転職ノウハウ

【2020最新】三菱自動車への転職を徹底分析。面接での質問や年収情報などからわかる転職難易度とは

この記事では、三菱自動車への転職を考えている人向けに、年収などの水準、採用傾向求人が豊富な最適な転職サービス面接対策、それらをもとに総合的に判断した転職難易度を紹介しています。

この記事は、IR情報、口コミサイト、業界担当のキャリアアドバイザーへのヒアリング情報をソースとし、Careerbooksが独自に算出した難易度をもとに作成しています。
転職ツール選び。間違えてませんか?10秒転職ツール診断

間違った転職ツール選びはキャリアの失敗につながります。6問の質問に答えるだけで、あなたにあった転職ツールをチェックしよう。

現在の転職意欲は?(1/6問)
次へ

三菱自動車の基本情報

転職先の組織や事業状態を把握しておくことは非常に重要です。転職・求人の情報の前に、まずはIR情報から、三菱自動車の売上規模や年収情報をご説明します。

会社規模

順位 会社名 売上高
1位 トヨタ自動車 30兆2257億円
2位 ホンダ(HONDA) 15兆8886億円
3位 日産自動車 11兆5742億円
4位 デンソー 5兆3628億円
5位 アイシン精機 4兆431億円
6位 スズキ 3兆8715億円
・・・・・・・・
10位 小松製作所 2兆7252億円
11位 三菱自動車 2兆5146億円
12位 いすゞ自動車 2兆1492億円

売上は業界で第11位

自動車・輸送用機器業界の企業内での三菱自動車の売上ランキングの順位は第11位です。

年収情報

平均年収
731万円
平均年齢
41.3歳
全体ランキング
613位/3400社
業界内ランキング
12位/109社

年収と勤続年数の傾向



年収は上位30%の高水準

全国の上場企業約3000社を対象にした平均年収の調査において、三菱自動車の平均年収731万円は、上位30%の高水準です。また全国3000社の上場企業の平均年収の中央値は650万円前後となっています。

勤続年数は平均より長め

三菱自動車の平均勤続年数16.1年は、全国の上場企業約3000社を対象にした平均年収の調査において、平均より長めとなっています。また全国3000社の上場企業の勤続年数の中央値は11年前後です。

三菱自動車へのオススメの転職方法

転職活動の進め方

情報収集段階はスカウトサービスで

スカウトサービスなら具体的な求人検索に加え、待っているだけで企業や転職エージェントからスカウトが届きます。スカウトは、興味があるものがあれば話だけでも聞いてみることできます。面談の練習などにもとてもおすすめです。

転職エージェントで対策を万全に

転職エージェントは、その時々の各企業の採用状況、非公開の求人から、どのような企業にどのような人が採用されやすいかまで、エージェントにしか知り得ない詳しい情報を保有しています。きっちり企業の状態を把握して選考対策を立てるために、エージェントの利用はマストです。まずは無料の求人紹介を受けてみて、求人状況や採用傾向を確認してみましょう

おすすめの転職サービス

三菱自動車や、類似する業界の企業の実際に掲載されている求人などの情報などから、最適な転職サービスをご紹介します。

  • 転職サポート力
  • 20代満足度NO1
  • 大手に強い

メーカー系転職ならマイナビエージェント

メーカー・自動車系企業への転職ならマイナビエージェントがおすすめ。メーカーに特化したサポートチームを持ち、転職サポートも充実。大手のリクルートエージェントと比較して、サポート力に優れている。

企業名 掲載職種
マツダ株式会社 ・プロジェクト・マネジメント(インフラ)、プロジェクトマネージャ・プロジェクトリーダ(制御/組み込み)、制御設計、社内システムエンジニア(インフラ)、社内システム企画
・プロダクトマネージャ、制御設計、組み込み設計、製品開発システムエンジニア、要素技術研究・製品研究開発
スズキ ・社内SE
・その他(経営/企画/管理/事務)、経理
日産自動車株式会社 ・制御設計、電気系 実験・評価・解析
・事業企画/事業統括(事業管理、事業推進含む)、販売促進・プロモーション
デンソー ・経理

マイナビに無料登録

  • 転職サポート力
  • メーカー
  • エンジニア

メーカー系エンジニア特化のエージェント

マイナビが提供する、電気系メーカー、自動車、半導体業界のエンジニアに特化したエージェント。大手らしく豊富な求人数に加え、業界に詳しい担当者からサポートを受けられる。

[jobslist]

マイナビものづくりに無料登録

  • ハイクラス
  • 年収600万以上
  • 大手に強い
  • スカウトサービス

ハイクラス転職ならビズリーチ

ハイクラス向けのスカウト型転職サービス。年収600万円以上の人をメインターゲットにしており、大企業やハイクラス求人に強い様々な企業から声がかかる。自己応募も可能。

企業名 掲載職種
三菱自動車 ・海外営業
・UX/UIデザイナー
・事業企画
マツダ ・グラフィックデザイナー
・土木設計
スズキ ・システムエンジニア
・法人営業
日産自動車 ・新規事業企画
・組み込みエンジニア
デンソー ・経営企画
・法人営業

ビズリーチに無料登録

  • ハイクラス
  • 年収600万以上
  • 外資に強い

ハイクラス向けおすすめNo1エージェント

JACリクルートメントは、外資系から日系大手まで大手案件を多数保有するハイクラスをメインターゲットにした転職エージェントです。一番オススメなポイントは、求職者の担当と企業の窓口が共通なため、選考を受ける企業の細かな情報を知ることができることです。そのため選考をより有利にすすめることができます。

カテゴリ サービス / 商社、流通、外食 / 建設、不動産 / 金融 / クリエイティブ、マーケティング / 運輸、物流、倉庫 / IT、通信 / コンサル / 電気、電子、半導体 / 機械、自動車 / 化学 / 金属、素材、エネルギー / 医療、介護、福祉
面談拠点 東京、群馬、栃木、茨城、埼玉、神奈川、山梨、長野、愛知、静岡、大阪、京都、神戸、広島、岡山

JACに無料登録

失敗しないための転職ツール診断

間違った転職ツール選びはキャリアの失敗につながります。6問の質問に答えるだけで、あなたにあった転職サイトをチェックしよう。

10秒診断スタート

三菱自動車の面接情報

面接・選考の流れ

STEP1
書類選考(SPI/適正診断)
三菱自動車への転職では、まず書類選考が実施されます。これまでの職歴や志望動機など、内容は基本通りのものになりますが、第二新卒の場合、簡単な適正診断等がおこなれる可能性はあります。
STEP2
面接(2~4回)
書類選考に通過すると次は面接です。人事面接→現場社員面接→役員面接と、基本的には複数回に渡って面接が行われるようですが、ポジションによっても変化すると思われます。(人事面接が最後のパターンもあります)
STEP3
内定・入社
面接を通過すれば内定が出ます。その後、条件などの入社交渉を行ないます

面接の口コミ

キャリコネより、三菱自動車の選考関連の口コミを一部ご紹介します。口コミが気になる方は、詳しくはキャリコネをご参考ください。

部署:ドライブトレイン技術部
役職:機械設計

英語の能力を聞かれました。

回答
それまでの業務では、英語を使う機会もなく、英語を勉強する必要性がなかったため、英語の能力はありませんが、今後、必要であれば、英会話等の勉強をしていきます。

部署:製品開発本部 重量計画
役職:研究開発

なぜこの特殊な部門に応募したのか

回答
未経験でも携われるという点と、重量を取り扱うということは、重量を取り扱うというこは車の全てを決めると言っても過言ではないため、やりがいを感じたから

部署:企画
役職:海外営業

特になし

回答
オーソドックスな面接でした。
これまで何をしてきたのな、これから何をしたいのか、これまで大変だったことは、等。

部署:パワートレイン
役職:技術関連職

大変な仕事でも楽しめますか?

回答
とても丁寧な面接官でした。実際の面接では、現在エンジニアが不足しているということで50名程度の大規模募集をしていた。

部署:経理
役職:経理

いままでの職務の中でやり遂げるのが大変だったことは何ですか。

回答
職務に関して誰でも対応できるように、マニュアルの作成などを行い汎用性を高めることにより、業務の改善をはかったこと。

部署:海外サービス
役職:海外営業

なぜこのタイミングで転職を決意したのか。
前の会社で出来ないのはなぜか。
入社後、5年後のキャリアプランについてどう考えているか。

回答
年齢的にチャレンジできる最後のタイミングだと思った。
希望部署に配属される可能性は極めて低く、限りなくゼロにひとしい。
まずは基本的な業務を覚えてコミュニケーションを図り、希望部署に行けるように足りないものを強化する。

キャリコネはこちら

三菱自動車の総合転職難易度

様々な情報から、Careerbookが調査した上場企業3000社の中での相対的な三菱自動車への転職難易度を総合的に評価したところ、転職難易度は「A:難易度はかなり高め」になりました。

企業人気度 人気企業
中途採用について 勤続年数はかなり長めで、中途採用文化は少なめ
競争率について 上場企業の中でも高年収で、難易度は高い
総合難易度 A:難易度はかなり高め

あくまでもこれは会社全体としての傾向です。職種やポジションによって実際は異なりますし、どのような経験を持った人材を採用しているかは、その時々で常に変化しています。
転職サービスを利用して情報収集を欠かさず行い、タイミングをつかんでより良い転職ができるようにしましょう。

業界別難易度ランキング

順位 会社名
1位 トヨタ自動車
2位 ホンダ(HONDA)
3位 ヤマハ
4位 日産自動車
5位 デンソー
6位 ヤマハ
7位 三菱自動車
8位 IJTT
9位 スズキ(SUZUKI)
10位 マツダ(MAZDA)
11位 アイシン精機
12位 小松製作所
・・・・・・・・
109位 ウイルプラスホールディングス

自動車・輸送用機器業界では転職難易度は第7位

自動車・輸送用機器業界の企業内での三菱自動車の年収ランキングは第7位です。
自動車・輸送用機器業界の年収第1位はトヨタ自動車、第2位はホンダ(HONDA)、第3位はヤマハとなっています。

このランキングは、人気度や最近の採用の傾向。平均年収から算出する競争率などから総合的にCareerbooks独自で作成したものです。精度は向上するように務めておりますが、一部企業は情報不足により不確かな状態です。あくまで参考値としてご理解ください。
転職ツール選び。間違えてませんか?10秒転職ツール診断

間違った転職ツール選びはキャリアの失敗につながります。6問の質問に答えるだけで、あなたにあった転職ツールをチェックしよう。

現在の転職意欲は?(1/6問)
次へ

キャリアアドバイザーによる自動車・輸送用機器への転職の解説

採用傾向

文化としては転職はあまり浸透していない

自動車業界はトヨタなどの生態系トップ企業を筆頭に、新卒採用・終身雇用文化が続いてきたため、中途採用自体がそれほど広まってはいません。技術職を中心に求人数はそれなりにありますが、特に総合職での業界内他社への「転職」はあまりありません。

中途採用の比率は今後は上昇傾向か

ただし、「終身雇用を継続していくことは難しい」というコメントがトヨタから出るなど、基本的にはこれまで通りの完全新卒・終身雇用主義は崩れていくと思われます。徐々に中途採用比率は高まっていくと予想されるため、自動車業界の若手層は、他社でも通用するキャリア・スキル構築を意識する必要があるでしょう。

新しい領域は活発

そんな自動車業界内においても、近年モビリティ、自動運転などの技術革新の背景から、ITサービス人材を筆頭に、これまで業界にあまりいなかった人材の採用が進んでいます。そのような人材の採用は基本的に中途採用がメインのため、新規性の高い部署であれば、転職できる可能性はあります。

選考について

選考は一般的な内容

自動車業界の選考は、基本的な内容になります。書類選考と2、3回の面接で行われ、現場の責任者と人事と話すことになると思います。

転職理由は明確に

会社にもよりますが、自動車業界はあまり転職が一般的ではないため、「なぜ転職するのか」をよく確認される傾向があります。基本的には後ろ向きな内容ではなく、前向きにキャリアを進めていくために必要なアクションであること。を伝えられれば問題ありませんが、詰まって注意しましょう。

できるだけエージェントに詳しくヒアリングする

自動車業界に関しては、まとまった職種での採用というよりは細かく求人が分かれているため、全容をWEB上だけで把握する事はかなり困難です。WEB情で確認した上で適切なエージェントにも複数アクセスし、どの経路からどういう求人を受けるかを判断しましょう。

三菱自動車の転職ニュース

三菱自動車の転職ニュース

... 三菱自動車は2019年3月期の中途採用者を、前年度に比べ3割多い300人に増やす。技術者を中心に採用し、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)など電動車の開発体制を強化する。...
... 三菱自動車は電気・電子系の技術者を中心に中途採用を増やす。2012年度は11年度比7割増の170人と、ここ10年間で最大規模の人員を確保する。...
... 三菱自動車は今後5年間で200~300人の電気・電子系技術者の中途採用に乗り出す。従来の自動車業界出身者を中心に採用する方針を見直し、国内外の電機や情報機器メーカー、研究機関などからの人材にシフトする。...
... 三菱自動車は5日、電気・電子系技術者の中途採用を始めると発表した。電気自動車の基幹となる電池や電力制御の技術力を高める狙い。2010年度は約80人を確保し、来期以降も採用を継続する。 ...
... 三菱自動車が18日、年間販売台数の30%増などの目標を掲げた3カ年の中期計画を発表した。...
... 三菱自動車は明日23日、定時株主総会を開催する。燃費データの不正が発覚して1年。...
...三菱自動車は5年間で電気・電子系技術者200~300人を中途採用する。トヨタや日産自動車も電気系人材を増やす方向。竹内副社長は全国を駆け回り、優れた電池技術者約120人のリストを作成。それを目掛けて依頼が次々と舞い込む。「どの自動車メーカーも技術者の囲い込みに必死だ」。技術者の流動化が一気に進む。...

関連企業の転職ニュース

... 車載用半導体センサーを製造するデンソー北海道(千歳市)は主力商品である吸気圧センサーの生産能力を2割引き上げる。数億円を投じて新ラインを設置。2017年初めから春ごろまでの稼働開始を見込む。これに合わせ、新ラインに必要な技能系正社員を30人ほど中途採用する。 ...
... デンソーや豊田自動織機などトヨタグループ5社の2016年度の採用計画が29日まとまった。デンソーは今年度見込み比2割増の1065人を計画し、7年ぶりに1000人を上回る。トヨタ紡織も5割近く増やす。新卒採用に加えて、中途採用や期間従業員から正社員への登用で即戦力を確保する動きが目立つ。 ...
...トヨタ自動車やデンソーなど最大手メーカーや地方の著名企業が、女性総合職や専門職に焦点を絞った中途採用を始めた。これは職場の女性の割合の低さを改善するのに、例外的に許されるポジティブアクションという手法だ。重要なポストに就く女性を増やし、多様な視点を取り込んで商品開発に生かす目的がある。...
...デンソーも理工系は8.3%増の365人を計画する。自動運転やAIの開発に携わる人材を獲得する。 ...
...マツダは自動運転関連の講座を外部公開し、中途採用につなげる。自動運転やつながる車など「CASE」をにらみ、重要さを増す車載ソフト開発の人材はIT(情報技術)大手など異業種とも争奪戦になっている。 ...
... マツダは24日、2019年春に入社する技能系の高校卒業者を310人採用する計画だと発表した。300人を超える技能系の高卒者は、11年度に331人を採用して以来の高い水準だという。...
...日産自動車は2022年度までに開発担当者500人を対象に専門教育を行う。マツダは自動運転関連の講座を外部公開し、中途採用につなげる。...

三菱自動車の職種別転職情報

事業構造

事業部 事業概要
自動車事業 国内外での独創的で存在感のある自動車の開発・製造・販売。モーターショーやモータースポーツへの参画。

三菱自動車について

会社概要

社名 三菱自動車工業株式会社
 本社所在地 東京都港区芝浦3−1−21 田町ステーションタワーS
 代表者 益子 修
 資本金 284,382百万円
 売上 25146
 従業員 31314
業界 自動車・輸送用機器

業績情報

直近の年間売上高
2兆5146億円
従業員あたりの売上
8030万円
売上業界ランキング
11位/113社
3年間の売上変化率
131.89%

主要企業の売上高の推移


会社名 2000年度 2001年度 2002年度 2003年度 2004年度 2005年度 2006年度 2007年度 2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
トヨタ自動車 12兆8796.00億円 13兆4245.00億円 15兆1063.00億円 16兆543.00億円 17兆2948.00億円 18兆5516.00億円 21兆370.00億円 23兆9481.00億円 26兆2893.00億円 20兆5296.00億円 18兆9510.00億円 18兆9937.00億円 18兆5837.00億円 22兆642.00億円 25兆6920.00億円 27兆2346.00億円 28兆4032.00億円 27兆5972.00億円 29兆3796.00億円 30兆2257.00億円
スズキ 1兆5212.00億円 1兆6003.00億円 1兆6683.00億円 2兆154.00億円 2兆1990.00億円 2兆3656.00億円 2兆7465.00億円 3兆1637.00億円 3兆5025.00億円 3兆49.00億円 2兆4691.00億円 2兆6083.00億円 2兆5122.00億円 2兆5784.00億円 2兆9384.00億円 3兆155.00億円 3兆1807.00億円 3兆1696.00億円 3兆7573.00億円 3兆8715.00億円
日産自動車 5兆9771.00億円 6兆897.00億円 6兆1963.00億円 6兆8286.00億円 7兆4293.00億円 8兆5763.00億円 9兆4283.00億円 10兆4686.00億円 10兆8243.00億円 8兆4370.00億円 7兆5173.00億円 8兆7731.00億円 9兆4091.00億円 8兆7374.00億円 10兆4826.00億円 11兆3753.00億円 12兆1896.00億円 11兆7201.00億円 11兆9512.00億円 11兆5743.00億円
マツダ 2兆1616.00億円 2兆159.00億円 2兆950.00億円 2兆3646.00億円 2兆9162.00億円 2兆6956.00億円 2兆9199.00億円 3兆2475.00億円 3兆4758.00億円 2兆5360.00億円 2兆1640.00億円 2兆3257.00億円 2兆331.00億円 2兆2053.00億円 2兆6923.00億円 3兆339.00億円 3兆4067.00億円 3兆2144.00億円 3兆4741.00億円 3兆5647.00億円
ホンダ(HONDA) -円 -円 7兆9715.00億円 8兆1626.00億円 8兆6502.00億円 9兆9080.00億円 11兆872.00億円 12兆29.00億円 10兆113.00億円 8兆5792.00億円 8兆9369.00億円 7兆9481.00億円 9兆8780.00億円 11兆8425.00億円 13兆3281.00億円 14兆6012.00億円 13兆9992.00億円 15兆3612.00億円 15兆8887.00億円 -円

主要企業の平均年収の推移


会社名 2000年度 2001年度 2002年度 2003年度 2004年度 2005年度 2006年度 2007年度 2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
トヨタ自動車 -万円 -万円 -万円 806万円 823万円 816万円 805万円 800万円 830万円 812万円 711万円 728万円 741万円 752万円 795万円 838万円 852万円 852万円 832万円 852万円
スズキ -万円 -万円 -万円 -万円 598万円 617万円 636万円 641万円 641万円 599万円 514万円 529万円 566万円 582万円 602万円 626万円 625万円 643万円 657万円 681万円
日産自動車 -万円 NaN万円 674万円 698万円 705万円 731万円 730万円 723万円 714万円 729万円 628万円 685万円 706万円 700万円 767万円 777万円 795万円 816万円 818万円 815万円
マツダ -万円 -万円 -万円 -万円 705万円 714万円 715万円 727万円 715万円 665万円 572万円 605万円 601万円 573万円 629万円 670万円 681万円 685万円 670万円 677万円
ホンダ(HONDA) -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 820万円 830万円 823万円 794万円 698万円 732万円 748万円 722万円 766万円 768万円 773万円 776万円 809万円 820万円

関連記事

三菱自動車工業株式会社の年収情報・業界ランキング
【2019最新】三菱自動車の年収は742万円!ボーナスや口コミを競合企業と比較してみた!有価証券報告書によると、三菱自動車の平均年収は742万円。平均年齢は41.3歳です。そこから推定される年間の平均ボーナスは約186万円、...
三菱自動車の売上高・業績
【2019年最新】三菱自動車の売上・業績を調査!四半期ごとの推移や、業界内のランキングを紹介!三菱自動車の最新の売上高は2兆5146億円。業界内でのランキングは、第11位です。 今回は、三菱自動車工業株式会社の売上や利益の業績情報...

三菱自動車の転職FAQ

公式サイトで公開されている、採用に関する質問と回答をまとめました。詳しくは公式サイトをご確認ください。

Q:応募資格に制限はありますか?
A:年齢・性別・国籍・職歴などに制限は設けておりませんが、職種ごとの応募要件を満たしていれば可能です。職務経歴などを拝見し、経験・専門性を考慮して総合的に判断いたします。
外国籍の方は長期に亘り日本国内で仕事をされる方が前提となります。
また、就労(ビザなど)に関する手続きはご本人に行っていただきます。
障がい者採用に関しては、障害者手帳をお持ちの方であればどなたでもご応募いただけます。
Q:応募書類の返却はできますか?
A:応募データや選考中にご提出いただきました書類につきましてはご返却いたしません。
お預かりいたしました個人情報につきましては、当社のキャリア採用にのみ使用し厳正な管理をさせていただいております。また、応募の秘密は厳守いたしますのでご安心ください。
Q:異業種からの応募は可能ですか?
A:自動車業界未経験者の方も歓迎です。
異業種ならではの経験を活かして活躍している社員も多数在籍しております。
Q:再度応募できますか?
A:前回残念ながら不合格とさせていただきました応募者の方にはご遠慮いただいております。
ただし前回の選考から1年以上経過されている方につきましてはご応募いただくことが可能です。
Q:応募から入社までの選考プロセスについて教えてください。
A:まずは、ご登録いただいた内容をもとに書類選考を行い、面談を実施させていただいた上で、最終的に採用者を決定させていただきます。
Q:面談のアポイントはどのようになっていますか?(スケジュール・会場など)
A:基本的にウィークデー(月~金)の9:00~17:00の間で1時間程度実施させていただきます。
会場は応募職種により当社拠点で行います。適宜こちらからご案内申し上げます。
また、海外での面談対応は行っておりません。
Q:異なる職種に併願できますか?
A:異なる職種への併願はできます。ただし、お一人さまにつき、1職種1回のご応募とさせていただいております。
当社にてご本人の経歴、適性をみて、他の職種にてオファーさせていただく可能性もございます。
Q:入社日の調整はできますか?
A:入社日については選考の段階からお話を伺います。内定後3カ月以内を目安とします。
当社としても柔軟に対応させていただきますが、実績としては内定後1~2カ月以内に入社していただくことが多いようです。