ビジネス用語

「顕著(けんちょ)」の意味と使い方は?類語・対義語や英語表現も!

顕著

「顕著(けんちょ)」には、「はっきりと表面に表れる様」や「際立って目立つこと」という意味があります。「顕著に表れる」という言葉は、ビジネスシーンでもよく耳にすることでしょう。

今回は、「顕著」の意味や正しい使い方について詳しく解説していきます。

特に、コミュニケーションが重要なビジネスシーンでは、相手を持ち上げるポジティブな「顕著」が便利です。例文もたくさん紹介していますので、ぜひご活用ください。

「顕著」の意味・使い方

【読み】けんちょ

【意味】

  • 特に際立って目に付く様子
  • 誰が見ても明らかな事柄

「顕著」とは、「誰が見てもはっきりと明らかなことが分かる」という意味で使用します。

「顕」と「著」という言葉には、どちらも「(色や形などが)明らか」という意味があり、両者が組み合わさって、「特に際立って目に付く」という強調した意味となっています。

「顕著」という言葉を使うときは、後ろに「表れる」という語句をつけ、「顕著に表れる」と表現することが一般的です。

「顕著」の使い方・例文

「顕著」の正しい使い方を見ていきましょう。

ここでは、次の通り、「顕著」を使った4つの例文を考えてみました。ビジネスシーンでもよく使う言葉となるため、慣用句として覚えておくと便利です。

例文

  • 組織の弱体化が顕著である
  • 精神的に追い込まれた彼の苦しさが、その顔色に顕著に表れている
  • 近頃、鈴木さんの横柄な態度が顕著に表れてきた
  • 少子高齢化を示す顕著な事件だった

このように、「顕著」の正しい使い方は、「顕著である」「顕著に」「顕著な」が代表的です。また、熟語表現として、「顕著に表れる」という言葉もよく耳にします。

「顕著に表れる」については、以下でより詳しくお伝えしていきましょう。

スポンサーリンク

「顕著」が使われる熟語

「顕著」を使って熟語を作ると、次のような表現が一般的となります。

  • 顕著に表れる
  • 顕著に見て取れる

基本的に、「顕著に表れる」という使い方が一般的ですが、ビジネスシーンなどでは「顕著に見て取れる」という熟語も使うことがあるでしょう。どちらも「顕著」の熟語表現として覚えておいて損はありません。

「顕著に表れる」の意味

「顕著に表れる」とは、「顕著」と同じく「表面にはっきりと表れる」という意味です。

「顕著」という言葉は、もともと「はっきりと表れる様」という意味があります。そのため、「顕著」と「表れる」を組み合わせて使うと、二重表現(頭痛が痛いなど)になると考える方も多いのではないでしょうか。

しかし、実は「顕著に」と「に」を付けるだけで、その意味は「明らかに」「はっきりと」となります。つまり、「顕著に表れる」は「明らかに表れる」という意味となり、二重表現ではありません

「顕著に見て取れる」の意味

「顕著に見て取れる」という用法も、「はっきりと表れる」という意味があります。

ただし、「顕著に表れる」よりも、少しだけ客観的な目線が加わっていることが特徴です。そのため、意味としては、「はっきりと表れる」というより、「はっきりと判別できる」というニュアンスが強くなります

「顕著」と「如実」はどんな違いあるの?

「顕著」とよく似た言葉に、「如実(にょじつ)」があります。

「如実」も語尾に「表れる」という言葉を付け、「如実に表れる」という熟語がよく使用されます。しかし、「顕著に表れる」という言葉の意味とはまったく異なるので、注意してください。

「如実」には、「事実そのもの」「現実の通りである様」という意味が含まれています。

そのため、「如実に表れる」とは、「事実そのものが表れる」「実際のものが表れる」という意味です。「顕著に表れる」は「はっきり表れる」という意味があったので、似たような言葉でも内容が異なることが分かります。

スポンサーリンク

「顕著」の類義語・対義語

「顕著」の類義語・対義語

「顕著」には次の通り、3つの類義語と2つの対義語が存在します。

  • 類語①著しい
  • 類語②明瞭
  • 類語③際立つ
  • 対義語①隠微
  • 対義語②漠然
それぞれ、例文を使って詳しく解説していきますので、以下をご確認ください。

類語①「著しい」

「著しい(いちじるしい)」も「顕著」と同じく、「目立ってはっきりしていること」や「明らか」という意味があります。しかし、ニュアンスとしては、「顕著」よりも柔らかい印象を受けます。

「著しい」を使った例文は以下をご覧ください

  • 著しい性質が表れている
  • 経済環境が著しく変化した
  • 日本や中国、韓国においてそういった傾向が著しかった

類語②「明瞭」

「明瞭(めいりょう)」には「はっきりと見分けが付く」という意味があります。

「顕著」と同じく硬いイメージがありますが、ときに言葉を使い分けることで仕事が出来るという他者へのアピールにも役立ちます。「無駄のないはっきりした様子」という意味の、「明瞭化」や「明瞭簡潔」という言葉も覚えておきましょう。

  • 組織としての目的が明瞭になる
  • 善か悪かということは明瞭に区別できるようなものではない
  • なかなか明瞭に表面に表れてこない

類語③「際立つ」

「際立つ(きわだつ)」とは、「他のものと区別してはっきりと目立つ様子」という意味です。

「ひときわ目立つ」という意味から、「顕著」とよく似た使い方をします。「際立つ」はポジティブな意味合いで使うことが多く、反対にネガティブ寄りの「目立つ」とは少し使い方が異なります。

  • 料理の香りが際立つ
  • 真っ白な顔がより際立って見えた
  • その会社の特徴が際立っている

対義語①「隠微」

「隠微(いんび)」とは、「なかなか表面に表れず隠れている様子」という意味です。

「顕著」とは反対の意味を持ち、「ぼけた」「うっすらとした」という言葉にも当てはまります。同音異義語に「淫靡(いんび)」という言葉があり、勘違いされないよう「隠微」は女性に対して使わないほうが賢明です。

  • その感情が隠微のうちに現れた
  • 個人的な不満をノートに書くくらいの隠微さなら許せるだろう
  • 電話の声には、とても隠微で緊張した色が表れていた

対義語②「漠然」

「漠然(ばくぜん)」は、「(考えや気持ちが)ぼやけて分かりにくいこと」「はっきりとしていない様子」を表します。

「漠然とした不安」という表現は日常でもよく目にします。この例のように、どちらかといえばネガティブな表現に使われます。また、「曖昧」や「抽象的」という言葉に置き換えることも可能です。

  • なんともいえない漠然とした寂しさ
  • その時代には法律のようなものがなく、人は漠然としてしか扱われていなかった
  • 根拠なき漠然とした思いにとらわれている
 
スポンサーリンク

「顕著」の英語表現

「顕著」の英語表現

「顕著な」と英語で表現すると、「remarkable」や「striking」、または「conspicuous」などのようになります。

「顕著な」の英語表現のニュアンスの違い

「remarkable」「striking」「conspicuous」はいずれも「顕著な」という意味がありますが、それぞれ言葉のニュアンスが異なります。ここでは、例文を使いながら正しい使い方をお伝えしていきましょう。

例文①:「remarkable」

「remarkable」には、「顕著な」という意味のほか、「すぐれた」「非凡な」「珍しい」という訳し方があります。今回お伝えする「顕著」の英語表現では、もっともポジティブで、相手を褒めるときに最適です。

  • a remarkable movie
    最高の映画
  • How remarkable!
    これは驚いた!

例文②:「striking」

「striking」もポジティブなニュアンスがあります。「顕著」という意味以外にも、「印象的な」「著しい」という訳し方があり、「独創的で他とは違う印象を受ける」という形で使うと良いでしょう。

  • a striking resemblance
    顕著な類似点
  • intelligence of striking and extraordinary ability
    奇抜な知恵

例文③:「conspicuous」

「conspicuous」には「目立つ」という意味合いが含まれており、どちらかといえば「悪い意味で表面に表れる」というニュアンスがあります。そのため、人を褒めるときには使用せず、次のような形で用いるとよいでしょう。

  • conspicuous errors
    目立つ誤り
  • of a fold in clothes being conspicuous
    衣服の折り目が目立つ
スポンサーリンク

まとめ

今回は「顕著」という言葉の意味や使い方についてお伝えしてきました。

「顕著」には、「はっきり表れる」「際立って目に付く」という意味があります。ビジネスシーンでも、相手を持ち上げるときに活用できるので、今回お伝えした例文をご参考ください。

ただし、よく間違えがちな「如実に表れる」とは意味が大きく異なるため、上手に使い分けるようにしましょう。

また、「顕著」の類語や対義語、英語表現についてもおさらいし、様々なシーンで活用するようにしてください。

  • 類語①「著しい」
  • 類語②「明瞭」
  • 類語③「際立つ」
  • 対義語①「隠微」
  • 対義語②「漠然」
  • 英語表現①「striking」
  • 英語表現②「striking」
  • 英語表現③「conspicuous」