ビジネス用語

「訴求」の意味・使い方は?類語や英語表現もまとめて紹介します!

訴求

「訴求」という言葉は日常生活では見慣れませんが、ビジネスシーンでは非常によく使われます

「訴求力」「訴求効果」「訴求点」などという言葉で登場することもあります。

しかしこの言葉は、漢字を見て意味が分かるような分からないような、微妙な言葉です。

「訴える」と「求める」が組み合わさっているこの「訴求」という言葉はいったいどのような意味を持っているのでしょうか?

類語や英語表現と共に紹介します。

「訴求」の意味・使い方

【読み】そきゅう

【意味】

  • 宣伝・広告などによって買い手の購買意欲に働きかけること

①宣伝・広告などによって買い手の購買意欲に働きかけること

「訴求」という言葉は「訴える」の音読み「そ」と「求める」の音読み「きゅう」が合わさって「そきゅう」と読みます。

ビジネスの中でも宣伝・広告・プロモーションのシーンでよく使われます。

お客様に商品・サービスのメリットを「訴え」て、それらを買っていただくことを提供側が「求める」。

あるいは、お客様に商品・サービスのメリットを「訴え」ることで、それらをお客様のほうから「求めて」いただくように仕向ける。

そう考えると意味が想像しやすいのではないか、覚えやすいのではないかと思います。

例文

  • テレビコマーシャルを増やして客の購買意欲を訴求する。
  • 試食販売員の訴求効果は絶大だ。
  • 訴求力のあるチラシのレイアウトを考えてくれ。
  • 消費者への訴求点は変更しない。
スポンサーリンク

「訴求」が使われる熟語

「訴求」が使われる熟語は多くあります。上から順番に紹介していきます。

尚、以下の○○の部分には任意の言葉が入ります。

  • 訴求力
  • 訴求点
  • 訴求効果
  • 訴求対象
  • 訴求○○
  • ○○訴求

「訴求力」の意味

「訴求力」とは、「消費者の購買意欲を刺激する力」を意味する言葉です。

具体的には、宣伝や広告がどれだけ読者や視聴者に製品・商品・サービスのメリットや魅力を伝えられるか、消費者に興味を持たせるか、消費者に購入するよう説得できるか、ということを指します。

言葉のつくりとしては名詞の「訴求」に接尾辞で「力」が付いています。アピール力とも言い換え可能です。

「訴求点」の意味

「訴求点」とは、「宣伝・広告で消費者に対して訴えかけたい点」を指します。「点」を「ポイント」と置き換えるとわかりやすいでしょう。

こちらも言葉のつくりとしては名詞の「訴求」に接尾辞で「点」が付いています。言い換え表現としては「アピールポイント」があります。

「アピールポイント」の方が馴染みがあるので、その分使われることが多いかもしれません。

「訴求効果」の意味

「訴求効果」とは「宣伝・広告で消費者の購買意欲や、それが欲しいと思う気持ちを呼び起こす効果」を意味します。

「訴求効果」の高い宣伝・広告であれば、たくさん商品やサービスが購入されますし、効果が低ければ売り上げは伸びないでしょう。

ビジネスシーンでは非常によく使われる熟語です。

「訴求対象」の意味

「訴求対象」は「宣伝・広告で購買意欲や興味を掻き立てる対象」を意味します。要するに、とある宣伝・広告における中心的な受け手を指します。

ターゲット・オーディエンス(target audience)と言い換えられます。ターゲット層、客層なども似た意味で使われます。

「訴求○○」の意味

これまで見てきた熟語はすべて「訴求○○」型の熟語です。この型の熟語の意味は「訴求するための○○」となり、○○の部分には訴求するために必要な事柄が入ります。

  • 「訴求力」→「訴求するための力」
  • 「訴求点」→「訴求するために重要な点」
  • 「訴求効果」→「訴求による効果」
  • 「訴求対象」→「訴求する対象」

といったように、「訴求」と「○○」の間に言葉を補うことで意味を推測することができます。上記以外の言葉で分からないものが出てきたときは、この方法で意味を推測してみましょう。

「○○訴求」の意味

これまで見てきた熟語とは反対の「○○訴求」という型の熟語もあります。この型の場合は「○○によって訴求力を高める」という意味になります。例を挙げると

  • 「価格訴求」→「価格によって訴求力を高める」
  • 「品質訴求」→「品質によって訴求力を高める」
  • 「イメージ訴求」→「良いイメージによって訴求力を高める」

などがあります。○○の部分には上記で述べた「訴求点(訴求ポイント)」が入ることが多いでしょう。

「訴求」と「遡及」「遡求」はどんな違いあるの?

同じ読み方で、予測変換でも一緒に出てくる「訴求」と「遡及」と「遡求」。これらにはどのような意味の違いがあるのでしょうか?

おさらいですが、「訴求」には「宣伝・広告などによって相手の購買意欲に働きかけること」という意味がありました。

「遡及」の意味は「①過去のある時点までさかのぼること。②法律をその施行以前になされた行為や生じた事実にさかのぼって帝王すること、または法律要件の効力をその成立以前にさかのぼらせること。」です。

全体として「過去にさかのぼる」というイメージの言葉です。

「遡求」は「①さかのぼって追求すること。②手形・小切手の支払いがないときなどに、その所有人が、裏書人など流通過程上自己の前者に該当する者(自分が所有する以前にその手形・小切手を手にした人)に対して代償の支払いを請求すること。償還請求。」という意味を持ちます。

あまり登場頻度は多くないので「過去にさかのぼって追求する/求める」という意味を押さえておけば大丈夫です。

「遡及」と「遡求」はどちらも「遡」という漢字が使われています。「遡」は「さかのぼる」という意味を持ち、「遡る」で「さかのぼ‐る」と読みます。

そのためこれら二つの言葉はどちらも過去に言及しています。

「訴求」と「遡及」は共に後ろに「効果」を付けて「訴求効果」「遡及効果」と使うので注意が必要です。

「訴求効果」は上記でも述べたように「宣伝・広告で消費者の購買意欲や、それが欲しいと思う気持ちを呼び起こす効果」、「遡及効果」は「法律や法律要件がその成立以前にさかのぼって効力を持つこと」を意味します。

尚、「遡及効果」は「遡及効」とも言い、法律行為の取り消し、時効、遺産分割などの一部を除き、大半は認められていません(不遡及の原則)。

スポンサーリンク

「訴求」の類義語・対義語

「訴求」の類義語・対義語

「訴求」には、次の5つの類義語があります。対義語はありません。

  • アピールする
  • 説得する
  • 購買欲を高める
  • 期待する
  • リーチ
それぞれの類語を例文を使用して紹介します。

類語①「アピールする」

「アピールする」は「①人々に訴えかけること。②訴えかける力。魅力。③スポーツなどで審判に抗議する。」の3通りの意味を持ちます。「訴求」に対応する意味は①と②です。宣伝や広告の訴える力、需要喚起にに焦点を当てる場合、最も適当な類義語でしょう。

尚、後述する「訴求」の英語表現の一つにも「アピール(appeal)」があります。

 
  • 効果をアピールするためにCMの中に実験シーンを取り入れた。
  • 田舎の良さをアピールして観光客を増やす。
  • 子供に興味を持ってもらうために着ぐるみを着てアピールしよう。

類語②「説得する」

「『訴求』の類義語なのに『説得する』?」と不思議に思うかもしれません。しかし「相手の購買意欲に働きかける」手段として「説得する」のは効果的で、かつ、大きなウェイトを占めています。

「訴求」は相手に自分たちの商品・サービスのメリットを宣伝などで理解してもらうことで購買意欲に働きかけます。自分たちの意志・主張を十分に話し、伝えて納得させる」という「説得する」の要素を含んでいます。そのため「訴求」の類義語として「説得する」は当てはますのです。

  • メリットだけでなくデメリットもさらすことで客を信頼させ、商品を買うよう説得した。
  • 販売員に説得されて、ワンランク上のソファを買った。
  • そのCMは使用者の声を入れることで説得力を増した。

類語③「購買欲を高める」

「訴求」の「相手の購買意欲に働きかける」を重視する際、に使用する類義語です。「購買欲」は購買意欲に働きかけて、商品・サービスを「買いたいなぁ」と思っている相手の欲をさらに高めた状態であると捉えることもできるので、「購買意欲に働きかける」の部分をさらに強めたいときに使うと最適でしょう。

  • おいしそうなにおいを漂わせることで購買力を高める。
  • 客の購買欲を高めたいなら視覚にばかり訴えていてはだめだ。
  • 購買欲に高まった客はその時必要ではないものまで買い物する。

類語④「期待する」

「期待する」は「良い結果や状況を予期して、その実現を待ち望むこと」という意味を持ちます。「訴求」の意味を広くとり、字義通り「訴え求める」と解釈した場合、「強い期待や望みを持つこと」という意味において「期待する」は類義語になります。

  • 営業部が昨年よりも成果を上げることを期待する。
  • 景気改善による消費拡大を期待しよう。
  • 消費者が期待するのは価格以上の品質だ。

類語⑤「リーチ」

「訴求」を「広告がどれだけターゲットとする顧客層に到達したか」を重視する文脈においては「リーチ」という表現を使うと的確です。例えば「主婦相手ならばテレビCMによる訴求力は絶大だ」という文において、「訴求(訴求力)」は「広告が訴求対象となる人々の目に留まる」という意味で使われています。

「リーチ」は「リーチ数」や「リーチ率」という形で使われることも多いです。「リーチ数」は「広告が訴求対象に到達した人数」、「リーチ率」は「広告が訴求対象に到達した割合」という意味で使われます。

ちなみに、「リーチ率」は宣伝・広告の費用対効果の目安になり、「広告到達率」とさらに言い換えが可能です。

  • ツイッターでの広告は、若年層にリーチした。
  • 高齢者へのリーチ率を上げるために新聞広告を出そう。
  • 動画再生サイトに広告を載せるデメリットは、動画の再生回数が伸び悩むとリーチ数も伸び悩むことだ。
 
スポンサーリンク

「訴求」の英語表現

「訴求」の英語表現

「訴求」の英語表現はそれほど多くありませんし、ビジネスにおいて恒常的に用いることができる表現は1つしかありません。覚えてしまいましょう。

「訴える」と「求める」の意味で訳されることが多い

漢字の組み合わせを考えると納得がいきますよね。今回の場合、「訴える」は「心に訴える」、「求める」は「要請する」の意味で捉えると正確です。

例文①:「appeal」の英単語

「訴求」の英語表現として場を選ばずに使えるのは、上記でも紹介したように日本語としても使用される「appeal」です。「訴求」の言いかえとしての「appeal」の意味は「〈人の〉気にいる、興味を引く;〈魅力・政策・人気などが〉〔人の心に〕訴える」で、主に「appeal to~」の形で使います。名詞、動詞どちらでも使えます。

例文②:「request」の英単語

「訴求」を販売の場面で使う場合は「request」を用いることができます。「request」の意味は「…を頼む、要請する」です。

とはいえ、やはり「appeal」で代用できてしまうため使う頻度は非常に低いです。行政文書の中では登場することもあります。

例文③:「solicitation」の英単語

和英辞典などで「訴求」と調べたときに出てくる単語が「solicitation」です。しかしながら、この単語の原義は「懇願・懇請・勧誘・誘い」と「求める」という内容ですが、「売春婦などの客引き」という意味も持っています。「提案書、勧誘書」といった意味で名詞で目にすることもあるかもしれませんが、ビジネスにおいては使わないほうが無難でしょう。

英語表現例文①:appeal

To provide pens having a product appeal.

商品訴求力のあるペンを提供する。

英語表現例文②:request

The tasting salesperson request to customers to buy sausages with smell and sound.

試食販売委員はにおいと音で客にソーセージを買うように訴求した。

英語表現例文③:solicitation

To provide towels feeling cool when people touch with their hand and having solicitation for the same.

人々が手で触ったときに冷たく感じるようにし、訴求力のあるタオルとする。

スポンサーリンク

まとめ

  • 「訴求」は「そきゅう」と読む。意味は「宣伝・広告などによって相手の購買意欲に働きかけること」
  • 類義語は「アピールする」「説得する」「購買欲を高める」「期待する」「リーチ」
  • 対義語はない。
  • 「appeal」「request」「solicitation」を使った訴求の英語例文がある