業界研究

【3分でわかる】半導体業界の課題や動向は?主要企業の比較やランキングも紹介

自動運転やIoT、5Gの普及に伴い、半導体の需要は今後更に拡大していくと予想されています。今回は、そんな半導体業界の仕組みや課題、今後の動向などを解説します。また、主要企業の比較や年収・売上ランキングも紹介します。ぜひ最後までご覧ください。

半導体業界について

半導体業界の概要

半導体は日本の産業の中枢

高度経済長期に日本の産業を支えた「鉄鋼」に代わり、現在は半導体が「産業のコメ」と呼ばれています。半導体は、パソコンやスマートフォン、家電や自動車など様々な電子・電機分野の製品に使用されている重要な部品であり、日本を牽引する産業を支えています。日本のGDPの1%は半導体自体が占めていますが、川下の電子産業や川上の半導体製造装置メーカー、材料産業を含めるとGDPの5%を占めていると言われています。

width=640

市場規模は4.4兆円。2020年回復の兆し

世界半導体市場統計(WSTS)によると、日本の2018年の半導体市場は約4兆4,126億円(円ベース)で、前年度比+7.5%と高成長を記録しました。しかし、2018年後半から世界市場で縮小が続いており、2019年は-10.0%のマイナス成長で約3兆9,733億円と見込まれています。

なお、5Gの導入や自動車の電動化などが追い風となり、2020年からは需要は持ち直し成長はプラスに転じると予測が立っています。

様々な懸案事項の解決に向けた何らかの進展を期待すると共に、データセンタ用設備投資の回復や5G導入に伴う様々なサービスの拡大、自動車の電動化・機能向上の継続などを考慮し、半導体合計で前年比+5.4%とプラス成長に回帰するものと予測した。

width=1141
世界半導体市場統計丨 2019年春季半導体市場予測について
※ページ下部の「業界別売上高ランキング」は上場企業を中心とした企業の連結売上高を参考に弊社が独自に作成しているため、上記数字と相違があります。

半導体業界の構造

半導体の種類と代表的な企業

ひとえに半導体と言っても、大きく2つの種類に分けられ、それぞれ機能や役割が異なります。

まず1つに、ロジック半導体です。ロジック半導体は「演算」が主な機能であり、言わば「パソコンやスマートフォンなどの頭脳」です。自動運転で必要な画像認識・処理機能もロジック半導体に分類され、今後さらに高度な演算機能の実現が期待されています。代表的なメーカーとして、アメリカのインテルやクアルコム、日本企業ではルネサスエレクトロニクス、日立製作所などが挙げられます。

width=1000

次に、メモリー半導体です。メモリー半導体は、プログラムや画像などのデータを蓄積・記憶する役割で、暗記を専門的にしています。ビッグデータや写真・動画コンテンツが増加したことにより、世界中で需要が拡大しています。代表的なメーカーは、トップは韓国のサムスン電子で、日本企業は東芝が上位を争っています。

業界再編で競争力向上を図るも

グローバルな市場で激しい競争が起こってる半導体業界ですが、日本企業は生き残りをかけ激動の再編が行われています。企業同士の合併だけでなく、技術・生産面での提携や事業売却など様々な構造改革や企業再編を次々と起こっています。

しかし、それでも国際競争に勝ちきれず、赤字や経営破綻、倒産寸前に追い込まれている企業も少なくありません。

width=500
日経BP

半導体業界の歴史

戦後の復興を支えた半導体産業

半導体の発展は戦後の日本の「奇跡の復興」を支えたと言っても過言ではありません。終戦から間もないタイミングで、20世紀最大の発明と言われるトランジスタ(電子回路において信号を増幅またはスイッチングすることができる半導体素子)が誕生し、日本はいち早く目をつけ、ラジオやテレビ、オーディオ機器に応用し輸出をはじめました。

当時、日本製の製品は「低価格で低品質」というイメージが根付いていましたが、トランジスタを活用した製品の輸出により、「日本製品は高品質」というイメージを醸成することに成功しました。

半導体業界の課題

二極化の傾向

半導体メーカーが競争力を向上させるためには、研究開発を進めより高品質な製品を生産する必要があります。しかし多くの企業はこの研究開発費を十分に捻出することができておらず、インテルやサムスンなど資金に余裕がある巨大企業を中心に最先端の開発が行われていくことが予想されています。

半導体業界の将来性・動向

IoTなど新技術の普及で半導体の需要は拡大

AIともに最新技術として注目を浴びているIoT(Internet of Things)。モノとモノをインターネットで繋ぐIoTの技術には、半導体は切っても切れない関係です。端末に搭載されるセンサーや通信装置などで、様々な新規の半導体部品が必要となり、今後需要は伸びていくと予想されています。また、IoT以外にもAI技術を活用した自動運転や5G(第5世代移動通信システム)などの普及は、半導体業界に追い風となるでしょう。

日本企業は再び首位を走れるか

1980年代、日本企業はDRAM(メモリのひとつ)の世界シェア80%を占めるほど半導体市場を圧巻していました。しかし、パソコンの出現とともに市場は低価格路線にシフトしましたが、日本企業は必要以上の高品質に固執し、値段対応ができませんでした。また、技術革新飲みに目を向け、マーケティング活動を怠った日本企業のシェアは30%以下に落ち込み、韓国をはじめ他国との競争に負けるようになりました。

今後は日本企業は、スマート家電市場など得意分野に注力していくと同時に、有機半導体など新しい技術の開発で巻き返しを図っています。

半導体業界のランキング

業界内の会社のランキング

順位 会社名 売上
1位 日立製作所 9兆4806億円
2位 ソニー 8兆6657億円
3位 三菱電機 4兆5199億円
4位 東芝 3兆6935億円
5位 京セラ 1兆6237億円
6位 東京エレクトロン 1兆2782億円
7位 長瀬産業 8078億円
8位 ルネサスエレクトロニクス 7565億円
9位 日立ハイテクノロジーズ 7311億円
10位 ニコン 7087億円
11位 荏原製作所 5092億円
12位 ローム 3990億円
13位 SCREENホールディングス 3642億円
14位 アドバンテスト 2825億円
15位 堀場製作所 2106億円
16位 サンワテクノス 1454億円
17位 東京エレクトロン デバイス 1410億円
18位 ニューフレアテクノロジー 578億円
19位 芝浦メカトロニクス 531億円
20位 ワイエイシイホールディングス 360億円
21位 ローツェ 314億円
22位 日本マイクロニクス 301億円
23位 レーザーテック 288億円
24位 TOWA 283億円
25位 テラプローブ 217億円
26位 タツモ 190億円
27位 新川 112億円
28位 ミライアル 100億円

順位 会社名 平均年収
1位 東京エレクトロン 1,272万円
2位 レーザーテック 1,112万円
3位 ソニー 1,051万円
4位 アドバンテスト 1,020万円
5位 長瀬産業 941万円
6位 東芝 915万円
7位 SCREENホールディングス 896万円
8位 日立製作所 894万円
9位 日立ハイテクノロジーズ 834万円
10位 ニコン 831万円
11位 ローツェ 820万円
12位 三菱電機 817万円
13位 ルネサスエレクトロニクス 804万円
14位 ニューフレアテクノロジー 763万円
15位 東京エレクトロン デバイス 748万円
16位 荏原製作所 736万円
17位 ローム 725万円
18位 京セラ 720万円
19位 芝浦メカトロニクス 698万円
20位 堀場製作所 696万円
21位 新川 651万円
22位 サンワテクノス 640万円
23位 TOWA 623万円
24位 テラプローブ 619万円
25位 ワイエイシイホールディングス 607万円
26位 日本マイクロニクス 533万円
27位 ミライアル 500万円
28位 タツモ 475万円
※この記事の平均年収や売上情報などは、「有価証券報告書」を中心に、弊社が独自に調査した3000社の企業を対象に行なったものです。こちらをご理解の上、ご活用ください。

業界ごとのランキング

順位 業界名 合計売上高
1位 総合電機・電子・機械関連 119兆4995億円
2位 自動車・輸送用機器 115兆1314億円
3位 化学・素材・バイオ 61兆7608億円
4位 総合商社 56兆212億円
5位 小売・百貨店・その他 53兆3059億円
6位 銀行・信金 40兆4391億円
7位 コンピュータ・通信 39兆7851億円
8位 鉄鋼・金属・鉱業 35兆9034億円
9位 半導体 34兆6450億
10位 電力・ガス・エネルギー 34兆3644億円
11位 保険 34兆357億円
12位 航空・鉄道・輸送 32兆6523億円
13位 食品・飲料 31兆1554億円
14位 不動産・住宅・建材 29兆6015億円
15位 医薬品・医療関連 26兆3098億円
16位 建設 23兆2969億円
17位 鉄道 15兆5041億円
18位 SIer・システム開発 13兆1047億円
19位 紙・印刷・書籍 10兆1745億円
20位 専門商社・メーカー 9兆3888億円
21位 アパレル・繊維 8兆7113億円
22位 コンビニ 8兆3524億円
23位 金融・消費者金融・その他 8兆1892億円
24位 インターネット・情報サービス 6兆8705億円
25位 飲食 6兆4214億円
26位 日用品・化粧品 6兆457億円
27位 ゲーム・玩具 4兆388億円
28位 証券・投資関連 3兆9352億円
29位 放送・出版・芸能 3兆4602億円
30位 旅行・ホテル・レジャー 3兆3384億円
31位 広告 3兆1641億円
32位 人材サービス 2兆7912億円
33位 インテリア・雑貨・スポーツ 2兆4206億円
34位 警備・保守 1兆8292億円
35位 教育・研修 1兆1937億円
36位 通信販売・商品取引 9930億円
37位 BPO・コールセンター 9597億円
38位 コンサルティング 8043億円
39位 監査法人・税理士法人・法律事務所 7544億円
40位 病院・医療機関 7043億円
41位 環境サービス 5248億円
42位 製造・工場 4591億円
43位 介護・福祉 4088億円
44位 農業・林業・水産・畜産 3264億円
45位 美容 2715億円
46位 観光総裁 1235億円
47位 NGO・NPO 123億円

順位 業界名 平均年収
1位 総合商社 1,354万円
2位 コンサルティング 1,003万円
3位 放送・出版・芸能 871万円
4位 証券・投資関連 787万円
5位 半導体 783万円
6位 医薬品・医療関連 719万円
7位 電力・ガス・エネルギー 696万円
8位 建設 691万円
9位 保険 687万円
10位 鉄道 666万円
11位 金融・消費者金融・その他 662万円
12位 化学・素材・バイオ 654万円
13位 総合電機・電子・機械関連 650万円
14位 銀行・信金 649万円
15位 コンピュータ・通信 639万円
16位 自動車・輸送用機器 632万円
17位 不動産・住宅・建材 630万円
18位 日用品・化粧品 627万円
19位 航空・鉄道・輸送 626万円
20位 鉄鋼・金属・鉱業 624万円
21位 SIer・システム開発 621万円
22位 ゲーム・玩具 617万円
23位 病院・医療機関 614万円
24位 コンビニ 614万円
25位 食品・飲料 611万円
26位 インテリア・雑貨・スポーツ 602万円
27位 BPO・コールセンター 595万円
28位 紙・印刷・書籍 584万円
29位 広告 579万円
30位 環境サービス 574万円
31位 専門商社・メーカー 569万円
32位 インターネット・情報サービス 560万円
33位 通信販売・商品取引 550万円
34位 教育・研修 548万円
35位 NGO・NPO 543万円
36位 アパレル・繊維 538万円
37位 監査法人・税理士法人・法律事務所 531万円
38位 観光総裁 527万円
39位 旅行・ホテル・レジャー 524万円
40位 飲食 513万円
41位 小売・百貨店・その他 511万円
42位 人材サービス 499万円
43位 警備・保守 488万円
44位 製造・工場 480万円
45位 介護・福祉 452万円
46位 農業・林業・水産・畜産 423万円
47位 美容 414万円
※この記事の平均年収や売上情報などは、「有価証券報告書」を中心に、弊社が独自に調査した3000社の企業を対象に行なったものです。こちらをご理解の上、ご活用ください。

半導体業界の主要企業

ルネサスエレクトロニクス

会社名 ルネサスエレクトロニクス
本社所在地 東京都江東区豊洲3−2−24 豊洲フォレシア
会社URL http://japan.renesas.com/
代表者 呉 文精
資本金 10,000百万円
従業員 21190人
売上高 7565億

マイコンを主力とする半導体専業メーカー

三菱電機と日立製作所から分社化したルネサステクノロジーと、NECから分社化していたNECエレクトロニクスの合併により、設立したルネサスエレクトロニクス。自動車の電子制御装置から、家電など様々な電機製品に搭載されるマイコンの開発が強みで、特に自動車産業の同分野では世界シェア4割を獲得しています。

ルネサスエレクトロニクスの売上高・業績
【2019年最新】ルネサスエレクトロニクスの売上・業績を調査!四半期ごとの推移や、業界内のランキングを紹介!ルネサスエレクトロニクスの最新の売上高は7565億円。業界内でのランキングは、第29位です。 今回は、ルネサスエレクトロニクスの売上や利...
ルネサスエレクトロニクスの年収情報・業界ランキング
【2019最新】ルネサスエレクトロニクスの年収は?職種や年齢別の給与・ボーナス・評価制度などまとめ!有価証券報告書によると、ルネサスエレクトロニクスの平均年収は804万円。平均年齢は45.9歳。総合電機・電子・機械関連業界の年収ランキン...

キオクシア(旧東芝メモリ)

会社名 キオクシア株式会社(旧東芝メモリ株式会社)
本社所在地 東京都港区芝浦3-1-21 田町ステーションタワーS
会社URL https://about.kioxia.com/ja-jp/top.html
代表者 成毛 康雄
資本金 4,734億2万5千円
従業員 単独:約10,000名,連結:約12,000名
売上高 1兆2,639億円

フラッシュメモリ分野に強み

東芝の半導体メモリ元子会社の東芝メモリ(2019年10月にキオクシア株式会社に社名変更)は、フラッシュメモリの分野でサムスンに次いで2位と、未だその競争力は衰えず世界最先端の競争を続けています。しかし、経営再建策として2018年6月にアメリカの投資ファンドのベインキャピタルや、韓国半導体大手のSKハイニックスなどへ売却を行っています。そのため、東芝の連結決算企業から外れ非上場企業となっており、2019年度以降の正確な売上高は公表されていません。

日立製作所

会社名 日立製作所
本社所在地 東京都千代田区丸の内1−6−6
会社URL http://www.hitachi.co.jp/
代表者 東原 敏昭
資本金 458,790百万円
従業員 295941人
売上高 9兆4806億

パワー半導体で自動車分野に強み

日立製作所の半導体事業では、パワー半導体の開発に強みを持っています。パワー半導体とは、電気を整流・変換・変圧する特性を持つ、言わば電子製品の「筋肉」です。電気自動車や鉄道車両、家電製品など幅広い分野で活用されており、特に電気自動車をはじめとする次世代環境車両のキーコンポーネントとしてますます重要性が高まっています。

日立製作所の売上高・業績
【2019年最新】日立製作所の売上・業績を調査!四半期ごとの推移や、業界内のランキングを紹介!日立製作所の最新の売上高は9兆4806億円。業界内でのランキングは、第1位です。 今回は、株式会社日立製作所の売上や利益の業績情報を、競...
株式会社日立製作所の年収情報・業界ランキング
【2019最新】日立製作所の年収は高い?ボーナスや口コミを競合企業と比較してみた!有価証券報告書によると、日立製作所の平均年収は894万円。平均年齢は42.1歳です。そこから推定される年間の平均ボーナスは約224万円、...

東京エレクトロン

会社名 東京エレクトロン
本社所在地 東京都港区赤坂5−3−1 赤坂Bizタワー
会社URL http://www.tel.co.jp/
代表者 河合 利樹
資本金 54,961百万円
従業員 12742人
売上高 1兆2782億

国内最大手の半導体製造装置メーカー

東京エレクトロンは、半導体製造装置の開発で国内シェアトップ、世界でも3番手のシェアを獲得している国内最大手の半導体製造装置メーカーです。半導体製造装置業界ではトップクラスの日本を牽引しており、業界再編でも生き残れる力があります。ほとんどの設備を自前で用意していることが非常に強みです。

東京エレクトロンの売上高・業績
【2019年最新】東京エレクトロンの売上・業績を調査!四半期ごとの推移や、業界内のランキングを紹介!東京エレクトロンの最新の売上高は1兆2782億円。業界内でのランキングは、第20位です。 今回は、東京エレクトロンの売上や利益の業績情報...
東京エレクトロンの年収情報・業界ランキング
【2019最新】東京エレクトロンの年収は?職種や年齢別の給与・ボーナス・評価制度などまとめ!有価証券報告書によると、東京エレクトロンの平均年収は1272万円。平均年齢は44.3歳。総合電機・電子・機械関連業界の年収ランキングは3...