転職ノウハウ

【2020最新】日本生命への転職を徹底分析。面接での質問や年収情報などからわかる転職難易度とは

この記事では、日本生命への転職を考えている人向けに、年収などの水準、採用傾向求人が豊富な最適な転職サービス面接対策、それらをもとに総合的に判断した転職難易度を紹介しています。

この記事は、IR情報、口コミサイト、業界担当のキャリアアドバイザーへのヒアリング情報をソースとし、Careerbooksが独自に算出した難易度をもとに作成しています。
転職ツール選び。間違えてませんか?10秒転職ツール診断

間違った転職ツール選びはキャリアの失敗につながります。6問の質問に答えるだけで、あなたにあった転職ツールをチェックしよう。

現在の転職意欲は?(1/6問)
次へ

日本生命の面接情報

面接・選考の流れ

STEP1
書類選考(SPI/適正診断)
日本生命への転職では、まず書類選考が実施されます。これまでの職歴や志望動機など、内容は基本通りのものになりますが、第二新卒の場合、簡単な適正診断等がおこなれる可能性はあります。
STEP2
面接(2~4回)
書類選考に通過すると次は面接です。人事面接→現場社員面接→役員面接と、基本的には複数回に渡って面接が行われるようですが、ポジションによっても変化すると思われます。(人事面接が最後のパターンもあります)
STEP3
内定・入社
面接を通過すれば内定が出ます。その後、条件などの入社交渉を行ないます

面接の口コミ

キャリコネより、日本生命の選考関連の口コミを一部ご紹介します。口コミが気になる方は、詳しくはキャリコネをご参考ください。

部署:営業部
役職:カウンターセールス

仕事をする上で大切にしていること

回答
相手のことを考える最善の提案をすること。そのため、何パターンもアイデアを考えてからお客様のところは訪問する。

部署:営業
役職:法人営業

今まで1番頑張ってきたこと

回答
学生時代にしてた部活や力を入れて取り組んでたことについて話した。
また、バイトもしていたのでそこで学んだことも話した

部署:営業部
役職:営業

あなたの尊敬している人は誰ですか

回答
母です。
幼いときから今まで働きながら掃除や洗濯などの家事をしてくれました。
私たち子どもは好きなことが出来ました。
父の手助けももちろんありましたが、私は母のようにこれからも働き続けていければと思っています。

部署:営業
役職:コンサルティング営業

家族の承認はもらえているか

回答
子供が小さく保育園に入ってからということで入園したので夫の承認はもらいました。
まだ子供が小さいためある程度仕事と両立ができると思い入社希望したことを伝えました

部署:窓口
役職:代理店営業

営業の方がノルマを達成するためにお客様に不利な契約をしようとしたときにあなたはどうしますか?

回答
私は、営業の方に「これではお客様のためにならないのではないですか?」と言います。お客様から苦情がくれば、貴社の信頼を失うことになるからです。

部署:営業
役職:代理店営業

自分はどんな人だと思いますか?

回答
簡潔に言うと明朗活発で楽天的。 何事にもくよくよしませんが、悪く言うと大雑把です。 人見知りは全くせず、初対面でも臆することなく話せます。 困っている人を見るとほおっておけません。

キャリコネはこちら

日本生命の環境・社風・成長・残業

日本生命の環境・社風・成長・残業に関する情報を、OpenWorksやキャリコネなどの口コミサイトからまとめました。

環境 独身寮、社宅、社内預金制度、社内財形制度など。
社風 本社は上下関係が厳しい。支社はフラットな社風。
成長 営業力や保険・金融に関する知識が身に付く。
残業 営業職は残業が多い。休日出勤も。

福利厚生について

独身寮、社宅制度など人気

福利厚生は充実しているようで、基本的に満足度が高いです。
特に、住宅関連の福利厚生の評判が高いです。独身寮が完備されていて、社宅も利用できるようです。その他にも、社内預金制度、社内財形制度などがあります。
ただし、職種によって享受できる福利厚生に差があり、コーディネーターなどの業務職は総合職よりも待遇が悪いようです。

社風について

本社は体育会気質で上下関係が厳しい。

意見として多いのが、本社は体育会気質な社風で、上下関係が厳しいとの声です。
対して、支社は非常にフラットな雰囲気で風通しが良いみたいです。

成長環境について

営業力や専門知識が身に付く。

泥臭い営業力や、保険・金融に関する専門知識が身に付くという意見が圧倒的です。
体育会気質な風土があり、職種によっては厳しいノルマが課され営業力が叩き込まれるという声があります。

残業について

職種によって様々。営業は残業多く休日出勤もしばしば。

残業時間やワークライフバランスは職種によって大きく異なるようです。
営業の場合、ノルマが未達であったり、顧客とのアポイントメントの都合上、休日出勤をしたり、夜遅くまで残業が続くこともあるようです。
ただし、近年は労働時間の改革が急速に進み、管理が厳しくなっているようです。

失敗しないための転職ツール診断

間違った転職ツール選びはキャリアの失敗につながります。6問の質問に答えるだけで、あなたにあった転職サイトをチェックしよう。

10秒診断スタート

日本生命に転職成功する方法

転職エージェントで対策を万全に

転職エージェントは、その時々の各企業の採用状況から、どのような企業にどのような人が採用されやすいかまで、詳しいデータを保有しています。また、日本生命のような企業は重要なポジションは転職エージェントにしか扱えない非公開求人で採用していることも多いため、そういう意味でもエージェントの利用はマストです。まずは無料の求人紹介を受けてみて、求人状況や採用傾向を確認してみましょう

  • 地方に強い
  • 求人数No1
  • 大手に強い

求人数ダントツNo1。全ての人におすすめ

全国で求人数が圧倒的に多く、多くの転職者がまず使うサービス。大企業にも強く、キャリアブックが調査した上場企業3000社のうち、直近1年で半数近くの企業の求人を掲載している。

企業名 掲載職種
日本生命保険相互会社 ・【豊田/サービスサポートスタッフ】ワークライフバランスを整え地元で長く働く
・名古屋市★アフターフォロー営業職★充実の福利厚生!家庭との両立を実現!
・名古屋市★日本生命の新しい職種 アフターフォロー営業職★一生涯の福利厚生!

リクルートに無料登録

日本生命の総合転職難易度

様々な情報から、Careerbookが調査した上場企業3000社の中での相対的な日本生命への転職難易度を総合的に評価したところ、転職難易度は「C:難易度は一般的」になりました。

企業人気度 人気企業
総合難易度 C:難易度は一般的

あくまでもこれは会社全体としての傾向です。職種やポジションによって実際は異なりますし、どのような経験を持った人材を採用しているかは、その時々で常に変化しています。
転職サービスを利用して情報収集を欠かさず行い、タイミングをつかんでより良い転職ができるようにしましょう。

業界別難易度ランキング

順位 会社名
1位 三井住友海上
2位 東京海上日動
3位 ソニーフィナンシャルホールディングス
4位 第一生命
5位 T&Dホールディングス
6位 SOMPOホールディングス
・・・・・・・・
14位 あんしん保証
15位 SBIインシュアランスグループ
16位 イントラスト
17位 ライフネット生命保険
18位 ラック
19位 日本生命
20位 アイリックコーポレーション

保険業界では転職難易度は第19位

保険業界の企業内での日本生命の年収ランキングは第19位です。
保険業界の年収第1位は三井住友海上、第2位は東京海上日動、第3位はソニーフィナンシャルホールディングスとなっています。

このランキングは、人気度や最近の採用の傾向。平均年収から算出する競争率などから総合的にCareerbooks独自で作成したものです。精度は向上するように務めておりますが、一部企業は情報不足により不確かな状態です。あくまで参考値としてご理解ください。
転職ツール選び。間違えてませんか?10秒転職ツール診断

間違った転職ツール選びはキャリアの失敗につながります。6問の質問に答えるだけで、あなたにあった転職ツールをチェックしよう。

現在の転職意欲は?(1/6問)
次へ

日本生命の転職ニュース

日本生命の転職ニュース

…SMBC日興証券は中途採用を増やしていることもあり新卒は430人と12.8%減。保険でも離職率の低下で採用抑制が続く。日本生命保険の内定者数は857人と12.7%減った。 …
…一方、日本生命保険は1割減の860人とする計画。退職者数が減っているため採用を抑える。 電機や自動車などを中心に製造業では理工系学生を確保する動きが一層強まる。2位の三菱電機は190人多い900人の採用を計画、うち7割強を理工系が占める。…

日本生命の職種別転職情報

事業構造

事業部 事業概要
国内保険事業 個人保険 個人のお客様に対しての保険営業。お客様と社会の双方に役立つ、保険商品の開発も担当。
国内保険事業 企業保険 企業向け保険サービスの提供。福利厚生ニーズや経営課題をふまえたコンサルティングの実施や団体保険の提案など。
お客様サービス 災害や事故の際のお客様対応。保険金・給付金の請求手続きなど。サービス提供体制の高度化にも取り組む。
資産運用 お客様向けの資産運用サポート。サービス提供体制の高度化をはかり、サポートやコンタクトラインの充実化を目指す。
海外事業 収益基盤構築のため、米国・欧州やアジア・太平洋地域における保険・アセットマネジメント事業を展開。

日本生命について

会社概要

社名 日本生命
 本社所在地
 代表者
 資本金
 売上
 従業員
業界 保険

企業理念

国民各層が真に求める保険を提供し、充実したサービスを行ない、契約者に対する経済的保障責任を誠実に果たすことを第一義とする。

共存共栄、相互扶助の精神にもとづく生命保険事業は、国民の福祉と密接に関連し、また、事業の繁栄は、国民の深い理解と信頼の上にはじめて可能であることにかんがみ、われわれは、信念・誠実・努力の信条のもとに、国民生活の安定と向上に寄与することを固く決意し、ここに経営の基本理念を定める。

主要企業の売上高の推移


会社名 2000年度 2001年度 2002年度 2003年度 2004年度 2005年度 2006年度 2007年度 2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
ソニーフィナンシャルホールディングス -円 -円 -円 -円 -円 6533億円 7588億円 7593億円 8222億円 8604億円 9790億円 1兆23.00億円 1兆781.00億円 1兆2591.00億円 1兆3205.00億円 1兆3524.00億円 1兆3621.00億円 1兆3817.00億円 1兆5037.00億円 1兆6292.00億円
SOMPOホールディングス -円 -円 -円 -円 -円 1兆8999.00億円 1兆9315.00億円 1兆9016.00億円 1兆8942.00億円 1兆7680.00億円 1兆8078.00億円 2兆6217.00億円 2兆7906.00億円 2兆8433.00億円 3兆84.00億円 3兆2824.00億円 3兆2562.00億円 3兆4196.00億円 3兆7701.00億円 3兆6431.00億円
MS&ADインシュアランスグループホールディングス -円 -円 1兆9013.00億円 1兆9204.00億円 2兆665.00億円 2兆220.00億円 2兆1069.00億円 2兆1171.00億円 2兆1377.00億円 2兆401.00億円 1兆9627.00億円 3兆4050.00億円 3兆7650.00億円 4兆3158.00億円 4兆3628.00億円 4兆6897.00億円 5兆131.00億円 5兆3353.00億円 5兆2179.00億円 5兆5005.00億円
かんぽ生命保険 -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円 5兆9117.00億円 5兆9568.00億円 5兆4139.00億円 5兆419.00億円 4兆2365.00億円 3兆9600.00億円
第一生命ホールディングス -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円 3兆1911.00億円 3兆2937.00億円 3兆7043.00億円 3兆3125.00億円 3兆5396.00億円 3兆6469.00億円 4兆3533.00億円 5兆4328.00億円 5兆5860.00億円 4兆4688.00億円 4兆8846.00億円 5兆3441.00億円
東京海上ホールディングス -円 -円 -円 2兆9291.00億円 2兆7758.00億円 2兆8995.00億円 3兆4000.00億円 4兆2186.00億円 3兆7101.00億円 3兆5032.00億円 3兆5709.00億円 3兆2887.00億円 3兆4160.00億円 3兆8578.00億円 4兆1662.00億円 4兆3280.00億円 4兆5791.00億円 5兆2327.00億円 5兆3992.00億円 5兆4768.00億円

主要企業の平均年収の推移


会社名 2000年度 2001年度 2002年度 2003年度 2004年度 2005年度 2006年度 2007年度 2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
ソニーフィナンシャルホールディングス -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 1111万円 865万円 778万円 794万円 782万円 855万円 869万円 798万円 839万円 887万円 887万円 -万円
SOMPOホールディングス -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 1192万円 1231万円 1175万円 1173万円 1170万円 1132万円 1174万円 1153万円 -万円
MS&ADインシュアランスグループホールディングス -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 1417万円 1423万円 1275万円 1234万円 1152万円 1120万円 1147万円 1139万円 1101万円 1054万円 -万円
かんぽ生命保険 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 599万円 610万円 612万円 611万円
第一生命ホールディングス -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 373万円 368万円 366万円 361万円 363万円 985万円 975万円 950万円
東京海上ホールディングス -万円 -万円 -万円 1407万円 1508万円 1500万円 1542万円 1490万円 1375万円 1446万円 1279万円 1318万円 1246万円 1254万円 1388万円 1326万円 1437万円 1348万円 1391万円 1339万円

関連記事

日本生命の転職FAQ

公式サイトで公開されている、採用に関する質問と回答をまとめました。詳しくは公式サイトをご確認ください。

Q:営業経験がなくても大丈夫ですか?
A:未経験でも大丈夫です。現在、活躍されている方も前職は様々です。
Q:生命保険業界での業務経験がなくても大丈夫ですか?
A:経験がなくても大丈夫です。
Q:子育てをサポートする制度はありますか?
A:子育てと仕事を両立するために、産休と育休制度(一定要件を満たした場合)が整っています。実際に休暇や休業を取得し、職場に復帰している方もいます。
Q:自分の家族や友人に保険をすすめることはありますか?
A:会社から、仕事としてお願いすることはありません。
Q:土曜日に出勤することはありますか?
A:お客様応対のため出勤することもあります。また、お客様とのアポイントが取りやすい、とのことで土曜日を活用する方もいます。尚、その際はきちんと振替休日を取得していただきます。
Q:子どもの学校行事や家族のためにお休みはとれますか?
A:急な用事や、子どもの授業参観などでも休暇をとることができます。また、ファミリーサポート休暇(有給の特別休暇)もあります(勤続1年以上の方が対象)。子育てと仕事を両立する方も多いので、周囲も協力的です。
Q:勤務地はどのくらいありますか?
A:全都道府県に店舗を展開しており、2018年1月現在、99店舗を展開しています。
詳しくは「ニッセイ・ライフプラザ一覧」をご覧ください。
Q:休日はどのようになっていますか?
A:週休2日制となっています。詳しくは「募集要項を知る」をご覧ください。