転職ノウハウ

【2020最新】野村證券への転職を徹底分析。面接での質問や年収情報などからわかる転職難易度とは

野村證券の転職難易度は100点中87点、証券・投資関連業界での第1位です。

この記事では、野村證券への転職を考えている人向けに、年収などの水準、採用傾向求人が豊富な最適な転職サービス面接対策、それらをもとに総合的に判断した転職難易度を紹介しています。

この記事は、IR情報、口コミサイト、業界担当のキャリアアドバイザーへのヒアリング情報をソースとし、Careerbooksが独自に算出した難易度をもとに作成しています。
失敗しないための転職サイト診断

間違った転職サイト選びはキャリアの失敗につながります。6問の質問に答えるだけで、あなたにあった転職サイトをチェックしよう。

10秒診断スタート

野村證券に最適な転職サービス

おすすめの転職サービス

野村證券や、親和性の高い企業の実際に掲載されている求人などの情報から、最適な転職サービスを調査しました。

  • ベンチャーに強い
  • 20~30代向け
  • 第二新卒
  • スカウトサービス

若手の優秀層向け求人はNo1。大手からベンチャーまで

若手優秀層向けの都内の大企業、成長企業求人に強いスカウトサービス。主に20代から30代前半をターゲットにしており、ベンチャー、新規事業転職ならここの利用がおすすめ。

キャリトレに無料登録

  • 地方に強い
  • 求人数No1
  • 大手に強い

求人数ダントツNo1。全ての人におすすめ

全国で求人数が圧倒的に多く、多くの転職者がまず使うサービス。大企業にも強く、キャリアブックが調査した上場企業3000社のうち、直近1年で半数近くの企業の求人を掲載している。

リクルートに無料登録

  • ハイクラス
  • 年収600万以上
  • 大手に強い
  • スカウトサービス

ハイクラス転職ならビズリーチ

ハイクラス向けのスカウト型転職サービス。年収600万円以上の人をメインターゲットにしており、大企業やハイクラス求人に強い様々な企業から声がかかる。自己応募も可能。

ビズリーチに無料登録

失敗しないための転職サイト診断

間違った転職サイト選びはキャリアの失敗につながります。6問の質問に答えるだけで、あなたにあった転職サイトをチェックしよう。

10秒診断スタート

野村證券の総合転職難易度

様々な情報から、相対的な野村證券への転職難易度を総合的に評価したところ、転職難易度は、100点満点中87点で、「S:難易度は最上位クラス」になりました。

企業人気度 最上位人気企業
競争率について 上場企業でもかなりの高年収。かなり競争率が激しく難易度は高い
総合難易度 S:難易度は最上位クラス

あくまでもこれは会社全体としての傾向です。職種やポジションによって実際は異なりますし、どのような経験を持った人材を採用しているかは、その時々で常に変化しています。
転職サービスを利用して情報収集を欠かさず行い、タイミングをつかんでより良い転職ができるようにしましょう。

業界別難易度ランキング

順位 会社名 難易度
1位 野村證券 87
2位 松井証券 81
3位 大和証券 75
4位 ジャフコ 73
5位 岡三証券グループ 68
6位 丸三証券 64
・・・・・・・・
44位 燦キャピタルマネージメント 29

証券・投資関連業界では転職難易度は第1位

証券・投資関連業界の企業内での野村證券の年収ランキングは第1位です。
証券・投資関連業界の年収第1位は松井証券、第2位は大和証券、第3位はジャフコとなっています。

※このランキングは、人気度や最近の採用の傾向。平均年収から算出する競争率などから総合的にCareerbooks独自で作成したものになります。

スカウトサービスで効率よく生の転職情報に触れる

WEBの情報だけだと、結局よくわからない

多くの方が、転職準備段階で情報収集を行う際「WEBの情報だと結局わからなかった」と感じ、実際に話して初めて理解できたといいます。いくら年収や業務内容を見ても、実際にどういうものか、自分に合っているのかはわからないものです。

「受け身の転職活動」で、視野を広げよう

そんな方には、スカウトサービスを有効利用することをお勧めします。スカウトサービスをうまく使えば、最低限のコストで、効率よく生の転職情報に触れることができます。次の2通は実際にキャリトレで、企業とエージェントから受け取ったスカウトです。

〇〇業界No1の〇〇でのキャリアをお考えではないでしょうか。
〇〇の〇〇と申します。

弊社は広告業界や、マーケティング職に特化しご転職活動のご支援をさせて頂いております。
ご登録されているご経歴を拝見し、ご連絡をさせていただきました。

まずはカジュアルな面談の場となりますので、少しでも興味をお持ち頂けましたらぜひご返信ください。実際の選考に進まれるかどうかのご判断は、お話させて頂いた後にご検討いただければ幸いです。・・・

よろしくお願いいたします。

突然のご連絡失礼いたします。
〇〇 人事責任者の〇〇と申します。

キャリトレにご登録の職務経歴を拝見し、当社のWEBマーケティングポジションでお力を活かしていただけるのではと思いご連絡をさせていただきました。

裁量権を持ってご自身の強みを活かした働き方をしていただきたいと思っておりますので、貴方様のキャリアプランをお伺いしながら、当社だと何ができるかを一緒に考えていきたいと思っております。・・・

少しでも興味をお持ちいただけたらざっくばらんな【面談】という形でお会いできませんでしょうか?

このように、①自分のプロフィールを見て連絡してくれ、②「カジュアルな面談」を提示されることが多いため、興味があるものがくれば気軽に少し担当者と話してみて、他の会社や求人状況などを確認することができます。

あくまで向こうからの依頼なので、すぐに次のステップに進まなくても印象を悪くすることはありません。

最近はWEBでの面談が中心なので、より気軽に話してみることができるでしう。このような生の接点の積み重ねが、より良い転職を実現します

5分で登録。あなたの可能性を開こう

若手のキャリアアップなら
キャリトレがNo1

優良ベンチャーから大手企業まで

いいねするだけで興味がある企業からオファーが届く

✔ 人工知能があなたの好みを学習

CareerBooks調査情報

失敗しないための転職サイト診断

間違った転職サイト選びはキャリアの失敗につながります。6問の質問に答えるだけで、あなたにあった転職サイトをチェックしよう。

10秒診断スタート

野村證券の面接情報

面接・選考の流れ

STEP1
書類選考(SPI/適正診断)
野村證券への転職では、まず書類選考が実施されます。これまでの職歴や志望動機など、内容は基本通りのものになりますが、第二新卒の場合、簡単な適正診断等がおこなれる可能性はあります。
STEP2
面接(2~4回)
書類選考に通過すると次は面接です。人事面接→現場社員面接→役員面接と、基本的には複数回に渡って面接が行われるようですが、ポジションによっても変化すると思われます。(人事面接が最後のパターンもあります)
STEP3
内定・入社
面接を通過すれば内定が出ます。その後、条件などの入社交渉を行ないます

面接の口コミ

キャリコネより、野村證券の選考関連の口コミを一部ご紹介します。口コミが気になる方は、詳しくはキャリコネをご参考ください。

部署:全域型
役職:代理店営業

なぜうちにきたいか。

回答
単純に給料が高いから。また厳しい環境で自分の力が試せると思ったから。また世界的な企業になろうとしているところに惹かれた。

部署:FA課
役職:ファイナンシャルプラナー

これまでの実績は?

回答
特に変わった質問はなく、一般的な質問がほとんどでした。普通にこれまでのキャリアの話をすれば大丈夫です、

部署:ファイナンシャルアドバイザー
役職:代理店営業

今までの経験が役にたたず、0からのスタートを切る自信はありますか。

回答
0からのスタートに対する自信がある旨を話した上で、現職における職務内容(営業)及び、そこで経験した失敗談を説明し、可能な限り経験のフィードバックを自分自身にできるよう動きたいと伝えました。

部署:FA
役職:コンサルティング営業

なぜ野村證券なのか

回答
証券知識を身につけたい。ブランド力のある御社で働きたい。長年培った信用と歴史ある会社で、誇りをもって仕事がしたい。

部署:調査部
役職:秘書

自分が秘書として遂行したこれまでの仕事の中で 快心の出来だと思った仕事は何か?逆に、これは失敗したなと思った仕事は何か?

回答
成功例は、前職の会社で仕事をしていく上でつねづね不便に感じていた発注システムの改善を提言して、それが全社的に容れられたこと。失敗例は難しかったですが、アドホック・突発的かつ予測不可能な事態にいかに対応したかというような例をお話させていただきました。

部署:保険業務部
役職:営業企画

いま勤務している会社について、どう働いているか、業界の話をしました。

回答
どう働いているかや、業界の背景、いきさつなどを分かりやすく話しました。
印象に残ったと言われました。

キャリコネはこちら

野村證券の環境・社風・成長・残業

野村證券の環境・社風・成長・残業に関する情報を、OpenWorksやキャリコネなどの口コミサイトからまとめました。

環境 住宅手当や保養所など福利厚生は非常に手厚い。組織構造は部署によってはトップダウンの文化が残っている。
社風 成果主義が色濃く、実績があれば上下関係なく意見が言い合える。
成長 仕事量が多くキャパが広がる。専門スキルを深めることも、汎用的なスキルを身につける環境もある。
残業 残業せざるを得ない業務量であったが、近年は改善されている。ワークライフバランスの実現も個人次第。

福利厚生について

非常に充実していて満足度が高い

福利厚生は手厚く、満足しているとの声が大多数です。かえって制度が豊富すぎるため使い切れないとの意見もあります。

特に住宅手当や保養所が手厚い

社宅はありませんが、家賃の70~80%を会社が負担する制度があり、住宅手当の評判が良いです。保養所も4箇所存在し、どれも高級ホテルのようなクオリティとのことです。
また、資格試験の奨励金も手厚く、自由に自己研鑽を積めるようです。

社風について

オープンな風土だが、実績次第

自由度は高く、若手でも成果を上げていれば役職が上の人とも意見を言い合える風土という声があります。逆もまた然りで、実績を出している年下から詰められることもしばしばあるようです。

ただしトップダウンの文化もある

上司からの厳しい詰めや飲み会の強制など、縦社会で体育会気質な社風が未だ色濃く残っている部署もあるようです。しかし、近年は改善されているようで、コンプライアンスも厳しくなっているとの声が多数です。

成長環境について

業務遂行能力が上がる

成長環境は申し分ないとの意見が多数です。担当する業務量が非常に多く、さらに成果が給与に直結するため、必死に業務に没頭する人が多いようです。その結果仕事のキャパシティが大きくなり、こなせる仕事量が人一倍身に付くようです。野村證券で一人前になればどこの企業でも通用するという声もあります。

スペシャリストにもゼネラリストにもなれる

各部署に専門性が非常に高い人材が配置されているため、特定分野の専門スキルを伸ばすこともできるようです。一方で社内異動制度もあり、各部署を渡り歩いてマルチなスキルや知識を身に付ける環境もあるとのことです。

残業について

残業は多かったが近年は改善

業務量が多いため、以前は残業が日常茶飯事だったそうです。ただし、ここ数年で残業に対して厳しくなり、生産性向上を意識した取り組みが増えているようです。
そのため、効率よく業務を済ませ帰宅する風土が根付いてきているようです。遅くても20時、早くて17時半には退社するとのことです。ただし、朝は早く8時には出社するようです。

年2回の5連休は必須

有給や長期休暇のは推奨されており、年2回は5連休は必ず取得するようです。また、土日も基本的には休みのため、ワークライフバランスの調整はあくまで個人次第のようです。

キャリアアドバイザーのおすすめする転職サービス

サービスについて

エージェントでしか出会えない求人は多い

転職エージェントは、野村證券のような企業に転職する際にはほぼ確実に利用したほうが良いサービスです。それは理由は彼らしか保有していない求人にあります。

野村證券のような企業は基本的に応募者の数よりも質を重視するため、一次審査をエージェントに任せるために、多くの求人を非公開にしています。また、採用枠は企業の状況によって常に変化しますが、それらを追えるのもエージェントの強みです。媒体によりますが、およそ全体の70%程度が非公開求人として扱われています。

若手層の情報収集はスカウトサービスがおすすめ

ただ、今良い条件の求人があっても選考に入るつもりがないなら、スカウトサービスの利用をおすすめします。

転職エージェントは、人に動いてもらう分「ある程度以上、条件に合致するものがあれば選考に入る気がある」人を対象にしています。アドバイザーとの良い関係は、転職の大きな助けになりますが、具体的な思いを伝えられて初めて動くものでもあります。その思いが少しもない時は、転職エージェントの利用はおすすめしません。

一方スカウトサービスは、「今は転職を検討していない」人も対象にしたサービスであり、公開求人の検索に加えて、あなたのプロフィールを見て相性の良い企業からスカウトが届くなど、程よくリアリティのある求人情報に触れるのに最適なサービスです。

スカウトサービス

サービス 特徴
キャリトレ 20~30代前半をターゲットにするスカウトサービス。楽天やサイバーエージェントなどのメガベンチャーから、富士通、電通やpwc、SoftbankやIBMなどの大企業が登録
ビズリーチ ハイクラス向けのNo1スカウトサービス。年収1000万円以上の求人が3分の1以上を占める。80%のユーザーが実際にスカウトから転職している

代表的なキャリトレ(若手、35歳以下)とビズリーチ(ハイクラス、35歳以上)は、野村證券のような上場企業から、有名ベンチャー企業まで幅広いジャンルの会社の求人が登録されています。

スカウトサービスは、人と接さずに待ちの転職活動ができる数少ない転職サービスのため、キャリアについて長期的に考えたい方は是非登録してみましょう。

また、精度の高いスカウトが送られてくるようにするためには、プロフィールは充実させて置く必要があるので、15分程かかりますが最低限の初期投資としてしっかり入力しておきましょう。

5分で登録。あなたの可能性を開こう

若手のキャリアアップなら
キャリトレがNo1

優良ベンチャーから大手企業まで

いいねするだけで興味がある企業からオファーが届く

✔ 人工知能があなたの好みを学習

CareerBooks調査情報

今すぐビズリーチに無料登録

転職エージェント

サービス 特徴
リクルート
エージェント
求人数No1。上場企業3000社のうち、1500社ほどを直近数年で取り扱っている。もちろん中小企業にも強い。ただ、担当者は機械的でサポートが薄い傾向がある
Doda 求人数No2で、リクルートとの差別化としてサポート力が強い。直近はLINEでのサポート精度なども積極的に導入するなど、実際に満足度・サービス期待値は高い。
JAC
リクルートメント
ハイクラス向けに最適。企業ごとに担当が異なるのが特徴で、だからこそ正確な企業・担当者情報が手に入り、難易度の高い選考対策に有利。

リクルートエージェントから始めよう

結論として、ほとんどの方にとってリクルートエージェントは一度は利用したほうがよいサービスです。実際に他サービスをメインに活動している方でも、リクルートエージェントの併用率は非常に高いです。

転職エージェントは、「取引のない企業の求人は、おすすめできない」ため、求人数は最も重要です。リクルートエージェントはこの求人数に圧倒的に優れているため、少なくとも自分の求める求人を保有している可能性は高くなります。

まずは希望の求人を確認しよう

求人数圧倒的No1
はリクルートエージェント

✔ 求人数国内No1。大手から中小まで

✔ 地方拠点数が多く、全国で利用可能

CareerBooks調査情報

無料で登録する

カンタン5分

ハイクラスはJACリクルートメント

また、あなたが年収600万円以上のハイクラスに合致する場合は、よりサポートに優れたJACリクルートメントのようなハイクラス特化型の転職エージェントも利用をおすすめします。一般向けの転職エージェントより求人数は少なくても、企業情報や担当者の理解度・解像度が圧倒的に優れています。

このように、転職エージェントを利用する際は、各エージェントで強みが分かれているため、2,3個は使ってみることを強くおすすめします

まずは希望の求人を確認しよう

ハイクラス転職ならJACリクルートメント

年収600万円以上の求人似特化

✔ 企業ごとに担当がつくから詳しい企業情報を知れる

CareerBooks調査情報

JACに無料登録

カンタン5分

野村證券の転職ニュース

野村證券の転職ニュース

… 野村証券は、月内にも20~30歳代を中心とする若手社員の中途採用に乗り出す。M&A(合併・買収)助言や増資の引き受けなどを手掛ける投資銀行部門で30人程度の採用を見込む。野村が同部門で数十人規模で中途採用するのは初めて。…
…会計制度に詳しい野村証券の野村嘉浩氏は「会計に精通した人材が企業側で決算作成や内部統制に携わることは社会全体にも望ましい」と話す。 もちろん、深刻な人手不足に悩む監査法人側も手をこまぬいているわけではない。あずさ監査法人は2~3月に毎週、会計士の中途採用イベントを実施する。…
… 日本IBMが野村ホールディングス(野村)および野村証券から、システム開発を巡って約33億円の損害賠償を求める訴訟を起こされていることが明らかになった。日本IBMはスルガ銀行との間でも係争を抱えており、顧客企業が相次ぎ巨額の賠償請求を求めて日本IBMを訴える事態となっている。…

野村證券の職種別転職情報

次に、野村證券にはどのような仕事があり、具体的にどのような求人が公開求人として公開されているのかをご説明します。
注意点として、公開求人として公開される求人はあくまで全体の一部でしかないことを注意してください。実際には大企業であるほど、細かな採用職種がいくつもあるため、転職エージェントだけが把握している求人にアクセスすることが非常に重要です。

中途採用情報

公式サイトや口コミサイトによると、野村證券には以下の職種が存在します。

営業 セールス
その他 クオンツ
トレーディング
商品組成(ストラクチャリング)
M&A
資金調達
カバレッジ
オペレーション
インフォメーション・テクノロジー
リーガル
ファイナンス
事務・管理 人事・総務
経理
法務
広報
監査

職種紹介

法人営業

業務内容

事業拡大や成長を支援するため、企業や財団・学校法人などの顧客のニーズに応じて、株式や社債での資金調達や資金運用の提案・アドバイスを行います。主な商談相手は企業の経営者や役員、責任者です。日々景気動向や株式市場、金利などの動向を把握し、情報収集を行うことで最適な提案・アドバイスを導き出します。

必要なスキル・資格

金融や経済の知識を有する企業経営者や役員を手にするため、金融や経済に関する高い知識が必要とされます。信頼関係を築くことが必要不可欠なため、コミュニケーションスキルも必要です。証券外務員資格や日商簿記検定を保有していると業務に役立ちます。

個人営業(リテール)

業務内容

個人投資家や中小企業に対する新規開拓、株式や債券、投資信託などの金融商品の提案を行います。終身保険など、生命保険の一部を取り扱うこともあります。投資家の株の売買を仲介するブローカー業務や株式を買い取り、投資家に販売するアンダーライター業務なども行っています。

必要なスキル・資格

コミュニケーション能力、金融に関する知識や、市場・社会動向を察知する情報収集能力が必要です。証券投資に関する専門知識や分析技術を応用することができることを証明する証券アナリストの資格があれば、業務に役立てることができます。また、FPや宅地建物取引士などの資格も活かすことができます。

金融商品開発

業務内容

顧客の金融ニーズに応えられるよう、株式・債券、企業の財務状態などのマーケット調査・分析をした上で商品の開発・設計を行います。開発の際には将来的に起こり得る変動の要因やリスクを想定し、何度もシミュレーションを繰り返します。

必要なスキル・資格

バリュー・アット・リスクなどのリスク分析手法や、債券数理を理解するための数学及び統計の知識が必要とされます。大学や大学院で金融工学や計量経済、数学・統計学を学んでいると有利に働くこともあります。証券アナリストや証券外務員、ファイナンシャル・プランナーなどの資格を保有していると業務に役立てることができます。

エコノミスト

業務内容

顧客である投資家にとって有益となる情報を提供したり経済動向についての解説をするため、国や企業の経済活動についての調査・分析を行います。調査・分析に基づいて将来的な予測をしますが、その予測は確実なものではなく時には予測に反した事態が発生する可能性もあります。また、ときには可能性が低い予測も提示しなければならず、結果は顧客によってシビアに評価されます。

必要なスキル・資格

必須となる資格はありませんが、エコノミストとして働く多くの人が大学や大学院で経済学を学んでいます。証券外務員や証券アナリスト、ファイナンシャル プランナーなどの資格も役に立ちます。

証券アナリスト

業務内容

国家や企業の財務状況や業績の分析、業界の動向調査や分析を行います。投資の対象としてふさわしいか見極めるため、財務諸表で決算情報の分析をしたり、企業に対してヒアリングをして客観的な評価を下します。分析結果は企業内で共有されたり、顧客向けの資料として利用されるほか、雑誌やテレビなどのメディアで紹介されることもあります。

必要なスキル・資格

証券アナリストの資格が必要です。金融に関する幅広い知識や分析能力・判断力も求められます。海外の情報をまとめたり、分析・調査することもあるため、語学力が求められることもあります。様々な角度から情報をインプットし、顧客に対して的確にアウトプットするため、情報収集能力・情報発信能力が必要不可欠です。

野村證券について

会社概要

社名 野村證券株式会社
 本社所在地
 代表者
 資本金
 売上
 従業員
業界 証券・投資関連

企業理念

目指すのは、”今”以上の”未来”

野村グループは、金融市場での企業活動により、豊かな社会の創造に貢献することをゴールに掲げています。また、「挑戦」「協働」「誠実」を価値観に、クライアントに選ばれるパートナーを目指しています。

主要企業の売上高の推移


会社名 2000年度 2001年度 2002年度 2003年度 2004年度 2005年度 2006年度 2007年度 2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
岡三証券グループ -円 522億円 419億円 398億円 632億円 585億円 889億円 701億円 724億円 556億円 663億円 630億円 611億円 787億円 1014億円 947億円 830億円 807億円 820億円 679億円
マネックスグループ -円 -円 23億円 29億円 73億円 218億円 393億円 333億円 305億円 249億円 225億円 253億円 306億円 361億円 548億円 510億円 543億円 459億円 537億円 522億円
SBIホールディングス 467億円 209億円 129億円 36億円 354億円 816億円 1373億円 1446億円 2226億円 1310億円 1246億円 1411億円 1749億円 1543億円 2329億円 2475億円 2618億円 2620億円 3371億円 3515億円
野村ホールディングス 1兆895.00億円 1兆2994.00億円 1兆1218.00億円 8077億円 1兆460.00億円 1兆1263.00億円 1兆7929.00億円 2兆492.00億円 1兆5938.00億円 6646億円 1兆3568.00億円 1兆3855.00億円 1兆8518.00億円 2兆800.00億円 1兆8319.00億円 1兆9306.00億円 1兆7231.00億円 1兆7156.00億円 1兆9722.00億円 1兆8352.00億円
大和証券グループ本社 6547億円 7182億円 4881億円 3877億円 4539億円 5194億円 8457億円 9174億円 8255億円 4140億円 5380億円 4031億円 4224億円 5255億円 6429億円 6594億円 6538億円 6165億円 7127億円 7206億円

主要企業の平均年収の推移


会社名 2000年度 2001年度 2002年度 2003年度 2004年度 2005年度 2006年度 2007年度 2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
岡三証券グループ -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 1080万円 1021万円 1097万円 1105万円 990万円 942万円 911万円 818万円 849万円 795万円 1046万円 868万円 1180万円 1050万円 -万円
マネックスグループ -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 943万円 1258万円 1397万円 912万円 927万円 915万円 948万円 735万円 783万円 926万円 781万円 773万円 746万円 810万円 -万円
SBIホールディングス -万円 -万円 917万円 864万円 885万円 859万円 768万円 696万円 690万円 716万円 714万円 693万円 716万円 751万円 726万円 723万円 779万円 756万円 813万円 -万円
野村ホールディングス -万円 -万円 -万円 -万円 1134万円 1160万円 1251万円 1452万円 1399万円 1136万円 1061万円 1362万円 1368万円 1335万円 1489万円 1580万円 1516万円 1452万円 1456万円 1385万円
大和証券グループ本社 827万円 909万円 747万円 770万円 817万円 869万円 1023万円 1188万円 1033万円 707万円 748万円 850万円 812万円 888万円 1153万円 1171万円 1213万円 1073万円 1046万円 1057万円

関連記事

野村證券の転職FAQ

公式サイトで公開されている、採用に関する質問と回答をまとめました。詳しくは公式サイトをご確認ください。。

Q:応募方法について教えてください。
A:当キャリア採用ホームページより、オンラインエントリーをお願いいたします。
Q:入社のタイミングについては、相談はできますか。
A:入社時期については、個別ご相談の上、決定いたします。
Q:エントリーから内定までにかかる期間を教えてください。
A:オンラインエントリーから内定まで、約5週間程度を予定しています。
Q:中途入社された方でどのような方が活躍されていますか。
A:当社の創業理念である「すべてはお客様のために」というお客様を第一に考え、
真剣に課題に向き合い挑戦し続ける事ができる方が活躍されています。
Q:応募・選考に関するお問い合わせ先を教えてください。
A:営業部門スペシャリティコースの選考に関するお問い合わせは以下へお願いいたします。
TEL:(03)3271-9981(直通)
Q:営業部門スペシャリティコースには、どのような業務がありますか。
A:ウェルス・マネジメント業務とウェルス・パートナー業務の2つの業務がございます。
Q:ウェルス・マネジメント業務とウェルス・パートナー業務の違いを教えてください。
A:配属される地域や、ご担当いただくお客様が違います。

転職エージェント活用のポイント

日本には、小さいものも含めると、1万以上の転職エージェントが存在します。実際に転職エージェントを検索すると、様々なものがヒットすると思います。ここでは、実際にどういう転職エージェントを利用するべきかをご説明します。

エージェントはいくつ利用するべき?

転職エージェントはできるだけ活用する

今あなたが、野村證券のような会社への転職を考ていらっしゃるなら、できるだけ転職エージェントの活用をおすすめします。理由としては、①自分にあった求人があるかは非公開求人をチェックしないとわからない。②面接の雰囲気や事前準備などしっかりと対策をした上で選考に臨む必要がある。③選考難易度の高い野村證券に実際転職できるかどうかはわからない。あなたの経歴に合う企業にも的を広げて、並行して転職活動を行ったほうがよい。というようなことからです。

特に①の理由が大きく、転職媒体に公開されている求人は実は全体のごく一部でしかないのです。例えば営業職の場合でも、実際にどのような企業に対して、どのような商品をどのような形式で販売した経験があるか。によって、同じ企業でも、思わぬ部署で経験が生かされたりすることもあるでしょう。また、もし自分の行きたいと思っていた企業でそのポジションが空いていなくても、別の企業でぴったりな求人良い条件である場合もあります。

そのようなことを考えると、自分にあった求人を、色々な媒体の公開求人の求人原稿から、自力で探し出すことは実際かなり難しいのです。

最低2つは併用している人が多い

キャリアブックが転職エージェントを通して転職に成功した人126人に対して行った調査のうち、90人(71%)が2社以上の転職エージェントを利用しており、54人(42%)が3社以上の転職エージェントを利用しています。

つまり、エージェントを利用して転職に成功した多くの人が、2つ以上の転職エージェントを利用していることになります。

3社以上を併用 54人
2社以上を併用 36人
1社のみ 36人

「求人数」や「担当者との相性」が主な理由

多くの人が転職エージェントを利用する理由は何か、アンケートで調査をしました。その結果、「よい担当者とであえる」が43%。「求人を色々と見られる」が32%となりました。

転職エージェントを利用するにあたって、担当者は非常に重要な要素です。よりよい担当者とであうために複数の転職エージェントを利用している人が多いようです。また、それぞれのエージェントからおすすめされる求人の幅を広げるために色々なエージェントを使っている人も多いようです。

よい担当者と出会える 43%
求人を色々と見られる 32%
複数の選考を受けれる 20%
特に理由なし 5%

どのようなエージェントを利用するべき?

転職エージェントには、大きく2つの種類があります。幅広い業界、職種を取り扱う総合型エージェント、業界や職種に特化した特化型エージェントです。

志望の業界や職種が明確で、その領域に特化した転職エージェントがある場合は、特化型の転職エージェントも利用するべきですが、いずれにせよ総合型の転職エージェントは必ず利用してみましょう。

理由として、やはり特化型は全体の求人数が限られるため、単純な大手の求人だと総合型が網羅的に抑えている可能性が高く、担当者との面談の中で、考えていなかったような業界の会社にもコンタクトが取れ、幅広い視点で転職活動が行えるためです。

総合型 幅広い業界・職種の求人を扱う大規模エージェント。特定の領域に特化しているわけではないため、幅広い求人の提案をしてくれる。転職先が固まっていない時などにおすすめ
特化型 業界・職種に特化した転職エージェント。専門的な領域に特化しているため、その領域に関しての深い知識・求人量、緻密な人事とのコミュニーケーションが可能。

おすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

迷ったらコレ!32万件の求人数を誇る転職エージェントの決定版

リクルートエージェントは、人材業界のトップを独走しているリクルートが運営する国内最大級の総合転職エージェントです。

その歴史は約40年と古く、これまで45万人以上をサポートしており、業界最多の実績を誇っています。保有している求人の量や質、サポート体制など、あらゆる面でトップレベルの水準を誇っており、その総合力が強みと言えます。

特に求人量は32万件以上(非公開求人含む)と、他社を圧倒しており、地方都市にも拠点を構え、日本全国だけでなく海外の求人も豊富に取り扱っています。求人案件の取りこぼしを防ぐために、登録は必須と言えます。

転職エージェント選びで迷っている方は、総合的に安定しているリクルートエージェントで間違いないでしょう。

オススメ度 特徴
総合
転職支援実績No.1。圧倒的な求人量と手厚いサポートが強み。
求人の量・質
非公開求人含め求人数が32万件と他社とは一線を画している。
サポート
リクルートグループが築いた信頼性で企業への交渉力は抜群。
担当者
業界各所から優秀なキャリアコンサルタントが集まっている。

マイナビエージェント

大手企業はもちろん、ホワイトな優良中小企業に出会える

マイナビエージェントは20代〜30代半ばで、優良企業を紹介してほしいという方には非常におすすめの大手総合転職エージェントです。

マイナビエージェントは、若手の転職支援実績が豊富で、利用者の80%が20代〜30代半ばです。提携企業も若手〜中堅層の採用ニーズを抱えている企業が多いです。

また、新卒採用市場で最大手のマイナビグループは、新卒採用で培った企業とのネットワークを活用し、大企業はもちろん、優良中小企業の求人を多数保有しています。マイナビエージェントが保有する求人の半数以上が非公開求人で、一般公開したら応募が殺到するような人気求人を紹介してもらうことが可能です。

オススメ度 特徴
総合
若手の転職支援実績が豊富。優良企業の求人を多く保有している。
求人の量・質
大手企業はもちろん、ホワイトな中小企業の非公開求人が多い。
サポート
キャリアカウンセリングから選考対策、企業への交渉まで一貫してサポートが手厚い。
担当者
密なコミュニケーションが特徴的だが、頻繁すぎるという声も。

ビズリーチ

国内最大級!キャリアアップといったらココ

ビズリーチはハイクラス向けの会員制転職サービスで、ヘッドハンターや人事から直接スカウトが届いたり、高年収の求人を検索することが可能です。

その会員数は151万人を突破しており、ハイクラス向けの転職サービスでは業界最大手です。

求人量・質など総合的に欠点がなく、高年収ポジションや管理職での転職を希望しているは必ず登録しておきたいサービスです。

また、今すぐの転職を考えていなくても、スカウトを受け取りながら興味あるオファーが来たら話を聞いてみたいという人にもおすすめです。

オススメ度 特徴
総合
ハイクラス向けの転職エージェントとして実績No.1を誇る。
求人の量・質
公開求人数は12万件と総合転職エージェントと引けを取らないほどの量。
サポート
基本サービスには選考対策などのサポートが含まれていない。
担当者
業界に精通したヘッドハンターから専門的なアドバイスをもらうことも。

キャリトレ

話題沸騰!ITベンチャー企業への転職なら登録必須!

CMで人気のキャリトレは、若手向けに特化した全く新しい転職サイトです。運営元はビズリーチで、「ビズリーチ」はハイクラス向け、「キャリトレ」はキャリアの浅い若者向けと、ターゲットが棲み分けされています。

12万件以上の求人数は業界トップクラスで、中でも急成長を果たしているITベンチャー企業の求人を多く取り扱っています。

また、簡単ワンタップの操作で、企業にあなたの興味を届けることができ、マッチした企業から直接オファーが届くようになります。

転職活動に役立つ機能が充実しているのも大きな特徴です。2種類のスカウト機能や、人工知能が搭載されたレコメンド機能で、受動的に希望条件に合った求人を探すことが可能です。

20代・30代でITベンチャーへの転職であれば、キャリトレを使わない選択肢はないでしょう。

オススメ度 特徴
総合
20代向けの求人数では、リクナビやマイナビと同等の水準。
求人の量・質
12万件の求人のうち、大多数が20代向けの求人。
サポート
AIを搭載したレコメンド機能や、2種類のスカウト機能が充実。
担当者
ツイッター上で担当者が相談に乗ってくれるユニークな機能。

パソナキャリア

年収重視の方は登録必須!67%の人が転職後に年収アップを実現

パソナキャリアは、人材業界大手のパソナが運営している総合転職エージェントで、転職がはじめてで年収を上げたい方におすすめです。

パソナキャリア経由で転職をした人のうち、なんと67%が転職後に年収が上昇しており、パソナキャリアは年収アップの面で強みを持っています。

また、利用者の半数以上が転職経験がなく、転職がはじめての人からの評価が高いです。

はじめての転職で不安だけど、年収アップを目指しているけど、はじめての転職で不安という方は、パソナキャリアを利用しましょう。

オススメ度 特徴
総合
総合的に安定している。特に年収アップに強みを持っている。
求人の量・質
求人数は4万件と、リクルートやdodaに比べると劣っている。
サポート
丁寧なキャリアカウンセリングや選考対策が好評。
担当者
企業への交渉力が強く、67%の人が年収アップを実現している。

doda

抜群の安定感!IT・通信業界、営業・企画職への転職に強い

dodaは業界大手のパーソルキャリアが運営している転職エージェントで、転職支援実績はトップクラスです。

非公開求人を含め全国14万件の求人を保有していて、リクルートエージェントの32万件に次ぐ国内2番手の求人数を誇っています。14万件のうち約8万件が非公開求人で、一般の転職市場には出回らないようなdoda独自の求人を紹介してもらうことが可能です。

特に、IT・通信業界や、営業・企画職の求人が多いため、IT志望でビジネス職の方は必ず登録しておきたい転職エージェントです。

また、キャリアコンサルタントによる丁寧なキャリアカウンセリングに定評があり、「初めての転職で不安」という方にも自信を持っておすすめできます。面接確約オファーが届くスカウトサービスや、転職フェアなどのイベントを頻繁に開催しており、自分に合った企業が見つかる機会も充実しています。

オススメ度 特徴
総合
求人量は国内2番手でトップクラス。
求人の量・質
公開求人6万件、非公開求人8万件と豊富な求人量が強み。
サポート
スカウトや転職イベントで、自分に合った求人が見つかる機会が豊富。
担当者
LINEで気軽に転職相談や求人提案を受けられる。

マイナビエージェントIT

豊富な求人数を誇る!大手ならではの安定したサポート体制も

オススメ度 特徴
総合
大手ならではの安定したサポート体制と求人数・質が強み。
求人の量・質
レバテックの3倍の求人数を誇る。優良中小企業の求人が多い。
サポート
マイナビグループで蓄積されたIT業界特有の転職ノウハウを活用。
担当者
IT業界出身者による専門的なアドバイスが受けられる。

ウズキャリ(UZUZ)

20代全般におすすめ。特にIT業界希望者は登録マスト

オススメ度 特徴
総合
丁寧なサポート体制と担当者の質が好評。
求人の量・質
ブラック企業を排除し、優良企業のみ扱っている。
サポート
平均20時間のキャリアカウンセリングが特徴的。
担当者
担当者の90%が元第二新卒・既卒のため、経験を元にしたアドバイスを受けられる。

ワークポート

IT業界未経験者は登録必須!未経験のサポート体制が充実

オススメ度 特徴
総合
IT業界特化型としては老舗で、未経験でのIT業界転職に強い。
求人の量・質
IT業界未経験OKの求人が豊富。
サポート
無料のプログラミングスクールなど、未経験へのサポートが手厚い。
担当者
専任の転職コンシェルジュが、きめ細かく素早い対応してくれる。

レバテックキャリア

IT業界転職実績No.1。高年収の良質な求人が豊富

オススメ度 特徴
総合
IT業界の転職支援では実績No.1。高年収求人が多い。
求人の量・質
全体の60%以上が年収700万円以上の高年収求人が豊富。
サポート
過去の質問例を元にしたIT業界特有の専門的な面接対策が特徴的。
担当者
最新の技術やTI業界の転職に精通した担当者によるアドバイス。