業績・売上

【2019年最新】キリンホールディングス株式会社の売上・業績を調査!四半期ごとの推移や、業界内のランキングを紹介!

キリンホールディングスの売上高・業績

キリンホールディングスの最新の売上高は1兆9305億円。業界内でのランキングは、第3位です。
今回は、キリンホールディングス株式会社の売上や利益の業績情報を、競合企業との比較ランキング・過去の推移の比較という形で行いました。

是非最後までご覧ください!

キリンホールディングスの売上・業績について

直近の年間売上高
1兆9305億円
従業員あたりの売上
6254万円
売上業界ランキング
3位
3年間の売上変化率
103.58%
スポンサーリンク

キリンホールディングスの業績の推移・変化率

売上推移

過去3年間の売上の推移

年間売上は1兆9305億円。3年間の変化率は103.58%


年度 売上高
2000年度 0億円
2001年度 1兆5619億円
2002年度 1兆5833億円
2003年度 1兆5976億円
2004年度 1兆6549億円
2005年度 1兆6323億円
2006年度 1兆6660億円
2007年度 1兆8012億円
2008年度 2兆3036億円
2009年度 2兆2785億円
2010年度 2兆1779億円
2011年度 2兆718億円
2012年度 2兆1862億円
2013年度 2兆2546億円
2014年度 2兆1958億円
2015年度 2兆1970億円
2016年度 2兆751億円
2017年度 1兆9709億円

キリンホールディングスの直近の売上高(連結)は、1兆9305億円です。直近3年間での成長率は103.58%と上昇傾向にあります。

四半期ごとの売上高・営業利益


四半期売上高 四半期営業利益
2017年1Q 4144.41億 394.08億
2017年2Q 4637.13億 754.9億
2017年3Q 4771.61億 564.34億
2017年4Q 5084.15億 396.68億
2018年1Q 4312.01億 500.09億
2018年2Q 4870.43億 500.01億
2018年3Q 5024.8億 600.46億
2018年4Q 5097.98億 -1600.56億
2019年1Q 4343.31億 -297.93億
2019年2Q 4954.79億 427.27億
2019年3Q
2019年4Q
失敗しないための転職ツール診断

間違った転職ツール選びはキャリアの失敗につながります。6問の質問に答えるだけで、あなたにあった転職サイトをチェックしよう。

10秒診断スタート

キリンホールディングスの売上高の比較・ランキング

競合との比較

主要企業の平均年収の推移


会社名 2000年度 2001年度 2002年度 2003年度 2004年度 2005年度 2006年度 2007年度 2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
キリンホールディングス -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 886万円 883万円 981万円 984万円 977万円 980万円 1017万円 1016万円 1105万円 1047万円 1047万円 1014万円 964万円 1106万円 1159万円
アサヒグループホールディングス 756万円 779万円 805万円 816万円 836万円 857万円 861万円 862万円 893万円 882万円 880万円 1015万円 997万円 1017万円 1009万円 1009万円 1026万円 997万円 1002万円 1094万円
明治ホールディングス -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 769万円 779万円 792万円 775万円 785万円 968万円 999万円 1022万円 957万円 972万円 967万円 974万円 968万円 997万円 -万円
三菱食品 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 583万円 610万円 604万円 622万円 608万円 -万円 618万円 589万円 -万円 624万円 638万円 649万円 668万円 661万円 649万円

①売上高のランキング

トップ5社の売上シェア比率


売上高:食品・飲料業界では第3位

食品・飲料業界の企業内でのキリンホールディングスの売上ランキングの順位は第3位です。
食品・飲料業界の売上高ランキング第1位は三菱食品、第2位はアサヒグループホールディングス、第3位はサントリー食品インターナショナルになっています。
食品・飲料業界のランキング一覧はこちら

順位 会社名 売上高
1位 三菱食品 2兆6203億円
2位 アサヒグループホールディングス 2兆1203億円
3位 キリンホールディングス 1兆9305億円
4位 サントリー食品インターナショナル 1兆2943億円
5位 明治ホールディングス 1兆2544億円
6位 日本ハム 1兆2342億円
7位 味の素 1兆1275億円
8位 加藤産業 1兆91億円
・・・・・・・・
132位 フルッタフルッタ 12億円
※こちらの情報は、おもに有価証券報告書にて掲載されている売上情報を参考に、約3000社のデータベースを制作して算出しています。

売上高:全体では第87位

CareerBookが調査した有名企業約3000社の中で、キリンホールディングスは売上ランキング87位です。

順位 会社名 売上高
1位 トヨタ自動車 30兆2257億円
2位 三菱商事 16兆1038億円
3位 ホンダ(HONDA) 15兆8886億円
4位 日本郵政 12兆7750億円
5位 NTT東日本(日本電信電話) 11兆8798億円
6位 伊藤忠商事 11兆6005億円
・・・・・・・・
82位 リコー 2兆132億円
83位 日野自動車 1兆9813億円
84位 鹿島建設 1兆9743億円
85位 神戸製鋼所 1兆9719億円
86位 東京瓦斯 1兆9623億円
87位 キリンホールディングス 1兆9305億円
88位 JR東海(東海旅客鉄道) 1兆8781億円
89位 三井不動産 1兆8612億円
90位 双日 1兆8562億円
91位 クボタ 1兆8503億円
92位 ゆうちょ銀行 1兆8454億円
・・・・・・・・
3585位 RISE 1億円
※こちらの情報は、おもに有価証券報告書にて掲載されている売上情報を参考に、約3000社のデータベースを制作して算出しています。

②従業員当たりの売上のランキング

従業員あたり売上:食品・飲料業界で第66位

食品・飲料業界内でのキリンホールディングスの従業員あたりの売上ランキングの順位は第66位です。

順位 会社名 売上高
1位 伊藤忠食品 58,264万円
2位 三菱食品 52,083万円
3位 中部飼料 30,957万円
4位 加藤産業 29,030万円
5位 塩水港精糖 28,891万円
6位 ユアサ・フナショク 28,649万円
・・・・・・・・
61位 サトウ食品工業 6,534万円
62位 ボーソー油脂 6,523万円
63位 グリコ 6,509万円
64位 キッコーマン 6,388万円
65位 ジャパンフーズ 6,303万円
66位 キリンホールディングス 6,254万円
67位 宝ホールディングス 6,175万円
68位 ファーマフーズ 6,157万円
69位 アリアケジャパン 6,094万円
70位 サトー商会 6,010万円
71位 フジッコ 5,837万円
・・・・・・・・
113位 ヤクルト 1,492万円
※こちらの情報は、おもに有価証券報告書にて掲載されている売上情報を参考に、約3000社のデータベースを制作して算出しています。
スポンサーリンク

従業員数やキャッシュフロー、資産などの情報

その他の指標

営業キャッシュフロー

年度 営業キャッシュフロー
2019年
2018年 0億
2017年 2217.1億

投資キャッシュフロー

年度 投資キャッシュフロー
2019年
2018年 0億
2017年 632.14億

財務キャッシュフロー

年度 売上高
2019年
2018年 0億
2017年 -1821.63億

総資産

年度 資産
2019年
2018年 0億
2017年 2兆3985.72億

従業員に関するデータ

平均年収 1082万円
従業員数 30871人
平均年齢 41.7歳
スポンサーリンク

キリンホールディングスについて

会社概要

会社概要

社名 キリンホールディングス株式会社
本社所在地 東京都中野区中野4−10−2 中野セントラルパークサウス
会社URL http://www.kirinholdings.co.jp/
代表者 磯崎 功典
資本金 102,045百万円
 従業員 30871
業界 食品・飲料

企業理念

自然と人を見つめるものづくりで、
「食と健康」の新たなよろこびを広げ、こころ豊かな社会の実現に貢献します

キリンは、モノづくりの技術によって自然を活かした高い品質の商品を提供しています。

お客様の求めるものを見すえ、自然のもつ力を最大限に引き出し、それらを確かなかたちとして生み出していくモノづくりの技術。私たちは、こうした技術によって、お客様の期待にお応えする高い品質を追求してきました。これからも、「夢」と「志」をもって新しいよろこびにつながる「食と健康」のスタイルを一歩進んで提案し、世界の人々の健康・楽しさ・快適さに貢献していきます。

また、2027年の目指す姿として、「食から医にわたる領域で価値を創造し、CSV先進企業となる」というビジョンを掲げています。

事業内容

ビール類シェア国内2位を誇る大手飲料メーカー

キリンは、「のどごし生」や「午後の紅茶」など、様々なヒット商品を生み出した大手飲料メーカーです。特に、ビール類ではサントリーについて業界2番手のシェアを獲得していて、キリンの中核事業と言えます。また、グローバル展開にも積極的です。
他にも、「食品」「医療」「医と食をつなぐ領域」など、様々な事業を展開しています。

  1. 国内ビール・スピリッツ事業
  2. 国内飲料事業
  3. オセアニア綜合飲料事業
  4. 医薬事業 など

1.9兆円の売上は、一時下落も復調の兆し

キリンホールディングスの2018年12月期の売上高は、前年比+3.6%の1兆9,305億円でした。
業績は、2013年の2.2兆円から一時1.8兆円まで売上が下落しましたが、ここ数年は毎年増収を重ねていて、2019年12月期は1兆9,640億円に着地する見通しです。
ブラジル事業の撤退により、海外事業に暗雲が垂れ込める中、オーストラリア州事業に専念することで巻き返しを図っています。

スポンサーリンク

関連記事

キリンホールディングス株式会社の年収情報・業界ランキング
【2021最新】キリンホールディングスの年収は?職種や年齢別の給与・ボーナス・評価制度などまとめ!有価証券報告書によると、キリンホールディングスの2021年2月時点で最新の平均年収は895万円。平均年齢は42.9歳。食品・飲料業界の年...