転職ノウハウ

【高難易度】博報堂への転職を考えてる方へ。よくある質問、求める人材像や、年収情報などを徹底比較

博報堂は中途採用枠を2倍に増枠するなど、積極的に中途採用を実施しています。ポジションは非常に多岐にわたるため、あなたに合った求人がないかチェックしてみましょう。

この記事では、博報堂への転職方法やコツ、職種別の転職情報、口コミ、働く環境などについて、詳しく紹介します。博報堂への転職に興味がある方は、ぜひ最後までご覧ください。

元人事のコメント

博報堂は積極的に中途採用をしていますが、求人は現在公開されていません。「リクルートエージェント」や「ビズリーチ」などの大手転職サービスや、広告業界専門エージェントの「マスメディアン」と連携し、非公開に採用活動をしている可能性が高いです。

博報堂に限らず、大手広告代理店への転職では、エージェントから求人を紹介してもらうようにしましょう。

コロナの採用への影響は急激に回復傾向

3月後半から5月上旬にかけてコロナウイルスの採用への影響は深刻なものがありましたが、2020年5月後半、緊急事態宣言が解除された前後から、明確に企業の採用活動が再開に向かっています。

新規求人急増中。早めに希望の求人が出ていないか確認しよう

2020年6月に入って新たに採用ポストが整理され、一斉に募集がスタートしはじめています。コロナの影響で転職活動を先送りしていた人は早めに転職媒体、エージェントに登録し、希望の求人が出ていないかをチェックしましょう。

博報堂の面接・選考情報や志望動機まとめ

面接や選考の流れ

STEP1
書類選考
博報堂への転職では、まず書類選考が実施されます。これまでの職歴や志望動機など、内容はシンプルです。
STEP2
面接(複数回)
書類選考に通過すると、次は面接です。口コミサイトによると、人事面接→現場社員面接→役員面接と、基本的には複数回に渡って面接が行われるようです。
STEP3
内定・入社
面接を通過すれば内定が出ます。その後、条件などの入社交渉を行ないます

書類選考と面接のみと、シンプルな選考

博報堂の選考フローは、基本的には書類選考と面接のみと、シンプルです。Webテストや筆記試験などは行われません。比較的にスピーディに選考が行われていることが予想されます。書類が通過したらトントン拍子で面接がセッティングされるでしょう。そのため、時間を取ってきちんと対策をしたい場合は、書類提出前に面接練習をしておくと安心です。

想定される質問内容

これまでの経歴・経験について

この質問に対しては、単純に経験を答えるだけではなく、聞き手(面接官)にどういう情報を伝えたいるかを意識しましょう。面接官にとっては、あなたの経歴に興味があるのではなく「この会社で使える経験を持っているのか」が重要だということを意識しましょう。

博報堂に入社したら、やりたいことは?

この質問は「この会社に入った後、モチベーションを高く保てる理由がこの人にはあるのか」を見ています。自分のキャリアにとってこの会社の仕事が適している理由をうまく伝えましょう。

実際の面接の口コミ

営業部部 法人営業
営業部部 法人営業
面接であった質問
これからのメディアはどのように変化していくと思うか
質問への回答
広告は広告として認知されるのではなく、ひとつのコンテンツやコミュニケーションとして溶け込んでいくかたちにならないと生活者のシェアされない
面接のポイント
仕事でかかわっていて関心を持った。多くのメディアと携われ、複合的な事業を展開できる。その醍醐味は博報堂ならではなので興味をもちました。面接準備としてはこれまで自分がかかわってきた仕事をまとめ、また関連書籍を読みあさった
営業部部 代理店営業
営業部部 代理店営業
面接であった質問
1ヵ月間家に帰れないなど激務になる。体力的な自信はあるか。前職はどうだったか。
質問への回答
前職でも社内外巻き込み、アカウントプランナーとして、どうしても帰宅は遅くなるので、体力的には問題ない。
面接のポイント
海外ロケやCM撮影立ち合いなどが大変とのことだった。社内や取引業者相手でも理不尽なことが多く、回避する方法は教えるが、タフな精神がないとやっていけない。とにかく耐性をチェックされる。面接では、ネガティブなイメージを植えつけられるが、それでもここで頑張っていくという意気込みが必要。
営業部部 法人営業
営業部部 法人営業
面接であった質問
電通ではなくなぜ博報堂なのか
質問への回答
実際に仕事をする中で、電通の人には大柄な人が多く仕事が雑な人が多いと感じた。一方、博報堂の方は仕事に対して丁寧な方が多く、人として魅力的な人が多いと感じた。そのため、大手広告代理店ではれば博報堂に入りたいという思いが強かったため。
面接のポイント
■選考のプロセス
履歴書、職務経歴書を送付し、1週間後に面接の連絡がメールでくる。
面接は、人事の現場の方1名、現場の課長クラスの方1名の計2名

■面接を受ける人へのアドバイス
電通と博報堂の違い、なぜ博報堂なのか、についてしっかり自分の意見を用意しておく必要があると思います。

営業部 代理店営業
営業部 代理店営業
面接であった質問
テレビゲームは好きか
質問への回答
正直に、一つのゲームしか好んでプレイしないことを答えた。ただゲームのマーケットには可能性を感じるし、一つのムーブメントを起こすことがあるので注目していると答えた。
面接のポイント
専門代理店で働いていたが、出来ることの幅を広げたい、スケールの大きい仕事をしたい、と思い応募した。
これまでの業務のことを詳しく聞かれた。予め具体的な数字など実績を説明できるようにしておくと良いだろう。
営業部 代理店営業
営業部 代理店営業
面接であった質問
これまでの仕事で最も周りとうまくやれたと思う瞬間、その仕事でのあなたの役割は?
質問への回答
この質問はどちらの要素もあると感じです。回答は、人数の関係からプロジェクトに必要な役割を大まかに決めていたが、誰もがその時に足りていない作業に気づき、相互に連絡を取り合っていた瞬間だと答えました。また、当時の役職はプロジェクトアシスタントでした。
面接のポイント
・クリエイティブへの挑戦
・大学時代の先輩がいたので、個人的にアドバイスをもらう。
・印象はフランクだが、甘い答えだと深く問われる。
・面接で聞かれた質問の半分は前職のことで、もう半分は個人の価値観を聞いているような印象でした。
総合職部 その他
総合職部 その他
面接であった質問
日本企業との仕事で満足できるのか
質問への回答
経歴が英語まみれだったので、「うちは日本の企業ばかりだが良いか?」としつこく聞かれました。日本の企業のために働きたかったのでそう答えました。
面接のポイント
いろいろな業種の人と仕事ができ刺激的な毎日が送れそうだったので応募しました。面接は自分の考えていることを自分の言葉で論理的に語ることが求められていると思います。普通の人はいらないという会社なので個性的なエピソードが響く気がしました。

キャリコネ

スポンサーリンク

博報堂に転職するには?

博報堂への転職では、どのような志向やスキルを持った人が向いているのでしょうか。博報堂 が求める人材像や転職難易度、具体的な転職方法をまとめましたので、ぜひご覧ください。

求められる人材像

「粒揃いより粒違い」の文化。幅広い人材にチャンス

博報堂の人事部局長のインタビュー記事を見てみると、博報堂ではあえて「求める人材像」は定義していないようです。ステレオタイプに囚われず、多様な人材を採用します。なぜなら、博報堂には様々な価値観を持った人同士で尊重し合う文化が根付いているからです。そんなダイバーシティ溢れる社風で、いろいろな切り口からアイデアを練り上げています。

新しい感性とスピード感を持った仲間を求める

広告領域を超えて、クライアントの戦略設計から社会的なムーブメントの創出まで、活躍のフィールドが広がっている現在の広告会社。博報堂ではこのチャンスをものにするために、新しい感性とスピード感を持った人材を求めているとのことです。

転職難易度

広告業界未経験OK。ポテンシャルも評価される

博報堂では、広告業界未経験でも中途採用を行っています。募集職種によっては、営業経験やコンサル経験が数年あれば応募可能で、ポテンシャルを重視した採用枠も存在します。ただし、当然人気企業のため転職難易度は高いです。未経験だからこそ、選考対策を怠らないようにしましょう。

広告会社出身や事業会社でのマーケティング経験が有利

当然ですが、博報堂の中途採用では即戦力人材は優遇されると考えられます。総合広告代理店やインターネット広告代理店、広告制作会社、デジタル広告サービス会社などの広告会社や、事業会社でのマーケティング経験者が転職に有利でしょう。

博報堂に興味のある人におすすめの転職サービス

転職サービスの種類

具体的にどのような求人があるかや、博報堂の年収や業績、働き方などの情報をご説明する前に、博報堂のような会社への転職を検討するにあたっての方法や気をつけるべきことをご説明します。

転職方法 転職エージェント 転職サイト
形式 キャリアコンサルタントと面談し、サポートを受けながら転職活動を進める 掲載された求人に自ら応募をする
メリット ・キャリア相談や書類添削、面接対策などが受けられる
・非公開求人を含めた、様々な求人を紹介してもらえる
・企業の選考情報など、情報収集に役立つ
・自分のペースで転職活動ができる
・スカウトをもらえば、書類選考がスキップされることも

自分に合った転職方法を選ぼう

前提として、転職方法に正解はありません。その人の置かれた状況や志向によって、選ぶべき転職方法は様々です。「転職活動がどういうものか想像もできない」「忙しくて面談の時間が取れない」「いますぐにでも転職がしたい」。まずはどのような転職方法があり、何が自分にあっているのかを、知る事が重要です。

特徴
キャリトレ 20代若手で、大企業やベンチャーに転職したいならここ。大企業から、有名IT・Web系企業の求人が多い。
リクルートエージェント 転職支援実績No.1の転職エージェント。圧倒的な求人数と手厚いサポート体制。博報堂のような大企業とのコネクションが強く求人を多数保有。
ビズリーチ ハイキャリア専門として実績No.1。他社にはない高年収の求人はミドル〜ハイクラス層からの絶大の支持。30代中盤以降での転職ならここ。
レバテックキャリア エンジニア転職支援実績No.1の転職エージェント。技術者・クリエイターの有名企業の求人多数。高年収を狙うならここ。
スポンサーリンク

博報堂の転職FAQ

博報堂に入社するとメディア・コンテンツの仕事はできないのですか?

回答
博報堂/博報堂DYメディアパートナーズにおいては、両社間での人材交流を通常の異動と同様におこなっています。こうした人材交流は柔軟な人材配置によって企業グループとしての競争力を高めるばかりでなく、社員のキャリア形成の幅を確保することにもなると考えています。したがって博報堂/博報堂DYメディアパートナーズいずれに入社された場合も両社にて働いていただく可能性があります。

とても忙しいと聞きますが、実際はどうなんですか?

回答
博報堂/博報堂DYメディアパートナーズに限らず、どの業界・会社でも繁忙期と閑散期というものがあります。いわゆる繁忙期は非常に忙しく働いていることはありますが、自分でスケジュールを調整して休暇を取るなど、時間をうまく使っている社員が多いです。

女性が活躍できる職場ですか?

回答
博報堂/博報堂DYメディアパートナーズでは、性別に全く関係なく、いずれの職種においても女性が活躍しています。また産休や育児休暇、時間短縮勤務の制度を利用して、結婚・出産後も働いている女性社員が多くいます。

福利厚生についてはどのような制度があるのでしょうか?

回答
博報堂/博報堂DYメディアパートナーズが所有する保養所の利用、育児・介護休暇制度など様々な福利厚生制度がございます。

回答

回答

回答

回答

公式のFAQページはこちら

スポンサーリンク

博報堂の職種別転職情報

次に、博報堂にはどのような仕事があり、具体的にどのような求人が公開求人として公開されているのかをご説明します。

注意点として、公開求人として公開される求人はあくまで全体の一部でしかないことを注意してください。実際には大企業であるほど、細かな採用職種がいくつもあるため、転職エージェントだけが把握している求人にアクセスすることが非常に重要です。

事業構造

事業部 事業概要
マーケティング クライアントの企業課題を解決するためのマーケティング活動の提案やサポート。
クリエーティブ メディア表現、体験設計などの​多彩なアウトプットや、企業の経営課題を解決するクリエイティブの実行。​
プロモーション 最新テクノ​ロジー、行動データと、アイデアを駆使した「心と体を動かすプロモーション」の提供。
PR マーケティング視点とコーポレート視点の両面で、企業ブランドを向上させるPR活動を提供
コンサルティング クライアントの経営課題・マーケティング課題に対する戦略策定から最終的な実施までをワンストップで提供。
事業開発・イノベーション クライアントのイノベーションを発想から実装までサポート。また、自社起点のサービスや事業の創造企画。
メディア&コンテンツ クライアントのコミュニケーション効果を最大化するメディア・コンテンツサービスを提供。
テクノロジー・R&D 対企業でデータアナリティクスの専門組織・専門家を​駆使した最先端のデータドリブンマーケティングの提供

中途採用情報

公式サイトや口コミサイトによると、博報堂には以下の職種が存在します。

営業 アカウントプロデュース
マーケティング・企画 メディアプロデュース
コンテンツプロデュース職
ストラテジックプラニング
PR
メディアプラニング
技術・エンジニア クリエイティブ
ナレッジ
事務・管理 人事・総務
経理
IT企画
法務
広報
監査

アカウントプロデュース(営業)

公開求人を調査したところ、アカウントプロデュース(営業)の求人を確認する事ができました。

業務内容 アカウントプランナーとしてクライアントのマーケティング及びコミュニケーション戦略の立案・プロモーション企画・提案営業
スキル・経験 大卒以上 ◆業界問わず営業・企画・コンサルタント等の経験のある方

【具体的には】
●業界問わず企画・営業・コンサルタント等の経験がある方
・事業立ち上げや経営者への提案経験がある方は尚可

●広告会社・ネット広告会社で営業経験がある方
・博報堂の業務を経験し、キャリアを積んでいきたい方
・メディア、マーケティング、セールスプロモーション等の関連業界経験者も歓迎

●海外での拠点展開だけではなく、
日本でグローバル案件を手掛けることも増えているため、
英語・中国語等が堪能な方も歓迎します。

年収 初年度年俸500万円~1200万円

博報堂の大規模プロジェクトを牽引していく

博報堂の営業職であるアカウントプロデューサーの募集です。具体的には、担当クライアントの課題を解決するために、パートナーとして、
長期的なマーケティングおよびコミュニケーション戦略の立案・コンサルティング・提案営業から、実際の広告プロジェクト(テレビCM、ネット広告、SPなど)まで、幅広い業務を担当します。社内外のあらゆる知恵を集めて、課題を発見・抽出し、アカウントプロデューサーとして、それぞれのクライアントにとって最適な解決策を提案します。

「業界問わず」企画・営業・コンサルティングが必要

求人によると、業界は問わず、企画・営業・コンサルティングの経験や、広告会社、ネット広告会社での営業経験がある人材を募集しています。ただ、言うまでもなく狭き門であるため、広告業界の一般的な知識があることは前提となってくるでしょう。

ストラテジックプラニング(デジタルを含むマーケティング担当)

公開求人を調査したところ、ストラテジックプラニング(デジタルを含むマーケティング担当)の求人を確認する事ができました。

業務内容 担当得意先のブランド戦略/デジタルを含むマーケティング戦略/コミュニケーション戦略の立案
スキル・経験 大卒以上◆商品・サービス材のマーケティング、データ分析・解析、マーケティングコンサル経験者

【具体的には】
以下の経験者歓迎
・マーケティングに関する業務
・WEBログデータや購買データ等、アクチュアルデータを活用したマーケティング分析業務
・アクセスログ解析等によるデジタル施策の開発・改善・PDCA実施
・データハンドリング・統計解析
・システム設計・開発

年収 初年度年俸500万円~1200万円

ブランド・デジタルマーケティング・コミュニケーション戦略全般を担当

この部署では、クライアントのマーケティング活動にあたって、顧客の課題を元に市場調査データなどから、適切な施策を整理し、アウトプットとなるクリエイティブ部署などと調整しながら、戦略の実現までをサポートする業務になります。

マーケティングの基礎知識、データ解析能力、システムに関する知識が必要

この部署では、市場調査から顧客のログデータまで様々なデータを解析し、適切な戦略を立案する必要があるため、基礎的なマーケティング知識とデータの分析能力、コンサルティング能力が問われる部署になります。

スポンサーリンク

博報堂に転職はおすすめ?

博報堂への転職を検討するにあたって重要な要素である、年収や働き方、業績の情報を、IR情報や様々な口コミサイトからまとめて整理しました。是非ご参考ください。

環境・社風・成長・残業まとめ

環境 保養所、健康サポート、スポーツクラブ利用、企業年金制度など充実。
社風 非常に自由闊達で、やりたいことに挑戦できる文化。
成長 若手でも大規模案件を担当。企業内大学も。
残業 非常にハードワークだが、長期休暇制度が充実。

福利厚生について

保養所や健康サポート制度が人気

福利厚生は非常に充実しているようです。特に評価が高い福利厚生として、全国の高級ホテルと提携した保養施設の利用、社内診療所や無料の人間ドッグ受診、インフルエンザ予防接種などの健康面のサポート制度が挙げられます。

他にも、本人やその家族が提携スポーツクラブを格安で利用できる制度や、充実した企業年金制度などがあります。

社風について

自由闊達な社風

電通とは相対的に、体育会気質な社風ではなく、自由闊達であるようです。
上下関係があまり厳しくなく、自由に議論を交わしやりたいことに挑戦できる文化がるようです。

成長環境について

大型プロジェクトに携われる

博報堂は、大きな裁量権が与えられ大規模案件に携われるようです。若手でも大型プロジェクトを任せてもらえ、上司がしっかりとフォローする体制が整っているようです。

「博報堂大学」で様々な研修が受けられる

博報堂は、博報堂大学という企業内大学を設けており、様々な研修が受けられます。勤続年数や職務別に、プロフェッショナルになるための研修が組まれています。マーケティングマネジメント研修やイノベーション構想プログラムなどがあります。

残業について

激務だが、休暇制度は充実

業界柄や抱える案件が大きいため、基本的に激務です。職種や時期によっては、終電帰りやタクシー帰りは当たり前のようです。

しかし、長期休暇制度は充実しています。お盆や年末年始に休みが取れない分、フリーガバナンス制度といって、5日間の休暇を2回取得できます。
また、育児や介護などの休暇制度も整っており、男女関係なく育休を取れるようです。介護休暇も、最大93日間利用できます。

博報堂について

会社概要

社名 株式会社 博報堂
 本社所在地
 代表者
 資本金
 売上
 従業員
業界 広告・デザイン

企業理念

生活者と社会の幸せを生み、つなげ、ともに広げていく

博報堂は、その高いクリエイティビティや技術、行動力で世の中の課題を解決し、社会に新しい幸せを生むことを企業理念としています。

生活者、社会の刻々と変化する課題を解決し、新たな価値を提供していく。
そして、生活者、社会の中に新しい幸せを生み、つなげ、広げていく。
これこそが、私たちの願いです。

スポンサーリンク

転職エージェント活用のポイント

日本には、小さいものも含めると、1万以上の転職エージェントが存在します。実際に転職エージェントを検索すると、様々なものがヒットすると思います。ここでは、実際にどういう転職エージェントを利用するべきかをご説明します。

エージェントはいくつ利用するべき?

転職エージェントはできるだけ活用する

今あなたが、博報堂のような会社への転職を考ていらっしゃるなら、できるだけ転職エージェントの活用をおすすめします。理由としては、①自分にあった求人があるかは非公開求人をチェックしないとわからない。②面接の雰囲気や事前準備などしっかりと対策をした上で選考に臨む必要がある。③選考難易度の高い博報堂に実際転職できるかどうかはわからない。あなたの経歴に合う企業にも的を広げて、並行して転職活動を行ったほうがよい。というようなことからです。

特に①の理由が大きく、転職媒体に公開されている求人は実は全体のごく一部でしかないのです。例えば営業職の場合でも、実際にどのような企業に対して、どのような商品をどのような形式で販売した経験があるか。によって、同じ企業でも、思わぬ部署で経験が生かされたりすることもあるでしょう。また、もし自分の行きたいと思っていた企業でそのポジションが空いていなくても、別の企業でぴったりな求人良い条件である場合もあります。

そのようなことを考えると、自分にあった求人を、色々な媒体の公開求人の求人原稿から、自力で探し出すことは実際かなり難しいのです。

最低2つは併用している人が多い

キャリアブックが転職エージェントを通して転職に成功した人126人に対して行った調査のうち、90人(71%)が2社以上の転職エージェントを利用しており、54人(42%)が3社以上の転職エージェントを利用しています。

つまり、エージェントを利用して転職に成功した多くの人が、2つ以上の転職エージェントを利用していることになります。

3社以上を併用 54人
2社以上を併用 36人
1社のみ 36人

「求人数」や「担当者との相性」が主な理由

多くの人が転職エージェントを利用する理由は何か、アンケートで調査をしました。その結果、「よい担当者とであえる」が43%。「求人を色々と見られる」が32%となりました。

転職エージェントを利用するにあたって、担当者は非常に重要な要素です。よりよい担当者とであうために複数の転職エージェントを利用している人が多いようです。また、それぞれのエージェントからおすすめされる求人の幅を広げるために色々なエージェントを使っている人も多いようです。

よい担当者と出会える 43%
求人を色々と見られる 32%
複数の選考を受けれる 20%
特に理由なし 5%

どのようなエージェントを利用するべき?

転職エージェントには、大きく2つの種類があります。幅広い業界、職種を取り扱う総合型エージェント、業界や職種に特化した特化型エージェントです。

志望の業界や職種が明確で、その領域に特化した転職エージェントがある場合は、特化型の転職エージェントも利用するべきですが、いずれにせよ総合型の転職エージェントは必ず利用してみましょう。

理由として、やはり特化型は全体の求人数が限られるため、単純な大手の求人だと総合型が網羅的に抑えている可能性が高く、担当者との面談の中で、考えていなかったような業界の会社にもコンタクトが取れ、幅広い視点で転職活動が行えるためです。

総合型 幅広い業界・職種の求人を扱う大規模エージェント。特定の領域に特化しているわけではないため、幅広い求人の提案をしてくれる。転職先が固まっていない時などにおすすめ
特化型 業界・職種に特化した転職エージェント。専門的な領域に特化しているため、その領域に関しての深い知識・求人量、緻密な人事とのコミュニーケーションが可能。

おすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

迷ったらコレ!32万件の求人数を誇る転職エージェントの決定版

リクルートエージェントは、人材業界のトップを独走しているリクルートが運営する国内最大級の総合転職エージェントです。

その歴史は約40年と古く、これまで45万人以上をサポートしており、業界最多の実績を誇っています。保有している求人の量や質、サポート体制など、あらゆる面でトップレベルの水準を誇っており、その総合力が強みと言えます。

特に求人量は32万件以上(非公開求人含む)と、他社を圧倒しており、地方都市にも拠点を構え、日本全国だけでなく海外の求人も豊富に取り扱っています。求人案件の取りこぼしを防ぐために、登録は必須と言えます。

転職エージェント選びで迷っている方は、総合的に安定しているリクルートエージェントで間違いないでしょう。

オススメ度 特徴
総合
転職支援実績No.1。圧倒的な求人量と手厚いサポートが強み。
求人の量・質
非公開求人含め求人数が32万件と他社とは一線を画している。
サポート
リクルートグループが築いた信頼性で企業への交渉力は抜群。
担当者
業界各所から優秀なキャリアコンサルタントが集まっている。

マイナビエージェント

大手企業はもちろん、ホワイトな優良中小企業に出会える

マイナビエージェントは20代〜30代半ばで、優良企業を紹介してほしいという方には非常におすすめの大手総合転職エージェントです。

マイナビエージェントは、若手の転職支援実績が豊富で、利用者の80%が20代〜30代半ばです。提携企業も若手〜中堅層の採用ニーズを抱えている企業が多いです。

また、新卒採用市場で最大手のマイナビグループは、新卒採用で培った企業とのネットワークを活用し、大企業はもちろん、優良中小企業の求人を多数保有しています。マイナビエージェントが保有する求人の半数以上が非公開求人で、一般公開したら応募が殺到するような人気求人を紹介してもらうことが可能です。

オススメ度 特徴
総合
若手の転職支援実績が豊富。優良企業の求人を多く保有している。
求人の量・質
大手企業はもちろん、ホワイトな中小企業の非公開求人が多い。
サポート
キャリアカウンセリングから選考対策、企業への交渉まで一貫してサポートが手厚い。
担当者
密なコミュニケーションが特徴的だが、頻繁すぎるという声も。

ビズリーチ

国内最大級!キャリアアップといったらココ

ビズリーチはハイクラス向けの会員制転職サービスで、ヘッドハンターや人事から直接スカウトが届いたり、高年収の求人を検索することが可能です。

その会員数は151万人を突破しており、ハイクラス向けの転職サービスでは業界最大手です。

求人量・質など総合的に欠点がなく、高年収ポジションや管理職での転職を希望しているは必ず登録しておきたいサービスです。

また、今すぐの転職を考えていなくても、スカウトを受け取りながら興味あるオファーが来たら話を聞いてみたいという人にもおすすめです。

オススメ度 特徴
総合
ハイクラス向けの転職エージェントとして実績No.1を誇る。
求人の量・質
公開求人数は12万件と総合転職エージェントと引けを取らないほどの量。
サポート
基本サービスには選考対策などのサポートが含まれていない。
担当者
業界に精通したヘッドハンターから専門的なアドバイスをもらうことも。

キャリトレ

話題沸騰!ITベンチャー企業への転職なら登録必須!

CMで人気のキャリトレは、若手向けに特化した全く新しい転職サイトです。運営元はビズリーチで、「ビズリーチ」はハイクラス向け、「キャリトレ」はキャリアの浅い若者向けと、ターゲットが棲み分けされています。

12万件以上の求人数は業界トップクラスで、中でも急成長を果たしているITベンチャー企業の求人を多く取り扱っています。

また、簡単ワンタップの操作で、企業にあなたの興味を届けることができ、マッチした企業から直接オファーが届くようになります。

転職活動に役立つ機能が充実しているのも大きな特徴です。2種類のスカウト機能や、人工知能が搭載されたレコメンド機能で、受動的に希望条件に合った求人を探すことが可能です。

20代・30代でITベンチャーへの転職であれば、キャリトレを使わない選択肢はないでしょう。

オススメ度 特徴
総合
20代向けの求人数では、リクナビやマイナビと同等の水準。
求人の量・質
12万件の求人のうち、大多数が20代向けの求人。
サポート
AIを搭載したレコメンド機能や、2種類のスカウト機能が充実。
担当者
ツイッター上で担当者が相談に乗ってくれるユニークな機能。

パソナキャリア

年収重視の方は登録必須!67%の人が転職後に年収アップを実現

パソナキャリアは、人材業界大手のパソナが運営している総合転職エージェントで、転職がはじめてで年収を上げたい方におすすめです。

パソナキャリア経由で転職をした人のうち、なんと67%が転職後に年収が上昇しており、パソナキャリアは年収アップの面で強みを持っています。

また、利用者の半数以上が転職経験がなく、転職がはじめての人からの評価が高いです。

はじめての転職で不安だけど、年収アップを目指しているけど、はじめての転職で不安という方は、パソナキャリアを利用しましょう。

オススメ度 特徴
総合
総合的に安定している。特に年収アップに強みを持っている。
求人の量・質
求人数は4万件と、リクルートやdodaに比べると劣っている。
サポート
丁寧なキャリアカウンセリングや選考対策が好評。
担当者
企業への交渉力が強く、67%の人が年収アップを実現している。

doda

抜群の安定感!IT・通信業界、営業・企画職への転職に強い

dodaは業界大手のパーソルキャリアが運営している転職エージェントで、転職支援実績はトップクラスです。

非公開求人を含め全国14万件の求人を保有していて、リクルートエージェントの32万件に次ぐ国内2番手の求人数を誇っています。14万件のうち約8万件が非公開求人で、一般の転職市場には出回らないようなdoda独自の求人を紹介してもらうことが可能です。

特に、IT・通信業界や、営業・企画職の求人が多いため、IT志望でビジネス職の方は必ず登録しておきたい転職エージェントです。

また、キャリアコンサルタントによる丁寧なキャリアカウンセリングに定評があり、「初めての転職で不安」という方にも自信を持っておすすめできます。面接確約オファーが届くスカウトサービスや、転職フェアなどのイベントを頻繁に開催しており、自分に合った企業が見つかる機会も充実しています。

オススメ度 特徴
総合
求人量は国内2番手でトップクラス。
求人の量・質
公開求人6万件、非公開求人8万件と豊富な求人量が強み。
サポート
スカウトや転職イベントで、自分に合った求人が見つかる機会が豊富。
担当者
LINEで気軽に転職相談や求人提案を受けられる。

マイナビエージェントIT

豊富な求人数を誇る!大手ならではの安定したサポート体制も

オススメ度 特徴
総合
大手ならではの安定したサポート体制と求人数・質が強み。
求人の量・質
レバテックの3倍の求人数を誇る。優良中小企業の求人が多い。
サポート
マイナビグループで蓄積されたIT業界特有の転職ノウハウを活用。
担当者
IT業界出身者による専門的なアドバイスが受けられる。

ウズキャリ(UZUZ)

20代全般におすすめ。特にIT業界希望者は登録マスト

オススメ度 特徴
総合
丁寧なサポート体制と担当者の質が好評。
求人の量・質
ブラック企業を排除し、優良企業のみ扱っている。
サポート
平均20時間のキャリアカウンセリングが特徴的。
担当者
担当者の90%が元第二新卒・既卒のため、経験を元にしたアドバイスを受けられる。

ワークポート

IT業界未経験者は登録必須!未経験のサポート体制が充実

オススメ度 特徴
総合
IT業界特化型としては老舗で、未経験でのIT業界転職に強い。
求人の量・質
IT業界未経験OKの求人が豊富。
サポート
無料のプログラミングスクールなど、未経験へのサポートが手厚い。
担当者
専任の転職コンシェルジュが、きめ細かく素早い対応してくれる。

レバテックキャリア

IT業界転職実績No.1。高年収の良質な求人が豊富

オススメ度 特徴
総合
IT業界の転職支援では実績No.1。高年収求人が多い。
求人の量・質
全体の60%以上が年収700万円以上の高年収求人が豊富。
サポート
過去の質問例を元にしたIT業界特有の専門的な面接対策が特徴的。
担当者
最新の技術やTI業界の転職に精通した担当者によるアドバイス。