転職エージェント・転職サイト

コンサル業界に強いおすすめ転職エージェント9社を徹底比較!

この記事では500人の口コミやデータを元に厳選した、コンサル転職で人気の高いエージェント9社を比較し、専門分野ごとにまとめました。

最後まで読めば、きっとあなたに合った「コンサル業界に強い転職エージェント」が見つかるはずです。ぜひ参考にしてみて下さい。

結論から先にお伝えすると、総合型とコンサル特化型の転職エージェントを併用するのがおすすめです。

まずは、待ちの状態で転職活動ができる「ビズリーチ」と、求人数が国内No.1の「リクルートエージェント」の総合型転職エージェント2社に登録しましょう。

その後、戦略系や総合系などの専門分野に合わせて、コンサル特化型の転職エージェントを2社選びましょう。

コンサルへの転職でエージェントを使うべき理由

コンサル転職でエージェントを活用すべき理由とは

筆記試験やケース面接などの対策が必要

コンサルティングファームへの転職では、フェルミ推定を使った独自の選考をイメージする方が多いのではないでしょうか?

実際に、コンサル業界では他の業界と選考スタイルが異なり、コンサル独自の選考対策をしなければいけないことが多いです。

英語や判断推理、計算問題などの「筆記試験」は、ファームによっては通過率10%と、非常に狭き門です。筆記試験を通過した後も、論理思考力を測る「ケース面接」など、専門性の高い選考をくぐり抜ける必要があります。

専門的で手厚い転職サポートが受けられる

選考対策として、自分で書籍を購入し独学で勉強する方法もありますが、本気でコンサルへの転職を実現させたい場合は、転職エージェントを活用するのが得策です。

なぜなら、転職エージェントでは、コンサル業界出身者から、独自の専門的なサポートを受けることができるからです。

具体的には、過去の選考内容を元に作成した質問集や、マンツーマンでのレクチャーなど、独学では決して受けることができない手厚い選考対策を行っています。

また、業界や企業に関する内部情報も手に入れることができます。

コンサルティングファームごとの組織体系や働き方、案件の違いなどの裏事情を、業界出身者から直接仕入れることが可能です。

「総合型」と「コンサル特化型」の併用が原則

総合型と特化型の併用で、転職の成功確率が上がる

転職エージェントには、多くの業界に対応している総合型の転職エージェントと、1つの業界に特化した特化型の転職エージェントと、2つのタイプがあります。

・総合型の転職エージェント:
大量の求人を保有していて、幅広い案件を紹介してもらえる。近年はコンサル専門の部署がある。
・コンサル特化型の転職エージェント:
求人数は少ないが、各分野に特化した専門的な知識や選考対策を実施。

それぞれ特徴や強みが異なり、両方活用することで転職の成功確率がグッと上がります。

最大限に転職の成功確率を上げるには、総合型・特化型両方の転職エージェントの求人の中から、自分に合う求人を探しつつ、コンサル特化型の転職エージェントで専門的な選考対策・サポートを受けるのがおすすめです。

転職成功者は平均4社のエージェントを利用

では、実際に転職に成功している人は、複数の転職エージェントに登録していることはご存知でしょうか?

リクルートが公表している調査によると、転職エージェント利用者全体の平均利用社数は2.1社で、そのうち転職に成功している人は4.2社を利用しています。

引用:リクナビNEXT

転職に成功している人ほど、多くの転職エージェントを利用しているということがお分かり頂けたと思います。

コンサルに限らず、総合型と特化型両方の転職エージェントを利用した方が、転職の成功確率が上がるのです。

 

それでは、これから「総合型」の転職エージェントと、「コンサル特化型」の転職エージェントを紹介していきますね!

スポンサーリンク

【総合型】コンサル転職におすすめの転職エージェント

まずは、コンサル業界に転職するなら必ず登録しておきたい、総合型の転職エージェントを紹介します。

どのエージェントも求人数が非常に多く、大手で実績も豊富なため、安心して利用できますよ!

1位:リクルートエージェント

国内最多の求人数!あなたに合った求人が見つかるはず

リクルートエージェントは、人材業界のトップを独走しているリクルートが運営する国内最大級の総合転職エージェントです。

その歴史は約40年と古く、これまで45万人以上をサポートしており、業界最多の実績を誇っています。保有している求人の量や質、サポート体制など、あらゆる面でトップレベルの水準を誇っており、その総合力が強みと言えます。

特に求人量は32万件以上(非公開求人含む)と、他社を圧倒しており、地方都市にも拠点を構え、日本全国だけでなく海外の求人も豊富に取り扱っています。求人案件の取りこぼしを防ぐために、登録は必須と言えます。

転職エージェント選びで迷っている方は、総合的に安定しているリクルートエージェントで間違いないでしょう。

全国で転職するなら
まずはリクルートエージェント

2位:マイナビエージェント

若手の転職に強い!20代なら登録しておきたい1社

マイナビエージェントは20代〜30代半ばで、優良企業を紹介してほしいという方には非常におすすめの大手総合転職エージェントです。

マイナビエージェントは、若手の転職支援実績が豊富で、利用者の80%が20代〜30代半ばです。提携企業も若手〜中堅層の採用ニーズを抱えている企業が多いです。

また、新卒採用市場で最大手のマイナビグループは、新卒採用で培った企業とのネットワークを活用し、大企業はもちろん、優良中小企業の求人を多数保有しています。マイナビエージェントが保有する求人の半数以上が非公開求人で、一般公開したら応募が殺到するような人気求人を紹介してもらうことが可能です。

5分で簡単登録

3位:パソナキャリア

年収重視の方は登録必須!67%の人が転職後に年収アップを実現

パソナキャリアは、人材業界大手のパソナが運営している総合転職エージェントで、転職がはじめてで年収を上げたい方におすすめです。

パソナキャリア経由で転職をした人のうち、なんと67%が転職後に年収が上昇しており、パソナキャリアは年収アップの面で強みを持っています。

また、利用者の半数以上が転職経験がなく、転職がはじめての人からの評価が高いです。

はじめての転職で不安だけど、年収アップを目指しているけど、はじめての転職で不安という方は、パソナキャリアを利用しましょう。

5分で簡単登録

4位:ビズリーチ

登録してスカウトを待つだけ!コンサル専門のヘッドハンターにも相談できる

ビズリーチはハイクラス向けの会員制転職サービスで、ヘッドハンターや人事から直接スカウトが届いたり、自らヘッドハンターを検索して相談することが可能です。

その会員数は151万人を突破しており、ハイクラス向けの転職サービスでは業界最大手です。

求人量・質など総合的に欠点がなく、高年収ポジションや管理職での転職を希望しているは必ず登録しておきたいサービスです。

また、今すぐの転職を考えていなくても、スカウトを受け取りながら興味あるオファーが来たら話を聞いてみたいという人にもおすすめです。

5分で簡単登録

【特化型】戦略系コンサルへの転職におすすめの転職エージェント

次に、戦略系コンサルティングファームへの転職に強い転職エージェントを紹介します。経営戦略から新規事業の戦略、M&A戦略など、顧客の全体的な経営課題を解決する、抽象度の高い業務が特徴です。

紹介企業例

・マッキンゼー・アンド・カンパニー
・ボストン・コンサルティング・グループ
・ベイン・アンド・カンパニー
・A.T.カーニー など

ムービンストラテジックキャリア

言わずと知れたコンサル転職大手。特に戦コンに強い

ムービンは、元BCGの人が設立したコンサル特化型の転職エージェントで、特化型の転職エージェントとしては実績No.1です。

元コンサル業界出身者のキャリアコンサルタントが大多数を占めているため、業界のリアルな話を聞くことができます。

特に、戦略系のコンサルティングファームの求人が多く、業界出身者のコネクションを活かした非公開求人も魅力です。

5分で簡単登録

スポンサーリンク

【特化型】IT・総合系コンサルへの転職におすすめの転職エージェント

次に、アクセンチュアやデロイトなどのIT系に強い総合コンサルティングファームに転職したい方必見の転職エージェントを紹介します。

紹介企業例

・アクセンチュア
・デロイトトーマツコンサルティング
・PwCコンサルティング
・EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング
・KPMGコンサルティング
・アビームコンサルティング
・クニエ
・ガードナージャパン
・フューチャーアーキテクト
・日本オラクル
・NTTデータ
・ワークスアプリケーションズ
・SAPジャパン など

1位:アクシスコンサルティング

コンサル未経験でも安心!SEからの転職なら登録必須

アクシスコンサルティングは、幅広いジャンルのコンサル企業への紹介を行っていますが、その中でもIT系に特化した総合系コンサルティングファームへの転職支援実績が豊富なエージェントです。

事業会社からのコンサル会社への転職支援に強みを持っていて、特にSEなどのIT系職種からの転職なら必ず登録しておきたい1社です。

5分で簡単登録

2位:クライス&カンパニー

ハイクラス専門で27年。コンサル×管理職に強い

クライス&カンパニーは、コンサル・IT系業界をメインに、ハイキャリアの転職支援を行っていて、その歴史は27年と老舗のエージェントです。

27年の支援で培った企業との盤石なコネクションで、独自の非公開求人を多く保有しています。

IT・コンサル業界でマネージャークラス以上での転職をお考えの方は、ぜひ登録しておきましょう。

5分で簡単登録

3位:コトラ

IT系の求人に強い!転職後の定着率は驚異の97%

コトラは、コンサル・金融・IT・メーカーなどの業界に特化した転職エージェントです。

戦略から財務・会計系、組織・人事系など幅広いコンサルティングファームの求人を扱っていますが、特に近年はIT分野の求人に強いです。AIやビッグデータ、フィンテック分野、デジタルトランスフォーメーション分野のコンサルポジションが増えています。

また、転職後のアフタフォローも丁寧で、「KOTORA25」といった独自の診断テストやカウンセリングの機会が豊富です。そのため、転職後の半年間の定着率は97%と最高峰の水準を誇っています。

5分で簡単登録

【特化型】財務系コンサル(BIG4)への転職におすすめの転職エージェント

次に、BIG4などの財務・会計系コンサルの転職に強い転職エージェントを紹介します。

紹介企業例

・デロイトトーマツコンサルティング
・PwCコンサルティング
・EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング
・KPMGコンサルティング などのアドバイザリー部門

アンテロープ

コンサル・金融に特化!金融出身者は登録しておきたい

アンテロープは、外資系をはじめとしたコンサルティングファーム・金融系の転職支援に強い転職エージェントです。

コンサルはもちろん、外資系投資銀行(外銀)やM&Aアドバイザリー、生保など、金融系にも強いです。

金融業界出身者なら、ぜひ登録しておきましょう。

5分で簡単登録

スポンサーリンク

【特化型】シンクタンク・独立系への転職におすすめの転職エージェント

次に、野村総研や船井総研などのシンクタンク系・独立系コンサルの転職に強い転職エージェントを紹介します。

紹介企業例

・野村総合研究所
・船井総合研究所
・NTTデータ経営研究所
・みずほ情報総研
・日本総研(JRI)
・三菱総合研究所(MRI)
・三菱UFJリサーチ&コンサルティング(MURC)
・富士通総研 など

リクルートエージェント

シンクタンクへの転職支援実績が豊富

リクルートエージェントは、総合型の転職エージェントで、求人数・転職支援実績は国内No.1です。

シンクタンク系に転職した人のうち、リクルートエージェントを経由している人を多く見るため、総合型の転職エージェントの中でもシンクタンク系コンサルの転職に強いと言えます。

5分で簡単登録

登録から転職までの流れ

それでは、転職エージェントに登録してから、企業への内定を貰うまで、どのような流れになるかご紹介します。

  1. 会員登録
  2. 担当者との面談
  3. 求人の提案・選考対策
  4. 選考後、内定から入社

① 会員登録

まずは、転職エージェントの公式サイトから、無料の会員登録を行います。

名前や住所などのプロフィールや今までの経歴、転職先の希望条件などの情報を埋めるだけで、気軽に3分程度で会員登録が可能です。

ただし、最大限あなたにマッチする求人を紹介してもらうために、少しでも多くの事前情報を入力しましょう。

箇条書きやメモのような形でも構わないので、細かい希望条件などは詳しく書くことをオススメします。

② 担当者との面談

次に、エージェントに所属するキャリアアドバイザーとの面談(キャリアカウンセリング)が1時間〜1.5時間ほど行われます。

面談の主な内容は以下の通りです。

  • あなたの経歴や希望条件、転職理由の確認
  • 転職市場のトレンドに関するレクチャー

担当者と1対1で行われ、まずはあなたの職務経歴や転職先の希望条件、転職理由を詳しくヒアリングされます。

そして、あなたが希望する職種や業界の転職市場における傾向などを担当者から共有されます。

この面談の内容を踏まえてあなたに合った求人を探すため、包み隠さず本音で語りましょう。

なお、基本は対面での面談が多いですが、忙しい人向けに電話での面談を実施しているエージェントもあります。

③ 求人の提案・選考対策

上記のキャリアカウンセリングを踏まえて、エージェントの担当者からあなたに合った求人が提案されます。

職種や業界にとって提案される求人数は異なりますが、大体10〜30ほどの求人を紹介してもらうことができます。

ここで自分の希望する求人とは違う求人、興味のない求人が提案されたら、遠慮なく担当者にその旨を伝えましょう。「年収はもう少し高い方が良い」「この規模の会社は希望していない」など、あなたのフィードバックを元に、より精度が高い提案を受けることが可能です。

そして、応募する求人が決まったら、企業に送る職務経歴書の作成や面接練習などが始まります。エージェントが保有する職務経歴書のフォーマットの共有や、転職のプロから職務経歴書の添削を受けることがでいます。

エージェントがあなたをアピールするための「推薦状」とともに職務経歴書を企業に送付し、1〜7日後に書類選考の結果をエージェントから伝えられます。

書類選考に通過したら、面接に関する情報共有や練習が始まります。なお、面倒な日程調整はエージェントが代行してくれます。

④ 選考後、内定から入社

面接が順調に進み、最終選考に通過したら見事内定を貰えたら、入社日を調整して実際に入社という流れになります。

転職エージェントでは手厚いサポートを受けることができるため、担当者に様々なことを相談しながら転職活動を進めましょう。

スポンサーリンク

転職エージェントの活用術

転職エージェントを利用する際、最大限に活用して少しでも内定を勝ち取る確立を上げる方法が気になりますね。

このパートでは、転職エージェントを活用して転職を成功させる上で、重要なポイントを紹介します。

  1. 複数の転職エージェントを活用する
  2. 細かい意向も共有する
  3. 担当者のやる気を引き出す
  4. 担当者と合わない時は迷わず変更する

① 複数の転職エージェントを活用する

まず、より多くの自分に合う求人を紹介してもらうため、自分のキャリアに対して様々な角度からアドバイスをもらうために、複数の転職エージェントを活用するようにしましょう。

転職に成功している人は最低3〜5つのエージェントに登録している傾向が強く、大手エージェント3社、業界や職種、地域などの特化型エージェント2社の内訳が多いです。

複数のエージェントを活用するべき理由として、「より多くの求人を紹介してもらえる」ことが挙げられます。エージェントによって契約している企業が異なるため、各エージェントが保有する求人は千差万別です。大手エージェントが保有する数万単位の求人数は魅力的ですが、特化型エージェントは得意分野の求人に強みを持っているため、独自の求人を保有しています。両者とも捨てがたいため、1つの転職エージェントだけでなく、なるべく幾つかの転職エージェントに登録することが、転職成功の第一歩となります。

次に、「様々な角度からキャリアアドバイスを受けられる」ことも大きな理由の1つです。当然、転職エージェントによってキャリアアドバイザーは異なり、キャリアに関する考え方、職種や業界に関する知識は各担当者によって様々です。複数の担当者から多角的なアドバイスを受け、新しい気づきや発見を得て、納得するキャリアの考え方を探しましょう。

② 細かい意向も共有する

転職エージェントを利用する中でよくある転職の失敗例として、「希望とは違う求人が紹介される」「入社したものの文化が合わない」などが挙げられます。

担当者との面談の機会は、せいぜい1〜2回です。その少ない貴重な面談で、なるべく細かい意向や転職背景を伝えるようにしましょう。年収は〇〇万円が絶対条件、個人の裁量が尊重される風土が良いなど、しっかりと事前情報を担当者に伝えましょう。

③ 担当者のやる気を引き出す

転職エージェントは、転職希望者を提携先である企業に紹介し、転職を成立させることで「紹介料」を紹介先企業から受け取る仕組みとなっています。

そのため、より転職志望度が高い人に対して積極的にサポートを行う傾向にあります。

「とにかく来月中には転職をしたい」

「自分にあう求人が見つかったら転職できればいい」

つまり、上記2人のような転職者がいた場合、転職意思が強い前者の人が優先的に求人が紹介され、面接対策などのサポートが行われます。また、担当者への返事のスピードが早い、連絡頻度が多いことも志望度のアピールとして受け取られます。

担当者のやる気をうまく引き出して、より多くの求人を紹介してもらい、転職を成功に導きましょう。

④ 担当者と合わない時は迷わず変更する

担当者も人ですので、自分と性格的に合わないということは少なくありません。

そのまま合わないと感じながら求人紹介やサポートを受けても、担当者と打ち解けないままで質の高いサポートを受けることは難しいです。

自分と合わないと感じた場合は遠慮せずに担当者を変えてもらうよう転職エージェントに伝えましょう。

関連記事

20代が使うべきおすすめ転職エージェントはココ【20社比較】この記事では500人の口コミやデータを比較して厳選した「20代・第二新卒に本当におすすめの転職エージェント」を紹介します! 最後ま...
30代に強いおすすめ転職エージェント16社を比較丨未経験・女性向けも紹介この記事では500人の口コミやデータを元に厳選した、30代の転職に強いエージェント16社を比較し、おすすめ分野ごとにまとめました。 ...
40代に強いおすすめ転職エージェント14社を徹底比較してみた40代での転職には、エージェントの利用は必須です。 エージェントにしか紹介できない「非公開求人」がある 自分のキャリアに...