなたができるだけ高い年収で転職してくれたほうが転職エージェントの報酬も大きくなる」からです。

そんな転職エージェントとの共通の利害関係をうまく使うことができれば、より良い条件での転職が見えてくるでしょう。

リクナビエージェントの登録はこちら
マイナビエージェントの登録はこちら
Dodaの登録はこちら
パソナキャリアの登録はこちら

おすすめの転職エージェント一覧

リクルートエージェント
おすすめ度
こんな方におすすめ 色々な求人を知りたいという方。自分のキャリアにあった仕事を知りたいという方は、まずは利用してみましょう。
特徴① 合計求人数25万件以上。案件総数・内定決定数ともに、日本No.1の実績
特徴② 面談対策などのサポートも充実している

登録はこちら

マイナビエージェント
おすすめ度
こんな方におすすめ 20代、若年層の方で、転職が初めて。という方
特徴① マイナビ転職が運営する転職エージェント。20代、若手層向けの求人を多く揃えています。
特徴② はじめての転職でも安心のサポート力

登録はこちら

Doda
おすすめ度
こんな方におすすめ 幅広い求人を知りたい
特徴① 求人数10万件以上。業界最大手企業
特徴② 高いサポート力。担当者の満足度が高く、転職に慣れていない方向け

登録はこちら

関連記事

私の年収、低すぎ??

ミイダス
あなたの市場価値を測ろう

17万人の転職データをもとにあなたの市場価値を算出

✔ 企業から面談確約逆オファーが届く

2019年12月1日時点の情報です