年収比較

【2019最新】マツダの年収は?職種や年齢別の給与・ボーナス・評価制度などまとめ!

マツダの年収情報・業界ランキング

有価証券報告書によると、マツダの平均年収は680万円平均年齢は41.1歳自動車・輸送用機器業界の年収ランキングは33位となっています。
また、統計情報から推定される年間の平均ボーナスは約170万円平均月収は43万円です。

今回はマツダの競合企業との比較職種、役職ごとの年収事例や、初任給・ボーナスなどの事例などをまとめました。是非ご覧ください。

※この記事の平均年収や、福利厚生などは、「有価証券報告書」や、企業が発表している情報、口コミサイトなどの意見を元にまとめた情報です。一般的な平均年収に関する統計情報は、厚生労働省などが公表している賃金構造基本統計調査や、業界団体が提出している資料を参考に、企業を客観的に比較するための推定値として利用しています。是非、こちらをご理解いただいた上で、ご参考ください。

目次

マツダの年収情報まとめ

基本情報

平均年収
680万円
平均年齢
41.1歳
月収(推定)
43万円
ボーナス(推定)
170万円

平均年収は680万円。平均年齢は41.1歳

有価証券報告書によると、マツダの平均年収は680万円、平均年齢は41.1歳となっています。それらの数値を元に、統計を元にした独自の計算式に基づく想定の月収は43万円。ボーナスは年二回合計で170万円前後と予想されます。

年収事例

マーケティング 在籍10〜15年 の年収例
1050万円
技術職 在籍3〜5年 の年収例
450万円
製造 在籍10〜15年 の年収例
500万円

年収と勤続年数の傾向



年収は上位30%の高水準

全国の上場企業約3000社を対象にした平均年収の調査において、マツダの平均年収680万円は、上位30%の高水準です。また全国3000社の上場企業の平均年収の中央値は650万円前後となっています。

勤続年数は平均より長め

マツダの平均勤続年数16.4年は、全国の上場企業約3000社を対象にした平均年収の調査において、平均より長めとなっています。また全国3000社の上場企業の勤続年数の中央値は11年前後です。

スポンサーリンク

マツダの年収のランキング

業界別・上場企業内でのランキング

順位 会社名 平均年収
1位 IJTT 1,006万円
2位 ヤマハ 935万円
3位 FPG 832万円
4位 ホンダ(HONDA) 819万円
5位 デンソー 816万円
6位 日産自動車 815万円
・・・・・・・・
28位 曙ブレーキ工業 694万円
29位 ユタカ技研 692万円
30位 ウェッズ 682万円
31位 スズキ 681万円
32位 新明和工業 681万円
33位 マツダ 680万円
34位 シーアールイー 677万円
35位 プレス工業 675万円
36位 エフ・シー・シー 675万円
37位 芦森工業 671万円
38位 日野自動車 667万円
・・・・・・・・
109位 エイケン工業 376万円
順位 会社名 平均年収
1位 M&Aキャピタルパートナーズ 2,478万円
2位 キーエンス 2,110万円
3位 GCA 2,063万円
4位 ボストンコンサルティング(BCG) 1,860万円
5位 三菱ケミカルホールディングス 1,738万円
6位 ヒューリック 1,636万円
・・・・・・・・
904位 バンドー化学 681万円
905位 ニレコ 681万円
906位 エイアンドティー 681万円
907位 藤倉化成 681万円
908位 昭光通商 681万円
909位 マツダ 680万円
910位 クレハ 680万円
911位 日医工 680万円
912位 日工 680万円
913位 オプトホールディング 680万円
914位 ナカノフドー建設 680万円
・・・・・・・・
3314位 トスネット 260万円
※こちらの情報は、おもに有価証券報告書にて掲載されている年収情報を参考に、約3000社のデータベースを制作して算出しています。

自動車・輸送用機器業界では第33位

自動車・輸送用機器業界の企業内でのマツダの年収ランキングは第33位です。
自動車・輸送用機器業界の年収第1位はIJTT、第2位はヤマハ、第3位はFPGとなっています。
自動車・輸送用機器業界のランキング一覧はこちら

有力企業全体で第909位

CareerBookが調査した有名企業約3000社の中で、マツダの年収順位は第909位です。
有力企業全体での年収第1位はM&Aキャピタルパートナーズ、第2位はキーエンス、第3位はGCAとなっています。

マツダの職種別年収

営業職・開発職などの年収事例

職種グループ 職種 平均年収
営業・ビジネス職 営業 400万円~600万円
企画職 マーケティング 500万円~1000万円
事務・専門職 事務 400万円~700万円
開発・エンジニア 開発 500万円~800万円
設計 500万円~700万円
生産・製造技術 400万円~750万円

営業の年収は400万円~600万円
開発の年収は500万円~800万円

口コミ情報を参考に、マツダの一般的な職種別の年収情報をまとめました(部長・課長級は除く)。
営業・ビジネス職、企画職、事務・専門職、開発・エンジニアなどの職種の年収情報が報告されています。例として、営業職の年収は400万円~600万円。開発職の年収は500万円~800万円となっています。
ただしあくまで一般的な水準であり、人によっては、上記よりも大きな年収をもらっているケースはあるようです。

年収に関する口コミ情報

CB編集者
CB編集者
基本的に残業代はつかないマーケティングでも、成果を上げれば10年でアシスタントマネージャーになり、給与はかなりの高水準になります。
新卒入社 事務 男性
新卒入社 事務 男性
普通に仕事してれば昇格や昇給が行われるが、開発職など役職のポストが少ないところは役職につかないまま定年の人も多い。
新卒入社 物流 男性
新卒入社 物流 男性
事務系職種は基本的に残業をしない。また、年次で昇給するのである程度安定した収入は見込める。
中途入社 製造 男性
中途入社 製造 男性
現場で働く人は残業の有無で大幅に月収が変わる。忙しい時はいいが、忙しくないときは厳しい印象である。
元社員
元社員
職位が上がれば確実に給与が増えるので、給与に関しては不満は感じていない。
元社員
元社員
年に一回、昇給がある。半期ごとの評価に基づき、昇給額とボーナスの額が決定される。

※参考:Open Work, カイシャの評判など

スポンサーリンク

マツダの初任給・新卒の給与

学部卒・院卒・高卒の年収

学位 初任給(月給)
大学院卒業 23万500円
大学学部卒業 20万8500円
高校卒業

マツダの新卒採用・採用ページを参考に、新卒の初任給の情報をまとめました。
サイトによると、初任給は学部卒で20万8500円、大学院卒で23万500円となっています。

初任給に関する口コミ情報

CB編集者
CB編集者
年2回のボーナス(7月、12月)が支給されます。更に通勤手当、時間外勤務手当が支給されます。
新卒入社 設計 男性
新卒入社 設計 男性
入社6年目役職につかないあいだはほぼ横ばいである。役職がついてから、役職手当と残業代で安定した収入となる。
新卒入社 生産技術 男性
新卒入社 生産技術 男性
若いうちは生活が厳しい。30歳手前でようやく大幅な昇給となる。
新卒入社 マーケティング 男性
新卒入社 マーケティング 男性
一応成果主義の賃金制度をうたっているが、若いうちは年功序列が非常に強い。成果は収入にほとんど影響しない。

※参考:Open Work, カイシャの評判など

マツダの役職・年次別年収

一般職から部長職の年収の事例

役職 年次 年収
一般社員 1~10年 400万円~1000万円
課長クラス 10年~20年 1000万円~1050万円
部長クラス 20年目~ 1100万円~

部長クラスの年収は1100万円~

口コミを元に、マツダの役職別、年齢別に年収をまとめました。マツダの役職別の年収は、一般社員で400万円~1000万円程度から始まり、部長クラスになると、1100万円~ほどに到達するそうです。
なお、年収の内訳は基本給+残業代+ボーナスで、年次は目安となっています。

役職別の年収口コミ情報

CB編集者
CB編集者
10年を超えると実力により昇進していきます。主任昇格時で月収30万円強、幹部社員昇格時で40万円強にリセットされ、そこからは年次昇給や役職手当が付与されます。
新卒入社 研究 男性
新卒入社 研究 男性
係長クラスで年収700万円、課長クラスで年収1000万円に到達する。
新卒入社 開発 男性
新卒入社 開発 男性
入社から10年間は年功序列で昇給していくが、その後から若干評価が関わる。成績による大幅なベースアップはあまり期待できない。
中途入社 技術 男性
中途入社 技術 男性
ある程度成績を残せられたら、30歳代前半で主査クラスに昇進し基本給40万円プラス残業代となる。
スポンサーリンク

その他ボーナスや福利厚生など

ボーナスや昇給制度について

マツダのボーナスや昇給制度などの情報をまとめました。

ボーナス 年2回
評価 半期ごとに上司と面談
昇給 年1回
新卒入社 製造 男性
新卒入社 製造 男性
賞与はおよそ5か月分だが業績によって変動がある。リーマンショック時は3か月程まで減少した。
新卒入社 技術 男性
新卒入社 技術 男性
他の自動車メーカーに比べ賞与の額は少ない。組合と会社が協議して賞与を決定する。
中途入社 開発 男性
中途入社 開発 男性
コンスタントに昇給していくには3年おきに昇給しなければならない。
元社員
元社員
年額120万円。
元社員
元社員
年額120万円。
元社員
元社員
半期に一度、上司とのミーティングがあり、部門ごとに4段階の評価が行われる。
元社員
元社員
直属の上司と半期ごとに面談を行い、上司が、面談の内容について、さらに課長や部長と話し合う。部の中で評価の枠が決まっており、評価には不公平感がある。

※参考:Open Work, カイシャの評判など

福利厚生や諸手当、休暇について

マツダの福利厚生や休暇などの情報をまとめました。

諸手当 通勤手当など
休日・休暇 完全週休2日制(土日)
年間休日121日(年末年始、5月、8月に大型連休)
有給休暇、特別休暇(結婚、忌引、出産など)
福利厚生 寮、選択型福利厚生制度「マツダフレックスベネフィット」
車両購入時割引制度、車両購入融資制度、
社員持株制度、総合体育館、財形貯蓄制度
共済会(互助)、社宅(防府地区のみ) 他
勤務時間 9:00~17:45、または8:15~17:00 (昼休憩45分間)

参考サイト

新卒入社 事務 男性
新卒入社 事務 男性
手当は少ない。年間5万800円分のベネフィットポイントが支給される程度である。
新卒入社 開発 男性
新卒入社 開発 男性
間接職では出向手当や、単身赴任手当、規制手当が支給される。また海外であればハードシップ手当が支給される。
新卒入社 製造 男性
新卒入社 製造 男性
時間外手当や深夜手当が支給される。しかし家族手当や住宅手当は無い。

マツダの働き方・企業文化・残業

環境・社風・成長・残業

環境 福利厚生の満足度は高い。自由に使える独自のポイント制や託児所など。
社風 部門間のコミュニケーションが活発で風通しが良くオープン。
成長 豊富な教育制度と、能力開発・人材管理の評判が高い。
残業 20時以降は原則として残業禁止。ワークライフバランスの実現が可能。

福利厚生について

独自のポイント制度の評価が高い

基本的に、福利厚生は充実していて、満足度は非常に高いです。

特に、マツダ(MAZDA)はマツダフレックスベネフィット」という独自のポイント付与制度を導入しており、毎年付与されるポイントを様々な用途に使用できるようです。
例えば、自己研鑽費や、居住費、機材や書籍の購入、旅行などです。

託児所や独身寮も充実

その他にも、社内に託児所施設、独身寮(寮内にはフィットネス施設や食堂なども完備)、サークル活動などもあるようです。

社風について

社内コミュニケーションが活発

マツダ(MAZDA)は、風通しが良く和気あいあいとした風土が整っているようです。
部門間の壁が薄くコミュニケーションが活発で、風通しが良くオープンな社風と言えます。多くの社員が車が好きで、熱意溢れる職場環境のようです。

成長環境について

人材配置が最適化されたマネジメントが魅力

マツダ(MAZDA)は、教育制度や人事制度が優れているようです。
特に、適材適所を実現する人材配置の最適化の評判が高いです。従業員が最大限の能力を引き出せるよう、「選択と自己実現亅「ワークライフバランスの促進」「人・仕事・処遇の最適なマッチング」を軸としたマネジメントが浸透しているようです。

残業について

20時以降は残業禁止

ワークライフバランスへの取り組みに積極的です。
職種によりますが残業時間は少な目で、平均月20時間ほどであるそうです。20時以降の残業は原則禁止で、ほとんどの社員が20時前には退社するようです。
また、フレックスタイム制も導入しており、好きな時間に出勤できるようです。マツダの詳しい転職情報はこちら

スポンサーリンク

平均年収などの推移

平均年収・平均年齢・平均勤続年数の推移




年度 平均年収 平均年齢 従業員数 平均勤続年数
2019年 677万円 41.1歳 49998人 16.4年
2018年 670万円 41歳 49755人 16.3年
2017年 685万円 40.9歳 48849人 16.2年
2016年 681万円 40.5歳 46398人 16年
2015年 670万円 40.4歳 44035人 16年
※月収やボーナスは、厚生労働省発表の「賃金構造基本統計調査」を元に基づく推定
※ボーナスは年に2回。1回につき2ヶ月分として算定。

平均年収は直近数年で+1.04%上昇

マツダの直近の平均年収、平均年齢、勤続年数の推移をまとめました。2015年から2019年にかけて、マツダの平均年収は約1.04%上昇傾向にあります。これは、金額ベースでは約7万円の変化となっています。また、平均年齢の2015年から2019年にかけて約1.73%上昇、平均勤続年数は、約2.5%と上昇傾向にあります。

自動車・輸送用機器業界の主要企業の比較

主要企業の平均年収の推移


会社名 2000年度 2001年度 2002年度 2003年度 2004年度 2005年度 2006年度 2007年度 2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
トヨタ自動車 -万円 -万円 -万円 806万円 823万円 816万円 805万円 800万円 830万円 812万円 711万円 728万円 741万円 752万円 795万円 838万円 852万円 852万円 832万円 852万円
スズキ -万円 -万円 -万円 -万円 598万円 617万円 636万円 641万円 641万円 599万円 514万円 529万円 566万円 582万円 602万円 626万円 625万円 643万円 657万円 681万円
日産自動車 -万円 NaN万円 674万円 698万円 705万円 731万円 730万円 723万円 714万円 729万円 628万円 685万円 706万円 700万円 767万円 777万円 795万円 816万円 818万円 815万円
マツダ -万円 -万円 -万円 -万円 705万円 714万円 715万円 727万円 715万円 665万円 572万円 605万円 601万円 573万円 629万円 670万円 681万円 685万円 670万円 677万円
ホンダ(HONDA) -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 820万円 830万円 823万円 794万円 698万円 732万円 748万円 722万円 766万円 768万円 773万円 776万円 809万円 820万円

マツダについて

会社について

会社概要

社名 マツダ
本社所在地 広島県安芸郡府中町新地3−1
会社URL http://www.mazda.co.jp/
代表者 丸本 明
資本金 283,957百万円
売上 35647
 従業員 49998
業界 自動車・輸送用機器

企業理念

カーライフを通じて人生の輝きを人々に提供します

マツダのブランドエッセンスは「走る歓び」です。私たちマツダがお届けする「走る歓び」とは、単にクルマの走行性能だけではありません。マツダを選ぶことが、自信と誇りにつながる。マツダに乗るたびに、新たな挑戦へと向かう活力が生まれる。クルマだけでなく、マツダに触れる全ての場面が、動くことへの感動を呼び起こし、心がときめく。これら全てが、マツダがお届けしたい「走る歓び」なのです。

事業内容

国内シェアNo.6の大手自動車メーカー。低燃費の性能高いエンジンが強み。

マツダ(MAZDA)は、国内自動車販売台数で6番手を誇る大手自動車メーカーです。自動車製造以外にも、様々な事業を手掛けています。
また、海外展開にも積極的で、売上の約90%が海外事業で、グローバル企業と言えます。

主な事業内容は以下の通りです。

  1. 自動車の販売・製造
  2. 中古車の販売
  3. オートリース(主に法人向けに自動車の貸出事業)

低燃費で動力性能が高いエンジンが強みで、マツダ独自のブランド構築に注力しています。
また、トヨタと業務資本提携を結んでいます。

3.5兆円の売上。右肩上がりに成長。

2019年3月期の売上高は、前年比+2.6%の3兆5,647億円です。

2012年は2兆円の売上高でしたが、近年は快調に業績を伸ばし、3.5兆円までに至る勢いで成長をしています。
グローバルでの販売台数の増加が主な成長要因です。

マツダの年齢別の推定年収

統計情報
マツダの平均年齢は、41.1歳です。平均年収は680万円です。
このことから、厚生労働省が出している年収データ、及び職種ごとの年収比率データを元に、マツダの職種、性別、年代別の推定年収を算出しました。

年齢 マツダ推定年収
20代 403~469万円
30代 548〜616万円
40代 680〜748万円
50代 795〜808万円
60代 490〜569万円

20代の推定平均年収:403〜469万円

一般的な企業の20代前半~後半の平均年収は193〜225万円です。20代の社員はまだ社歴が若いため、全体の平均年収よりも低い傾向にあります。
このことから、マツダの20代の平均年収は、403〜469万円と想定されます。

30代の推定平均年収:548〜616万円

マツダの30代の平均年収は、548〜616万円だと想定されます。
一般的な企業の30代の平均年収は263〜295万円となっており、20代の前半から30代の後半に掛けて、100万円以上も昇給があるものの、まだまだ全体成長過程といえます。

40代の推定平均年収:680〜748万円

一般的な企業の40代の平均年収は326〜359万円となっています。年功序列形式の企業が多いため、40代で年収が上限に近くなってきています。
対して、マツダの40代の平均年収は、680〜748万円です。

50代の推定平均年収:795〜808万円

マツダの50代の平均年収は、795〜808万円だと思われます。
一般的な企業の50代の平均年収は381〜387万円となっています。年収はピークに達し、50代での年収の増加は、あまり見込めないようです。

60代の推定平均年収:490〜569万円

マツダの60代の平均年収はおよそ490〜569万円、一般的な企業の60代の平均年収は235〜273万円です。
50代で年収はピークを迎え、減少傾向になります。

マツダの男女別の推定年収

厚生労働省が発表している、男女ごとの平均年収の分布を元に、マツダの職種ごとの平均年収を推定してみました。

男性 女性
マツダ推定 749万円 545万円
平均 337.6万円 245.7万円

男性の推定平均年収:749万円

2019年現在、厚生労働省が発表している資料によると、男性の平均年収は337.6万円と、女性よりも約1.4倍の開きがあります。
マツダの従業員の男女比は明らかにはされていませんが、仮に1:1の割合とすると、マツダの平均年収は749万円です。

女性の推定平均年収:545万円

一般的な女性の平均年収は245.7万円。マツダの平均年収は、約545万円だと推定されます。

マツダの役職別の推定年収

厚生労働省が発表している、役職ごとの平均年収の分布を元に、マツダの職種ごとの平均年収を推定してみました。

一般社員級 係長級 課長級 部長級
マツダ推定 481万円 890万円 1192万円 1465万円
平均 216.8万円 401万円 536.8万円 659.8万円

一般社員の推定年収:481万円

一般社員の平均年収は、係長級の社員の約半分、部長級の社員の約30%です。
マツダの一般社員の推定年収は、481万円です。

係長級の推定年収:890万円

係長級の社員は、一般社員の約1.8倍の年収となっており、役職の有無が年収に大きな差を生むことがわかります。
マツダの係長級の社員の推定年収は、890万円です。

課長級の推定年収:1192万円

課長級の社員は、係長級の社員の約1.3倍の年収です。一般社員と係長級の社員ほどの違いはないもの、およそ100万円以上の年収の違いがあります。
マツダの課長級の社員の推定年収は、1192万円です。

部長級の推定年収:1465万円

部長級の社員の年収は、課長級の社員の、約1.2倍。一般社員の約3倍の年収差があります。
マツダの部長級の社員の推定年収は、1465万円です。

まずは採用媒体に登録してみよう

リクナビ、マイナビなどの採用媒体は無料で登録することができます

登録することでスカウトが届いたり、最新の求人情報を受け取ることができるなど、様々なメリットがあるため、まだ登録していないという人は主要な媒体には必ず登録しておくようにしましょう。

リクナビの登録はこちらから
マイナビの登録はこちらから
エン転職の登録はこちらから

転職エージェントを利用してみよう

マツダのような会社に転職したいと強く思っていらっしゃる方は、転職エージェントの利用もおすすめします。

エージェントに利用するメリットは、次の3つです。

  1. 自分のニーズに合った会社を紹介してもらえる
  2. 履歴書の書き方や、面接の方法などを教えてもらえる
  3. 企業との年収などの交渉もお願いできる

自分のニーズに合った会社を紹介してもらえる

世の中には様々な会社があり、転職媒体を利用すれば何万社もの企業の求人に応募する事ができます。

しかし、本当にあなたが求めているニーズ似合った企業を自分で探すのは、転職に不慣れな方にはとても難しいことです。

転職エージェントは、これまでに何十人、何百人の転職をサポートしてきています。丁寧にあなたの大事にしていることや逆に嫌なことを伝えた上で、実際にどんな企業がどんな人を募集しているのかをしっかりと聞いてみましょう。

そうすれば、自分では探しきれなかった、あなたにピッタリの企業を紹介してくれるはずです。

履歴書の書き方や、面接の方法などを教えてもらえる

初めての転職活動をする人は、実際の転職活動をとても不安に感じる事があると思います。そんな中で、あなたの転職成功をゴールとして、一緒に並走してくれる人の存在は貴重です。

一般的な転職エージェントの担当者は、履歴書の添削や、面接の受け答えのアドバイスなどを行ってくれる担当の人が多いです。

はじめての転職の方は、是非一度転職エージェントの方に相談してみましょう。

企業との年収などの交渉もお願いできる

実際に希望の企業の選考を重ね、見事内定を手に入れた時、後は「どんな条件で合意するか」という段階になります。

希望の会社に転職できれば、それが一番の事ですが、その上でできるだけいい条件で入社したいですよね。転職エージェントなら、そんな最後の交渉も一部代理で行ってくれます。

その理由は、「あなたができるだけ高い年収で転職してくれたほうが転職エージェントの報酬も大きくなる」からです。

そんな転職エージェントとの共通の利害関係をうまく使うことができれば、より良い条件での転職が見えてくるでしょう。

リクナビエージェントの登録はこちら
マイナビエージェントの登録はこちら
Dodaの登録はこちら
パソナキャリアの登録はこちら

おすすめの転職エージェント一覧

リクルートエージェント
おすすめ度
こんな方におすすめ 色々な求人を知りたいという方。自分のキャリアにあった仕事を知りたいという方は、まずは利用してみましょう。
特徴① 合計求人数25万件以上。案件総数・内定決定数ともに、日本No.1の実績
特徴② 面談対策などのサポートも充実している

登録はこちら

マイナビエージェント
おすすめ度
こんな方におすすめ 20代、若年層の方で、転職が初めて。という方
特徴① マイナビ転職が運営する転職エージェント。20代、若手層向けの求人を多く揃えています。
特徴② はじめての転職でも安心のサポート力

登録はこちら

Doda
おすすめ度
こんな方におすすめ 幅広い求人を知りたい
特徴① 求人数10万件以上。業界最大手企業
特徴② 高いサポート力。担当者の満足度が高く、転職に慣れていない方向け

登録はこちら

関連記事

マツダの売上高・業績情報