転職ノウハウ

【2020最新】三菱地所への転職を徹底分析。面接での質問や年収情報などからわかる転職難易度とは

この記事では、三菱地所への転職を考えている人向けに、年収などの水準、採用傾向求人が豊富な最適な転職サービス面接対策、それらをもとに総合的に判断した転職難易度を紹介しています。

この記事は、IR情報、口コミサイト、業界担当のキャリアアドバイザーへのヒアリング情報をソースとし、Careerbooksが独自に算出した難易度をもとに作成しています。
転職ツール選び。間違えてませんか?10秒転職ツール診断

間違った転職ツール選びはキャリアの失敗につながります。6問の質問に答えるだけで、あなたにあった転職ツールをチェックしよう。

現在の転職意欲は?(1/6問)
次へ

三菱地所に転職成功する方法

転職エージェントで対策を万全に

転職エージェントは、その時々の各企業の採用状況から、どのような企業にどのような人が採用されやすいかまで、詳しいデータを保有しています。また、三菱地所のような企業は重要なポジションは転職エージェントにしか扱えない非公開求人で採用していることも多いため、そういう意味でもエージェントの利用はマストです。まずは無料の求人紹介を受けてみて、求人状況や採用傾向を確認してみましょう

  • 地方に強い
  • 求人数No1
  • 大手に強い

求人数ダントツNo1。全ての人におすすめ

全国で求人数が圧倒的に多く、多くの転職者がまず使うサービス。大企業にも強く、キャリアブックが調査した上場企業3000社のうち、直近1年で半数近くの企業の求人を掲載している。

企業名 掲載職種
三菱地所株式会社 ・開発・エンジニア・設計
・マーケティング
・その他
積水ハウス株式会社 ・その他
・開発・エンジニア・設計
大東建託 ・広報
・営業・セールス
大和ハウス工業株式会社 ・その他
・開発・エンジニア・設計

リクルートに無料登録

三菱地所の基本情報

転職先の組織や事業状態を把握しておくことは非常に重要です。転職・求人の情報の前に、まずはIR情報から、三菱地所の売上規模や年収情報をご説明します。

会社規模

順位 会社名 売上高
1位 大和ハウス 4兆1435億円
2位 積水ハウス 2兆1603億円
3位 三井不動産 1兆8612億円
4位 大東建託 1兆5912億円
5位 飯田グループホールディングス 1兆3450億円
6位 住友林業 1兆3089億円
7位 三菱地所 1兆2633億円
8位 SGホールディングス 1兆1181億円

売上は業界で第7位

不動産・住宅・建材業界の企業内での三菱地所の売上ランキングの順位は第7位です。

年収情報

平均年収
1247万円
平均年齢
41.2歳
全体ランキング
26位/3400社
業界内ランキング
3位/177社

年収と勤続年数の傾向



年収は上位1%の高水準

全国の上場企業約3000社を対象にした平均年収の調査において、三菱地所の平均年収1247万円は、上位1%の高水準です。また全国3000社の上場企業の平均年収の中央値は650万円前後となっています。

勤続年数は平均より長め

三菱地所の平均勤続年数16.25年は、全国の上場企業約3000社を対象にした平均年収の調査において、平均より長めとなっています。また全国3000社の上場企業の勤続年数の中央値は11年前後です。

失敗しないための転職ツール診断

間違った転職ツール選びはキャリアの失敗につながります。6問の質問に答えるだけで、あなたにあった転職サイトをチェックしよう。

10秒診断スタート

三菱地所の面接情報

面接・選考の流れ

STEP1
書類選考(SPI/適正診断)
三菱地所への転職では、まず書類選考が実施されます。これまでの職歴や志望動機など、内容は基本通りのものになりますが、第二新卒の場合、簡単な適正診断等がおこなれる可能性はあります。
STEP2
面接(2~4回)
書類選考に通過すると次は面接です。人事面接→現場社員面接→役員面接と、基本的には複数回に渡って面接が行われるようですが、ポジションによっても変化すると思われます。(人事面接が最後のパターンもあります)
STEP3
内定・入社
面接を通過すれば内定が出ます。その後、条件などの入社交渉を行ないます

面接の口コミ

キャリコネより、三菱地所の選考関連の口コミを一部ご紹介します。口コミが気になる方は、詳しくはキャリコネをご参考ください。

部署:営業部
役職:法人営業

今までで衝撃的だったこと

回答
出身地の地方から上京してきて多様な価値観に触れたときに衝撃を受けました。今まで自分があたりまえだと思っていたものが覆されました。

キャリコネはこちら

三菱地所に転職成功する方法

転職エージェントで対策を万全に

転職エージェントは、その時々の各企業の採用状況から、どのような企業にどのような人が採用されやすいかまで、詳しいデータを保有しています。また、三菱地所のような企業は重要なポジションは転職エージェントにしか扱えない非公開求人で採用していることも多いため、そういう意味でもエージェントの利用はマストです。まずは無料の求人紹介を受けてみて、求人状況や採用傾向を確認してみましょう

  • 地方に強い
  • 求人数No1
  • 大手に強い

求人数ダントツNo1。全ての人におすすめ

全国で求人数が圧倒的に多く、多くの転職者がまず使うサービス。大企業にも強く、キャリアブックが調査した上場企業3000社のうち、直近1年で半数近くの企業の求人を掲載している。

企業名 掲載職種
三菱地所株式会社 ・開発・エンジニア・設計
・マーケティング
・その他
積水ハウス株式会社 ・その他
・開発・エンジニア・設計
大東建託 ・広報
・営業・セールス
大和ハウス工業株式会社 ・その他
・開発・エンジニア・設計

リクルートに無料登録

転職ツール選び。間違えてませんか?10秒転職ツール診断

間違った転職ツール選びはキャリアの失敗につながります。6問の質問に答えるだけで、あなたにあった転職ツールをチェックしよう。

現在の転職意欲は?(1/6問)
次へ

三菱地所の総合転職難易度

様々な情報から、Careerbookが調査した上場企業3000社の中での相対的な三菱地所への転職難易度を総合的に評価したところ、転職難易度は「S:難易度は最上位クラス」になりました。

企業人気度 人気企業
中途採用について 勤続年数はかなり長めで、中途採用文化は少なめ
競争率について 上場企業でもかなりの高年収。かなり競争率が激しく難易度は高い
総合難易度 S:難易度は最上位クラス

あくまでもこれは会社全体としての傾向です。職種やポジションによって実際は異なりますし、どのような経験を持った人材を採用しているかは、その時々で常に変化しています。
転職サービスを利用して情報収集を欠かさず行い、タイミングをつかんでより良い転職ができるようにしましょう。

業界別難易度ランキング

順位 会社名
1位 野村不動産ホールディングス
2位 三菱地所
3位 三井不動産
4位 積水ハウス
5位 TOTO
6位 大建工業
7位 日本商業開発
・・・・・・・・
175位 カチタス

不動産・住宅・建材業界では転職難易度は第2位

不動産・住宅・建材業界の企業内での三菱地所の年収ランキングは第2位です。
不動産・住宅・建材業界の年収第1位は野村不動産ホールディングス、第2位は三井不動産、第3位は積水ハウスとなっています。

このランキングは、人気度や最近の採用の傾向。平均年収から算出する競争率などから総合的にCareerbooks独自で作成したものです。精度は向上するように務めておりますが、一部企業は情報不足により不確かな状態です。あくまで参考値としてご理解ください。

三菱地所の転職ニュース

三菱地所の転職ニュース

… 三菱地所は10月から副業として働きたい人の公募を始める。…
…三菱地所は9日、2014~16年度に東京・丸の内の再開発などに最大9千億円を投資すると発表。リーマン・ショック後、低迷が続いてきた賃料の引き上げも打ち出した。三井不動産も日本橋の大型再開発を加速する。…
…三菱地所が今年、安めにしていた既存ビルの新規募集賃料を5~10%引き上げるなど、ビルオーナーが募集賃料を引き上げる動きが出てきた。 入居企業は事業を拡大するため複数の拠点や部署を1カ所に統合し、組織の連携を強めようとしている。中途採用や事業拡大で従業員が増え、広い面積が必要となった。…

三菱地所の職種別転職情報

事業構造

事業部 事業概要
コマーシャル不動産事業 国内における不動産(住宅を除く)の開発・運営。またそれに関連する事業全般を担う。
住宅事業 お客様一人ひとりにとっての住まいの価値住宅の開発から賃貸管理までトータルサポート。
海外事業 国内外における事業実績とネットワークを活かして、各拠点で不動産賃貸・開発事業を展開する。
投資マネジメント事業 不動産での資産運用を考える世界各国の投資家に対する幅広い運用サービスの提供を行う。
設計管理事業 建築・土木の設計・監理、リノベーション業務、都市・地域開発関連業務、コンサルティング業務等を行う。
不動産サービス事業 事業用不動産の売買仲介や賃貸借仲介、不動産の有効活用のコンサルティングまで幅広く担う。
営業機能 不動産全般の問題を総合的に診断し、企業価値向上に向け、最適な解決方法を提案。
コマーシャル不動産事業 国内における不動産(住宅を除く)の開発・運営及び関連する事業全般を担う組織として、プロジェクト推進の競争力を強化。
海外事業 米国・欧州・アジアで不動産賃貸・開発事業を展開。
設計監理事業 建築・土木の設計・監理、都市・地域開発関連業務、各種コンサルティング業務など幅広く行う組織。
住宅事業 住まいのバリューマネジメントとして、住宅の開発、賃貸管理のサポートを実践。
投資マネジメント事業 不動産での資産運用を考える世界各国の投資家に対して、投資マネジメントサービスをグローバルに提供。
不動産サービス事業 事業用不動産の売買仲介、賃貸借仲介、不動産の有効活用のコンサルティング。
新事業創出機能

職種紹介

法人営業

業務内容

企業として利用するオフィスや倉庫の物件仲介がメインの業務です。エリアや周辺環境、社員数など顧客や企業のニーズに合ったオフィス賃貸のサポート業務や法人向け物件(店舗・倉庫・施設など)の売買仲介業務、投資目的や節税対策における不動産売買のサポート業務を行います。

必要なスキル・資格

必須となる資格はありませんが、宅地建物取引士やFP技能検定、不動産鑑定士やマンション管理士などの資格を保有していると、業務を進める上で役立ちます。また、顧客と接する機会が多いためコミュニケーション能力が必要です。不動産業界に限らず、他業界・他業種での営業経験が役立ちます。

個人営業

業務内容

自社で保有している戸建て住宅や土地、投資用マンションの不動産販売や賃貸アパートやマンションの賃貸契約を行う不動産賃貸仲介業務、個人・企業が所有する不動産を販売する不動産販売仲介業務を行います。不動産販売・不動産販売仲介ではテレアポや飛び込みでの新規開拓、不動産賃貸仲介では訪れた顧客へのヒアリング・提案・手続きが主な営業手法です。

必要なスキル・資格

宅地建物取引士は不動産業界において市場価値の高い資格であるため、仕事の幅を広げる際やキャリアアップに役立ちます。そのほか、不動産鑑定士・FP技能検定の資格も役立ちます。コミュニケーション能力が必要となるため、接客や営業の実務経験が必要とされることもあります。

企画・開発(仕入れ、企画、開発)

業務内容

土地をいかに有効利用するかを見極め、新たな付加価値を持つ不動産を築き上げるため、戸建て住宅の分譲や古いビルの建て直し、駅の再開発など不動産の企画・開発業務を行います。建物の収益化のため、エリア人口や最寄り駅の乗降者数、立地条件などを分析した上で開発を進めます。

必要なスキル・資格

国家資格である宅地建物取引士や、不動産鑑定士の資格が役立ちます。市場動向やマーケティング調査による素早い情報収集能力と、大きなプロジェクトを担う企画力が求められます。また、プロジェクトに関わる多くの人と関係性を築く必要があるため、コミュニケーション能力も求められます。

管理(ビル・マンション等)

業務内容

管理するビル・マンション入居者からのトラブル・クレーム対応や管理物件の破損・劣化等を修復するメンテナンスや定期点検、ビル・マンションのオーナー対応業務を行います。管理しているビル・マンションに空室が発生した際には、空室を周知するためにチラシを配布したり、フリーペーパーやポータルサイトに掲載するといった広告活動も行います。

必要なスキル・資格

必須となる資格はありませんが、国家資格である宅地建物取引士の他、賃貸不動産経営管理士・マンション管理士・管理業務主任者などの資格を保有していると、入居者やオーナーからの信頼感アップにつながり、業務を円滑に行うことができます。

アセットマネージャー

業務内容

不動産を所有・所有の検討をしている投資家のニーズを把握し、投資資産の管理・運用を代理で行います。資産価値の維持や向上を行うため、綿密な調査を重ねて不動産の選定・取得をした上で、取得した不動産から安定的な賃料が得られるように運用します。管理・運用するよりも売却で利益が得られる場合は、売却対応も行います。

必要なスキル・資格

必須な資格はありませんが、アセットマネージャーとしての実務経験や実績・成果が求められます。また、不動産・建築・金融分野での幅広い知識も必要とされます。不動産鑑定士・不動産証券化協会認定マスター・証券アナリスト・宅地建物取引士・認定アセットマネージャー国際資格などを保有していれば、業務で活かすことができます。

三菱地所について

会社概要

社名 三菱地所株式会社
 本社所在地 東京都千代田区大手町1−1−1 大手町パークビル
 代表者 吉田 淳一
 資本金 141,898百万円
 売上 12633
 従業員 9439
業界 不動産・住宅・建材

業績情報

直近の年間売上高
1兆2633億円
従業員あたりの売上
13384万円
売上業界ランキング
7位/186社
3年間の売上変化率
112.25%

主要企業の売上高の推移


会社名 2000年度 2001年度 2002年度 2003年度 2004年度 2005年度 2006年度 2007年度 2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
三菱地所 6310億円 6316億円 6818億円 6800億円 7754億円 8443億円 9477億円 7877億円 9427億円 1兆135.00億円 9885億円 1兆131.00億円 9272億円 1兆753.00億円 1兆1103.00億円 1兆95.00億円 1兆1255.00億円 1兆1941.00億円 1兆2633.00億円 -円
野村不動産ホールディングス -円 -円 -円 -円 -円 3459億円 3504億円 3673億円 4115億円 4487億円 4343億円 4810億円 4509億円 5178億円 5321億円 5672億円 5696億円 5697億円 6238億円 6686億円
東京建物 -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円 2670億円 2734億円 -円
三井不動産 1兆1949.00億円 1兆1931.00億円 1兆1525.00億円 1兆824.00億円 1兆1029.00億円 1兆1114.00億円 1兆1593.00億円 1兆2292.00億円 1兆3601.00億円 1兆4190.00億円 1兆3849.00億円 1兆4053.00億円 1兆3382.00億円 1兆4457.00億円 1兆5153.00億円 1兆5291.00億円 1兆5680.00億円 1兆7045.00億円 1兆7512.00億円 1兆8612.00億円
東急不動産ホールディングス -円 4889億円 4945億円 5087億円 5084億円 5404億円 5587億円 5736億円 6335億円 5744億円 5521億円 5715億円 5569億円 5959億円 7141億円 7732億円 8155億円 8086億円 8662億円 9019億円
住友不動産 -円 4593億円 4979億円 5340億円 5739億円 6162億円 6466億円 6769億円 6920億円 6953億円 7197億円 7448億円 6887億円 7367億円 7803億円 8069億円 8550億円 9252億円 9485億円 1兆133.00億円

主要企業の平均年収の推移


会社名 2000年度 2001年度 2002年度 2003年度 2004年度 2005年度 2006年度 2007年度 2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
三菱地所 969万円 996万円 989万円 999万円 1000万円 997万円 999万円 998万円 1101万円 1140万円 1096万円 1044万円 1102万円 1089万円 1108万円 1130万円 1163万円 1190万円 1229万円 1247万円
野村不動産ホールディングス -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 1162万円 1181万円 1071万円 1007万円 941万円 1173万円 934万円 996万円 1016万円 952万円 1014万円 1023万円 -万円
東京建物 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 983万円 956万円 918万円 959万円
三井不動産 -万円 1033万円 993万円 1008万円 1013万円 1034万円 1038万円 1157万円 1135万円 1097万円 1103万円 1108万円 1100万円 1103万円 1102万円 1121万円 1128万円 1141万円 1112万円 1263万円
東急不動産ホールディングス -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 961万円 1004万円 1088万円 1116万円 1092万円 955万円 963万円 951万円 982万円 1042万円 1213万円 1214万円 1179万円 1195万円 1114万円
住友不動産 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 677万円 686万円 672万円 652万円 647万円 626万円 620万円 609万円 627万円 647万円 639万円 633万円 644万円 650万円 662万円

関連記事

三菱地所株式会社の年収情報・業界ランキング
【2020最新】三菱地所の年収は?職種や年齢別の給与・ボーナス・評価制度などまとめ!有価証券報告書によると、三菱地所の平均年収は1247万円。平均年齢は41.2歳。不動産・住宅・建材業界の年収ランキングは3位となっていま...
三菱地所の売上高・業績
【2019年最新】三菱地所株式会社の売上・業績を調査!四半期ごとの推移や、業界内のランキングを紹介!三菱地所の最新の売上高は1兆2633億円。業界内でのランキングは、第7位です。 今回は、三菱地所株式会社の売上や利益の業績情報を、競合企...

三菱地所の転職FAQ

公式サイトで公開されている、採用に関する質問と回答をまとめました。詳しくは公式サイトをご確認ください。

Q:応募に当たって必要な公的資格はありますか?
A:応募時点で必要な資格等はありません。各種公的資格に関しては、選考時にそれぞれ参考にさせていただきます。
なお、「宅地建物取引主任者」は入社後速やかに取得していただきます。
Q:以前応募したことがあるのですが、再チャレンジは可能ですか?
A:応募可能です。
Q:最初の勤務地はどこになりますか?また、勤務地を限定して勤務することは可能ですか?
A:最初の勤務地は原則首都圏になります。(その後は異動により、国内拠点・海外拠点に転勤いただく可能性があります。)
尚、入社5年が経過して以降、勤務地限定制度(勤務地を採用地に限定する制度)を利用することができます。
Q:海外で勤務することはありますか?
A:海外の拠点は、ニューヨーク・ロンドン・シンガポール・上海・台湾があり、海外で勤務する可能性がございます。
Q:配属部署を希望できますか?
A:入社時の配属にあたっては、現在お勤めの業務内容や経験、ご希望を参考にさせていただきながら、人事部で決定いたします。なお、入社後については、年1回実施している「人事面談」でキャリアプランや異動希望について人事部員が社員一人一人とコミュニケーションを取らせていただいています。
なお、総合職という職掌での募集になりますので職務内容は限定されません。異動により様々な職務をご担当いただく可能性があります。
Q:入社支度金はありますか?
A:ありません。
Q:入社日はいつになりますか?
A:現在の状況などをご相談しながら、個別に決めていきたいと考えています。
Q:採用予定は何人ですか?
A:予定人数は定めていません。