転職ノウハウ

【2020最新】ANA(全日本空輸)への転職を徹底分析。面接での質問や年収情報などからわかる転職難易度とは

この記事では、ANA(全日本空輸)への転職を考えている人向けに、採用傾向最適な転職サービス面接対策年収や業績の水準などを詳しく紹介しています。

この記事は、IR情報、口コミサイト、業界担当のキャリアアドバイザーへのヒアリング情報ソースとして作成しています。

ANA(全日本空輸)の面接・選考情報

面接の口コミ

キャリコネより、選考関連の口コミをいくつかご紹介します。気になる方は、詳しくはキャリコネをご参考ください。

部署:応募した部署:客室部 役職:職種:物流サービス
部署:応募した部署:客室部 役職:職種:物流サービス

当社の改善点

回答
ANA独自のサービスが沢山あるにも関わらず、あまりTVでCMを流したり空港でのイベントで広報に力を入れていなかったと感じたので、現在の取り組みを素晴らしいとお伝えしつつ更に多くの方に知っていただくための広報の手法を提案し改善点として挙げました。
ポイント
1次面接:グループ面接 応募者5名対面接官2名
2次面接:個人面接 応募者1名対面接官2名
3次面接:個人面接 応募者1名対面接官2名
面接時最も大切な事は笑顔だと感じました。会社の顔である客室乗務職ということで勿論お話をする内容も重要ですが、明るさ、爽やかさ、感じの良さが求められることを実感しました。

部署:応募した部署:客室部 役職:職種:その他
部署:応募した部署:客室部 役職:職種:その他

志望動機

回答
以前飛行機を利用したときのエピソード。地方空港のデッキから到着便のパイロットに手を降ったら大学生の私に振り替えしてくれた。しかも、東京についてわざわざ声をかけてくれて、あたたかいなと思ったため。
ポイント
今は年間相当な人数を採用しています。
落ちてもいつかは叶うと思います。だからあきらめないで受け続けてほしいと思います。また、面接において、毎回面接をしていただけることが楽しくて仕方なかったため、受かることができたのかなと思います。

部署:応募した部署:客室課 役職:職種:物流サービス
部署:応募した部署:客室課 役職:職種:物流サービス

これまでの仕事でチームワークを活かして残せた実績について

回答
客室乗務員はチームワークが大事だということで聞かれた質問。まったく異業種の仕事でも協調性をもって連携することができるのかを見られたと思う。
ポイント
・選考のプロセスは書類選考、GD、面接2回で結構大変だった。地方からの面接参加でも東京で面接する際(最後の面接2回)は全く交通費が出ない。1回目の面接は現場の社員だが最終ではより掘り下げた質問をされる。

部署:応募した部署:客室部 役職:職種:ホテルスタッフ
部署:応募した部署:客室部 役職:職種:ホテルスタッフ

・休みの日のすごし方

回答
映画や食事等、家族との時間を大切にしている。
(温かみを大切にされている企業と伺ったので、家族との交流をアピールしました)
ポイント
・職務内容に興味があった為
・スクールに通い面接対策を行った
・会社説明会(応募書類手渡し)→面接2回
・会社のカラーに合うかどうかを重視していると感じます。親しみのある雰囲気をアピールすると良いかと思います。

部署:応募した部署:客室乗務員 役職:職種:その他
部署:応募した部署:客室乗務員 役職:職種:その他

グループ面接にて、「弱点を克服すべきか、長所を伸ばすべきか、二つのグループに分かれて話し合ってください。」

回答
状況によって、弱点を克服すべきときと、長所を伸ばすべき時があり、まわりの人との関わり合いの中で選択し努力していくものだと思います。と答えました。
ポイント
・短期セミナーに通いました。初めての応募だったので、業界や雰囲気を知るのに大変役立ちました。一度、一通りの流れを掴んでおくと、どの企業を受ける時でも応用できるので、初めての人にはお勧めします。でも、何度も通う必要はないです。

部署:応募した部署:客室乗務員 役職:職種:物流サービス
部署:応募した部署:客室乗務員 役職:職種:物流サービス

前職のインストラクターの経験はどのくらい行ってきたか

回答
資格を取ると一か月に2、3回程アサインされる
頻度は少ないが教える大変さと楽しさがあり
やりがいがある
訓練生の頃に受けた指導の良いところを摘み取って今後は自分が教えていく事がとてもやりがいであった
ポイント
国内線のみの業務であった為今後はより長く身近にお客様に接しサービスが出来る国際線のある会社で働きたいと感じ志望
フライト以外でも様々な道が用意されていて将来性があるところも魅力
働く社員の雰囲気がとても良く印象的であったから

キャリコネ

面接・選考の流れ

STEP1
書類選考
ANA(全日本空輸)への転職では、まず書類選考が実施されます。これまでの職歴や志望動機など、内容は基本通りのものになります。
STEP2
面接(2~4回)
書類選考に通過すると次は面接です。人事面接→現場社員面接→役員面接と、基本的には複数回に渡って面接が行われるようですが、ポジションによっても変化すると思われます。(人事面接が最後のパターンもあります)
STEP3
内定・入社
面接を通過すれば内定が出ます。その後、条件などの入社交渉を行ないます

書類選考と面接の、シンプルな選考

ANA(全日本空輸)の選考フローは、ポジションや選考経路にもよりますが、基本的には書類選考と面接2~4回程度になります。簡単な適正診断等がおこなれる可能性はあります。

面接対策・想定質問

これまでの経歴・経験について

この質問に対しては、単純に経験を答えるだけではなく、聞き手(面接官)にどういう情報を伝えたいるかを意識しましょう。面接官にとっては、あなたの経歴に興味があるのではなく「この会社で使える経験を持っているのか」が重要だということを意識しましょう。

入社したら、やりたいことは?

この質問は「この会社に入った後、モチベーションを高く保てる理由がこの人にはあるのか」を見ています。自分のキャリアにとってこの会社の仕事が適している理由をうまく伝えましょう。

スポンサーリンク

ANA(全日本空輸)に最適な転職サービス(求人情報あり)

情報収集はスカウトサービスで

キャリトレとビズリーチは、ANA(全日本空輸)のような大企業や、有名ベンチャー企業が求人を多く公開しています。スカウト型のサービスであるため、求人をみたり興味があるスカウトが来れば面談してみるとううように、「今すぐに転職に動かない」という人も利用しやすいサービスです。

本格的に動くなら、キャリアアドバイザーに相談

本格的に転職活動に動くなら、リクナビエージェントがおすすめです。リクルートエージェントは業界No1の求人保有数で、ANA(全日本空輸)のような大企業への転職なら利用をおすすめします。

キャリトレ

5分で登録。あなたの可能性を開こう

若手のキャリアアップなら
キャリトレがNo1

優良ベンチャーから大手企業まで

いいねするだけで興味がある企業からオファーが届く

✔ 人工知能があなたの好みを学習

CareerBooks調査情報

リクルートエージェント

まずは希望の求人を確認しよう

全国で求人数No1
はリクルートエージェント

✔ 求人数国内No1。大手から中小まで

✔ 地方拠点数が多く、全国で利用可能

CareerBooks調査情報

無料で登録する

カンタン5分

ビズリーチ

まずは1000万円以上の求人を確認

有名企業へのハイクラス転職なら
ビズリーチがNo1

年収1000万円以上の求人が3分の1以上

国内最大級のダイレクトスカウトサービス

超大手企業のハイクラス求人が12万件以上

CareerBooks調査情報

ビズリーチの募集

日本航空
職種:電気回路設計
年収:500万円~1000万円
役職:管理職

募集タイトル
産機インフラ製品の回路マネジメント

業務内容
産機インフラ向けタッチパネルや操作ユニット等における、電気回路設計のマネジメント

ANA(全日本空輸)の基本情報

年収情報

平均年収
776万円
平均年齢
45.5歳
全体ランキング
414位/3400社
業界内ランキング
10位/76社

年収と勤続年数の傾向



年収は上位30%の高水準

全国の上場企業約3000社を対象にした平均年収の調査において、ANAの平均年収776万円は、上位30%の高水準です。また全国3000社の上場企業の平均年収の中央値は650万円前後となっています。

勤続年数は平均より短め

ANAの平均勤続年数3.35年は、全国の上場企業約3000社を対象にした平均年収の調査において、平均より短めとなっています。また全国3000社の上場企業の勤続年数の中央値は11年前後です。

スポンサーリンク

ANA(全日本空輸)の環境・社風・成長・残業

ANA(全日本空輸)の環境・社風・成長・残業に関する情報を、OpenWorksやキャリコネなどの口コミサイトからまとめました。

環境 非常に満足度が高い。様々な手当や制度があり、特に自社便の無料利用は満足度が高い。
社風 真面目な人が多い。体育会文化が残っていて年功序列でもある。
成長 専門性が高い業務を遂行するため専門スキルが身に付く。またグローバル関連の業務に携わることもしばしば。
残業 残業は月10時間ほどと少な目でワークライフバランスは実現できる。ただし部署次第。

福利厚生について

非常に充実している

福利厚生は充実しているとの声が多く、非常に満足度が高いです。

国内線は家族までタダ

様々な福利厚生があるようです。
公共交通機関特有の福利として、ANAグループ福利搭乗制度があります。自社便であれば家族まで割引価格で航空券を購入でき、国内線では空席があれば無料で利用できるとのことです。
また、健康増進に関して積極的に取り組んでいるようで、健康診断やヨガ、ウォークラリーなどに加え、病気時の手当も厚いようです。

社風について

真面目な社風で縦社会

人々の命を預かっている事業のため、お客様の安心・安全第一を常に意識し、常に冷静で真面目な人が多いとの声が多いです。緊張感を持って仕事に取り組んでいる人が多いようです。
また、部署にもよりますが、体育会風土が残っており、縦社会であるとの声もあります。

成長環境について

専門スキルが身に付く

本社スタッフや現場の客室スタッフも同様に、専門性が高い業務が多く、専門スキルを身に付けられるとの声があります。
社内や同業種で長期的なキャリアを描きスキルを極めたい人にとっては絶好の環境と言えます。

グローバルに活躍できる

海外に携わる業務が多かったり、社内でも国籍が多様化していて英語を使うことがあったりと、グローバルに活躍できる環境があるとのことです。

残業について

ワークライフバランスは実現可能

あくまで部署次第にはなりますが、基本的に残業は少なく、月10時間ほどとの声が多いです。
休暇も取りやすく、完全週休2日制のため、ワークライフバランスは実現できるとの声が大体数です。

その他福利厚生や諸手当、休暇について

ANAの福利厚生や休暇などの情報をまとめました。

諸手当 家族手当、住宅手当など
休日・休暇 土・日・祝日・年末年始(年間121日)
年次有給休暇・夏季特別休暇など
福利厚生 保険・融資等各種制度
寮・社宅、国内外の主要契約ホテル・スポーツ施設など
勤務時間 原則、1日8時間/週40時間

常日勤部門 9:00~18:00 フレックスタイム制度あり(適用部署限定)
変則勤務部門 各職場に応じたシフト勤務(変形労働時間制)。1ヵ月を平均して週40時間以内で設定。

参考サイト

中途入社 客室乗務員 女性
中途入社 客室乗務員 女性
ベネフィットポイントは年5万円程支給されるなど福利厚生は手厚い。旅行に関しては事欠かない待遇である。
新卒入社 客室乗務員 女性
新卒入社 客室乗務員 女性
福利厚生はとても充実している。育児休暇や産休など女性に対する福利厚生にも非常に満足している。
新卒入社 オペレーション 男性
新卒入社 オペレーション 男性
優待航空券などの福利厚生があり、給与が低いことを補っている。基本給のみで比較すると競合他社を下回る。
スポンサーリンク

ANA(全日本空輸)の転職ニュース

ANA(全日本空輸)の転職ニュース

…米ボーイングやキヤノンから中途採用で入社したエンジニア、客室乗務員や空港スタッフ経験者など十数人で構成する。 …
… 「学生はANAなど交通インフラ系や金融大手のように、知名度が高くて安定感のある会社を選びがちだ。…
スポンサーリンク

ANA(全日本空輸)について

会社概要

社名 ANAホールディングス株式会社
 本社所在地 東京都港区東新橋1−5−2 汐留シティセンター
 代表者 片野坂 真哉
 資本金 318,789百万円
 売上 20583
 従業員 43466
業界 航空・鉄道・輸送

企業理念

安心と信頼を基礎に、世界をつなぐ心の翼で
夢にあふれる未来に貢献します

「安心と信頼」はANAとお客様との約束であり、経営の根幹に位置づけられる責務です。
エアライン事業を中核とするANAグループは、「挑戦し続ける」「強く生まれ変わる」「いつもお客様に寄り添う」気持ち、 「心の翼」をもって、永続的にこれからの社会の発展に貢献し、「夢あふれる未来」創りの一翼を担っていきます。

業績情報

直近の年間売上高
2兆583億円
従業員あたりの売上
4735万円
売上業界ランキング
2位/83社
3年間の売上変化率
116.6%

主要企業の売上高の推移


会社名 2000年度 2001年度 2002年度 2003年度 2004年度 2005年度 2006年度 2007年度 2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
日本航空 -円 -円 2兆835.00億円 1兆9318.00億円 2兆1299.00億円 2兆1994.00億円 2兆3020.00億円 2兆2305.00億円 1兆9512.00億円 1231億円 1043億円 1106億円 1124億円 1296億円 1598億円 1912億円 1795億円 2096億円 2540億円 2222億円
ANAホールディングス 1兆2097.00億円 1兆2797.00億円 1兆2046.00億円 1兆2160.00億円 1兆2176.00億円 1兆2929.00億円 1兆3688.00億円 1兆4897.00億円 1兆4879.00億円 1兆3926.00億円 1兆2284.00億円 1兆3577.00億円 1兆4116.00億円 1兆4836.00億円 1兆5702.00億円 1兆7135.00億円 1兆7912.00億円 1兆7653.00億円 1兆9718.00億円 2兆584.00億円

主要企業の平均年収の推移


会社名 2000年度 2001年度 2002年度 2003年度 2004年度 2005年度 2006年度 2007年度 2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
日本航空 -万円 -万円 -万円 1000万円 937万円 960万円 919万円 829万円 801万円 811万円 -万円 -万円 663万円 685万円 700万円 751万円 772万円 701万円 734万円 756万円
ANAホールディングス 828万円 828万円 839万円 842万円 800万円 797万円 796万円 782万円 847万円 800万円 667万円 686万円 718万円 680万円 685万円 790万円 854万円 818万円 762万円 777万円

関連記事

ANA(アナ)の年収情報
【2020最新】ANAホールディングスの年収は?職種や年齢別の給与・ボーナス・評価制度などまとめ!有価証券報告書によると、ANAの平均年収は776万円。平均年齢は45.5歳。航空・鉄道・輸送業界の年収ランキングは10位となっています。...
ANAホールディングスの売上高・業績
【2019年最新】ANAホールディングスの売上・業績を調査!四半期ごとの推移や、業界内のランキングを紹介!ANAの最新の売上高は2兆583億円。業界内でのランキングは、第2位です。 今回は、ANAホールディングス株式会社の売上や利益の業績情報...

ANA(全日本空輸)の転職FAQ

公式サイトで公開されている、採用に関する質問と回答をまとめました。詳しくは公式サイトをご確認ください。。

Q:応募の方法を教えてください
A:当ホームページの「ENTRY」からエントリーを行ってください。
Q:応募資格を教えてください
A:「募集要項」をご参照ください。
Q:異業種からの転職は可能ですか?
A:もちろん可能です。航空業界以外からの応募を歓迎いたします。
Q:応募書類の返却はしてもらえますか?
A:応募はインターネットからのみとなっており、応募データにつきましてはご返却できません。個人情報につきましては、当社の中途採用にのみ使用いたします。また、個人の応募の秘密は厳守いたしますのでご安心ください。
Q:選考結果の連絡方法を教えてください
A:ご登録いただいたe-mailアドレス宛に、結果のメールを送信いたします。加えて、「My page」上からも結果をご連絡いたします。
Q:現在勤務中ですが、応募できますか?
A:はい。ご応募いただけます。尚、個人情報につきましては厳守いたします。
Q:転勤はありますか?
A:はい。職務遂行上、必要な転勤はございます。
Q:社員寮や社宅制度はありますか?
A:はい。各地に業務用の寮・社宅を用意しています。(それぞれ入居条件があります)
スポンサーリンク

転職エージェント活用のポイント

日本には、小さいものも含めると、1万以上の転職エージェントが存在します。実際に転職エージェントを検索すると、様々なものがヒットすると思います。ここでは、実際にどういう転職エージェントを利用するべきかをご説明します。

エージェントはいくつ利用するべき?

転職エージェントはできるだけ活用する

今あなたが、ANA(全日本空輸)のような会社への転職を考ていらっしゃるなら、できるだけ転職エージェントの活用をおすすめします。理由としては、①自分にあった求人があるかは非公開求人をチェックしないとわからない。②面接の雰囲気や事前準備などしっかりと対策をした上で選考に臨む必要がある。③選考難易度の高いANA(全日本空輸)に実際転職できるかどうかはわからない。あなたの経歴に合う企業にも的を広げて、並行して転職活動を行ったほうがよい。というようなことからです。

特に①の理由が大きく、転職媒体に公開されている求人は実は全体のごく一部でしかないのです。例えば営業職の場合でも、実際にどのような企業に対して、どのような商品をどのような形式で販売した経験があるか。によって、同じ企業でも、思わぬ部署で経験が生かされたりすることもあるでしょう。また、もし自分の行きたいと思っていた企業でそのポジションが空いていなくても、別の企業でぴったりな求人良い条件である場合もあります。

そのようなことを考えると、自分にあった求人を、色々な媒体の公開求人の求人原稿から、自力で探し出すことは実際かなり難しいのです。

最低2つは併用している人が多い

キャリアブックが転職エージェントを通して転職に成功した人126人に対して行った調査のうち、90人(71%)が2社以上の転職エージェントを利用しており、54人(42%)が3社以上の転職エージェントを利用しています。

つまり、エージェントを利用して転職に成功した多くの人が、2つ以上の転職エージェントを利用していることになります。

3社以上を併用 54人
2社以上を併用 36人
1社のみ 36人

「求人数」や「担当者との相性」が主な理由

多くの人が転職エージェントを利用する理由は何か、アンケートで調査をしました。その結果、「よい担当者とであえる」が43%。「求人を色々と見られる」が32%となりました。

転職エージェントを利用するにあたって、担当者は非常に重要な要素です。よりよい担当者とであうために複数の転職エージェントを利用している人が多いようです。また、それぞれのエージェントからおすすめされる求人の幅を広げるために色々なエージェントを使っている人も多いようです。

よい担当者と出会える 43%
求人を色々と見られる 32%
複数の選考を受けれる 20%
特に理由なし 5%

どのようなエージェントを利用するべき?

転職エージェントには、大きく2つの種類があります。幅広い業界、職種を取り扱う総合型エージェント、業界や職種に特化した特化型エージェントです。

志望の業界や職種が明確で、その領域に特化した転職エージェントがある場合は、特化型の転職エージェントも利用するべきですが、いずれにせよ総合型の転職エージェントは必ず利用してみましょう。

理由として、やはり特化型は全体の求人数が限られるため、単純な大手の求人だと総合型が網羅的に抑えている可能性が高く、担当者との面談の中で、考えていなかったような業界の会社にもコンタクトが取れ、幅広い視点で転職活動が行えるためです。

総合型 幅広い業界・職種の求人を扱う大規模エージェント。特定の領域に特化しているわけではないため、幅広い求人の提案をしてくれる。転職先が固まっていない時などにおすすめ
特化型 業界・職種に特化した転職エージェント。専門的な領域に特化しているため、その領域に関しての深い知識・求人量、緻密な人事とのコミュニーケーションが可能。

おすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

迷ったらコレ!32万件の求人数を誇る転職エージェントの決定版

リクルートエージェントは、人材業界のトップを独走しているリクルートが運営する国内最大級の総合転職エージェントです。

その歴史は約40年と古く、これまで45万人以上をサポートしており、業界最多の実績を誇っています。保有している求人の量や質、サポート体制など、あらゆる面でトップレベルの水準を誇っており、その総合力が強みと言えます。

特に求人量は32万件以上(非公開求人含む)と、他社を圧倒しており、地方都市にも拠点を構え、日本全国だけでなく海外の求人も豊富に取り扱っています。求人案件の取りこぼしを防ぐために、登録は必須と言えます。

転職エージェント選びで迷っている方は、総合的に安定しているリクルートエージェントで間違いないでしょう。

オススメ度 特徴
総合
転職支援実績No.1。圧倒的な求人量と手厚いサポートが強み。
求人の量・質
非公開求人含め求人数が32万件と他社とは一線を画している。
サポート
リクルートグループが築いた信頼性で企業への交渉力は抜群。
担当者
業界各所から優秀なキャリアコンサルタントが集まっている。

マイナビエージェント

大手企業はもちろん、ホワイトな優良中小企業に出会える

マイナビエージェントは20代〜30代半ばで、優良企業を紹介してほしいという方には非常におすすめの大手総合転職エージェントです。

マイナビエージェントは、若手の転職支援実績が豊富で、利用者の80%が20代〜30代半ばです。提携企業も若手〜中堅層の採用ニーズを抱えている企業が多いです。

また、新卒採用市場で最大手のマイナビグループは、新卒採用で培った企業とのネットワークを活用し、大企業はもちろん、優良中小企業の求人を多数保有しています。マイナビエージェントが保有する求人の半数以上が非公開求人で、一般公開したら応募が殺到するような人気求人を紹介してもらうことが可能です。

オススメ度 特徴
総合
若手の転職支援実績が豊富。優良企業の求人を多く保有している。
求人の量・質
大手企業はもちろん、ホワイトな中小企業の非公開求人が多い。
サポート
キャリアカウンセリングから選考対策、企業への交渉まで一貫してサポートが手厚い。
担当者
密なコミュニケーションが特徴的だが、頻繁すぎるという声も。

ビズリーチ

国内最大級!キャリアアップといったらココ

ビズリーチはハイクラス向けの会員制転職サービスで、ヘッドハンターや人事から直接スカウトが届いたり、高年収の求人を検索することが可能です。

その会員数は151万人を突破しており、ハイクラス向けの転職サービスでは業界最大手です。

求人量・質など総合的に欠点がなく、高年収ポジションや管理職での転職を希望しているは必ず登録しておきたいサービスです。

また、今すぐの転職を考えていなくても、スカウトを受け取りながら興味あるオファーが来たら話を聞いてみたいという人にもおすすめです。

オススメ度 特徴
総合
ハイクラス向けの転職エージェントとして実績No.1を誇る。
求人の量・質
公開求人数は12万件と総合転職エージェントと引けを取らないほどの量。
サポート
基本サービスには選考対策などのサポートが含まれていない。
担当者
業界に精通したヘッドハンターから専門的なアドバイスをもらうことも。

キャリトレ

話題沸騰!ITベンチャー企業への転職なら登録必須!

CMで人気のキャリトレは、若手向けに特化した全く新しい転職サイトです。運営元はビズリーチで、「ビズリーチ」はハイクラス向け、「キャリトレ」はキャリアの浅い若者向けと、ターゲットが棲み分けされています。

12万件以上の求人数は業界トップクラスで、中でも急成長を果たしているITベンチャー企業の求人を多く取り扱っています。

また、簡単ワンタップの操作で、企業にあなたの興味を届けることができ、マッチした企業から直接オファーが届くようになります。

転職活動に役立つ機能が充実しているのも大きな特徴です。2種類のスカウト機能や、人工知能が搭載されたレコメンド機能で、受動的に希望条件に合った求人を探すことが可能です。

20代・30代でITベンチャーへの転職であれば、キャリトレを使わない選択肢はないでしょう。

オススメ度 特徴
総合
20代向けの求人数では、リクナビやマイナビと同等の水準。
求人の量・質
12万件の求人のうち、大多数が20代向けの求人。
サポート
AIを搭載したレコメンド機能や、2種類のスカウト機能が充実。
担当者
ツイッター上で担当者が相談に乗ってくれるユニークな機能。

パソナキャリア

年収重視の方は登録必須!67%の人が転職後に年収アップを実現

パソナキャリアは、人材業界大手のパソナが運営している総合転職エージェントで、転職がはじめてで年収を上げたい方におすすめです。

パソナキャリア経由で転職をした人のうち、なんと67%が転職後に年収が上昇しており、パソナキャリアは年収アップの面で強みを持っています。

また、利用者の半数以上が転職経験がなく、転職がはじめての人からの評価が高いです。

はじめての転職で不安だけど、年収アップを目指しているけど、はじめての転職で不安という方は、パソナキャリアを利用しましょう。

オススメ度 特徴
総合
総合的に安定している。特に年収アップに強みを持っている。
求人の量・質
求人数は4万件と、リクルートやdodaに比べると劣っている。
サポート
丁寧なキャリアカウンセリングや選考対策が好評。
担当者
企業への交渉力が強く、67%の人が年収アップを実現している。

doda

抜群の安定感!IT・通信業界、営業・企画職への転職に強い

dodaは業界大手のパーソルキャリアが運営している転職エージェントで、転職支援実績はトップクラスです。

非公開求人を含め全国14万件の求人を保有していて、リクルートエージェントの32万件に次ぐ国内2番手の求人数を誇っています。14万件のうち約8万件が非公開求人で、一般の転職市場には出回らないようなdoda独自の求人を紹介してもらうことが可能です。

特に、IT・通信業界や、営業・企画職の求人が多いため、IT志望でビジネス職の方は必ず登録しておきたい転職エージェントです。

また、キャリアコンサルタントによる丁寧なキャリアカウンセリングに定評があり、「初めての転職で不安」という方にも自信を持っておすすめできます。面接確約オファーが届くスカウトサービスや、転職フェアなどのイベントを頻繁に開催しており、自分に合った企業が見つかる機会も充実しています。

オススメ度 特徴
総合
求人量は国内2番手でトップクラス。
求人の量・質
公開求人6万件、非公開求人8万件と豊富な求人量が強み。
サポート
スカウトや転職イベントで、自分に合った求人が見つかる機会が豊富。
担当者
LINEで気軽に転職相談や求人提案を受けられる。

マイナビエージェントIT

豊富な求人数を誇る!大手ならではの安定したサポート体制も

オススメ度 特徴
総合
大手ならではの安定したサポート体制と求人数・質が強み。
求人の量・質
レバテックの3倍の求人数を誇る。優良中小企業の求人が多い。
サポート
マイナビグループで蓄積されたIT業界特有の転職ノウハウを活用。
担当者
IT業界出身者による専門的なアドバイスが受けられる。

ウズキャリ(UZUZ)

20代全般におすすめ。特にIT業界希望者は登録マスト

オススメ度 特徴
総合
丁寧なサポート体制と担当者の質が好評。
求人の量・質
ブラック企業を排除し、優良企業のみ扱っている。
サポート
平均20時間のキャリアカウンセリングが特徴的。
担当者
担当者の90%が元第二新卒・既卒のため、経験を元にしたアドバイスを受けられる。

ワークポート

IT業界未経験者は登録必須!未経験のサポート体制が充実

オススメ度 特徴
総合
IT業界特化型としては老舗で、未経験でのIT業界転職に強い。
求人の量・質
IT業界未経験OKの求人が豊富。
サポート
無料のプログラミングスクールなど、未経験へのサポートが手厚い。
担当者
専任の転職コンシェルジュが、きめ細かく素早い対応してくれる。

レバテックキャリア

IT業界転職実績No.1。高年収の良質な求人が豊富

オススメ度 特徴
総合
IT業界の転職支援では実績No.1。高年収求人が多い。
求人の量・質
全体の60%以上が年収700万円以上の高年収求人が豊富。
サポート
過去の質問例を元にしたIT業界特有の専門的な面接対策が特徴的。
担当者
最新の技術やTI業界の転職に精通した担当者によるアドバイス。