業績・売上

【2019年最新】バンダイナムコホールディングスの売上・業績を調査!四半期ごとの推移や、業界内のランキングを紹介!

バンダイナムコホールディングスの売上高・業績

バンダイナムコの最新の売上高は7323億円。業界内でのランキングは、第2位です。
今回は、バンダイナムコホールディングスの売上や利益の業績情報を、競合企業との比較ランキング・過去の推移の比較という形で行いました。

是非最後までご覧ください!

バンダイナムコの売上・業績について

直近の年間売上高
7323億円
従業員あたりの売上
8760万円
売上業界ランキング
2位
3年間の売上変化率
118.11%
スポンサーリンク

バンダイナムコの業績の推移・変化率

売上推移

過去3年間の売上の推移

年間売上は7323億円。3年間の変化率は118.11%


年度 売上高
2000年度 0億円
2001年度 0億円
2002年度 0億円
2003年度 0億円
2004年度 0億円
2005年度 0億円
2006年度 4509億円
2007年度 4592億円
2008年度 4605億円
2009年度 4264億円
2010年度 3786億円
2011年度 3942億円
2012年度 4543億円
2013年度 4873億円
2014年度 5077億円
2015年度 5655億円
2016年度 5756億円
2017年度 6201億円
2018年度 6784億円
2019年度 7324億円

バンダイナムコの直近の売上高(連結)は、7323億円です。直近3年間での成長率は118.11%と上昇傾向にあります。

営業利益率は11%

年度 営業利益 前年度比率
2019年 841億円 112.02%
2018年 751億円 118.64%
2017年 633億円 -%

バンダイナムコの直近の営業利益(連結)は、841億億円。営業利益率は営業利益率は11%です。

四半期ごとの売上高・営業利益


四半期売上高 四半期営業利益
2017年1Q 1447.92億 234.19億
2017年2Q 1497.77億 154.85億
2017年3Q 1645.34億 212.56億
2017年4Q 1609.58億 30.78億
2018年1Q 1440.84億 156.11億
2018年2Q 1647.62億 193.3億
2018年3Q 1743.34億 185.21億
2018年4Q 1951.32億 215.62億
2019年1Q 1508.99億 178.97億
2019年2Q 1837.66億 260.38億
2019年3Q 1940.98億 259.2億
2019年4Q 2035.84億 141.9億
失敗しないための転職ツール診断

間違った転職ツール選びはキャリアの失敗につながります。6問の質問に答えるだけで、あなたにあった転職サイトをチェックしよう。

10秒診断スタート

バンダイナムコの売上高の比較・ランキング

競合との比較

主要企業の平均年収の推移


会社名 2000年度 2001年度 2002年度 2003年度 2004年度 2005年度 2006年度 2007年度 2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
スクウェア・エニックス・ホールディングス 558万円 548万円 530万円 577万円 591万円 586万円 618万円 615万円 616万円 -万円 1787万円 2169万円 1710万円 1926万円 1352万円 1375万円 1403万円 1366万円 1392万円 1430万円
任天堂 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 858万円 900万円 958万円 982万円 951万円 894万円 915万円 906万円 869万円 869万円 840万円 891万円 928万円 903万円 913万円
ネクソン -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 514万円 532万円 500万円 540万円 540万円 585万円 587万円 556万円 547万円
カプコン 503万円 515万円 534万円 573万円 573万円 551万円 616万円 622万円 565万円 587万円 601万円 572万円 604万円 585万円 556万円 556万円 565万円 572万円 563万円 589万円
コナミホールディングス -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 681万円 624万円 676万円 682万円 667万円 679万円 730万円 725万円 733万円 712万円 777万円 798万円 736万円 820万円
バンダイナムコホールディングス -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 487万円 1118万円 1187万円 706万円 691万円 641万円 799万円 894万円 889万円 939万円 1174万円 1355万円 1218万円 1084万円

①売上高のランキング

トップ5社の売上シェア比率


売上高:ゲーム・玩具業界では第2位

ゲーム・玩具業界の企業内でのバンダイナムコの売上ランキングの順位は第2位です。
ゲーム・玩具業界の売上高ランキング第1位は任天堂、第2位はスクウェア・エニックス・ホールディングス、第3位はコナミホールディングスになっています。
ゲーム・玩具業界のランキング一覧はこちら

順位 会社名 売上高
1位 任天堂 1兆2006億円
2位 バンダイナムコ 7323億円
3位 スクウェア・エニックス・ホールディングス 2710億円
4位 コナミホールディングス 2625億円
5位 ネクソン 2537億円
6位 ハピネット 2404億円
7位 タカラトミー 1769億円
・・・・・・・・
37位 CRI・ミドルウェア 16億円
※こちらの情報は、おもに有価証券報告書にて掲載されている売上情報を参考に、約3000社のデータベースを制作して算出しています。

売上高:全体では第206位

CareerBookが調査した有名企業約3000社の中で、バンダイナムコは売上ランキング206位です。

順位 会社名 売上高
1位 トヨタ自動車 30兆2257億円
2位 三菱商事 16兆1038億円
3位 ホンダ(HONDA) 15兆8886億円
4位 日本郵政 12兆7750億円
5位 NTT東日本(日本電信電話) 11兆8798億円
6位 伊藤忠商事 11兆6005億円
・・・・・・・・
201位 あらた 7544億円
202位 北海道電力 7522億円
203位 大陽日酸 7403億円
204位 四国電力 7373億円
205位 NTN 7336億円
206位 バンダイナムコ 7323億円
207位 イズミ 7321億円
208位 日立ハイテクノロジーズ 7311億円
209位 宇部興産 7302億円
210位 HIS(エイチ・アイ・エス) 7286億円
211位 三愛石油 7269億円
・・・・・・・・
3585位 RISE 1億円
※こちらの情報は、おもに有価証券報告書にて掲載されている売上情報を参考に、約3000社のデータベースを制作して算出しています。

②従業員当たりの売上のランキング

従業員あたり売上:ゲーム・玩具業界で第4位

ゲーム・玩具業界内でのバンダイナムコの従業員あたりの売上ランキングの順位は第4位です。

順位 会社名 売上高
1位 ハピネット 24,886万円
2位 任天堂 20,198万円
3位 ゲームカード・ジョイコホールディングス 8,956万円
4位 バンダイナムコ 8,760万円
5位 ガンホー 8,016万円
6位 アカツキ 7,213万円
7位 タカラトミー 6,636万円
8位 藤商事 6,054万円
9位 スクウェア・エニックス・ホールディングス 5,690万円
・・・・・・・・
31位 ウェッジホールディングス 593万円
※こちらの情報は、おもに有価証券報告書にて掲載されている売上情報を参考に、約3000社のデータベースを制作して算出しています。
スポンサーリンク

従業員数やキャッシュフロー、資産などの情報

その他の指標

営業キャッシュフロー

年度 営業キャッシュフロー
2019年 798.11億
2018年 551.38億
2017年 641.36億

投資キャッシュフロー

年度 投資キャッシュフロー
2019年 -248.99億
2018年 -633.38億
2017年 -130.16億

財務キャッシュフロー

年度 売上高
2019年 -289.72億
2018年 -170.86億
2017年 -131.71億

総資産

年度 資産
2019年 6129.55億
2018年 5404.9億
2017年 4880.32億

従業員に関するデータ

平均年収 万円
従業員数 8360人
平均年齢
スポンサーリンク

バンダイナムコについて

会社概要

会社概要

社名 バンダイナムコホールディングス
本社所在地 東京都港区芝5−37−8
会社URL http://www.bandainamco.co.jp/
代表者 田口 三昭
資本金 10,000百万円
 従業員 8360
業界 ゲーム・玩具
スポンサーリンク

関連記事

おすすめの転職エージェント一覧

リクルートエージェント

迷ったらコレ!32万件の求人数を誇る転職エージェントの決定版

リクルートエージェントは、人材業界のトップを独走しているリクルートが運営する国内最大級の総合転職エージェントです。

その歴史は約40年と古く、これまで45万人以上をサポートしており、業界最多の実績を誇っています。保有している求人の量や質、サポート体制など、あらゆる面でトップレベルの水準を誇っており、その総合力が強みと言えます。

特に求人量は32万件以上(非公開求人含む)と、他社を圧倒しており、地方都市にも拠点を構え、日本全国だけでなく海外の求人も豊富に取り扱っています。求人案件の取りこぼしを防ぐために、登録は必須と言えます。

転職エージェント選びで迷っている方は、総合的に安定しているリクルートエージェントで間違いないでしょう。

オススメ度 特徴
総合
転職支援実績No.1。圧倒的な求人量と手厚いサポートが強み。
求人の量・質
非公開求人含め求人数が32万件と他社とは一線を画している。
サポート
リクルートグループが築いた信頼性で企業への交渉力は抜群。
担当者
業界各所から優秀なキャリアコンサルタントが集まっている。

マイナビエージェント

大手企業はもちろん、ホワイトな優良中小企業に出会える

マイナビエージェントは20代〜30代半ばで、優良企業を紹介してほしいという方には非常におすすめの大手総合転職エージェントです。

マイナビエージェントは、若手の転職支援実績が豊富で、利用者の80%が20代〜30代半ばです。提携企業も若手〜中堅層の採用ニーズを抱えている企業が多いです。

また、新卒採用市場で最大手のマイナビグループは、新卒採用で培った企業とのネットワークを活用し、大企業はもちろん、優良中小企業の求人を多数保有しています。マイナビエージェントが保有する求人の半数以上が非公開求人で、一般公開したら応募が殺到するような人気求人を紹介してもらうことが可能です。

オススメ度 特徴
総合
若手の転職支援実績が豊富。優良企業の求人を多く保有している。
求人の量・質
大手企業はもちろん、ホワイトな中小企業の非公開求人が多い。
サポート
キャリアカウンセリングから選考対策、企業への交渉まで一貫してサポートが手厚い。
担当者
密なコミュニケーションが特徴的だが、頻繁すぎるという声も。

ビズリーチ

国内最大級!キャリアアップといったらココ

ビズリーチはハイクラス向けの会員制転職サービスで、ヘッドハンターや人事から直接スカウトが届いたり、高年収の求人を検索することが可能です。

その会員数は151万人を突破しており、ハイクラス向けの転職サービスでは業界最大手です。

求人量・質など総合的に欠点がなく、高年収ポジションや管理職での転職を希望しているは必ず登録しておきたいサービスです。

また、今すぐの転職を考えていなくても、スカウトを受け取りながら興味あるオファーが来たら話を聞いてみたいという人にもおすすめです。

オススメ度 特徴
総合
ハイクラス向けの転職エージェントとして実績No.1を誇る。
求人の量・質
公開求人数は12万件と総合転職エージェントと引けを取らないほどの量。
サポート
基本サービスには選考対策などのサポートが含まれていない。
担当者
業界に精通したヘッドハンターから専門的なアドバイスをもらうことも。

キャリトレ

話題沸騰!ITベンチャー企業への転職なら登録必須!

CMで人気のキャリトレは、若手向けに特化した全く新しい転職サイトです。運営元はビズリーチで、「ビズリーチ」はハイクラス向け、「キャリトレ」はキャリアの浅い若者向けと、ターゲットが棲み分けされています。

12万件以上の求人数は業界トップクラスで、中でも急成長を果たしているITベンチャー企業の求人を多く取り扱っています。

また、簡単ワンタップの操作で、企業にあなたの興味を届けることができ、マッチした企業から直接オファーが届くようになります。

転職活動に役立つ機能が充実しているのも大きな特徴です。2種類のスカウト機能や、人工知能が搭載されたレコメンド機能で、受動的に希望条件に合った求人を探すことが可能です。

20代・30代でITベンチャーへの転職であれば、キャリトレを使わない選択肢はないでしょう。

オススメ度 特徴
総合
20代向けの求人数では、リクナビやマイナビと同等の水準。
求人の量・質
12万件の求人のうち、大多数が20代向けの求人。
サポート
AIを搭載したレコメンド機能や、2種類のスカウト機能が充実。
担当者
ツイッター上で担当者が相談に乗ってくれるユニークな機能。

パソナキャリア

年収重視の方は登録必須!67%の人が転職後に年収アップを実現

パソナキャリアは、人材業界大手のパソナが運営している総合転職エージェントで、転職がはじめてで年収を上げたい方におすすめです。

パソナキャリア経由で転職をした人のうち、なんと67%が転職後に年収が上昇しており、パソナキャリアは年収アップの面で強みを持っています。

また、利用者の半数以上が転職経験がなく、転職がはじめての人からの評価が高いです。

はじめての転職で不安だけど、年収アップを目指しているけど、はじめての転職で不安という方は、パソナキャリアを利用しましょう。

オススメ度 特徴
総合
総合的に安定している。特に年収アップに強みを持っている。
求人の量・質
求人数は4万件と、リクルートやdodaに比べると劣っている。
サポート
丁寧なキャリアカウンセリングや選考対策が好評。
担当者
企業への交渉力が強く、67%の人が年収アップを実現している。

doda

抜群の安定感!IT・通信業界、営業・企画職への転職に強い

dodaは業界大手のパーソルキャリアが運営している転職エージェントで、転職支援実績はトップクラスです。

非公開求人を含め全国14万件の求人を保有していて、リクルートエージェントの32万件に次ぐ国内2番手の求人数を誇っています。14万件のうち約8万件が非公開求人で、一般の転職市場には出回らないようなdoda独自の求人を紹介してもらうことが可能です。

特に、IT・通信業界や、営業・企画職の求人が多いため、IT志望でビジネス職の方は必ず登録しておきたい転職エージェントです。

また、キャリアコンサルタントによる丁寧なキャリアカウンセリングに定評があり、「初めての転職で不安」という方にも自信を持っておすすめできます。面接確約オファーが届くスカウトサービスや、転職フェアなどのイベントを頻繁に開催しており、自分に合った企業が見つかる機会も充実しています。

オススメ度 特徴
総合
求人量は国内2番手でトップクラス。
求人の量・質
公開求人6万件、非公開求人8万件と豊富な求人量が強み。
サポート
スカウトや転職イベントで、自分に合った求人が見つかる機会が豊富。
担当者
LINEで気軽に転職相談や求人提案を受けられる。

マイナビエージェントIT

豊富な求人数を誇る!大手ならではの安定したサポート体制も

オススメ度 特徴
総合
大手ならではの安定したサポート体制と求人数・質が強み。
求人の量・質
レバテックの3倍の求人数を誇る。優良中小企業の求人が多い。
サポート
マイナビグループで蓄積されたIT業界特有の転職ノウハウを活用。
担当者
IT業界出身者による専門的なアドバイスが受けられる。

ウズキャリ(UZUZ)

20代全般におすすめ。特にIT業界希望者は登録マスト

オススメ度 特徴
総合
丁寧なサポート体制と担当者の質が好評。
求人の量・質
ブラック企業を排除し、優良企業のみ扱っている。
サポート
平均20時間のキャリアカウンセリングが特徴的。
担当者
担当者の90%が元第二新卒・既卒のため、経験を元にしたアドバイスを受けられる。

ワークポート

IT業界未経験者は登録必須!未経験のサポート体制が充実

オススメ度 特徴
総合
IT業界特化型としては老舗で、未経験でのIT業界転職に強い。
求人の量・質
IT業界未経験OKの求人が豊富。
サポート
無料のプログラミングスクールなど、未経験へのサポートが手厚い。
担当者
専任の転職コンシェルジュが、きめ細かく素早い対応してくれる。

レバテックキャリア

IT業界転職実績No.1。高年収の良質な求人が豊富

オススメ度 特徴
総合
IT業界の転職支援では実績No.1。高年収求人が多い。
求人の量・質
全体の60%以上が年収700万円以上の高年収求人が豊富。
サポート
過去の質問例を元にしたIT業界特有の専門的な面接対策が特徴的。
担当者
最新の技術やTI業界の転職に精通した担当者によるアドバイス。