ビジネス用語

俯瞰(ふかん)の意味・使い方は?類語や英語表現もまとめて紹介します!

俯瞰

仕事を始めると、今まで使ったことが無い、聞きなれない言葉を良く耳にします。

そんな言葉の一つに「俯瞰(ふかん)」があります。

俯瞰の意味は上から見下ろす、物事を全体的に見る、客観的に見ると言う意味があります。

今回はこの「俯瞰」に関する意味、使い方そして「俯瞰」を使った熟語や類義語、対義語そして英文表示と色々調べてみました。

しっかりと理解して使いこなせるようになりましょう。

俯瞰の意味・使い方

【読み】ふかん

  • 「俯瞰」の「俯」はうつむく、顔を下にすると言う意味。
  • 「俯瞰」の「瞰」は見下ろす、望む、遠くを見る、全体を見ると言う意味

【意味】高い所から全体を見下ろす、見渡す事。

  • 高い所から全体を見下ろす事。
  • 一つに拘らず全体を通して視野を広げてみる事。または考える事。
  • 全体を通して物事を客観的に見れるようにする事。

「俯瞰」は顔を下にして全体を見渡す、高い所から真下を見るという意味になります。

ただ単に高い所から見渡すだけでなく、考え事をしている際に、全体像から物事を判断する、物事を客観的に見るという意味。

また「俯瞰」と言う言葉を使うことでちがったアプローチの方法を示唆する事もあります。

高い所から全体を見下ろす事

「俯瞰」の意味、高い所から全体を見下ろす場合の例文を上げます。物理的に高い所から見下ろす事、物事を全体が見える高い位置に目線を持って行き、見渡してみることです。

例文

  • 高層マンションを買ったのは、街が俯瞰できるからだ。
  • 山頂からの俯瞰をおもうと、山登りが苦にならない。
  • 飛行機で窓際の席に座るのは、空から俯瞰を楽しみにしているから。
  • みんなの意見をまとめるには、俯瞰してみることも必要だ。

この様に物理的に高い所から見下ろした場合と、自分が高い位置になった目線になって物事を見る場合の二通りの意味の使い方が出来ます。

あまり知られていない言葉ですが、会話の中に入れてみるのも良いですね。

一つに拘らず全体を通して視野を広げてみる事。

高い所から全体を見下ろすことで、一つの事だけでなくほかの事との関連性、そのポジションなどが見えてくることを言います。

また物事の大枠、全体を捉えるという意味も。ビジネスでは考え方のアプローチの一つを示唆する場合に使われる事が多いようです。

例文

  • 考えがまとまらないときは、一度俯瞰してみるといい。
  • 一つの事に拘らず、俯瞰した考え方をするのはどうだ?
  • 一つの事に悩んでいたら、たまには全体から俯瞰してみるのもいい。
  • 全体を俯瞰する事で見えてくるものがある。

物理的に高い所から見下ろすのではなく、考え方として全体を見下ろす事です。

全体を見渡す、総体的に見みる事で、違った見方が出来る事を示唆できます。ビジネスでは部下などにアドバイスするときに使われやすいです。

③全体を通して物事を客観的に見れるようにする事。

「俯瞰」の直接的な意味、高い所から見下ろすから全体を見渡して客観的に考える、判断するという意味で使います。ビジネスでは一番使われやすい意味です。

例文

  • マーケティングを行うときは、市場を俯瞰する事が必要だ。
  • 貴社との関係を俯瞰して、お互いに利益が出るようにしたい。
  • 問題点を見つけたいときは、一度俯瞰してみるといい。
  • 適材適所の人材を見つけるには、俯瞰してみる必要がある。

物事を全体から客観的に見て物事を決めるといった時に使われます。ビジネスでは全体像を見渡して、最も自分や会社に有益になるような判断を下す、と言った時に使います。

俯瞰的な見方をする様にといわれたら、「全体をみてみろ」と言う事です。

スポンサーリンク

俯瞰が使われる熟語

高い位置から物事を見渡すことで、総体的な見方ができ、物事を客観的見る意味の「俯瞰」はその意味を踏まえて色々な熟語にも使われています。他の漢字と組み合わせる事で作られた熟語を紹介していきます。

  • 俯瞰図
  • 俯瞰力
  • 俯瞰的
  • 俯瞰的撮影
  • 俯瞰視線

俯瞰図の意味

 高い所から見下ろしたような形式で書かれた絵や図。地上から鳥の目から見た鳥瞰図または鳥目図、パノラマ図と言われることもあります。地形や建物またその位置が立体感を持って描かれるもので、解りやすく観光案内図などに使われています。

俯瞰力の意味

 全体を通して物事を見る力。自分の事も客観的に見ることも出来るスキルがある事を示します。

俯瞰力がある人は全体を見て考える事ができるので、コミュニケーション力が高く的確な判断が出来ます。ビジネス上でも機転が利くことで有利に物事を運ぶ事が出来ます。

俯瞰的の意味

高い所から全体を見渡す見方、考え方をいいます。言葉の使い方は俯瞰的な見方、俯瞰的な考え方など。

自分が居る位置よりも一段上に立って見渡す、考える事になりますが、相手や物事を一段下に見る見下す事とは違います。

俯瞰的撮影の意味

航空写真やドローンを使った空撮など高い位置から、全体を見下ろすように撮影すること。タワーなど高い建物から景色の全体がわかるような撮影方法や、真上から取る撮影方法は真俯瞰とも言われます。真俯瞰は料理などがきれいに取れるのでインスタなどに使われます。

俯瞰視線の意味

俯瞰図の様に高い位置から物事を見る視点の事。物事を客観的に見ることが出来るのはもちろん、ゲームなどではプレイをしている人の視点ではなく、真上から動きを見たり第三者の目線でゲームの動きを見て判断する事を言います。

俯瞰と鳥瞰はどんな違いあるの?

「俯瞰」と似た言葉に「鳥瞰」と言うものがあります。両方とも「瞰」と言う見下ろす、見渡しと言う意味の感じが使われています。鳥瞰は鳥の様に高い所を飛びながら見下ろすという意味です。

両方とも上からものを見る、全体的に見る事で客観的に見ることが可能と言う意味です。同じ意味と言ってもいいですが、「鳥瞰」には真上だけでなく斜め上からの視点も含まれます。

スポンサーリンク

俯瞰の類義語・対義語

俯瞰の類義語・対義語

なかなか聞きなれない言葉「俯瞰」には類義語も対義語もあります。類語は同じ様な意味、または似ている言葉、対義語は使われていることばから反対の意味を表す物です。

「俯瞰」には、次の3つの類語があります。

  • 展望
  • 達観
  • 鳥瞰

「俯瞰」には、次の3つの対義語があります。

  • 偏狭
  • 仰視
  • 近視眼的
それぞれの類語を例文を使用して紹介します。

類語「展望」

展望は物理的に高い場所から遠くを見渡すという意味、またこれからの将来の事を見渡す、考えるという意味もあり、そこから全体的なものを見渡すという意味にもなります。俯瞰が持つ意味高い所からも見下ろす、相対的に見渡すと同じと考えられます。
 
  • ビルの屋上からの展望がすばらしい。
  • これからのゲームの展望に期待する
  • 新入社員が入社後の展望を語る。

類語「達観」

達観とは物事を総体的にみて考え、判断し将来を見渡す事です。また物事の正しさを的確に見抜き、動じない様をいう事もあります。達観した人と言った使い方は、物事において悟りを開いたと言う意味が強くなり、「俯瞰」の持つ意味とちょっと違っています。
 
  • 不当なクレームを受けても、達観している。
  • 現在の努力が、将来有利に働くと達観している。
  • 他の人からの評判が悪くとも、本質がわかる人たちは達観して彼を見ている。

類語「鳥瞰」

似ていて間違えやすい言葉でもあげた鳥瞰。鳥が上空から地上を見下ろすようにする事から、俯瞰と同じ様な意味に取られます。全体を見る事になるので、一つの視点から全体を見るのではなく、全体から一つの視点を見る意味も在ります。

  • 両者の関係に関して鳥瞰する必要がある。
  • もっと鳥瞰した考え方が出来ないか?
  • 一人ひとりの意見に耳を傾けることも大切だが、鳥瞰することで見えてくるものがある。

対義語「偏狭」

自分の考え方が狭く、全体的な考え方が出来ない、度量が狭い、小さいとも言われます。また小さい土地や場所の事、視野が狭く主観的な考え方が人と変わっているという場合にも使います。総体的に考え客観的に見える事への対義語となります。

  • 彼の考え方は偏狭で視野が狭い。
  • 偏狭な性格は時には相手を傷つけることもある。
  • あの偏狭な土地には何も建たない。

対義語「仰視」

仰視は仰ぎ見る事、低い位置から上を仰ぎ見ることを言います。物理的に仰ぎ見る場合、物事に関して相手を上に見ている場合にも使います。仰視に使われている「仰ぐ」見上げるは俯瞰に使われている「俯」うつむくのの対義語です。

  • 写真撮影は仰視する形で取りたいので、カメラを低い位置に設置した。
  • 相手に対して仰視していることが解る行動を取る。
  • 彼の経歴を見ると思わず仰視してしまう。

対義語「近視眼的」

近視眼的とは、近いものしか見えない、目先の物事しか見えず、先の事が見通せない事。物事を全体的に見れず視野が狭くなってしまう事です。長期的な考え方が出来ず、短絡的に考えてしまう事、またはその見方。そのときはよくとも長期的に考えると悪い結果になる事です。
 
  • 近視眼的な考え方で就職先を選んではいけない。
  • 進学先をファションで選ぶのは近視眼的な考えだ。
  • 近視眼的な考えでは長期に渡って成功するのは難しい。
スポンサーリンク

俯瞰の英語表現

俯瞰の英語表現
俯瞰の英語表現は、上からものを見下ろすことからOverlook、客観的にものを見ることからObjectively, また鳥瞰と同じ意味でBird’s eye viewなどの英語での表現の仕方があります。
 

俯瞰を英語になおすとOverlook やObjectively という意味で訳されることが多い

俯瞰の意味、上から見下ろすはそのままOverlook とBird’s eye view,そして仕事などでよく使う意味でもある物事を客観的に見るはObjectivelyに訳されます。

ここでは俯瞰を英文で表した場合の例文などを紹介します。

例文①:Overlookの英単語

Overlookには見下ろす、見渡すという意味があります。動詞で文章では見下ろす、見渡すという動きを表す言葉です。
 
We can overlook the town from the airplane window. 私たちは飛行機の窓から街を見下ろした。(私たちは飛行機の窓から街を俯瞰した)

例文②:Objectivelyの英単語

Objectively は客観的と言う意味があります。副詞で英文では動詞を補助する形で使われます。俯瞰する=客観的に見るという意味の時に使います。

I can look at the condition objectively. 私は状況を客観的に見る事ができます。(私は状況を俯瞰することができる)

例文③:Bird’s eye viewの英単語

Bird’s eye viewは鳥の目で見た景色、鳥瞰図を意味します。俯瞰と同じ様に上から全体を見下ろした状態、また相対的、全体的な視点を持つことが上げられます。

 “bird’s eye view” means as a having a relative viewpoint, or have a view of overlooking.

鳥瞰図は相対的な視点を持つ、または全体を見下ろすという意味を持ちます。

スポンサーリンク

まとめ

ビジネスなどで使われる「俯瞰」、高い所から見渡すことで、同時に全体を通して広い視野を持つ、客観的に物事を見る場合に使います。英語で表現するとOverlookやobjectively、またMacroscopic perspective(巨視的に見渡す)などとも言い表せます。

俯瞰を使った熟語や類語また対義語なども取り上げてみました。

  • 俯瞰(ふかん)の意味ー高い所から見下ろす、全体を通して物事を客観的に見る、考える
  • 俯瞰を使った熟語ー俯瞰図、俯瞰力、俯瞰的、俯瞰的撮影、俯瞰視線
  • 俯瞰の類語ー展望、達観、展望
  • 俯瞰の対義語ー偏狭、仰視、近視眼的
  • 俯瞰を英語で表すとーOverlook, objectively、bird’s eye view

ちょっと聞きなれない言葉ですが、意味をちゃんと理解して日常会話でも使ってみましょう。