年収比較

【2020最新】日本テレビの年収は?職種や年齢別の給与・ボーナス・評価制度などまとめ!

日本テレビ放送網株式会社の年収情報・業界ランキング

有価証券報告書によると、日本テレビの2020年度最新の平均年収は1401万円平均年齢は48.8歳テレビ業界の年収ランキングは2位となっています。
また、統計情報から推定される年間の平均ボーナスは約351万円平均月収は88万円です。

今回は日本テレビの競合企業との比較職種、役職ごとの年収事例や、初任給・ボーナスなどの事例などをまとめました。是非ご覧ください。

日本テレビの年収情報まとめ

基本情報

平均年収
1401万円
平均年齢
48.8歳
月収(推定)
88万円
ボーナス(推定)
351万円

平均年収は1401万円。平均年齢は48.8歳

有価証券報告書によると、2020年現在、日本テレビの平均年収は1401万円、平均年齢は48.8歳となっています。それらの数値を元に、統計を元にした独自の計算式に基づく想定の月収は88万円。ボーナスは年二回合計で351万円前後と予想されます。

年収事例

技術統括局、在籍10~15年 の年収例
1000万円
編成、在籍10~15年 の年収例
1200万円
総合職、在籍5~10年 の年収例
2000万円

年収と勤続年数の傾向



年収は上位1%の高水準

全国の上場企業約3000社を対象にした平均年収の調査において、日本テレビの平均年収1401万円は、上位1%の高水準です。また全国3000社の上場企業の平均年収の中央値は650万円前後となっています。

勤続年数は平均より長め

日本テレビの平均勤続年数19年は、全国の上場企業約3000社を対象にした平均年収の調査において、平均より長めとなっています。また全国3000社の上場企業の勤続年数の中央値は11年前後です。

※この記事の平均年収や、福利厚生などは、「有価証券報告書」や、企業が発表している情報、口コミサイトなどの意見を元にまとめた情報です。一般的な平均年収に関する統計情報は、厚生労働省などが公表している賃金構造基本統計調査や、業界団体が提出している資料を参考に、企業を客観的に比較するための推定値として利用しています。是非、こちらをご理解いただいた上で、ご参考ください。

日本テレビの転職はこちら

【2020最新】日本テレビへの転職を徹底分析。面接での質問や年収情報などからわかる転職難易度とは日本テレビの転職難易度は100点中65点、テレビ業界での第2位です。 この記事では、日本テレビへの転職を考えている人向けに、年収などの...
スポンサーリンク

日本テレビの年収のランキング

業界別・上場企業内でのランキング

順位 会社名 平均年収
1位 TBS 1,622万円
2位 日本テレビ 1,401万円
3位 テレビ朝日 1,376万円
4位 朝日放送 1,251万円
5位 スカパー 1,230万円
6位 WOWOW 1,049万円
7位 フジテレビ 776万円
8位 日本BS放送 735万円
順位 会社名 平均年収
1位 M&Aキャピタルパートナーズ 2,478万円
2位 GCA 2,063万円
3位 日本商業開発 1,921万円
4位 ボストンコンサルティング(BCG) 1,860万円
5位 キーエンス 1,839万円
6位 ヒューリック 1,636万円
・・・・・・・・
10位 ストライク 1,539万円
11位 ソレイジア・ファーマ 1,460万円
12位 丸紅 1,453万円
13位 三井物産 1,430万円
14位 スクウェア・エニックス・ホールディングス 1,429万円
15位 日本テレビ 1,401万円
16位 フロンティア・マネジメント 1,398万円
17位 東京海上ホールディングス 1,389万円
18位 テレビ朝日 1,376万円
19位 日本M&Aセンター 1,353万円
20位 東京海上日動 1,352万円
・・・・・・・・
3334位 トスネット 260万円
※こちらの情報は、おもに有価証券報告書にて掲載されている年収情報を参考に、約3000社のデータベースを制作して算出しています。

テレビ業界では第2位

テレビ業界の企業内での日本テレビの年収ランキングは第2位です。
テレビ業界の年収第1位はTBS、第2位は日本テレビ、第3位はテレビ朝日となっています。
テレビ業界のランキング一覧はこちら

有力企業全体で第15位

CareerBookが調査した有名企業約3000社の中で、日本テレビの年収順位は第15位です。
有力企業全体での年収第1位はM&Aキャピタルパートナーズ、第2位はGCA、第3位は日本商業開発となっています。

キャリトレの実際の求人情報

成長企業の求人情報No1

日本テレビのような会社に興味がある方には、キャリトレで情報収集をすることがおすすめです。

キャリトレの特徴は、①具体的な求人が検索できること、②企業からのオファーが届くこと。忙しくても、条件のいいスカウトが届けば、面談を受けてみる。という受け身の活動も可能です。

元人事のコメント

特に第二新卒の情報収集に、キャリトレは非常におすすめです。キャリトレには都心の成長企業・大手企業の有名企業が多くの分けて向けの求人を出しており、経験が浅い第二新卒がメインターゲットになっています。

若手向けのキャリアアップ情報ならNo1

キャリトレは、あのビズリーチが運営する若手向け転職サイト。特に20代、30代をターゲットにしており、数々の成長企業の求人など、第二新卒を中心とした若手のキャリアップ求人を数多く揃えています。

大手企業からITベンチャーまで

キャリトレには、楽天やサイバーエージェント、LINE、DeNAなどのメガベンチャーと言われる企業から、Amazon、富士通、電通やpwc、SoftbankやIBMなどの大企業もキャリトレに求人を出しています。

基本は待ちでOK。オファーも届く

キャリトレの最大の特徴は、いいねをするだけで、企業から面談確約のオファーが届くこと。エージェントに会ったりしなくても市場価値を知ることが出来るので、転職活動は忙しくてできないけど、どんな会社が自分に興味を持ってくれるか知りたい、という人に非常におすすめです。

\まずは登録して、成長企業の求人を確認/

\有力企業の年収情報が満載。まずは5分で無料登録/

5分で登録。あなたの可能性を開こう

キャリアアップなら
キャリトレがNo1

優良ベンチャーから大手企業まで

いいねするだけで興味がある企業からオファーが届く

✔ 人工知能があなたの好みを学習

CareerBooks調査情報

スポンサーリンク

日本テレビの職種別年収

営業職・開発職などの年収事例

職種グループ 職種 平均年収
営業・ビジネス職 営業 550万円~650万円
企画職 企画 900万円~1000万円
事務・専門職 AD 550万円~650万円
開発・エンジニア エンジニア 650万円~750万円
クリエイター 800万円~900万円

営業の年収は550万円~650万円
エンジニアの年収は650万円~750万円

口コミ情報を参考に、日本テレビの一般的な職種別の年収情報をまとめました(部長・課長級は除く)。
営業・ビジネス職、企画職、事務・専門職、開発・エンジニアなどの職種の年収情報が報告されています。例として、営業職の年収は550万円~650万円。エンジニア職の年収は650万円~750万円となっています。
ただしあくまで一般的な水準であり、人によっては、上記よりも大きな年収をもらっているケースはあるようです。

年収に関する口コミ情報

CB編集者
CB編集者
企画管理系の給与水準が一番高いようです。その他現場と事務職では給与体系が変わり、現場での職種は比較的給与水準が高くなるようです。
新卒入社 制作 男性
新卒入社 制作 男性
制作は元々給料が良い上に残業が多いため、年収はかなりの額になる。
新卒入社 報道 女性
新卒入社 報道 女性
報道はとにかく激務。早朝から深夜まで働いたり、休日がつぶれることもザラ。給料が良くてもかなりきつい。
新卒入社 営業 男性
新卒入社 営業 男性
制作や報道に比べ、営業はまだ残業は少なめ。しかしその分給料も低め。
元社員
元社員
管理職は2000万円を超える年収
元社員
元社員
新卒、中卒は、契約形態が異なり待遇面でも違うので注意。

※参考:Open Work, カイシャの評判など

スポンサーリンク

日本テレビの初任給・新卒の給与

学部卒・院卒・高卒の年収

学位 初任給(月給)
大学院卒業 25万7000円
大学学部卒業 25万7000円
高校卒業

日本テレビの新卒採用・採用ページを参考に、新卒の初任給の情報をまとめました。
サイトによると、初任給は学部卒で25万7000円、大学院卒で25万7000円となっています。

初任給に関する口コミ情報

CB編集者
CB編集者
年4回のボーナスが支給されます。更に交通費全額支給が支給されます。
中途入社 コンテンツ事業 男性
中途入社 コンテンツ事業 男性
2007年以前の入社なら初任給は1000~1200万円ほどであった。2014年以降はその7~8割程度に減ってしまった。
中途入社 技術統括 男性
中途入社 技術統括 男性
新卒入社と中途入社では、給与体系は異なる。
中途入社 専門 女性
中途入社 専門 女性
中途入社1年目で年収は700万円ほど。昇給は緩やかなカーブのようだ。

※参考:Open Work, カイシャの評判など

スポンサーリンク

日本テレビの役職・年次別年収

一般職から部長職の年収の事例

役職 年次 年収
一般社員 1~10年 550万円~1000万円
課長クラス 10年~20年 1950万円~2050万円
部長クラス 20年目~ 2200万円~

部長クラスの年収は2200万円~

口コミを元に、日本テレビの役職別、年齢別に年収をまとめました。日本テレビの役職別の年収は、一般社員で550万円~1000万円程度から始まり、部長クラスになると、2200万円~ほどに到達するそうです。
なお、年収の内訳は基本給+残業代+ボーナスで、年次は目安となっています。

役職別の年収口コミ情報

CB編集者
CB編集者
以前は評価制度が年功序列でしたが、実力主義に変わり、上と下の格差がこれから進んできますが、実力のある人が全うに評価されていく企業です。
中途入社 総合 男性
中途入社 総合 男性
管理職は年収が2000万円を越えることもザラにあったが、近年は不景気で1800万円以上となった。それでももらい過ぎだと思う。
新卒入社 管理教育 男性
新卒入社 管理教育 男性
30代で年収は大台に乗った。年功序列であったが給与体系が変わり、そのカラーが薄まりつつある。
中途入社 報道 女性
中途入社 報道 女性
ある程度年次昇給はする。しかしやはり、役職者かどうかが大きい。

その他ボーナスや福利厚生など

ボーナスや昇給制度について

日本テレビのボーナスや昇給制度などの情報をまとめました。

ボーナス 年2回(6月、12月)
評価 不明
昇給 年1回(6月)
中途入社 技術統括 男性
中途入社 技術統括 男性
賞与は業績によって大きく左右する。年収の中で賞与を占める割合が多い。
中途入社 営業 女性
中途入社 営業 女性
給与改訂が年に1度行われる。個人の業績が良くても、企業の業績が悪ければ昇給には繋がらない。
中途入社 コンテンツ事業 男性
中途入社 コンテンツ事業 男性
管理職は特に賞与の割合が大きい。一方賞与は業績で大きく変動するため、前年度から100万円ほど減給するケースもある。
元社員
元社員
ボーナスの比重が高く管理職は業績連動のため一時期毎年100万近く減収となる管理職もいた
元社員
元社員
賞与は各期寸志程度。支給は年に4回。正社員の場合、各期150万円を超える。
元社員
元社員
頑張った分だけ貰えるわけではないが、そこまで悪いわけでもない。

※参考:Open Work, カイシャの評判など

福利厚生や諸手当、休暇について

日本テレビの福利厚生や休暇などの情報をまとめました。

諸手当 通勤手当
休日・休暇 ・完全週休2日制(土・日)
・祝日
・年末年始休暇
・年次有給休暇
・慶弔休暇
・産前産後休暇・育児休業
・看護介護休暇
福利厚生 ・各種社会保険完備
・退職金制度 ※確定拠出年金型退職金(日本版401k)
・出産・育児支援制度
・健康診断
・外部研修制度
・社員食堂
勤務時間 フレックスタイム制 8時間(標準労働時間7時間)

参考サイト

新卒入社 編成 女性
新卒入社 編成 女性
手当てはそこそこ充実している。しかし、住宅手当てはない。
中途入社 技術統括 男性
中途入社 技術統括 男性
必ずリフレッシュ休暇を取らなければならないので、必然的に連休が取れる。
中途入社 営業 女性
中途入社 営業 女性
正社員のみ育休制度がある。しかし取得しても復帰後はタフな企業故に、家庭と仕事の両立は難しそう。
スポンサーリンク

日本テレビの働き方・企業文化・残業

環境・社風・成長・残業

環境 住宅手当や社員寮・外勤手当など福利厚生は充実。
社風 部門間での分業意識が強く風通しはよくない。
成長 若手社員でもチャンスがあり、大きな仕事を任せられる。
残業 テレワークやフレックスタイム制度など評価が高い。

福利厚生について

福利厚生への満足度は高い

福利厚生は満足度が高い意見が多かったです。福利厚生には寮完備や社宅借り上げ制度などもあるそうです。また外勤手当や外食風呂代補助などもあり他社に比べて福利厚生に関して満足しているとのことです。

社風について

部門間の風通しがよくない

各部門が分業意識が強く部門間での風通しはよくないとの意見が多数あります。それによって部門間で責任の所在を押し付けあってしまう社風があるとのことです。

成長環境について

若手でもチャンスがある

若手社員へのチャンスも多く大きな仕事を任してもらえるとの意見が多数あります。その反面若手以降の社員に対して研修などのフォローができていないそうです。

残業について

ワークバランスの実現は可能

営業職においてもテレワークやフレックスタイム制度が導入されており、得意先からの緊急の対応などはあるものの自身で時間のコントロールがしやすいとの意見が多かったです。また有給の取得も低くはなく取得しやすくなってきているとのことです。
日本テレビの詳しい転職情報はこちら

平均年収などの推移

平均年収・平均年齢・平均勤続年数の推移




年度 平均年収 平均年齢 従業員数 平均勤続年数
2020年 1401万円 -歳 -人 -年
2019年 1373万円 48.8歳 4544人 19年
2018年 1462万円 48.6歳 4425人 19.6年
2017年 1428万円 48.7歳 4368人 18.9年
2016年 1428万円 48.2歳 4170人 18年
2015年 1470万円 48.1歳 4115人 19.5年
※月収やボーナスは、厚生労働省発表の「賃金構造基本統計調査」を元に基づく推定
※ボーナスは年に2回。1回につき2ヶ月分として算定。

平均年収は直近数年で-4.69%下降

日本テレビの直近の平均年収、平均年齢、勤続年数の推移をまとめました。2015年から2020年にかけて、日本テレビの平均年収は約-4.69%下降傾向にあります。これは、金額ベースでは約-69万円の変化となっています。また、平均年齢の2015年から2020年にかけて約1.46%上昇、平均勤続年数は、約-2.56%と下降傾向にあります。

テレビ業界の主要企業の比較

主要企業の平均年収の推移


会社名 2000年度 2001年度 2002年度 2003年度 2004年度 2005年度 2006年度 2007年度 2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
テレビ朝日ホールディングス -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 1366万円 1356万円 1322万円 1326万円 1213万円 1275万円 1304万円 1304万円 1396万円 1434万円 1335万円 1374万円 1377万円 1388万円
日本テレビ -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 1432万円 1428万円 1405万円 1322万円 1263万円 1334万円 1426万円 1492万円 1455万円 1470万円 1428万円 1428万円 1462万円 1373万円
東京放送ホールディングス 1355万円 1487万円 1464万円 1445万円 1430万円 1443万円 1561万円 1571万円 1550万円 1472万円 1358万円 1338万円 1378万円 1485万円 1499万円 1491万円 1662万円 1633万円 1586万円 -万円
フジ・メディア・ホールディングス -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 1575万円 1573万円 1535万円 1577万円 1453万円 1443万円 1511万円 1480万円 1506万円 1448万円 1431万円 1486万円 1118万円 1168万円

あなたの可能性を開こう

IT・WEB系への転職情報なら
キャリトレがNo1

いいねするだけで興味がある企業からオファーが届く

人口知能があなたの好みを学習

2019年12月1日時点の情報です

主要媒体に掲載された求人・年収情報

リクルートエージェント

日本テレビ
職種:経営企画
年収:600万円~1200万円
役職:一般職

募集タイトル
【社長室】M&Aアドバイザリー

業務内容
日本テレビおよびグループ各社の推進に関する業務を 行って頂きます。

日本テレビについて

会社について

会社概要

社名 日本テレビホールディングス株式会社
本社所在地 東京都港区東新橋1−6−1
会社URL http://www.ntvhd.co.jp/
代表者 小杉 善信
資本金 18,600百万円
売上 4249
 従業員 4544
業界 テレビ

企業理念

事業内容

おすすめの転職エージェント一覧

リクルートエージェント

迷ったらコレ!32万件の求人数を誇る転職エージェントの決定版

リクルートエージェントは、人材業界のトップを独走しているリクルートが運営する国内最大級の総合転職エージェントです。

その歴史は約40年と古く、これまで45万人以上をサポートしており、業界最多の実績を誇っています。保有している求人の量や質、サポート体制など、あらゆる面でトップレベルの水準を誇っており、その総合力が強みと言えます。

特に求人量は32万件以上(非公開求人含む)と、他社を圧倒しており、地方都市にも拠点を構え、日本全国だけでなく海外の求人も豊富に取り扱っています。求人案件の取りこぼしを防ぐために、登録は必須と言えます。

転職エージェント選びで迷っている方は、総合的に安定しているリクルートエージェントで間違いないでしょう。

オススメ度 特徴
総合
転職支援実績No.1。圧倒的な求人量と手厚いサポートが強み。
求人の量・質
非公開求人含め求人数が32万件と他社とは一線を画している。
サポート
リクルートグループが築いた信頼性で企業への交渉力は抜群。
担当者
業界各所から優秀なキャリアコンサルタントが集まっている。

マイナビエージェント

大手企業はもちろん、ホワイトな優良中小企業に出会える

マイナビエージェントは20代〜30代半ばで、優良企業を紹介してほしいという方には非常におすすめの大手総合転職エージェントです。

マイナビエージェントは、若手の転職支援実績が豊富で、利用者の80%が20代〜30代半ばです。提携企業も若手〜中堅層の採用ニーズを抱えている企業が多いです。

また、新卒採用市場で最大手のマイナビグループは、新卒採用で培った企業とのネットワークを活用し、大企業はもちろん、優良中小企業の求人を多数保有しています。マイナビエージェントが保有する求人の半数以上が非公開求人で、一般公開したら応募が殺到するような人気求人を紹介してもらうことが可能です。

オススメ度 特徴
総合
若手の転職支援実績が豊富。優良企業の求人を多く保有している。
求人の量・質
大手企業はもちろん、ホワイトな中小企業の非公開求人が多い。
サポート
キャリアカウンセリングから選考対策、企業への交渉まで一貫してサポートが手厚い。
担当者
密なコミュニケーションが特徴的だが、頻繁すぎるという声も。

ビズリーチ

国内最大級!キャリアアップといったらココ

ビズリーチはハイクラス向けの会員制転職サービスで、ヘッドハンターや人事から直接スカウトが届いたり、高年収の求人を検索することが可能です。

その会員数は151万人を突破しており、ハイクラス向けの転職サービスでは業界最大手です。

求人量・質など総合的に欠点がなく、高年収ポジションや管理職での転職を希望しているは必ず登録しておきたいサービスです。

また、今すぐの転職を考えていなくても、スカウトを受け取りながら興味あるオファーが来たら話を聞いてみたいという人にもおすすめです。

オススメ度 特徴
総合
ハイクラス向けの転職エージェントとして実績No.1を誇る。
求人の量・質
公開求人数は12万件と総合転職エージェントと引けを取らないほどの量。
サポート
基本サービスには選考対策などのサポートが含まれていない。
担当者
業界に精通したヘッドハンターから専門的なアドバイスをもらうことも。

キャリトレ

話題沸騰!ITベンチャー企業への転職なら登録必須!

CMで人気のキャリトレは、若手向けに特化した全く新しい転職サイトです。運営元はビズリーチで、「ビズリーチ」はハイクラス向け、「キャリトレ」はキャリアの浅い若者向けと、ターゲットが棲み分けされています。

12万件以上の求人数は業界トップクラスで、中でも急成長を果たしているITベンチャー企業の求人を多く取り扱っています。

また、簡単ワンタップの操作で、企業にあなたの興味を届けることができ、マッチした企業から直接オファーが届くようになります。

転職活動に役立つ機能が充実しているのも大きな特徴です。2種類のスカウト機能や、人工知能が搭載されたレコメンド機能で、受動的に希望条件に合った求人を探すことが可能です。

20代・30代でITベンチャーへの転職であれば、キャリトレを使わない選択肢はないでしょう。

オススメ度 特徴
総合
20代向けの求人数では、リクナビやマイナビと同等の水準。
求人の量・質
12万件の求人のうち、大多数が20代向けの求人。
サポート
AIを搭載したレコメンド機能や、2種類のスカウト機能が充実。
担当者
ツイッター上で担当者が相談に乗ってくれるユニークな機能。

パソナキャリア

年収重視の方は登録必須!67%の人が転職後に年収アップを実現

パソナキャリアは、人材業界大手のパソナが運営している総合転職エージェントで、転職がはじめてで年収を上げたい方におすすめです。

パソナキャリア経由で転職をした人のうち、なんと67%が転職後に年収が上昇しており、パソナキャリアは年収アップの面で強みを持っています。

また、利用者の半数以上が転職経験がなく、転職がはじめての人からの評価が高いです。

はじめての転職で不安だけど、年収アップを目指しているけど、はじめての転職で不安という方は、パソナキャリアを利用しましょう。

オススメ度 特徴
総合
総合的に安定している。特に年収アップに強みを持っている。
求人の量・質
求人数は4万件と、リクルートやdodaに比べると劣っている。
サポート
丁寧なキャリアカウンセリングや選考対策が好評。
担当者
企業への交渉力が強く、67%の人が年収アップを実現している。

doda

抜群の安定感!IT・通信業界、営業・企画職への転職に強い

dodaは業界大手のパーソルキャリアが運営している転職エージェントで、転職支援実績はトップクラスです。

非公開求人を含め全国14万件の求人を保有していて、リクルートエージェントの32万件に次ぐ国内2番手の求人数を誇っています。14万件のうち約8万件が非公開求人で、一般の転職市場には出回らないようなdoda独自の求人を紹介してもらうことが可能です。

特に、IT・通信業界や、営業・企画職の求人が多いため、IT志望でビジネス職の方は必ず登録しておきたい転職エージェントです。

また、キャリアコンサルタントによる丁寧なキャリアカウンセリングに定評があり、「初めての転職で不安」という方にも自信を持っておすすめできます。面接確約オファーが届くスカウトサービスや、転職フェアなどのイベントを頻繁に開催しており、自分に合った企業が見つかる機会も充実しています。

オススメ度 特徴
総合
求人量は国内2番手でトップクラス。
求人の量・質
公開求人6万件、非公開求人8万件と豊富な求人量が強み。
サポート
スカウトや転職イベントで、自分に合った求人が見つかる機会が豊富。
担当者
LINEで気軽に転職相談や求人提案を受けられる。

マイナビエージェントIT

豊富な求人数を誇る!大手ならではの安定したサポート体制も

オススメ度 特徴
総合
大手ならではの安定したサポート体制と求人数・質が強み。
求人の量・質
レバテックの3倍の求人数を誇る。優良中小企業の求人が多い。
サポート
マイナビグループで蓄積されたIT業界特有の転職ノウハウを活用。
担当者
IT業界出身者による専門的なアドバイスが受けられる。

ウズキャリ(UZUZ)

20代全般におすすめ。特にIT業界希望者は登録マスト

オススメ度 特徴
総合
丁寧なサポート体制と担当者の質が好評。
求人の量・質
ブラック企業を排除し、優良企業のみ扱っている。
サポート
平均20時間のキャリアカウンセリングが特徴的。
担当者
担当者の90%が元第二新卒・既卒のため、経験を元にしたアドバイスを受けられる。

ワークポート

IT業界未経験者は登録必須!未経験のサポート体制が充実

オススメ度 特徴
総合
IT業界特化型としては老舗で、未経験でのIT業界転職に強い。
求人の量・質
IT業界未経験OKの求人が豊富。
サポート
無料のプログラミングスクールなど、未経験へのサポートが手厚い。
担当者
専任の転職コンシェルジュが、きめ細かく素早い対応してくれる。

レバテックキャリア

IT業界転職実績No.1。高年収の良質な求人が豊富

オススメ度 特徴
総合
IT業界の転職支援では実績No.1。高年収求人が多い。
求人の量・質
全体の60%以上が年収700万円以上の高年収求人が豊富。
サポート
過去の質問例を元にしたIT業界特有の専門的な面接対策が特徴的。
担当者
最新の技術やTI業界の転職に精通した担当者によるアドバイス。

転職エージェントを利用してみよう

日本テレビのような会社に転職したいと強く思っていらっしゃる方は、転職エージェントの利用もおすすめします。

エージェントに利用するメリットは、次の3つです。

  1. 自分のニーズに合った会社を紹介してもらえる
  2. 履歴書の書き方や、面接の方法などを教えてもらえる
  3. 企業との年収などの交渉もお願いできる

自分のニーズに合った会社を紹介してもらえる

世の中には様々な会社があり、転職媒体を利用すれば何万社もの企業の求人に応募する事ができます。

しかし、本当にあなたが求めているニーズ似合った企業を自分で探すのは、転職に不慣れな方にはとても難しいことです。

転職エージェントは、これまでに何十人、何百人の転職をサポートしてきています。丁寧にあなたの大事にしていることや逆に嫌なことを伝えた上で、実際にどんな企業がどんな人を募集しているのかをしっかりと聞いてみましょう。

そうすれば、自分では探しきれなかった、あなたにピッタリの企業を紹介してくれるはずです。

履歴書の書き方や、面接の方法などを教えてもらえる

初めての転職活動をする人は、実際の転職活動をとても不安に感じる事があると思います。そんな中で、あなたの転職成功をゴールとして、一緒に並走してくれる人の存在は貴重です。

一般的な転職エージェントの担当者は、履歴書の添削や、面接の受け答えのアドバイスなどを行ってくれる担当の人が多いです。

はじめての転職の方は、是非一度転職エージェントの方に相談してみましょう。

企業との年収などの交渉もお願いできる

実際に希望の企業の選考を重ね、見事内定を手に入れた時、後は「どんな条件で合意するか」という段階になります。

希望の会社に転職できれば、それが一番の事ですが、その上でできるだけいい条件で入社したいですよね。転職エージェントなら、そんな最後の交渉も一部代理で行ってくれます。

その理由は、「あなたができるだけ高い年収で転職してくれたほうが転職エージェントの報酬も大きくなる」からです。

関連記事

日本テレビの売上高・業績
【2019年最新】日本テレビ放送網株式会社の売上・業績を調査!四半期ごとの推移や、業界内のランキングを紹介!日本テレビの最新の売上高は4249億円。業界内でのランキングは、第2位です。 今回は、日本テレビホールディングス株式会社の売上や利益の業...

あなたの可能性を開こう

IT・WEB系への転職情報なら
キャリトレがNo1

いいねするだけで興味がある企業からオファーが届く

人口知能があなたの好みを学習

2019年12月1日時点の情報です

日本テレビの年齢別の推定年収

統計情報
日本テレビの平均年齢は、48.8歳です。平均年収は1401万円です。
このことから、厚生労働省が出している年収データ、及び職種ごとの年収比率データを元に、日本テレビの職種、性別、年代別の推定年収を算出しました。
※以下の情報は、統計に基づいた想定の情報です。ご理解の上、ご参考ください。

年齢 日本テレビ推定年収
20代 754~879万円
30代 1026〜1153万円
40代 1272〜1401万円
50代 1488〜1513万円
60代 918〜1066万円

20代の推定平均年収:754〜879万円

一般的な企業の20代前半~後半の平均年収は193〜225万円です。20代の社員はまだ社歴が若いため、全体の平均年収よりも低い傾向にあります。
このことから、日本テレビの20代の平均年収は、754〜879万円と想定されます。

30代の推定平均年収:1026〜1153万円

日本テレビの30代の平均年収は、1026〜1153万円だと想定されます。
一般的な企業の30代の平均年収は263〜295万円となっており、20代の前半から30代の後半に掛けて、100万円以上も昇給があるものの、まだまだ全体成長過程といえます。

40代の推定平均年収:1272〜1401万円

一般的な企業の40代の平均年収は326〜359万円となっています。年功序列形式の企業が多いため、40代で年収が上限に近くなってきています。
対して、日本テレビの40代の平均年収は、1272〜1401万円です。

50代の推定平均年収:1488〜1513万円

日本テレビの50代の平均年収は、1488〜1513万円だと思われます。
一般的な企業の50代の平均年収は381〜387万円となっています。年収はピークに達し、50代での年収の増加は、あまり見込めないようです。

60代の推定平均年収:918〜1066万円

日本テレビの60代の平均年収はおよそ918〜1066万円、一般的な企業の60代の平均年収は235〜273万円です。
50代で年収はピークを迎え、減少傾向になります。

日本テレビの男女別の推定年収

厚生労働省が発表している、男女ごとの平均年収の分布を元に、日本テレビの職種ごとの平均年収を推定してみました。

男性 女性
日本テレビ推定 1544万円 1124万円
平均 337.6万円 245.7万円

男性の推定平均年収:1544万円

2020年現在、厚生労働省が発表している資料によると、男性の平均年収は337.6万円と、女性よりも約1.4倍の開きがあります。
日本テレビの従業員の男女比は明らかにはされていませんが、仮に1:1の割合とすると、日本テレビの平均年収は1544万円です。

女性の推定平均年収:1124万円

一般的な女性の平均年収は245.7万円。日本テレビの平均年収は、約1124万円だと推定されます。

日本テレビの役職別の推定年収

厚生労働省が発表している、役職ごとの平均年収の分布を元に、日本テレビの職種ごとの平均年収を推定してみました。

一般社員級 係長級 課長級 部長級
日本テレビ推定 991万円 1834万円 2456万円 3018万円
平均 216.8万円 401万円 536.8万円 659.8万円

一般社員の推定年収:991万円

一般社員の平均年収は、係長級の社員の約半分、部長級の社員の約30%です。
日本テレビの一般社員の推定年収は、991万円です。

係長級の推定年収:1834万円

係長級の社員は、一般社員の約1.8倍の年収となっており、役職の有無が年収に大きな差を生むことがわかります。
日本テレビの係長級の社員の推定年収は、1834万円です。

課長級の推定年収:2456万円

課長級の社員は、係長級の社員の約1.3倍の年収です。一般社員と係長級の社員ほどの違いはないもの、およそ100万円以上の年収の違いがあります。
日本テレビの課長級の社員の推定年収は、2456万円です。

部長級の推定年収:3018万円

部長級の社員の年収は、課長級の社員の、約1.2倍。一般社員の約3倍の年収差があります。
日本テレビの部長級の社員の推定年収は、3018万円です。