プロ野球選手の年俸

【2019年】千葉ロッテマリーンズの年俸一覧とランキング!

プロ野球選手_年俸_ランキング

この記事では、2019年プロ野球の千葉ロッテマリーンズの年俸ランキングを紹介します。

1位は涌井秀章選手の2億円、2位はボルシンガー選手の1.853億円、3位はバルガス選手の1.7億円、4位は角中勝也選手の1.31億円、5位は益田直也選手の1.3億円です。

それでは、詳しくランキングを見ていきましょう。

ぜひ最後までご覧ください。

千葉ロッテマリーンズの1億円プレイヤーとランキング

1億超えは8人

千葉ロッテマリーンズの選手の2019年の年俸で、1億円を超えた「1億円プレイヤー」は8人です。球界トップは福岡ソフトバンクホークスの16人で、ロッテの2倍の数に当たります。

1位:涌井 秀章(2億円)

名前 涌井 秀章
職業 プロ野球選手(投手)
所属団体 千葉ロッテマリーンズ
生年月日 1986年6月21日
基本情報 身長185cm 体重85kg
受賞歴 最多勝利3回、沢村栄治賞、ゴールデングラブ4回

投球フォームはスリークォーター。球持ちが良くバランスの取れたフォームからキレの良い速球と多彩な変化球を投げる本格派右腕。豊富な走り込み量によって培われた強靭な足腰を持ち、9回でも140km/hを越える球速を計測できるスタミナを備えています。江夏豊氏は「フォームのバランスの良さでは涌井は今の日本球界において3指に入るだろう。他の投手と比べても、打者寄りでボールを離しているように見える。(中略)下半身の粘りがなければあれだけ長くボールを持った投球というのは難しいものだ」と述べています。

2位:ボルシンガー  (1億8,530万円)

名前 ボルシンガー
職業 プロ野球選手(投手)
所属団体 千葉ロッテマリーンズ
生年月日 1988年1月29日
基本情報 身長185cm 体重95kg
受賞歴 最高勝率1回、NPBオールスターゲーム出場

MLBの経験もあり、2018年はオープン戦こそ振るわなかったものの、前半戦は13試合中10試合でQSを達成するなどリーグトップとなる11勝を上げて、オールスターゲームにも監督推薦で選出されました。

7月21日の対オリックス・バファローズ戦では外国人投手最多タイとなる11連勝を記録

その功績から一部では「ボル神ガー」と呼ばれるようになり、球団からボル神ガーTシャツやボル神ガータオルなども販売されるほどの人気者です。

3位:バルガス  (1億7,000万円)

名前 バルガス
職業 プロ野球選手(内野手)
所属団体 千葉ロッテマリーンズ
生年月日 1990年8月1日
基本情報 身長196cm 体重133kg
受賞歴 WBCプエルトリコ代表選手、オールスター・フューチャーズゲーム選出1回

メジャーリーグの経験もあり、長打力のあるパワーヒッターでチャンスに強い頼えるスラッガーです。

千葉ロッテではホームランを打った際ゴリラポーズをホームインの直前とベンチに帰ったとき(主に三木亮氏と)行なっている。

以前に理容師として働いており髪や髭などは自身で整えているユニークな選手です

4位:角中 勝也  (1億3,100万円)

名前 角中 勝也
職業 プロ野球選手(外野手)
所属団体 千葉ロッテマリーンズ
生年月日 1987年5月25日
基本情報 身長180cm 体重85kg
受賞歴 首位打者2回、最多安打1回、ベストナイン2回、など

バットを短く持ち、重心の低い構えからのコンパクトなスイングで安打を放つ、大島康徳氏からは「コンパクトな構えからの巧みなバットコントロールが際立つ巧打者」と評されています。首位打者:2回(2012年、2016年)、最多安打:1回(2016年)などの実績豊富な選手です。

5位:益田 直也  (1億3,000万円)

名前 益田 直也
職業 プロ野球選手(投手)
所属団体 千葉ロッテマリーンズ
生年月日 1989年10月25日
基本情報 身長177cm 体重80kg
受賞歴 新人王、最多セーブ投手、など

トルネード投法に近いサイドスロー気味のスリークォーター

平均球速約144km/h、最速151km/hのストレートとツーシームに加えて、スライダー、シンカー、カットボールと変化球も多彩です

またプロ入り後、春季キャンプで投手コーチの西本聖氏の指導の元、すぐにシュートも習得するなど器用さも持ち合わせています。

6位:レアード  (1億1,880万円)

名前 レアード
職業 プロ野球選手(内野手)
所属団体 千葉ロッテマリーンズ
生年月日 1987年9月11日
基本情報 身長185cm 体重98kg
受賞歴 本塁打王1回、ベストナイン1回、など

MLB(メジャーリーグベースボール)経験者であり。2016年に39本塁打でパリーグ本塁打王に輝いた長打力を持ち味とし、三塁の守備でも定評のある選手です。ベストナインも獲得しています。

7位:石川 歩(1億1,500万円)

名前 石川 歩
職業 プロ野球選手(投手)
所属団体 千葉ロッテマリーンズ
生年月日 1988年4月11日
基本情報 身長186cm 体重80kg
受賞歴 最優秀防御率1回 、新人王、など

常時セットポジションからややインステップ気味に踏み込んで投げ下ろすスリークウォーター投手。まとまった制球と、フォームの安定感には定評があり、クイック・牽制・バント処理なども優れている。投手としてのバランスが良い選手です。

8位:鈴木 大地(1億円)

名前 鈴木 大地
職業 プロ野球選手(内野手)
所属団体 千葉ロッテマリーンズ
生年月日 1989年8月18日
基本情報 身長175cm 体重79kg
受賞歴 ベストナイン2回、ゴールデングラブ1回、など

コンパクトなスイングで安打を放つバットコントロールが持ち味。

ドラフト会議での指名前にスカウトから「将来はプロでも打率3割を記録できる」と評価されていました

失投を見逃さずに打つことができ、またバントもうまい機動力のある選手です。

【2019年】千葉ロッテマリーンズの年俸ランキング一覧

千葉ロッテマリーンズの全選手の年俸ランキング一覧です。

順位 選手名 年俸(推定) 守備
1位 涌井 秀章 20,000万円 投手
2位 ボルシンガー 18,530万円 投手
3位 バルガス 17,000万円 内野手
4位 角中 勝也 13,100万円 外野手
5位 益田 直也 13,000万円 投手
6位 レアード 11,880万円 内野手
7位 石川 歩 11,500万円 投手
8位 鈴木 大地 10,000万円 内野手
9位 レイビン 8,720万円 投手
10位 大谷 智久 8,400万円 投手
11位 田村 龍弘 7,200万円 捕手
12位 中村 奨吾 7,000万円 内野手
12位 松永 昂大 7,000万円 投手
14位 西野 勇士 6,000万円 投手
15位 唐川 侑己 5,600万円 投手
16位 内 竜也 5,400万円 投手
17位 井上 晴哉 5,000万円 内野手
18位 荻野 貴司 4,500万円 外野手
19位 清田 育宏 4,400万円 外野手
20位 二木 康太 4,300万円 投手
21位 有吉 優樹 4,200万円 投手
22位 南 昌輝 4,000万円 投手
23位 藤岡 裕大 3,500万円 内野手
24位 マーティン 3,300万円 外野手
25位 加藤 翔平 2,700万円 外野手
26位 平沢 大河 2,620万円 内野手
27位 岡 大海 2,300万円 外野手
28位 三木 亮 2,240万円 内野手
29位 ブランドン 2,160万円 投手
29位 チェン・グァンユウ 2,160万円 投手
31位 酒居 知史 2,150万円 投手
32位 細谷 圭 2,020万円 内野手
33位 福浦 和也 2,000万円 内野手
33位 田中 靖洋 2,000万円 投手
35位 大嶺 祐太 1,970万円 投手
36位 伊志嶺 翔大 1,690万円 外野手
37位 佐々木 千隼 1,670万円 投手
38位 関谷 亮太 1,650万円 投手
39位 藤原 恭大 1,500万円 外野手
39位 細川 亨 1,500万円 捕手
41位 石崎 剛 1,440万円 投手
41位 菅野 剛士 1,440万円 外野手
43位 安田 尚憲 1,300万円 内野手
43位 吉田 裕太 1,300万円 捕手
45位 東條 大樹 1,200万円 投手
45位 東妻 勇輔 1,200万円 投手
45位 江村 直也 1,200万円 捕手
48位 土肥 星也 1,180万円 投手
49位 山本 大貴 1,150万円 投手
50位 髙濱 卓也 1,100万円 内野手
50位 渡邉 啓太 1,100万円 投手
52位 岩下 大輝 1,000万円 投手
52位 小島 和哉 1,000万円 投手
54位 永野 将司 850万円 投手
55位 阿部 和成 810万円 投手
56位 宗接 唯人 800万円 捕手
56位 中村 稔弥 800万円 投手
58位 松田 進 770万円 内野手
59位 成田 翔 700万円 投手
60位 種市 篤暉 680万円 投手
61位 島 孝明 590万円 投手
62位 香月 一也 580万円 内野手
63位 山口 航輝 560万円 外野手
64位 三家 和真 520万円 外野手
65位 原 嵩 500万円 投手
65位 李 杜軒 500万円 内野手
67位 柿沼 友哉 490万円 捕手
68位 古谷 拓郎 460万円 投手
69位 大木 貴将 450万円 内野手
70位 土居 豪人 440万円 投手
71位 茶谷 健太 300万円 内野手
72位 和田 康士朗 240万円 外野手
73位 森 遼大朗 230万円 投手
73位 鎌田 光津希 230万円 投手

参照:https://baseball-data.com/

日本プロ野球球界の選手全体のランキング記事も作成しておりますので、気になるか方はこちらもご覧ください。

プロ野球選手_年俸_ランキング
2019最新丨プロ野球年俸ランキング!上位100選手を徹底紹介今回、2019年プロ野球選手の年俸ランキングを紹介します。 1位は菅野選手の6.5億円、2位は柳田選手の5.7億円、3位は坂本選手...

プロ野球の球団平均年俸ランキング

千葉ロッテマリーンズは全球団で10番目に高い平均年俸と、下位に位置しています。パリーグでは、5番目に平均年俸が高いです。

球団平均年俸では、1位の福岡ソフトバンクホークスの資金力の高さが分かります。

順位 球団 平均年俸 所属
1位 福岡ソフトバンクホークス 6,338万円 パ・リーグ
2位 読売ジャイアンツ 5,883万円 セ・リーグ
3位 阪神タイガース 4,966万円 セ・リーグ
4位 東京ヤクルトスワローズ 4,544万円 セ・リーグ
5位 横浜DeNAベイスターズ 4,109万円 セ・リーグ
6位 広島東洋カープ 3,923万円 セ・リーグ
7位 埼玉西武ライオンズ 3,904万円 パ・リーグ
8位 北海道日本ハムファイターズ 3,807万円 パ・リーグ
9位 東北楽天ゴールデンイーグルス 3,711万円 パ・リーグ
10位 千葉ロッテマリーンズ 3,553万円 パ・リーグ
11位 オリックス・バファローズ 3,268万円 パ・リーグ
12位 中日ドラゴンズ 3,140万円 セ・リーグ

【最新】観客動員数ランキング

千葉ロッテマリーンズは全球団で観客動員数が11番目と、人気球団に比べるとかなり見劣ります。パリーグでは、5番目です。

順位 球団 1試合平均人数 合計 試合数
1位 読売ジャイアンツ 41699人 3,002,347人 72試合
2位 阪神タイガース 40,831人 2,898,976人 71試合
3位 福岡ソフトバンクホークス 36,149人 2,566,554人 71試合
4位 広島東洋カープ 31,001人 2,232,100人 72試合
5位 中日ドラゴンズ 30,231人 2,146,406人 71試合
6位 横浜DeNAベイスターズ 28,166人 2,027,922人 72試合
7位 北海道日本ハムファイターズ 27,731人 1,968,916人 71試合
8位 東京ヤクルトスワローズ 27,152人 1,927,822人 71試合
9位 埼玉西武ライオンズ 24,833人 1,763,174人 71試合
10位 東北楽天ゴールデンイーグルス 23,972人 1,726,004人 72試合
11位 千葉ロッテマリーンズ 23,127人 1,665,133人 72試合
12位 オリックス・バファローズ 22,575人 1,625,365人 72試合

参照:日本野球機構

まとめ

千葉ロッテマリーンズはシーズン成績4位です。最後までAクラスに入るかという試合をしていました。平均年俸ランキングではパーリーグ5位という結果です。年俸と順位から考えると、妥当なのではないでしょうか。来シーズンは優勝を目指し、戦力を上げ、年俸が上がる選手が出ることを期待しましょう。

プロ野球選手_年俸_ランキング
2019最新丨プロ野球年俸ランキング!上位100選手を徹底紹介今回、2019年プロ野球選手の年俸ランキングを紹介します。 1位は菅野選手の6.5億円、2位は柳田選手の5.7億円、3位は坂本選手...