プロ野球選手の年俸

台湾に行った川崎宗則の現在の年俸は?年俸の推移や今後の動向を調査!

川崎宗則_年俸

愛くるしいキャラクターでファンから人気の川崎宗則選手。ホークスで活躍し、メジャーリーグにも挑戦し、現在は台湾プロ野球チームに選手兼任コーチとして所属しています。

今回は、そんな川崎選手の年俸や成績についご紹介していきます。

川崎宗則選手について

プロフィール

名前 川崎宗則
職業 プロ野球選手(内野手)
所属団体 味全ドラゴンズ(台湾)
生年月日 1981年6月3日
基本情報 身長180cm 体重75kg
受賞歴 盗塁王(04年)、最多安打(04年)、ゴールデングラブ賞(04年,06年)

成績・略歴

  • 1999年│ダイエーホークスに入団。
  • 2003年│1軍で初の規定打席到達で打率.29451打点・30盗塁を記録しリーグ優勝・日本一に貢献。
  • 2004年│全試合フルイニング出場。最多安打・盗塁王・ベストナイン・ゴールデングラブ賞を獲得。
  • 2006年│1WBC代表に選出され日本優勝に貢献。
  • 2009年│2WBCの日本代表に選出
  • 2010年│選手会長に就任。通算1000安打を達成
  • 2012年│マリナーズとマイナー契約し、メジャーへ昇格。
  • 2013年│ブルージェイズとマイナー契約し、メジャーとマイナーを行き来。
  • 2016年│カブスとマイナー契約。
  • 2017年│ソフトバンクに移籍し日本球界に復帰
  • 2018年│ソフトバンクホークスを退団。
  • 2019年│台湾プロ野球の味全ドラゴンズの客員コーチ兼選手に就任。
年度 安打 本塁打 打点 打率
2011年 161 1 37 .267
2012年 20 0 7 .192
2013年 55 1 24 .229
2014年 62 0 17 .258
2015年 6 0 2 .214
2016年 7 0 1 .333
2017年 33 0 4 .241

参照:https://baseball.yahoo.co.jp/npb/

川崎宗則_年俸

走攻守3拍子揃った切り込み隊長

川崎選手のバッティングは、メジャーに移籍する前から、スイングスピードやコンタクト能力はメジャーのスカウトからも高い評価を得ていました。典型的な一二番タイプの打者ではありましたが、ホークス時代は典型的な早打ちで、三振が少ない一方で四球も少ない選手でした。

守備では主に遊撃手として起用され、二塁手・三塁手としても出場経験があります。ホークス時代は超一流と評されるグラブ捌きを持ち味としていました。

走塁に関しては力を抜いて走ることがほとんどなく、常に全力プレーです。川崎選手はアメリカでも「最高の走者」と言われるほど高い評価を得ています。

走攻守に渡って高い能力を持つオールランダーと言えます。

国内外のファンから愛される人気者

川崎選手はファンから「ムネリン」と呼ばれ、その全力プレーでホークスを始め、多くのプロ野球ファンから愛される選手でした。

またイチロー選手への強い憧れがあり、イチロー(51)の一つ後の番号という思い入れから背番号52には強いこだわりを持っています。ホークス時代は背番号変更を打診されても断り続け、日本代表でも52を付ける程でした。

また、チームのムードメーカーとしての一面を広く知られています。ホークス時代はもちろんですが、メジャーでもその明るいキャラクターは健在でした。英語が話せなくてもチームを盛り上げ、選手登録されていないにもかかわらずムードメーカーとしてベンチ入りするなど、川崎選手らしいエピソードがたくさん残っています。

スポンサーリンク

川崎宗則選手の年俸(年収)の推移


年度 年俸(推定)
2017年 9000万円
2016年 6400万円
2015年 6400万円
2014年 6400万円
2013年 6400万円
2012年 6400万円
2011年 2億4000万円
2010年 1億5000万円
2009年 1億5000万円
2008年 1億5000万円
2007年 1億4000万円
2006年 9000万円
2005年 9000万円
2004年 4500万円
2003年 1300万円
2002年 650万円
2001年 600万円
2000年 600万円

参照:https://baseball-data.com/16/ranking-salary/all/

川崎宗則_年俸

5年目にブレイク。その後はうなぎ登りに年俸上昇

川崎選手は高卒でプロ入りしたため、年俸は600万円からスタートします。最初の数年は二軍で3割打者に輝くなどルーキーイヤーから確実に成績を残し、4年目から一軍に定着、年俸も1300万円にアップするとと5年目にブレイクし4500万円までアップします。

6年目はレギュラーとしてフル出場し、年俸も倍増の9000万円に、7年目こそ怪我で出遅れ据え置きだったものの、8年目に再びしっかりと結果を残して遂に1億5000万円の大台に乗せました。

高卒選手としては理想的とも言える年俸の増え方でもありますが、一度もダウンすることがないというのが最も素晴らしい点だと思います。

イチローの後を追い、年俸は1/4へ

川崎選手はルーキーイヤーから順調に年俸を伸ばしていき26歳で1億円プレーヤーとなり、その後はしばらく1億5000万円で推移し、2011年には2億円台に乗せ、一気に2億4000万円までアップしました。その後はメジャーのマイナー契約のため60万ドル(約6400万円)の契約に落ち着き、ソフトバンク復帰後は9000万円で契約しました。

メジャーに行く場合基本的には年俸は大きく跳ね上がりますが、川崎選手はイチロー選手と同じチームでプレーできるならと年俸の安いマイナー契約でも構わなかったようです。

現在の年俸は不明。今後の動向は?

2018年にソフトバンクホークスを退団しその後の消息が心配されていた川崎選手でしたが2019年7月に台湾のプロ野球チーム味全ドラゴンズのコーチ兼選手として入団することを発表しました。

現在の年俸は定かではありませんが、今年の契約更改でまた明らかになると思われます

年棒はまだ発表されていませんが、もしまだ元気に身体が動くとなれば川崎選手のベテランとしての経験を求める日本の球団が獲得に動く可能性も0とは言えません。そうなると年俸は5000万円前後になると考えられます。

古巣ソフトバンクへの復帰なのかはたまた全く縁のない新たな球団への入団なのか、もしかすると村田修一選手や西岡剛選手のように独立リーグへの入団もあるかもしれません

今後も川崎選手の動向には注目していく価値があると思います。

失敗しないための転職ツール診断

間違った転職ツール選びはキャリアの失敗につながります。6問の質問に答えるだけで、あなたにあった転職サイトをチェックしよう。

10秒診断スタート

【2019年度版】NPB野球選手の年俸ランキング

例ちなみに、日本のプロ野球選手の年俸ランキングはこちらです。川崎選手も日本に残ればもしかしたら3億円くらいまでの年俸になっていたかも知れませんね。

選手名 チーム 年俸(推定)
1位 菅野 智之 巨人 6億5,000万円
2位 柳田 悠岐 ソフトバンク 5億7,000万円
3位 浅村 栄斗 楽天 5億円
3位 サファテ ソフトバンク 5億円
3位 坂本 勇人 巨人 5億円
3位 メヒア 西武 5億円
7位 丸 佳浩 巨人 4億5,000万円
8位 バレンティン ヤクルト 4億4,000万円
9位 山田 哲人 ヤクルト 4億3,000万円
10位 鳥谷 敬 阪神 4億円
10位 内川 聖一 ソフトバンク 4億円
10位 松田 宣浩 ソフトバンク 4億円
10位 デスパイネ ソフトバンク 4億円
10位 糸井 嘉男 阪神 4億円

1位:菅野智之選手 6億5,000万円

名前 菅野智之
職業 野球選手(投手)
所属団体 読売ジャイアンツ
生年月日 1989年10月11日
基本情報 188cm 体重92kg
受賞歴 最多勝利、最多奪三振、ゴールデングラブ賞、沢村賞、ベストナイン

菅野選手は、日本球界歴代最高の年俸を獲得している選手です。

2019年度のNPB年俸ランキングの第1位は、巨人の投手の菅野選手2018年度は、28登板、15勝8敗。10完投(うち8勝)。最多勝利、最多奪三振、ゴールデングラブ賞、沢村賞を獲得。

過去3年間に渡って勝率6割以上、2015年を除き、すべてのキャリアで勝率6割以上をキープするなど、安定した成績を残す巨人のエースです。

6億5千万は、元横浜ベイスターズの佐々木投手と並び、歴代球界の最高年俸となっています。年俸上位ランキングに入るのが野手の選手が多い中で、圧倒的な成績を残しているからこそ、日本球界No1の年俸を獲得しているのでしょう。

川崎選手とは世代が違うため対決や侍ジャパンのチームメイトということはありませんでした。

2位:柳田悠岐選手 5億7,000万円

名前 柳田 悠岐
職業 野球選手(外野手)
所属団体 福岡ソフトバンクホークス
生年月日 1988年10月9日
基本情報 188cm 体重92kg
受賞歴 2015年 パ・リーグMVP。NPB初の首位打者とトリプルスリーの同時達成

福岡ソフトバンクホークス所属の外野手。長打を中心とする打撃が特徴の選手。

2018年は打率.352、36本塁打、102打点の成績を残し、本塁打と打点でキャリアハイを記録しています。

また、その豪快なバッティングフォームや、快活なキャラクターから、人気も高く、オールスターゲームのファン投票部門では、3年連続で両リーグ最多の得票数を記録しています。

柳田選手が活躍し始めた頃には川崎選手はメジャー挑戦中でしたが二人の名前がスタメンで表示されるのを見てみたい気もします。

【2019年最新】年俸5.5億円超え!柳田選手の年俸は?メジャー挑戦はある?今回は、2019年8月16日現在は故障中ながら、パ・リーグ首位を走るソフトバンクの主戦力として、活躍している柳田選手の年収や成績について...

3位:浅村栄斗選手 5億円

名前 浅村 栄斗
職業 野球選手(内野手/外野手)
所属団体 楽天イーグルス / 西武ライオンズ
生年月日 1990年11月12日
基本情報 182cm 体重90kg
受賞歴 ベストナイン / 月間MVP / ゴールデングラブ賞

3位:坂本勇人選手 5億円

名前 坂本勇人
職業 野球選手(遊撃手、一塁手、二塁種)
所属団体 読売ジャイアンツ
生年月日 1986年12月14日
基本情報 186cm 体重83kg
受賞歴 2016年、2017年ゴールデングラブ賞。2013、2017年WBC出場

2007年のプロ入りから、走攻守に渡って安定したパフォーマンスを発揮、異例の速さで通算1500試合出場を達成しています。2015年からは、当時26歳という異例の若さで、前代の阿部慎之助選手から巨人主将のバトンを託されています。

国際試合にも多く出場し、名実ともに「日本人最高の遊撃手」であると言えます。

本人はメジャーに興味がないようですが、今後の踏襲が注目される1人です。

川崎選手と同じショートストップですがタイプは全く違う選手ですね。

【2019年最新】ショートとして歴代最高額!ジャイアンツの坂本勇人の年俸は?人気野球選手の年俸事情を比較!こんにちは。 今回は、2019年8月11日に自己最多の31本塁打をうち、好調な打撃で現在セ・リーグ1位のチームを牽引しながら、ジャ...