転職エージェント・転職サイト

【2020最新】沖縄県でリクルートエージェントは使うべき?評判・口コミや求人数、面談拠点を徹底調査!

この記事では、支店情報や求人、リクルートエージェントを利用している方の口コミなどの情報を総合的にまとめ、沖縄県での転職を考えている方に向けて、沖縄県で転職する際にリクルートエージェントをどう活用するべきか。についてご説明してます。

編集者のコメント

転職サイト・エージェントを利用する際、エージェントとのコミュニケーションが非常に重要な要素となってくるため、面談拠点が近くにあるかどうかは大きな要素です。リクルートエージェントでの転職を検討している場合も、他の媒体の面談拠点は必ずチェックし、近くにある媒体は必ず登録しましょう

リクルートエージェントとは

45万人以上の転職支援実績は、業界最多

リクルートエージェントは、言わずと知れた国内最大級の総合転職エージェントです。これまで45万人以上の転職を成功に導き、その支援実績は業界最多を誇っています。保有している求人の量や質、サポート体制、企業への交渉など、あらゆる面で最高品質のサービスを提供していて、安定的で総合力の高さに強みを持っています。

沖縄県の求人数は圧倒的No.1。面談拠点は構えていない

特に、保有求人数は他社を圧倒していて、都市部はもちろん、沖縄県でも1148件と求人数No.1を誇っています。人材業界大手のマイナビエージェント、パソナキャリアなどと比べると、その差は歴然です。なお、沖縄県内では面談拠点を構えていないですが、心配はありません。リクルートエージェントでは、全国各地の転職事情に詳しいキャリアコンサルタントが在籍しています。そのため、沖縄県担当のアドバイザーと電話で面談したり、メールでサポートを受けることができます。

第二新卒からハイキャリアまで。沖縄県の転職なら利用すべき

さらに、当サイトで実施したアンケートでも、リクルートエージェントは第二新卒からハイキャリアまで幅広い層から高い支持を得ています。業界や職種、役職、年齢問わず、沖縄県で転職するなら、必ず利用すべき転職エージェントです。

運営会社 株式会社リクルートキャリア
所在地 東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー
公開求人数 165000件
対象年代 20代〜50代
対応地域 全国・海外
利用料金 完全無料
公式サイト https://www.r-agent.com/
スポンサーリンク

リクルートエージェントを沖縄県で使える?

リクルートエージェントの面談拠点情報

リクルートエージェントは、沖縄県に支店を持っていません。
しかし、沖縄県の求人は1148件(2020年1月現在)確認されています。近くに面談がなくても、オンラインで転職エージェントのサポートは受けられるので、自分の希望する求人があるかは、一度登録して確認してみる価値がありますしょう。

リクルートエージェントの沖縄県の求人情報

沖縄県の各媒体の求人数

リクルートエージェント、doda、マイナビエージェント、パソナキャリア、キャリトレなどの媒体で、沖縄県で検索した求人数をまとめました。

転職エージェント 求人数
リクルートエージェント 1148
doda 898
マイナビエージェント 339
パソナキャリア 97
キャリトレ 128

※リクルートエージェント、マイナビエージェントは公開求人と非公開求人の合算

職種別の求人数

職種 求人数
営業・販売・カスタマーサービス 384
企画・マーケティング・経営 15
管理・事務 21
物流・購買・貿易・店舗開発 332
コンサルタント 4
金融専門職 3
不動産専門職 12
クリエイティブ 24
SE・ITエンジニア 167
エンジニア(設計・生産技術・品質管理) 13
建築・土木・設備 90
医療・医薬・化粧品 5
その他(講師・調理師・介護など) 17

リクルートエージェントの沖縄県での職種別求人数は、第1位が営業・販売・カスタマーサービスの384件第2位は企画・マーケティング・経営の15件第3位は管理・事務の21件になっています。

業界別の求人数

業界 求人数
IT・通信業界 211
Web・インターネット業界 151
機械・電気業界 27
化学・素材業界 4
商社 53
物流・運輸業界 0
小売・卸売・サービス業界 384
旅行・エンタメ業界 17
マスコミ・広告業界 56
人材業界 213
コンサルティング業界 83
金融・保険業界 62
不動産・建設業界 181
医療・医薬業界 14

リクルートエージェントの沖縄県での業界別求人数は、第1位がIT・通信業界の211件第2位はWeb・インターネット業界の151件第3位は機械・電気業界の27件になっています。

スポンサーリンク

リクルートエージェントの活用の流れ

活用のポイント

ゆずれない条件など、希望条件は細かく伝えよう

リクルートエージェントとの面談では、希望条件を細かく伝えることで、効率的に自分に合った求人に出会うことができます。なぜなら、元々提案される求人の数が非常に多いため、希望条件に幅を持たせてしまうと、膨大な数の求人から応募したい求人を選ぶこととなり、条件に合わない求人に埋もれてしまう可能性があるためです。

実際に、リクルートエージェントを利用した人の口コミを見てみると、「求人が何件も紹介され、多すぎて全部見きれない」という声が多数見受けられます。

理想のキャリアから逆算して直近で取り組みたい業務内容を明確に伝える、勤務地や年収などのゆずれない条件を絞る、希望条件の優先順位をしっかりと伝える、など細かく条件を伝えるようにしましょう。

担当者からの連絡が遅い時は、遠慮せず催促しよう

リクルートエージェントでは、「担当者からのメールの返信が遅い」「面接に向けた電話での事前アドバイスが、面接日の直前になることがあって困った」というような口コミがしばしば見受けられます。リクルートエージェントは国内最大級の転職エージェントのため、利用者が多くあなたの対応優先度が下げられてしまう可能性があります。

実際に連絡が遅い担当者に当たってしまった時は、遠慮せずに返事が遅いことを指摘するようにしましょう。その際、良い求人があったら今すぐにでも転職したいという、転職意欲も一緒にアピールするようにしましょう。そうすることで、あなたの対応優先度が上がり円滑なコミュニケーションを実現できるはずです。

面談当日までの準備

職務経歴書の準備

リクルートエージェントでは、面談前にWebサイトやメールで履歴書や職務経歴書を提出することが一般的です。担当者に事前に経歴を把握してもらうことで、これまでの経歴を一から説明する必要がなくなり、スムーズに面談を行うことができるため、なるべく事前に送付しましょう。
また、直接支社で面談をする場合は、履歴書や職務経歴書を持参することもおすすめします。なぜなら、面談当日に職務経歴書を添削してもらう時間があり、書面で用意しておくと役に立つためです。

面談内容の確認

リクルートエージェントの初回面談では、主に以下のような質問や流れで進むことが多いようです。

  • 自己紹介
  • これまでの経歴や仕事内容・スキル
  • 転職の理由
  • 目指すキャリアの確認
  • 希望の業界・職種
  • 年収や勤務地などの希望条件

大体1〜1.5時間ほどの時間をかけてじっくりとヒアリングされるため、きちんと答えられるようにしておきましょう。面談の中であなたのキャリアの棚卸しを行い、今のあなたに最適な転職先が紹介されるよう、事前の準備は大切です。

質問事項をまとめておく

これはリクルートエージェント以外の面談でも言えることですが、当日の面談をより有意義にするために、キャリアコンサルタントに質問したい内容を事前にまとめておくと良いでしょう。

  • 職務経歴書の書き方のコツは?
  • 面接対策に役立つ具体的なアクションは?
  • キャリア設計としてAかBで迷っているけど、どっちが良い?
  • 応募って何件くらいするのがおすすめ?

これらのような質問をすることは、転職に関する疑問を解決することはもちろん、あなたの転職意欲をアピールし、より優良案件を紹介してもらう目的があります。初回面談は、転職エージェント側もあなたの評価をしており、その評価によって転職サポートの優先度や紹介求人の質が左右します。面談当日に上記のような質問をし、あなたの転職意欲をアピールしましょう。

面談当日の服装と持ち物

スーツかビジネスカジュアルが定番

必ずしもスーツを着用する必要はなく、私服でも構いません。面談では、あなたの経験や転職の希望条件などを詳しく確認するため、リラックスして話ができる服装が良いでしょう。ただし、私服と言ってもラフすぎる格好はNGです。キレイめのビジネスカジュアル・オフィスカジュアルなどが好ましいです。
なお、企業の面接対策のために身だしなみのアドバイスを受けたいという方は、面接同様のスーツがおすすめです。人事からの印象アップのコツや身だしなみで気をつけるべきポイントなどを聞くことができます。

履歴書・職務経歴書・筆記用具・A4クリアファイルは忘れずに

リクルートエージェントから指定されている持ち物に加え、履歴書・職務経歴書などの資料類、筆記用具やA4クリアファイル(求人票や書類などを入れるため)などを持参するようにしましょう。

面談当日のNG行為

不満や愚痴を話しすぎない

よくありがちですが、「上司が嫌だ」「仕事がつまらない」などの不満や愚痴は話しすぎないようにしましょう。
面談の目的は、あなたの強みやアピールポイントを整理して、最適な企業を紹介してもらい転職を成功させることです。転職先への希望条件に繋がらないようなネガティブな情報をあまりにも羅列することは避けましょう。

「話しだけ聞きに来ました」と言わない

実際にそうであっても、これは絶対に言わないようにしましょう。転職エージェントとの初回面談は、あなたが評価される機会でもあります。転職意欲が低いと判断されると評価が下がり、対応の優先順位が落とされ希望の求人が紹介されない可能性があります。
転職意欲をアピールするために、「良い求人があれば今すぐにでも転職したい」と伝えることをおすすめします。

経歴やスキルなど嘘をつかない

現在のあなたに最適な求人を紹介してもらうためには、担当者が正確にあなたの経歴やスキルを把握する必要があります。自分を良く見せようと嘘をついたり、大きく誇張して伝えてしまうと、自分のスキルに合わない案件が紹介されてしまう可能性が高いため、すべて正直に伝えるようにしましょう。
また、転職理由が「リストラ」や「家族に勧められた」など言いにくい場合でも、包み隠さず事実を伝えるようにしましょう。担当者がきちんと背景を理解することで、より良い転職サポートを受けることができるでしょう。

無断で遅刻しない

連絡を入れないで遅刻をすると、担当者からの印象が非常に下がってしまうため、遅刻しないよう気を付けましょう。遅刻以外にも、社会人としての非常識な態度を取ることはNGです。
ちなみに、面談予定時刻の5〜10分前に到着するのが理想です。それよりも早いと、逆に転職エージェント側が困ってしまうことがあるため、支店に訪問する場合は5〜10分前に着くようにしましょう。

会社の名刺を渡さない

これはNGではありませんが、なるべく控えましょう。会社の名刺は、会社のビジネス上で使うためのものであり、個人で使用するのは一般的ではありません。業務外で渡してしまうと、社会人としてのマナーが身についてないと転職エージェント内で話題に上がることもありますので、注意しましょう。

スポンサーリンク

リクルートエージェントの評判・口コミ

リクルートエージェントの口コミ・評判まとめ

おすすめ度 特徴
総合
転職支援実績No.1。圧倒的な求人量と手厚いサポートが強み。
求人の量・質
非公開求人含め求人数が32万件と他社とは一線を画している。
サポート
リクルートグループが築いた信頼性で企業への交渉力は抜群。
担当者
業界各所から優秀なキャリアコンサルタントが集まっている。

沖縄県のリクルートエージェントの利用者の口コミ

全国のリクルートエージェントの利用者の口コミ

業界:100
人物:fukushima歳 リクルートエージェント 100
地域:福島県
年収:女性万円 → 30万円
  • 良かった点

    総合電機・電子・機械関連

  • 悪かった点

  • 求人の質・量

    製造

  • サポート

  • 担当者の質

    いろいろな職種などを知れたのはよかったかなと思います。自分だけで調べた求人では、知り得なかった求人があったので、知るという面では、良かったと思える点です。求人の種類はこんなにあるのかと思えたのには、自分の知識量が増えたと思います。

業界:300
人物:tokyo歳 リクルートエージェント 350
地域:東京都
年収:女性万円 → 30万円
  • 良かった点

    建設

  • 悪かった点

  • 求人の質・量

    事務

  • サポート

  • 担当者の質

    職務経歴書の添削を行ってくれて、何を明記すべきかキッチリとわかりました。他の転職活動でも使用できたのでよかったです。リクルートエージェントでは提案してもらう求人数が非常に多く、自分が結局何を望んでいるのか迷ってしまうほどでした。

業界:300
人物:yamaguchi歳 リクルートエージェント 400
地域:山口県
年収:女性万円 → 32万円
  • 良かった点

    不動産・住宅・建材

  • 悪かった点

  • 求人の質・量

    営業

  • サポート

  • 担当者の質

    始めはきちんと仕事が決まるかどうかが不安なところでしたが、サポートが充実していて心配が軽減されました。私自身、履歴書が自信がなかったのでそこの添削をしっかりとしてもらえることで面接を自信もってすることができました。

リクルートエージェントの関連記事

【元人事が語る】リクルートエージェント評判は良い?500人の口コミ・体験談から特徴・実態を調査リクルートエージェントは、はじめての転職なら必ず利用すべき実績No.1の転職エージェントです。 この記事では、当サイトで実施した500...
リクルートエージェントの評判は悪い?口コミを検証して実態を暴いてみた今回はリクルートエージェントの悪い口コミを集め、その実態を暴いていこうと思います。当サイトで500人に実施したアンケートによって集まった...
リクルートエージェントは2chで評判が悪い?リアルな口コミを徹底調査今回は、2ch・5chに掲載されているリクルートエージェントの「リアルな口コミ」を集めてみました。2chなどの掲示板サイトには、利用者の...
リクルートエージェントの費用はなぜ無料?知らないと損する料金体系のカラクリリクルートエージェントは完全無料で利用できますが、一体なぜ費用はかからないのでしょうか?キャリアコンサルタントによる模擬面接などの手厚い...
【データと評判で比較】リクルートエージェントとdodaの違いは?今回は「リクルートエージェント」と「doda」を様々なデータや評判に基づき、徹底比較しました。 どちらも転職エージェント最大手で、...
リクルートエージェントで高卒・フリーターが陥る落とし穴とは?注意点を解説リクルートエージェントは大手転職エージェントの中で、ダントツで未経験OKの求人を取り扱っています。つまり、高卒やフリーターの方でも応募で...
リクルートエージェントのサポート期間は3ヶ月!延長したい時の対処法は?リクルートエージェントのサポート期間は基本的に3ヶ月です。しかし、中には3ヶ月以上のサポートを受けることができる人もいます。 そこ...
リクルートエージェントは電話面談のみで大丈夫?失敗しないための注意点リクルートエージェントは電話面談のみでサポートを受けることが可能です。しかし、電話面談だと対面面談に比べてサポートの質が落ちてしまうこと...
【データと評判で比較】リクルートエージェントとマイナビエージェントの違いは?今回は「リクルートエージェント」と「マイナビエージェント」を様々なデータや評判に基づき、徹底比較しました。 どちらも転職エージェン...

スポンサーリンク

沖縄県に根ざしたその他の転職エージェント

人財パワー

沖縄県内のあらゆる仕事情報を紹介

人財パワーは沖縄県の人材派遣・紹介業です。1974年に創業し、50年近く地元特化の総合人材サービス業として事業を続けています。地方の人材市場の現状は、人手不足・高齢化など問題が山積みです。そのような時代背景の中で、人財パワーはその会社名通り、なにより企業は人なりという理念のもと、 信用と誠実さを武器に着実に実績を重ね、歴史を創ってきました。地元に密着した人材派遣・紹介会社ですので、扱う求人案件は沖縄県全域に特化し、働き方はフルタイムから時短勤務まで取り揃えています。
派遣という雇用形態で働くことのメリットの一つに、「すぐに働ける」という点が挙げられます。通常、転職をしようとすると、内定を得るまでに平均3カ月、そこから実際に入社するまでに1~2カ月かかります。派遣であれば働きたいときにすぐ働きだすことができるので、遠方からの職探しにも有効です。

公式サイト https://www.j-power.co.jp/
運営会社 人財パワー株式会社
本社所在地 沖縄県那覇市壺川1丁目4番地15
面談拠点 沖縄、沖縄市
対応職種 ・事務
・コールセンター
・コンピューター関連
・接客・販売
・営業・企画開発
・建設・土木関連
・軽作業
求人数 57
年齢層 20代~40代

宗建リノベーション

沖縄県の派遣会社 安心の実績

沖縄県の求職者と企業に特化した人材派遣会社の宗建リノベーションは、人と企業のつながりを何よりも大切にしている会社です。求職者と企業双方の目線に立った人材紹介をしています。人材紹介業者は、大きく分けて月額報酬型と成功報酬型の2種類があります。宗建リノベーションは成功報酬型の人材紹介業者ですので、内定を出した求職者が実際に入社するまで費用はかかりません。また、人材派遣を行う際にはスタッフ教育を重点的に行います。就業先決定後、独自の教育研修制度で求職者のスキルアップを図りますので、企業だけでなく求職者自身も不安を解消してから就業できると良い評価を得ています。
一方、検索システムに掲載されている求人案件は少ないようです。企業の非公開求人を保有している場合があるので、実際に登録をしてから紹介を受ける必要があります。

公式サイト https://soken-r.net/
運営会社 有限会社 宗建リノベーション
本社所在地 沖縄県島尻郡南風原町宮平641-1 101号
面談拠点 沖縄、島尻群
対応職種 ・ルート配送
・一般事務
・カスタマーサポートなど
求人数 11
年齢層 20代~40代

ジョブアンテナエージェント

沖縄県最大の転職支援サービス

ジョブアンテナは、沖縄県最大規模の転職支援サイトを運営しています。掲載求人数、取引企業数ともにエリアNo.1で、ホームページには豊富な情報と細部にわたり使いやすいように考えられた検索システムが採用されており、多くの求職者が利用しています。
企業の掲載ページには大手転職支援サイトのようにイメージがわきやすいように写真が多く掲載されたり、企業風土の情報が多数載っていたりします。若手主体のベンチャー企業の掲載も多いので、とても勢いが感じられます。また、独自のランキングシステムである「アンテナレベル」というコンテンツは大きな特徴の一つです。求人や企業に対して、求職者からの人気度を表す指標で、それぞれ求人ページの閲覧回数や、これまでの応募者の総数などがランキングに影響し、順位を出しています。自分だけで進める転職活動では周りの情報が入ってくることが少なくなりがちですので、このような企業の人気度が簡単に分かるのはとても便利です。

公式サイト https://www.jobantenna.jp/agent/
運営会社 琉球インタラクティブ株式会社
本社所在地 沖縄県宜野湾市大山3丁目11-32
面談拠点 沖縄、東京
対応職種 ・管理・事務
・営業・カスタマーサポート
・IT・通信エンジニア
・WEB・インターネット・ゲーム
・クリエイティブ
・販売・フード・アミューズメント
・医療・福祉・介護
・技能工・設備・配送・農林水産 他
・美容・ブライダル・観光・交通
・保育・教育
・企画・マーケティング・経営
・建築・土木
・電気・電子・機械・半導体
・医薬・食品・化学・素材
・コンサルタント・金融・不動産専門職
・公共サービス
求人数 1071
年齢層 20代~40代

JTB沖縄人材バンク

JTBグループ 観光業に特化した沖縄県の人材紹介

JTB沖縄人材バンクは大手旅行会社JTBのグループ会社です。沖縄県の観光・旅行業界に特化した人材紹介サービスを行っています。観光地ならではの語学を活かした仕事募集も豊富にあり、国際色豊かな求人案件となっています。所属コンサルティング・コーディネーターは、沖縄県はもちろん旅行業界全般の知識に精通したプロ集団で形成されています。求職者の経歴や希望条件などを把握し、JTBのネットワークを活かして就業先企業を紹介します。企業側も、旅行業界最大手のグループ会社であるJTB沖縄人材バンクからの紹介であれば、安心して業務を任せられると考えていますので、双方のニーズがマッチした採用に繋がっています。
また、JTB沖縄人材バンクでは移住の相談にものっています。沖縄に移住して観光業への従事を考えている求職者に向けて、寮の用意がある「住み込み求人」に対応している企業先の紹介など、実際に本土から沖縄県に移住したスタッフが対応しています。

公式サイト https://www.okinawa-career.com/
運営会社 株式会社JTB沖縄
本社所在地 沖縄県那覇市旭町112番1
面談拠点 沖縄、那覇市
対応職種 ・宿泊部門
・調理部門
・料飲・婚礼部門
・総務部門(経理・人事・庶務・事務)
・管理職部門
・マリン・アクティビティ部門
・サービス・接客・その他
・施設管理部門
・客室管理部門
・営業事務・一般事務部門
求人数 203
年齢層 20代~40代