業績比較

【2019年最新】三菱商事の売上・業績を調査!四半期ごとの推移や、業界内のランキングを紹介!

三菱商事の売上高・業績

三菱商事の最新の売上高は16兆1038億円。業界内でのランキングは、第1位です。
今回は、三菱商事の売上や利益の業績情報を、競合企業との比較ランキング・過去の推移の比較という形で行いました。

是非最後までご覧ください!

三菱商事の売上・業績について

直近の年間売上高
16兆1038億円
従業員あたりの売上
20131万円
売上業界ランキング
1位
3年間の売上変化率
250.61%

三菱商事について

会社概要

会社概要

社名 三菱商事
本社所在地 東京都千代田区丸の内2−3−1
会社URL http://www.mitsubishicorp.com/jp/ja/index.html
代表者 垣内 威彦
資本金 204,446百万円
 従業員 79994
業界 総合商社

企業理念

豊かな社会の実現に貢献することを目指して

三菱商事は、創業以来の社是である「三綱領」を拠り所に、公正で健全な事業活動を推進しています。「三綱領」は、1920年の三菱第四代社長岩崎小彌太の訓諭をもとに、1934年に旧三菱商事の行動指針として制定されたものです。旧三菱商事は1947年に解散しましたが、三菱商事においてもこの三綱領は企業理念となり、その精神は役職員一人一人の心の中に息づいています。

事業内容

5大総合商社の1社。金属や資源分野が強み

三菱商事は、世界80ヶ国に200を超える拠点を持つ三菱商事の中核を担う大手総合商社です。貿易ビジネスや、情報・物流などの各種サービス提供、事業投資など、多様な事業をグローバルに展開しています。

  1. 地球環境・インフラ事業グループ
  2. 機械グループ
  3. エネルギー事業グループ
  4. 生活産業グループ
  5. 新産業金融事業グループ
  6. 化学品グループ
  7. 金属グループ

以上のグループで構成されており、特に金属分野が主力事業で、利益の約半分を占めています。

16兆円の売上は、前年比2倍以上の成長

2019年3月期の売上高は、前年比+112%の16兆1,038億円を記録しています。
近年は横ばい傾向でしたが、資源は原料炭や銅、非資源は機械、化学品、生活産業の伸長が著しく、業績は前年比で2倍以上もの増収を果たしました。

5大総合商社でNo.1

5大総合商社で直近の売上高を比較すると、三菱商事は1番手に位置しています。

  1. 三菱商事:16兆1,038億円
  2. 伊藤忠商事:11兆6,005億円
  3. 丸紅:7兆4,013億円
  4. 三井物産:6兆9,575億円
  5. 住友商事:5兆3,392億円

三菱商事の業績の推移・変化率

売上推移

過去3年間の売上の推移

年間売上は16兆1038億円。3年間の変化率は250.61%


年度 売上高 前年度比率
2019年 16兆1038億円 212.8%
2018年 7兆5674億円 117.77%
2017年 6兆4258億円 -%

三菱商事の直近の売上高(連結)は、16兆1038億円です。直近3年間での成長率は250.61%と上昇傾向にあります。

四半期ごとの売上高・営業利益


四半期売上高 四半期営業利益
2017年1Q 1兆5277.79億
2017年2Q 1兆4048.41億
2017年3Q 1兆7564.03億
2017年4Q 1兆7367.38億
2018年1Q 1兆7967.04億
2018年2Q 1兆8603.82億
2018年3Q 2兆268.86億
2018年4Q 1兆8834.22億
2019年1Q 3兆8754.61億
2019年2Q 4兆677.87億
2019年3Q 4兆2450.31億
2019年4Q 3兆9154.84億

三菱商事の売上高の比較・ランキング

競合との比較

①売上高のランキング

トップ5社の売上シェア比率


売上高:総合商社業界では第1位

総合商社業界の企業内での三菱商事の売上ランキングの順位は第1位です。
総合商社業界の売上高ランキング第1位は伊藤忠商事、第2位は丸紅、第3位は三井物産になっています。
総合商社業界のランキング一覧はこちら

順位 会社名 売上高
1位 三菱商事 16兆1038億円
2位 伊藤忠商事 11兆6005億円
3位 丸紅 7兆4013億円
4位 三井物産 6兆9575億円
5位 豊田通商 6兆7627億円
6位 住友商事 5兆3392億円
7位 双日 1兆8562億円
※こちらの情報は、おもに有価証券報告書にて掲載されている売上情報を参考に、約3000社のデータベースを制作して算出しています。

売上高:全体では第2位

CareerBookが調査した有名企業約3000社の中で、三菱商事は売上ランキング2位です。

順位 会社名 売上高
1位 トヨタ自動車 30兆2257億円
2位 三菱商事 16兆1038億円
3位 ホンダ(HONDA) 15兆8886億円
4位 日本郵政 12兆7750億円
5位 NTT東日本(日本電信電話) 11兆8798億円
6位 伊藤忠商事 11兆6005億円
7位 日産自動車 11兆5742億円
・・・・・・・・
3586位 RISE 1億円
※こちらの情報は、おもに有価証券報告書にて掲載されている売上情報を参考に、約3000社のデータベースを制作して算出しています。

②従業員当たりの売上のランキング

従業員あたり売上:総合商社業界で第1位

総合商社業界内での三菱商事の従業員あたりの売上ランキングの順位は第1位です。

順位 会社名 売上高
1位 三菱商事 20,131万円
2位 丸紅 17,260万円
3位 三井物産 15,815万円
4位 豊田通商 11,547万円
5位 双日 9,961万円
6位 伊藤忠商事 9,684万円
7位 住友商事 8,131万円
※こちらの情報は、おもに有価証券報告書にて掲載されている売上情報を参考に、約3000社のデータベースを制作して算出しています。

従業員数やキャッシュフロー、資産などの情報

その他の指標

営業キャッシュフロー

年度 営業キャッシュフロー
2019年 6526.81億
2018年 7424.82億
2017年 5830.04億

投資キャッシュフロー

年度 投資キャッシュフロー
2019年 -2736.87億
2018年 -3175.83億
2017年 -1795.85億

財務キャッシュフロー

年度 売上高
2019年 -2274.8億
2018年 -5543.28億
2017年 -7521.62億

総資産

年度 資産
2019年 16兆5328.00億
2018年 16兆369.89億
2017年 15兆7535.57億

従業員に関するデータ

平均年収 1607万円
従業員数 79994人
平均年齢 42.5歳

関連記事

三菱商事の年収情報・業界ランキング
【2019最新】三菱商事の年収は1607万円!ボーナスや口コミを競合企業と比較してみた!有価証券報告書によると、三菱商事の平均年収は1607万円。平均年齢は42.5歳です。そこから推定される年間の平均ボーナスは約402万円、...