業績・売上

【2019年最新】オリンパスの売上・業績を調査!四半期ごとの推移や、業界内のランキングを紹介!

オリンパスの売上高・業績

オリンパスの最新の売上高は7939億円。業界内でのランキングは、第28位です。
今回は、オリンパス株式会社の売上や利益の業績情報を、競合企業との比較ランキング・過去の推移の比較という形で行いました。

是非最後までご覧ください!

オリンパスの売上・業績について

直近の年間売上高
7939億円
従業員あたりの売上
2260万円
売上業界ランキング
28位
3年間の売上変化率
107.2%
スポンサーリンク

オリンパスについて

会社概要

会社概要

社名 オリンパス株式会社
本社所在地 東京都新宿区西新宿2−3−1 新宿モノリス
会社URL http://www.olympus.co.jp/
代表者 竹内 康雄
資本金 124,606百万円
 従業員 35124
業界 総合電機・電子・機械関連

企業理念

世界の人々の健康と安心、心の豊かさの実現

オリンパスは、医療や科学の技術を活用して、人々に健康や安心を届けるという企業理念を掲げています。

最先端の医療や生命科学の研究に貢献する。人々の安全を守り、安心して暮らせる社会を支える。人生のかけがえのない瞬間をとらえる。事業活動を通じて世界の人々、社会の根源的な要請に応え、広く社会に貢献する。これこそがオリンパスが社会に存在する理由です。

事業内容

大手光学機器・電子機器メーカー。内視鏡分野では世界シェア約70%。

オリンパスは、内視鏡や、顕微鏡、デジタルカメラなどの光学機器、電子機器を製造・販売しています。
特に、医療用の光学機器や顕微鏡は世界トップシェアを誇り、内視鏡は世界の約70%ものシェアを占めています。デジタルカメラは、ニコンやキャノンに次ぐ3番手の規模となっています。

 ① 医療事業 内視鏡分野、外科分野、処置具分野など
 ② 科学事業 生物顕微鏡分野、工業用顕微鏡分野など
 ③ 映像事業 デジタル一眼カメラ、コンパクトデジタルカメラなど

7,900億円の売上は堅調に推移

オリンパスの2019年3月期の売上高は、前年比+0.9%の7,939億円でした。
近年、業績は堅調に成長していて、直近5年で7,133億円から7,939億円と、11%の増収を果たしています。

失敗しないための転職ツール診断

間違った転職ツール選びはキャリアの失敗につながります。6問の質問に答えるだけで、あなたにあった転職サイトをチェックしよう。

10秒診断スタート

オリンパスの業績の推移・変化率

売上推移

過去3年間の売上の推移

年間売上は7939億円。3年間の変化率は107.2%


年度 売上高 前年度比率
2019年 7939億円 100.94%
2018年 7865億円 106.2%
2017年 7406億円 -%

オリンパスの直近の売上高(連結)は、7939億円です。直近3年間での成長率は107.2%と上昇傾向にあります。

営業利益率は4%

年度 営業利益 前年度比率
2019年 283億円 34.9%
2018年 811億円 113.82%
2017年 712億円 -%

オリンパスの直近の営業利益(連結)は、283億億円。営業利益率は営業利益率は4%です。

四半期ごとの売上高・営業利益


四半期売上高 四半期営業利益
2017年1Q 1686.2億 133.64億
2017年2Q 1800.99億 220.58億
2017年3Q 1830.54億 205.44億
2017年4Q 2087.84億 152.26億
2018年1Q 1718.46億 127.07億
2018年2Q 1975.85億 246.86億
2018年3Q 2026.33億 224.15億
2018年4Q 2144.33億 212.21億
2019年1Q 1805.54億 -116.39億
2019年2Q 2012.95億 146.24億
2019年3Q 1991.97億 175.99億
2019年4Q 2128.16億 76.97億
スポンサーリンク

オリンパスの売上高の比較・ランキング

競合との比較

①売上高のランキング

トップ5社の売上シェア比率


売上高:総合電機・電子・機械関連業界では第28位

総合電機・電子・機械関連業界の企業内でのオリンパスの売上ランキングの順位は第28位です。
総合電機・電子・機械関連業界の売上高ランキング第1位は日立製作所、第2位はソニー、第3位はパナソニックになっています。
総合電機・電子・機械関連業界のランキング一覧はこちら

順位 会社名 売上高
1位 日立製作所 9兆4806億円
2位 ソニー 8兆6657億円
3位 パナソニック 8兆27億円
4位 三菱電機 4兆5199億円
5位 三菱重工業 4兆783億円
6位 キヤノン 3兆9519億円
・・・・・・・・
23位 富士電機 9149億円
24位 住友重機械工業 9031億円
25位 ミネベアミツミ 8847億円
26位 オムロン 8595億円
27位 アルプスアルパイン 8513億円
28位 オリンパス 7939億円
29位 ルネサスエレクトロニクス 7565億円
30位 日立ハイテクノロジーズ 7311億円
31位 ニコン 7087億円
32位 ジャパンディスプレイ 6367億円
33位 ファナック 6356億円
・・・・・・・・
533位 ウインテスト 4億円
※こちらの情報は、おもに有価証券報告書にて掲載されている売上情報を参考に、約3000社のデータベースを制作して算出しています。

売上高:全体では第193位

CareerBookが調査した有名企業約3000社の中で、オリンパスは売上ランキング193位です。

順位 会社名 売上高
1位 トヨタ自動車 30兆2257億円
2位 三菱商事 16兆1038億円
3位 ホンダ(HONDA) 15兆8886億円
4位 日本郵政 12兆7750億円
5位 NTT東日本(日本電信電話) 11兆8798億円
6位 伊藤忠商事 11兆6005億円
・・・・・・・・
188位 小糸製作所 8263億円
189位 長瀬産業 8078億円
190位 日東電工 8065億円
191位 DIC 8055億円
192位 エア・ウォーター 8015億円
193位 オリンパス 7939億円
194位 東洋製罐グループホールディングス 7931億円
195位 阪急阪神ホールディングス 7914億円
196位 ダイワボウホールディングス 7856億円
197位 ツルハホールディングス 7824億円
198位 ウエルシアホールディングス 7791億円
・・・・・・・・
3586位 RISE 1億円
※こちらの情報は、おもに有価証券報告書にて掲載されている売上情報を参考に、約3000社のデータベースを制作して算出しています。

②従業員当たりの売上のランキング

従業員あたり売上:総合電機・電子・機械関連業界で第353位

総合電機・電子・機械関連業界内でのオリンパスの従業員あたりの売上ランキングの順位は第353位です。

順位 会社名 売上高
1位 トーメンデバイス 128,019万円
2位 イーレックス 47,358万円
3位 エクセル 27,777万円
4位 中外鉱業 24,726万円
5位 三信電気 24,524万円
6位 丸文 24,453万円
・・・・・・・・
348位 ザインエレクトロニクス 2,291万円
349位 正興電機製作所 2,277万円
350位 戸上電機製作所 2,274万円
351位 アドテック プラズマ テクノロジー 2,272万円
352位 横河電機 2,262万円
353位 オリンパス 2,260万円
354位 鈴茂器工 2,237万円
355位 アネスト岩田 2,235万円
356位 ホシザキ 2,235万円
357位 大井電気 2,234万円
358位 キョウデン 2,219万円
・・・・・・・・
494位 トミタ電機 412万円
※こちらの情報は、おもに有価証券報告書にて掲載されている売上情報を参考に、約3000社のデータベースを制作して算出しています。
スポンサーリンク

従業員数やキャッシュフロー、資産などの情報

その他の指標

営業キャッシュフロー

年度 営業キャッシュフロー
2019年 669.43億
2018年 951.46億
2017年 1020.52億

投資キャッシュフロー

年度 投資キャッシュフロー
2019年 -602.96億
2018年 -533.12億
2017年 -208.14億

財務キャッシュフロー

年度 売上高
2019年 -829.48億
2018年 -510.58億
2017年 -436.15億

総資産

年度 資産
2019年 9320.3億
2018年 9786.63億
2017年 9600.32億

従業員に関するデータ

平均年収 866万円
従業員数 35124人
平均年齢 41.9歳
スポンサーリンク

関連記事

オリンパス株式会社の年収情報・業界ランキング
【2021最新】オリンパスの年収は?職種や年齢別の給与・ボーナス・評価制度などまとめ!有価証券報告書によると、オリンパスの2021年2月時点で最新の平均年収は850万円。平均年齢は42.2歳。総合電機・電子・機械関連業界の...