ビジネス用語

適宜(てきぎ)の意味と使い方、英語例文、類義語対義語を紹介します

適宜(てきぎ)

「適宜」は、「各自の判断で」「状況に応じて行動する様」を意味します。

そこでこの記事では、「適宜」の使用例と正しい意味、さらに例文を使って意味別の使い分けを解説していきます。

「適宜」の使い方をマスターして、正しい日本語を使えるようになり、的確に相手に伝えたいことを伝えましょう。

適宜の意味・使い方

【読み】てきぎ

【意味】

  • 状況に応じて行動する様
  • 各自の判断で

①状況に応じて行動する様

「適宜」には、「状況に応じて行動するさま」という意味があります。

ルールや規則に従うのではなく、その時々の状況に応じて臨機応変に対応していくという意味です。

例文

  • 会社では適宜夏季休暇をとる
  • 問題が発生したときには適宜報告します
  • 彼女は仕事で3か国語を適宜使い分けている
  • 彼は自分のスキルを適宜使い分けている

このように「適宜」には、「状況に応じて行動するさま」という意味が含まれていることがわかります。

②各自の判断で

「適宜」には、「各自の判断で」という意味があります。

これは状況に応じて自分が適していると思う行動をとるということです。

例文

  • なにか必要になるものがあれば、適宜自由に選んでください
  • 課題が完了したと思ったら適宜休憩にはいってください
  • 暇な人は適宜この仕事を手伝ってください
  • イベント終了後は適宜解散とする

このように「適宜」には、「自分で判断する」というニュアンスが含まれており、文の「適宜」を「自分で判断して」と変えても意味が伝わります。

スポンサーリンク

適宜と随時はどんな違いあるの?

「適宜」と「随時」には大きな違いがあります。

「適宜」は解説した通り「その状況に応じて行動するさま」「各自の判断で」のいみがあります。

それに対して「随時」には、ニュアンスとして「都合がよいときに」という意味が含まれます。つまり、大きな違いは時間に制約があるかどうかということです。

失敗しないための転職ツール診断

間違った転職ツール選びはキャリアの失敗につながります。6問の質問に答えるだけで、あなたにあった転職サイトをチェックしよう。

10秒診断スタート

適宜の類義語・対義語

適宜の類義語・対義語 

「適宜」には、次の3つの類義語と2つの対義語があります。

  • 適時
  • 随時
  • 都度
  • 常時
  • 定時
それぞれの類語を例文を使用して紹介します。

類語①「適時」

「適時」には、「ちょうど適当な時」という意味があります。「適宜」は「状況に応じて行動する」でしたが、「適時」は時間的に都合が良いときという意味です。
 
使い分けが難しいですが、意味をきちんと把握できていれば、的確に伝えたいことを伝えることができます。
 
  • 植物に水を適時加える
  • 適時に席を離れる
  • 適時上司に連絡する

類語②「随時」

「随時」には、「その時々に応じて」という意味があります。
 
「適宜」は「状況に応じて行動する様」「各自の判断で」という意味でしたが、「随時」は自分が必要だと思ったらというニュアンスがあるので、注意が必要です。
 
  • 随時入学は可能です
  • ライターを随時募集しています
  • もし何かあれば、随時連絡してください

類語③「都度」

「都度」には、「そのたびごとに」という意味があります。言葉の通り「あることをするたびに」「毎回」という意味があります。
 
「適宜」との大きな違いは、都度はとにかくなにかすると「毎回」なにかをするという点です。
 
  • 里帰りの都度お墓詣りをする
  • 旅をする都度、家にお土産を買って帰る
  • 友達を訪ねたが、その都度家は留守だった
 

対義語①「常時」

「常時」は「普段」「いつも」「つねに」といった意味があります。
 
「常」には「常日頃」「いつも」といった意味を表しています。例えば「常時、夜寝る前には歯磨きをする」なら、「いつも、夜寝る前には歯磨きをする」という意味になります。
 
  • 常時、朝起きると顔を洗う
  • 彼女は常時忙しそうだ
  • このお店は常時夜7時に閉店する

対義語②「定時」

「定時」には、「一定の時刻」「一定の時間」という意味があります。例えば、「定時退社」だったら決まった時刻に退社することを意味していますし、「定時閉店」だったら決まった時刻に閉店することを意味しています。
 
  • 定時に退社する
  • 定時のイベント
  • 定時制高校に通う
 
スポンサーリンク

適宜の英語表現

「適宜」の英語表現は様々な訳され方が多いですが、中でもよく訳される単語をご紹介していきます。

appropriately とproperlyの意味で訳されることが多いです。

例文①:appropriately

「適宜」は英語で「appropriately」と訳されることが多いです。「appropriately」は日本語訳で「適切に」ですのでぴったりの単語と言えます。

He treat that appropriately(彼はそれを適切に処理する)

例文②:properly

「適宜」は英語で「properly」と訳されることもあります。「properly」は日本語訳で「正しく」という意味ですので、こちらも「適宜」の意味と合致します。

I can not move properly(私はうまく動くことができません)

例文③:suitably

「適宜」は英語訳で「suitably」と訳されることがあります。「suitably」は日本語訳で「適当に」「ふさわしく」という意味です。

To control an electric motor more suitably(電動機をより適当に制御する)

スポンサーリンク

まとめ

  • 適宜の読み方
  • 適宜の類語
  • 適宜の反対語
  • 適宜の英語表現

をご紹介しました。ぜひ今後必要なシーンで活用してみてください。