年収比較

【2021最新】PwCコンサルティングの年収は?職種や年齢別の給与・ボーナス・評価制度などまとめ!

PwCコンサルティング合同会社の年収情報・業界ランキング

有価証券報告書によると、PwCコンサルティングの平均年収は1200万円。平均年齢は30歳です。そこから推定される年間の平均ボーナスは約300万円、平均月収は75万円です。

今回は、採用情報、口コミサイトの情報、統計情報を元に、PwCコンサルティングの職種ごとの年収・ボーナスの例や、初任給年齢・役職ごとに見た推定の年収事情についてまとめました。是非ご覧ください。

※この記事の平均年収や、福利厚生などは、「有価証券報告書」や、企業が発表している情報、口コミサイトなどの意見を元にまとめた情報です(2020年8月時点)。一般的な平均年収に関する統計情報は、厚生労働省などが公表している賃金構造基本統計調査や、業界団体が提出している資料を参考に、企業を客観的に比較するための推定値として利用しています。是非、こちらをご理解いただいた上で、ご参考ください。

PwCコンサルティングの年収情報まとめ

基本情報

平均年収
1200万円
平均年齢
-歳
月収(推定)
undefined万円
ボーナス(推定)
undefined万円

平均年収は1200万円。平均年齢は-歳

有価証券報告書によると、2021年2月現在、PwCコンサルティングの平均年収は1200万円、平均年齢は-歳となっています。それらの数値を元に、統計を元にした独自の計算式に基づく想定の月収はundefined万円。ボーナスは年二回合計でundefined万円前後と予想されます。

年収の傾向


年収は上位1%の高水準

全国の上場企業約3000社を対象にした平均年収の調査において、PwCコンサルティングの平均年収1200万円は、上位1%の高水準です。また全国3000社の上場企業の平均年収の中央値は650万円前後となっています。

年収のポイント

平均年収は1,200万円と高水準

PwCコンサルティングの平均年収は1,200万円と、一般的な平均年収に比べ非常に高い給与水準となっています。コンサルという激務な業務の分、給与は高い傾向にあるようです。

PwCコンサルティングは、デロイトトーマツコンサルティング、EYアドバイザリー、KPMGコンサルティングと並び、外資系コンサルティングファームの「BIG4」の一角で、PwCグループ全体で連携しクライアントを手厚く支援するグローバルネットワークが強みです。

完全な実力主義の世界

昇給やボーナスは、入社初年度から成果に応じて決定される人事方針で、実力主義が浸透しています。実際に、若いうちから結果を出し、20代でマネージャーへ昇格し年収1,000万円以上を手にする人も少なくないようです。パフォーマンス次第で、昇進・昇給可能な「完全実力主義」の世界と言えます。

年収に占めるボーナスの割合が高い

ボーナスは基本的に7月の年1回の支給で、会社の業績や個人のパフォーマンスによって大きくボーナスが異なることが特徴です。おおよそ年収の20%〜40%がボーナスで、年収に占めるボーナスの割合が高いようです。人によっては賞与だけで500万円近く支給されることもあるとの声があります。近年は業績が好調なため、全従業員に「特別賞与」が支給されているようです。

PwCコンサルティングの転職はこちら

【2021最新】PwCコンサルティングへの転職を徹底分析。面接での質問や年収情報などからわかる転職難易度とはこの記事では、PwCコンサルティングへの転職を考えている人向けに、年収などの水準、採用傾向、求人が豊富な最適な転職サービス、面接対策、そ...
スポンサーリンク

PwCコンサルティングの年収のランキング

業界別・上場企業内でのランキング

順位 会社名 平均年収
1位 M&Aキャピタルパートナーズ 2,478万円
2位 ボストンコンサルティング(BCG) 1,860万円
3位 ストライク 1,539万円
4位 日本M&Aセンター 1,353万円
5位 野村総研(NRI) 1,235万円
6位 PwCコンサルティング 1,200万円
7位 シグマクシス 1,152万円
8位 マッキンゼー 1,100万円
9位 ドリームインキュベータ 1,034万円
10位 ベイカレント・コンサルティング 1,031万円
11位 三菱総合研究所 941万円
・・・・・・・・
22位 ビジョン 517万円
順位 会社名 平均年収
1位 M&Aキャピタルパートナーズ 2,478万円
2位 GCA 2,063万円
3位 日本商業開発 1,921万円
4位 ボストンコンサルティング(BCG) 1,860万円
5位 キーエンス 1,839万円
6位 ヒューリック 1,636万円
・・・・・・・・
26位 三菱地所 1,247万円
27位 そーせいグループ 1,241万円
28位 野村総研(NRI) 1,235万円
29位 スカパー 1,230万円
30位 ファナック 1,216万円
31位 PwCコンサルティング 1,200万円
32位 LIXILグループ 1,196万円
33位 東急不動産 1,194万円
34位 電通 1,179万円
35位 マーキュリアインベストメント 1,167万円
36位 三菱ケミカルホールディングス 1,166万円
・・・・・・・・
3334位 トスネット 260万円
※こちらの情報は、おもに有価証券報告書にて掲載されている年収情報を参考に、約3000社のデータベースを制作して算出しています。

コンサルティング業界では第6位

コンサルティング業界の企業内でのPwCコンサルティングの年収ランキングは第6位です。
コンサルティング業界の年収第1位はM&Aキャピタルパートナーズ、第2位はボストンコンサルティング(BCG)、第3位はストライクとなっています。
コンサルティング業界のランキング一覧はこちら

有力企業全体で第31位

CareerBookが調査した有名企業約3000社の中で、PwCコンサルティングの年収順位は第31位です。
有力企業全体での年収第1位はM&Aキャピタルパートナーズ、第2位はGCA、第3位は日本商業開発となっています。

\まずは登録して、成長企業の求人を確認/

5分で登録。あなたの可能性を開こう

キャリアアップなら
キャリトレがおすすめ

優良ベンチャーから大手企業まで

いいねするだけで興味がある企業からオファーが届く

✔ 人工知能があなたの好みを学習

CareerBooks調査情報

PwCコンサルティングの職種別年収

コンサルタント・SEなどの年収事例

口コミ情報を参考に、PwCコンサルティングの職種別の年収情報をまとめました。

職種グループ 職種 平均年収
営業・ビジネス開発職 コンサルタント 600万円〜1100万円
マーケティング・企画職 経営企画 600万円〜900万円
事務・専門職 会計 600万円〜800万円
開発・技術職 開発 700万円〜1000万円
システムエンジニア(SE) 700万円〜900万円

コンサルタントの年収は600万円〜1100万円

コンサルタントやSEなどの職種の年収情報が報告されています。
例として、コンサルタントの年収は600万円〜1100万円。SEの年収は700万円〜900万円となっています。

年収に関する口コミ情報

CB編集者
CB編集者
undefined
中途入社 コンサルタント 男性
中途入社 コンサルタント 男性
部署によっては、年間を通して高い評価を得なければ昇進ができないといわれている。部門移動で昇進する場合も多く、昇進のしやすさが部門によって違うのは明白である。
中途入社 事務 男性
中途入社 事務 男性
コンサルタント職においては、同業他社に比べ給与水準が低いといわれている。
中途入社 管理 男性
中途入社 管理 男性
一般的に高い給与水準だと言われているが、仕事内容やストレスに対してに見合った給与とは思わない。

※参考:Open Work, カイシャの評判など

スポンサーリンク

PwCコンサルティングの役職・年次別年収

アソシエイトからパートナーの年収の事例

PwCコンサルティングの年収を役職別、年次別にまとめました。なお、年収の内訳は基本給+残業代+ボーナスで、年次は目安となっています。

役職 年次 年収
アソシエイト 1~5年 500万円~800万円
シニアアソシエイト 3〜8年 700万円〜1,000万円
マネージャー 5~10年 1000万円~1300万円
シニアマネージャー 10年〜 1,300万円~1,700万円
ディレクター 実力次第 1,500万円〜2,000万円
パートナー 実力次第 2,000万円〜

参考:外資就活

各役職ごとに3段階のランクが存在

各役職ごと(アソシエイトやマネージャーなど)に、Emergency、Proficient、Advancedと3段階のランクが存在しています。各ランクごとに基本給は月4万円、年収では50万円ほど差があると言われています。

役職別の年収口コミ情報

CB編集者
CB編集者
他の競合コンサルに比べると給与は低いとされています。年に一度のボーナスが年収に大きく影響し、年間の評価が良い場合は通常の2〜3倍程度になります。しかし、評価が悪い場合は減額となる。
中途入社 コンサルタント 男性
中途入社 コンサルタント 男性
マネージャークラスになるとボーナスを含め、年収1000万円に到達する。
中途入社 事務 男性
中途入社 事務 男性
運もあるが30歳代のうちに年収1500万円に到達することも可能。
中途入社 コンサルタント 男性
中途入社 コンサルタント 男性
マネージャークラスで年収1000万円、ディレクタークラスで年収2000万円が見込まれる。
スポンサーリンク

PwCコンサルティングの働き方・企業文化・残業

環境・社風・成長・残業

環境 ベビーシッター支援、週4日勤務、リフレッシュ長期休暇など
社風 フラットな社風。実力主義。
成長 教育体制は整っている。資料作成能力や合意形成能力が身に付く。
残業 プロジェクトにより残業時間は異なる。

福利厚生について

家庭と両立しやすい労働環境

産休や育休はもちろん、仕事と家庭の両立をサポートする様々な独自制度があるようです。
例えば、ベビーシッター支援、週4日勤務、リフレッシュ長期休暇などがあります。

社風について

完全な実力主義

組織はフラットで上下関係厳しくなく自由に議論が交わせる風土のようです。ただし、アウトプットを出していなければ居づらい雰囲気もあるようです。完全な実力主義な組織と言えます。

成長環境について

どこでも通用する仕事の進め方が得られる

一通りの研修制度や、成長ツールは揃っているみたいです。特に、管理職や役員、クライアント向けへの資料作成や説明で上の合意を取る機会が多く、そこで得た仕事の進め方はどこにいっても役に立つという意見が多かったです。

残業について

プロジェクト次第。近年は改善。

基本的に業務量は非常に多く、残業は多いようです。口コミとして最も多いのが、ワークライフバランスはプロジェクトやそれを仕切る上司の考え方次第という意見です。
長期に渡るプロジェクトの場合は、その期間中の有給は取得できず、長く働くことが美徳という古い考え方を持っている上司に当たれば残業時間は長くなるとのことです。
ただし、近年はワークライフバランスの実現に取り組んでいるようで、全社的に意識改革、制度づくりが進んでいるみたいです。

スポンサーリンク

コンサルティング業界の主要企業の比較

主要企業の平均年収の推移


会社名 2000年度 2001年度 2002年度 2003年度 2004年度 2005年度 2006年度 2007年度 2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
野村総合研究所 -万円 1075万円 1080万円 1018万円 986万円 1031万円 1080万円 1093万円 1174万円 1111万円 1141万円 1051万円 1052万円 1072万円 1092万円 1089万円 1156万円 1151万円 1166万円 1222万円
船井総研ホールディングス 559万円 573万円 634万円 652万円 640万円 636万円 639万円 632万円 615万円 551万円 570万円 600万円 632万円 635万円 684万円 673万円 664万円 661万円 698万円 -万円

あなたの可能性を開こう

IT・WEB系への転職情報なら
キャリトレがおすすめ

いいねするだけで興味がある企業からオファーが届く

人口知能があなたの好みを学習

2019年12月1日時点の情報です

PwCコンサルティングについて

会社について

会社概要

社名 PwCコンサルティング合同会社
売上
業界 コンサルティング

企業理念

社会における信頼を構築し、重要な課題を解決する

PwCのPurposeは、私たちのビジネスとは何か、なぜ存在するのかを明確にし、あらゆる意思決定における極めて重要な道標やベンチマークの役割をもっています。ビジネスの目的は終始一貫しているものですが、一方で私たちに対する社会からの期待は常に変化するという課題が山積となっています。しかもこの目まぐるしい変化は、人口動態の変化、技術の進歩、リアルタイムでの情報の流れといった近年私たちが目にし、実際に体験している大きな動きによってさらに加速しています。環境フットプリントや社会的インパクトといったものから投資家の要求、その他さまざまな課題まで、企業にはより広範にわたって迅速かつ責任ある行動を示すことが期待され、これまで以上に幅広い層のステークホルダーに対して説明責任を果たすことが求められています。

事業内容

PwCコンサルティングは、ロンドンに本拠地を構え、経営戦略の立案から実行を担う戦略コンサルティングから、アナリティクスサービスやサイバーセキュリティサービス提供、アプリケーションの導入まで行う大手総合コンサルティングファームです。
主なコンサルティング事業領域は以下の通りです。

  1. ストラテジー:事業戦略、組織戦略など
  2. マネジメント:SCM・調達改革、ファイナンスなど
  3. テクノロジー:デジタルサービス、アナリティクスなど
  4. リスク:ガバナンス、コンプライアンスなど

グローバルネットワークが強み

PwCコンサルティングは世界4大会計事務所の一つであるPwCグループの一角で、PwCグループは約60ヶ国で20万人以上の従業員数を有しています。
それら海外の拠点と連携しながら常に最新の情報や動向を把握し、グローバルネットワークを活用してクライアントにコンサルティングサービスを提供しています。

スポンサーリンク

おすすめの転職エージェント一覧

リクルートエージェント

迷ったらコレ!32万件の求人数を誇る転職エージェントの決定版

リクルートエージェントは、人材業界のトップを独走しているリクルートが運営する国内最大級の総合転職エージェントです。

その歴史は約40年と古く、これまで45万人以上をサポートしており、業界最多の実績を誇っています。保有している求人の量や質、サポート体制など、あらゆる面でトップレベルの水準を誇っており、その総合力が強みと言えます。

特に求人量は32万件以上(非公開求人含む)と、他社を圧倒しており、地方都市にも拠点を構え、日本全国だけでなく海外の求人も豊富に取り扱っています。求人案件の取りこぼしを防ぐために、登録は必須と言えます。

転職エージェント選びで迷っている方は、総合的に安定しているリクルートエージェントで間違いないでしょう。

オススメ度 特徴
総合
転職支援実績No.1。圧倒的な求人量と手厚いサポートが強み。
求人の量・質
非公開求人含め求人数が32万件と他社とは一線を画している。
サポート
リクルートグループが築いた信頼性で企業への交渉力は抜群。
担当者
業界各所から優秀なキャリアコンサルタントが集まっている。

マイナビエージェント

大手企業はもちろん、ホワイトな優良中小企業に出会える

マイナビエージェントは20代〜30代半ばで、優良企業を紹介してほしいという方には非常におすすめの大手総合転職エージェントです。

マイナビエージェントは、若手の転職支援実績が豊富で、利用者の80%が20代〜30代半ばです。提携企業も若手〜中堅層の採用ニーズを抱えている企業が多いです。

また、新卒採用市場で最大手のマイナビグループは、新卒採用で培った企業とのネットワークを活用し、大企業はもちろん、優良中小企業の求人を多数保有しています。マイナビエージェントが保有する求人の半数以上が非公開求人で、一般公開したら応募が殺到するような人気求人を紹介してもらうことが可能です。

オススメ度 特徴
総合
若手の転職支援実績が豊富。優良企業の求人を多く保有している。
求人の量・質
大手企業はもちろん、ホワイトな中小企業の非公開求人が多い。
サポート
キャリアカウンセリングから選考対策、企業への交渉まで一貫してサポートが手厚い。
担当者
密なコミュニケーションが特徴的だが、頻繁すぎるという声も。

キャリトレ

話題沸騰!ITベンチャー企業への転職なら登録必須!

CMで人気のキャリトレは、若手向けに特化した全く新しい転職サイトです。運営元はビズリーチで、「ビズリーチ」はハイクラス向け、「キャリトレ」はキャリアの浅い若者向けと、ターゲットが棲み分けされています。

12万件以上の求人数は業界トップクラスで、中でも急成長を果たしているITベンチャー企業の求人を多く取り扱っています。

また、簡単ワンタップの操作で、企業にあなたの興味を届けることができ、マッチした企業から直接オファーが届くようになります。

転職活動に役立つ機能が充実しているのも大きな特徴です。2種類のスカウト機能や、人工知能が搭載されたレコメンド機能で、受動的に希望条件に合った求人を探すことが可能です。

20代・30代でITベンチャーへの転職であれば、キャリトレを使わない選択肢はないでしょう。

オススメ度 特徴
総合
20代向けの求人数では、リクナビやマイナビと同等の水準。
求人の量・質
12万件の求人のうち、大多数が20代向けの求人。
サポート
AIを搭載したレコメンド機能や、2種類のスカウト機能が充実。
担当者
ツイッター上で担当者が相談に乗ってくれるユニークな機能。

パソナキャリア

年収重視の方は登録必須!67%の人が転職後に年収アップを実現

パソナキャリアは、人材業界大手のパソナが運営している総合転職エージェントで、転職がはじめてで年収を上げたい方におすすめです。

パソナキャリア経由で転職をした人のうち、なんと67%が転職後に年収が上昇しており、パソナキャリアは年収アップの面で強みを持っています。

また、利用者の半数以上が転職経験がなく、転職がはじめての人からの評価が高いです。

はじめての転職で不安だけど、年収アップを目指しているけど、はじめての転職で不安という方は、パソナキャリアを利用しましょう。

オススメ度 特徴
総合
総合的に安定している。特に年収アップに強みを持っている。
求人の量・質
求人数は4万件と、リクルートやdodaに比べると劣っている。
サポート
丁寧なキャリアカウンセリングや選考対策が好評。
担当者
企業への交渉力が強く、67%の人が年収アップを実現している。

doda

抜群の安定感!IT・通信業界、営業・企画職への転職に強い

dodaは業界大手のパーソルキャリアが運営している転職エージェントで、転職支援実績はトップクラスです。

非公開求人を含め全国14万件の求人を保有していて、リクルートエージェントの32万件に次ぐ国内2番手の求人数を誇っています。14万件のうち約8万件が非公開求人で、一般の転職市場には出回らないようなdoda独自の求人を紹介してもらうことが可能です。

特に、IT・通信業界や、営業・企画職の求人が多いため、IT志望でビジネス職の方は必ず登録しておきたい転職エージェントです。

また、キャリアコンサルタントによる丁寧なキャリアカウンセリングに定評があり、「初めての転職で不安」という方にも自信を持っておすすめできます。面接確約オファーが届くスカウトサービスや、転職フェアなどのイベントを頻繁に開催しており、自分に合った企業が見つかる機会も充実しています。

オススメ度 特徴
総合
求人量は国内2番手でトップクラス。
求人の量・質
公開求人6万件、非公開求人8万件と豊富な求人量が強み。
サポート
スカウトや転職イベントで、自分に合った求人が見つかる機会が豊富。
担当者
LINEで気軽に転職相談や求人提案を受けられる。

マイナビIT AGENT

豊富な求人数を誇る!大手ならではの安定したサポート体制も

マイナビIT AGENTは、人材大手のマイナビエージェントが運営しているIT・Web業界特化型の転職エージェントで、豊富な求人数を取り揃えています。IT業界転職支援大手のレバテックキャリアと比較して、3倍の求人数を誇っています。

業界未経験でIT・Web業界へ転職を考えている方はマイナビIT AGENTを利用しましょう。

また、未経験でも応募要件を満たしている求人が多く、業界未経験でも安心して利用することができます。

高収入の求人も興味がある方は、IT業界の転職支援実績No.1のレバテックキャリアも併用するようにしましょう。

オススメ度 特徴
総合
大手ならではの安定したサポート体制と求人数・質が強み。
求人の量・質
レバテックの3倍の求人数を誇る。優良中小企業の求人が多い。
サポート
マイナビグループで蓄積されたIT業界特有の転職ノウハウを活用。
担当者
IT業界出身者による専門的なアドバイスが受けられる。

ウズキャリ(UZUZ)

20代全般におすすめ。特にIT業界希望者は登録マスト

オススメ度 特徴
総合
丁寧なサポート体制と担当者の質が好評。
求人の量・質
ブラック企業を排除し、優良企業のみ扱っている。
サポート
平均20時間のキャリアカウンセリングが特徴的。
担当者
担当者の90%が元第二新卒・既卒のため、経験を元にしたアドバイスを受けられる。