業績・売上

【2019年最新】ANAホールディングスの売上・業績を調査!四半期ごとの推移や、業界内のランキングを紹介!

ANAホールディングスの売上高・業績

ANAの最新の売上高は2兆583億円。業界内でのランキングは、第2位です。
今回は、ANAホールディングス株式会社の売上や利益の業績情報を、競合企業との比較ランキング・過去の推移の比較という形で行いました。

是非最後までご覧ください!

ANAの売上・業績について

直近の年間売上高
2兆583億円
従業員あたりの売上
4735万円
売上業界ランキング
2位
3年間の売上変化率
116.6%
スポンサーリンク

ANAの業績の推移・変化率

売上推移

過去3年間の売上の推移

年間売上は2兆583億円。3年間の変化率は116.6%


年度 売上高
2000年度 1兆2097億円
2001年度 1兆2797億円
2002年度 1兆2046億円
2003年度 1兆2160億円
2004年度 1兆2176億円
2005年度 1兆2929億円
2006年度 1兆3688億円
2007年度 1兆4897億円
2008年度 1兆4879億円
2009年度 1兆3926億円
2010年度 1兆2284億円
2011年度 1兆3577億円
2012年度 1兆4116億円
2013年度 1兆4836億円
2014年度 1兆5702億円
2015年度 1兆7135億円
2016年度 1兆7912億円
2017年度 1兆7653億円
2018年度 1兆9718億円
2019年度 2兆584億円

ANAの直近の売上高(連結)は、2兆583億円です。直近3年間での成長率は116.6%と上昇傾向にあります。

営業利益率は8%

年度 営業利益 前年度比率
2019年 1651億円 100.31%
2018年 1646億円 113.04%
2017年 1456億円 -%

ANAの直近の営業利益(連結)は、1651億億円。営業利益率は営業利益率は8%です。

四半期ごとの売上高・営業利益


四半期売上高 四半期営業利益
2017年1Q 4044.25億 141.32億
2017年2Q 4805.7億 754.37億
2017年3Q 4467.82億 406.56億
2017年4Q 4334.82億 153.14億
2018年1Q 4517.19億 254.38億
2018年2Q 5333.3億 896.46億
2018年3Q 5057.94億 508.82億
2018年4Q 4809.56億 -14.5億
2019年1Q 4848.89億 200.76億
2019年2Q 5531.7億 851.25億
2019年3Q 5303.72億 514.07億
2019年4Q 4898.81億 84.11億
失敗しないための転職ツール診断

間違った転職ツール選びはキャリアの失敗につながります。6問の質問に答えるだけで、あなたにあった転職サイトをチェックしよう。

10秒診断スタート

ANAの売上高の比較・ランキング

競合との比較

主要企業の平均年収の推移


会社名 2000年度 2001年度 2002年度 2003年度 2004年度 2005年度 2006年度 2007年度 2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
日本航空 -万円 -万円 -万円 1000万円 937万円 960万円 919万円 829万円 801万円 811万円 -万円 -万円 663万円 685万円 700万円 751万円 772万円 701万円 734万円 756万円
ANAホールディングス 828万円 828万円 839万円 842万円 800万円 797万円 796万円 782万円 847万円 800万円 667万円 686万円 718万円 680万円 685万円 790万円 854万円 818万円 762万円 777万円

①売上高のランキング

トップ5社の売上シェア比率


売上高:航空・鉄道・輸送業界では第2位

航空・鉄道・輸送業界の企業内でのANAの売上ランキングの順位は第2位です。
航空・鉄道・輸送業界の売上高ランキング第1位は日本通運、第2位は日本郵船、第3位はヤマトホールディングスになっています。
航空・鉄道・輸送業界のランキング一覧はこちら

順位 会社名 売上高
1位 日本通運 2兆1385億円
2位 ANA 2兆583億円
3位 日本郵船 1兆8293億円
4位 ヤマトホールディングス 1兆6253億円
5位 商船三井 1兆2341億円
6位 川崎汽船 8367億円
7位 日立物流 7088億円
・・・・・・・・
83位 エーアイ 7億円
※こちらの情報は、おもに有価証券報告書にて掲載されている売上情報を参考に、約3000社のデータベースを制作して算出しています。

売上高:全体では第79位

CareerBookが調査した有名企業約3000社の中で、ANAは売上ランキング79位です。

順位 会社名 売上高
1位 トヨタ自動車 30兆2257億円
2位 三菱商事 16兆1038億円
3位 ホンダ(HONDA) 15兆8886億円
4位 日本郵政 12兆7750億円
5位 NTT東日本(日本電信電話) 11兆8798億円
6位 伊藤忠商事 11兆6005億円
・・・・・・・・
74位 スズケン 2兆1324億円
75位 ファーストリテイリング(ユニクロ) 2兆1301億円
76位 アサヒグループホールディングス 2兆1203億円
77位 武田薬品工業 2兆972億円
78位 阪和興業 2兆746億円
79位 ANA 2兆583億円
80位 大林組 2兆397億円
81位 九州電力 2兆172億円
82位 リコー 2兆132億円
83位 日野自動車 1兆9813億円
84位 鹿島建設 1兆9743億円
・・・・・・・・
3585位 RISE 1億円
※こちらの情報は、おもに有価証券報告書にて掲載されている売上情報を参考に、約3000社のデータベースを制作して算出しています。

②従業員当たりの売上のランキング

従業員あたり売上:航空・鉄道・輸送業界で第24位

航空・鉄道・輸送業界内でのANAの従業員あたりの売上ランキングの順位は第24位です。

順位 会社名 売上高
1位 NSユナイテッド海運 24,684万円
2位 共栄タンカー 24,375万円
3位 川崎汽船 13,895万円
4位 商船三井 13,802万円
5位 乾汽船 13,777万円
6位 飯野海運 13,640万円
・・・・・・・・
19位 キムラ 5,198万円
20位 ケイヒン 5,146万円
21位 日本郵船 5,123万円
22位 三菱倉庫 5,087万円
23位 丸八倉庫 4,757万円
24位 ANA 4,735万円
25位 エーアイテイー 4,669万円
26位 栗林商船 4,585万円
27位 トレーディア 4,510万円
28位 住友倉庫 4,458万円
29位 東洋埠頭 4,398万円
・・・・・・・・
79位 ヤマトホールディングス 722万円
※こちらの情報は、おもに有価証券報告書にて掲載されている売上情報を参考に、約3000社のデータベースを制作して算出しています。
スポンサーリンク

従業員数やキャッシュフロー、資産などの情報

その他の指標

営業キャッシュフロー

年度 営業キャッシュフロー
2019年 2961.48億
2018年 3160.14億
2017年 2370.84億

投資キャッシュフロー

年度 投資キャッシュフロー
2019年 -3086.71億
2018年 -3244.94億
2017年 -1946.51億

財務キャッシュフロー

年度 売上高
2019年 -464.8億
2018年 -299.89億
2017年 33.49億

総資産

年度 資産
2019年 2兆6871.22億
2018年 2兆5624.62億
2017年 2兆3144.10億

従業員に関するデータ

平均年収 776万円
従業員数 43466人
平均年齢 45.5歳
スポンサーリンク

ANAについて

会社概要

会社概要

社名 ANAホールディングス株式会社
本社所在地 東京都港区東新橋1−5−2 汐留シティセンター
会社URL http://www.anahd.co.jp/
代表者 片野坂 真哉
資本金 318,789百万円
 従業員 43466
業界 航空・鉄道・輸送

企業理念

安心と信頼を基礎に、世界をつなぐ心の翼で
夢にあふれる未来に貢献します

「安心と信頼」はANAとお客様との約束であり、経営の根幹に位置づけられる責務です。
エアライン事業を中核とするANAグループは、「挑戦し続ける」「強く生まれ変わる」「いつもお客様に寄り添う」気持ち、 「心の翼」をもって、永続的にこれからの社会の発展に貢献し、「夢あふれる未来」創りの一翼を担っていきます。

事業内容

日本を代表する大手航空会社

ANAは言わずと知れた日本の航空運送会社です。航空運送事業の他にも様々な事業を展開しています。

「航空運送事業」では、国内線と国際線双方を運営しており、5つのブランドを保有しています。ANAグループは、ANA(全日本空輸)を中核企業に、エアージャパンやLCCのバニラ・エア、Peach Aviationも含まれており、航空業界で国内トップシェアをを誇っています。
その他の代表的なものとして、商社・商業や、不動産事業も手掛けています。

2兆円の売上高は右肩上がりに成長

ANAグループ全体の2019年3月期の売上高は、前年度+4.4%増の2兆0,583億円です。
業績は快調に伸びており、2011年の1兆3,577億円と比較し150%もの増収を果たしています。

航空業界で国内トップシェア

日本の航空業界はANAと日本航空(JAL)の2強ですが、ANAが先頭を走っています。

売上高トップから順に、ANA(2兆0,583億円)、日本航空(1兆4,873億円)、パスコ(519億円)、スターフライヤー(399億円)、アジア航測(280億円)と並んでいます。

スポンサーリンク

関連記事

ANA(アナ)の年収情報
【2021最新】ANAホールディングスの年収は?職種や年齢別の給与・ボーナス・評価制度などまとめ!有価証券報告書によると、ANAの2021年2月時点で最新の平均年収は737万円。平均年齢は45.8歳。航空・鉄道・輸送業界の年収ランキン...