転職体験記

飲料業界への転職の実態は?コカ・コーラに転職した人が語る業界の真相

飲料業界への転職事情や年収事情、働き方など、飲料業界の実態に迫るべく、実際に飲料業界に転職した人のリアルな声をお届けします。

今回は、新卒で雑貨メーカーのトーシン産業に入社し、その後コーラボトラーズジャパンに転職した星田 理子さん(仮名)にインタビューをしてみました。

飲料業界に興味がある方は、ぜひ最後までご覧下さい。

飲料業界への転職成功者インタビュー

今までの経歴

雑貨メーカーの営業からキャリアがスタート

— 今でのご経歴を教えて下さい。

2007年に新卒として雑貨の製造・卸販売事業のトーシン産業株式会社に入社し、8年間営業職を経験しました。

前職では既存の法人営業を中心に、新規開拓営業も行なっておりました。主な取引先は、アミューズメントセンター、郊外の大型リサイクルショップ、ヴィレッジ・ヴァンガードのような雑貨店などでした。入社当初は担当法人も少なく新規開拓をメインに行なっていましたが、得意先が増えるにつれ既存店への営業活動がメインとなりました。

その後、2015年にコーラボトラーズジャパン株式会社に転職をしました。

— なぜ新卒で雑貨メーカーを選んだのでしょうか?

もともとゲーム業界に興味があり、その業界に携わる仕事がしたいと考えていました。トーシン産業はクレーンゲームの景品を製造していたこともあり、学生時代からその名前を知っていました。

そして就職活動をしていくうちに内定をもらい、入社を決意しました。就職するにあたり職種にはこだわりがなく、営業先にはセガやナムコなど、大手ゲームメーカーも多数あることを聞きまして、当初の自分が希望していた環境で仕事ができると思いました。

転職した背景

充実した福利厚生と明確なキャリアパスに惹かれ、コカ・コーラボトラーズジャパンに転職

— では、トーシン産業から転職しようとしたきっかけを教えて下さい。

転職のきっかけは2つあります。

1つ目は、将来の自分のキャリアについてです。前職の企業は従業員数が20名ほどの小さな会社でした。社長とその妻が経営幹部、そして社長の息子が営業部長という組織で、その他には管理職はいませんでした。将来的には管理職も経験したいと思うようになりますが、前職の企業ではそのチャンスはないと思い転職を考えました。

2つ目は給与です。前職では基本給がとても低く、その分インセンティブの割合が多い給与体系でした。ただ、主な業務は既存顧客への営業のため、自分の力だけで伸ばせる売上に限界を感じるようになりました。またある時より業績不振を理由にインセンティブが支払われなくなり、転職を決意しました。

— そんな中、なぜコカ・コーラボトラーズジャパンを選んだのでしょうか?

転職するにあたり、リクルートエージェントのサービスを利用し、その中で紹介された企業にコカ・コーラボトラーズジャパンがありました。

飲料業界に関しては興味も知識もさほどありませんでしたが、福利厚生がしっかりしていることと、キャリアパスが明確な点が気に入りました。

また知人が勤めている企業だったので安心感もあったことも決め手となりました。採用が決まった後も、雇用契約や給与形態など細かいところまで説明があったのでここなら大丈夫だろうと入社を決意しました。

具体的な転職方法

忙しいながらも転職活動を進めるため、リクルートエージェントを利用

— いざ転職活動を始める時、具体的にどのようなアクションをしたのでしょうか?

まずはリクナビNEXTに登録をして、求人情報を眺めるところから始めました。しかし日々の仕事に忙殺されてしまい、なかなか自発的に応募は出来ませんでした。

そこで自分の背中を押すという意味で、リクルートエージェントに申し込みました。エージェントから連絡がひっきりなしに来るので、自然と転職活動に意識が向くようになりましたね。

自分で見つけた企業とリクルートエージェントから紹介を受けた企業、あわせて10社ほど面接を行ないました。

— 実際に行った選考対策を教えて下さい。

職務経歴書は書いた経験がなかったので、リクルートエージェントの方に添削をしてもらいながら仕上げました。自分では書く必要のないと思っていた資格も記載した方がいいとアドバイスを頂きました。

面接に関しては、実際に採用面接の経験を次の面接に活かすといった形で改良を続けました。リクルートエージェントの方からも、面接は経験を積めば積むほど上手くなるとアドバイスをもらったので、そこまで入社の意思が高くない企業でも、練習を兼ねて積極的に面接を受けに行きました。

100社以上落ちたが、担当者からのアドバイスで書類選考が通過するようになった

— 面接ではどのようなことを聞かれましたか?

どの面接官も、前職でどのような仕事をしていたのかという質問にかなり時間を割いていたと思います。また新卒の採用面接とは異なり、雑談のような形式の面接も多かったです。

入社後に直属の上司となる方が面接官になった時は、好きな芸能人や趣味などを聞かれました。恐らく自分の性格やユーモアのセンスを聞き出そうとしていたのだと思います。

また前職での営業実績を答える際は、年間目標に対し130%を達成など具体的に数値化して答えると好印象でした。

— 転職活動中の苦労や悩みを教えて下さい。

前職で仕事をしながら採用面接に出向いたので、スケジュール調整に四苦八苦しました。

企業とのスケジュール調整はエージェントが対応してくれたのですが、仕事の急用などでドタキャンをしなければならないこともありました。ただ、そのような場合もエージェントが間に入ってくれたので安心感はありました。

あと苦労した点というと、書類選考の段階で100社以上落選となったことです。心が折れかけたこともありましたが、エージェントの方のアドバイスで応募書類を修正していくうちに、書類選考に通過することも増えてきました。

編集者のコメント

コカ・コーラへの転職に成功した星田さんは、リクルートエージェントを利用したとのことです。
リクルートエージェントは国内最大手の転職エージェントで、圧倒的な求人数と手厚いサポート体制に強みを持っています。コカ・コーラ以外にも、サントリーやアサヒ、キリンのような案件も保有していると考えられるので、飲料メーカーへの転職に興味がある方は、ぜひ登録して求人を確認してみて下さい。

\まずは希望の求人を確認しよう/

現在の仕事内容

メニュー考案など付加価値を付けて飲食店に提案

— では、現在の仕事内容を詳しく教えて下さい。

エリア営業を担当しています。既存のルート営業と新規開拓営業が主な業務です。担当取引先は飲食店、売店など、自動販売機とスーパーマーケット以外のすべてを担当しています。割合でいうと飲食店が80%、売店を含むその他の業態が20%ほどです。

飲食店への営業するにあたって、アルコールの知識も必要になってきます。カクテルの種類や、おおよそのビールの原価などを頭に入れて商談を実施します。バー業態の店舗に営業を行う際は時差出勤をしたりしますね。

— 小売業界と飲料業界の営業の違いは、ズバリ何でしょうか?

大きな違いは「セールスポイント」だと思います。

前職は売り込む商材自体がセールスポイントとなっていました。基本的に他社と製品で競合することはなかったです。

対して飲料業界では、ブランドの差はありますが製品自体は競合と大差がありません。卸価格や、販促物などの付加価値をセールスポイントとして打ち出していくという違いがあります。

例えば、飲食店に製品を売り込む場合は、お店のメニュー自体の考案や作成を含めて商談を行ったりします。

コカ・コーラは外資系だが、昔ながらの日本らしい社風

— コカ・コーラボトラーズジャパンに転職して最も良かった点は何ですか?

最も良かった点は福利厚生が充実していることです。有給休暇以外にも、結婚休暇、勤続記念休暇など充実している点です。また共済会など保険関連の制度も充実している点も良いです。

また社内のコンプライアンス意識が高いため、残業が基本的にないので自分の時間を今までよりも多く持てるようになりました。セクハラ・パワハラなどの意識もとても高く、職場で大声で怒鳴ったりする人は見たことがありません。

飲み会の強制もほとんどなく、業務に集中して取り組める環境が整っていると思います。

— 転職前と入社後のギャップはありますか?

入社前は外資系らしく風通しの良い社風かと思ったのですが、実際に入社してみると昔ながらの日本らしい社風でした。良くも悪くも体育会系の雰囲気があります。小さなボトラー社が合併を繰り返した結果なので、社内には古い体質も残っているように感じます。

また、部署によってはサービス残業があったりするので同じ社内でもギャップが生じていると感じました。業務内容でいうと、ひたすら新規の訪問を繰り返して開拓を行うといったような、昔ながらのスタイルの仕事がまだ根強く残っている点も気になりました。

理想のマネージャーはプライベートも充実している

— 今後のキャリアについて考えていることがあれば教えて下さい。

現在のエリア担当から、次は法人営業担当になることを目標としています。そしてその次はマネージャー職を経験していきたいです。そのためには業界の知識や営業の経験をさらに積む必要があると考えています。

また理想のマネージャーは仕事のみならず、プライベートも充実している人が多いです。仕事一辺倒にならず、趣味も幅広く持つことで視野がさらに広がるのではないかと思います。

あらゆる経験を積んだのち、きっかけがあれば他社への転職も視野に入れています。

会社の構造・強み

圧倒的な流通チャネルとブランド力が強み

— ちなみにですが、「ボトラー」とはどういう意味なのでしょうか?また、コカ・コーラグループはよく原液ビジネスと呼ばれていますが、どういうビジネスモデルなのでしょうか?

コカ・コーラの原液はアメリカ・アトランタの本社が製造しています。その原液を各国のボトラーと呼ばれる販売会社に販売していることからボトラービジネスと呼ばれているようです。

日本ではかつては20近くの小さなボトラー社が存在していましたが、統合を繰り返して現在では北海道、みちのく、北陸、ボトラーズジャパン、沖縄の5つのボトラー社となっています。このボトラーのネットワークはかなり強いです。

さらにアトランタとの窓口として日本コカ・コーラ株式会社という企業もあり、製品の企画や全国共通のプロモーションなどを行なっています。

— ボトラーという圧倒的な流通チャネルが、コカ・コーラの強みということですね。他にもコカ・コーラならではの強みはありますか?

ブランド力が圧倒的なので、新規の営業がとてもしやすく感じます。前職は会社概要の説明をしてから商談という形でしたが、現在は社名を名乗るだけで話を聞いてくれるのはとても楽だと感じます。

また製品のシェア率も業界1位なので何もしなくてもある程度は売り上げが安定するので、その分の時間を既存店の更なる拡大や、新規開拓に充てる事が出来ます。

また協賛が目当てだとは思いますが、新規の顧客から声が掛かることもとても多いです。

飲料業界の年収事情

年収は300万円から500万円に大幅アップ

— では、年収について聞いていきますね。前職のトーシン産業での年収はどれくらいだったのでしょうか?

前職の年収は300万円でした。残業代がないのと、営業成績に大きく左右される給与形態だったので、閑散期は自然と収入が少なくなりました。賞与も安定して支給されなかったことで年収は低くなりました。

結局のところ、社長のワンマン経営だったので、社長の気分次第で給与体系が簡単に変わってしまいます。そのためなかなか未来を見通す事が出来ませんでした。車や住宅ローンの審査も厳しく、審査が通らないといったこともありましたね。

— 現在のコカ・コーラボトラーズジャパンでの、年収を教えて下さい。

現在の年収は500万円です。基本給が28万円、残業代は毎月およそ5万円、賞与は基本給2ヶ月分が年に2回です。残業は繁忙期は自然と多くなってしまいます。

年収は今の自分の能力に見合っていると思うので満足していますね。もちろん今後さらに増やしていきたいと考えています。前職のように収入にバラつきがないところも安心です。

ただし、給与体系に関しては今後変わっていく可能性はありそうです。インセンティブの割合が大幅に増えたり、年俸制となったりする案も出ていると聞いています。

基本的に毎年昇給する

— 評価制度や、大まかな役職別の年収を教えて下さい。

評価は5段階で年末の評価面談で決定されます。年収は1から3のグレード別に設定されており、さらに各グレード内で基本給が細かく設定されています。

評価項目は売上目標と年始に設定されるKPIの達成率と、ビヘイビア項目と呼ばれる業務への取り組み姿勢の評価で決定されます。

そして評価の結果で翌年の昇給額が決まります。評価はよっぽどのことがなければ5段階中の3番目以上は間違いなく取れるので、特別飛び抜けた成績を残さなくても毎年ある程度の昇給は見込めます。

— では、コカ・コーラボトラーズジャパンではどんな人が結果を出せるのでしょうか?

基本的に営業のアプローチの仕方は自由なので、結果を出せる人とそうでない人の差が大きいです。良くも悪くも要領がいい人が結果を残しているように感じます。

また競合が多い業界なので、最終的には営業の人柄で選んでもらうことも多いです。仕事だけにしか力を入れない人よりも、趣味を持っていたり雑談が得意な人が結果を残すことが多いかもしれません。

自分の担当している部署は、形式ばった法人営業というよりは、立ち話で商談を進めることがほとんどです。アドリブや無茶ぶりに強い人ほど結果を残せていると思います。

飲料業界の働き方・やりがい

部署によって働き方が大きく違う

— 働き方や残業の多さについて教えて下さい。

残業は基本的にありません。

繁忙期などやむを得ず発生することもありますが、残業代は支給されるので不満はないです。働き方は本社の都合で新しいシステムが導入されたりすることが多く苦労することもありますが、概ね働きやすい環境が整っています。

ただ、これは自分が所属している部署の話です。話を聞くと、サービス残業が横行している部署も多くあるようです。会社側も働き方改革を進めてはいますが、結局のところどの所属長のもとで働くかで、職場環境が大きく左右されてしまうようです。

— 飲料業界の営業はノルマは厳しいのでしょうか?

明確なノルマというものはありません。ただ目標を達成できない人はそれなりの評価を下されているので、必然と数字に対する意識は強くなってきました。

目標数値も細かくチャネル分けされており、前年に対してどれくらいの数値化という説明があるので、仮に目標が高く感じたとしても理不尽さはほとんどないと思います。

目標達成が厳しいときは上司に相談すると的確なアドバイスをもらえるので、逆にやる気になることもあるくらいです。

提案したメニューが人気になっているとやりがいを感じる

— 現在の仕事のやりがいを教えて下さい。

飲食店にアプローチを仕掛けて、自分の考案したメニューが人気になったり、SNSで拡散されているのを見るととても達成感があります。

売上目標やKPI目標を達成することももちろん達成感を味わえるのですが。数値にならないところにやりがいを感じることが多いです。

さらに、毎年の評価時にしっかりとフィードバックをしてもらえます。自分を正しく評価してもらえることで日々の業務にもより一層力が入ると思います。

— では、どのような場面で成長を感じますか?

得意先から信頼を得て、他の店舗に紹介をしてもらった時や、それを後輩に引き継ぐときに成長を感じます。

また入社当初は売上目標を達成させるのに必死でしたが、気づけば達成して当たり前という感覚になった瞬間はとても自分が頼もしく感じました

あと、個人の数字だけではなく、チーム単位で数字を達成させなければならない時もあります。そのようなときに同僚とチームワークを発揮してチーム目標を達成できた時も成長を感じました。

最後に

取引先の売上アップを考えるコンサルのような仕事

— では最後に、飲料業界への転職を考えている人にメッセージをお願いします。

競合が多く熾烈な争いがある業界ですが、まだまだ伸びしろはあると思います。

ただ製品を売り込むだけではなくて、どうすれば得意先の売り上げが伸びるか真剣に考えたりと、コンサルティングのような側面もある業務です。小売業の経験がある方はその知識を活かせるのではないかと思います。

また、居酒屋が好きという方にもピッタリの業界ではないかと思います。自分も得意先の居酒屋に仕事帰りに寄って1杯飲んで帰ることが良くあります。業務時間外に得意先に行くことで、新たな営業機会が獲得できることもあるので1石2鳥です。

ただ、どこの飲料メーカーも体育会系のノリがあることは否めません。明るく元気に振舞うことがないと空気になじめない可能性もあるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

星田さんが実際に活用した転職エージェント

飲料業界の大手であるコカ・コーラに転職した星田さんが、実際に活用した転職エージェントを紹介します。

飲料業界やコカ・コーラに興味がある人は、ぜひ登録してみて下さい。

リクルートエージェント

名実ともにNo.1の総合転職エージェント

リクルートエージェントは、人材業界のトップを独走しているリクルートグループが運営する国内最大級の総合転職エージェントです。

その歴史は約40年と古く、これまで45万人以上をサポートしており、業界最多の実績を誇っています。保有している求人の量や質、サポート体制など、あらゆる面でトップレベルの水準を誇っており、その総合力が強みと言えます。

オススメ度 順位 特徴
総合
1位 転職支援実績No.1。圧倒的な求人量と手厚いサポートが強み。
求人の量・質
1位 非公開求人含め求人数が32万件と他社とは一線を画している。
サポート
2位 リクルートグループが築いた信頼性で企業への交渉力は抜群。
担当者
4位 業界各所から優秀なキャリアコンサルタントが集まっている。

まずは希望の求人を確認しよう

星田さんが実際に利用!実績No1
のリクルートエージェント

✔ 転職支援実績国内No1

✔ 地方拠点数国内No1

✔ 未経験OK国内No1

2019年12月1日時点の情報です

無料で登録する

カンタン5分

食品・飲料業界の課題や動向

食品・飲料業界の課題

少子高齢化による市場減少

少子高齢化に伴う人口減少による国内市場の縮小は、食品・飲料業界ともに共通する大きな課題の一つです。また、高齢化や健康志向の強まりから、国民1人当たりの摂取カロリーも年々減少傾向にあります。さらに、15~64歳の生産年齢の減少に伴い、深刻な人材不足も懸念されています。食品・飲料業界は、消費者構成の変化に対応した新たな需要への早急なアプローチが求められています。

TPPなどの国外の競合による脅威国際化

TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の締結などにより、食品原料の流通はこれまで以上に国際化が加速しています。食品・飲料業界にとっては、「食品原料が安く調達できる」「輸出し易くなる」などのチャンスも生まれる一方で、「海外からの安い輸入品」という脅威も出てきています。また、海外製品に対する「食の安全」についても、これまで同様に消費者の高い関心を集めています。

その他にも、急速な円安や世界的な気候変動による原材料代の高騰など、国内だけでは完結できないさまざまな課題に対し、食品・飲料業界は対応を求められています。

食品・飲料業界の動向・将来性

海外・他分野への進出が成長への鍵

国内の需要の伸び悩みを受け、大手食品・飲料企業は、すでに海外進出・海外展開を進めており、今後も国内企業の海外での売上比率は年々増加していくことが予想されます。さらに、国内では競合関係にある企業同士が資本提供をして外国の食品・飲料業界に本格参入するといった動向もあります。「安全・高品質」という日本製品の強みを活かし、海外市場を生き抜く戦略がより一層重要になっていくでしょう。

他業界への事業展開も加速か

また、医療やバイオケミカル分野といった異なる分野の事業を展開したり、異なる分野の事業を展開する会社を買収したりするなど、食品・飲料以外の分野への進出もより一層加速していくでしょう。

 

さらに詳しい業界分析や、食品・飲料業界の企業の売上高・年収ランキングに興味がある方は、ぜひこちらの記事もご覧下さい。

【2020年最新】食品・飲料業界を徹底解剖!売上や年収などをランキングで比較!食品・飲料業界について 食品・飲料業界の概要 私たちの「衣食住」のうち「食」を支える食品・飲料業界。 2020年新規学卒者向けの志望業界...
スポンサーリンク

食品・飲料業界の主要企業の比較

業界内の会社のランキング

順位 会社名 売上高
1位 三菱食品 2兆6203億円
2位 アサヒグループホールディングス 2兆1203億円
3位 キリンホールディングス 1兆9305億円
4位 サントリー食品インターナショナル 1兆2943億円
5位 明治ホールディングス 1兆2544億円
6位 日本ハム 1兆2342億円
7位 味の素 1兆1275億円
8位 加藤産業 1兆91億円
9位 コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングス 9273億円
10位 マルハニチロ 9225億円
11位 伊藤ハム米久ホールディングス 8507億円
12位 日本水産 7121億円
13位 伊藤忠食品 6671億円
14位 雪印メグミルク 6034億円
15位 森永乳業 5836億円
16位 ニチレイ 5801億円
17位 キユーピー 5735億円
18位 日清製粉グループ本社 5653億円
19位 伊藤園 5042億円
20位 カメイ 4730億円
21位 キッコーマン 4536億円
22位 日清食品 4510億円
23位 プリマハム 4130億円
24位 ヤクルト 4070億円
25位 東洋水産 4011億円
26位 スターゼン 3512億円
27位 グリコ 3503億円
28位 日清オイリオグループ 3431億円
29位 S Foods 3388億円
30位 日本製粉 3354億円
31位 不二製油グループ本社 3008億円
32位 ADEKA 2994億円
33位 宝ホールディングス 2774億円
34位 極洋 2562億円
35位 昭和産業 2559億円
36位 カルビー 2487億円
37位 丸大食品 2430億円
38位 わらべや日洋ホールディングス 2157億円
39位 カゴメ 2099億円
40位 松田産業 2083億円
41位 森永製菓 2054億円
42位 中部飼料 1870億円
43位 J-オイルミルズ 1868億円
44位 ダイドーグループホールディングス 1716億円
45位 ヱスビー食品 1452億円
46位 ブルボン 1176億円
47位 ユアサ・フナショク 1086億円
48位 正栄食品工業 1066億円
49位 三井製糖 1053億円
50位 永谷園 1047億円
51位 尾家産業 1001億円
52位 亀田製菓 1000億円
53位 理研ビタミン 899億円
54位 エコートレーディング 811億円
55位 はごろもフーズ 799億円
56位 オエノンホールディングス 772億円
57位 ケンコーマヨネーズ 740億円
58位 ホクト 702億円
59位 久世 660億円
60位 マルカ 645億円
61位 フジッコ 641億円
62位 日本甜菜製糖 580億円
63位 アリアケジャパン 566億円
64位 北海道コカ・コーラボトリング 560億円
65位 日東富士製粉 549億円
66位 六甲バター 527億円
67位 日東ベスト 524億円
68位 エバラ食品工業 513億円
69位 日本食品化工 506億円
70位 サトー商会 498億円
71位 シノブフーズ 491億円
72位 日新製糖 488億円
73位 なとり 464億円
74位 ミヨシ油脂 457億円
75位 井村屋グループ 451億円
76位 林兼産業 444億円
77位 あじかん 444億円
78位 神栄 427億円
79位 ゼット 424億円
80位 中村屋 414億円
81位 サトウ食品工業 409億円
82位 寿スピリッツ 408億円
83位 ピックルスコーポレーション 407億円
84位 石光商事 385億円
85位 プレミアムウォーターホールディングス 377億円
86位 一正蒲鉾 350億円
87位 かどや製油 344億円
88位 湖池屋 322億円
89位 滝沢ハム 319億円
90位 モロゾフ 295億円
91位 大冷 271億円
92位 塩水港精糖 260億円
93位 福留ハム 257億円
94位 第一屋製パン 251億円
95位 名糖産業 237億円
96位 ヨシムラ・フード・ホールディングス 237億円
97位 タカノ 237億円
98位 岩塚製菓 230億円
99位 鳥越製粉 226億円
100位 アヲハタ 222億円
101位 ユタカフーズ 213億円
102位 カンロ 213億円
103位 仙波糖化工業 206億円
104位 ダイショー 206億円
105位 太洋物産 201億円
106位 フジ日本精糖 196億円
107位 大森屋 178億円
108位 ジェーシー・コムサ 176億円
109位 ブルドックソース 170億円
110位 ジャパンフーズ 166億円
111位 焼津水産化学工業 165億円
112位 AFC-HDアムスライフサイエンス 158億円
113位 ユーグレナ 152億円
114位 サンコー 138億円
115位 東洋精糖 137億円
116位 イフジ産業 137億円
117位 ボーソー油脂 119億円
118位 やまみ 109億円
119位 養命酒製造 105億円
120位 和弘食品 102億円
121位 森下仁丹 101億円
122位 石井食品 97億円
123位 オーケー食品工業 91億円
124位 旭松食品 89億円
125位 北の達人コーポレーション 83億円
126位 ファーマフーズ 79億円
127位 佐藤食品工業 69億円
128位 セイヒョー 40億円
129位 篠崎屋 39億円
130位 石垣食品 27億円
131位 インタートレード 19億円
132位 フルッタフルッタ 12億円

順位 会社名 平均年収
1位 アサヒグループホールディングス 1,093万円
2位 キリンホールディングス 1,082万円
3位 サントリー食品インターナショナル 1,061万円
4位 明治ホールディングス 996万円
5位 味の素 982万円
6位 日清製粉グループ本社 865万円
7位 日本ハム 857万円
8位 グリコ 827万円
9位 日本水産 802万円
10位 キッコーマン 797万円
11位 日清食品 790万円
12位 森永製菓 784万円
13位 カゴメ 773万円
14位 伊藤ハム米久ホールディングス 755万円
15位 わらべや日洋ホールディングス 743万円
16位 森永乳業 741万円
17位 日本食品化工 739万円
18位 理研ビタミン 737万円
19位 不二製油グループ本社 736万円
20位 宝ホールディングス 728万円
21位 日本製粉 728万円
22位 日清オイリオグループ 728万円
23位 フジ日本精糖 727万円
24位 カルビー 723万円
25位 日新製糖 720万円
26位 J-オイルミルズ 719万円
27位 プリマハム 719万円
28位 マルハニチロ 711万円
29位 雪印メグミルク 709万円
30位 東洋精糖 704万円
31位 ADEKA 701万円
32位 オエノンホールディングス 698万円
33位 昭和産業 698万円
34位 ニチレイ 696万円
35位 エバラ食品工業 688万円
36位 マルカ 685万円
37位 スターゼン 677万円
38位 ヨシムラ・フード・ホールディングス 670万円
39位 日本甜菜製糖 667万円
40位 極洋 653万円
41位 伊藤忠食品 649万円
42位 三菱食品 648万円
43位 ミヨシ油脂 645万円
44位 加藤産業 643万円
45位 日東富士製粉 638万円
46位 中部飼料 635万円
47位 六甲バター 633万円
48位 神栄 631万円
49位 丸大食品 629万円
50位 石光商事 628万円
51位 塩水港精糖 625万円
52位 カンロ 623万円
53位 太洋物産 621万円
54位 かどや製油 616万円
55位 正栄食品工業 614万円
56位 仙波糖化工業 608万円
57位 三井製糖 608万円
58位 サトウ食品工業 605万円
59位 キユーピー 602万円
60位 焼津水産化学工業 595万円
61位 森下仁丹 595万円
62位 ジャパンフーズ 593万円
63位 松田産業 591万円
64位 ボーソー油脂 588万円
65位 佐藤食品工業 585万円
66位 養命酒製造 583万円
67位 北海道コカ・コーラボトリング 581万円
68位 林兼産業 580万円
69位 ユーグレナ 578万円
70位 大森屋 575万円
71位 タカノ 573万円
72位 湖池屋 571万円
73位 フジッコ 571万円
74位 伊藤園 563万円
75位 ヱスビー食品 561万円
76位 東洋水産 558万円
77位 中村屋 553万円
78位 名糖産業 549万円
79位 インタートレード 548万円
80位 北の達人コーポレーション 544万円
81位 ホクト 540万円
82位 久世 535万円
83位 ブルドックソース 535万円
84位 亀田製菓 532万円
85位 ゼット 531万円
86位 大冷 527万円
87位 モロゾフ 527万円
88位 ユタカフーズ 525万円
89位 井村屋グループ 523万円
90位 鳥越製粉 518万円
91位 和弘食品 514万円
92位 日東ベスト 510万円
93位 なとり 506万円
94位 あじかん 505万円
95位 S Foods 496万円
96位 石井食品 495万円
97位 滝沢ハム 489万円
98位 シノブフーズ 489万円
99位 尾家産業 482万円
100位 アヲハタ 481万円
101位 エコートレーディング 480万円
102位 カメイ 479万円
103位 フルッタフルッタ 478万円
104位 サンコー 477万円
105位 プレミアムウォーターホールディングス 477万円
106位 ファーマフーズ 477万円
107位 ピックルスコーポレーション 474万円
108位 はごろもフーズ 474万円
109位 寿スピリッツ 473万円
110位 ダイショー 470万円
111位 福留ハム 470万円
112位 ユアサ・フナショク 468万円
113位 ブルボン 460万円
114位 旭松食品 459万円
115位 篠崎屋 457万円
116位 岩塚製菓 443万円
117位 サトー商会 443万円
118位 ユニカフェ 443万円
119位 石垣食品 440万円
120位 第一屋製パン 411万円
121位 AFC-HDアムスライフサイエンス 409万円
122位 一正蒲鉾 385万円
123位 オーケー食品工業 363万円
124位 やまみ 355万円
125位 セイヒョー 351万円
※この記事の平均年収や売上情報などは、「有価証券報告書」を中心に、弊社が独自に調査した3000社の企業を対象に行なったものです。こちらをご理解の上、ご活用ください。

主要企業の売上高の推移


会社名 2000年度 2001年度 2002年度 2003年度 2004年度 2005年度 2006年度 2007年度 2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
キリンホールディングス -円 1兆5619.00億円 1兆5833.00億円 1兆5976.00億円 1兆6549.00億円 1兆6323.00億円 1兆6660.00億円 1兆8012.00億円 2兆3036.00億円 2兆2785.00億円 2兆1779.00億円 2兆718.00億円 2兆1862.00億円 2兆2546.00億円 2兆1958.00億円 2兆1970.00億円 2兆751.00億円 1兆9709.00億円 -円 -円
アサヒグループホールディングス 1兆3992.00億円 1兆4334.00億円 1兆3753.00億円 1兆4004.00億円 1兆4443.00億円 1兆4301.00億円 1兆4464.00億円 1兆4641.00億円 1兆4628.00億円 1兆4725.00億円 1兆4895.00億円 1兆4628.00億円 1兆5791.00億円 1兆7143.00億円 1兆7855.00億円 1兆8575.00億円 1兆8904.00億円 2兆849.00億円 2兆1203.00億円 -円
明治ホールディングス -円 3589億円 3619億円 3535億円 3689億円 3641億円 3825億円 3939億円 4048億円 4141億円 1兆1067.00億円 1兆1110.00億円 1兆1093.00億円 1兆1266.00億円 1兆1481.00億円 1兆1612.00億円 1兆2238.00億円 1兆2425.00億円 1兆2409.00億円 1兆2544.00億円
三菱食品 -円 8461億円 1兆566.00億円 1兆615.00億円 1兆2675.00億円 1兆2876.00億円 1兆4368.00億円 1兆3994.00億円 1兆4024.00億円 1兆3848.00億円 -円 1兆8384.00億円 2兆1520.00億円 2兆3189.00億円 2兆3883.00億円 2兆3373.00億円 2兆3831.00億円 2兆4115.00億円 2兆5135.00億円 2兆6204.00億円

主要企業の平均年収の推移


会社名 2000年度 2001年度 2002年度 2003年度 2004年度 2005年度 2006年度 2007年度 2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
キリンホールディングス -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 886万円 883万円 981万円 984万円 977万円 980万円 1017万円 1016万円 1105万円 1047万円 1047万円 1014万円 964万円 1106万円 1159万円
アサヒグループホールディングス 756万円 779万円 805万円 816万円 836万円 857万円 861万円 862万円 893万円 882万円 880万円 1015万円 997万円 1017万円 1009万円 1009万円 1026万円 997万円 1002万円 1094万円
明治ホールディングス -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 769万円 779万円 792万円 775万円 785万円 968万円 999万円 1022万円 957万円 972万円 967万円 974万円 968万円 997万円 -万円
三菱食品 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 583万円 610万円 604万円 622万円 608万円 -万円 618万円 589万円 -万円 624万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円

三菱食品

会社名 三菱食品
本社所在地 東京都大田区平和島6−1−1
会社URL http://www.mitsubishi-shokuhin.com/
代表者 森山 透
資本金 10,630百万円
従業員 5031人
売上高 2兆6203億
三菱食品の売上高・業績
【2019年最新】三菱食品の売上・業績を調査!四半期ごとの推移や、業界内のランキングを紹介!三菱食品の最新の売上高は2兆6203億円。業界内でのランキングは、第1位です。 今回は、三菱食品の売上や利益の業績情報を、競合企業との比...
三菱食品の年収情報・業界ランキング
【2020最新】三菱食品の年収は?職種や年齢別の給与・ボーナス・評価制度などまとめ!有価証券報告書によると、三菱食品の平均年収は648万円。平均年齢は43.5歳。食品・飲料業界の年収ランキングは43位となっています。 ま...

アサヒグループホールディングス

会社名 アサヒグループホールディングス
本社所在地 東京都墨田区吾妻橋1−23−1
会社URL http://www.asahigroup-holdings.com/
代表者 小路 明善
資本金 182,531百万円
従業員 28055人
売上高 2兆1203億

概要

アサヒビールは、「スーパードライ」や「カルピス」など、様々なヒット商品を持つ大手飲料メーカーです。特に、ビール類においては、国内トップシェアを獲得しており、国内No.1ビールメーカーとも言えます。ビール類以外にも、ブラックニッカなどのウイスキーやワイン、清涼飲料、食品など、様々な事業を展開しています。なお、2012年にカルピスを買収しています。

強み・特徴

業績は、右肩上がりに成長していて、直近7年で1.4兆円から2.1兆円(150%増)の増収を果たしています。なお、売上の6割を酒類事業が占めています。

近年は、ビール事業において積極的な海外展開を推進しており、海外売上比率は30%を超えるまでに成長。特に20161年に買収した欧州事業(SABMiller、InBevから買収)が好調で、ヨーロッパでの事業の成長が著しいのが特徴です。

今後の動向

海外展開においては、好調のヨーロッパ事業に続き、オセアニア・東南アジアでの事業拡大に力を入れると予想される。さらに、菓子や健康食品、離乳食などの、メインの飲料事業とは異なる食品事業の事業拡大にも大いにチャンスはあるだろう。

アサヒグループホールディングスの売上高・業績
【2019年最新】アサヒグループホールディングス株式会社の売上・業績を調査!四半期ごとの推移や、業界内のランキングを紹介!アサヒグループホールディングスの最新の売上高は2兆1203億円。業界内でのランキングは、第2位です。 今回は、アサヒグループホールディン...
アサヒグループホールディングス株式会社の年収情報・業界ランキング
【2020最新】アサヒグループホールディングスの年収は?職種や年齢別の給与・ボーナス・評価制度などまとめ!有価証券報告書によると、アサヒグループホールディングスの平均年収は1093万円。平均年齢は43.3歳。食品・飲料業界の年収ランキングは1...

キリンホールディングス

会社名 キリンホールディングス
本社所在地 東京都中野区中野4−10−2 中野セントラルパークサウス
会社URL http://www.kirinholdings.co.jp/
代表者 磯崎 功典
資本金 102,045百万円
従業員 30871人
売上高 1兆9305億

概要

キリンは、「のどごし生」や「午後の紅茶」など、様々なヒット商品を生み出した大手飲料メーカーです。特に、ビール類ではサントリーについて業界2番手のシェアを獲得していて、キリンの中核事業と言えます。また、グローバル展開にも積極的です。他にも、「食品」「医療」「医と食をつなぐ領域」など、様々な事業を展開しています

強み・特徴

業績は、2013年の2.2兆円から一時1.8兆円まで売上が下落しましたが、ここ数年は毎年増収を重ねていて、2019年12月期は1兆9,640億円に着地する見通しです。ブラジル事業の撤退により、海外事業に暗雲が垂れ込める中、オーストラリア州事業に専念することで巻き返しを図っています。

今後の動向

現在ではビール類を柱としつつも低迷するビール類を補うため、その他の酒類での新規需要の獲得が予想されます。さらに、近年ではクラフトビールの醸造所を事業化しレストラン事業を展開するなど、新しい事業の誕生も

サントリーホールディングス株式会社

企業名 サントリーホールディングス株式会社
設立年月日 2009年2月16日
従業員数 39,466人
売上高 2兆5,172億円

概要

サントリーは、「ザ・プレミアム・モルツ」や「金麦」など、数々のヒット商品を生み出した日本最大級のビールメーカーです。ビール以外にも、発泡酒やウィスキーなどの酒類関連事業、清涼飲料水や健康食品の販売もしています。また、サントリーを支えるのが研究開発部門です。研究開発部門は、商品の品質保証や調達、物流などの改善のために日々研究を重ね、より良い商品や仕組みを作っています。

強み・特徴

業績は右肩上がりに成長していて、直近5年で約125%もの増収を果たしています。メインの飲料事業では、2005年にモンドセレクションの「ビール部門グループI」で国産ビール製品初の最高金賞を受賞した「ザ・プレミアム・モルツ中瓶」が会社を代表する商品となっています。また、メインの飲料事業以外にも、食品・レストラン事業ではとんかつのまい泉、ハーゲンダッツといった有名ブランドをを持つことも強みの一つです。

今後の動向

「ザ・プレミアム・モルツ」を核とした日本国内におけるシェア向上への取り組みは、今後も続くことが予想されます。さらに、日本ではあまり馴染みのないスピリッツ系のお酒ですが、広報・宣伝の拡大により、買収したジムビームなどの商品をどこまで普及させることができるかが注目です。

キリンホールディングスの売上高・業績
【2019年最新】キリンホールディングス株式会社の売上・業績を調査!四半期ごとの推移や、業界内のランキングを紹介!キリンホールディングスの最新の売上高は1兆9305億円。業界内でのランキングは、第3位です。 今回は、キリンホールディングス株式会社の売...
キリンホールディングス株式会社の年収情報・業界ランキング
【2020最新】キリンホールディングスの年収は?職種や年齢別の給与・ボーナス・評価制度などまとめ!有価証券報告書によると、キリンホールディングスの平均年収は1082万円。平均年齢は41.7歳。食品・飲料業界の年収ランキングは2位となっ...

明治ホールディングス

会社名 明治ホールディングス
本社所在地 東京都中央区京橋2−4−16
会社URL http://www.meiji.com/
代表者 川村 和夫
資本金 30,000百万円
従業員 17608人
売上高 1兆2544億
明治ホールディングスの売上高・業績
【2019年最新】明治ホールディングスの売上・業績を調査!四半期ごとの推移や、業界内のランキングを紹介!明治ホールディングスの最新の売上高は1兆2544億円。業界内でのランキングは、第5位です。 今回は、明治ホールディングスの売上や利益の業...
明治ホールディングスの年収情報・業界ランキング
【2020最新】明治ホールディングスの年収は?職種や年齢別の給与・ボーナス・評価制度などまとめ!有価証券報告書によると、明治ホールディングスの平均年収は996万円。平均年齢は43歳。食品・飲料業界の年収ランキングは4位となっています...